インドシナニュース

ベトナム:人手不足への取り組み(後)

(前編より)

 

トレーニングは基本

専門家は、EVFTAが実施されるにつれて、有資格者の不足はますます深刻になるだろうと主張している。この問題に取り組むためには、トレーニングが解決策になるかもしれない。

十分な熟練労働者を得るために、一部の企業や企業団体は、独自の労働力を訓練したり、大学と協力したりする必要がある。

ベトナム繊維協会のTruong Van Cam事務局長は、繊維・アパレル分野の支援産業や材料生産を発展させるためには、技術に加えて人材が重要課題だと述べている。一部の企業は、要件を満たす能力のある熟練労働力を見つけることができず失敗している。

「だからこそ、私たちの協会は大学と協力してこの問題を解決してきました。」とCam氏は言う。「しかし、需要を満たす訓練機関はほとんどないので、染色は解決しづらい難問です。」と付け加えている。

繊維や衣料品と同様に、木工産業は、欧州市場への輸出を強化し、関税の引き下げにより低価格でイタリア、ドイツ、スペインなどの国々からの高品質の機械を輸入することができるため、EVFTAの恩恵を受けると考えられている。

ホーチミン市の手工芸・木材産業協会(HAWA)Nguyen Quoc Khanh会長によると、新たな技術投資は、機器を使用し新しい環境で働くことができる応募者の需要にすぐに拍車をかけるだろう。HAWAは労働者のスキルを磨くためにトレーニングプログラムを実施しているとKhanh氏は言っている。これらの取り組みを共同で行うことができれば、新しい技術波の需要を満たすことは容易になるだろう。

実際には、企業は自らの労働力を訓練したり、適切なトレーニングカリキュラムを考え出す大学と協力したりすることは、ベトナムのみならず世界各国でも追求されている新しいアプローチである。

米国に拠点を置く人材紹介サービスManpower Groupが実施した調査によると、人材が非常にまれになり、企業が人材を育成する必要がなくなっている。2011年には、雇用主の21%が労働力スキルをアップグレードする必要があった。この率は現在54%に急上昇し、来年は84%に上昇すると予測されている。

独自の労働力を構築し、そのスキルを向上させることは、多くの雇用主の一般的なアプローチだと、Manpower Groupベトナム・タイ・中東のCEOである Simon Matthews氏は言う。望んでいる必要なスキルで新入社員を育成するには、雇用主は学習能力に重点を置かなければならない。

労働市場のためのトレーニングに民間セクターの参加で、一方で教育セクターが市場需要を満たすのに役立ち、他方でトレーニング機関からの卒業生のための算出を確保するのに役立つ。しかし、ベトナムの職業訓練制度は、資本やメカニズムの結果として依然として困難に直面している。同時に、学校と一緒に研修に従事する企業は、依然としてインセンティブを待っている。

「職業訓練の活動を後押しするインセンティブが必要です。インセンティブは、税金の軽減または合理化された管理手順の形で行うことができます。」とMinh氏は言う。Minh氏はさらに次の例を挙げてポイントを明らかにしている。外資系企業が中核事業ではない新しい事業を開始する場合、新しい事業が新しい取引であるかどうかという質問に答えることが求められることがよくある。さらに、登録手順はまだ不明である。

「関係当局が適切な法的枠組みを持つことを願っています。」とMinh氏は言う。

EuroCham副議長はまた、民間部門と公共部門の間でもっと対話が必要であることを示唆している。これらの会談は、国家レベルと地方レベルの2つの形態で行うことができると彼は言っている。異なる国の企業は、設備投資の流れに応じて、人事に対するニーズが異なる場合がある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月15日15:01

ベトナム:人手不足への取り組み(前)

EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)は、ベトナムがより多くの雇用機会を創出し、労働力の質を向上させる手助けをする構えである。しかし、この先の道のりは本当に厳しい。

EuroChamNguyen Hai Minh副会長は、EVFTAで規定されている厳格な原産地規則は、世界的なバリューチェーンを何とか変えるだろうと言っている。繊維・アパレル製品、履物、エレクトロニクスなどのサプライチェーンに関わる多くの企業は、EUへの輸出で関税の優位性を享受するために、生産施設をベトナムに移転する可能性がある。さらに、貿易協定は、投資保護協定(IPA)と共に、欧州企業、特に中小企業がベトナムでの投資決定に対する信頼を高めるのに役立つだろう。

