インドシナニュース

ベトナム:Jasan Vietnam、ハイフォンの効率的な海外直接投資繊維企業

2014ハイフォン市のベトナムシンガポール工業団地(VSIP設立されたJasan Vietnam Textile and Dyeing Companyは、生産と取引において目覚しい成果を収めてい。これはハイフォン市の魅力的な投資環境を証明している

Jasan Vietnam Textile and Dyeing Companyは、中国杭州のJasanグループの子会社である。当グループは、便利な交通システム、港湾、投資家を支援する政策のため、ハイフォンを市場拡大の拠点とした。

「我々ハイフォンに投資するのは、外国直接投資企業の優遇政策があるからです。最初の4年間は所得税が免除されます。今後9年間で、私たちは減税の半分を受け取ります。会社の全従業員は、個人所得税の控除を受ける権利があります。さらに、ハイフォンは輸出活動にとって非常に便利な場所です。」と同社副所長Tran Thuy Trang氏は述べ

当初、Jasan Vietnam Textile and Dyeing Company3haを借り、VSIP1400万米ドルを投資した。 投資環境の改善により、生産規模をさらに7ha拡大し、投資総額は5000万米ドルとなった。投資許可手続に関するすべての情報は、市のポータルサイトに掲載されていJasan Vietnamと他の外国人投資家が満足しているかどうかを確かめるため、すべての投資家の質問1日以内に対処され

「もう一つの利点は、高度に熟練した労働者から職場の労働者に至るまで、従業員に非常に満足していることです。彼らは、一生懸命働こうとしています。」とTrangは述べ

現在、Jasan Vietnam1500人の従業員を雇用してい。同社は、従業員の業績、女性労働者のための特別な福利厚生制度、年間無料の旅行活動の企画、休暇や贈り物のための賞金を労働者に提供してい

「過去3年間、私はチームリーダーからグループ長に昇進しました。優れた報酬システムと便利な職場環境で、この会社で働私はうれしいですアパレル工場2担当Pham Thi Kim Hue氏は言う

Jasan Vietnamには現在、1500人以上の労働者と40人の外国人専門家が働いている。同社の多くの重要な役職はベトナムの人々によって行われてい。同社は資格のあるベトナム労働者の採用を増やし、ベトナム従業員に染色技術を指導した

現在、同社の最も重要な部門技術部門で、合計21人の労働者のうち12人がベトナム人である。今年末までに、同社の全生産段階でベトナムの労働を最大限に活用しながら、外国人経営者と専門家をできるだけ多く減らすことが期待されてい

Jasan Vietnamは、染色から輸出までの一環生産ラインを擁する唯一の企業であるJasan 12015年に稼動し、2年後にJasan 2が設立され、今年末までにJasan 3が稼働する予定である2000年の織機では、Jasan 2000万足の靴下を生産、輸出した最初の年となったTangによると、Jasan 確実に拡大し、今後の投資を約5000ドルから12000ドルに引き上げることを目指すという



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月04日

このページのトップへ戻る