インドシナニュース

2018年03月 のニュース一覧

ベトナム:何千ものオンラインストアがFacebookのAPIブロックにより倒産の危機

FacebookAPIをブロックしたことは、Facebookを取引プラットフォームとして活用している多くのベトナムのオンラインビジネスに影響を及ぼしている。

327日、多くの大規模なファンページやオンラインサービスが、ベトナムのFacebookMessenger機能を用いて開発されたアプリケーションに問題が生じたと同時に発表した。

これにより、それらのFacebookアカウントには一時的にログインすることができなくなっている。Facebook Shopやその他サードパーティによるアプリのように、アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を使ってユーザーデータを収集するアプリは、他にはほとんど存在しない。

FacebookMessengerに接続しているベトナム開発者のアプリケーションは、2日前に動作を停止してしまいました。」と、ホーチミン市で販売用ウェブサイト構築をサポートしているプログラマーであるNguyen Thanh Tung氏は述べた。

Tung氏によると、このことによりFacebookのユーザーデータを利用するすべてのウェブサイトの機能やアプリに影響が及ぶという。

「あまりに多くの人に影響が広がっています。我々のグループメンバーは顧客一人一人に対応しなければならないのですが、何もできないでいます。」とTung氏は続けた。

ハノイにあるeコマース企業の代表者であるDoan Trung Thong氏によると、すべてのオンライン販売業者はフィードバックの効率性を高めるために、Messengerの会話管理ツールを通じてFacebook上の顧客と対話し、顧客のすべての注文やコメントをファンページ上で統合管理していたという。

「オンライン販売者は、効率性が低くビジネス向けに最適化されていないFacebookのデフォルトツールを使用しなければならなくなるでしょう。」とThong氏は続けた。

326日にFacebookは、Messengerプラットフォームを使用しているすべての開発者に対し、APIやサードパーティ向けアプリケーションに関する変更を発表した。このソーシャルネットワークではすべてのAPIをレビューし、ユーザーからのデータ収集を制限しようとしている。

この問題は、ベトナムのオンラインビジネスが、多数のユーザーとの意思疎通が可能なFacebookに大きく依存していることを示している。ベトナムの販売管理ソフトSapo.vnの最新調査によると、1000以上の小売業者のうち80%がFacebookを取引プラットフォームとして選択している。

APIのブロックは、Cambridge Analytica社が5千万人を超えるユーザーの個人情報を不正利用したというスキャンダルの後、それに対する謝罪の意を改めて示す動きです。すべてのアプリケーションをブロックしてチェックする動きは、ユーザーの権利を守ることを目的としているのでしょう。」とベトナム電子商取引協会(VECOM)のTran Trong Tuyen会長は述べた。

同様のサードパーティによるアクセスコントロールの問題としては、Facebookと同じソーシャルメディア・プラットフォームであるYoutubeが、201711月に子供たちのイメージで横暴で卑猥なコメントと共に画面の端に表示された有償広告が、ユーザーと広告主の間で抗議とボイコットの波を巻き起こし、非難の的となったことが挙げられる。

一方、FacebookAPIに関する非難を浴びているさなか、マルチメディアとメッセージングアプリのSnapchatでは、広告やその他の機能をさらに特定のユーザー向けにカスタマイズできるよう、Snapchatのユーザーデータに対するサードパーティ・アプリケーションの条件付きアクセスを可能とするサービスの提供を始める、とオンライン・ニュースサイトのThe Verge が報じた。

米国を本拠地とするビジネスを中心としたソーシャルメディア・プラットフォームのLinkedInは、2015年に非常に多くのサードパーティに対してAPIを制限することを発表し、個人が自身のプロフェッショナルな経歴、資格、および作品を紹介すること、また企業がプロのコンテンツを登録済み企業API上で展示することだけを認め、そのことが LinkedInの個人および営利企業の間の多額のパートナーシップ契約を抑えたことが後に報告された。

メディア共有プラットフォームのInstagram2017年後半に、プラットフォームのAPI上の技術的な欠陥によって、公開された人物やインフルエンサーに関するアカウントの個人情報がハッカーによって侵害され、個人のメールアドレスや電話番号が漏れて取引されたというスキャンダルに見舞われている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月31日15:50

ベトナム:国内ファッション市場規模は35億ドル、国内企業も開発進める

海外ブランドが続々とベトナム市場に参入しているが、国内ブランドにも国内市場での成功のチャンスは残されている。

ベトナムのファッションブランドの将来はユニクロ、ZaraHMといった巨大企業との競合により暗いものとなるという悲観的な見方がある。

Blue ExchangeNinomaxxPT 2000Couple TXCanifaといった国内ブランドはかつて国内市場を席巻していた。

当時すでに香港のBossiniGiordanoといった中位ブランドがベトナム市場に参入していた。Le Bao Minh Companyとのフランチャイズ契約によりMinisoもベトナムに登場した。しかしこうした外国ブランドがベトナムブランドのシェアを脅かすような事態にはならなかった。

国内ファッション市場の勢力地図を書き換えたのはZaraHMの登場だった。2月のテト前にはZaraHMの店舗前には入店を待つ長い行列ができた。

市場分析会社BMIによる2017年第2四半期の報告書によると、ベトナムの消費者は外国ブランド品の購入により多額を費やす傾向がある。ベトナムのファッション市場(衣類、履物類)の規模は2018年に38億ドルとなると推測されている。そのうち、35億ドルが衣類への支出である。

海外企業の受託生産を主に行うベトナムはファッション産業においては重要な国と見なされてはいなかった。しかし、業界専門家はベトナム国内市場においては国内ブランドに優位性があり、海外ブランドにも負けないと考えている。

ベトナムのファッション企業は国内での販売ネットワークを拡大し、マーケティングキャンペーンを行うことで国内市場での地位を固める必要がある。

北部で人気のあるCanifa2000年に知名度を上げ、2007年には子供向け製品のマーケティングを開始した。最近ではメディアを使ったキャンペーンにさらに多額を投じている。CanifaProject RunwayVietnam Next Top Modelといった人気テレビ番組のスポンサーとなっている。

CanifaDoan Thi Bich Ngoc CEOは、ファッション企業の弱点は店舗の多くが大都市圏にあり、販売網が限定されていることだと話す。

Couple TXブランドを所有するTruong Thang 社のNguyen Thi Kim Xuyen会長は、同社の2018年の優先事項の一つはフランチャイズ契約により60店舗まで拡大することだと話す。

LeFlairChu Phuong Doan は、現在ベトナム市場には国内企業による数多くのブランドが登場していると話す。こうした企業の多くがFacebookでの販売に始まり、店舗を開くに至るという。今日では5店舗以上を要するブランドも珍しくないという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月30日15:35

ベトナム:Saigontexへの参加企業数が過去最高となる見込み

ホーチミン市で411日から14日にかけて開催されるベトナムサイゴン繊維・アパレル産業展示会(Saigontex 2018)に国内外から1100社以上が参加登録を行っている。

中国、カナダ、ベルギー、フランスをはじめとする20ヶ国・地域から参加する企業は31000平方メートル以上の展示スペースで製品やサービスの展示を行う。

Saigontex 2018はベトナムの繊維・アパレル産業にとって先進国で生産された最先端の設備や機材の調査や調達を行うまたとない機会となる。これにより、原材料や新技術に関する投資計画の作成や、国内外の顧客の要求への対応、製品の付加価値向上、国際的な統合プロセスの途上にあるベトナムの繊維・アパレル産業の発展が促進されることになるだろう。

展示会は国内企業の生産需要に対応するための新技術や機材の紹介のみならず、縫製企業やファッションデザイナーにとっては開発と新たな試みへの投資を推奨する機会ともなるだろう。

展示会ではまた、ファッションデザイン研究所(FADIN)のデザイナー、Thanh DanhVu Viet HaTuan NguyenPhuong Traや著名ファッションブランドBelluriCorporation 28)、Toan Thinh SilkToan Think silk textile company)、F.HousePhuong Dong Garment JSC)、THECOSMOthe Cosmo Vietnam)、HandeeHandee Company Ltd)、V-SIXTY FOURViet Thang Jean Company)のコレクションが発表される予定。

繊維・アパレル産業は近年のベトナムの輸出成長に大きく貢献している。昨年の輸出額は310億米ドルに達し、ベトナムの総輸出額2130億米ドルの中でも大きな位置を占めた。こうした展示会には国内外の企業から大きな関心が寄せられている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月30日10:51

ベトナム:靴工場Pou Chen社の労働者らが給与体系変更でストライキ

324日、ドンナイ省Bien Hoa市にある靴工場Pou Chen社の何千人もの労働者が、同社の新しい給​​与政策に抗議するために集団で職場放棄した。

324日の朝、Pouchen Vina社の第一シフトの労働者と事務スタッフが、会社の方針に抗議するために、一斉に作業をやめた。数千名のスタッフらは国道1号線を跨ぐ歩行者用橋を渡り、一帯の交通は麻痺した。当局は状況を安定させるため出動した。