例えば、EVFTAの署名で最大の利益を得ているとみなされる繊維・アパレル産業がある。ベトナムの繊維・アパレル部門は、バリューチェーンで最も低い付加価値を得る下請け業務を主に行っているため、アクセサリー、織物、染色など部門関連の国内支援産業は弱く、よって必要な製品が国に輸入されなければならない。一方、EVFTAは原産地規則に非常に厳重な規制を課している。関税インセンティブを享受するには、企業はサプライチェーン施設をベトナムに移転する必要がある。

これらの機会を得るためには、繊維・アパレル業界は、より包括的な発展を期待しなければならない。その結果、業界の持続可能な競争力は、安価な労働力だけでなく、近代的で柔軟性の高い生産チェーン、または繊維や布を生産する能力に依存する必要がある。言い換えれば、業界はより高い現地調達率を達成するために努力しなければならない。

「労働供給に対する需要が高いほど、新しい状況における労働の質の変化を引き起こすでしょう。これは経済にとって難しい問題です。」とMinh氏は言っている。

Piaggioグループのアジア太平洋人事責任者でEuroChamのメンバーでもあるPham Hong Quan氏は、ベトナムの労働の質は今のところ良くなっているが、今後さらなる改善のために多くのことをしなければならないと主張している。

「人材育成は短期主義で見られてきました。企業のリーダーシップスキルは、一般的にそれほど良いものではありません。また、ベビーブームの時代に多くの労働者が生まれたため、ITのアクセシビリティやアプリケーション能力は限られています。」とQuan氏は言っている。

一方、労働者が新しいスキルを得る能力は、地元の予備労働力のもう一つの弱点であるとQuan氏は言う。何故なら、彼らが世界の企業界で何が行われるかではなく、主に個人的な経験を頼りにして解決策を見つけるために問題を分析し評価するからである。

EuroChamによれば、ヨーロッパ企業が労働力を期待することと、後者が実際に何ができるかということとの間には、かなり大きなギャップが見られるという。資格を持つ人材不足は、ベトナムの労働市場が直面するもう一つの欠点である。

Minh氏は、ヨーロッパの企業が労働者の募集に厳しい規制を課していると付け加えている。最も一般的な基準には、専門的なスキル、経験、能力と外国語能力が含まれている。コミュニケーションスキル、プレッシャーや柔軟性の元で働く能力などのソフト面のスキルもヨーロッパの雇用者に求められている。

ベトナムの熟練労働力不足は、欧州企業のみならず、全国企業にも当てはまる。ベトナム商工会議所(VCCI)が実施した調査プロジェクトによると、世論調査を受けた企業の55%が、高いスキルを持つ人材を採用するのが難しいと回答している。別の調査では、回答者の85%が上級管理職の採用は本当に厳しい問題であると主張している。

「このような労働市場の質は、特にインダストリー4.0において、今後の経済における労働力の原動力にはなることができない。」とVCCIVu Tien Loc会長は言っている。





(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月15日13:55

ベトナム:電子商取引のブームが予想される

2015年の総市場価値は40億米ドルだったが、ベトナムの電子商取引は2018年に78億米ドルに大幅に増加し、今後も上昇傾向が続くと予想される。

Googlee-Conomy Southeast Asia 2019レポートによると、2015年から2018年までの平均成長率は25%であり、ベトナムの電子商取引の市場価値は2025年に330億米ドルに達し、東南アジアで3番目に大きい電子商取引経済圏となる。

オンラインでビジネスを行うことは、運用コストが低いため、多くの企業、特に中小企業や企業家に好まれている。eコマースに関する最近の調査では、参加者の36%がオンラインで商品を販売したと答え、45%がeコマースを「非常に効果的」と見なした。

eコマースのウェブサイトを促進することに加えて、オンライン小売企業は顧客サービスとマーケティングのプラットフォームとしてソーシャルネットワークも使用している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月14日18:36

