インドシナニュース

革靴業界はベトナム国内市場を占有

  ホーチミン市革靴協会(SLA)総秘書Nguyen Van Khanh氏は「ベトナム各企業は、ベトナム国内市場を徐々に占めている」と話した。

  ベトナム革靴協会(Lefaso)によると、ベトナム各企業で生産された履物量は、2011年に約7000万足が消費され、国内総市場の50%を占めたという(年間約1億3000万~1億4000万足、金額ベース15億USD)。

  Lefasoは「2012年、ベトナム各企業の生産・消費量は約7500万足になるだろう」と予測している。

  統計資料によると、ベトナム国内で生産されるレザーおよび靴底量は、70~80%を占めている。Khanh氏は「ベトナム国内市場占有のために、各企業は製品の品質を守る必要がある。そうすれば、ベトナム国内消費者は、中国製品に舞い戻ることはない。」と話した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月06日

このページのトップへ戻る