原因は、Pouchen Vina社が2019年初に給与を調整する給与改革の仕組みを実施したことと見られる。同計画によれば、同社は事務スタッフと工員らに対して2回に分けて給与体系変更の説明を行った。1回目は、31日から15日までで、約1600人の事務スタッフ向け、2回目は319日から331日にかけて、約17000人の労働者向けに実施する予定だった。

319日から323日までの実施期間中、約60%の労働者が合意し、残りの40%は同意しておらず、新しい賃金体系を実施しないことを求めた(現在24段階に分かれている分類を1015段階にするという内容)。多くの労働者が新しい給与体系について不満を表明し、反対した。

状況を安定させるために、同日に、Pouchen Vina社は、給与改革の計画を廃止し、従業員の方針と給料を従来通り維持すると発表した。正常に戻り、労働者は職場に戻った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月28日17:00

ベトナム:新TPPは繊維・アパレル産業に利益をもたらす

包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)は、これまでのTPPで作られた開放市場へのコミットメントは変わらず、ベトナムの繊維・アパレル製品、食品・飲料産業に利益をもたらすと期待されている。しかし、利益はTPPの場合よりも低くなる。

ドナルド・トランプ米大統領は昨年選出された後、TPPから撤退した。

日本は、ベトナムの繊維・アパレル産業で年間2番目の輸出市場であり、年間成長率は23%である。ベトナムからの衣料品輸入量は、中国からの衣料品輸入量(6%対65%)よりもはるかに少ない。しかし、ベトナムの新聞によると、中国の輸入が減少傾向にあるのに対して、日本の輸入は特恵関税のため上昇しているという。

CPTPPは生産と輸出を増やす機会がTPPほどではなく魅力に劣るが、それでも、輸出の多様化のレベルを上げることが期待されている。

世界銀行はCPTPPがベトナムの国内総生産が2030年までに1.1%増加するのを助け、CPTPP諸国への輸出高はベトナムの輸出総額の25%になると推定している。

このうち、食品・飲料、履物、繊維・衣類などのベトナムの重要な事業分野は、輸出高がそれぞれ101億米ドル、69億米ドル、5億米ドル増加すると見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月26日17:27

ベトナム:Do Trinh Hoai Namがデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選出される

ホーチミン市で開催された第5回アオザイフェスティバル2017において、ハノイ出身のDo Trinh Hoai Namがデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

3月初めに開催されたフェスティバルの開幕イベントでは、彼のアオザイコレクション、「黄金の蓮(Sen vang)」と「私が見る世界(The gioi nhu toi thay)」が発表され、多くの観客を魅了した。

これらコレクションのデザインには金で装飾された文様が含まれ、各作品の価格は1万ドルから2万ドルとなっている。

フェスティバルに先立ち、Namは世界的規模のファッションイベントであるニューヨーククチュールファッションウィーク(98日)、パリファッションウィーク・オートクチュール2018123日)にも参加している。彼のコレクションは初めてこうしたイベントでのキャットウォークで披露された。

彼の「Women in love」コレクションもパリファッションウィークで強い印象を残した。このオートクチュールコレクションは女性の心奥に隠された美を追求するNamのスタイルを反映している。

ハノイで生まれたNamのファッションへの興味は13歳の時に生まれた。

彼は手工芸品で知られる故郷のXuan Dinhでテイラーとしてのキャリアをスタートさせた。2013年にベトナムデザイン研究所によるベトナムコレクショングランプリ2014を受賞し、またメルセデスベンツアジアファッションウィーク2014のファイナリストの1人となったことから、彼の知名度は急上昇した。

Namはこれまでに国内外の主要ファッションイベントに参加している。彼のアオザイコレクションはベトナム人同様、外国人をも魅了している。

彼は映画スターやポップアイドルのための衣装デザインも行っており、縫製・ファッション企業に加えモデルエージェンシーも所有している。ハノイおよびベトナム北部にある店舗では80ものデザインのアオザイとアクセサリーを見ることができ、毎年新たなコレクションがさらに追加されている。

彼のエレガントかつ人目を惹くアオザイは高品質のシルク、サテン、綿や麻を利用しておりグラマラスな魅力がある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月23日12:01

ベトナム:ドンナイ省人民委員会が破綻企業の社会保障負担金の未払い分を補填

ベトナム南部ドンナイ省の人民委員会は311日、縫製企業労働者の社会保障のため、予算から14億ドン(61500ドル)を支出することを決定したと発表した。

KL Texwell Vinaの経営者は韓国に逃亡している。

人民委員会のNguen Hoa Hiep副会長は、この支出はKL Texwell Vinaの労働者が失業保険給付を受けることを可能にするためのものだと説明した。

KL Texwell Vina100%韓国資本で、201512月にベトナムで資本1000億ベトナムドン(44億米ドル)として事業登録を行い、1928人を雇用していた。

給与の遅配に加え、同社従業員の社会保障負担金も昨年8月から未払いと報じられている。未払金の総額は175億ベトナムドン(771700ドル)以上に達する。

先月、ドンナイ省人民民委員会は、委員会予算から70億ベトナムドンを支出し、労働者らがテト(ベトナムの旧正月)休暇に帰省できるよう、同社の労働者2000人に給与の支払いを行なった。

212日、労働者らはKL Texwell Vina 1月分給与の半額を受領した。彼らにはさらにベトナム総合労働連盟、ドンナイ省労働連盟、祖国戦線委員会からの支援として、60万ベトナムドン(26.4ドル)も支給された。226日、労働者らはテト休暇の後に仕事に復帰したが、経営者は戻らなかったという。

同社が社会保障負担金を支払っていなかったことから、多くの労働者、特に妊娠中の労働者は、社会保障を受給できないことを心配していた。

先週、人民委員会のワーキンググループと同社の労働者数百人が、問題解決のための話し合いを行った。

ドンナイ省労働連盟のNguyen Thi Nhur Y副会長は、KL Texwell Vinaの従業員は多大な困難に直面していると述べた。

Y副会長は、連盟は妊娠中、あるいは高齢の労働者をリストアップし、省内の他の企業に受け入れを打診していると述べた。これまでに、15社が安定した賃金での労働者の受け入れに合意したという。

これまでにもワーキンググループは従業員らの問題の解決を図るために同社を訪問していた。ワーキンググループは労働者らに退職願の作成を指示し、労働契約の終了と社会保障口座の閉鎖の仕方についてアドバイスを行なっている。

ドンナイ省労働連盟の労働組合法律支援センターは、KL Texwell Vina社の機材やその他の資産を売却し労働者の未払い給与や賞与に充当することができるよう、同社に対する法的手続きを開始した。

 



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月22日14:36

ベトナム:アマゾンが国内eコマース市場に参入

Amazonがベトナム市場での詳細な戦略を発表する。

Amazonの開発戦略はまずハノイ市、続いてホーチミン市で開催されるベトナムオンラインビジネスフォーラムで発表される。フォーラムではオンラインショッピングの傾向、税の管理、新技術などが議論される。

Amazonは今月、ベトナム国内の中小企業にプラットフォームを提供し、急速に発展しつつある同国の小売市場に参入する。

米国のeコマース大手Amazon314日、ハノイ市で開催されるベトナムオンラインビジネスフォーラムでベトナム電子商取引協会との契約を締結した。Brand Finance Global Rankingによると、この契約は昨年の同フォーラムで協会とAmazonの間で協議されていた。

Amazonは今月、ベトナム国内の中小企業にプラットフォームを提供し、急速に発展しつつある同国の小売市場に参入する。

ベトナム電子商取引協会によると、ベトナムのeコマース市場は25%成長し、今後3年間はこの成長が続くと期待されている。オンライン小売業の売り上げは2020年までに100億米ドル、小売市場全体の5%に達すると予測されている。活況のベトナム市場には世界的な大手企業がすでに参入している。

昨年11月、中国のeコマース複合企業Alibabaがベトナム決済公社(NAPAS)と契約を交わし、中国人観光客がベトナムで公社のオンライン支払いプラットフォームを利用できるようになった。

この契約はAlibabaの創設者Jack Maが電子決済についてのフォーラム出席のためにハノイを訪問した直後に実現した。Alibaba2016年に10億米ドルを投じてシンガポールのオンライン小売大手Lazadaの経営権を取得し、東南アジア地域への拡大を図っている。Lazadaはシンガポールに加えマレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムでも営業している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月21日12:07

ベトナム:改革により成果主義の賃金体系へ移行の可能性も

ベトナム労働傷病兵社会問題省によると、企業は今後、これまでの年功序列の給与体系から成果主義に移行し、労働者間の賃金格差を縮めていく見込みだという。

これは、労働法施行政令(49/2013)の修正案として労働傷病兵社会問題省が提案した、賃金表や給与計算に関する規制の一案である。

当省によると、各賃率間に少なくとも5%ある現行の賃金格差が、企業の給与方針や賃金表、給与計算に影響を与えており、市場メカニズムにも合っていないという。

規定の格差を作り出すために、多くの企業は年功序列の賃金表を作成している。若年の労働者と仕事内容は大差ないにも関わらず、熟年の労働者に対しては通常、23倍高い給与・社会保険料を支払わなければならない。結果として、多くの企業が熟年労働者を解雇し、若年の労働者を雇用している。