ベトナム:あなたにぴったりのスーツを作る村

Men's Health誌はかつて有名な記事を書いた。「まだ成功していなくても、さも既に成功しているように装え」と。そして、それは間違っていなかった。

男性のスーツにはその人のスタイルが滲み出る。よく仕立てられたテーラードスーツを着れば何にでもなれる。スーツを着る事で、Tシャツとジーンズでは通れないドアを開くことができる。

すべての男性のクローゼットには、少なくとも1着の晴れ着が必要である。日常的に着用することはなくても、特別な日には特に、良いスーツは人目に触れるに値する。

ベトナムでスーツ購入する場合、ハノイ郊外のPhú Xuyên地区のVân Từ村で仕立てられたものかもしれない。

ここでは、仕立て人が懸命に働いており、同産業は1300世帯以上、つまり人口の70%に雇用を生み出している。

この伝統は1930年代にまで遡る。当時、スーツは19世紀後半のフランス統治下にフランス人によって持ち込まれた後、ベトナム社会の富裕層で人気が出始めた。

農業を専攻した村の3人の兄弟は、新しいスキルを学びたいと考え、仕立て業選んだ。

最高の仕立て屋になると決心した三兄弟は首都の中心部に向かい、最高の知識を学びたいと熱望した。

旧市街に自分のテーラーショップを開店した後、彼らはその知識をコミュニティの他の人たちに伝授することにした。

仕立て屋の内の一人、Nguyễn Văn Hòaは、三兄弟から学ぶために故郷を離れてハノイに向かう多くの村の子供たちのうちの一人であった。彼は当時のことをよく覚えているという。

「彼らはこの技術を学んだ後、ハノイに店を開き、村に新しい職業を開発する方法を子供たちに教えました。私たちは皆彼らの生徒でした。この仕事には細心のスキルが必要です。近道を通ることはできず、AからZまでのすべてのステップを学ぶ必要があります。店主は測定と裁断の後、熟練した仕立て屋に引き渡し、残りの作業を行います。各店には通常34人の優れた仕立て屋がいて、それぞれにアシスタントが付きます」と、今ではコミュニティの政治家と見なされているHoa氏は述べた。

長年のトレーニングの後、Hoa氏と彼の仲間の多くは、街に自分の店を開くために実家に戻り、コミューンのブランドを創作した。

しかし、人生の旅には多くの余曲折がある。

スーツは1940年代半ばまで全盛期を送った。

「ベトナム戦争中と戦後、国が酷い経済苦境に陥り、スーツは高級品と見なされ、人々に着用されなくなったのです」とHoa氏は述べた。

「当時の私たちは皆、スーツではない別の服をより必要としており、切り替える必要がありました」とHoa氏は語った。

しかし、Hoa氏は彼のキャリアの始まりから彼が自らのアイデンティティを持つスーツに対する愛を決して諦めなかった。

1990年代初頭、ドイモイ政策(『刷新』の意 - ベトナムを大きく変えた経済的および政治的改革)から数年後、Hoa氏とVân Từ出身の2人の仕立て屋は故郷に戻った。

この三人兄弟のように、彼らはかつて繁栄したビジネスを復活させることを期待して、村人にスーツの作り方を教え始めた。

自分の家族から始め、ビジネスはコミュニティ全体に広がった。

30年後、村の10の集落のうち9つが全国の顧客にスーツを作った。

いくつかの小さなワークショップは、ハノイのテーラーから注文を受けるが、より大きい事業の多くは独自のブランドを生産している。

Nguyễn Văn Dậu氏の家族はこの仕事を3世代に亘って続けてきた。

彼のワークショップは、DậuThắngブランドの下、年間2万から3万着のスーツを生産し、年間およそ5億ベトナムドン(21000米ドル)の収益を得ている。

「当社製品の価格は、生地の種類とデザインによって異なります。最も安いものは約100万ベトナムドンですが、最も高価なものは最大1000万ベトナムドンになります。当社の製品は主にハノイ、ホーチミン市、その他多くの省の国内市場で販売されています」と彼は述べた。

