インドシナニュース

2019年05月 のニュース一覧

ベトナム:米国への輸出急増

ブルームバーグ紙によると、2019年第1四半期に、ベトナムは、米国の輸入先で、アジアで最も急成長している国の1つである。

ブルームバーグ紙によると、ベトナムは、このまま一年間成長を続けられれば、イタリア、フランス、イギリス、インドを抜いて、米国への輸出国で7位になり、今年は輸出額が690億米ドル近くに達する可能性があるという。

さらに、米国国勢調査局からのデータを引用し、米国からの輸入が2019年の最初の3ヶ月で前年比40.2%と急増したことを示した。

ブルームバーグ紙によれば、中国とアメリカの間の貿易戦争の緊張と減速するエレクトロニクス産業の中で、世界の輸出エンジンが深刻な打撃を受けているこの地域で、ベトナムは一躍際立ってきた。

日本、韓国、シンガポール、台湾の輸出はすべて4月に減少したが、同月にベトナムの輸出は前年同期比で7.5%増加した。

ベトナムは世界で最も速い成長率を誇るとともに、低コストの労働力と改善されたビジネス環境を提供しているとブルームバーグ紙は評した。

ベトナム関税局によると、今年最初の4ヶ月間、米国はベトナム製品の最大輸入国であり続け、前年比9.1%増44.2億米ドル相当の衣料品、20億米ドル相当の履物(13.5%増)、13億米ドル相当の機械、設備、およびスペアパーツ(54%増)、14.42億米ドル相当の木材および木材製品(34.7%増) を購入した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月30日17:44

ベトナム:繊維・アパレルメーカー、CPTPP、EVFTA基準適合問題に直面か

ベトナムの繊維・アパレル製品は、投入原料の問題ゆえ、CPTPP、EVFTAという2つの重要な自由貿易協定(FTA)の優遇関税を十分に享受出来ない可能性がある。

同産業は、2018年360億米ドルに達し、2017年比で16%という素晴らしい貿易成長率を見せ、ベトナムを中国、インドに続く世界第3位の輸出国に押し上げた。

アナリストらは、世界での需要増加3%という状況では、成長率は高かったと述べている一方、10大輸出国は5%以下の成長率しか報告されていない。

2019年第1四半期も引き続き成長を続け、成長率は11.9%であった。ベトナム繊維協会(VITAS)は、最初の3か月だけで86億米ドルに達したことから、目標の400億米ドルに達すると見込んでいる。

VinatexのLe Tien Truong社長によると、海外パートナーからの発注は、前年同期比で8〜10%増加したという。

アナリストらは、米国が米中貿易戦争で課税対象にしている中国製品の中にアパレル製品はリストされていないため、発注は続くだろうと述べた。海外パートナーは、中国とベトナムの輸出業者に発注を続けている。

中国のアパレル製品が米国の課税対象となる場合、発注の一部はベトナムにシフトされる。

ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Cam副議長によると、6月に締結予定のEU-ベトナムFTA(EVFTA)は、年間1000億米ドル相当の繊維・アパレル製品輸出の機会を締結している。

このFTAが施行すれば、現行の9.6%の関税はゼロ%に引き下げられる。

一方、1月に発効したCPTTPは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ペルー、チリなどの新しい市場を開拓すると考えられている。 以前は、ベトナム製品は市場到達前に第三国を通過しなければならなかった。

それにもかかわらず、アナリストらは、ベトナム企業は投入原材料の原産地条件に関する自由貿易協定(FTA)の要件を満たせないため、FTAの恩恵の享受は難しい可能性があると警告した。

製品原産地に関しては、CPTPP「3段階規則」の下、CPTPP加盟国で紡績、製織、染色、仕上げおよび縫製のプロセスを実施する必要がある。

ベトナムは依然として中国から50%、韓国から18%、台湾から15%、と非CPTPP諸国から輸入しなければならない。

自由貿易協定(FTA)がもたらす大きな可能性を見出すことができるため、投資家へ生産段階への投資を求めるのは簡単である。 しかし、地方自治体は現在、環境汚染を恐れて繊維および染色プロジェクトを拒否する傾向がある。

例えば、Vinh Phuc省は2018年、TALによって登録された巨額資金が投じられた巨大プロジェクトを却下した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月29日06:03

ベトナム:大手多国籍小売チェーンが常に成功するとは限らない

9000万人の消費者を擁するベトナムの小売市場は非常に有望視されていたものの、多くの小売業者がいったんベトナムを離れざるを得なくなった。

フランスのスーパーマーケット・チェーンであるAuchan Retailは、ベトナムの18店舗のスーパーマーケットを売却すると発表した。

昨年の売上高は5040万米ドルで、赤字が続いていた。Auchanは2015年にベトナムに進出し、現在ではハノイ、ホーチミン、タイニン省に18店舗のスーパーマーケットを展開している。

2018年の財務報告書では、ベトナムはいまだ利益を上げることができない二つの市場の一つとして言及された。そのフランスの大手小売チェーンは、いまだ市場に適したビジネスモデルを見つけることができず、ベトナムで損失を被っていると述べていた。

Auchan代表は、Auchanがベトナムの小売業者と18のスーパーマーケットの売却について交渉していることを認めた。売却が完了すれば、正式に撤退する。

これに先立ち、パークソンはベトナムに残っている店舗の一つを閉鎖すると発表した。ライオングループの子会社であるパークソン・ホールディングス・バーハード(PHB)に所属していたパークソンは、2005年初めにベトナム市場に参入し、最初に店舗を開拓した会社の一つであった。ベトナムでの最初の数年間、そのマレーシアの小売業者はここで大きな可能性を見出し、事業拡大のための非常に野心的な計画を立案した。しかし、市場シェアの競争には少しずつ敗れていった。パークソンは2014年以来、ベトナムのネットワークに資金を注ぎ込むことをやめた。次の年には業績不振のため百貨店を閉鎖した。

パークソンのレポートによると、ベトナムでの事業は東南アジア市場の中で最悪であった。そのマレーシアの小売業者は、ますます多くのショッピングモールが出現しているため、ベトナムの小売市場は引き続き厳しいとコメントしていた。

5年前、近代的な卸売スーパーマーケット・チェーンの最大手と考えられていたメトロキャッシュ&キャリーは、長年の損失を抱えた後、タイのTCCグループに譲渡された。

メトロキャッシュ&キャリーは、ベトナム人がこのモデルに慣れ始めた2002年にベトナム市場に参入した。だが、14の市・省に19店舗のショッピングセンターを建設し、五つの中継倉庫を建設し、3600人の労働者を雇用した後、撤退を余儀なくされた。売上は増加していたが、報告された利益は芳しくなかった。2013年に発表された国税庁の報告書によると、メトロキャッシュ&キャリーが不採算の外資系企業のトップであった。ベトナムでの12年間の操業期間中、2010年がメトロキャッシュ&キャリー社が報告した唯一の利益、1160億ベトナムドンであった。一方、同社は残りの数年間、890億ベトナムドンから1600億ベトナムドンの損失を計上した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月28日06:02