こうした現行の規定の代わりとして、当省は2つのオプションを提案している。

一つめのオプションは、各賃金率間に定められている5%の賃金格差を撤廃するというものである。

企業や労働組合はこれの代わりとして、成果や役職をベースとした賃金の策定を協議することになる。

しかしながら賃金率間の賃金格差は、労働者の専門・技術スキルの向上や、経験の蓄積、能力の成長を促すものである。このオプションでは企業の自主性を促すものの、労働者の利益は危機にさらされることになるであろう。

二つ目のオプションは、賃金格差を改定し、5%から3%に縮小するというものである。これに基づき、労働者の利益を保護するための最低賃金を国が策定することが可能になる。しかしながら、企業側の賃金表や給与計算の構築という面では制限が設けられることとなる。

現在の労働市場の状況や労働組合のキャパシティを考慮すると、本オプションの導入にはロードマップが必要になると当省は考えている。なお、労働傷病兵社会問題省は二つ目のオプションを推奨している。

専門家や企業からは、当改定案に対する意見が上がっている。

国会社会委員会のBui Sy Loi副議長はこの改定案を支持し、給与体系が各労働者や企業の成長の阻害要素となってきたと「今日の農村(Nong thon Ngay nay)」紙に語った。年功序列の給与体系がネックとなり、成果を出している者にもそうでない者にも同じ額の給与が支払われてきた。

フンイエン省経済団体の長でもあるHung Yen縫製株式会社のNguyen Xuan Duong会長は、給与格差を5%以下に縮める又はそれを撤廃するという規定が定められれば、企業が給与計算法を自主規制する環境が生まれるだろうと述べた。

これは、企業が全労働者の賃金を上げるのではなく、生産性の高い労働者のために賃金基金を使うようになることを意味する。

雇用専門家のNguyen Thi Lan Huong氏は別の見解を持っている。政策立案者のように、経験の蓄積が重要な職種については年功序列の給与体系が必要であるとHuong氏はいう。

労働組合長のVu Quang Tho氏は、労働者の賃金が低すぎることを指摘している。給与が上がる度にもらえるのはほんの数万ドンであり、飴を一袋買うのにやっとの金額である。新しい賃金差額である3%では、労働者の生活はごく厳しくなるだろうとTho氏は述べた。

労働傷病兵社会問題省のPham Minh Huan前副大臣によると、現行の規定により多くの企業が経済的負担を背負わされているという。基本給与が上昇し続けているため、生産性自体はそれほど向上していないにも関わらず、年功の給与は年々上昇している。

改定案は、年功序列に基づく給与計算の排除を目的とするものではないとHuan氏は言う。二つ目のオプションは現在はあまり行われていない労働者・雇用者間の交渉を活性化させるものであるため、このオプションが良いであろうとHuan氏は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月21日08:59

ベトナム:2018年、見通し明るい皮革・履物産業

2018年、ベトナムの皮革・履物産業は好材料の恩恵を多数受け、受注量の増加や市場シェアの拡大が見込まれている。

ここ数年、皮革・履物製品はベトナムの主要輸出品目トップ5として、一定の存在感を持ち続けてきた。産業全体の輸出額は昨年、対前年比10.7%増の180億米ドルに到達し、幅広い種類の製品が世界各国に輸出された。

ベトナム皮革・履物市場にとって最大の輸出市場はアメリカであり、合計輸出売上高の34%を占めている。欧州連合(EU)、韓国(RoK)、日本、中国がそれに続く。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso)によると、2018年は皮革・履物産業にとって好条件が期待できる年であり、産業全体は前向きとなり、想定目標の達成も実現する見込みであると言う。

具体的には、2018年半ばに締結が見込まれているEU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)がある。

ベトナム最大の強豪国である中国と比較した際に、ベトナム製品はEUへの輸出時に関税で3.5%4.2%の差を享受することになり、競争面でかなり有利になる。協定の施行時に税率がゼロに引き下げられるのである。

さらに全米製作者組合(PGA)も、ベトナムから輸入される履物・繊維製品を多数含む、輸入品目の関税を引き下げる新税制法案制定を加速化させている。

アメリカのスケッチャーズ・グループは、ベトナム国内で2万名の雇用を伴う、大規模プロジェクトへの投資を検討している。

昨年は静かだった皮革・履物産業であるが、本プロジェクトが投資資金を惹きつける新たな波を生み出すのではと期待されている。

スケッチャーズの昨年の流通量は2億点以上であり、投資先を中国からベトナム移行させる計画を立てている。同社は南部の都市や省に精力的な投資を行なっており、北部への投資拡大も視野に入れている。最初のプロジェクト候補地として上がっているのがハイズン省で、投資規模は70万から10億米ドルにも達する見込みである。

Lefasoの代表者によると、ベトナムの皮革・履物事業は今年こうした好条件とは別に、第4次産業革命(インダストリー4.0)や生産性の向上など、いくつかの課題にも直面するだろうと言う。

自動化については、皮革・履物企業の20%のみが小規模ベースで着手しているだけで、75%は自動化への投資が難しいと言う。この分野への投資を計画している企業は5%にも満たない。

その他、一部諸国で導入されている保護政策がベトナム皮革・履物産業にとって大きな問題となる見込みだ。

例えば、イギリス(UK)のEU離脱の決議はベトナム皮革・履物製品の輸出に直接的な影響を与える。

企業は労働資源が豊富な地域に工場を移転させることで人件費・生産コストを下げ、生産活動を予見し、製品の付加価値を高めるために裾野産業の発展への継続的な投資を行い、競争力を高めるようLefasoは推奨している。また企業は、低価格の製品ではなく、中・高価値の製品を生産することにより、競争優位性も高めるべきである。

ベトナム皮革・履物産業の2018年の目標は輸出額ベースで200億米ドルと、2017年から10%の成長を目指している。この目標を達成するためにも、Lefasoは、事業の生産活動関連の政策策定に関する政府機関のコンサル業務に力を入れていく予定である。

同時にLefasoは、ローカライゼーション率の向上や持続的な発展を維持すべく、国策の普及や皮革・履物製品の原料生産の産業に対する国内外の投資の誘致も行っていく予定である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月19日12:23

ベトナム:消費者苦情によりLazadaに捜査(後)

(前編より)



虚偽のプロモーションと不正価格

dantri.com.vnによると、Lazadaは顧客を惹き寄せようと、故意に虚偽広告を行なっていたという。

2017414日、Lazadaは黄色のスマートウォッチ「Uwatch DZ09」を革時計のおまけ付きで販売すると広告していた。D.H.T.さん(ハノイ市Thanh XuanNhan Chinh地区)この商品を1点注文し、注文確定のeメールを受け取っていたという。

商品は418日に配送され、D.H.T.207000ベトナムドン(9.1米ドル)を支払った。

しかしながら、おまけのアイテムはプラスチックストラップの時計であったという。

D.H.T.さんLazadaのカスタマーサービスに電話をかけたところ、プロモーションが間違っていたことを告げられた。その時点でも広告は誤ったままであった。

2016年末には、H.D.S.さん(ホーチミン市Nha Be区)が43インチのLGスマートテレビ(型番43LH605T)をLazadaToan Linh Electronicsで注文した。

その日はLazadaの中でも最大のオンラインプロモーションを行っていた日で、商品の価格は910万ベトナムドン(400 米ドル)から560万ベトナムドン(247米ドル)に引き下げられていた。顧客の注文は滞りなく処理され、カード決済を行なった後にLazadaからは注文確定のメールが配信された。商品は1214日から17日の間に配送されると説明されていた。

しかしながら商品は届けられず、Lazadaに電話を何度もかけても結果は同じであった。

1219日に顧客がLazadaから受け取ったメールによると、配達が正しく行われず、商品はLazadaに返品されたとのことであった。

H.D.S.さんがこれに対し苦情を申し立てると、価格が間違っていたため商品は配送されなかったのだとLazadaは謝り、テレビに使うことができる100万ベトナムドン(44米ドル)のクーポンを提示した。

しかしながら顧客はこれを受け付けず、責任者と協議を行ったが、決定が覆されることはなかった。

憤慨した顧客はLazadaの経営が弱く、顧客に対する悪意を持って間違えを侵していると指摘している。



在庫にない商品の販売と顧客放置

2016年末にも同様、ハノイThanh Xuan区のN.T.Sと名乗る顧客が32GBのメモリーカード付きのミニWiFiカメラを発注したが、配送された商品にはメモリーカードが付属していなかったとdantri.com.vnは報じている。

顧客はカスタマーサービス部門に連絡し、メモリーカードが配送されなかったことを確認した。

半月後にLazadaのサプライヤーが顧客に連絡を入れ、メモリーカードの発送を確約したが、その後顧客はサプライヤーと連絡が取れず、Lazadaは約束し続けているだけである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月17日12:09

ベトナム:消費者苦情によりLazadaに捜査(前)

