インドシナニュース

TPP、製糸・織布・染色への投資を促進

    ベトナム綿糸協会は、製糸・織布・染色の各プロジェクトへの投資の波は、ベトナムが現在参加交渉している環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を迎え撃つことを睨んでいる、という。

    リスクが少なくないことは隠しようがないが、特に、アメリカが出している原産原則は、ベトナムにも不利に働くが、それでも、否定のしようがなく、交渉の過程で多くの利益と融和できるならば、TPPは多くのベトナム輸出産業にとって、大きなチャンスを切り開いてくれることであろう。

    ベトナム綿糸協会副会長Nguyen Son氏は、TPPはベトナムの製糸・織布・染色の業界が生産を上げる大きなチャンスとなるだろうとしている。ベトナム綿糸協会との会合で、中国の一部の企業は、現在、製糸の分野で生産の拡大もしくは新しい投資の可能性を探っている段階であるという。

    経済危機の中でこの分野での直接外国投資プロジェクトはいまだ認可を得られる。具体的には、あるKyung Bang有限会社(100%韓国資本)は4000USDかけてBau Bang工業団地(ビンユーン省ベンカット)に6000t/年規模の紡績工場建設の第1フェーズに取り掛かっている。一部の他の工場もベトナムでの工場建設の準備のための手続きを完了している。代表的なのは、TexhongNgan Long技術科学有限会社(香港資本)で、3USDかけて、Hai Yen工業団地(クアンニン省モンカイ)に紡績工場を建設する予定である。

    現在、ベトナム繊維公団(Vinatex)は伊藤忠グループと合弁でBao Minh工業団地(ナムディン省)に総投資額12000USDで、5万錘規模の紡績工場の投資手続きを完了させている。

    米越通商委員会会長Virginia Foote女史によれば、ベトナムは韓国、日本、さらには中国がTPPに参加して原産原則を保障するのを指をくわえて待っているのではなく、紡績の分野に積極的に直接外国投資を呼び込んでいくことが必要である。大規模紡績工場のほとんどは韓国、台湾、中国、日本にあって、そのため、今後、ベトナムは輸出額を上げるために、韓国、中国、台湾などの、この分野への投資家を招き、工場を誘致していくことが必要である。

     Peter A. Petri教授(米国Brandes大学)の研究によれば、チリ、ペルー、ベトナムなどの小規模経済圏は収入の伸び率が最大になるという。具体的には、ベトナムのGDP2025年には2350USDに達する可能性がある。「繊維製品に限れば、2025年には輸出金額は285USDに達する可能性がある」とPeter A. Petri教授は言う。

     もちろん、繊維業界はこの通商協定からどういった利益を得られるかはベトナム側からの交渉次第である。けれども、多国間通商政策部(商工省)副部長Ngo Chung Khanh氏によれば、重要なのは、国内の各企業が積極的にアメリカをはじめとするTPP参加の国々の市場に参入するための計画や戦略を立案し、同時に、競争力を高め、全世界的なサプライ・チェーンの中に参入するために外国との協力関係を強化することだとしている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月27日

このページのトップへ戻る