インドシナニュース

2018年07月 のニュース一覧

ベトナム:PVTex、生産再開に向け、An Phat社と契約締結

An Phát Holdings JSCAPH)とAn Sơn Textile Fiber JSCPetrovietnam Petrochemical and Textile Fiber Joint Stock CompanyPVTex)と、ポリエステル繊維工場で製造されたテクスチャード加工糸(DTY)を処理する契約を締結した。

この契約の署名は、ポリエステル繊維工場でフィラメント工場のDTY回転ラインを開始するために開催された。目標は、第4四半期末までにこれらの生産ラインすべてを稼働させることである。

PVTexAPHは、427日にポリエステル繊維の製造と取引に関する覚書を締結した。

これは、商工省の下で行われている12の損害賠償プロジェクトの1つである。

今年4月にはDTYスピニングラインの運転が再開された。3ヶ月後、生産ラインは現在良好に稼働しており、好調な販売をしている商業用DTY 500トン以上を生産している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月31日12:02

ベトナム:MumusoとMinisoに厳しい調査

商工省はMumuso Vietnamへの調査の実施決定を順守し、全国のいくつかのチェーン店で韓国と日本のブランドを使用している中国製品の販売取扱いに対して第一歩を示した。

商工省競争・消費者保護庁のTrinh Anh Tuan副長官は、同省はMinisoYoyoshoなど、同様の違反行為の疑いがある他の企業についても調査を行っていると「投資(VIR)」紙に語った。違反が見つかった場合、これらの企業に科せられた罰金は、すぐに正式発表される予定である。

Mumusoは、調査を受けた最初のケースです。最近の報道に合わせて、徹底的な調査を行い、これらの違反を処理する予定です。」とTuan氏は付け加えた。

Tuan氏によると、Mumuso Vietnamは政令No.185/2013/ND-CPに従い偽物を生産・流通させた経営管理違反による罰金と、政令No.71/2014/ND-CPに従い競争法違反による処罰が科せられる。

政令No.185により、Mumuso Vietnamは、罰金の最高額1億ベトナムドン(444000米ドル)の罰金を科せられることになっている。しかし、罰金はMumusoの違反に比べて少なすぎると言われており、会社を脅かすほどの罰金額ではない。

Mumuso Vietnam20161025日、ホーチミン市のタンビン地区で許諾された。2018525日に、本社を第3地区に移転した。Nham Phi Khanh氏を代表とし、資本金10億ベトナムドン(44000米ドル)で登録されている。商工省が報告書の結果を発表してからおよそ1週間後、「投資(VIR)」紙が会社に連絡を試み続けているにもかかわらず、Mumuso Vietnamは公式の回答をしていない。

一方、同様の事業を展開している中国系企業のMiniso Vietnamの代表は、「投資(VIR)」紙に、商工省が事実確認を行うならば、快く協力すると語った。

Minisoは、関連する問題を改善するために商工省のアドバイスと指導を進んで受け入れます」とMinisoの代表は述べた。

Mumusoと同様に、Minisoは化粧品、文房具、おもちゃ、台所用品などの家庭用品や消費財に特化した店舗チェーンである。以前は日本の大手小売業者と称していたにもかかわらず、日本には4店舗しかなく、中国には1100店舗ある。

これらの企業は、韓国と日本の商品に対する人々の関心を利用して、ベトナム内で急速に拡大した。Mumusoは、ベトナム市場に進出して2年後、32店舗と20万の忠実な顧客を獲得し、Minisoは同社のウェブサイトによると、全国に34店舗を展開している。

Minisoの世界的な売上高も、2015年の77000万米ドルから2017年の18億米ドルへと急騰した。

ベトナム内のMumusoMinisoの収益源についての情報はないが、この市場で両社が繁盛していることは明らかである。Mumusoの急速な進歩により、2018年末までに80店舗、2019年までに200店舗をオープンすることを目指し、1ヶ月以内に4店舗をオープンした。Minisoは、今年末までに50店舗、2022年に400店舗をオープンする予定である。

712日、商工省はMumuso Vietnam2016年初めから2018531日までベトナムの法令をどの程度遵守したかについての同社がまとめた調査結果に対する検査結果を発表した。Mumuso2273品目のうち、2257品目が中国から輸入され、残りは国内の供給業者からの仕入れであることが分かった。報告書によれば、Mumuso Vietnamは、商品の原産国に関する情報が不十分であるため、消費者保護に関する法律に違反する疑いがあった。商品に関する情報は韓国製だとされていたが、韓国で製造されたことを証明する法的文書はなかった。



さらに、Mumusoが「韓国から来た」という言葉を商品導入し、商品パッケージに韓国語を使用することは、Mumusoが競争法を侵害したことを示す。特に、ライバル企業を追い越し不当に有利な立場に立つために、韓国製と広告でアピールしていたことが競争法に違反していた。

韓国と日本のブランドを使用した中国製品の販売が最初に論争されてから2ヶ月以上が経過し、多くの国内消費者は、ソーシャルネットワーク上でMumusoMinisoに失望を示しており、多くの人が彼らの製品を購入することをやめると述べている。

ベトナムの消費者協会の関係者は、MumusoMinisoの商品を購入したために損害を被った場合について、「投資(VIR)」紙に語った。「企業が故意に不正をしたことを証明する証拠があれば、消費者は ベトナム競争当局もしくはもっと高いレベルに苦情を申し立てることができます」と述べた。

20183月、ホーチミン市人民委員会は、Mumuso Vietnamに化粧品を含む違法な商品を輸入したとし、32200万ベトナムドン(1418500米ドル)の罰金を科した。これは、化粧品・薬・医療機器における管理違反に罰金を科す政令185/2013同様政令No.176/2013/ND-CPに従ったとした。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月31日05:56

ベトナム:労働賃金、労働生産性を上回る

経済学者は、ベトナムの労働賃金が労働生産性よりも急速に上まり、国の競争力および投資誘致に影響を与えているため、ベトナムは労働生産性の成長に沿って民間企業の地域最低賃金を調整するべきであると述べた。Khoi Nguyenによる報告。

 

マレーシア最大のオンライン求人企業Job Street.comは先週、計4463名の候補者および599企業が回答した「2018年 年間給与増加傾向」の調査結果を発表した。

東南アジアでは、ベトナムの労働者の平均給与は14%増で最も高く、タイは5%増で最も低いことが明らかになった。地域平均値は8%であった。

報告によれば「ベトナムでは、10人のうち約7人の従業員(66)2018年初頭、増額した年間給与を受け取った。現在の平均給与増加率は地域で最も高く、インフレ率が4%であるのに対しはるかに上昇している」

「昨年昇進した従業員のうち約43%は、昇進していない従業員(平均7%)と比較して22%の大幅な給与増額を受けている」

日本の政策研究大学院大学の経済学者、大野健一氏は、ベトナムの企業にとって最大の懸案事項である賃金の上昇と生産性の低下に関して「投資」紙に語った。

22年間、ベトナムの経済競争力を向上させ外国直接投資(FDI)を誘致する計画をベトナム政府および省庁と協力してきた大野氏は「労働生産性は20年前とほとんど変わっていない」と述べた。

「ベトナムが技術開発、裾野産業の発展および労働生産性の向上が遅れている中、給与は大きく上昇続けている。近い将来、ベトナムが外国直接投資(FDI)を誘致することが困難になるだろう」と大野氏は述べた。

ベトナム経済政策研究研究所(VEPR)のNguyen Duc Thanh所長によると、最低賃金調整は労働生産性の伸びに沿ったものでなければならない。

「最低賃金は過去10年間で高水準で上昇している。それは雇用に非常に大きな悪影響を及ぼし、さらに重要なことになると、ベトナム企業の競争力を低下させる可能性がある」とThanh氏は言う。

今週、国民賃金審議会は、2019年の地域最低賃金の上昇をまとめる予定であり、政府が決定するためには約6-7%の上昇になるだろうと予想されている。

この上昇は、7.5-8%または月額22-33万ベトナムドン (9.77-14.66米ドル)の増額となるように提案された。今年の上昇率は6.5%だった。

最近の日本貿易振興機構(JETRO)による19カ国の経済における日本の業績に関する調査では、75.5%の回答者がベトナムにおける賃金ベースのコストの上昇傾向を懸念している、と述べた。ベトナムはインドネシア(82.2%)および中国(77.8%)に続く3番目に高い懸念率である。

JETROハノイ事務所所長を務める北川浩伸氏は「ベトナムの平均最低賃金は年に8%上昇している。 一般的に人件費は他の国よりも低いが、製造部門のエンジニアやマネジャー職では大幅に上昇している。非製造部門の従業員やマネージャーの人件費もまた、大きく上昇している」と指摘した。

国際協力機構(JICA)およびベトナム経済政策研究研究所(VEPR)は最近、ベトナムにおける労働生産性および賃金上昇に関する調査結果を発表した。ベトナムの労働生産性は2004年以降4.4%上昇した。

「しかしながら、ベトナムの平均賃金上昇率は地域で最も高く、生産上昇率を上回っている。これは、経済競争力と海外直接投資の誘致に大きく影響するだろう」とVEPRThanh氏は述べた。

この調査によると、最低賃金の引き上げは平均賃金の上昇、雇用と利益の減少を引き起こした。平均すると、最低賃金1%の上昇で平均賃金は0.32%上昇し、雇用は0.13%減少する可能性がある。利益面では、民間部門に重要な悪影響がある。つまり、最低賃金が100%上昇すると、利益率は3.25%ポイント低下する傾向がある。

大野氏によると、一般的に、最低賃金は不利な立場に置かれている労働者を支援するツールであるが、根本的な問題は実際労働生産性にある。

「生産性における安定した改善が無ければ、最低賃金の引き上げの努力は徐々に経済競争力を低下させ、大きな失業率を引き起こすだろう。それゆえに、ベトナム政府は中長期的に生産性の向上を最優先にしなければならない」と述べた。

ベトナム経済政策研究研究所(VEPR)によると、最低賃金は社会保障政策として有効ではないようである。

現行の最低賃金制度は、労働契約の無い人、社会的弱者や障がい者を適切に保障していないため、最低賃金ベースの政策で保障されていない人の社会保障として補完的な政策を検討する価値がある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月30日06:02

ベトナム:第4次産業革命により500万人の仕事は消えるのか?

