インドシナニュース

ベトナム:外国小売業者、国内メーカーに挑む

ニュースポータルVietNamNet Bridgeに掲載された記事によると、タイ、日本、韓国(RoK)の小売業者らは、国内メーカーに圧力をかけベトナム市場への参入を急いでいる。

例えば日本の小売大手イオン・グループは最近、ホーチミン市Binh Tan区のHoa Lam Shangri-La Hi-tech Parkにショッピングモールを開発するライセンスを得た。

このプロジェクトでは、ホーチミン市のイオンTan Phu Celadon、イオンBinh Duong Canary、イオンHanoi Him Lamの開発に5億1,200万米ドルを投資した後、別に12億8500万米ドルをベトナムにつぎ込むことを計画している。

Big CやMetro Cash & Carryのようなヨーロッパの既存の小売業者とは異なり、イオンは明らかに日本製品の販売を促進しようとしている。ヨーロッパの小売業者は国産品の流通に焦点を当てており、店頭に並んでいる製品の90%はベトナム製である。

イオン・ベトナムの西峠泰男社長によると、イオン・チェーンを通じて卸される商品の3分の1は日本製である。技術製品から衣類や化粧品に至るまで、ベトナム人は日本製品が好きだということを、この小売業者は理解しているのだろう。

イオンTan Phu Celadonでは、日本製品が簡単に顧客の目につく有利な位置に展示されている。日本製品を卸す小売店もそのショッピングモールで良い場所を占めている。

アナリストらは、日本製品は高価格のためベトナムではよく売れないだろうと思っていた。しかしイオンTan Phu Celadonの商品は中国やタイで作られているので、「合理的な価格水準」にある。

2013年ファミリーマートがタイBerli Jucker(BJC)によってホーチミン市の40店舗小売システムから取り上げられたとき、日本の小売業者はすぐにベトナムを離れるだろうと思われていた。

しかし実際には、同社はコンビニエンスストアチェーンを開発するために店舗を探しており、10年後には市場のリーダーになる可能性があると、ファミリーマートの木暮剛彦氏は言う。

一方、ダイソー、ハチハチ、アクルヒ、得得屋など、日本製品を専門に扱っているショップは、ベトナムの多くの大都市で存在感を強めようとしている。

韓国企業のロッテは、現在ベトナムにある販売拠点は10箇所に満たないが、2020年までに60箇所の販売拠点を開く計画を立てている。これはベトナム市場を征服しようとする韓国の野心的な計画を表している。

一方、アナリストによると、BJCは既存の小売チェーンを引き継ぐことで近道をしてベトナムに来た。6億5500万ユーロを費やし19店舗のMetro Cash & Carry卸売センターを引き継ぐ。

Robinson流通チェーンの所有者であるセントラル•グループ社もまた、急ピッチでベトナム政策を進めている。3月に第一号店をオープンした後、11月に予定されるホーチミン市の店舗の稼働を急いでいる。

有名な経済学者であるPham Chi Lan女史は、タイ、日本、韓国の小売業者らは、それぞれの国のメーカーから製品を調達するだろうと言及した。

Lan女史は、流通は生産規模を決定することになると強調しながら、ベトナム企業が国内生産の発展を支えるべく新たな販売拠点を開くために必要な対策を講じるよう、政府に要請している。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年10月04日

このページのトップへ戻る