インドシナニュース

ベトナム:11月に国際繊維・アパレル・履物フェア開催

繊維・アパレル・履物産業国際見本市がホーチミン市のサイゴン展示会議場(SECC)で1121日から24日まで開催される。

このイベントは、ベトナム綿紡績協会(VCOSA)、ホーチミン市縫製繊維協会(AGTEK)、中国縫製機械協会(CSMA)の後援により、ベトナム国立貿易展示会・広告社(VINEXAD)、Yorkers展示サービス・ベトナム社、中国広東省縫製機器商工会議所による共催される。

VINEXADPham Dang Khanh取締役によると、見本市には第18回ベトナム国際繊維・アパレル産業展示会(VTG 2018)やベトナム国際繊維・アパレル協会展示会(VitaTex)も含まれる。

また、ベトナム国際履物機材産業展示会(VFM)や第8回アジア国際染料及び顔料・紡績化学品展示会(INTERDYE ASIA 2018)も同時開催される。

イベントには、中国、ドイツ、インド、日本、韓国、そしてマレーシアを含む11カ国・地域からの400社以上の企業による600を超えるブースの出展が見込まれている。

見本市がベトナム企業に国際的アパレル企業との繋がりを持つチャンスを与え、これら国際企業が次々と世界市場におけるベトナムの立場や役割を強化することが期待される。

ホーチミン市皮革履物協会のNguyen Van Khanh氏によると、ベトナムの繊維・アパレル産業の収益および輸出総額は世界でも上位に位置し、2018年上半期の輸出総額は世界トップ5に入り、対前年比で14%増加の160億米ドルに達している。

ベトナムと欧州連合(EU)間の自由貿易協定がベトナムのアパレル界に良い影響をもたらすことが期待されている。さらに、同国は多くの協定に調印していて、特に包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)により履物産業は好ましい条件を与えられている。

ベトナムでは700近い履物製造業者に約150万人の労働者が従事している。同国の履物輸出は力強い成長を享受していて、2011年には65億米ドルだった輸出額が6年間で130億米ドルに達し、今年は200億米ドルを超えると予想されている。

2018年、ベトナムの繊維・アパレル産業は肯定的な兆しにより大きな可能性を有し、新しい貿易協定を通した恩恵を受けているとVCOSANguyen Binh An事務総長は述べた。

また、 アセアン経済共同体が、アメリカ、欧州連合、日本の主要市場におけるベトナムの競争力強化のために同国が適切な供給業者を見つけ出し、サプライチェーンを構築するための協力機会をもたらすだろう、とNguyen Binh An事務総長は述べた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月02日

このページのトップへ戻る