人材予測と労働市場情報担当ホーチミン市センターのTran Anh Tuan副所長は、第4次産業革命により職を失うリスクが高まっているとの国際労働機関(ILO)の報告を引用した。

ベトナムの労働力の質は10点満点中3.79点でアジア12カ国中11位、人的資源の質では10点満点中4.3点となっており、2020年までに500万人の仕事がなくなると懸念されている。

ベトナム労働者に対する他の指標も低い。2015年、職業訓練を受けたり大学・専門学校を卒業しているベトナムの労働者は20.3%にとどまった。ベトナム人は外国語、IT、チームワーク、コミュニケーション、職業倫理といったソフトスキルが弱い。

ベトナムを含む東南アジアの5ヵ国で労働者の56%がロボットに仕事を奪われると予測されている。

ベトナム労働者に対する他の指標も低い。2015年トレーニングを受けたり大学・専門学校を卒業しているベトナムの労働者は20.3%にとどまった。ベトナム人は外国語、IT、チームワーク、コミュニケーション、職業倫理といったソフトスキルが弱い。

ベトナムを含む東南アジアの5ヵ国で労働者の56%がロボットに仕事を奪われると予測されている。

ILOの報告によると、ベトナムの繊維・アパレル産業に従事する労働者の86%、インドネシアでは64%、カンボジアでは88%が機械化の発展により職を失うリスクに直面している。

ロボットが製造ラインで人間に取って代わるという懸念をベトナム人は無視した。ベトナムでは、外国の工場のみロボットの導入が可能で、ベトナムではロボットを導入する余裕がないと見ている。

だが、ベトナムの工場現場にロボットは続々と導入されている。

アパレル縫製企業VitaJean社の最高責任者Pham Van Viet氏によると、労働者の6080%が最新の機械にとってかわると予想され、近代化により同社は社員を1800人から1250人に削減することができ、最終的に800人にまで減らすことが出来る。

「将来、熟練工450人のみ雇用することになる」とViet氏は話し、さらに、自動製造ラインの設置は2019年までに完了予定であると付け加えた。

機械化によりVitaJean社は製造コストを20%削減することが可能になり、次の5年間で同社は投下資本の回収を計画している。

ガスオーブン製造者のNamiluxは、過去67年にかけて製造ラインを自動化してきた。自動化ラインでは、8人の仕事量を2人でこなすことが出来る。

Namiluxの最高責任者のNguyen Manh Dung氏によると、企業は人件費を34倍削減可能であり、その数字はいくつかの産業では10倍にもなる。

ベトナム労働同盟のVu Quang Tho氏は、労働者を支援する対策を早急に始める必要性について述べた。また、企業特に外資系企業には雇用する労働者数を確約させることを提案した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月27日13:03

ベトナム:繊維・アパレル産業へ韓国企業が投資を拡大

ベトナムと韓国の自由貿易協定(FTA)の発効により、ベトナムの繊維・アパレル産業への韓国企業の投資拡大の動きが出ている。

ベトナムの繊維・アパレル製品の韓国への輸出は、2015年以降急速に拡大している。

繊維・アパレル製品は24の製品カテゴリーで東南アジア諸国連合(ASEAN)の他の国より低い特恵関税により、貿易協定から多大の恩恵を受けている。

商工省(MoIT)報告のまとめから、アナリストによると複数の輸出商品が過去3年間毎年34%着実に増加している。

繊維・アパレル製品はベトナムから韓国への輸出総額の17.8%を占める。

だが、ベトナムの繊維・アパレル製品は韓国市場シェアの30%のみにとどまっている。

これは、ベトナムが韓国への輸出を拡大できるチャンスがあることを示している。

ベトナムもメンバー国である包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)もベトナムへの韓国投資を促進し韓国への輸出商品の製造を後押ししている。

大韓貿易投資振興公社(Kotra)は、ベトナムへの韓国投資の動きを確認した。

Kotraの調査によると、中国の韓国人投資家はベトナムへの移住を検討している。

23年後、投資はさらに拡大すると期待されている。

一方、アジア・アフリカ市場部のLe An Hai副長官は、ベトナムにある韓国の繊維・アパレル製品企業の62%は製品規模を拡大し、糸や生地から衣料品まで幅広い製品を製造する計画だと報告した。

アナリストは、取り組むべき多くの課題がまだあるとコメントした。大半の省は繊維・染色プロジェクトを汚染への恐怖から拒否している。さらに、繊維・アパレル産業への投資促進政策は魅力に欠ける。

アナリストは投資を受け入れるため、ベトナムの商工省(MOIT)と韓国の産業通商資源部産業通商資源部は、繊維・アパレル産業を含む多くの産業で協力する協定に調印したとコメントした。

両国は、韓国企業が最も効果的な方法で繊維・アパレル産業へ投資ができるよう投資を促進する政策の策定に意欲を見せている。

商工省(MOIT)は韓国企業に関連産業、特に繊維・染色産業への投資を優先するよう勧めており、韓国投資家に土地と労働へのアクセスや手続きの履行など好条件を提案することを強調した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月27日06:03

ベトナム:Mumuso、原産国偽装で1億ベトナムドンの罰金

Mumusoは商品の原産国などの情報提供が不十分で、意図的に消費者を困惑させた不法行為により、商工省(MoIT)から1億ベトナムドン(444000米ドル)の罰金を科されている。

商工省競争・消費者保護庁のTrinh Anh Tuan副長官によると、Mumuso Vietnamは政令No.185/2013/ND-CPに従い偽物を生産・流通させた経営管理違反による罰金と、政令No.71/2014/ND-CPに従い競争法違反による処罰が科せられた。

つまり、政令No.185によりMumuso Vietnamは罰金の最高額1億ベトナムドン(444000米ドル)を経営管理違反により科せられることになる。国内の消費者の大半はMumusoの違反に対し罰金が少なすぎるとの見方を示し、処罰が軽すぎるとした。

数日前、MoITMumuso Vietnam2016年初めから2018531日までベトナムの法令をどの程度遵守したかについての同社がまとめた調査結果に対する検査結果を発表した。検査結果によると、同社の報告に反しMumuso2273商品のうち2257商品、99.3%が中国から輸入され、残りは国内の供給業者からの仕入れであることが分かった。

また、MUMUSOKRの商標は、韓国の601,47 Sejongdaeero 23-Gil, Jongro-Gu, SeoulMUMUSOKR Limitedにより登録されているが、MUMUSOKR LimitedMumuso Shanghai(中国)に世界中でMUMUSOKR商標の使用を許可している。

MoITの担当者によると、Mumusoは同社で販売されている商品の原産国について不十分な情報を提供し消費者保護法に違反したとし、韓国関連の同社製品情報も、製品が韓国で生産されたことを証明する法的書類が提出されていない。

20183月、ホーチミン市人民委員会はMumuso Vietnamに化粧品を含む違法な商品を輸入したとし32200万ベトナムドン(1418500米ドル)を超える罰金を科した。これは、化粧品・薬・医療機器における管理違反に罰金を科す政令185/2013同様政令No.176/2013/ND-CPに従ったとした。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月26日06:08

ベトナム:インドとのアパレル業界での協力関係の促進

在ベトナム・インド大使Parvathaneni Harish氏は、2020年までに二国間貿易額を150億米ドルに引き上げるための努力の一環として、繊維・アパレル業界におけるベトナム-インド間における協力関係の強化は重要な優先事項の一つである、と述べた。

大使は717日、展示会Source India 2018を紹介するホーチミンでのイベントにて、繊維・アパレル業界はベトナムとインド両国の社会経済開発において重要な役割を果たす伝統産業の一つであると主張した。

また大使は、衣類・繊維業界はベトナム・インド両政府が今後、二国間貿易を強化し、サプライチェーンの構築を目的とした開発と協力に優先順位を付けている産業である、と付け加えた。

現在、インドは市場で入手可能なほぼすべての種類の生地および資材を製造可能な強力な繊維・糸生産産業を所有しており、製造においては世界3大繊維製品提供国の1つである。

一方、ベトナムは世界トップ5に入るアパレル製品輸出国であり、2017年には輸出取引高310億米ドルに達している。しかし、ベトナムはこの分野において大量の資材を輸入する必要があり、2017年には輸入額190億米ドルになった、と指摘した上でベトナムはインド企業にとって有望な市場であると確信している、とも述べた。

インドの合成・レーヨン繊維輸出促進協議会の議長であるAnil Rajvanshi氏は、インドは将来大きく拡大する見通しのある世界中の衣料品業界で広く使用されている合成繊維糸から繊維資材の生産および輸出に強いと語った。

またRajvanshi氏は、インドおよびベトナムは衣料品分野のサプライチェーンにおいて共に供給しあえるが、この分野の双方向貿易は控え目であると主張した。

2017年、ベトナムは17800万米ドル分の衣料品しかインドに輸出していない中、インドからベトナムへの衣料品輸出は、2016年から44%増の42900万米ドルに達した。

インドはより近く且つ効果的なパートナーシップを構築するためにベトナム企業の貿易促進およびビジネス交流活動への積極的な参加を求める中、当分野の貿易の協力関係の促進および向上のため、来たるべき時にベトナムへ10億米ドルの資材を輸出するという目標を掲げた、と彼は明かした。

ベトナム繊維・アパレル協会副事務総長のNguyen Thi Tuyet Mai氏は、ベトナムは世界5大アパレル輸出国の一つにも拘わらず最大量の衣類・繊維資材を世界中から輸入している国の一つでもある、と述べた。

またMai氏は、ベトナムの衣類・繊維輸出は2018年、340億米ドルの収益の成長を見込める可能性がある。それゆえに、同分野の資材および設備類への需要もまた高まると考えられている、と述べた。

Mai氏はインドの繊維設備および技術同様に、繊維資材の品質および多様性を賞賛した。彼女は、ベトナムとインド間の衣類・繊維産業における協力関係の促進は両国の企業にとって彼らの強みと利点を最適化する道を切り拓くであろうと考えた。

Mai氏は、インドがその市場を拡大していく中で、ベトナムは生産に必要な資材、技術、および設備への需要が更に増えることから利益を得ることが出来るであろう、と述べた。

ベトナムのビジネスは、両国の製品における関税引き下げの基礎を作るため、両国政府に二国間自由貿易協定の署名およびその交渉を検討するよう提案した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月25日06:01

ベトナム:厳しい市場環境によりコンビニ店舗が次々撤退

外資系小売業者がベトナムを有望な市場に見据え、相次いでベトナムに出店してきたが、競争の激化から撤退をせまられている。

3年前、携帯電話販売チェーン大手The Gioi Di Dongが、家庭用電化製品販売チェーンBach Hoa Xanhを意欲的な計画を持って始めたが、2018年にオープン予定であった店舗数を1000から500に削減した。

セブン-イレブンがベトナムに参入した当初、2027年までに1000店舗を出店するとの計画を発表し、これは1年に100店舗を出店することになるが、操業から1年後18店舗の出店にとどまった。

日本の大手ファミリーマートは、ベトナムに2020年までに1000店舗を出店すると発表していたが、2017年同社はベトナムでの計画を見直す必要にせまられた。同社代表らは投資資金のさらなる注入は難しいとの見解を示した。

ホーチミン市に1店舗を出店するのに、ファミリーマートは10万米ドルもしくは22億ベトナムドンが必要となるが、低収益ではコスト高をまかないきれない。

同社はホーチミン市の数店舗を高い賃借料やその他の理由により閉店し136店舗となり、ビンズン省とブンタウでは各24店舗となった。

2006年チュングエン G7マートは、全国に9500店舗を出店する計画を発表したが、その後すぐに業績が悪化した。

2011年チュングエンは、ベトナムでフランチャイズ契約の下、日本のコンビニエンスストアチェーンのミニストップを展開することを決定。5年以内に500店舗を出店させる計画であったが、業績不振によりミニストップはチュングエンとの契約を解消、新たなパートナーと契約を締結した。

双日と提携したミニストップは、2018年に800店舗の出店を計画し、現在まで115店舗を出店した。

食肉供給業者のVissanは、先日、コンビニエンスストア100店舗のうち60店舗を閉店した。このことについて同社は、高い賃貸料の割には売上が十分ではなかったと説明した。

経済学者のDinh The Hien氏は、現在、コンビニエンスストアは小売業と異業種にライバルが多すぎるとコメントした。

スーパーマーケットの最大の利点は幅広い品揃えであり、それは消費者に多くの選択肢を提供している。一方、食料品店は規模は小さいが居住区にあり便利で価格も手頃だ。

Dinh The Hien氏によると、ベトナム人が消費習慣を変えることとコンビニエンスストアに慣れるにはまだ時間がかかると見解を述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月24日12:00