Lazadaの商品やサービスの質に対する多数の苦情を受け、ベトナム商工省は「商法の遵守」及び「消費者の利益保護」に焦点が当てた捜査を開始した。

配送の遅れや広告と実商品の明らかな違い、注文の自動キャンセル、割引に関する虚偽の広告、インボイスの欠如、新品であるはずの商品が中古であったなど、ベトナム競争庁(VCA)は2017年中、Lazada.vnの商品やサービスの質に関する苦情の手紙を多数受け取った。

ベトナム競争庁(VCAの要件・ガイドラインの施行により、Lazada2017年末までに41あった消費者の苦情の内、40を調整・解決した。残りの一件については現在協議中であるが、現在までに双方は合意に至っておらず、訴訟に持ち込まれる見込みである。ベトナム競争庁(VCAによると、捜査結果は近日発表される予定であるという。

Lazada2012年よりベトナム国内で運営しており、よく知られたECプラットフォームへと成長を遂げている。しかしながら度重なる苦情により、ベトナムの人々からの信頼を徐々に失いつつある。



誤商品販売、責任回避、注文キャンセル

ICTNewsが報じた最新の事例を見てみよう。20181月後半、ニャチャン市の消費者TrieuさんLazadaでズボンを2組注文した。受け取った最初の一組みには損傷が多々見られ、二組目はまだ配送されていない。

損傷がある最初の商品を受け取った後に顧客はLazadaのホットラインに電話をかけ、代替品を要求したが、配送後7日間以内の返金保障があるにも関わらずLazadaは商品の交換を拒否した。長期に及ぶ苦情申し立ての後に、Lazadaは非を認め、5万ベトナムドン(2米ドル)のクーポンを発行した。

一方で顧客は2組目の商品を配送するよう求めていたが、Lazadaはそれに対する反応を示さなかった。

Lazadaは大企業ですが、労働倫理は壊滅的です。消費客に尊敬の意は示さないし、苦情に対する反応も遅く、解決しようとする意思が見られません。これまで何週間も待っていて、疲れ果て怒りすら感じています。Lazadaは私の時間を無駄にしています。」とTran Van Trieuさんは苦情を申し立てた。

20174月にはN.V.Qさん(ホーチミン市2区)がGicoly電気ドリル139点とブレード数点を単価104000ベトナムドン(4.6米ドル)で購入し、クレジットカードで決済した。N.V.Qさんは決済後にLazadaホットラインに電話をかけ、発注の確認も行なっていた。

しかしながら同日の午後、値段が誤っていたとしてLazadaは注文を突然キャンセルした。

システムのアップグレードに伴い間違った値段が表示されており、該当のアイテムを販売することができなかったとLazadaの販売員は説明している。

注文は双方の承認を受けたものであり、取引は成立していたため、Lazadaはそれを遂行する責任があると顧客は反論している。注文のキャンセルは小売店にとって全くプロフェッショナルなものではない。



(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月17日06:08

ベトナム:Lanh My Aシルクの不確かな未来

美しく伝統的な価値を持つベトナムのLanh My Aシルクであるが、後継者不足の影響もあり、今後の見通しについては不透明なままとなっている



盛衰

最高級のシルク繊維から織り出されるLanh My Aは、ベトナム南部アンザン省のTan Chauシルク村で生産されている。

この周辺地域は、桑栽培、育蚕、Lanh My Aシルク織が盛んであった1950年代〜1960年代に栄えた。

「青年(Thanh Niên)」紙によると、 村の産物は近隣の省に売られ、カンボジアやラオス、フランス、さらにはその他ヨーロッパ諸国に輸出されたという。

しかしながら1970年代に合成繊維の人気が高まると、職人のTam Langも含めたTan Chauの村人の大半は、収入を確保するために、純シルクから合成繊維やその他の繊維へと切り替えた。

Nguyen Van Long、別名「Tam Lang」は、Lanh My Aシルクの生産に最も精通した、有名な職人の一人である。Tam Langmac nua(シルク染色に使われる黒檀色のフルーツ)の取引に20年間、シルクの生産に40年間携わっていた。

1990年代にRoseと言う名のフランス人女性がこのユニークな布地に興味を持ち、昔のビジネスを再開するようTam Langを説得するまで、Lanh My Aシルクは放棄されたままであった。

RoseLanh My Aシルクの品質を高めるための基準を制定し、フランスや香港、そしてその他の国に毎年輸出を行なった。



Lanh My Aの生産

Tam Langの息子であり、後継者でもあるNguyen Huu Triによると、天然のシルクの生産にはとても手間がかかり、完成には1ヶ月以上を要すると言う。

Lanh My Aは、織った後にmac nuaの果実で染色されると言う独特の製法に基づいて生産された天然のシルク生地で作られている。

手摘みされた果実はすり潰され、独特な美しい黒色となる。これが水と混ぜられ、染色に使われる。

シルクは染色の過程で何度も乾燥され、朝から晩まで45日間天日干しした後に丸められる。それを打ち固めることによって輝きが増し、丈夫になる。糊付け・軟化過程を経て、Lanh My Aは最終的な形となる。

Lanh My Aが特別とされる要因は3つあるとTriは言う。シルク100%であること、mac nuaの実を染色に用いると言うこと、そして最も難しいとされるサテン技術を用いて織られていると言うことである。

デザインの上で高まる需要を受け、Lanh My Aシルクは現在、琥珀色や灰色といった色でも提供されている。

ベトナムを代表する高価なシルクであるにも関わらず、mac nura果実や熟練の技師の減少に伴い、Lanh My Aは絶滅の危機にあるとTriは言う。

mac nuaは、摘果の12日後にも樹脂の状態が良い、旧暦6月から12月にかけての期間だけ入手可能である。

食物栽培のためにmac nuraの木の多くは伐採されており、Lanh My Aシルクの生産のための資源が十分にないのだとTri氏は説明した。



今後の使われ方

Lanh My Aシルクはここ数年、様々なファッションショーで紹介されている。Lanh My Aシルクの未来をビジョンとし、若手デザイナーの100以上のデザインにスポットライトを当てた「The Dreamers」コレクションもそのうちの一つである。

ローカルなショーの他にも、東京ファッションウィーク16では著名なファッションデザイナーNguyen Cong Tri氏が「No 9 Luna」コレクションで Lanh My Aシルクを採用したことで、国際的な注目を浴びている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月16日06:02

ベトナム:繊維産業、2018年の成長目標は10%

ベトナムの繊維・アパレル産業は、世界市場では大きな課題があるが、2018年に10%の成長を目指しているとベトナム繊維公団のLe Tien Truong社長は語った。

この目標を達成するために、業界では製品の品​​質を改善し、納期を合理的な価格で確保して競争力を強化する。

テクノロジーの使用は、ITベースの管理および労働者のスキル工場のみならず、自動化の推進がを高めるために強化される。

Hung Yen Garment CorporateNguyen Xuan Duong会長は、輸出価格が下落し、生産コストが増加する一方で、繊維産業が直面する課題を強調した。

Duong氏によると、企業はより生産的になり、経営を改革するための措置を講ずる必要がある。

ベトナムの繊維・アパレル産業は、中国、ミャンマー、カンボジアを中心に、2018年に大きな挑戦と激しい競争に直面することが予想される。

今年上半期の輸出額は、前年同期比22.3%増の43億ドルだった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月15日10:54

ベトナム:ハノイにてイオンモール・ハドン店が起工式

日本の大手ショッピングモール開発イオンモール(AEON MALL Co.Ltd.)は、イオンモール・ハドン店の起工式を行った。建設はすぐに正式に開始され、2019年開業予定。

イオンモール・ハドン店は、ベトナムでイオンモールが投資する5番目の店舗で、ハノイではイオンモール・ロンビエン店に次いで2番目のモールとなる。

このプロジェクトは、20176月、ハノイ市人民委員会委員長Nguyen Duc Chung氏が東京都内で投資許可を交付した。

イオンモール・ベトナムの岩村泰嗣社長は、「イオンモール・ハドン店はベトナムでのプレゼンスを高める重要なプロジェクトです。私たちは、地域社会に貢献するための専門知識、経験、情熱をもたらし、ここでは地域開発と協力して成長することを約束します。イオンモール・ハドン店は、私たちの既存のモールと同じミッションを帯びています。誰にとっても人生の楽しさを高めるために、楽しく興奮している場所として設計されています」と述べた。

ハドン地区はハノイの西部に位置し、大きな幹線道路が走っている。また、ベトナムでは、ハノイ市街やハドン市街地と都市鉄道を結ぶベトナム初のBRT(バス高速輸送)を含む新しい公共交通ネットワークが建設中である。ハドン区はハノイの中でも人口増加が目立っている。

イオンモール・ハドン店は、ベトナムでイオンモールが投資する5番目の店舗で、ハノイではイオンモール・ロンビエン店に次いで2番目のモールとなる。

また、モール建設地周辺では、高層マンションや高級住宅地など多くの住宅開発プロジェクトが進行中であるため、この地域の人口は今後さらに増加することが予想される。

ハドン区は伝統的に絹の工芸品で知られており、新店舗はその特徴を継承し、「ハトンの未来を編む」というコンセプトで、地元の人々に最新のファッションと充実したライフスタイルを提供し、地域のモールになることを願っている。