Dậu氏はデザインを担当し、残りの作業はフルタイムまたはパートタイムで働く20人以上のテーラーによって行われる。

Phạm Thị Tâm氏は18年間仕立て屋として働き、Dậu氏のワークショップで10年間過ごした。

「私にとって、スーツを作る上で最も難しい部分は襟とポケットです。平らで均一に見えるようにする必要があるからです」と彼女は述べた。

Dậu氏にとって、鍵となるのは次のような傾向にあるという。

「当社のスーツの販売を促進するためには、ファッション業界の最新トレンドを常に保つ必要があります。当社の製品を輸出する機会も探したいと思います」と彼は語った。

全国に点在する多くの村や集落には、地域と同義の独自のユニークな製品がある。

しかし、自分にぴったりのスーツが欲しいなら、実際に訪れるべき場所はこの場所だけである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月14日12:42

ベトナム:年末ショッピングシーズンの開始と共に電子商取引競争始まる(後)

(前編より)

 

前四半期にトラフィックが急増した自社開発の電子商取引プラットフォームSendoは、ブラックフライデー(11月29日)を優先し、年末のプロモーションにも多額の投資を行っている。Sendoは、歌姫 My Tamの後には、俳優のNinh Duong Lan Ngocをセレブ名簿に加えた。

「今年は、ブラックフライデーキャンペーン当日だけでなく、1週間に亘る多大な投資を行うことを決定しました。マスメディアからソーシャルメディアまで、すべてのチャネルで広告を掲載することで全国の18歳から35歳の顧客にリーチすることができます」とSendoのブランドコミュニケーションおよびソーシャルメディアマネージャーのVo Dang Minh Tuan氏は述べた。

同様に、ベトナムのTikiは、10月10日のプロモーションに多額の投資を行い、年末のプロモーションピークにも従事すると発表した。

同社は、主に2つの強みに関連するプロモーションに焦点を合わせていると述べた。一つ目は同社製品の70%に対し2時間での配送、もう一つは返品ポリシーのある本物のブランド品の販売である。

Criteoの最近の報告によると、昨年のブラックフライデーは、ベトナムのオンライン販売トラフィックが64%急増し、オンライン販売収益が月の平均149%だったことを示している。

同報告によると、トラフィックと売り上げは、『独身の日』でそれぞれ23%と64%、12月12日に34%と97%増加した。

「年末のショッピングシーズンは通常10月10日から始まります。独身の日は引き続き主要なショッピングフェスティバルであり、独身の日以降の販売はフェスティバルの牽引力に乗って続きます。年末年始に近づくと、お祝いの一環としてオンライン小売も急増します。この持続的な販売シーズンは、小売業者が視聴者を惹き付ける機会を増やすのです」とSteven Tuan Nguyen氏は述べた。

しかし、彼らは自分自身を差別化するという本当の課題にも直面している。これはデータの力で実現可能である。何百万もの製品の中で最も売れているカテゴリーを特定し、消費行動を予測し、オンラインとオフラインの買い物データを統合できると同氏は加えた。

ベトナムの電子商取引市場は今年50億米ドルに到達すると推定されており、Google、シンガポールに本拠を置く投資会社Temasek、および米国に本拠地を置くコンサルタント会社Bainの最近のレポートによると、2025年には230億米ドルに達すると見込まれている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月13日13:34

ベトナム:年末ショッピングシーズンの開始と共に電子商取引競争始まる(前)

ベトナムの電子商取引プラットフォームは、年末のショッピングシーズンに向けて顧客を惹き付けるためのプロモーションや様々なマーケティングキャンペーンを行っている。

最新のApple iPhone 11が11月1日午前0時にベトナムでリリースされた直後、シンガポール所有のLazada VietnamのCEO、James Dongは、同社の2時間での配送サービスを促進するため、最初のiPhoneを配送する自転車に乗っていた。

Lazadaの最新のPR活動では、最新のiPhoneの割引とともに、一連のプロモーションを開始した。これらのプロモーションの多くは、一般的な小売業のピークタイムである年末のショッピングシーズンに向けて11月11日から展開を開始する。