ベトナム:靴・アパレル製品の受注が急増

米中貿易戦争の悪影響を避けるため、国際メーカーは生産発注を中国からベトナムに移転しなければならないため、ベトナムの革靴およびアパレル製品輸出は好調に推移するであろうと予測されている。

ベトナムの革靴輸出比率が37%の中、米国市場は現在ベトナムのアパレル収益の約47%を占めている。それゆえに、「労働者(Nguoi Lao Dong)」紙の報道によると、貿易戦争の加速は国の主要輸出品目に大きな影響を与えるという。

 

チャンスの増大とともにリスクも増大

商工省は米中貿易戦争の影響を首相に報告し、中国のアパレル製品・革靴製品の大規模な流入の危険性を指摘した。 しかし、別の観点から見ると、貿易戦争は国際メーカーが中国からベトナムへの生産発注を移行しなければならなくなるため、ベトナム企業が市場シェアを拡大し、米国への輸出を促進するのに役立つ可能性がある。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso) 副会長のDiep Thanh Kiet氏によると、米国は当初、主に中国の技術的製品への課税に集中する方向であり、貿易戦争は次の1-2ヶ月間は現地の靴産業へ影響を及ぼさない可能性があるという。

Kiet氏によると、関税の影響は次の段階では履物、アパレル製品、および繊維など他の分野にまで広がる可能性があり、それはベトナム企業にチャンスとリスクの両方をもたらす可能性がある、と述べた。輸入業者が高い米国関税を避けるために中国の代替えとしてベトナムを選ぶため、輸出受注の急増になるだろう。しかし、国はアパレル製品および木材などその他の分野でもまた輸出受注を増やすため、国内および外資企業間の人材争奪戦が厳しくなっていくだろう。

 

中国製品の原産国詐称に関する懸念

LEFASOのKiet氏は、投資家の視点からの懸念点として、中華系企業が彼らのアメリカへの製品を輸出するためにベトナムを製品原産国として利用する可能性を主張している。

中国企業の一部はベトナムで輸出前の製造を完了させるために工場を移転させる可能性がある。この問題は、中国企業が靴製品の梱包と輸出業務をベトナムへ移転させた10年前から既に発生していた。

「この策略はベトナム企業が深刻な影響を受ける可能性があるため非常に危険である。LEFASOおよび行政機関はこの問題の再発を恐れている。しかし、政府はこの問題を対処するための経験がある」とKiet氏は加えた。

サイゴン証券の報道によると、近年のアパレル業界における中国での受注はベトナムへ移行している。ベトナムは低い労働コストおよび数多くの自由貿易協定などがあるため、グローバル企業の第一選択肢となった。これに加え、中国はアパレル分野から技術分野へ焦点を移行している。

ホーチミン縫製・織物・刺繍・編み物協会会長であるPham Xuan Hong氏は、貿易戦争が続くとこの移行が進展すると主張した。 したがって、行政機関は中国企業がベトナムを利用して製品生産国を偽装することに対して慎重にならなければならない。

更に、サイゴン証券の調査チームは、ベトナムからのアパレル輸出が今後数四半期内に20-30%急増すれば米国はベトナムを特別支配し高い税率を課す可能性があると警告した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月24日10:39

ベトナム:繊維・アパレル製品の米国向け輸出好調のきざし

繊維・アパレル製品の米国向け輸出が今年138億~139億米ドルに達する見込みであり、専門家は、繊維・アパレル産業は米中貿易戦争の影響により輸入品注文が増加するとみている。

今年上半期に繊維・アパレル産業は前年から13.8%伸び134億米ドルに達し、ベトナムの主要輸出品分野に再び選出された。

米中両国が相互に新たな関税を課す措置を発動し、何百億ドル相当の輸入に影響を与え、世界貿易の見通しに影響を与える重要な要因となることが予想される。

Fulbright UniversityHuynh The Du講師によると、繊維・アパレル製品、履物などベトナムが長年中国の同業者と直接競争してきた分野の多くで、米国への輸出が拡大できるチャンスが増えるだろう。

この見解に同調しベトナム繊維協会(Vitas)の担当者は、中国の繊維・アパレル製品に米国で高い関税が課せられた場合、ベトナムやカンボジア、バングラデシュなど中国の直接的な競合国にとって有利となるだろうと話した。

さらに、中国の繊維・アパレル製品輸出が脅威にさらされれば、中国政府は輸出用生産を人件費や事業活動費の比較優位性を利用できるベトナムを含む近隣国へシフトすることに本格的に乗り出す可能性がある。

Saigon Garment JSC (Garmex Saigon)Le Quang Hung会長によると、中国では近年人件費が高騰し輸出用生産に投資されていない。このことは、ベトナムの輸出製品に対する中国の競争力を低下させた。

事実、米中貿易戦争に係る不安から中国からベトナムに輸入品注文をシフトした米国の輸入業者もある。

「中国の繊維・アパレル製品が米国市場に輸出出来なかった場合、ベトナムを含む近隣国市場へ流れ込み、国内市場の競争を激しくする可能性がある」とHung氏は述べた。

ベトナム繊維協会(Vitas)の報告によれば、今年上半期のベトナムから米国への繊維・アパレル製品輸出の売上高は64億米ドルに上り、前年比12.5%増加し、繊維・アパレル産業の総輸出額の47.7%を占めた。

一般輸出動向は今年の後半もこの成長機運が続くと予想されている。2018年上半期の3カ月ごとの製造と経済の動向について統計総局による最新の調査結果では、調査対象企業の93.7%が下半期輸出は増加すると回答しており、繊維・アパレル企業の受注が増加すると予想している。

この調査には製造業6500社が参加した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月23日11:59

ベトナム:インドで開催の糸展示会に国内企業が注目

インド最大規模の人工糸展示会「Source India 2018」はベトナムの繊維企業にビジネス関係の構築と強化を図るチャンスが期待されると、717日ホーチミン市で行われた会合でインドとベトナムの親善大使Shri P. Harish氏が述べた。

このイベントは92123日インドのスーラトで開催される。合成繊維とレーヨン輸出促進協議会によると、人工糸の国際的な供給業者約200社と繊維・アパレル産業の国際的バイヤー200人の来場が予測される。

2017年のインドからベトナムへの綿、糸、製織用糸、その他の織物材料の輸出は約55000万米ドルであったとHarish氏は話した。

Harish氏によると、インドの繊維企業はベトナムの繊維製品需要を満たすことが可能であり、ベトナムへの材料の輸出を増やすようインド輸出促進協議会を促している。

さらに、「アパレル産業における幅広い供給母体を持つというベトナムの戦略的目標を満たすであろうし、1社もしくは1グループの供給業者に過剰に頼る必要もない」と付け加えた。

インド政府によると、2017年のインドからベトナムへの繊維・アパレル製品の総輸出額は、2016年から44%伸び42900万米ドルに達した。

2017年のベトナムからインドへの繊維・アパレル製品輸出は、2016年と比べ42%伸び17800万米ドルであった。

ベトナム繊維協会 (VITAS)のNguyễn Thị Tuyết Mai事務局長補は、ベトナムはインドから糸や材料、テクノロジーを大量に輸入している。2国間自由貿易協定の締結とインドからの材料用の保税倉庫をベトナムに整備することは、インドとベトナムの貿易を改善するだろうと意欲を見せた。

ベトナムは2017年、繊維製品を約310億米ドル輸出し、繊維資材を約190億米ドル輸入した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月23日10:38

ベトナム:FivimartとCitimart、イオンとの協業後も累積損失増大

日本のスーパーマーケットチェーン事業者であるイオンとの協力後、ハノイに本社を置くFivimartとサイゴンを拠点とするCitimartの操業は改善したが、損失はさらに深刻化した。

FivimartCitimartは、イオンとの協力後、期待したような改善が見られなかった

 

明るい未来への期待

2015年初頭、イオンはFivimart30%、Citimart49%で買収した。しかし、イオンは取引の価値を開示しなかった。

今回の合意に基づき、イオンは、FivimartCitimartに「トップバリュー」ブランドの製品を提供し、新製品の開発と供給ネットワークの拡大を図るとともに、それらを調整する。

Citimartは、両者が2025年までに異なる規模のスーパーマーケットを約500店舗開発することを目標としていると述べた。

イオンは、ベトナムをマレーシアに次いで東南アジアで第2位の市場と位置付けた。ベトナムに200店舗をオープンし、1000億円(83600万米ドル)の収入を目指す。

2015年、イオンの岡田元太取締役は、ベトナムは大きな市場であり、地場企業との協業なしに成功することは難しいと述べた。

したがって、取引により、イオンはベトナムで商品を消費し、流通システムを構築し、多数のショッピングセンターを開発する予定である。

 

FivimartCitimartの不幸な結末?

FivimartCitimartは、買収時にイオンとの協力が事業の改善に役立つことを希望した。しかし、2年後の累積損失は増加している。

Fivimartの財務諸表によれば、2016年には12400億ベトナムドン(5380万米ドル)の売上高が20%増えたと報告しているが、その諸表によると960億ベトナムドンの損失(416万米ドル)も報告しており、2015年より倍増した。 その結果、イオンとの2年間の協力を通じて、Fivimart173億ベトナムドン(750万米ドル)の累積損失を被り、株式は約300億ベトナムドン(130万米ドル)に減少した。

Fivimartの損失増加の主な理由は、Fivimartの粗利益よりもさらに高い管理支出の急増である。特に、2016年には、同社の管理費用は2800億ベトナムドン(1210万米ドル)、総売上高は1830億ベトナムドン(790万米ドル)であった。

Citimartの業績はFivimartの業績に類似している。特に、2016年には15兆米ドルの収益が16000億ベトナムドン(6940万米ドル)に増加したと報告されているが、2015年と2016年に1230億ベトナムドン(530万米ドル)の損失を計上し、1570億ベトナムドン(680万米ドル)の累積損失である。

FivimartCitimartは、その大規模な損失に加えて、Fivimart7000億ベトナムドン(3030万米ドル)、Citimart7100億ベトナムドン(3080万米ドル)を含む14000億ベトナムドン(6070万米ドル)の負債を保有している。

さらに、2つのスーパーマーケットチェーンも店舗チェーンを拡大できなかった。特に、Fivimartは現在、ハノイに26のスーパーマーケットを有するだけで、昨年の目標を4つ下回っている。シティマートの店舗数は昨年と同じである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月21日06:03

ベトナム:2018年皮革産業拡大のきざし

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso)によると、同国の皮革産業はハイテク商品の製造への移行傾向の結果、中国からの受注シフトにより恩恵を受けている。

EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などの協定への調印はベトナムの発展にチャンスをもたらし、特に投資を誘致しEUや括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定加盟国への輸出を増大させると業界筋は話した。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso)のNguyen Duc Thuan会長は、ベトナム皮革産業の輸出活動は安定的に成長しており、今年の下半期そして今後も見通しは明るいと強調した。

2018年の世界経済の見通しは楽観的で、ベトナムの主要輸出国市場であるアメリカ、EU、中国、日本、韓国の需要が2017年よりも高くなることが予想される。

中国はハイテク商品に重点を置くため衣料品や皮革の投資インセンティブを減らす方針を続けるとみられており、履物やハンドバッグの受注は自由貿易協定(FTA)の効果への期待感から、中国からベトナムへ移行が期待される。ただ、ベトナムの皮革産業は人件費の上昇、東南アジアの他の国に比べ低い生産性など、数々の問題に直面している。4次産業革命により、企業は最新の設備への投資と人員削減の傾向にあり、皮革産業企業に影響が出る模様。