ベトナム:ベトナム:アパレル業者、中国産原料への依存のため、自由貿易協定活かせず

ベトナムは、繊維・アパレル製品の製造に必要な材料のほぼ100%を輸入する必要があり、自由貿易協定(FTA)の優遇関税を最大限に活用できない。

ベトナムが締結したすべての自由貿易協定(FTA)は、繊維・アパレル製品が優先関税の対象となるためには、原産地の要件を満たさなければならないと規定している。

ベトナムが数年前に承認した自由貿易協定(FTA)の下では、原産地要件は生産段階の最初または二段階目で適用されていた。しかし、新たに署名されたCPTPPの下では、ベトナムは3段階において原産地要件を満たす必要がある。つまり、3段階における作業はCPTPP加盟国で実施されなければならない。

一方で、ベトナム企業は工場用の施設を見つけることができないため、ヤーンフォワード(製品は自国の糸からの加工)の原料製造は困難である。

ベトナム繊維協会(Vitas)Nguyen Thi Tuyet Mai副会長は、2018年半ばにVinh Phuc省が香港のTAL Groupが登録した織物染色プロジェクトを却下した、と述べた。

その後、同グループはThai Nguyen省当局により、工場設立を承認した。しかし、天然資源環境省は廃水が環境に悪影響を及ぼすことを恐れてプロジェクトを却下した。

一方、ベトナム企業は製織工場を経営するの十分な資本を持っていない。

「それゆえに、織物染色業界の発展に関する問題は未解決のままです」とMai氏は語った。ホーチミン市衣料・織物・刺繍・編み物協会のPham Xuan Hong会長によると、90%の生地が中国、台湾、韓国から輸入され、80%の糸がアメリカ、西アフリカ、インドから輸入されているという。

税関総局(GDC)は、2018年にベトナムが239.1億米ドル相当の繊維・アパレルおよび履物原料を輸入し、2017年比で13.9%増加したと報告した。

Vitasは、繊維・アパレル産業は毎年82万トンの原料や付属品を使用していると推定しており、その70%は中国から輸入されている。

ベトナム企業が中国から原料輸入を続ける場合、CPTPPおよびEVFTAの恩恵を享受することはできないだろう。

ベトナム製の原料がないことだけが問題ではない。Hong氏によると、ここ数年、アパレル企業は労働力不足に直面しているという。

ベトナムは現在、生産能力を向上させているバングラデシュ、パキスタン、インドなどの強力なライバルと競争しなければならない。ベトナム企業が生産能力を改善し生産性を高められなければ、敗者になるだろう。

Hong氏によると、ベトナムが競争で最も優位に立つのは、政治経済の安定性であり、これが投資家への安心材料になる。

Vitasは今年、400億米ドル相当の繊維・アパレル製品輸出を期待している。これは2018年の362億米ドルと比較して10.5%の増加である。

2018年には、外資系企業がベトナムの繊維・アパレル製品輸出高の70%を占めた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月27日05:57

ベトナム:輸出企業各社、米中貿易戦争の影響を懸念

ベトナムの多くの企業は、拡大する米中貿易戦争を注視しており、その影響を懸念している。

米国は最近、2000億ドル規模の中国製品の関税を10%から25%に引き上げ、3000億ドル規模の中国製品にも関税を適用する手続きに入った。中国は報復措置として何千もの米国製品に高い関税をかけると発表している。

加工食品や魚介類を米国に輸出し、中国から原料を輸入しているArgex Saigon Foodstuffs JSCPhạm Hải Long社長は「労働者(Người Lao Động )」紙に語る。

[ベトナム]輸出企業は、ベトナムドンの切り下げの恩恵を受けますが、為替レートが大幅に上昇すれば、輸入業者は高い価格を支払わなければならず、需要にも影響が及び、ベトナム企業も影響を受けます。したがって、今重要なことは、政府がそれを過度に激しく変動させないようにすることです」

ベトナムは輸出を含む貿易戦争の激化から利益を得るべき、とホーチミン市ビジネス協会連合のPhạm Ngọc Hưng副会長は主張する。同時に、中国企業や外国企業が投資先を中国からベトナムなど他の市場に切り替える傾向は、ベトナムの多くのセクターに恩恵をもたらすだろう、と指摘した。工業・商業用不動産セクターは、より急速に成長すると予想されており、労働需要は増加し、裾野産業の企業は大手メーカーを顧客にする、という。しかしその難しいところは、これらの利点を実際に活用し、地元企業と外国投資家の間のつながりを強化し、彼らの製品と輸出のためのブランドを構築することにあると、彼は付け加える。

最近、メディアのインタビューに応じたホーチミン手工芸木材工業協会のNguyễn Quốc Khanh会長はこう語る。

「貿易戦争の影響を避けるため、多くの中国企業が投資先をベトナムに移し、木材産業の発展を助けています。ですが、ベトナム企業にとっては、人材や土地の確保から価格まで、多くの分野で中国企業との激しい競争に直面することになるため、この転換は困難を伴うものです。地元企業の多くはまだ若く、経験も浅い。そのためには、ベトナム企業の一層の努力が求められます」

同協会は、人材育成や家具ブランドの海外展開、顧客開拓などを通じ、現地企業の発展支援を目指している。

「ベトナムの家具の対米輸出が増加すれば、関税が高くなるのではないか」 という質問に対し、同会長は「米国はどの国との貿易赤字も大きくしたくないのです。アメリカへの家具の輸出はさらに増えますが、機械や木材の輸入も増えています。現在、ベトナムは米国産広葉樹材のアジア第2位の輸入国です」と答えている。

Hưng氏や多くの企業が、中国企業は半完成品をベトナムに送って完成品とし、ベトナムのラベルで米国に輸出できるのではないかと懸念している。ベトナム企業は警戒を怠らず、これに関与すべきではないが、米国がこれを検知すれば課税する可能性があるため、権限を与えられた機関はこうした活動を注意深く監視すべきだという。外国投資庁によると、今年、中国はベトナムに対する最大の外国投資国であり、187件の案件に13億米ドル、既存の案件に11600万米ドルを投資した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月23日10:22

ベトナム:ホーチミン市で開催されるVIETBABY 2019

530日から62日にかけて、マタニティ、母親、子供、子供向けの製品とサービスに関する国際展示会、VIETBABY 2019がホーチミン市で開催され、150社以上の国内外の出展企業が参加する。

出展者は韓国、タイ、台湾、シンガポール、日本、スイス、ニュージーランド、ベトナム、インドネシア、中国の10カ国と地域から。

このイベントは、Quang XuanSNBVan XuanDuy KhangNhat HoaBibomartThien AnTopTAAnh DuongSimbaChaangLullabyUala RogoUnicharmALPHALittle BlingHI-GENIEBobbyMoonyMerriesVita DiaryGlico IcreoHeizn BabyHesticareRafferty’s GardenPolesieMyFirstなどの有名ブランドが参加する。

展覧会は、テーマ「母の選択 - 赤ちゃんの未来」で、食品、おもちゃ、服、家庭用品、健康製品および教育など、母親と子供のための幅広い製品やサービスを展示するブースが300近く出店予定。

