インドシナニュース

ベトナム:若者はテトに向け安価な既製のアオザイを購入

ホーチミン市にある多くの既製服のブランドショップでは様々なスタイルや柄のアオザイを販売しており、テト(旧正月)の祝日に向けて美しい装いを求める若い女性たちの心を掴んでいる。

「テトの期間中に親戚や友達を訪ねたり、写真を撮るのにチャーミングになりたいんです。私にとってアオザイが常にベストチョイスです。」とシンガポール在住のTran Ngoc Bao Chauさん(31)は語った。

Chauさんはホーチミン市の友人にアオザイを買うよう頼んだ。

「旧正月の1228日(213日)にベトナムに帰るのですが、ショッピングするには遅すぎます」既製服しか選択の余地がないのだとChauさんは述べた。

Chauさんはホーチミン市の既製服ショップのフェイスブックページに掲載された数百ものアイテムを数日かけてチェックし、若者や有名人の間で人気のブランド Ha Cuc」のアオザイを選んだ。選んだアオザイはシャクヤクの柄がプリントされており、色はピンク。錦織で作られている。

アオザイとシルクパンツのセットの値段は250万ベトナムドン(110米ドル)になる。

「海外在住者や忙しい人にとって、既製のアオザイはとても便利です。注文仕立ての服を作るには少なくとも10日はかかりますから」

Ha Cucは今年、錦織で作られたアオザイを6デザイン提供している。カラーはパステルピンク、赤紫、赤、パステルブルー、白、黒で、リス、鶴、蘭、牡丹、菊の柄がプリントされている。

ホーチミン市にあるHa Cucの女性ショップ店員によると、Ha Cucのアオザイはエレガントな柄で質の高い生地から作られており、若者や有名人のファンも多いという。歌手のYen TrangYen Nhi、ミス・ベトナム20122位のDuong Tu Anhなども愛用している。

一方、ローカルな既製服を販売しているBoxshopでは様々なスタイルのアオザイを何百点も入荷した。

アオザイは錦織、リネン、タフタシルク、ボイル、レーヨンなどで作られており、花や鳥の柄がプリント・刺繍されている。

Ngo Thanh Van監督のアオザイを取り扱った映画『Co Ba Sai Gon(サイゴンンの仕立屋)』の人気から、水玉やアンティークセラミックタイル柄のデザインが人気だ。

アオザイの価格は品質やデザインに応じて399000ベトナムドンから95万ベトナムドン(18米ドル〜42米ドル) の間で売られている。

BoxshopのオーナーNguyen Thaoさんによると、特に若者を中心としたベトナム人女性の多くが既製のアオザイを好んでいるという。

Phu Nhuan137にある私達のショップでは毎日何百人ものお客様にアオザイをお買い求め頂いています。オンラインのオーダーは数千着にもなりました」とThaoさんはいう。

ドンナイ省の高校教師Tran My Tienさんは学校に通うためのアオザイを数十着持っているが、自分と娘のために既製服を買おうと決めたという。

「テトでは娘と同じアオザイを着たいんです。既製服は値段も手頃で、楽しい柄、明るい色で作られているのでうってつけです」

Tienさんは1区のDien Bien Phu通りにあるショップ「gorDress」を訪れ、赤色のアオザイを2着購入した。値段はたったの65万ベトナムドン(29米ドル)だった。

「お得な買い物ができました」とTienさんは笑顔で述べた。

gorDressのショップ店員によると、既製のアオザイは伝統的な衣装よりもゆったりと作られているという。

「女性にとって着ごごちが良いものを提供したいのです」

多くのショップではアオザイに似たデザインや柄のドレスを、質は保ちながらもより買い求めやすい価格で提供している。

錦織のアオザイの価格は95万〜150万ベトナムドン(4266米ドル)ほどであるが、似たようなドレスはたった50万ベトナムドン(22米ドル)ほどである。

「こうしたドレスは、出費を抑えつつも、テト向けに可愛く質の良い衣装を求める若者に人気です」とBoxshopのオーナーThaoさんは述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年02月08日

このページのトップへ戻る