ベトナムの電子商取引企業は、2009年11月11日に初の『独身の日』ショッピングイベントを開始した中国の巨大電子商取引企業であるアリババのような主要地場企業によって引き起こされたプロモーションのトレンドを把握し、プラットフォーム上で大幅値下げを行っている。

独身の日に加え、ベトナムの電子商取引サイトでは、米国発のブラックフライデーとサイバーフライデーのスピンオフとして10月10日と12月12日に盛大なプロモーションを行っている。

パリを本拠地とするインターネット広告会社Criteoの東南アジア地域担当シニアマネージャーのSteven Tuan Nguyen氏は、「第4四半期は小売産業にとって常に最も刺激的な時期です。市場全体が買い物客で溢れるピークの日がいくつもあります」と述べた。

Lazadaもまた、『ショッパーテインメント』と呼ばれる戦略で夜中に行ったiPhone 11のディスカウントに続き、ライバル企業が価格を推測するライブゲームショーを開催し、合計3億ベトナムドン(1万2900米ドル)に昇る約1万の割引コードを提供する有名アーティストを招待した。

小売業者もまた、ホーチミン市でプロモーションコンサートを開催している。シンガポールに拠点を置くShopeeは、アーティストを招待する代わりに、国際的なサッカーのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドを参加に求めた。東南アジアのShopeeに対するロナウドのブランドアンバサダー契約は8月中旬に発表された。

「クリスティアーノ・ロナウドとともに、この地域でのShopeeの発展に前向きで永続的な影響を与えることを楽しみにしています」とCEOのChris Feng氏は述べた。

ベトナムだけでなく、マレーシア、シンガポール、インドネシアの買い物客も、さまざまなオンラインメディアチャンネルを通じてCR7(クリスティアーノ・ロナウド)の広告が至るところでポップアップ表示されている。同社は現在、ベトナムShopeeで11月11日の「スーパーセール、全国送料無料」キャンペーンにも関わっている。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月13日11:09

ベトナム:繊維・アパレル企業、積極的に注文を増やす

ベトナムの繊維・アパレル企業38社が最近、香港最大のファッション展示会である「Global Sources Fashion and Global Sources Lifestyle」に参加し、顧客探しに乗り出した。

「私たちには大きな顧客がいますが、毎月100万米ドルの収入を得るために新しい顧客を探す必要があります」と、ホーチミン市の外資系企業であるDKC ApparelのシニアマネージャーであるAlvin An氏は述べている。

同社は毎月500万米ドルの収益と20万点製品輸出の目標を設定しており、さらに注文を探す必要があると彼は述べた。 DKCアパレルは、ジョルダーノ、GAP、プーマからの注文を受けている。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、ベトナムの今年の最初の9か月間の繊維・アパレル製品の総輸出高は2924000万米ドルで、前年同期から9.23%増加した。

そのため、年間事業計画の達成率は74%で、業界目標400億米ドル相当の製品を輸出する計画を達成するには残り3か月しかない。

ただし、小規模な注文が多く、大きな注文はほとんどないため、企業が収益を増やすことは容易ではない。

「コロンビア社とデカトロン社向けの製品を製造しています。新しいバイヤーを探していますが、注文は十分に大きく、少なくとも3000点の製品でなければなりません」と、ホーチミン市、クアンナム省、バリア・ヴンタウ省に4つの工場を持つスポーツウェア会社の代表は言う。

ホーチミン市ビンタン区にあるバックパック、バッグ、家庭用品の製造を専門とする会社の社長は、多くの国際的なバイヤーがベトナムの製品に中国のFOB価格を適用しようとしていると述べた。

「ベトナムのFOB価格は中国よりも高いが、多くの買い手は依然としてベトナムの価格を中国と比較している。だから、双方が共通の声に達するのは難しい」と彼は言った。

それ以前は、Fiin Groupの調査では、反射光シャツの場合、ベトナム企業は製品あたり55ドルで、中国人は27ドルで販売できることがわかった。

しかし、専門家と企業は、業界の見通しについて楽観的であり、生産ラインの移転とファッション小売ブランドによる新しいサプライヤーの募集の需要が依然として存在すると述べている。