さらに、セミナー/ワークショップ、妊娠中の女性のための無料講習会、母親と家族のためのゲームショーの他、現場にて心理学者と専門家を交えての妊娠中の母親と赤ちゃんのための入浴とマッサージとヨガについての講演が開催される。

主催者によると、展覧会は子供たちが遊ぶための場所、お母さんのためのショッピングスペース、そして企業が彼らのブランドを宣伝し、市場で潜在的な顧客を見つける機会を創り出すことになっている。

Coex Viet NamSEGE Fairs Co LtdVinexadMeConマガジン、Webtretho Forumが主催するこのイベントには、1万人を超える来場者のための入場ギフト、子供たちへの特別ギフト、およびラッキードローが含まれる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月22日13:17

ベトナム:定年退職調整は柔軟さが必要

国会の社会問題委員会のBùi Sỹ Lợi副議長(以下BSL)は、改正労働法の定年を引き上げ案に関して「税関(Hả i QuanHQ)」紙に語った。

 

HQ:労働法改正案は、2021年から定年を男性62歳、女性60歳に引き上げることを提案しています。同改正案の基盤は何ですか?

BSL2012年の労働法と社会保険法によると、男性の定年は55歳、女性の定年は50歳です。危険性が高く有害な要素が多い職業においては定年が510歳下がります。

実際、法律で定められた定年年齢が常に守られているわけではなく、男性と女性の両方の平均定年年齢は54歳に過ぎません。

労働人口は減少傾向にあります。少子高齢化に関する文献によると、国民の社会経済的発展のための労働者が不足することになります。

調査機関が実施した調査によると、年金を支払われた退職者の42%が依然として国民経済の下働いています。 それは引退した人々がまだ社会と経済に貢献していることを意味します。

これらの人々が働き続け、社会保険料を支払うのであれば、その後彼らはより高い年金を受給することになります。また、重要かつ高度なスキルを備えた労働力を無駄にしていることもわかります。

退職年齢を上げると、所得と年金の差が縮まります。

繊維、履物、水産物加工、電子部品組立などの分野では女性労働者が多数います。就労能力と健康は、定年引き上げにおける大きな障害です。

雇用主は、労働者がある程度の年齢に達した際に解雇する方法を探すことがよくあります。 これは女性労働者の安定した仕事への就業を妨げています。

 

HQ:定年引き上げの目的は質の高い労働力を動員することであると言うのは本当ですか?

BSL:本当です。社会保障政策改革に関する決議第28/ NQ-TWは、引退した労働力を動員して、国の社会経済発展に貢献し続けることを目的としています。

例えば、よい医者は退職後、私立病院で働いたり自分の診療所を経営することができます。 他の職業においても引退した労働力を利用しない手はありません。

 

HQ:労働者の観点からすると、彼らは年金を受け取りながら働き続けることが彼らにもっと多くの利益を与えると考えるのではないかと思います。それに関してはどう思いますか?

BSL:労働者に2つの収入源があるというのは合理的な考えだと思います。

それは労働者にとって有益に聞こえますが、国家的見地からすると、我々は地下経済について評価することができないのです。

私の立場においても、私たちが民間ではなく公共部門で働くように労働者を動員することができれば、私たちの管理体制はより良くなり、国家予算も税収も増えるでしょう。

私たちの決定がどうであれ、私たちは労働者、企業そして国家の利益を調和させるべきです。

労働者と企業の利益のみに注目し、国家を無視すれば、インフラ、交通、灌漑投資のための資金回収はどこからできるというのでしょう?

私たちが引退した労働力を動員し続けて仕事を続けたいのであれば、さらにインセンティブが必要です。

 

HQ:ベトナムの定年退職年齢案はラオスやカンボジアなどの近隣諸国に比べて低いと言う人もいます。Bùi Sỹ Lợi副議長のご意見は?

BSL:私たちの定年退職年齢はこの地域の他の国々に比べて低いですが、私たちの条件においては低くはありません。

私たちの平均寿命は76.6歳です。男性は71.2歳、女性は82.3歳です。しかし、人口資質を考慮に入れる必要があります。

決議No21-NQ / TWは人口資質の改善を目的としています。私たちの人口資質が改善された場合のみ、私たちはより高い定年年齢を考慮します。

ベトナムの人口の高齢化は緩やかであると予測されています。ベトナムは2049年まで現在の日本の高齢化率に達することはありません。

私たちは、高齢化のスピードに応じた定年調整をする長い道のりがまだまだあります。

公益を確保し、人民の期待に応えるために、法律は柔軟な方法で実施されるべきです。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月22日06:35

ベトナム:Texhong案件、クアンニン省で違法に開発進行

中国のTexhong社の不織布工場案件は、クアンニン省Hai Ha地区で法的手続きを完了する前に建設を開始した。

数日前、Texhong Industrial Park Vietnam Limited Company(中国のTexhong Textile Group傘下)のHai Ha Seaport工業団地での不織布工場案件が認証なしで建設を開始していると地元住民らが報告した。

クアンニン経済地区管理局によると、不織布工場案件は昨年11月に投資証明書を受領した。しかし、他にも完了すべき管理手順が残っており、案件は2019年初頭に建設を開始し、いくつかの要素を完了した。

Hai Ha地区人民委員会のPham Xuan Dai議長はthanhnien.com.vnに、この案件はクアンニン経済地区管理局の管理下にあるため、建設を中止するよう企業に要請することはできないと語った。

クアンニン省資源環境局の代表も地元のメディアに対し、同社が環境影響評価報告書を天然資源環境省に提出していないことを確認した。

「大臣は、2019319日にこの案件の環境への影響を評価するための査定評議会を設置したばかりだが、まだ最終決定を下していない」とクアンニン自然資源環境局局長は述べた。

48日、クアンニン人民委員会は中国企業に案件の中止を命じたが、Texhong工業団地はこの命令に従わなかった。

「私たちは記録を作成し、建設を中止するよう投資家に依頼しました。また、クアンニン人民委員会に報告しました」とクアンニン経済地区管理局のNguyen Manh Tuan局長は地元メディアに対し述べた。

メディアの観察によれば、58日から12日まで、建設は日夜続けられた。

Texhong Industrial Park Vietnamの不織布工場は、27haの面積のHai Ha Seaport工業団地にあり、総投資額は26000万米ドルである。これは、中越国境に近い、クアンニン省のモンカイ市とHai Ha地区にあるTexhong Textile Groupの一連の案件の一部である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月21日12:19

ベトナム:繊維産業は退職年齢引き上げ案に不満

繊維会社は、ほとんどの女性労働者が多大な作業負荷に苦しんでいると述べ、従業員の定年を引き上げる提案を却下した。

政府は、定年を男性で2年、62歳、女性で60歳に引き上げるための法案を起草中である。

しかし、繊維会社はこの提案に強く反対している。Song Hong Garment JSCBui Duc Thinh会長は、最近のフォーラムで、5年間の増加は、集中的な作業を必要とする仕事で1日最大10時間働く女性の繊維労働者に過度のストレスを引き起こすだろうと述べた。