皮革産業の履物の出来高は、今年度約27900万足、第3四半期は7200万足、第4四半期は8000万足が予定されている。

皮革産業の今年上半期の生産は成長を続けており、出来高は12740万足で前年より5.1%増加している。94.5億米ドルを回収し、前年同期と比べ8.4%増加した。これら商品の輸出収入は、195億米ドルに達するとみられ2017年より10%高くなることが予想される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月20日12:02

ベトナム:繊維・アパレル輸出増加の促進

繊維製品の輸出高は、2018年上半期6ヶ月間で13.8%増となった。これは、年末までに345億米ドルの輸出目標達成を掲げている業界にとっての良い兆候と捉えられている。

膨大な注文と何百万人もの労働者の雇用創出にもかかわらず、業界の収益性はその可能性に合致していない。早急に目標に到達するためには、企業は生産性を上げ、製品の品質を向上させて市場における競争力を高めるべきである。

現時点では、ほとんどの国内企業が第3四半期末まで注文書にサインをしており、一部の企業は2018年末まで受注を終えている。特に、多くの企業は期限を守るために残業を増やさなければならなかった。Saigon Garment Manufacturing Trade Joint Stock Company (Garmex Saigon)Le Quang Hung取締役会長は、多くの輸出注文と年末までの厳しい生産計画のために、同社は労働時間を増やさなければならないと述べた。同社は2018年に17000億ベトナムドンの目標売上を達成したが、売上高はすでに上半期に9000億ベトナムドンと20%増加した。

Hung Yen Garment Company (Hugaco)Nguyen Xuan Duong会長によると、同社は9月末まで注文を受け、来シーズンの輸出契約を結んでいる。2018年の上半期には、生産と投資の拡大、現在の設備と機械基盤のおかげで、同社および関連会社の事業活動は肯定的な結果を達成した。関連子会社は軒並み5%から7%の伸び率を記録し、さらに中には対昨年同期比で10%以上増加した会社もある。Phong Phu CorporationPham Xuan Trinh社長は、同社が過去6ヶ月間で17500億ベトナムドンの総売上目標を達成し、雇用を創出し、約4000人の労働者に対して安定した収入を与えていると述べた。当社の輸出売上は2810万米ドルに達した。

ベトナムとEUEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の法的審査過程を完了しており、これはベトナム企業にとっても良い兆候であるととらえられている。さらに、ベトナムの多くのアパレル企業は、アメリカ、韓国、欧州連合(EU)、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)加盟国を含め、今年、伝統的市場で高い成長を維持している。ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Cam副会長兼事務総長によると、最近締結された一連の自由貿易協定(FTA)がこの繊維産業を押し上げることが期待されている。ベトナムは2001年以来、アメリカ、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インドと二国間貿易協定を締結し、世界貿易機関(WTO)に加盟している。

国内企業は、受注や市場拡大に多くのメリットがあるが、東南アジア地域や世界の他の国と比較して、人材と輸出価格の競争圧力のためにビジネスの効率性はあまり良くない。海外の企業との価格競争だけでなく、国内企業はベトナムに海外直接投資を行っている繊維・アパレル企業にも対処しなければならない。さらに、繊維産業は生産のための原材料を輸入に過度に依存しているため、生産コストが大幅に増加する。繊維産業をさらに困らせているのは、高度に訓練された労働者の不足し、全国の各地域における労働者の分布が不均等なことである。

国内の材料源を発展させるためには、繊維・アパレル事業と生産部門との間の調整を強化し、素材になる資源を事業者間でシフトさせることが不可欠である。アパレル原材料の国内外投資の促進は、現地生産率の上昇を促進し、製品の付加価値を高め、輸入過剰を削減する。国は、国内で高品質の原材料を生産するために、染色業および繊維産業の発展を支援するために、地域区分を大幅に修正する計画を策定すべきである。ベトナムで優れた資材が生産されなければ、繊維・アパレル産業はベトナム国内のみならず海外の消費者の品質要求を満たすことができないだろう。

ベトナム企業は、事業と企業間の繋がりと投資の結びつきを強化する必要がある。新しい設備機械を導入したり、新製品の需要を満たすために製品を多様化し、生産性を向上させることを目的として、労働者の質を向上させたりすることである。さらに、省の管理機関は、輸送コスト、非公式の慣習的費用、税務および行政手続、ならびに資本、計画および輸送インフラに関する好条件の確保に関して、適切かつ適時の政策調整を行うべきである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月20日06:02

ベトナム:繊維産業の次世代のリーダーたち(後)

(前編より)

 

Thân Đức Việt

VN:ベトナムの繊維・アパレル業界をどう評価しますか?

Thân Đức Việt氏(以下VIET):Garco 10は典型的なアパレル生産メーカーです。当社の第1四半期の輸出は昨年よりもプラスの動向を示しました。

年初からの注文件数は非常に安定しています。以前は、3ヶ月前に注文を受けていました。

しかし、8月に納品予定のオーダーをアメリカ、欧州、日本など世界の大手輸入業者から昨年12月から受けました。市場の動向は比較的良好です。

輸出額や事業成果の面では、2017年ほど良くはありません。注文件数は増加しているものの、輸出価格は上昇していません。

第二に、企業間の激しい労働力獲得競争が存在しています。労働者のための良い政策を持っておらず、財源が不十分で透明で効果的な経営をしていない企業は、苦労する可能性があります。

 

VN:現在の激しい競争の中で、良い労働力を確保するために企業は何をすべきですか?

VIET:労働力獲得競争は、部分的に内部問題です。企業が十分に強くなければ、労働者は離れる可能性があります。

もう一つの重要な要素は、労働法と福祉を改正する必要があることです。

すべての国が最良の利益をもたらすことを望んでいますが、ベトナムでは年間賃金の上昇は、Garco 10のような企業に多くのプレッシャーをもたらしました。一般的に輸出価格は過去10年間で上昇していません。私たちの計算によると、生産性は倍増し、給与はほぼ3倍になりました。

2に、生産性の上昇に伴い、現在の高い社会保険料と同時に最低賃金が上昇していることが、当社にとって大きな圧力となっています。

賃金の上昇は生産性に匹敵せず、企業はそれに対処することが困難になるでしょう。

私たちは、優れた管理システムと最新の機械、そして労働者のためのトレーニングスクールを備えた業界リーダーです。しかし、圧力が高まるにつれて、企業は苦しむ可能性があります。

ここ3年間で最低賃金が30%増加したにもかかわらず、労働者に高い賃金を支払っているため、これは私たちにとって最大のプレッシャーの1つです。

最低賃金の上昇はまた、社会保険料支払いの増額につながります。現在、Garco 1022%、労働者は社会保険料の10%を拠出しています。

給与の引き上げが考慮されなければ、人材成長は後退するでしょう。労働法を現状に順応させる必要があります。毎年の最低賃金の引き上げと研究計画を慎重に見直す必要があります。

3年前、社会保険基金への私たちは、550億ベトナムドン拠出しました。今では1000億ベトナムドンまでになっています。

追加労働時間を11.5時間未満、月30時間、年間300時間に制限する労働法は、中国と日本が年間800時間までとしているのに対し、非常に不合理です。

労働者はピーク時に残業をして、顧客にタイムリーに納品する必要があります。したがって、ピーク時に月間30時間の余分な勤務時間を確保することはできません。

 

VN:第4次産業革命はどのように繊維・アパレル産業に影響を与えますか?

VIET:繊維産業の存続にとって不可欠です。クリーンでグリーンな工場の話は世界共通の傾向です。 顧客は、労働者の権利の保護、繊維・アパレル企業の労働条件や社会政策だけではなく、グリーン開発や環境保護のためのスマートな工場も評価基準に挙げています。こうしたことが、受注に必要となるならば、Garco 10は他の企業と比較しても特に有利になるでしょう。これらは比較的新しいコンセプトで、ベトナムではこのような活動に取り組んでいる企業もありますが、多くの企業はまだです。

我々は、現在、これらの基準に取り組みながら、労働者の権利も保護しています。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月19日12:00

ベトナム:繊維産業の次世代のリーダーたち(前)

繊維・アパレル業界は、今後12年間で最も高い成長率を誇る分野と見られてきた。しかし、世界の貿易政策の変化や第4次産業革命の勃発により、この分野の企業は課題に直面している。ベトナム・ニュースの記者は、商工省の輸出入部副部長であるTrần Thanh Hải氏とGarment 10 Corporation Joint Stock CompanyGarco 10)の副社長を務めるThân Đức Việt氏に直面している課題についてにインタビューを行った。

 

Trần Thanh Hải

ベトナム・ニュース(以下VN):2018年のアパレル産業と繊維産業のチャンスと課題は何ですか?

Trần Thanh Hải氏(以下HAI):世界経済は多くの潜在的に不確実な要素を抱えていますが、繊維産業は、経済全般、特に輸出活動に大きな貢献をしてきました。この部門は依然として受注の増加と輸出の増加により良好な伸びを示しており、これは繊維・アパレル産業にとってよい傾向となっています。

しかし、長期的には課題があります。 現在、この部門は主に下請仕事に注力しています。糸、織物、製織、染色などの素材の輸入に大きく依存しています。また、繊維製品やアパレルの高付加価値化をもたらすマーケティングも弱いです。

政府は今、自由貿易協定(FTA)を利用しての支援に重点的に取り組んでいます。特に、厳しい原産地規則を必要とする環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)です。他方で、政府は、グローバルな流通チェーンに加わることができる大きなブランド名の構築に集中してきました。これらは、当社のアパレル会社が優先している課題です。

 

VN:政府は輸出を促進するためにどのような政策を講ずるべきでしょうか?

HAI:現在の生産能力では、輸出規模は限界に近い。長期的かつ持続可能な方法で輸出需要を満たすためには、より多くの投資が必要です。さらに、輸出を拡大するためには、当然のことながら、さらなる優遇措置のある市場または自由貿易協定(FTA)のある市場を持つべきです。私たちは依然としてCPTPPEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)などの繊維製品にとって非常に重要ないくつかの合意を締結しています。これらの協定はいまだにすべて実施前段階です。将来的に実施されることが期待されています。

 

VN:第4次産業革命は繊維・アパレル産業にどのような影響がありますか?

HAI:多くの労働者を必要とする繊維・アパレル産業の場合、これは大きな影響を与えます。第4次産業革命が完全に進むと、労働者の数は余ります。問題は、繊維・アパレル企業は組織を再編成し、生産段階でどのように技術成果を適用すべきかを知る必要があるということです。

労働者は、より洗練された機械を操作するために知識を向上させる必要があります。すべての機械は従業員によって操作されるべきです。しかし、第4次産業革命時代には、現在より高いレベルの操作が必要です。

 

VN:ベトナムの繊維・アパレル産業は、世界の貿易政策の変化に伴い引き続き競争力を維持することができますか?