イオンモールはライフデザイン開発者として、ユニークなショッピングモールモデルを開発することで、地元の中間層の人口拡大に焦点を当てた将来の生活を創造していく。駐車場、自然環境に配慮したデザイン、便利な設備、エキサイティングなエンターテイメントなど、様々なライフスタイル機能を提供することで人々のつながりを広げ、地域の文化を育み、人々の生活の質を向上させる。

イオンモール・ハドン店はこの哲学の次なる証明となるだろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月14日12:09

ベトナム:韓国人雇用者に見捨てられた労働者に雇用を保障

賃金未支払いのまま雇用者が逃亡してしまった不運な労働者達を受け入れることに対し、15企業が合意に至った。

旧正月を目前に、韓国系の雇用主が1月分の賃金を支払うことなくベトナム国外に逃亡した事を受け、Texwell Vina社の労働者は膠着状態に陥っていた。

それに伴い、南部ドンナイ省の関係当局は地元繊維工場の労働者約2000人の利権保護の手配を行なっていたのだ。

規定に従ってTexwell Vinaとの契約を終了し、他の会社にそれを適用させることが労働者を救うことになるだろうと、月曜に開催された省内の人民委員会との会議にてドンナイ省労働組合は説明した。

15の企業が労働者の受け入れに合意しました。明日の朝、人事担当者達がTexwell Vinaに来社し、申請を受理する予定です。」と組合長は述べた。

先月初め、Trang Bom地区、Bau Xeo工業ゾーンにあるのTexwell Vina工場の周りに、賃金の支払いを求める数百もの労働者が数日間に渡って集会を行ったことにより、危機状況にある労働者が新聞の見出しを飾った。抗議者達は省の関連当局に対し、労働者の未払い給与の半分に充当する70億ベトナムドン(308000米ドル)を支払う様要請した。労働者はそれを持って故郷に帰り、旧正月(テト)を祝うことができる。

しかしながら工場の経営者は旧正月が終わった後もベトナム国内に戻ることはなく、ホーチミン市内にある韓国領事館は関連当局に対し、韓国国内にある工場の親会社が同じく閉鎖されていることを説明した。

テトを目前にして、労働者に対するホリデー・ボーナスの支払いを避けるために雇用者がベトナム国外に逃亡するというケースは、南部の工業ゾーンではこれが初めてではない。今年初頭、サイゴンの繊維会社では韓国人経営者が姿を消した事を受け、600人以上の労働者が賃金を求めて1週間以上もストライキを行った。

ホーチミン市労働連盟によると、20181月時点で、少なくとも5つの事業が約900名の労働者に対する2017年以降の賃金・社会保険料を未支払い状態であり、こうした労働者はお金が足りないことから216日から始まった旧正月(テト)を祝うことができない状態であるという。

それ以外にも200のビジネスで昨年の経営状態が厳しく、休日ボーナスを支払うのが難しいかもしれないという。

2017年、ベトナム経済は過去10年で最高となる6.8%の成長率を見せたが、それが全ての人に利益をもたらしたわけではない。

昨年ベトナムでは最低賃金が月額375万ベトナムドンに引き上げられたが、対前年比7.3%増と記録上最も低い引き上げ率にとどまっている。2018年半ばより、さらに6.5%の引き上げを行う事を政府は承認している。

ベトナム労働者・労働組合研究所が昨年、2600人の労働者に対し調査を行ったところ、その3分の1が現状の賃金では暮らしていくことができないと回答しており、また12%が基本的な出費を賄うことができないため残業せざるを得ないと回答していたと言う。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月12日05:59

ベトナム:第4次産業革命(4IR)に乗り遅れないための取組が必要(後)

(前編より)



より大きな改革の必要性

世界知的所有権機関、米国コーネル大学とその経済分析・意思決定研究所が20176月に発行したレポートによると、ベトナムはグローバル・イノベーション部門で世界127カ国中47位にランクされ、前年度から順位が12位も上がった。

アセアン諸国の中でベトナムはタイに先んじており、知識集約型経済を発展させる大きな可能性を秘めている。

専門家によると、4次産業革命(4IRによるインパクトを正確に評価するには、各産業と製品の影響を正確に調査測定する科学的研究を適切に実施する必要があるという。この研究結果は、資源を浪費することのなく適切な目標設定を備えた国家開発戦略を構築するための鍵となる。

科学技術省ハイテク部門長を務めるDam Bach Duong氏は、ベトナムは現行のやり方にかなりの修正を加えた上で、積極的で具体的なアクションをとるべきだと提言した。例えばこのアクションには、最新のグローバル・テクノロジー動向に対応するために、ITアプリケーション企業に対する支援だけでなく、IT政策委員会の運営方法の改善も含まれている。

Duong氏は、IoT、クラウドコンピューティング、人工知能、ビックデータなどの新技術の研究・導入に注力する必要があると述べた。この取り組みは、企業の競争力を維持・発展させ、運用コストを削減し、環境保護に貢献する高品質の製品を生産することを可能とする。

ベトナムはまた、機械装置やデジタル・スペアパーツの製造・組立に対する投資を呼び込むことによってデジタル技術を産業分野へ応用し、ハイテク産業およびそのサポート産業製品の開発を通じて輸出構造を改革していくべきである。

特別なインセンティブと進化への備えをしつつ、オートメーション産業やハイテク産業の開発戦略を構築することが重要である。この戦略には、科学技術分野とビジネス・生産分野との密接な協力関係や、民間企業における技術革新活動の強化、新技術の強力な推進、国際協力関係の強化などが含まれる。

また研究開発と技術移転分野においては、優秀な科学技術の技能を持つ組織や個人に対し、財政支援を優先的に実施することが含まれるべきである。

グローバル4次産業革命(4IRに関する初期研究はすべて、投資をある特定分野に集中すべきであり、それらは後に他の分野にも応用拡大することが可能である。IoTを例に取ると、資源や技術力の制約があるため、ベトナムではまず、スマートシティの代わりにスマートビルディングを建設することから始めるべきである。

また4次産業革命(4IR開発戦略の策定には、検討の中でゴールを特定するのを手助けする有能な専門家の協力も必要不可欠である。

 

結論:利点を生かすために

4次産業革命(4IRへの対応の中で、新たなビジネスチャンスとすべての課題に対処するには、多くの実施すべき事項が残されている。

まず政府はそのあり方を変える必要があるだろう。政府は規制当局でありながら、現代の情報管理ツールを備えた開発の旗振り役でなければならない。政府がその役割を担うことにより、企業や人々の技術革新に好影響がもたらされることになるであろう。

企業は新しい生産方法や、従来とは劇的に異なる生産チェーンを生み出すような最新技術の新しいトレンドを経験することになるであろう。このことは同時に、企業にコーポレートガバナンス能力、技術力、製品品質の向上を求めることになる。また新しい4次産業革命(4IRがもたらす開発環境に適応するために、運用コストを削減することも求められる。

科学研究教育機関もまた、4次産業革命(4IRの要件に対応するためにあり方を根本的に変更する必要がある。彼らは、技術革新に対して増加する企業の需要を満たすため、技術や設備を刷新する必要がある。また、ベトナムにおける世界の最先端技術の適用、研究機関と企業とのWin-Win関係の構築、技術インキュベーターの創出、新興企業やビジネスを支援するための投資ファンドを行うことが重要である。

また世界規模で競争力を持つ付加価値の高い製品を創造するには、国民も国の革新プロセスに参加する必要がある。国民がプレミアムサービスを通じてオンラインで販売される高品質の商品を楽しむには、好条件が提示されなければならない。

結論として、第4次産業革命(4IR)は今や世界的に拡大しており、すべての産業、企業、人々に大きな影響を与えようとしている。そのためベトナムを現代的な産業国家に発展させるためには、政府、企業、各組織、そして国民がそれぞれ、自身を改革していく必要があるということである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月10日12:03

ベトナム:第4次産業革命(4IR)に乗り遅れないための取組が必要(前)

ベトナム経済は第4次産業革命を受けて急速に変化している。元国際協力・投資委員会(現計画投資省)副議長の Nguyen Mai博士は、特に外国直接投資の面において、この産業革命がベトナムにいかに影響を与えるかについて執筆した。

 

世界は、ベトナムを含む世界中の多くの国々に様々なビジネスチャンスを開くことになる第4次産業革命(4IR)の進展を目の当たりにしている。一方でベトナムが本当に工業化へ向かうのであれば、一足飛びに第4次産業革命(4IR)を志向するのではなく、まずは第2次産業革命に注力すべきとの意見も寄せられている。

実際のところベトナムは、世界のバリューチェーンの中で自国の地位を高めようという熱意と、その結果得られた様々な実績をもとに、世界経済に深く組み込まれている。ベトナムでは現在、社会的・技術的インフラの整備を含む第二次産業革命を推進しているが、また一方ではIT、オートメーションシステム、インターネットの発展に伴う第三次産業革命にも対応している。そしてこの国では、地域や世界の発展に追いつくために、4次産業革命(4IRにも積極的に関与しようとしている。

20175月に首相は、インフラやITアプリケーションの革新に向けた多くのソリューションの導入、国の事業環境の改善、国家開発における重要戦略製品の選出、エコシステムビジネスの立ち上げなど、4次産業革命(4IRに対応するために必要な国力を強化する法令を施行した。