実際、多くの女性労働者は45歳で定年退職を望んでいるため、既存の55歳の定年はすでに不合理と彼は言う。

「早期退職のための証明書欲しさに医師に賄賂を渡している者もいます」

ベトナムの革製品、フットウェア、ハンドバッグ協会(LEFASO)の代表は、女性の繊維労働者は35-40歳で退職し、衣料品店や理髪店のような自分の中小企業を開くために退職給付を利用する傾向があると述べた。「ほとんどは50歳前に退職しました」

ベトナムの繊維協会のTruong Van Cam総書記は、製造業では今後5年から10年以内に引退年齢が来る可能性があるが、管理職のためにはまず引退年齢を引き上げるべきだと述べた。

ベトナム日本商工会議所Dao Thi Thu Huyen氏は、ベトナムの平均寿命は日本の平均寿命より10年短いと述べたが、両国の定年は60歳である。

「ベトナムの人口は若いので、私たちは若い世代に働く機会を与えるべきです。定年は、シニアポジションのためだけに上げられるべきです」

退職年齢を延ばすという提案は、社会保険基金が限られているという事実に由来している、と元労働副大臣Pham Minh Huanは述べた。

国際労働機関によると、ベトナムの退職金および社会福祉基金は2023年から不足に直面すると予測されており、政府は2034年から年金制度に助成金を支払うことを要求されるであろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月21日10:39

ベトナム:アパレル各社、カナダへの輸出拡大に努める

環太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)市場へのベトナムの繊維・アパレル製品の輸出は、世界第2位のアパレル輸出国としての同国の地位に匹敵するものではない。

516日、カナダのモントリオールで開催されたワークショップでVinatex社長Lê Tiến Trường氏はこう声明を発表した。

このイベントは、Vinatexと加盟企業5社の関係者によるカナダへの旅行の一環として行われ、繊維・アパレル製品の輸出促進を呼びかけた。イベントにはカナダ企業35社の代表者が参加した。

Trường氏によると、CPTPPの加盟国における総繊維・アパレル需要は11の加盟国で5億人の人口を集め、年間730億米ドルと推定されている。2018年のベトナムのCPTPP市場への繊維・アパレル製品輸出は53億米ドルで、市場の6.3%を占めていた。

カナダの繊維・アパレル製品に対する需要は、毎年約130140億米ドルにものぼり、そのうちのわずか5%しかベトナムから供給されていない、とTrường氏は述べ、両国はCPTPPを批准しているため、ベトナムの輸出業者はカナダへの輸出を加速する余地があると付け加えた。

原産地規則を満たしさえすれば、すべての企業がより良い関税政策を享受する機会があると彼は述べた。したがって、Vinatexはカナダの輸入業者と会うために2018年と2019年に貿易促進活動を組織した。

ベトナムの競争力のある価格とその組織的で効果的な事業のおかげで、両国にとって大きな協力の可能性があることに、ワークショップでDavid O InternationalDavid Ostroff社長は同意した。

特に、カナダは、0%の関税率でベトナム市場にアクセスすることが可能。カナダドルが国際的に弱いため、これは特に重要。ベトナムがカナダ市場に参入するための適切な時期は今だ、と彼は述べた。

CPTPPは、114日にベトナムで施行され、条約発効初年度はこれらの製品出荷の42.9%が輸入関税0%を享受するため、カナダへのベトナムの繊維・アパレル製品の輸出を増加させると予想される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月20日17:09

ベトナム:仏スーパーAuchan、撤退

フランスのスーパーマーケットグループAuchan Retailは、5年経ったベトナムで赤字事業を売却する意向を発表した。

515日、AuchanEdgar Bonte社長はフランスの新聞Les Echosに、グループがベトナムで18店舗の売却を決めたと語った。

匿名の情報筋がVnExpressAuchanのベトナム事業は国内の小売グループによって買収されたと語った。このフランスのグループのスーパーマーケットチェーンは来月買い手に移転される予定。

Bonte社長によると、ベトナムでの彼らの事業は昨年5040万米ドル売り上げたが、赤字だった。損失の数字は明らかになってない。

同社の広報担当者によると、Auchan Retailのベトナムでの事業売却計画はすでに潜在的な買い手から関心を集めているという。

Le Mondeによると、Auchan2016年にフランスの多国籍小売チェーンGroupe Casinoが撤退した後、ベトナムで最後に残る欧米小売業だった。

Auchanがベトナムから撤退するという決定は、Auchan Retail Italiaのほとんどすべての事業をイタリアの協同組合小売グループConadに売却するという今週初めの合意に続く。

Auchan Retail3月、厳しいビジネス環境のため、イタリアやベトナムなどの赤字市場を見直していると語った。

Auchan Retailのスーパーマーケットチェーンは、2015年にベトナムで営業を開始した。スーパーマーケットは、ホーチミン市に13店舗、ハノイに4店舗、ホーチミン市の北西のタイニン省に1店舗ある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月20日06:02

ベトナム:アパレルメーカーQuang Viet社、損失の減少を報告

ダウンジャケットを主力商品とする大手アパレルメーカーのQuang Viet Enterprise Co(廣越企業)は、前年同期の1億2654万台湾ドルから57.6%減少した5365万台湾ドル(173万米ドル)の純損失と発表した。

一株当たりの損失は、この期間で1.22台湾ドルから0.52台湾ドルに減少した。

このダウンジャケットメーカーは、来年の製造に備えて11月から3月の間に原材料を購入する傾向があるため、通常、経費の急増により第1四半期に損失を計上する。

プラス面としては、売上総利益率は3.25ポイント増加して9.54%となり、一方、売上高は98.85%急増し23億2000万台湾ドルとなった。

「この増加は、製品ポートフォリオの変更とKing Hamm Industrial Co(金漢實業)からの貢献によるものです」と、Quang Viet社のCharles Wu(吳朝筆)社長は台北での投資家会議で語った。

King Hamm社は、Quang Viet社が2017年に買収したスポーツウェアメーカーである。

Wu氏によると、ニット生地のピークシーズンが始まったことで、同四半期の売上げは4億台湾ドルに達したという。

今年の売上総利益率は、売上高の増加と平均販売価格を背景に、前年同期の16.64%から17.89%に上昇すると予測されている。

Wu氏は、ダウンジャケット事業はピークシーズンを迎えつつあるため前向きであると述べ、今月と来月の合算収益は年間30%増えると予想している。

同氏によると、上半期の収益は前年同期比で50%増となる見込みである。

第2四半期の売上高は今年の総売上高の25%を占めると推定され、第3および第4四半期の売上高はそれぞれ40%および20%を占めると付け加えた。

Wu氏によると、今年はPatagoniaからの注文が25%増加する一方、Nike IncとPuma SEの注文はそれぞれ10%以上増加するという。

同社はまた、Under Armour Inc、Montbell Co Ltd、Canada Goose Holdings Incなどの他のブランドからの受注も増加すると予想している、と同氏は加えた。