HAI:ベトナムの繊維・アパレル産業の競争力は比較的高いです。したがって、我々は依然として高い輸出の伸びを維持しています。長期的には、高い輸出を維持するために克服すべき問題に直面するでしょう。

現地企業は経営能力を向上させるべきです。企業がより熾烈な市場でより大きな規模で設備を操業する管理能力を持たず、より新しい技術を必要とする場合、競争が中断したり停止したりする可能性があります。

 

(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月19日05:56

ベトナム:オンラインでの販売経験を共有するSapo

マルチチャネル販売プラットフォーム開発のSapoは、電子商取引各社とともに、720日にHCMCで毎年開催されるモバイルEコマースデー(MEDay)を企画し、モバイルデバイスを通じての製品販売の新しい傾向や経験ついて話し合う予定である。

Sapoは、Zaloアプリを使ったオンラインマーケティングと販売ソリューションのプロバイダーであるZalo Businessと、ECプラットフォームのLazadaと共同で、「モバイルデバイスでの販売:適切な理解とパフォーマンス」をテーマにしたMEDayイベントを開催する。

Sapo Webの統計によると、33,000以上のサイトへの訪問者の60%がモバイルデバイス経由で流入している。

オンラインショッピングの情報を収集しているiPriceの報告書では、東南アジア、特にベトナムのウェブサイトへのモバイル訪問数が対昨年比で平均19%急増した。モバイル訪問は、電子商取引サイトへの訪問総数の72%を占めている。

今年初めに発表されたiPriceの調査によると、オンラインショッピングアプリのおかげで、モバイル訪問が増加し、平均コンバージョン率(サイトで何かを購入するウェブサイト訪問者の割合)は、コンピュータのほうが平均1.7倍高い。

さらに、コンピュータ上で実行される取引額は、モバイル上の取引額より820%高かった。

MEDayの主催者によると、販売各社はオンライン販売やモバイルコンバージョン率の改善方法がわからないため、多数の顧客を維持することはできないでいるという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月18日13:21

ベトナム:2019年の最低賃金、8%上昇か

例年のごとく、2019年年初の最低賃金を引き上げは、当局、雇用者、従業員代表者間の熱い議論のテーマである。

7月9日、国家給与評議会は、2019年の各地域の最低賃金の引き上げについて議論するための会合を開催した。この会合では、地域の賃金を引き上げに関して8%上昇と引き上げ自体を取りやめるという2つの選択肢が推奨された。

ベトナム一般労働組合連盟(VGCL)は、2019年に月間22万ドン-33万ドン(9.55-14.32米ドル)に相当する地域の最低賃金を8%引き上げるよう提案した。

VGCLの一員である労働組合研究所所長のVu Quang Tho氏は、提示された数字は、価格変動、労働生産性の伸び、最低賃金と最低生活の必要性の差に基づいて計算されると述べた。

また、150社の3万人の従業員を対象とした当該機関の調査によると、平均賃金は過去数年間、特に2017年に増加したと付け加えた。最低賃金要件を満たすだけの賃金を受け取っている従業員数の増加と同様に、受け取った賃金の一部を貯金することができる従業員数も増加している。

最低賃金は、地域に応じて、2018年1月1日から正式に18万ドン-23万ドン(8.07米ドル-10.13米ドル)上昇した。

しかし、最低限の生活必需品の下で賃金を持っている従業員の数はまだ改善されていない。これらは、VGCLが最低賃金を引き上げる提案で検討したい対象である。

「国家は安定した経済成長の道を歩み続けており、新設会社は事業を停止している企業よりも多い。これは最低賃金の提案にも含まれています」とTho氏は述べている。

一方、ベトナム商工会議所(VCCI)のHoang Quang Phong副会長は、2019年のほとんどの企業団体が最低賃金の引き上げ中止を望んでいると述べた。雇用者は、賃金を上げる前に技能を向上させるために訓練を受ける従業員に資金を費やすことを望んでいる。

VCCI代表の意見に応えて、最低賃金と最低生活の差を相殺するために企業が賃金を引き上げを望まない場合でも、企業は少なくとも、少数の従業員の賃金を引き上げて、インフレの変動を相殺すると同時に、労働生産性の伸びへの支出として7%増額しなければならないとTho氏は述べている。

政府代表者のDoan Mau Diep労働災害救済大臣は、決議第27号によれば、2020年までに地域の最低賃金は従業員の最低生活ニーズを満たす必要があると述べている。現在のところ、最低賃金は最低生活必需品の93%にしか達していない。その差は今後2年間で相殺される。

「2020年までに食料需要と消費者物価指数が8.4-14%上昇することに基づいて、当局は最低賃金と最低生活ニーズの差を解消するために最低賃金スケジュールを計算しなければなりません 」とDiep氏は述べている。

彼は、最終的な増加は、雇用者と従業員の間の妥協でなければならないと付け加えた。

計画によると、VGCLとVCCIは、承認のために政府に提出する最終案を発行する前に、もう一度会合して賃金を議論する予定である。

2017年12月、政府は労働契約下で雇用されている労働者の地域最低賃金を改正し、Decree No.141 / 2017 / ND-CPを発行した。したがって、最低賃金は、地域に応じて、2018年1月1日から正式に18万ドン-23万ドン(8.07米ドル-10.13米ドル)上昇した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月18日06:03

ベトナム:世界的に急成長する綿市場

ベトナムの糸輸出の増加は、特に世界最大の糸輸入国の中国への輸出が顕著となり、綿の世界的急成長市場となった。より大量の綿をアメリカから東南アジアの国へ輸出するチャンスを促進するとアメリカ合衆国農務省(USDA)の海外農業局が公表した。

「ベトナムでのアメリカ市場のシェアは3年で3分の1から半分以上に成長した。アメリカからの綿の急激な輸入は、ベトナムの記録的な2018年~19年の消費量を支え、2017年~18年に記録された輸入と使用への予測を上回る見込みである」と最新のアメリカ合衆国農務省(USDA)の報告書「綿:世界市場と貿易」で発表された。

日本や韓国に比べ低コストなベトナム紡績工場への新規または既存の外国投資は続いている。結果として、中国やインド、パキスタンなど他の輸出国は、2012年~13年と比較して実質5倍になった中国へのベトナムの糸輸出に取って代わり、これらの国の繊維産業間のリンク拡大を示している。

ベトナムは2016年~17年と2017年~今日まで、アメリカの綿の主要な輸出国であり、綿は同期間におけるベトナムへの最も価値あるアメリカの輸出農産物で、総輸出農産物額の40%以上に上る。報告書によると、8月~6月のアメリカからベトナムへの輸出記録より、この傾向は2017年~18年も続く見込み。

2017年~18年、2018年~19年の予想される第2位の輸入国であるベトナムのパワーは、20187月時点で2017年~18年のアメリカの輸出をさらに押し上げ、この10年で最も高くなった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月17日12:03

ベトナム:世界トップ5の繊維輸出大国にランクイン

ベトナムは、2018年上半期に繊維・アパレル製品の輸出総額が160億米ドルに達し、前年比で14%以上増加し、世界の5大繊維生産輸出国の1つとなった。

専門家によると、ベトナムは、加盟国との間で締結された数々の自由貿易協定のおかげで、市場拡大の機会に恵まれている。

2018年のEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の署名は、ベトナムの繊維・アパレル産業がこの市場にさらに参入することに一役買うことを期待されている。

アメリカが中国からの繊維・アパレル製品の輸入関税を引き上げる可能性が高いため、ベトナム企業が繊維製品の主要市場であるアメリカへの輸出シェアを拡大するための好都合な条件が生まれるだろう。

ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、2018年の世界経済は2017年よりも高い成長が見込まれ、国内マクロ経済は安定しているため、年末に向けての2四半期に繊維産業は良好な結果を生み出すと報告している。

この間、天然糸からの生地生産は27460万㎡に達し、前年比9.7%増加し、合成織物生産は52590万㎡と推定されている。Giang氏によると、アパレルの販売数は前年同月比21.1%増の23500万点となった。

アメリカ、環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)加盟国、EU、韓国、中国、アセアンといった主要市場への輸出は、 20171月から6月の期間よりも高い成長を示した。

しかし、Giang氏は、需要の停滞と世界の繊維市場での激しい競争の中で、この分野が2018年の現時点以降数年間に多くの困難に直面するだろうと述べた。

同氏によると、世界の繊維・アパレル需要はわずか12%しか増加しないと予測されている。

もう一つの難点は、アメリカとEUがそれぞれベトナムの繊維製品に対して17.5%と9.6%の関税を課している一方で、カンボジアやミャンマーのような他の発展途上国のものは0%であるということである。

Giang氏は、繊維・アパレル企業の輸出を促進するため、ベトナム繊維協会(VITAS)は引き続き貿易促進プログラムを実施し、CPTPPEVFTAが提供する機会を活用するための措置を導入する予定である。

Giang氏は、商工省と協力して、第4次産業革命への対応方法、企業が持続可能な発展を促進する計画を策定するための訓練コースを開催すると述べた。

企業は、生産のいくつかの段階のデジタル化要件を満たすために人材を訓練することに焦点を当てなければならない、と彼は指摘する。

アメリカ、EU、日本、ロシアなどの主要輸出市場に加えて、ベトナムの繊維・アパレル企業もまた、中国やアセアンなどの他の市場の活用に注力している。

2017年には、繊維・アパレル部門が輸出額が312億米ドルとなり、前年比10.23%増加した。

昨年、ベトナムの繊維・アパレル製品輸出は、アメリカ、EU、日本、韓国、ロシアなどの主要輸出市場へはそれぞれ7.2%、9.23%、6.1%、11.8%、56%と増加した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月16日06:02

ベトナム:ホーチミン市にて第20回国際靴皮革展示会開催

20国際靴皮革展示会11ホーチミン市で始まり、さまざまな靴用の刻印やなめしに使用する機械やテクノロジー、化学薬品、革や他の素材、靴の部品や小物、完成品が展示されている。

本展示会の出展者は26の国と地域から700以上あり、ブラジル、中国、香港、インド、イタリア、韓国、マレーシア、パキスタン、台湾などホスト国のベトナムのほかに16のパビリオンがある。

インドの革製品輸出協議会は、30を超える会員企業と出展し製品を宣伝している。

イタリア貿易促進部とイタリア履物・皮革・なめし機械製造者協会(ASSOMAC)が主催するパビリオンは、デザイナー、革製品製造用機械設備の製造者、革製品、革と履物製造用化学薬品で構成され、26のイタリア企業が参加している。

ホーチミン市イタリア貿易促進事務所所長Paolo Lemma氏は、ほとんどの参加企業はサプライヤーや代理店、駐在員事務所をすでにベトナムにもっていると話した。

Paolo Lemma氏によると参加企業は、この新興市場でのさらなる機会とベトナム企業との提携を模索しているとのこと。

「ベトナムはイタリア企業にとって重要な市場となった」。

ベトナムの履物と革産業への機械設備の輸出は昨年、3000万ユーロ(3549万米ドル)を超え2倍になったとPaolo Lemma氏は述べた。

バッグや履物産業向けCNC切断機納入業者のComelzで極東エリア担当マネージャーを務めるFabrizio Bellagamba氏は、ベトナムでの同社機械の売上は昨年40%増加し、すべての市場と比較して最高の伸びであったと話した。

ASSOMACの委員長Gabriella Marchioni Bocca氏は、過去23年、他にはない能力を持つイタリア企業が、ベトナムの革と履物産業の発展に貢献してきたと述べ次のように語った。

「イタリア企業の強みは製品の質だけでなく顧客の要求に応える柔軟性である。これは、イタリア企業の市場での競争力を増す」

展示会は第7地区のサイゴン展示会議場(SECCで国際靴皮革製品展示会やベトナム国際ミシン展も同時に3日間開催される。

革と履物製品はベトナムの主要な輸出品であり、昨年の輸出額は179.3億米ドルに達した。

今年の輸出額は195億米ドルもしくはそれ以上の増加が見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月14日09:08