 

外国直接投資への影響

4次産業革命(4IRにおいて外国直接(FDIをさらに誘致するには、ベトナムは政策の転換が必要とされている。ベトナムでは今のところ、ハイテクや環境技術、教育トレーニング、研究開発(R&D)、ヘルスケア、インフラに対する外国直接投資(FDIを最優先としているが、4次産業革命(4IRにおける IT、エレクトロニクス、インターネットオブシングス(IoT)、人工知能、バーチャルリアリティ、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、メカニック、自動化、バイオテクノロジーに対する外国直接投資(FDIが、高付加価値分野への効果的な突破口になると考えている。

ベトナムがグリーン成長の目標を達成するには、セメントや鉄鋼、石油精製などに対する外国直接投資(FDIプロジェクトを推奨するのは望ましくない。投資家を選別することによってこうした種類の外国直接投資(FDIを制限し、発電所に現代的で効率的な技術を導入すべきである。また、太陽光、風力、潮力などの再生可能エネルギー源を利用するプロジェクトの建設に、より多くのインセンティブが提供されるべきである。

開発レベルの比較的高い地域においては、高い技術と付加価値を求められる分野や製品への外国直接投資(FDIを誘致し、労働集約的で環境に負荷をかけるプロジェクトを誘致すべきではない。こうした方針によって、ベトナムは新たな成長モデルの構築が可能となるであろう。

一方で開発レベルの低い地域においては、経済大国との間の経済格差を縮小するために、インフラ整備を推進すべきである。また、繊維、衣料品や履物分野における労働集約的なプロジェクトに向けた特別な施策を取るべきである。そして近代的なテクノロジーやサービス産業に対する投資を誘致するために、観光やサービスを開発したり、近隣地域における外国直接投資(FDI企業とのコネクションを活用したりすることも必要であろう。

また、中小企業からの外国直接投資(FDIを誘致し続ける一方で、ハイテク分野において世界で活躍するようなリーティング・カンパニーや、高付加価値でグローバルレベルでの競争を可能とする高品質製品を生み出すための巨大なR&Dセンター建設などの投資を誘致するようにすべきである。

ベトナムが魅力的な投資先となり得ることの証明として、Samsungグループは携帯電話事業のグローバル製造拠点にベトナムを選択し、昨年は500億米ドルの輸出売上を計上したが、この売上はベトナムにおける輸出総額の約25%を占めることとなった。

ベトナムの外国直接投資(FDIインセンティブ政策は、各プロジェクトの効果に沿ったものとすべきである。そして投資インセンティブを受けられるプロジェクトは、開発に向けた最優先プロジェクトとしてリストアップされるべきである。

 

(後編へ続く)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月10日06:03

ベトナム:ファッション界に高級ブランドを持ち込んだ女性経営者(後)

(前編より)



質問:女性としてビジネスをする上で最大の課題は何ですか? ベトナムにおいて女性はどのように扱われていますか?

 

Hoài Anh女性がビジネスを営むのは決して楽なことではありません。ましてや私の場合は、2人の息子の母であるため、それと同時にビジネスを営むのは、かなり苦労を強いられることでした。しかし私は時間の経過とともに、家族とビジネスの時間を管理する方法を学んでいきました。ベトナムのような発展途上国の女性は、様々な課題に直面しています。こうした課題は自身の成長と幸福の実現に集中できるよう、スキルや自信を備えることによって克服することができます。学習、読書、旅行や様々な知識で自分を武装し、あなたの信念のために戦うことが、人生を好転させるために必要なことなのです。努力と献身はあなたのガソリンとなるに違いありません。

 

質問:キャリアアップを目指すものの、時に困難を抱えているベトナム人女性に向けたアドバイスは何かありますか?

 

Hoài Anh:私はファッションへの愛と、お気に入りのブランドをベトナム中の人々と共有したいという願いからこの仕事を始めました。それは単なる思い付きではなく、この業界に進むことが私にとって最適であるという確信を得るために、店舗を開業する前に自分の強みと弱みをリスト化しました。ですから起業家になることを志す人はみな、そのビジネスを行うことがあなたにとって最善かどうかを知るために、まず自己評価を行うべきだと思います。あなたが既にそのビジネスに取り組んでおり、困難に直面している場合は、真摯に周囲の支援をあおぎ、助言に耳を傾け、真剣に改善しようとすべきです。そうしなければ、市場があなたを駆逐してしまうでしょう。

 

質問:今後のあなたのビジネス展開計画はどのようなものですか?

 

Hoài Anh高品質の高級服をただ販売するのでは、もはや不十分です。現在私のチームが開発している新しいオンラインショッピング・プラットフォームを活用し、お客様のショッピング体験をより良いものにしようと、私は固く心に決めています。仕事や家庭生活で忙しい人々は、利便性を求めています。時には玄関先に美しいLanvinのドレスが簡単に届けられることによって、自身のための時間的な余裕が生まれます。こういったことは、もうすぐ実現するでしょう。

それ以外では、最近ホーチミン市にイタリア料理店をオープンしました。30代前半に私はこの美しいイタリアという国に住む機会を得ましたが、その際この国の一部をベトナムに持ちかえりたいとの思いを強くしました。私はあなたが美しいファッションを身に着けながら、イタリア料理の楽しさを体験して頂けることを願っています。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月09日12:01

ベトナム:ファッション界に高級ブランドを持ち込んだ女性経営者(前)

Trn Th Hoài Anh氏は、CelineBalenciagaLanvinChloéMonclerLoeweなど数多くの有名ファッションブランドを取り扱うRunwayと呼ばれるコンセプトストアであるGlobalLink社の創設者である。彼女はThe Business of Fashionとして、世界のファッション業界を担う500人の一人に選出された。彼女のビジネスや、達成したい夢などについて聞いた。

 

質問:あなたは現在ベトナムのファッション業界の中で、最も有力な人物の一人です。最初にファッションに興味を抱いたきっかけは何ですか?

 

Hoài Anh私はファッションを愛しており、記憶にある限りの幼少期から、いつも美しい服に興味を持っていました。私はプロとしていくつかのビジネスの経験を積んだ後、多くの友人がブランド衣料品を購入する目的のためだけに海外に行くのを見た時に、ラグジュアリーブランドを国内で販売してはどうかという考えが浮かんだのです。この時私は、こういったブランドをベトナムに持っていけばどうだろうか、と自分に問いかけました。そうして現在、ハノイとホーチミン市に4つのファッション店を経営するようになったのです。

 

質問:当初、自身のビジネスを確立しようとしていた時代はどのようなものでしたか?どのようにして創業の苦しみを克服することができたのですか?

 

Hoài Anhどんなビジネスを始めるにも、忍耐と熱意が必要です。非常に競争が激しくて、複雑でリスクが高く、急速に変化していくファッション業界でビジネスを立ち上げるのは、すぐに失敗することも多く、非常に困難です。創業当初から私は、Runwayブランドを継続的に成長させることに主眼を置いてきました。ビジネスにおいて最終的には、他の誰にも真似できないものを見つけ出す必要があります。幸いにも私は幼き頃から、問題に対処し、他の人と共に働くのに必要な正しい視野や態度を家族から教え込まれてきたため、貴重なネットワークやビジネス関係を構築するのに成功したのです。

 

質問:あなたはなぜ、下位セグメントのブランドではなく、大手ファッションブランドと取引を行うことにしたのですか?最も有名なファッションブランドをベトナムにどうやって持ち込んだのですか?そして彼らにベトナム市場参入を説得するのにどのようなことをしたのですか?

 

Hoài Anh:私はいつも優れた仕立て、美しい生地、創造性に満ちた優れた手作業、服に漂う紛れもない優雅さ、最高の品質や着用感などを愛好してきました。私は大手ブランド製品にその高いクオリティを見出し、この最高の製品をベトナムに持ち込んで顧客に販売しようと決めました。今こそ市場のラグジュアリー部門に特化し、その潜在的な成長性をしっかりと探る時だと私ははっきりと意義を見出したのです。最近では高級品だけでなく、ユニークなデザインで高品質でありながら、手ごろな価格のブランドにまで取扱いを拡大しています。この分野においては、買い付けに関する専門知識が成功の鍵となります。

ファッション業界における有力なブランドとの取引をいかに成功させるかについてですが、それには資金、ノウハウ、そしてブランドに対する情熱が必要となります。ただしそれだけでは不十分で、あなたのビジネス戦略について印象付け、相手に持続的な成長を約束する必要があります。ブランドからすると、あなたがどれだけそのブランドを愛しているかは気にもしませんが、あなたの顧客がそうであることを確かめたいのです。

 

質問:私はあなたの顧客への接し方や、商品を選択する際のアドバイスに非常に感銘を受けました。それらについてお考えを聞かせて頂けますか?