Adidas AGは依然として同社の最大の顧客であり、昨年の総収益の28%を占めている。Addidasが中国のアウトドアアパレル市場の拡大を目指す中、ドイツブランドからの受注は今年5%、来年は30%増加すると予想されている、とWu氏は述べた。

Quang Viet社は、昨年Addidasのダウンジャケットの75%を製造した。

「弊社のお客様は5年契約に署名しており、通常早いうちに我々と発注に関して話し合うので、我々は9ヶ月の注文可視性を持っています」とWu氏は述べた。

需要の高まりに応えるため、同社は今年、ベトナムの工場に20の生産ラインを追加し、中国に12の生産ラインを追加したとQuang Viet社は述べた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月16日05:59

ベトナム:コンビニは国内小売業者が外国のライバルと競争するための選択肢

コンビニエンスストアは、特定の利点があることから、顧客にとって人気の高いショッピングの目的地となっている。また、国内の小売業者が外国のライバルと競争するための選択肢にもなっている。

Nielsen Vietnam市場調査会社の北部地域担当部長Dang Thuy Ha氏はこうコメントした。

都市化率が30%に達し、若者が人口の57%を占めると、ベトナムはコンビニ展開に有利な条件を多く出てくることを示す調査もある。特に、コンビニの展開を牽引している中流階級は、現在と比較して2025年までにほぼ3倍になる。

Nielsen Vietnamによると、2012年以降、全国のコンビニエンスストアの数は4倍に増えた。

米国のCircle KやシンガポールのShopGoなど、多くの外国の小売業者が2005年から2008年の間にベトナムにやってきて、継続的にネットワークを拡大してきた。ハノイとホーチミン市では、サークルK300以上の店舗を持ち、ショップ&ゴーは160以上の店舗をオープンした。

国内企業もまた、Coop FoodSatra FoodsVinmart +などのブランドのコンビニの展開で好調を示している。

昨年12月だけで、VinCommerce JSCは全国で最大238Vinmart +店舗をオープンし、コンビニを合計で1700店舗に増やし、ベトナムで最大規模の店舗となった。同社は今後数年間で同様の店舗を3000までオープンする予定。

The gioi Di dongMobile WorldJSCBach Hoa Xanh店など、消費財の小売業者だけでなく、ベトナムのハイテク製品販売業者もこの市場に参入している。

ハノイ商工局のTran Thi Phuong Lan副所長は、控えめな地域にもかかわらず、コンビニは住宅地にあり、消費者に食品、飲料、針、糸などさまざまな必需品を提供していると語った。顧客はコンビニで電気代、水道代、電話代の支払いや、飛行機のチケット予約も可能になった。

ハノイ市の人民委員会は2025年までに貿易とサービスの開発に関する計画を発表したと同所長は述べた。それによれば、ハノイ市は2020年末までにコンビニ1000店舗を持つことになる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月15日11:07

ベトナム:Dinh Vuポリエステル繊維工場がさらに2ライン開設

北部港湾都市ハイフォンにあるDinh Vuポリエステル繊維工場は、2つの追加のDTY繊維生産ラインを稼働させ、総生産能力を月産約900トン(20%増)まで引き上げた。

今年の第1四半期の時点で、工場は国内市場と韓国と日本の得意先向けに約2000トンのDTY繊維を供給して、10本のDTY繊維生産ラインを運営していた。

20183月、工場を運営するPetroVietnam Petrochemical and Textile Fiber JSCPVTEX)は、An Phat Holdings JSC、インドのReliance Industry CompanyとシンガポールのFortrec Chemicals Companyとの合弁会社と提携して工場を再稼働した。

201811月に、同工場は商工部門の12の損失プロジェクトのリストから削除され、安定操業を開始した。

PVTEXは、工場の運営を維持するための財務計画を立案している。その専門家と外国のパートナーは近い将来プラントを完全に操業するために契約を結ぶことを検討している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月14日18:29

ベトナム:アパレル市場における外資系企業の拡大計画

ベトナムには200を超える外資系ファッション企業が進出しており、60%のシェアを占める中・高級品において、幅広い商品を提供している。

国際的なアパレル企業は、ベトナムの統合深化を追い風に、ベトナム市場の高い成長性を見込み、事業拡大の計画を立てている。

中でも、日本の衣料品製造会社Stripe Internationalは、ベトナムでトップのアパレル企業になることを目指し、ベトナム全土に急速に勢力を拡大している。Stripe2019年に、ベトナム全土にさらに23店舗をオープンする予定だ。ハノイに注力した後、同社は2019年にホーチミンやダナンといった他の都市にも目を向けることになるだろう。

Stripe Vietnamの取締役兼CEOである張替勉氏は、拡大計画を強調し、小都市の開発はオフィスの需要も増加させ、Stripeが新しい成長戦略の機会を予測するものだとメディアに語った。2017年にベトナムのNEM Groupを買収して以来、StripeNEMブランドのもと、特に20歳から40歳代の働く女性の間で、ベトナム人の間で大きな人気を集めている。中小都市の中間層を引きつける取り組みとして、Stripeは現在のブランドより10%安価な新しいブランドを始める予定だ。

ベトナムでの売上高は前年比30%増の4640万米ドルとなっており、長期的には売上高7160万米ドル、営業利益率25%を目指す。Stripeはまた、ベトナムの縫製労働者の技術をさらに向上させるため、日本から人員を派遣することを明らかにしている。

Stripeのほか、ユニクロを展開するファーストリテイリングも今月から、今秋に予定されるホーチミン出店に向けて社員の採用を始めた。ユニクロ店舗はファーストリテイリングが75%、三菱商事が25%を出資する合弁会社として運営される。ファーストリテイリングの関係者によると、ファーストリテイリングと三菱商事が合弁会社を設立するのは、2011年のタイ、2013年のインドネシア、2017年のロシアに次いで4ヵ国目となる。

 

高成長の見通し

商工省の多国間貿易政策局のTran Thi Thanh Thuy氏は、ベトナムのアパレル市場は、高度な技術、経験、効率的なガバナンス、強力な財政を持つ外資系企業にとって魅力的だと述べる。ここ数年、アパレル市場には他にも多くの有名な衣料品小売業者が存在している。

ZaraH&Mは、2017年以来、男性、女性、ティーン、子供向けの、手軽なファストファッションの市場を開拓するため、ベトナムに出店している。

ベトナム小売業協会によると、同国には200を超える外資系ファッション企業が進出しており、60%のシェアを占める中・高級品において、幅広い商品を提供している。専門家らは、ベトナムが若い人口と高い経済成長、所得の向上などで、外国のファッション業界にとって非常に魅力的になったと分析している。

「ベトナムは平均1520%の高い成長率を記録しており、海外ブランドの関心も高いです」とベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は述べる。

ドイツの調査会社Statista社によると、ベトナムのファッション部門の売上高は、20172022年の間に年間22.5%増加し、2022年までには年間98800万米ドルに達する見込みだという。ファッション部門の売上高は、2017年に48600万米ドル、2018年に55700万米ドルに達し、今年は66100万米ドルに達すると予測されている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月14日16:32