ベトナム:繊維製品での韓国とのパートナーシップに明るい見通し

ベトナムと韓国は繊維部門において、技術と人材を補完する協力体制を整えることで成功を収めた。

ホーチミン市の韓国総領事館貿易参事官のAhn Seong Ho氏によれば、ベトナムと韓国の経済協力は長年に渡り実りが多かった。2017年の二国間貿易は年間で20%以上伸び640億米ドルに達した。Vietnam-Korea Free Trade Agreement VKFTA)はまもなく発効され、二国間貿易にさらなるチャンスをもたらすとみている。

韓国は技術分野に強みを持ち、ベトナムには労働力が豊富にある。これが二国間貿易の代替要因であるとAhn Seong Ho氏は述べた。

韓国企業は2017年、ベトナムの44の繊維プロジェクトに投資し、総登記資本金は17816万米ドルであった。これらのプロジェクトは最新技術を使い、特定のデザインに焦点をあてている。

韓国国際貿易協会の統計によると、ベトナムの繊維製品は2018年の当初3カ月、金額では韓国市場で34.05%を占め年率2.33%伸びた。これにより、ベトナムは繊維輸出で中国を上回りトップになった。

ベトナム繊維協会(VITAS)会長のVu Duc Giang氏は、韓国はベトナムへの海外直接投資が最も多い国の1つであり、繊維部門への投資が顕著だと述べた。

また、繊維産業におけるベトナムと韓国の協力強化のため、ベトナム繊維協会と韓国産業技術研究院(KITECH)は、数々の輸出を促進する活動、技術移転、人材育成を過去3年間共に企画してきた。

Vu Duc Giang氏は、ベトナム繊維協会と韓国産業技術研究院は今後、両国協力強化に向けた計画を策定したと話した。

韓国を拠点とするE-Land GroupFashion Sales Researchの所長であるNam Seung Il氏は、衣類の素材や機能に注視し韓国市場でのシェア拡大を目指すベトナム企業にアドバイスした。

それによれば、衣類はしわになりにくく、速乾性があり、着心地が重要で、韓国消費者は暖かさが増すので羽毛付きの商品を好むと提案した。

専門家は、ファッションは季節的傾向から流行のライフサイクルが45週間の周期的傾向に変わりつつあると説明した。結果として、製造時間短縮のため繊維製品の自動化技術が必要になった。これにより、商品を店舗に早く陳列することが可能になる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月13日12:01

ベトナム:Vinatex、14%の利益増

ベトナム繊維公団Vinatexは、今年上半期の税引き前利益が3940億ベトナムドン(1730万米ドル)に上り、対前年度比で14%増加したと発表した。

売上高は7%増の9.3兆ベトナムドン。

Vinatexの今年度の目標は利益が5%増の7870億ベトナムドン、売上が10%増の20.3兆ベトナムドン。

2018年の配当は6%を計画している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月11日12:23

ベトナム:繊維企業が環境にやさしい製品に重点

オーガニック商品は一般の商品より値段が張るので、価格に敏感なベトナムの消費者にとっては魅力的な選択肢ではないが、ある企業はこだわりを持っている。

Phong Phu Textile and Garment Companyは昨年12月、ベトナム製の環境にやさしいタオルブランドを立ち上げ、オーガニックな繊維製品を製造したベトナム企業の1つとしてメディアの関心を集めた。

Mollis Organicのタオルは100%オーガニックコットンから作られており、遺伝子組み換え生物、化学肥料や農薬などを一切使用していないと同社は強調した。

Phong Phu Textile and Garment CompanyCEO Pham Xuan Trinh氏は、オーガニック製品は製造費用が高く利益が不安定でも、当社オーガニック製品をお客様にお届けできるよう努めております」と述べた。

同社のオーガニックタオルの価格は、サイズにより6万ベトナムドン~25万ベトナムドン(2.62米ドル~10.91米ドル)。一般的なタオル製品よりも約20%高い。一方、中国製のタオルは15000ベトナムドン(0.65米ドル)で販売されている。

ベトナム消費者の大多数はオーガニック製品の重要性や利点をあまり認識していないので、同社は国内でのオーガニックタオル販売に苦闘している。

「いつかベトナム消費者がオーガニック製品の真の価値に気づいてくれることを願い、利益は低くても当社はオーガニック製品に投資し続けます。」とPham Xuan Trinh氏は話した。

同社は昨年、40億ベトナムドン(174600米ドル)をオーガニック製品の研究開発に投資した。

現状ベトナムでの綿栽培は難しいので、同社はバングラデッシュ、インド、イスラエルから原料を輸入している。

現在、同社はオーガニックタオルを日本や韓国の高所得者層向けに輸出している。

2018年上半期で同社は、1490億ベトナムドン(65万米ドル)の利益を計上し、前年同期より7%増加した。利益のほとんどは、オーガニックでない一般的なタオル製品やデニムジーンズによるものだった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月10日12:00

ベトナム:ロッテ免税店、ベトナム第2号店をオープン

ロッテグループの子会社であるロッテ免税店は、ベトナム企業と協力して、現地での足場を固める計画の一部として含まれる、ニャチャンのカムラン国際空港に新しい空港免税店を開設する予定であると、Koreaheraldがニュースレターで報じた。

新店は、ベトナム、そして東南アジアでは第2号店となり、海外全体では第7号店となる予定である。

同社は、2028年までの店舗運営の独占権を獲得しており、その規模はカムラン国際空港の新ターミナルの1680平方メートルを占めると公式に発表されている。

同事業は、ロッテが60%の株を保有する地元の合弁企業Phu Khanh Duty Freeによって運営される。Phu Khanh Duty Freeは、今後10年間で7000億ウォン(約64400万米ドル)の売上高を達成する見込みである。

ニャチャンは最近、ベトナム中部最大の観光地となり、昨年は120万人の外国人が訪れたため、その収入目標は実現可能であると見なされている。

ロッテ免税店のJang Sun-wook最高経営責任者(CEO)は、今後3年間、ハノイやホーチミン市などのベトナムの主要都市にも店舗を開設すると目標を述べた。

さらに、ダナン国際空港にある、第1号店の良好な実績もまた、彼らの自信へ追い風となっている。

ロッテ免税店は、昨年11月、ダナン国際空港でベトナム初の店舗を開設したほか、5月にパイロット貿易事業を開始した後、Phu Khanh Duty Freeとの合弁事業を開始した。これは、韓国によって運営・設立された、ベトナムで最初の免税店だった。

当時ロッテ免税店のJang Sun-wook CEOは、ベトナム市場では店舗の繁栄に、異なったサービスの提供が必要であると述べた。

The Investorのニュースレターでは、214日、ダナン国際空港のロッテ免税店が純利益で463,649米ドルを売り上げたと報じられた。

免税部門の地元企業では、南部空港サービスJSCSASCO)が25年間にわたり、ベトナムの空港サービスの分野では最も有力であると認められている。

5月現在、同社は有名海外ブランドの12000点を超える商品を販売する、国際基準にあたる20の免税店を経営していた。ショッピングエリアは、空港で最も商業的に魅力的である。伝統的な手工芸品や地元のベトナム料理など、計3万点以上の商品を誇るSASCO Shopは、観光客に楽しい買い物の場を提供している。

昨年の第3四半期の財務諸表によると、免税チェーンはSASCOの連結売上高の大部分を占めている。特に昨年の最後9ヶ月間で、同社は免税店からの収入が8180億ベトナムドン(3564万米ドル)で、月910億ベトナムドン(396万米ドル)の収益を上げた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月10日05:58

ベトナム:繊維・アパレル産業、輸出目標を350億米ドルに引き上げ

繊維・アパレル産業は、外国パートナーからの大量の受注、国内外の経済の明るい見通しのおかげで、2018年に輸出総額で年初の目標を上回る350億米ドルを見込んでいる。

ベトナム繊維協会(VITAS)副社長Truong Van Cam氏は、国内企業は今年第3四半期までの全受注を完了し、2019年に向けての長期契約を確保するための交渉を進めていると述べた。

南部経済拠点ホーチミン市の多くの繊維・アパレル企業は、今年末まで注文を受けている上、すでに2019年の最初の数か月の注文さえ受けていることを明らかにした。

「価格が下落する可能性はあるものの、今年は特に大企業からの受注が急増しています」と同氏は指摘する。

ホーチミン市縫製・繊維・刺繍・ニット協会Pham Xuan Hong会長によると、今年は一定数の注文のおかげで、今年の繊維・アパレル産業には数多くの見通しが立っている、という。

しかし、中国、ミャンマー、カンボジアなどの地域諸国との競争激化など、現地企業が直面する課題が残っていると指摘した。

輸出目標を実現するため、ベトナム繊維公団(VinatexLe Tien Truong社長は、合理的な価格で高品質の製品を創出し、時間内配達を確実にすることが、同産業の最も基本的な解決策であると述べた。

ベトナムの繊維・アパレル産業は、安価な注文を受けるべきではなく、高いスキルと技術を必要とする注文を適正価格で受け取るべきである、と彼は言う。

この問題に対する解決策は技術への適切な投資を行うことであり、労働者のスキルだけでなく、生産システム、運営管理、コンピュータ化を各段階ごとに管理し自動化することで労働生産性を向上させることが可能となる。

Truong氏は、多くの輸入業者がベトナムで大量発注を行い、ミャンマーやカンボジアなどの小規模注文を回している。ベトナム企業は生産性と競争力を高めるために新しい技術を投入していると言う。

さらに、自由貿易協定によってベトナムは輸出市場を多様化させ、原料不足の問題に取り組むことができる、と彼は言った。

Truong氏は、生産用原材料の大部分を輸入する一方で、今年繊維・アパレル産業は30億米ドル以上の糸、約10億米ドルの織物、4億米ドル相当の服飾資材を輸出していると述べた。

特に、第4次産業革命(インダストリー4.0)は、技術投資に関して企業の考え方を変えてきたとのこと。

繊維・アパレル企業は、人材育成とODMOriginal Design Manufacturing)やOBMOwn Brand Manufacturing)などの高付加価値製品を選択することによって、高品質の製品を創出する技術を使用することに注意を払ってきた。

2017年には、繊維・アパレル産業が輸出額から312億米ドルとなり、前年比10.23%増加した。

ベトナムの繊維・アパレルの輸出は、アメリカ、EU、日本、韓国、ロシアなど主要市場向けにそれぞれ7.2%、9.23%、6.1%、11.8%、56%と増加した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月09日05:58

ベトナム:若手デザイナーが伝統工芸を推進

ブリティッシュ・カウンシル主催の工芸デザインコンテストで、ソンラー省北部の山岳部出身のVi Thi Thu Trang氏が1位に輝いた。Trang氏は2014年のハノイオープンカレッジで建築学の学位を取得し、タイの民族グループの1人でもある。彼女は2015年から、タイの刺繍とモン族の蜜蝋を使った藍染めについて研究している。

工芸デザインコンテスト2017は、工芸デザインやそのビジネスを手がけた経験のある人だけでなく、工芸デザインに興味を持ったベトナムのデザインを学ぶ学生、若手デザイナー、起業家のために開かれた、これまでにないイベントだった。

Nguyen Thuy Binh氏は、6000万ベトナムドン(2600米ドル)の賞金を獲得したTrang氏に、彼女のプロジェクトである「Indie Hand」についてインタビューを行った。

 

Binh:あなたのプロジェクトについて詳しく教えていただけますか?

