インドシナニュース

ベトナム:少数民族の織物を採り入れたアオザイをフランスで紹介

ベトナムの伝統的なドレスであるアオザイは多くの人々に愛されているが、ベトナムの少数民族のデザインを利用した、または彼らの手により作り出された美しい刺繍と組み合わされたアオザイはまだ人々になじみが薄い。

ハノイのフランス大使館の文化担当参事官Eva Nguyen Binh氏によると、11月にフランスで開催されるファッションショーはこうしたアオザイを海外で発表する最初の機会となる。

このショーではデザイナーMinh Hanh、Hung Viet、Lan Huongのアオザイのコレクションを展示する。

Hung Vietは現代的な技術を利用して民族的なデザインを布地にプリントしている。Minh Hanhは銀の首飾りで伝統的な錦織で作られたアオザイを引き立てている。織物の原材料は大青等植物由来染料で藍染めされたものである。Lan Huongは民族的なデザインを元に刺繍を作成している。

フランス人にとってこのショーは、海外で名声を確立している数少ないベトナム人デザイナーの一人であるMinh Hanhの作品を鑑賞できる貴重な機会であるとBinh氏は言う。

コレクションは11月3日にパリ市庁舎に展示される。

このショーはベトナムとフランスの外交関係樹立40年を記念して両国で企画された文化活動、ベトナム・フランス年の一環として開催された。

Binh氏によると、11月6日にヴェルサイユで開催されるショーでも少数民族の人々による色とりどりの衣装が展示される。

これらのコレクションは12月にベトナム女性博物館で展示される。

これらファッションショーでは、2010年のミスベトナムであるNgoc Han、2004年のミスフランスであるLaetitia Bleggerなど、ベトナムおよびフランスを代表するモデルを抜擢している。

2014年のミスベトナムの審査員の一員として多忙なHanであるが、フランスでのショーに出演することを非常に楽しみにしていると語った。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年10月31日

このページのトップへ戻る