ベトナム:環境にやさしい繊維産業を目指す

繊維・アパレル産業はベトナムの主要輸出産業の一つであるが、高レベルの温室効果ガス排出も生み出してもいる。

57日にハノイで開催された会議にて、ベトナム繊維協会(VITAS)Trương Văn Cẩm副会長によって声明が出された。

Cẩm氏によると、同産業は2017年と2018年にそれぞれ317億米ドルと360億米ドルの輸出売上高を上げた。今年、同業界は輸出売上高の目標額を400億米ドルに設定した。

しかし、同産業はまた高レベルの温室効果ガス排出をしている。この分野は繊維産業の評判に影響を与える多くの社会的および環境的問題に直面している、とCẩm氏は加えた。

世界野生生物基金(WWF)とVITASは、201810月以来、「水質管理とエネルギーの持続可能性の改善によるベトナムの繊維産業のグリーン化」を連携・実施してきた。

同プロジェクトは、ベトナムの繊維・アパレル産業を、低コストの製造業および低環境基準産業から持続可能で環境に責任のある製造業に変えることを目的としている。

また、ベトナムの繊維・アパレル産業を変革するというビジョンも持っている。 社会的、経済的、そして保全的な利益を国にもたらすために、産業界の関与と環境ガバナンスへの影響を通じてこの目的を達成すると見られている。

WWFによる持続可能な開発プログラムのマネージャーであるHoàng Việt氏は、世界の多くの有名ブランドが環境および社会的基準を強化した生産方法に変えたことで、環境の持続可能性を世界の消費者が目指していたと語った。

それゆえ、今のところ繊維産業が生産方法を変えなければ、ベトナムはその競争力と機会を失うであろう、とViệt氏は語った。

実際、繊維産業は今日最も環境に影響を与えている。 集中的な水の抽出、廃水の使用と排出、および水の加熱と蒸気生成のための高エネルギー消費は、水資源と温室効果ガス排出量に大きな影響を与える可能性がある。

工場や工業団地は、排水処理のための設備に投資するための財源などのさまざまな理由から、依然として放水に関する国内基準を満たすのに多くの困難に直面している。

加えて、既存の水資源および廃水資源の管理方針および規制は非常に複雑であり、実施は限られている。 これは、企業がよりクリーンな技術や製造方法に投資する際の障害となり、環境規制を順守することが困難になる可能性がある。

この問題に対処するために、天然資源・環境省のLê Thị Minh Ánh氏は、環境保護法を改正する方向性を共有した。

同省は、投資プロジェクトの審査基準の見直しを検討するよう国に要請する。見直し要請内容は以下の通り:環境に影響を与えるリスクのレベルに応じて投資プロジェクトを配分する、 統制を強化するメカニズム、これらの条件下での環境ライセンスを統合する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月13日10:50

ベトナム:繊維・アパレル輸出、4ヶ月で9.8%上昇

商工省によると、ベトナムは今年の最初の4ヶ月間にアパレル製品や織物の輸出で94億米ドル以上の収益をあげた。

4月単月では、7.1%伸びて、製品売りで23億米ドルと急上昇した。

1月から4月までの間、ベトナムのアパレルや織物の最大の輸入国は、アメリカ、日本、欧州連合、韓国だった。

同省によると、売上高の急増は主に市場の強い需要によるもので、今年の最初の6ヶ月間、あるいは年間を通してさえも多くの注文が出されている。

ベトナムのアパレル製品と繊維製品の輸出高は、2019年には400億米ドルに達すると見込まれている。

ベトナムは繊維製品に関して世界5大輸出国の一つであり、2018年のアパレルおよび織物の輸出高が340億ドルを超え、2017年から16.6%増加した。

しかし同協会によると、ベトナムは昨年、129億米ドル以上の13.5%増の布地輸入に費やさなければならず、地元の布地の大部分はまだ国の主要衣料品輸出市場の品質要件を満たしていないという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月09日19:24

ベトナム:世界の有名ブランドの製造者に

ベトナムの繊維・アパレル部門は、自由貿易協定(FTA)を利用して世界的に市場シェアを拡大し、「世界の有名ブランドの製造業者」になると、貿易投資当局が述べた。

ホーチミン市投資貿易促進センター(ITPC)所長Pham Thiet Hoa氏は、国内生産製品のサプライチェーンが改善され、ベトナムがより多くのFTAに加盟したため、ベトナムから製品を調達する海外バイヤーが増えていると言う。また、競争的な労働コストと優遇政策は、引き続きベトナムが同セクターの投資家にとって理想的な投資先となるのに役立つだろうと述べる。

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)への参加は、同国にとって長期的な利益となり、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、オーストラリアをはじめとする多くの国で、繊維・アパレル部門の市場シェア拡大に役立つだろう。

また、EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)も、中長期的にプラスの効果をもたらすことが期待される。EVFTAの法的審査は完了し、加盟国の承認手続きが進められている。6月にはベトナム国会で承認される見通しだ。

EUは、ベトナムの繊維・アパレル部門の第2位の輸出市場で、繊維・アパレル製品に適用される関税の40%以上が、EVFTAが発効すれば、0%に引き下げられる見通しだ。

FTAは、ベトナムが繊維・アパレル産業のバリューチェーンを高める上で重要な役割を果たしています。企業の海外直接投資について、これまでに約175億米ドルがこの産業に投資されています」とHoa氏は述べる。

先週香港で開催されたGlobal Sources Fashion showには、衣類、織物、工芸品、ファッションアクセサリーにおける30以上の主要なベトナムのメーカーが商品を展示した。出展者の多くは、ベトナム繊維協会(VITAS)、ベトナム繊維公団(Vinatex)、ホーチミン市の手工芸・木材産業協会のメンバーである。ベトナムの輸出業者らは、今回の見本市で、AuchanBest BuyCarrefour, Fossil、香港ディズニーランド、K-Swiss, Li & FungMarks & SpencerQuiksilverSwarovskiTargetTescoなどの、主要バイヤーからの輸出注文を増やすとみられている。

Global Sources Fashion Groupの社長Livia Yip氏によると、このイベントは業界の発展、また国際的なデザイン交流を促進し、デザイナーにとって買い手・売り手にアプローチするためのプラットフォームを提供するという。

展示会に参加した出展者のBui Thi My Hanh氏によると、ベトナムの出展者の多くはマーケティングスキルや輸出市場に関する情報を欠いているという。

「このイベントを十分に活用するには、出展者が効果的な出展者になるようITPCの訓練を受ける必要があります」とHanh氏は言う。同氏は、ITPCは、海外の貿易関係者と輸出業者をつなぐ架け橋として機能し、国内の輸出業者が輸出市場をよりよく理解できるようにすべきだ、と指摘する。

ベトナムの出展企業は、進行中の米中貿易戦争の影響で、中国からベトナムへの受注が増えることも予想しているという。

「ベトナムの繊維企業は今年、受注に前向きな兆候を見せています。多くの企業は、2019年の上半期だけでなく、通年ですでに注文を受けています」とVITASVu Duc Giang会長は述べた。

昨年、同業界の輸出額は360億米ドルで、前年比16%増となり、ベトナムは世界三大繊維・アパレル輸出国の一つとなった。繊維・アパレル部門は今年、輸出目標を前年比11%増の400億米ドルに設定した。業界は、2025年までに600億米ドル以上の輸出を目標としている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月09日10:56

ベトナム:電子商取引プラットフォームにおける貿易促進を優先事項に

商工省傘下のベトナム貿易振興庁のVu Ba Phu局長(以下Phu)は、ベトナムが自由貿易協定を活用するための貿易振興戦略について「税関(Hải Quan)」紙(以下HQ)に語った。

 

HQ:貿易促進活動がベトナムの輸出売上高に与える影響についてどう考えていますか?

