インドシナニュース

ベトナム:繊維メーカー、新型コロナウイルスの混乱を回避(後)

(前編より)

 

緊急救済策

最優先事項は従業員の仕事を確保することであり、繊維・アパレル産業などの労働集約型ビジネスには厳しい要求であることに全員が同意している。

国内メーカーは、労働力を削減する必要性を最小限に抑えるための解決策を見つけることに集中するよう求められている。業界の専門家によると、企業は当面、従業員の労働時間を増やすべきではなく、週休2日を認めるべきだという。

彼らはまた、従業員が最短で生活を正すためのキャッシュフローを生み出すために、2020年の社会保険、健康保険、失業手当、労働組合費の支払い免除を企業に要求した。

具体的には、先週のオンライン会議で、ベトナム繊維協会(VITAS)の代表は、6月までのすべての社会保険料を免除、2020年末までの失業給付保険料の免除、そして失業給付基金を使用して、不完全雇用労働者に最低賃金の50%を支払うことを許可するよう労働傷病兵社会省に提案した。

ウイルス発生の複雑な進展を見てみると、3月18日、ベトナム労働総同盟(VGCL)は、発生により困難に直面した企業の労働組合費の支払い遅延に関する公式書状No.245 / TLDを発行した。具体的には、VGCLは2020年前半に労働組合費の支払いを遅らせる許可を与えたものである。この支払い遅延は、労働力の少なくとも半分が社会保険料の支払いを受けるが一時的に労働を停止しなければならない企業に利用できるものである。

ベトナムの繊維・アパレル産業は現在、280万人の従業員を擁し約6800の企業数を誇っている。同産業の生産高は約450億米ドルで、国内消費は約50億米ドルに過ぎず、残りは輸出されている。

商工省副大臣のTran Quoc Khanh氏によると、EUと米国の両方が新型コロナウイルスによる健康被害を克服するのに最大10週間かかる可能性があるという。Khanh氏は、危機後の需要は大幅に増加するため、企業はこの期間中、中国、韓国、日本などのパンデミックから回復する市場にもっと注意を払うべきだと述べた。

さらに、副大臣は企業が独自の原材料供給を開発し、リソースを動員し、EU-ベトナム自由貿易協定が近い将来にもたらす機会を掴むことを助言した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月08日

このページのトップへ戻る