インドシナニュース

ドゥックザン株式総会社:ベトナム制服・ユニフォーム業界の一大ブランド

米国、ヨーロッパ、日本など多くの市場に向けて、Pierre Cardin, Bugatti, Seidensticker, Jupiter, C&A, Camel Active, Mango, Zara, Esprit, Marcona, Kohl’s, JC Penny, Federated, Perry Ellisなど世界的に有名なブランドの向けの男性及び女性用のジャケット、パンツ、シャツ、ドレスなどの輸出の強さに加えて、ドゥックザン株式総会社(Dugarco)は制服やユニフォームのデザイン及び生産において、長年の経験を持ち、国内および海外の顧客の信頼を得ている。
社会の発展とともに、制服や作業服は、ベトナムの各業界、企業はますます重要であると考え、職業ごとに労働者の健康を確保するための要件としてだけではなく、美しさや丁寧さ、衣類を通じての専門性を創出し、同時に、各社のブランド・アイデンティティを形成する役割を担っている。一方、国内繊維企業生産の制服や作業服を使うことは、「ベトナム人はベトナム製品を優先して使用しよう」キャンペーンに応える実際的な行動ともなる。
したがい、国内のユニフォーム衣類や作業服のニーズは巨大である。石油やガス、電力、建設、鉱業と作業服を使用する企業だけでも、需要は年間700万セット以上ある。保健、教育、金融、などの分野でも制服のニーズは大きく、年間3000万セット以上あり、とくに高級品の分野が日に日に伸びている。
制服やユニフォームの市場に大きなチャンスがあると見て、ドゥックザン株式総会社は、ベトナム国家石油グループ、ハノイ交通公社、ヴィンセム・セメントなど一部のお客様を含めた国内市場の需要を満たすために、この市場の開拓を決意した。製品は個人の防護服の特定の要件を満たすために、モダンなラインで製造されており、強度、高い色の堅牢性、非アレルギー性で、汗を吸収し、通気性がよく、しわにならず、乾きやすい、防火性も備えている。ドゥックザン株式総会社(Dugarco)では、プロのデザイナーのチームを擁して、業界ごと、地域ごとの業務の特性や、各企業の特長的なブランド・アイデンティティを表現する独創的なデザインに見合うというような、制服やユニフォームに特徴的な要望に確実に応えていっている。
実際には、現時点では、この分野に投資する繊維企業の数は少なく、主に自発的な企業である。したがって、ユニフォームという商品の状態は、製造元がはっきりせず、品質は保証されておらず、化学物質によって生地が汚染されて着用時にかゆみを伴ったり、安全性に不安があったりなどで、労働の生産性や質に影響を与えるようなものが横行し、国内の商品に対する消費者やドゥックザン株式総会社(Dugarco)のような誠意ある企業への信頼に悪影響を及ぼす。
さらには、輸出向けや通常の国内消費の衣類と比べても、制服やユニフォームはデザインの点で要求は高くない。80%の生地や付属を国内調達できる。これらは、価格を低減し、納品のスピードを上げる要因となっている。しかしながら、企業にとって困難は、注文全体は大量だが、サイズごとに小分けすると、数量は大きくなく、工場では別個の製造ラインで生産する必要があり、いわゆる大量生産スタイルではなく、オーダーメイドのように一人一人別々に作らなければならないこともある。
世界の経済状況がまだまだ厳しい中、輸出向けの注文が減少しており、潜在性のある制服やユニフォームの市場を開拓していくということは、国内市場を支配することで、これは非常に重要な戦略となる。益々高まる制服・ユニフォーム需要に応えるために、ドゥックザン株式総会社(Dugarco)では、製品の品質を改善し、各業界に合わせて着心地の良い生地や様々なデザインを用意し、ブランド・アイデンティティの確立や安全性の保証に弛まぬ努力をしている。人体学の研究を進め、標準寸法を算出し、労働者が着用したときに、自然で動きやすい商品を開発している。同時に、製油所、肥料加工工場などのような特別の業種で用いられる、防火性作業服、抗紫外線作業服の生産を研究している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年09月25日

このページのトップへ戻る