Trang:「交差(Giao Thoa)」というタイトルのコレクションは、コンテストに出したものが全てではありません。このコンテストでは、革新的かつ持続可能な方法を用いてベトナムの工芸部門を保存、開発するプロジェクトの立ち上げを目的としており、デザイナーと民族グループの職人を繋ぐことで一貫した生産を保証することを目指しています。

私のプロジェクトは、ベトナムの北西部のモン族の伝統的な亜麻の布と蜜蝋を復元することです。私はラオカイ省北部のSa PaにあるTa Phin Brocade Textile Co-operativeの職人と一緒に、ハノイの展覧会で展示された「交差」コレクションを制作しました。コレクションの中には、シンプルで実用的なデザインのアクセサリーや家庭用の装飾品もあります。

 

Binh:コレクション制作時、どのような困難に直面しましたか?

Trang:伝統的な模様には意味がありますが、それらを使用しませんでした。Hang Trongの民族画を見て思い浮かんだ模様をデザインしたいと思ったのです。しかし、職人たちは伝統的な技術に慣れているので、描画技術を変更するときは多くの困難に直面しました。新しい模様作りには時間がかかります。創造性も制限されてしまうのです。

Hang Trongの民族画は、昔のハノイの典型的な芸術です。私はこの種の絵に一目惚れしました。すばらしい材料と技術によって制作されています。 ベトナム紙(楮の樹皮を漉いて製した紙)は非常に薄いですが丈夫で、木彫りの技法は洗練されており、羽ペンのラインはしなやかです。明るい色と暗い色の組み合わせも美しいです。

コレクションのアイデアは自然と思い浮かんできました。優雅なHang Trongの民俗画と、シンプルな亜麻布を組み合わせたアイデアです。私は「交差(Giao Thoa)」というコレクション名を付けました。

 

Binh:国際的にも名が知られたベトナムの有力なベテランデザイナーであるMinh Hanh氏の刺繍は、伝統的な素材を使っており、革新的だとは言えませんが、あなたのデザインはどこがユニークで、どこが他と違いますか?

Trang:私のデザインは、新しいものでも古いものでもないと思います。伝統的な素材は何千年も存在しています。人々は多くのアイデアを持っていますが、そのアイデアをいかに現実のものとするかがより大切なことです。まず、創造性はコピーすることから育まれると思います。私はそれを「継承と開発」と呼んでいます。

私の作品は、常に伝統的な素材と自分のアイデアから作られています。それが私の個性だと思います。

 

Binh:タイ人の伝統的な素材をコレクションに使用することはないのですか?

Trang:タイ人の中でも、モン族と同じような織り方をする習慣があります。しかし、タイの素材は綿で、亜麻の布よりも柔らかく、滑らかで弾力性があります。綿で作られた衣服は風通しが良いのです。モン族の人々は普通の布を織り、蜜蝋と刺繍で模様を描きますが、タイの人々は織機で布を織っている間に模様を作ります。繊維の処理やそのプロセスは異なるのです。私はタイとモン族の両方の民族が住む、ソンラー省で生まれました。

だから、タイとモン族の両方の民族の素材を使っています。

 

Binh:コンテストの主催者は、受賞者に対して、プロジェクト実行のサポートを約束していますが、今後どのようにプロジェクトを進めていきますか?

Trang:私は、特に北部の山岳地方の伝統的な布織物や民族の錦織物に特別な思いがあります。地元の人々のために、雇用創出と安定した収入を目指して、消えつつある伝統工芸品を保存し、発展させたいと思っています。ブリティッシュ・カウンシルやその他の関連機関からの支援を受けて、自分の夢を現実に変えていくつもりです。

来月には自分のブランドを立ち上げ、ハノイで店がオープンする予定です。また、現在ソンラー省のVan Ho村で、綿花を栽培するタイ人とのプロジェクトを進めており、手工芸品を制作しています。自分の作品を作るために、協力関係を築いていきたいと思っています。

 

Binh:あなたがコンテストに参加したのはこれが初めてですか?

Trang:はい。工芸デザインコンテストに出場したのは初めてです。ベトナムの伝統工芸の将来について話を伝える 「工芸とデザイン」プログラムに携われることを誇りに思います。私のような若いデザイナーにとって、非常に意味があるものです。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月07日10:47

ベトナム:2018年上半期に綿輸入が25.8%急増

ベトナム商工省は2日、2018年上半期の綿輸入量が84万トンほぼ16億米ドル相当に達し、輸入量が前年比23.7%、輸入額が25.8%伸びたと発表した。

糸輸入に関しては、半期で50.5万トンおよそ12億米ドルに達し、輸入量が前年比17.9%、輸入額が34.7%増加した。

また、同国の布の輸入額は64億米ドルで17.1%の伸び、衣類と履物製品製造用の材料と小物類は29億米ドルで6.6%の増加となった。

ベトナムの糸産業は輸入綿への依存度が高く近年、増加する繊維製品の製造と輸出に対応するため原料を大量に輸入しており、最大輸入市場はアメリカであると、地元の経済学者は話した。

同国の綿輸入量は、2005年の15万トンから201713億トン近くまで急増しており、前年の綿輸入額は、41.2%増の23億米ドルを超えた。

ベトナムの2018年上半期の繊維製品輸出による収益は134億米ドルで、前年同期より13.8%増加し、輸出先は主にアメリカ、EU、日本、韓国など。

前年の繊維製品輸出の売上高は、259億米ドルを超え8.8%伸びたと商工省が発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月06日12:01

ベトナム:ウール市場の可能性を認識

繊維・アパレル産業は、長い間ベトナムの主要経済部門であり、同国の産業労働力の25%に相当する、270万人が就労している。

2017年には、ベトナムのアパレル製品輸出額が全世界の輸出額の17%を占め、1998年の13.5億米ドルから2017年には311億米ドルに達し、世界でトップ5を誇る繊維輸出国となった。

以上からも、ベトナムがなぜオーストラリア製のメリノウールの新興市場として挙げられたのか、簡単に予想がつくだろう。

ウールマーク社は5年もの間、天然繊維の使用に関心を持ちながら、質の良いウール製品を生産する可能性をベトナムで探りながら市場に進出してきた。

同社は最近ハノイでメリノウール啓発デーを開催し、それには地元や海外からの専門家、経験豊富なデザイナーや、繊維・衣服業界のサプライヤー、メーカーなど100人以上の業界のプロが参加した。

イベントでは、メリノウールの利点が強調され、革新的な方法を用いた繊維加工のガイドラインの提供だけでなく、国内企業にウール製品を紹介し、ベトナムの80社以上のサプライチェーンブランドと繋がる機会を提供した。

参加者は、CanifaIvy ModaFixxed StudiosAppeal Koreaなどのベトナム内外の有力ブランドからの経験豊富な専門家から貴重な教訓を得た。

ベトナムに拠点を置く大手小売業者CanifaNgoc氏は、オーストラリアのウール産業との関係は今後も拡大するだろうと述べた。

「持続可能なファッションは、顧客の認識が高まるにつれトレンドとなってきており、今後も広がるでしょう。

オーストラリアのメリノウールは我が社のビジネス戦略とブランドポジションに適しています。

我が社の顧客は特に製品の品質を信頼しており、ニットウェアは我が社の強みです。オーストラリアのメリノウールはこの両方の基準を満たしています。」

ウールマーク社の東半球のゼネラルマネジャーであるJohn Roberts氏は、ベトナムを貴重な可能性を秘める市場とみなし、同国で持続可能なサプライチェーンの開発に熱心に取り組んでいると述べた。

「我が社はウール製品の新しい製造サプライチェーンの開発を目指し、20126月に『アウトオブベトナム』プロジェクトを開始しました。

私たちは今、同国の80以上のパートナーとコラボしています。

ベトナムの繊維産業の堅実な背景のもと、ウールの研究と開発における我が社の伝承は、高品質で持続可能な『オーストラリアで栽培、ベトナムで加工された』ウール製品だけでなく、両国間の強いパートナーシップを作り出します。 」



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月06日06:03

トルコがベトナム製半延伸糸に反ダンピング税課税

トルコ輸入総局は、中国、インド、マレーシア、インドネシア、台湾、タイ、ベトナムから輸入されている半延伸糸(POY)に反ダンピング義務を課すという最終決定を出したとベトナム競争庁は述べている。

トルコ経済省は、201011日から20161231日まで、7か国の市場から輸入された半延伸糸について、Korteks Mensucat ve Sanayi Anonim Sirketi Companyからの請願に続いて、昨年2月に予備調査を開始した。

同省はPOY輸入額が大幅に増加し、現行のアンチダンピング措置がポリエステル繊維に及ぼす影響が減少したと結論付けた。

その結果、トルコ当局は、ベトナムから輸入された半延伸糸製品にCIF価格の8%の反ダンピング税を課す決定をした。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月05日12:01

ベトナム:Jasan Vietnam、ハイフォンの効率的な海外直接投資繊維企業

2014ハイフォン市のベトナムシンガポール工業団地(VSIP設立されたJasan Vietnam Textile and Dyeing Companyは、生産と取引において目覚しい成果を収めてい。これはハイフォン市の魅力的な投資環境を証明している

Jasan Vietnam Textile and Dyeing Companyは、中国杭州のJasanグループの子会社である。当グループは、便利な交通システム、港湾、投資家を支援する政策のため、ハイフォンを市場拡大の拠点とした。

「我々ハイフォンに投資するのは、外国直接投資企業の優遇政策があるからです。最初の4年間は所得税が免除されます。今後9年間で、私たちは減税の半分を受け取ります。会社の全従業員は、個人所得税の控除を受ける権利があります。さらに、ハイフォンは輸出活動にとって非常に便利な場所です。」と同社副所長Tran Thuy Trang氏は述べ

当初、Jasan Vietnam Textile and Dyeing Company3haを借り、VSIP1400万米ドルを投資した。 投資環境の改善により、生産規模をさらに7ha拡大し、投資総額は5000万米ドルとなった。投資許可手続に関するすべての情報は、市のポータルサイトに掲載されていJasan Vietnamと他の外国人投資家が満足しているかどうかを確かめるため、すべての投資家の質問1日以内に対処され

「もう一つの利点は、高度に熟練した労働者から職場の労働者に至るまで、従業員に非常に満足していることです。彼らは、一生懸命働こうとしています。」とTrangは述べ

現在、Jasan Vietnam1500人の従業員を雇用してい。同社は、従業員の業績、女性労働者のための特別な福利厚生制度、年間無料の旅行活動の企画、休暇や贈り物のための賞金を労働者に提供してい

「過去3年間、私はチームリーダーからグループ長に昇進しました。優れた報酬システムと便利な職場環境で、この会社で働私はうれしいですアパレル工場2担当Pham Thi Kim Hue氏は言う

Jasan Vietnamには現在、1500人以上の労働者と40人の外国人専門家が働いている。同社の多くの重要な役職はベトナムの人々によって行われてい。同社は資格のあるベトナム労働者の採用を増やし、ベトナム従業員に染色技術を指導した

現在、同社の最も重要な部門技術部門で、合計21人の労働者のうち12人がベトナム人である。今年末までに、同社の全生産段階でベトナムの労働を最大限に活用しながら、外国人経営者と専門家をできるだけ多く減らすことが期待されてい

Jasan Vietnamは、染色から輸出までの一環生産ラインを擁する唯一の企業であるJasan 12015年に稼動し、2年後にJasan 2が設立され、今年末までにJasan 3が稼働する予定である2000年の織機では、Jasan 2000万足の靴下を生産、輸出した最初の年となったTangによると、Jasan 確実に拡大し、今後の投資を約5000ドルから12000ドルに引き上げることを目指すという