 

Hoài Anh:私はお客様の個性、ドレスコードやどのように見られたいのかを理解するために、まずその声に耳を傾けることが大好きです。そうすることによって、私はお客様に最も適した服を選び、確信を持ってその選択のお手伝いすることができるようになります。私のキーワードはエレガンスです。お客様が着たいものや手に入れたいものが何であれ、私は購入して頂く衣服が快適であり、さらに重要なのはできるだけエレガントに見えるようにしたいと考えています。私は販売する服によってお客様が美しくなることで、最大の満足を得られるのです。

 

(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月09日06:18

ベトナム:eコマースブームへの機は熟した

ベトナムはデジタル革命時代において最も興味深い国である、とHSBCベトナムの卸売銀行部門のトップであるWinfield Wongは、HSBCシンガポール支店でメディアに語った。

ベトナムは、近年一貫した成長率を維持してきた東南アジアでも数少ない国のひとつだと彼は説明する。

今後2年間で、同国の中所得消費者の数は人口のおよそ3分の1である3300万人となり、デジタル技術の浸透率の高さとともにeコマースにとっては大きな可能性となる。Eコマースは 年率20%の成長を経て2020年までに100億米ドルに到達するとの見通しを示した。

政府側の対応についても、「ベトナムはデジタル化を非常に真剣に捉えている。政府はデジタル化計画を策定し、eコマース、電子決済のためのネットワークを構築している」と彼は述べた。

彼はまた、昨年立ち上げられたオンライン上の税金納付システムで、企業がいつでも銀行を経由して税金の納付ができるようになったことを例に挙げた。

政府のデジタル化推進は実業界からも歓迎されている。企業にとっては通関時間が短縮され、時間と費用の削減につながっているという。

HSBCは、顧客のオンライン決済を可能とするために税関と契約を結んでいるいくつかの銀行の1つである。

英国を本拠地とするHSBCは他の外国銀行とともに、ベトナムの銀行業界のデジタル化を促進しようとしている。

一例としては、昨年5月に開始されたe-FXプラットフォームが挙げられる。このプラットフォームでは外国為替相場のフォワード、スワップ、タイム・オプション・フォワードの競争力ある価格設定で法人顧客がオンラインで流動性資産にアクセスできる。

1月末時点で100以上の顧客がこのプラットフォームを利用している。

このマスコミ説明会はHSBCの東南アジアにおけるデジタル化を解説する目的で開催された。

アセアンは世界第6位の経済圏で、域内全域のGDP25000億米ドル、GDP成長率は年率6%である。総人口6億人の40%30歳以下の若年層が占める。

GoogleTemasekの調査によると、東南アジアのデジタル経済は2025年までに域内GDP6%に相当する、2000億米ドルに達すると見込まれている。

eコマースは2025年には880億米ドルに達すると予測される。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月08日06:01

ベトナム:外資系小売大手に明暗(後)

(前編より)



Parksonの衰退

マレーシアの複合企業Lionグループ小売部門Parkson Holdings Berhadのベトナム支社は、8年間に及ぶ大幅な営業損失計上の末、ホーチミン市2号店であるParkson Flemingtonの閉鎖を正式に決定した。これはベトナムで4店舗目の閉鎖となる。

先にホーチミン市のParkson Paragonの閉鎖が公表された後、小売の専門家らはこうした閉鎖の理由を分析し始めた。

ベトナム小売業協会(VSA)のDinh My Loan会長は、近年ベトナムのショッピングモールは規模と数の拡大を追求していたものの、Trang Tien PlazaGrand PlazaHang Da Galleriaなどといったショッピングモールにおける価格帯と消費者の購買力が釣り合わず、多くのモールが生き残りに苦慮することとなったと述べた。

Cushman & Wakefield Vietnam小売・ビジネス開発部門のMai Voマネージャーは、最近の顧客の買い物動向としては、1カ所で多様なカテゴリーの商品を提供するモールを志向しているようだと述べた。

Parksonは、小売市場にまだ十分な開拓余地のあった20072010年といった早期にベトナムに進出し、大きな市場シェアと利益を獲得しました。しかし彼らの紋切り型の店舗モデルでは、1カ所で買い物からエンターテインメント、飲食など、あらゆる顧客のニーズを満たすことができる新型のショッピングモールに太刀打ちすることはできませんでした。」とVo氏は述べた。

Vo氏は、こうしたワンストップでのショッピング環境を整えることは、新型モールでのみ実現可能であると続けた。最近開店されたモール各店は、複合的な店舗構成を通じて競争優位性を保ち、多くの中間購買層を引き付けるための活動を積極的に展開している。これは高級ブランドのみを提供する古いタイプのショッピングモールや、顧客の日常的な買い物ニーズを十分に満たすことができない専門店などとは対照的である。

Parkson Holdings Berhadは、マレーシア、ベトナム、インドネシア、ミャンマーに合計68の百貨店を運営している。Parksonブランドは、マレーシアに45店舗、ベトナムに6店舗、インドネシアに2店舗、ミャンマーに1店舗ある。インドネシアにはまた、Centro Lifestyle百貨店名で13店舗を運営している。

ベトナムのParkson小売チェーンは、Parkson Holdings Berhadにとって最も業績不振な部門の1つである。特に2017年度Parkson VietnamParkson Myanmarは、6000億べトナムドン(2620万米ドル)の売上で、前年度比で9%も減少した。その結果、この2つセグメントでは290億べトナムドン(127万米ドル)の損失を計上した。

Parksonグループはベトナムだけでなく、マレーシアとインドネシア事業においても2017年度に損失を計上したと公表した。これは、ラマダーンの終了を祝うEid大祭がなく、お祭りに伴う消費支出がなかったことに起因し、営業損失はそれぞれ2000万マレーシアリンギット(508百万米ドル)、1300万マレーシアリンギット(330万米ドル)となった。

クアンタンとジョホールバルにおける新規2店舗を含め、Parkson Malaysia2017年末時点で45店舗を運営していたが、2018年度上半期に2店舗の不採算店が閉鎖された。またジャカルタでは2店舗を閉鎖し、インドネシアでの店舗数は15店舗となった。

一方でParksonグループは、Parkson Chinaで導入した新戦略店舗から収益を生み出すことに成功し、半年で4%増となる131900万マレーシアリンギット(33558万米ドル)の売上、および3200万マレーシアリンギット(814万米ドル)を計上した



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月07日12:06

ベトナム:外資系小売大手に明暗(前)

数多くの外資系小売大手がベトナム市場を開拓するために投資を増やし、事業拡大を目論んでいるものの、マレーシアの小売グループParksonは、最終的に撤退を決めるまで売上低下に苦しんだ。

 

ショッピングモールの規模と数の拡大

近年の消費者需要の拡大によって、ベトナムは外資系小売業各社にとってより魅力的な市場となった。特に日系のショッピングモール大手AEON Mallは、ベトナム市場に大きな商機を見出し、事業拡大を図っている。

AEON Mallは、3月中旬にハノイで2店舗目となるAEON Mall Hadongの建設に着手する予定としている。計画によるとAEON Mall Hadongの建設に2兆ベトナムドン(9030万米ドル)超の投資を行い、約15万平方メートルの敷地面積にするという。

地上4階、地下1階建てのこのモールは2019年末に開業する予定で、国内最大級のショッピングセンターの1つになる予定である。

さらにAEON Mallは最近、ベトナム1号店であるAEON Mall Tan Phu Celadonを拡張する計画について、ホーチミン市人民委員会に認可を得ることに漕ぎつけた。拡張されたショッピングセンターは、20191月に開業する予定となっている。

AEON Mall Tan Phu Celadon20141月に開業したが、その総投資額は1億米ドル超であった。このプロジェクトに続いてAEONは、ビンズン省のAEON Mall Binh Duong Canary、ハノイのAEON Mall Long Bien、ホーチミン市のAEON Mall Binh Tan3店舗をオープンさせた。

また20179月にAEON Mall Vietnamは、ハイフォン投資・貿易・観光促進センターとベトファット輸出入投資商業との間で、ハイフォンに新しいショッピングモールを建設するための覚書(MoU)を締結し、地元に2000もの新しい雇用がもたらされることが期待されている。

この契約に基づきAEON Mall Vietnamは、総合ショッピングモールへの投資、建設、管理、開発を行い、すぐに使用可能で装飾も施されたカウンター、棚、賃貸スペースを提供するだけでなく、ケータリングサービス、子供向けアミューズメントパークを含む関連サービスも行う。

Ho Sen-Cau Rao 2号線沿いに約9.3ヘクタールを占める総投資額18000万米ドル(約4兆ベトナムドン)のこの施設は、AEON Mallにとってベトナム北部で3店舗目、全土では6店舗目となるショッピングモールとなる。AEON Mall Haiphongの建設は、今年第2四半期に着工される予定である。

またLotteグループの小売事業は、独自の業態とエンターテインメントだけでなく、韓国および世界各地から多種多様な製品をベトナム顧客に提供することによって、ベトナムのリテール市場を豊かにしている。

日経によるとこの巨大企業は、M&Aを通じてベトナムの小売事業を拡大させ、2020年までに現在の5倍となる60店舗に直営のショッピングモールを増やす計画という。

Lotteは、現在首都ハノイで2番目の高さを誇る65階建てのLotte Center Hanoi4億米ドルを投じるほか、ハノイのWest Lake近くに総投資額3億米ドルとなる新しいショッピングモールを建設する計画であるとThe Korea Herald紙は報じた。