「米国の多くのバイヤーがベトナムのメ​​ーカーに興味を持っていると思います」とGlobal Sources Lifestyle グループの社長であるRonald Ng氏は言う。

一方、ホーチミン市のある会社社長は、FOB価格が高ければ、ベトナム企業が買い手に近づくことはより困難になると述べた。しかし、米中貿易戦争の中で供給源が多様化する傾向が強まっているため、買い手は価格を受け入れる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日16:53

ベトナム:革と靴の輸出は今年215億米ドルに達する見込み

商工省によると、皮革履物産業の生産額は年間10%以上増加し、年間総売上高は約215億米ドルに達する見込み。

2019年の最初の10か月間、革靴の生産高は推定24640万足で、前年比で8.6%増加し、輸出高は146億米ドルに達し、前年比11.2%増加した。

最も注目すべきは、EUベトナム自由貿易協定や環太平洋パートナーシップのための包括的かつ進歩的な協定(CPTPP)などの多くの自由貿易協定(FTA)への署名が、ベトナムの皮革履物産業へ多くの商機をもたらした。

これらのFTAは、ベトナムをより魅力的な投資先にし、EU市場とCPTPP署名国への輸出促進に貢献した。

CPTPPは、今年初めに施行され、靴業界がメキシコやカナダなどの新しい市場に進出するのを支援した。

皮革履物の輸出は着実な成長を遂げており、2019年の残りおよび今後数年間、ベトナムは従来市場で競争上の優位性を維持しているため、多くの肯定的な兆候が見られる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月12日11:59

ベトナム:繊維・アパレル製品、今年の輸出額400億米ドルに到達か

ベトナムの繊維・アパレル産業は、一部の市場で困難に直面しているにも関わらず、今年の売上高目標の400億米ドルに到達する見込みである。

同産業による今年最初の9か月で293億米ドルの輸出収益を報告した後、ベトナム国営繊維企業グループ(Vinatex)Cao Hữu Hiếu社長によって声明が出された。

Hiếu氏は、この結果は困難な世界経済状況を克服するための業界の努力によるものだと述べた。この数字を達成するために、困難、特に米中貿易戦争の影響により急激に下落した投入価格を取り除くための解決策が同調して実行されていた。

「低迷期の後、繊維産業は繁栄し始めました。価格も回復している一方で、顧客はより多くの関心を示しています。来年、市場が軌道修正され、2016-17年に見られた最高値に戻ることを願っています」とHiếu氏は述べた。

ベトナム企業は、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)や今年発効したEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの新世代の自由貿易協定(FTA)を活用し、それらの特恵を享受し努力する必要がある。

技術利用は、ベトナムの繊維・アパレル産業がビジネスを促進し、市場拡大を後押しする重要な要素と考えられている。

Hiếu氏によると、多くのVinatex企業は、労働者に代わる自動裁断機、散布機、および3D設計に投資した。一方、糸や染色もまた、技術の急速な発展から圧力を受けた。

ファッション業界では創造性が非常に重要であるため、機械が人間に取って代わることができない段階があり、「約150社を対象としたVinatexの調査では、今後10年間の同産業の雇用機会は依然として高いことが示されました」とHiếu氏は語った。

「国内市場は今年90億米ドルに昇ると予想されており、それは巨大な産業ということです。世界のトップブランドがすでに同産業に投資しており、更に日本のユニクロが2020年に進出予定です」とHiếu氏は述べた。

また、そのような圧力の下でベトナムのファッションが国内市場に到達するための独自の道を見つける必要があると述べた。

Vinatexは、ベトナム人および国内ファッション業界に適した素材を使用したベトナムのデザインに焦点を当てており、品質とリーズナブルな価格を確保し、競争力を高めています」と彼は付け加えた。

多くの企業は国内市場シェアを拡大するために、電子商取引システムを設定したり、独自のオンライン販売サービスに投資している。

ViệtTiến社はファッションデザインセンターに投資する一方、Đức Giang社はPaul DownerHeraDGForever Youngなどの自社ブランドの構築と開発に注力している。

Nhà BèMay 10などの他の企業も、さまざまな消費ニーズに対応するために、あらゆるスタイルやカテゴリのファッショナブルな製品を提供し、国際的なトレンドに従う品質とデザインを確保している。

