インドシナニュース

ベトナム:Amazon、Alibaba、販売者開拓へ

eコマース最大大手のAmazonAlibabaは、オンライン市場でより多くのベトナム販売者と契約を締結したい考えだ。

先月、米国所有のAmazonは、ベトナム電子商取引協会(VECOM)と協業し、ハノイとホーチミン市で、「Amazonで世界に販売する」と名打たれたワークショップを開催した。

このイベントの来場者は、両市でそれぞれ2000人を超えた。

3月以降、AmazonVECOMとパートナーシップを組んで販売者向けのトレーニングコースやワークショップを開催している。

同社は、ネットワーク上で商品を販売したい個人や企業とつながるため、ベトナムでウェブサイトと公式のFacebookファンページを立ち上げた。

Amazon Global Selling Korea and Southeast AsiaPark Joonmo最高経営責任者(CEO)は、メーカー、ブランドオーナー、スタートアップなど、Amazonでのベトナムの販売者が増えていると語った。

Park Joonmo氏は声明で、Amazonのベトナム販売者は、世界中の何百万人もの潜在的な顧客にAmazonを通じて世界的に販売を開始しているとコメントした。

商工省によると、約200のベトナム企業がAmazonで販売しているという。

専門家は、ベトナムは農産物、食糧、家具などの主要輸出国のため、この数字は大きく増加する可能性があると述べた。

中国のAlibabaは、7月からAliExpressのウェブサイトでベトナムの販売者を探している。

AliExpressの幹部Yang Ninh氏は、ベトナムは世界で最も多様なメーカーの1つであり、その成長はAlibabaの重要な目的となっていると語った。

AliExpressはベトナムに世界中の200以上の市場への門戸を開きたいと、Yang Ninh氏は付け加えた。

VECOMによると、昨年、ベトナムのeコマース市場は25%成長し、2020年までこの比率が続くと予測した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月06日

このページのトップへ戻る