インドシナニュース

ベトナム:独自ブランドをグローバル展開する国内デザイナー(前)

自身のブランドPHUONG MYのクリエイティブディレクターであるTrần Phương My氏が、212日にニューヨークで開催される2019New York Fashion WeekNYFW)で、秋冬コレクション「Sayonara」を発表する。 サンフランシスコのAcademy of Art Universityを卒業したMy氏は、2017年にドバイで開催されたArab Fashion Weekと、昨年9月にカナダで開催されたVancouver Fashion Week Spring/Summer 2019に参加している。そのデザインはBritish VogueVogue USCollezioni Italyで紹介されており、彼女は現在、20ヵ国で37の店舗を展開している。31歳のデザイナーがNWFWのための準備と世界の舞台に彼女ベトナムのブランドを確立のための野心について本誌に語る。

 

Inner Sanctum(以下IS):どのようにNYFWの準備をしてきましたか?

Phương My(以下PM):NYFWは最終目標ではありません。そうであれば、私はNYFWのためにもっと準備するでしょう。NYFWは何が起こるのか、そして私が後ですることの始まりに過ぎないと思います。PHUONG MYは今年7周年を迎え、過去6年間でブランドの歴史が紡がれています。それはブランド構築の旅、すなわち私と社員が日々行ってきた、もう一歩前進し、仕事をより良くするためのプロセスです。ニューヨークでのショーはこの旅の進歩を表しているので、私はプレッシャーを感じません。プレッシャーは実際にはNYFWの後に感じると思います。

 

IS秋冬コレクションのインスピレーションは何ですか?

PM:ニューヨークでのPHUONG MYは、ドバイやカナダでのPHUONG MYと違いはありません。私は常にブランドのコアバリューを保ち、ショーの最後にはPHUONG MYを印象づけることを意識しています。PHUONG MYは他のどのファッションブランドにも似つかないものでなければならず、類似性はブランドを破壊してしまうでしょう。PHUONG MYは常にアジア人女性の持ち前の特徴と美しさを尊重することを目指しています。すなわち、女性的な繊細さと大胆さです。これは海外で発表された私のコレクションすべてにとって素晴らしいインスピレーションです。

 

ISコレクションにはどのような生地を使用しましたか?

PMPHUONG MYはシルクを得意としています。季節に応じてシルクはさまざまなスタイルで織られています。NYFWでのショーの準備をするために、PHUONG MYは日本、台湾、また香港の紡糸メーカーと協力しユニークな種類のシルクを作りました。アジアの美しさを尊重するため、生地は丈夫なだけでなく「浮遊感」を醸し出すものです。

 

ISショーではいくつのデザインを発表する予定ですか?

PM:コレクションとしては、各デザインがレイヤーの重ね仕立てであるため、私はよく100ほどのアイテムから5060のデザインを作成します。ショーではそれらのインパクトに応じていくつかのデザインをカットし、ブランドとしてのストーリーをより反映します。デパートへの販売のために商品を紹介するときは完全なコレクションを発表しますが、ショーではイベントの12日前に発表するデザイン数を決めるだけです。

 

ISあなたの目標は何ですか。あなたのブランドを拡大し続けるか、またはより多くの店舗を開くことですか?

PM:昨年、私は7店舗を新たにオープンしました。今月は、中東で最高の高級ショッピング施設であろうハーヴェイ・ニコルズに新店舗をオープンします。昨年はPHUONG MYは目に見えた進歩を遂げ、多くの目標を達成しました。メディアはしばしばNYFWとショーに注目します。ですが、メディアは私と社員がそれらの目標を達成し、そしてブランドを育成するため何をしてきたのかには気づいていません。ショーに向けた資金を得るためより多くの店舗を開く、さまざまな目標を追求するというのはその一部でしかありません。NYFWの後におけるデザイナーの典型的な行動は、製品を販売するためベトナムに戻ってくることだと思います。例えば、私はデザイナーとして、海外においてベトナムのデザイナーというだけでなく国際的なデザイナーという知名度を得て、それから服を販売するためにベトナムに戻ることを望みます。とても個人的な考えですが。ブランドを育てるときは、私はビジネスと将来の展望、そして私自身が私の投資から何を得るのかを考えなければなりません。NYFWPHUONG MYにもたらすものだけでなく、PHUONG MYNYFWにもたらすものもあります。それらは異なるものです。それはショーの後、私が服を販売する場所、私の新しいクライアントになる方、そして国際的なファッションシーンでどんな成果をあげるかなど全てです。PHUONG MYの主要市場はベトナムと中近東になりましたので、ショーの後は新たな市場がPHUONG MYに広がる可能性があります。

 

ISヨーロッパはどうですか?

PMPHUONG MYはヨーロッパの23か国で販売しています。実際、ヨーロッパやアメリカへの参入は、私のアイドルであり、またインスピレーションを得たデザイナーたちと競争しなければならないことを意味します。彼らはまさに私が学校に通っていたときに読んだ本の中に登場した人たちです。この目標を達成するためには持続可能な戦略が必要です。それを急いでいるわけではありません。私はPHUONG MYが有名ブランドと共存するため、特定のステップで、国際市場でしかるべき地位を獲得することを望んでいます。

 

(後編につづく)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年02月13日

このページのトップへ戻る