インドシナニュース

ベトナム・ムオン族の織物文化

ベトナムのムオン族の機織りは、古くから受け継がれてきた慣習である。綿栽培から養蚕、機織り、染色、衣服の製作まで、すべての工程を手作業で行う。ムオン族は錦織の製品を作るが、それは同民族の文化を象徴するものでもある。

5月の初夏、ムオン族は綿を収穫し天日で乾燥させてから糸を紡ぐ。同民族の慣習で花嫁は、夫の親戚への贈り物として6~12組の敷布団と掛け布団を作る。それによって自分が働き者であることや、機織りの技術が優れていることを証明するのだ。

ムオン族の家庭で織機のない家はない。女性は13~14歳ですでに腕の良い「機織り職人」となる。1人の人間が1日に織ることのできる長さは白い布で7~10メートル、柄を織り出す場合には2~3メートルほどだという。

ホアビン省Dan Chu 村に住むNguyen Thi Senさんは、ムオン族が作る織物について「まず布を織り、それから染色します。染色は自然の草花を原料にした草木染めで、赤はバング、黄色はサフラン、黒はインディゴなどを使います。例えば黒く染めるには、インディゴの葉を約3日間発酵させます。その後黒く粘度のある上澄み液を竹筒に移し、染色を行うまで1週間放置します。私たちが作る織布はすべて手織りなので、糸を調節して布を薄くしたり厚くしたりすることもできますし、堅い布や柔らかい布にすることも可能です。また仕上がった製品は、耐久性に優れ色落ちもしません」と話す。

ムオン族の民族衣装は、他の東南アジアの民族衣装に似ている。手作りで色使いも多く、その配色から作り手の技量や個性を窺い知ることができる。

男性の衣装はシンプルで、通常、シャツ、パンツ、腰帯を着用し、頭巾をかぶる。シャツは前身頃の中央または片側にボタンラインがあるのが特徴だ。パンツはくるぶし丈のワイドパンツで、布製の腰帯を巻いて着用する。

一方女性の衣装は、洗練された優雅な色合いで、刺繍柄がある。女性も頭巾をかぶるが、若い女性は白い頭巾を額の辺りで三角形にしてかぶり、年配の女性は両端を円錐形にしてかぶるのが一般的である。ムオン族の文化を研究するBui Huy Vong氏によれば、「ムオン族の女性の衣装はタイの民族衣装に似ています。異なる点を挙げるとすれば、特に頭巾のかぶり方に特徴が見られるでしょう。その昔、上流階級の女性は束ねた髪の上で頭巾を縛っていましたが、階級の低い女性においては髪の下で縛っていました」という。

女性のシャツは細身で、カラーバリエーションも多く、黒のロングスカートと合わせて着用する。また腰帯には長い時間と労力をかけて美しい刺繍を施すのが一般的で、特に竜や鹿、タマリンドなどの柄が好まれている。Vong氏は「腰帯の刺繍柄は、ドンソン銅鼓の表面に施された模様とよく似ています。その昔、上流階級の人間は、一般階級の女性が竜などの神聖な動物を衣服に刺繍することを禁じていました」と話す。

ムオン族の機織り技術は母から娘へと受け継がれる。衣装には伝統的なデザインだけでなく、個人の印が織り込まれることも多い。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年10月17日

このページのトップへ戻る