インドシナニュース

Vinatex: ホアビン省への投資可否判断へ

  2012年6月19日、ホアビン省人民委員会主席Bui Van Tinh氏率いる同省のミッションがベトナム繊維公団を訪問した。

  今回の訪問の目的は、雇用機会創出を狙ったホアビン省への繊維産業誘致の機会を調査するためのものだった。Bui Van Tinh氏によれば、ホアビン省は山側にあり、ほとんどの住民は農業で生計を立てているが、地理的な条件のため、農産物は自給自足用でしかなく、住民には安定的な収入の道がない。Tinh氏は公団が早期にこの地域に投資し、住民の仕事を農業から工業へ転換し、貧困撲滅の目標の一助となることを希望しているとした。

  公団会長Vu Duc Giang氏は、会合で、Vinatexは、政府の農村地域経済発展と貧困撲滅の方針に相俟って、農村地域への投資戦略を持っていることを明らかにした。それによれば、ホアビン省は公団が縫製業界を発展させるために集中的に投資する省の一つで、高級竹繊維を作るために竹の栽培を計画している地域である。

  この訪問で、会長Vu Duc Giang氏は、縫製工場の要望を念頭に置き、インフラ面で適応性があり、住民が安定し、労働力の質が保たれる各県、町について、省の人民委員会と商工局は具体的な土地計画を早期に報告するよう求めた。同時に、省は既存の工場の規模や生産性、品目を鑑みて、公団が新規工場の投資をするとき労働力や製品で競争が起きないように配慮することも要望した。

  近い将来、公団は、人民委員会が投資調査を要望する5-10か所を訪問する予定である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年07月04日

このページのトップへ戻る