インドシナニュース

ベトナム製スチールハンガー、アメリカでダンピング調査を受ける

  貿易防衛課(商工省の競争管理局直属)は、ベトナムと台湾製輸入スチールハンガーに対し、アメリカ国内生産各企業代表して弁護士オフィスVORYSがアメリカ商工省と国際貿易委員会に、製品援助やダンピング調査を要求した。

  対象製品は、HS コード7326.20.0020と7323.99.9080のスチールハンガーである。

  原告によると、ベトナム製のスチールハンガーのダンピング率82.87~159.2%、台湾製のダンピング率57.01~166.19%である。ベトナム製のダンピング率については、アメリカの物価とインドの加工費に基づいて計算された。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年01月23日

このページのトップへ戻る