経済専門家によると、ベトナムの一連のFTAへの加盟により、国内市場の開放性が200%向上したという。当局は、国内市場シェアを改善するための努力に加えて、特に資本調達、生産拡大、外国ブランドと競争するための技術と管理の改善に関して企業が再構築するための有利な条件を提案する必要がある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月07日11:48

ベトナム:ユニクロ、ハノイにて慎重に事業参入

ユニクロは、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザにベトナム初の3000平方メートルの店舗開店を発表した後、現在ハノイで採用活動を行っている。

 

今年10月初旬、日本のファッションブランド、ユニクロはハノイにて店舗販売員の募集を自社ウェブサイトに掲載した。あらゆるバックグラウンドの大学卒業生(小売業未経験者可)を対象に、月給7-800万ベトナムドン(300-350米ドル)を提示した。

ユニクロは1112日、ハノイにて従業員が直接面接に臨むことができる選考会を開催する。

この動きは、ユニクロがホーチミン市とハノイに同時出店する可能性があることを示している。

ベトナムで最初のユニクロ店は、ホーチミン市のパークソンサイゴンツーリストプラザに、面積3000平方メートルの東南アジア最大の店舗の1つとして紹介された。

ユニクロベトナムのマネージングディレクターである池添修氏は、今年末からLifeWear製品を販売開始予定であると語った。

以前、ユニクロの取締役会会長兼ファーストリテイリンググループCEOの柳井正氏は、ベトナムへの参入はブランド開発のマイルストーンを示すものであり、潜在的な東南アジア市場へのより深いアクセスを確保する重要な節目であることを認めた。

ホーチミン市に拠点を置くユニクロベトナムは、100%外資の合弁事業として登記された。シンガポールのファーストリテイリングが資本の75%を占め、三菱商事が残りの25%を保有している。

8月末、ファーストリテイリングは、2018年比7.5%増の211億米ドルの収益を発表した。税引前利益は4%増の23億米ドルに達した。

ユニクロは、ファーストリテイリングの原動力であり、収益は95億米ドルで、2018年比14.5%増である。東南アジアではシンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンで展開している。

若年層の有望な市場と考えられているベトナムは、ZaraH&MMangoTopshopPull&BearStradivarius、そして現在のユニクロなどの大手企業の主戦場となっている。

ベトナム産業調査およびコンサルタント会社(VIRAC)によると、Mitra Adiperkasa Vietnam Co.,Ltd.は現在、ZaraPull&BearStradivariusMassimo Duttiなどのブランドと共にベトナムのファッション小売市場をけん引しているという。

Mitra Adiperkasa(MAP)2018年の財務報告では、同社はベトナム市場において2017年の1.7倍、2016年の6倍近くの19700(8578万米ドル)の収益を上げたと示された。その収益の内、Zara90%を占めた。

もう1つの有名ブランドのH&Mは、2018年に6530億ベトナムドン(2839万米ドル)を超える収益を報告した。これは2017年の4.3倍である。

H&M Vietnamは、ホーチミン市とハノイに7つの店舗を所有しており、H&Mグループの中で最も急成長している部門と言われている。H&M東南アジアのCEOFredrik Famm氏は、「ベトナムは、若い成長市場として、東南アジア地域のH&Mの全体的な成長に大きく貢献しました」と述べた。

VIRACの統計によると、ベトナムで最も高い市場シェアを持つトップ10のファッションブランドには、 Ivy ModaBlue ExchangeEliseSandingLime Orangeなどの国内ブランドが今も含まれているという。

一方、Eva de EvaLibéMagonnHnoss(ベトナムのファストファッションブランド)も発展の可能性を常に示している。

2月末、ベトナムのファッションブランドのEliseは、日本のAsia Fundに株式を売却した。Elise取締役会員のTokuo Yotaro氏は、ベトナムのファッション産業は来るべき時期にアジアで最も急成長するだろうと語った。過去1年間、HnossおよびEva de EvaSeedcomファンドから投資を受けた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年11月06日06:02

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 258 | 259 | 260 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る