インドシナニュース

日本:南アジア、東南アジアからの衣類輸入激増

  日本繊維協会の統計資料によると、2011年上半期6ヶ月、日本における衣類輸入金額は2010年同期比10.9%増、1兆21億9700万円となった。

  輸入数量4.8%増、19億4375万点となった。中でも、中国からの輸入金額は最も多く、8.5%増、8149億3800万円となり、数量1.9%増、16億6839万点に達した。ASEAN各国からの衣類輸入は、益々増加する見通しである。

  また、ベトナムからの輸入数量は、2011年上半期37.7%増、8558万点であり。インドネシアからの輸入数量は、74.1%増、3039万点、金額ベース72.2%増、128億7700万円となった。その他、南アジア区域からの輸入数量も著しく増加した。その中で、バングラデシュからの輸入数量は、21.1%増、3100万点、金額ベース28.4%増、118億円である。インドからの輸入数量は、19.7%増、2313万点、金額ベース19.6%増、128億3900万円となった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2011年09月07日

このページのトップへ戻る