インドシナニュース

ベトナム:国内アパレル企業、香港での見本市でファッション製品を展示

ベトナムの手工芸品、衣料品、繊維、ファッションアクセサリー、衣類関連業界をリードしている35のメーカーが、1020日に香港で開かれた開催される国際見本市で製品を展示している。

香港最大のファッション調達イベントであるGlobal Sourcesでは、履物、布類、下着も展示されている。

この展示会では、ベトナム、中国、香港、台湾、韓国、バングラデシュ、インド、インドネシアなどの主要ファッション製造拠点のサプライヤーの参加が確認されている。

主催者によると、今年、ホーチミン市手工業木材産業協会の10社が展示会に参加していた。

ベトナムの出展者は、ベトナムやインド、ラオス、フィリピン、ネパール、ケニアおよび同イベントホストの香港の新人や新興企業によるデザインを紹介するRising and Young Designers Cornerにも参加している。

AdidasAvery DennisonAYE AYEColetteeBayFossilGAPMarubeni、およびMothercareなど、数多くのトップバイヤーが同展示会に参加する予定である。

ホーチミン市の投資貿易促進センター(ITPC)Phạm Thiết Hòa所長は、ベトナムは国際的なバイヤーにとって、より魅力的で補完的な衣料品調達先となった、と語った。

ITPCは、ホーチミン市の企業を支援し、ベトナムへの外国投資を誘致する使命の一環として、ベトナムの参加者のほとんどを支援している、と彼は述べた。

1800ブースで、米国、EU、香港、日本などの150の国と地域から12000人のバイヤーを歓迎する見込みである。

他の注目すべき点としては、業界の専門家がファッション業界でAI3D印刷などのファッショントレンドや新技術アプリケーションを共有する会議プログラムが含まれることである。

 

世界の製造業としてのベトナム

「ベトナムの衣料品、ファッションアクセサリー、家庭用品企業は、米国への輸出を増強するために、中国に対する輸出高関税を利用することができます」とITPCHoa所長はベトナム・ニュース紙に語った。

衣料品、バッグ、家具などの中国製品の多くは、米国に輸出すると10%も高価になり、来年は25%に上昇する可能性があると同氏は述べた。

「相互貿易利益のために、ベトナムの輸出業者は輸出基準、製品品質、貿易コミュニケーション能力を強化する必要があります」と加えた。

Global Sourcesのチーフ代表のVũ NgọcKhiêm氏は、ベトナム製アパレル製品のサプライチェーンが急速に改善され、より多くの自由貿易協定に参加していることから、ベトナム製品を調達する海外バイヤーが増加していると述べた。

香港に拠点を置く販促用帽子、アパレル、おもちゃのバイヤーであるHeadwind Groupのジェネラルマネジャー、Michael Hung氏は、「ベトナムは輸入業者にとってユニークな製造機会を提供しています。しかし、ベトナムが直面している多くの物流面での制約は、例えば中国よりも難しいものです。この問題を解決することができれば、それは非常に報われるはずです」と語った。

ベトナムは、世界の多くの有名ブランドのメーカーという現在の役割を強化しようとしている。

過去10年間で、ヨーロッパと北アメリカへの衣料品および繊維製品の輸出が着実に増加した。

ベトナム繊維協会の統計によると、昨年最多輸出を記録した衣料品輸出額は19.2%増の310億米ドルと過去最高を記録した。

昨年、中国への衣料品輸出も10億ドルを超え、既存の輸出相手国であるアセアン加盟国、東欧、EU、日本、韓国などを超えて市場を拡大した。

ベトナム繊維公団によると、今年の輸出目標は350億米ドル以上、来年度は400億米ドル以上に設定されている。

しかし、米国の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの撤退は、ベトナムに影響を与える可能性がある、と専門家は警告している。

ベトナム税関総局によると、包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)加盟国への輸出は、ベトナムの全輸出額の17.1%を占めていた。

CPTPP2019年初頭に発効され、アパレル業界にとって大きくチャンスを広げることが期待されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月30日

このページのトップへ戻る