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月04日06:01

ベトナム:デニム生地製造基地として浮上

ベトナムの繊維製品のバリューチェーンの中で製織は一番の弱点とされているが、デニム生地については例外で、国内生産企業の強みとなっている。

ベトナム企業や国内の外資系企業はデニム製品を生産しており、現地化比率は55~60%である。

ベトナムの大手デニム製造業者としては、Phu Cuong、Thien Nam、Viet Hong、Tuong Long、Phong Phuが挙げられ、外資系企業では韓国のHyosung、中国のTexhongがあり、ほとんどはアジアの企業である。

TCEグループはベトナムで、Vietnam Textile & Garment Group (Vinatex)とThien Nam Investment & Development JSCとの合弁事業を展開している。

繊維産業の韓国有力企業であるTCEは、ベトナムで多くのプロジェクトを展開しており、中でもナムディン省でのプロジェクトが最大である。

ベトナム企業は技術に投資をし、質の高い製品の製造に努めており、Phong Phuはニット編製造ラインに変更し、国内と輸出市場に質の高い製品を供給している。

アナリストは、ベトナムでは既に多くのデニムプロジェクトが進行しているが、デニム工場への投資はまだ続くと分析している。1年に3000万メートル供給可能なデニム製造プロジェクトが、ナムディン省のHoa Xa工業団地で始まり、ニット編み工程のすべて含む製造ラインは4000万米ドルの価値がある。

Tuong Longの製品はベトナム国内そして海外でも広く販売され、Express、American Eagle Outfitters、GU (Uniqlo)などの有名アパレル企業でも取り扱われてきた。

国内では、Phong Phu、Saigon 3、Song Hong、Vietshing、Nha Be、Viet Tien、Protrade、Blue ExchangeなどがTuong Longの主な顧客である。また、Tuong Longは日本のブランド製品を製造するアパレル製造業者でもある。

ベトナム繊維協会Vitas)の副議長であるNguyen Thi Tuyet Mai氏は、ベトナム企業はODM (original design manufacturer)とFOB製造の強化に向け、製造ラインへの高額投資に前向きである。CMT加工は高い付加価値をもたらさないとの見解を示した。

 

国外から素材を探し求めて

デニムやジーンズ産業がベトナムで発展するなか、多くの展示会や見本市が国内で企画されている。

3回目のDenimsandjeans Vietnamが6月下旬の予定されており、ベトナムとその他10ヵ国から40のデニムと小物製造者の参加が見込まれている。

Denimsandjeansの企画責任者のSandeep Agarwal氏は、過去2年ではEUやアメリカからTop Stitched、Two Tone Denim、Laser Art、Mother Earthが顧客として訪れ、今年も成功させますと語った。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月03日12:02

ベトナム:小売業界で成功の鍵となる、新たなアイデアとは

627日にホーチミン市で開かれたセミナーで代表者は、デジタルインストアを利用し、ショッピング体験を最大限に活用することが、今後の消費財分野における成功の鍵であると述べた。

DKSHSmollanの共同研究によると、ベトナムの小売業部門は順調に成長を遂げている一方、小売チャネルが急増したことで、最終消費者への到達がさらに難しくなったとDKSHベトナムの日用品部門部長Ho Mai Ho氏は語った。

また、小売業界はその増加の一途をたどる市場で、わずか10年の間に幅広いショッピングチャネルを利用して変化を遂げてきたと述べた。

さらに同氏は、ベトナムの小売売上高は引き続き拡大するだろうと指摘した。

従来の買い物方法が総売上高の約4分の3を占める一方、近年では新しいショッピングチャネルも拡大しており、今後もさらに増加する見通しである。

「1世帯あたりの規模が縮小するなか、消費需要は変化し、各家庭が一度に多くの物を購入しなくなりました。」とHo氏は述べ、さらに、ベトナム人は新しいショッピングチャネルを利用して買い物をすることがだんだん多くなってきたと付け加えた。

DKSHSmollanのフィールドマーケティングにおいて、東南アジアのビジネス開発マネージャーであるBjorn Kruizenga氏は、世界中の買い物客のうち、70%が店内で買うか否か悩んで判断し、20%が衝動買いをすると語った。

どのブランドのものを購入するかは、28%の商品が通常その店舗に入る前に決まり、さらに約25%の消費者は、衝動買いした商品は、店頭にディスプレイされたものだと気づいている。

買い物客の10人に1人は、店内で別のブランドに切り替えているという。

店内でのショッピング体験を最大限活用することは、小売業において成功の鍵である。

企業のデジタルインストアは、業績評価指標を記録するための明確なデータを提供することで買い物体験を最大限利用し、消費者ブランドの在庫管理を保証するのにも役立だったとHo氏は言う。

バリューチェーンの最後の「1マイル」におけるフィールドマーケティングは、買い物客をバイヤーに転換して顧客の販売を促進するため、DKSHにとって不可欠な要素となった。

また、日用品ブランドは市場シェアを拡大するために、新製品を発売したり、店舗やオンラインチャネルを拡大することが可能だろうと同氏は述べた。

「これには研究開発とマーケティングへの投資が重要ですが、一方でスーパーマーケットの在庫スペースは限られていることが多いのです。」

Eコマースプラットフォームの人気が高まっているにもかかわらず、日用品の売上高の大半は物理的なPOSで処理されています。」

それゆえ、小売業界では既存製品の供給を最適化し、あらゆる機会において、店舗の活用性と可視性を最大限にすることが重要だとHo氏は述べた。

フィールドマーケティングチームは、日用品ブランドと小売業者の間で重要な役割を果たしており、両者が買い物客に最適な商品を提供するのを支援している。

ベトナムのEコマース取引は、2016年の全国の小売売上ではわずか0.3%だが、今後はかなり発展するだろうとHo氏は言う。

そのために企業は、将来適切な計画を策定するためにEコマース取引へ投資を行い、調査を実施する必要があると、彼は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月03日06:01

ベトナム:韓国とアパレル製品への技術応用を強化

627日、ベトナムと韓国からアパレル産業に従事する企業が、ホーチミン市で開催されたアパレル技術会議でアパレル製品への技術の使用について意見を交わした。

このイベントは、ベトナム繊維協会(VITAS)と韓国産業技術研究院(KITECH)により企画された。ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長によれば、韓国はベトナムへの海外直接投資が最も多い国の一つであり、特に繊維部門への投資が顕著。また、ほとんどの韓国プロジェクトは輸出市場での最新の要求を満たす先進技術を備えているとのこと。

一方ベトナムは、東アジア諸国へ商品を最も多く輸出しているとGiang会長は述べた。

このイベントは、ベトナムのアパレル産業の持続的成長を促進する礎を築き、ベトナム繊維協会と韓国産業技術研究院の親密な関係を強化するとGiang会長は付け加えた。

会議では、機能性生地の現在の動向、スマート衣類工場建設・スマート供給構築・編み物工場のアーカイブシステム構築・スマート衣類工場の自動ミシン導入・生産性を向上させる3D 技術構築への提言に焦点が絞られた。

韓国総領事館貿易参事官Ahn Seong Ho氏はホーチミン市において、ベトナムと韓国は二国間貿易で、実りの多い経済協力を長年行い、2017年には640億米ドルに達し20%以上成長している、と語った。

二国間強力の代替要因について、技術面で強みのある韓国、膨大な労働力を持つベトナムと貿易参事官は強調した。

最近の動向に関し同貿易参事官は、人工知能を駆使した第4次産業革命・モノのインターネット・ビッグデータがすべての企業で注目の話題であり、それらは生産ラインをより柔軟で効果的に改良する際、重要な役割を果たすと考えている。

4次産業革命のチャンスをつかむことは、世界的な経済問題という背景において突破口を開くのに役立つだろうと貿易参事官は話した。

会議の枠組みで、組織委員会は多機能性生地の展示と、韓国アパレル企業の工場での問題を共有する目的でビジネスマッチングイベントを企画した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月02日11:59

ベトナム:繊維産業、高い成長率を期待

繊維・アパレル業界は、今後12年間で最も高い成長率を誇る分野として定義された。

今後2年間で14%、2030年にはさらに10%の成長が見込まれている。

627日にハノイで開催された第4回ベトナム繊維サミット2018で、Trần Du Lịch博士は未来が明るいと信じていた、と語った。

「アパレルと繊維は、雇用創出と輸出への貢献という点で、主要な経済部門です。ベトナムの産業には20%の雇用が創出されています」と述べた。

ベトナムのこの産業は、世界第2位の輸出高を誇り、世界第5位を占めている。昨年をみると、輸出額310億米ドル以上の商品があり、前年比10.23%の増加となった。

急速な成長率は今年も330億米ドルの売上高を見込んでいると予想されていた。

アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国などの伝統的な市場の維持に加えて、ベトナムのアパレルや繊維企業は中国、ロシア、カンボジアなどの新しい分野に拡大している。

また、石油化学工業およびその他の繊維扶助産業ならびに貿易、サービス、およびファッション業界を含む綿繊維産業の発展を促進するであろう。

「アパレル産業は、FDI誘致政策の成功に貢献しています。 FDIはアパレルと繊維の輸出回転の約60%を占めています」とLich博士は語り、経済産業化戦略では、同産業はベトナムの経済構造において重要な役割を果たした、と付け加えた。

しかし、政府の政策は企業の発展を助ける重要な役割を果たしていると述べた。 ベトナムの職業訓練政策は効果がなく、さらなる支援が必要である。

さらに、政府は、企業が株式市場で資本を動員するよう促すべきである。支援産業に関するDecree No 111 /NĐ-CPの適用を促進し、研究予算、新技術の適用、法人所得税の削減に含めるべきである。

政府はまた、中小企業振興法(SME)に基づいて中小企業を支援することにより、バリューチェーンの結びつきを促進すべきである。

商工省の輸出入部副代表、Trần Thanh Hải氏は、ベトナムが署名し交渉した新たな自由貿易協定(FTA)が、アパレルと繊維産業に利益をもたらすと語った。

2018年から2022年には、一部の製品の輸出税がゼロになり、輸出付加価値を高め、経済成長を促進する新たな機会が生まれるだろう」と述べた。

一方で、競争的な労働コストと優遇政策は、ベトナムがこの分野の投資家にとって理想的な目的地の一つになるのを引き続き助けるだろう。

しかし、ベトナムはバングラデシュ、スリランカ、ミャンマー、カンボジアなどの国々との競争力を維持するために引き続き競争する必要がある。

ViệtNam Office of Weave Services Limitedの取締役Ven Tran氏は、ベトナムは、貿易障壁が徐々に解消されるにつれて、3つの主要なメリットのおかげで、繊維製造業の強固な成長を経験したと語った。

また、バングラデシュに次いで、南部地域で2位にランクされた。このグローバルポジションは、中国を去りたい投資家にとって理想的な選択だった。

しかし、低生産性、環境規制、長いリードタイムなど、この強力な成長を維持するための3つの主な課題がまだ残っていた、と彼は述べた。

長いリードタイムは、小売業者や製造業者が顧客の期待に応えられず、原材料の管理が生産性のスピードアップの鍵であることを意味する。材料は総リードタイムの半分を占め、海外供給に関しては70%にもなる。

同氏は、リスクを考慮しながら供給方法と共通の言語を設定することが解決策であると提言した。

ECVインターナショナルとベトナム綿紡績協会(VCOSA)が共同開催したイベントは、市場をよりよく理解し、リスクを軽減し、新たな機会を特定することを目的としていた。一方、サミットは、交流、コミュニケーション、相互支援のためのプラットフォームとしても機能することができる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月02日06:03

このページのトップへ戻る