Phu:最近では、全国貿易促進プログラム、国家ブランドプログラム、および企業の能力向上および企業への情報提供を目的としたその他の活動を含む、多数の貿易促進活動が行われています。これらの活動は、ベトナム企業、特に資源の限られた中小企業(SME)の輸出売上高を押し上げました。

毎年、中小企業の能力向上、製品開発、ブランド・製品デザインのトレーニングコースが全国各地で数多く開催されています。

また、貿易活動の促進および市場拡大に向けたスキルを養うための企業向けのトレーニングコースも毎年多数開催されています。

国家予算および民間部門からの投資を含む貿易促進活動への投資総額は年間4000億ベトナムドン(1700万米ドル)から5000億ベトナムドン(2130万米ドル)に達し、輸出売上高は10%増加しました。貿易促進活動は生産的に行われてきたということです。

 

HQ:一部の人は企業による展示会参加は効率性を証明していないと言う人もいます。 どう思いますか?

Phu:この件に関しては慎重に検討されていないと思います。展示会参加を選択した企業は、商工省の厳しい基準を満たす必要があります。たとえば、企業は輸出売上高の基準や優秀なスタッフがいる、などの基準を満たす必要があります。

展示会でどれだけの契約が締結されているかについての公式の数字はありませんが、企業が市場や顧客にアプローチし、製品を紹介し、パートナーと契約を結ぶ機会を持てることは否定できません。

 

HQ:専門家は、ベトナムの貿易促進活動への投資は十分な輸出可能性に達していないと述べていますが、それに関してはどう思いますか?

Phu:貿易促進に割り当てられた国家予算は、他国のそれよりも低いままです。

ベトナムの貿易促進予算は、マレーシアとタイの配分の0.11%と低く、日本と韓国の何百倍も低いのです。それは、ベトナム経済が苦戦しており、日本や韓国より発展が遅れているからです。

企業や業界団体を更に支援するには、今後、より多くの国家予算が貿易促進に配分されるべきだと思います。

 

HQ:貿易促進活動、特に輸出促進の優先事項は何ですか?

Phu:ベトナムが締結した自由貿易協定の可能性を最大限に引き出し、グローバル貿易によってもたらされる課題を克服し、持続可能な方法で輸出活動を発展させるためには、開発に4つの方向性があります。

第一に、輸出促進における情報技術と電子商取引の適用を促進することです。

第二に、輸出促進における国際協力の強化です。 国内の企業や協会、特に中小企業のパートナーを探すことです。 私たちは、貿易相手との持続可能なネットワークを維持するために中小企業や協会の支援に焦点を当てます。

第三に、市場コンサルタントサービスを改善し、企業に貿易機会を提供するチャネルを作り出し、それをベトナムの代表機関、省の貿易促進機関、輸出入局、地方貿易促進機関および企業や協会との貿易取引を結びつける効果的なチャネルにすることです。

そして最後に、貿易促進は国内外の市場でローカルブランドを築き、発展させ、保護することを同時に行われなければなりません。 こうすることで、企業は価値を高め、輸出高を維持する機会が与えられるのです。

 

HQ:電子商取引による輸出促進の役割は何ですか?

Phu:電子商取引とデジタル化は世界貿易のトレンドです。

2030年には、ベトナムの電子商取引、デジタル商取引、デジタル経済の成長率は、2003年と比較して約600倍も急増すると予測されています。

電子商取引およびデジタル経済プラットフォームでの輸出促進は、企業支援のための商工省の優先事項の1つです。

同省は、電子商取引プラットフォームでの貿易促進に関するスキル、能力、および知識を向上させるために企業を支援していきます。

同省はまた、アマゾン、アリババ、グーグルなどの世界的な電子商取引サービスプロバイダーと繋がり、それらのサービスプロバイダーはビジネス全体の支援、および特に中小企業の輸出促進活動に電子商取引ツールを適用における支援をするためにベトナムに参入します。

 

HQ:政府機関の努力以外に、より効果的な貿易促進を目指す企業へ向けたメッセージは何でしょうか?

Phu:企業自体がプロモーションにおいて積極的な役割を果たす必要があります。 政府は、国内の貿易促進プログラムの枠組み内ですべての貿易促進活動を網羅することはできません。

企業は、貿易促進活動への投資を政府と共有するだけでなく、持続可能な輸出を確保するために、市場を模索し、グローバル市場で自社ブランドを維持し、発展させる必要があります。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月08日11:13

ベトナム:日本のアパレル、レディス・アパレルメーカーの頂点を目指す

日本のカジュアルアパレル会社Stripe Internationalは、今年度末までにベトナムの女性向けアパレルのトップセラーとなると見込まれている。

同社は、競合他社のユニクロや良品計画が登場する前に、ベトナムでの事業を拡大する計画。具体的には、2019年度中にHCMCやダナンを含む、ハノイ以外のより多くの都市に店舗をオープンする。今年度中にベトナム中で23店舗を開店する予定。

「小都市が発展すると、オフィスがやってくる。それが私たちのグループが新しい店舗の出店の場所となる」とStripe Vietnamの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)である張替勉氏は日経アジアレビューに述べた。

Stripe2017年にベトナムのアパレル企業NEM Groupを買収し、地元の人々、特に20代から40代のNEMブランドの働く女性の間で人気を博した。

同社は、ベトナムでの売上高が前年同期比30%増の4640万ドル、長期的には国内売上高が7,060万ドル、営業利益率が25%となることを目指している。

Stripe Internationalだけが、ベトナムでゲームを展開することを計画している唯一の日本のアパレル・ブランドではない。昨年、ユニクロは今秋、ホーチミン市に最初の店舗をオープンする計画を発表し、今月初めにスタッフを募集し始めた。

家庭用品とアパレルチェーンの無印良品は来年初めにホーチミン市に最初の販売店舗をオープンする予定。

ドイツの調査会社Statistaによると、ベトナムのファッション売上は2017年から2222年の間に年間22.5%増加し、2022年までに年間98800万米ドルに達すると予測されている。

ベトナムでのファッション部門からの売上は2017年には48600万米ドル、2018年には55700万米ドルに達し、今年は66100万米ドルに達するという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月07日05:53

ベトナム:多数の労働者が懸念する地域別最低賃金

ベトナム労働総同盟(VGCL)の労働関係省のLê Đình Quảng副局長は、労働者の賃金と労働組合の役割についてどのように交渉するか、Kinh tế & Đô thị紙に語った。

