インドシナニュース

日本輸出バッグ・スーツケース・傘、2011年末に著しく上昇

  2011年11月、日本向けバッグ・スーツケース・傘の輸出金額は1210万USDとなり、2011年10月と比較して28.2%増、2010年同期比75.2%増となった。

  2011年11ヶ月間、日本向けバッグ・スーツケース・傘輸出金額は1億2560万USDと著しく上昇し、2010年同期比53.2%増となった。

  統計資料によると、2011年11月、日本向けバッグ・スーツケース・傘の輸出金額は1210万USDとなり、2011年10月と比較して28.2%増、2010年同期比75.2%増となった。11月、これらの品目輸出総金額の11.6%を占めた。

 

日本向けバッグ・スーツケース・傘輸出金額(単位:100万USD)

  

  

2011年11月日本へのバッグ、スーツケース、傘輸出金額割合

 

 

  2011年11月、日本向けバッグ・スーツケース・傘輸出金額は760万USD、第1位となった。2010年同期比67.6%増、これらの品目輸出総金額の59.4%を占める結果となった。

  また2011年11月、日本向け品目各種輸出は、2010年同期と比較して数量と金額共に上昇した。中でも、財布の輸出金額は190万USD・133.7%増、帽子220万USD・79%増、手綱・ストラップ8万8000USD・98.5%増となった。

  バッグ・バックパック160万点、スーツケース1万1400点のように、輸出数量は2010年同期比110%以上増と最も上昇している。帽子輸出数量は110万点であり、バッグ・バックパックに次ぐ、第2位となった。

  EU・アメリカのような主要各市場と共に、ベトナムの日本向けバッグ・スーツケース・帽子輸出は近年上昇傾向である。

  つまり、2011年11ヶ月間、日本向けバッグ・スーツケース・傘輸出金額は1億2560万USDと非常に増加しており、2010年同期と比較して53.2%増となった。2011年ベトナムは、カナダ・中国・ブラジルなどと同じくバッグ・スーツケース・傘輸出上昇率の高い国の1つとなった。

  2011年11ヶ月間、バッグ・バックパック輸出は、数量1300万点、金額ベース8810万USDとなり、数量と金額共に第1位となった。2010年同期と比較して、数量30.2%増、金額ベース51%増となった。輸出単価は平均6.73USD/着、2010年同期比16%増となった。

  輸出品目第2位の帽子輸出は、数量1250万USD、金額ベース2340万USD、2010年同期比数量23.4%増、金額ベース50%増となった。帽子輸出単価は平均1.86USD/着、2010年同期比21.5%増となった。

  財布輸出単価は、2010年同期比57.4%増と非常に上昇しており、平均6.63USD/着であった。これが影響して、輸出金額は900万USD・136.5%増と非常に増加した。

  日本向けスーツケース輸出数量は9万点と著しく上昇した。しかし、この品目輸出単価は10.69USD/着、2010年同期比45%減となっており、それに伴い輸出金額96万3000USD減少した。

  また2011年11月、日本向けの手綱・ストラップ、ボックス、傘などの輸出は減少した。

  予測では、ベトナムの日本向けバッグ・スーツケース・傘輸出金額は、2011年12月に1600万USD、2011年の日本向け輸出総金額1億4160万USD、2010年と比較して51%増となる見通しである。

 

 2011年11ヶ月間の日本向けバッグ、スーツケース、傘を中心とした輸出状況

 

  2011年11月ベトナムのバッグ・スーツケース・傘輸出企業状況

  2011年11ヶ月間、ベトナムバッグ会社Simoneの輸出金額は、第1位900万USDとなり、2010年同期比63.8%増となった。KANAAN Saigon社は、第2位720万USD、2010年同期比105%増となった。PungKook Saigon III社は、第3位470万USD、2010年同期比13.7%減となった。

  バッグ・スーツケース・傘輸出金額上位10社の中でも、増加傾向の会社もあれば、減少傾向の会社もある。PungKook SaiGon社、Binh Thanh社は、輸出金額が100%以上増加した。反対に、Shilla Bags International社とYupoong VietNam社は、輸出金額が2010年同期比減少した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年01月16日

このページのトップへ戻る