インドシナニュース

ベトナム:ハノイ、Eコマースに重点を置く

ハノイは、オンラインで取引される商品の品質に問題はあるものの、最近急速に成長したEコマース活動の持続可能な発展を促進するソリューションを実装している。

ベトナムEコマース協会が実施したハノイの1000社の調査によると、その内の61%は簡単で効果的なビジネストレンドであり低コストで顧客からの迅速なフィードバックを得られるため、SNS上で事業活動を行っている。

企業の約37%は、Eコマース収益が企業の総収益の約30%を占め、そのうち16%はEコマース活動の総収益の50%を占めているという。

今年の上半期、組織や個人の約7726WebサイトやEコマースアプリがハノイで登録された。

商工省のNguyn Thanh Hi副省長は、今年Eコマースの発展を促進させると述べ、同省はハノイでショッピングサイト(http://bandomuasam.hanoi.gov)にウェブサイトを運営を開設し、 これにより、ショッピング、消費財や食品の販売、首都での自動販売機の設置場所などを簡単に検索することができる。

現在では、同省は様々な分野でのEコマース、オンライン公共サービス、電子税申告、電子決済を開発し、透明性があり公正なビジネス環境を作り出している。

ハノイはまた、製品や商品の原産地を追跡可能にし、商業的詐欺を防止するため、企業に農産物や食品向けEコマースウェブサイトやアプリケーションの開設を促し、 偽造防止スタンプ、本物証明のスタンプ、クイックレスポンス(QR)コードの適用を促進した。

ベトナム企業標準および消費者保護協会のNguyn Mn Hùng副代表は、オンラインショッピングでは、消費者からすると認可された販売サイトと無認可の販売サイト、または偽造品と本物の区別が難しいと指摘している。

偽造品の取引に請求書がないため、オンラインショッピングによる商取引詐欺の検出、管理および処理は非常に困難である。一方で、SNS上の多くのウェブサイトとその取引口座には仮想アドレスしかないため、低品質商品などの商取引詐欺を管理し処理することは困難である。多くの消費者は、オンラインショッピングを利用する際にこれらの問題を懸念している。消費者の利益を守るために、当局は関連する省事務所にEコマース事業の監督と検査を指示している。それゆえに、Eコマース活動の違反に対して、34億ベトナムドン相当の行政処罰を課している。

商工省は、オンラインビジネスの方法を管理するために、モバイルデバイス用のEコマースウェブサイトとオンライン取引活動の管理を規定している。

違反した場合、通商産業省は、規制に違反したEコマースウェブサイトやモバイルアプリの名前、それらのウェブサイトやアプリを所有するトレーダーや組織名および情報を公表する。

ベトナムEコマース協会によるベトナムEコマースインデックスのレポートによると、ハノイは過去5年間、同国における主要Eコマースインデックスを持つ2都市のうちの1つであった。

2017年にはハノイのEコマース活動による取引金額は36兆ベトナムドン(154000万米ドル)と推定された。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月25日

このページのトップへ戻る