 

Kinh tế & Đô thị紙:最近の最低賃金の引上げは労働者の生活を改善したと思いますか。

Quảng副局長:国家賃金審議会、ベトナム労働総同盟(VGCL)および雇用主は、ベトナムにおける労働者の、年間の地域別最低賃金引き上げについて政府に助言しました。今年、国家賃金審議会は5.3%の賃金引き上げを提案しています。賃金引き上げは何百万人もの労働者の生活を改善するのに役立つでしょう。しかし、ベトナムの労働者は一般的に、提案された賃金引き上げによってもなお多くの困難に直面しています。VGCLが実施した調査によると、多くの労働者の給与は日々の経費を賄うことで手一杯です。生活を少し楽にするためにより多くの収入が必要なら、残業しなければなりません。VGCLが今年初めに実施した調査によると、大部分の企業は、労働者の賃金を月1825万ベトナムドンまで引き上げるため、政令141号に厳密に従っていました。大きな祝日には、雇用者、労働組合、政府機関が労働者に餞別を贈っていました。ですが、特に皮革・履物、繊維、養殖業の労働者の場合、給与だけでは毎月の支出を賄えていません。

 

Kinh tế & Đô thị紙:一部の雇用主は、政府の提案よりも多くの賃金をすでに支払っているため、政府が設定した最低賃金を気にしないと公言しています。そのような主張にはどのように対応しますか。

Quảng副局長:実際には、ほとんどの労働者の月収は、政府が設定した公式の最低賃金引き上げによって提案された額よりも高い水準にあります。もちろん、ベトナムのすべての雇用主は、労働者のために社会保険料を支払うべきです。我々の調査や労働組合からの報告によれば、すべての企業は政令第141号に従って従業員の月給を設定しています。ですが、政府が設定した5.3%の地域別最低賃金引き上げは、労働者とその家族の最低生活条件を満たすには十分ではありません。この増加でも、彼らの最低要件の約9495%だけにしか届きません。2019年には、国家賃金審議会が来年の最低賃金引き上げについて交渉すると予想されています。提案された賃金引上げは最低生活条件を満たすべきですが、実際にはそのような目標は達成されていません。交渉中、最低賃金の引き上げ幅については多くの意見があります。例えば、2018年に国家賃金審議会の技術チームは、食料品は48%、非食料品は52%の増加に基づくべきであると提案しました。一方、VGCLはそれぞれ45%55%の増加を提案しました。全国賃金審議会の提案とVGCLの提案との差は約30万ベトナムドンであり、結果として、VGCLは省政府に対し、各機関が独自の調査を実施し、今後の昇給額をどの程度にすべきか提案するよう要請しました。雇用主との折衝もあるので、最低賃金だけが収入源ではありません。最低賃金は、すべての当事者が最終決定に至る前に交渉する最低の水準です。そしてもちろん、賃金交渉の過程で、労働組合はとても重要な役割を担います。

 

Kinh tế & Đô thị紙:賃金値上げ交渉では、労働者はどうすればいいのでしょうか。

Quảng副局長:第一に、彼らは労働市場、労働力、賃金体系についての十分な知識を持つべきです。昇給交渉は雇用主と労働者の間で行われます。私の考えとしては、すべての労働者は自分のスキルレベルと能力を知るべきです。今は市場経済の中で生活していますから、労働組合の支援も受け、大きなものから草の根レベルまで、労働者は交渉の場を広げることに慣れ、最善の取引を確保する必要があるでしょう。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月06日06:10

ベトナム:Garment 10社、カナダ市場での機会を模索

Garment 10社とVinatex傘下の多数の企業がカナダを訪問し、アパレル製品を市場に輸出する機会を模索している。

Garment 10社のThan Duc Viet社長によると、カナダは繊維・アパレル製品の輸入売上高が年間133億米ドルに達するベトナムの有望市場。

しかし、ベトナムのアパレルや織物の市場への輸出は年間約55000万米ドルで、ベトナムとカナダはまだ二国間の自由貿易協定を締結しておらず、したがって環太平洋パートナーシップ(CPTPP)は、ベトナムが将来市場への輸出を増やす機会を広げる助けとなる。

市場に参入すると、ベトナムの繊維・アパレル製品はCPTPPにより関税0を享受できるだろう、と彼は言う。

カナダは天然繊維で作られたアパレル製品や織物製品への需要が高いが、これはベトナムの製品と一致する、とViet社長は強調した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月02日15:59

ベトナム:デジタル貿易における中小企業のシェア獲得(後)

(前編より)

 

Hinrich Foundationが最近発表した、ベトナム、中国、インドネシア、マレーシア、オーストラリアなど8ヵ国の経済に関する非常に有益な一連の報告書には、デジタル貿易の障壁を取り除くことで、どれだけの追加での貿易機会が得られるかを示している。

一例として、ベトナムの場合、デジタル貿易がもたらす経済的価値は81兆ベトナムドン(35億米ドル)に値すると推定されているが、これは2030年までに特定の条件下で12倍まで成長する可能性がある。

現在、アジアで最も革新的ないくつかのユニコーン企業が存在するインドネシアも、同じ期間に18倍に成長する可能性がある。

ベトナムやインドネシアなどで必要とされる政策調整の一部は国内で行われる。中小企業に利益をもたらすような変化は、厳密に言えば、デジタルではない。より小規模・低価値の出荷のための貿易円滑化を改善することが、Eコマース企業の貿易を劇的に改善するであろう。また、WTOの世界レベルでのルール変更は、Hinrich Foundationの報告書で指摘されている貿易利益の確定にも役立つだろう。

現在ジュネーブで行われている交渉には、すべてのWTO加盟国が参加しているわけではない。164ヵ国の会員のうち76ヵ国だけが参加登録をしており、これは機会を逃している。WTORoberto Azevedo事務局長が最近指摘したように、各国には参加してルール作りを手伝うか、参加を拒否してルールを守るかの2つの選択肢しかない。

参加には多くの障害がある。国連貿易開発会議(UNCTAD)のEコマース・ウィークに参加した国は、懸念されている様々な問題を提示した。これらには、インフラの問題を前提としたデジタル貿易やEコマースへの参加能力における大きな格差、データのプライバシーに関する懸念、ハイテク企業の支配に関する問題、そのような企業が発展途上国の企業や消費者をどのように扱うのかという懸念などが含まれていた。WTOはこれらすべての問題を解決することはできず、またそうするつもりもない。

WTOは貿易機関であり、Eコマースとデジタル経済の貿易面に焦点を当て続ける必要がある一方で、極めて重要な経済開発の多くを管理するため、UNCTADのような他の機関に依存する必要がある。

しかし、ジュネーブでの交渉開始は、中小企業に新たな希望を与え、将来のある時点で、世界的な貿易についてのいくつかの課題が最小化されるだろう。零細中小企業にとって貿易は決して容易ではない。しかし、今日よりは確実に障壁の低いものとなるだろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月01日06:16

このページのトップへ戻る