インドシナニュース

ベトナム:スウェーデンのTOMASがベトナム繊維産業を支援

スウェーデン繊維機械協会(TMAS)がホーチミン市7区にローカルオフィスを開設した。TOMASベトナムのBDRであるTran Phuoc Thanh氏が所長を務める。

Tran氏はベトナム繊維公団での経験をバックグランドに持っており、また同氏はスウェーデンにて繊維機械メーカーやその顧客とのトレーニングを受けており、産業の洞察を深めてもいる。

スウェーデン製機械のマーケティング及びベトナムにおけるTOMAS企業の販売促進やサポートのために、Tran氏は戦略的に配置されたのである。

「TMASは長い間ベトナムで活動を続けています。ベトナムは世界中の繊維製品の新しい生産拠点として勢力を伸ばしています。このワクワクするような成長と拡大の一端を担いたいと考えています。知識や経験、そして革新的な技術など、多くのものを提供できると信じています。」とTOMAS会長のMikael Äremann氏は語った。

ベトナムでの繊維・アパレル産業は2016年から2020年の間に平均12-14%成長すると予測されている。2016年の輸出額は280億米ドルであるが、2020年までには500億米ドルに到達することが見込まれている。

 

ベトナム繊維産業

繊維産業は劇的な成長を続けており、ベトナムはアジアにおける次の十年間の繊維産業のハブとなるとされている。中国のコスト水準の上昇が原因となり、繊維・縫製ブランドがベトナムに拠点を変えていることが主な理由である。実際、スウェーデンのTMAS企業は商品やサービスに対する需要の劇的な増加に気付き始めている。

「ベトナムの繊維産業にとって、TMAS企業は完璧にマッチしています。我々は比較的小規模で、生産工程でそれぞれが異なる主要分野を専門する結束の高いグループです。その規模感から、柔軟性が高いのです。我々は顧客と密接に仕事をし、市場のニーズに応えて変化する彼らのニーズに素早く順応します。」とTOMAS事務総長のTherese Premler-Andersson氏は力説した。

TOMASによると、ベトナムの繊維企業は競争力を高める方法を模索しており、ベトナムにはそのキャパシティとスタミナがあることを明確に表しているという。ベトナム繊維産業が長期間に渡って繁栄できるように尽力するとTOMASは表明している。

健全性を維持し、長期間に渡って成長することを前もって条件とする権利をベトナム産業は持っているとTOMASは報告している。「ベトナムの人々は快活で仕事熱心であり、多くの人々が教養を持ち、英語で会話することができます。この国には、問題を乗り越え、変化に適用してきた長い歴史があります。」とÄremann氏は述べた。

「実際、労働者たちのスキルは毎年向上しており、中国では数年かかったプロセスがベトナムでは数段短い時間で完了していることを、企業は迅速に察知しています。」

 

インダストリー4.0の高まり

インダストリー4.0に対する挑戦とニーズもまた、世界の繊維産業を変えている。それが故、環境・社会的持続可能性とスマートソリューションの優先順位がTOMAS企業にとっては高くなっている。全ての加盟企業の目標は、高い品質レベルを維持しつつも性能や効率を向上させることにある。スウェーデンが誇る、世界有数のスマート産業のノウハウをTMASがベトナムにもたらし、ベトナムの政界の競争力を飛躍的に高める。

「スウェーデンが誇る信頼性の高さや品質、そして世界有数の技術力がTOMASには反映されています。R&Dの重要性は高く、顧客が長期にわたる収益性や採算性、そして成長を達成する実績がTOMAS企業にはあります。スマートで持続可能なソリューションを構築することが我々のDNAに組み込まれており、ベトナムでのイノベーションを加速させることは間違えありません。」とPremler-Andersson氏は語った。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年11月13日

このページのトップへ戻る