加えてLotteはベトナムでの小売事業を強化するために、2017年初にCiputra Hanoi Mallを買収するために必要な手続きをすべて完了させた。Lotteはこのプロジェクトに3億米ドルを投じ、2017年第2四半期にも着工を予定していたが、その後の情報は公表されていない。

Ciputra Hanoi Mallは約20万平方メートルの複合施設内の7.3ヘクタールを占め、その他の百貨店、スーパーマーケット、映画館などと共に、Lotte子会社が直接運営する予定である。建設は2017年上半期に着手され、2020年に完了する予定であったが、現時点でまだ着工されていないという。

 

(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月07日06:04

ベトナム:コンビニエンスストアに押され小規模小売店舗は苦戦

ホーチミン市の小規模な小売店は近年増加するコンビニエンスストアに顧客を奪われつつある。

Circke KVinmartのようなコンビニエンスストアはホーチミン市の至るところに存在する。小規模小売店と違って、これらのコンビニ店舗にはエアコンがあり、顧客が無料で利用できるwifiもある。

タンビン区のNguyen Thi Nhuさんは、以前は彼女が経営する店舗で家族全員を養うことができたが、 現在では難しいと話す。彼女はコンビニに置いてないものを売るしかない。

タンフー区の店員Truong Thu Yさんは、「5−7年前には、3店舗で2人を雇用していたが、今では誰も雇うことができない。悲しいが、これが現在の潮流だから受け入れるしかない」と話す。こうした変化は市の中心部だけではなく、郊外にも多数のコンビニが出店している。

ゴーヴァップ区の顧客Le Lanさんは「とにかく便利だ。5分で買い物をして、店を出ることができる。製品は多様だし、品質もコンビニ以外の小売店よりも信頼している」と話す。

多くの投資家はホーチミン市で事業をさらに拡大することを計画している。Vinmartはさらに数百店舗を開設予定で、海外資本のCircle KB's MartFamily Martも急速に拡大している。GS25ToromartHoc Monや、Cu Chiといった都市近郊部にも店舗を開設する計画である。

苛烈な競争によって、多数の国内コンビニエンスストアブランドが閉店している。

業界専門家によると、海外投資家はまず都市中心部の有利な立地を抑え、その後農村部にも拡大している。

Saigon Co.opNguyen Anh Duc副社長は、国内投資家もまだ競争できると考えている。「海外投資家には経営経験と資本があるが、国内投資家は市場と消費者の嗜好についての深い理解がある」と彼は話す。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月06日11:53

ベトナム:皮革産業は2018年も好況との予測

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(LEFASO)のPhan Thi Thanh Xuan会長は、皮革・履物産業は2018年も様々な好条件を背景に、好況を予測していると述べた。

Xuan会長は特に、2018年半ばに予定されるベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA)の調印により、ベトナムからEUへ輸出される履物類は、他の競合国と比較すると3.5-4.2%の関税分有利になると強調した。

ベトナム・EU自由貿易協定が発効すれば、現在ベトナムからEUへの履物輸出の3分の2を占めるスポーツシューズの関税は即時に0になる。ハンドバッグも同様に無関税で輸出できる。

「原産地規則は一般特恵関税制度(GSP)と同じで有利であり、ベトナムへの発注は増加すると確信している」とXuan会長は述べた。国内企業がどれだけチャンスを最大限に活用できるかが問題だという。

2017年、皮革・製靴産業の輸出額は前年比10.7%増となる180億米ドルに達した。

2017年の世界製靴マガジンの最新の統計によると、ベトナムは履物輸出上位10ヶ国のうち第2位で、世界の履物供給の7.4%にあたる102000万足を生産している。

ベトナムのバックパックとハンドバッグ類の輸出も増加し、これら品目でも世界の輸出上位5ヶ国に入るという。

昨年、バッグパックとハンドバッグの生産量は世界の生産量の5.5%に相当し、輸出額は33億ドルに到達したと推定されている。

ベトナムは2018年の皮革・履物輸出の目標額を、2017年の実績を10%上回る195億米ドルから200億米ドルとしている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月06日05:52

ベトナム:オンライン小売市場を中国企業が牛耳るとどうなるのか?

中国のオンライン小売業者はベトナム市場への攻勢をかけており、国産製品が圧迫されているとアナリストは警告する。

ベトナムの小売業者はタイ、韓国や日本からの大手小売業者には対抗できるものの、資金力と技術力の差でオンライン小売業では苦戦している。

あるレポートでは、2015年のベトナムのeコマースの市場規模は4億米ドルと試算されていた。この金額は2017年には40億米ドルにまで上昇し、2025年には75億米ドルに到達すると予測されている。35%もの高成長率を誇るベトナムは投資家にとっては魅力的な市場である。

中国の3大オンライン小売業者、AlibabaTencentJD.comはみなベトナムに進出している。

ベトナム市場に最初に参入したのは20168月のShopeeである。

20176月にはJack Maが所有する複合企業Alibaba10億米ドルでLazada Vietnamの持株会社であるLazadaの株式を追加購入し、持株比率を83%まで増やした。これによりAlibabaはベトナムを含む東南アジア諸国のオンライン小売市場に正式に参入したことになる。

最近では、JD.comがベトナムのオンライン小売業者Tiki4400万米ドルを投資している。

オンラインサーチエンジンのiPriceグループによると、Lazadaはタイとベトナムとマレーシアのオンライン小売市場でほぼ主流となっている。ベトナムではオンライン小売サイトへの訪問者数でLazada19%を集め、Thegioididong.com15%、Sendo11%となっている。Tiki8%で第4位であった。

小売業者は販促に多額の資金を投入しており、市場シェアを伸ばそうと大幅な値下げを実施している。

ホーチミン市のeコマースの専門家は、短期的には消費者はセールにより大きな利益を得られるかもしれないが、長期的にはベトナムの製造業が苦境に立たされると予測する。

「中国の大規模オンライン小売業者の存在は中国製品がベトナム市場に進出する好機となる。一旦中国製品が市場を席巻したら、オンライン小売業でのベトナム製品の地位は下がるだろう」と専門家は話す。

FPTThe Gioi Di Dongなどのベトナムの大手企業はオンライン小売業に参入し、中国の大企業とも競争していく意図を示している。ベトナムのウェブサイトSendo.vn123mua.vnAdayroivuivui.comなどは比較的高い取引と訪問者数を持つ。

しかし、専門家はeコマースの世界では長期にわたって多額の資金が必要となるため、ベトナム企業の勝利を予測するには早すぎると話す。

ベトナム電子商取引協会は、2018年、ベトナム企業は消費者を引き寄せようとさらに多額の資金を広告とメディアキャンペーンに投入するだろうと予測している。キャンペーン予算では2016年と比較すると60%もの増加が予測されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月05日12:03

ベトナム:繊維・アパレル業界で業務拡大のための求人増加

ホーチミン市の繊維・アパレル企業の多くが旧正月(ベトナムではテトという)後に業務を拡大するため労働者の求人を行なっている。

ホーチミン市輸出加工・工業団地委員会(HEPZA)労働管理部のTran Cong Khanh部長によると、同委員会の管理する工業団地には29万人の労働者がおり、その95%が旧正月休暇を終え仕事に戻ってるという。残る5%はまだ休暇中か、転職したという。

ホーチミン市の人材需要予測・市場情報センター(FALMI)によると、同市ではテト休暇後、3万人の労働者が不足しており、その多くが不動産、IT、電気・電子、建設、縫製・繊維、製靴、ロジスティック、輸出入、人事管理部門だという。

FALMITran Tuan Anh副社長は、テト休暇後の地元企業の人材供給の安定性を強調した。ほとんどの労働者は安定した職を求めるが、企業も従業員への待遇を改善させているという。

ほとんどの企業が十分な労働力を擁しているが、縫製・繊維、加工、サービス・レストラン部門では休暇後の業務拡大のため、8-10%の人材不足が予測されている。多くの国内縫製企業は大量の労働者を必要としている。

ホーチミン市第9区のPhong Phu International株式会社傘下のジーンズ工場のDinh Thi Tuat代表は、できる限り多くの労働者を必要としていると述べた。Phong Phu Internationalは陰暦17日に当たる222日に業務を再開した。周辺省出身の多くの労働者がまだ復帰していないという。

Tuat代表は、例年テト休暇後には数十人の労働者が転職するが、大量の求人は輸出のための生産拡大によるものだと説明した。

9区のUyen Linh Production Commerce Co. Ltd.でも100人から300人の縫製労働者を求人している。同社では月額およそ600-800万ベトナム・ドン(265-350ドル)に加え、福利厚生を提供している。

ホーチミン市縫製繊維協会(AGTEK)によると、繊維・アパレル企業は第1四半期分の十分な受注を得ており、中には2018年はじめから第2四半期分まで受注している企業もあるという。

AGTEKPham Xuan Hong会長は、繊維産業は2018年に10%の成長を目指していると述べた。米国、EU、日本といったベトナムの主要輸出市場には安定した需要があり、また新市場でも明るい兆候が見えている。

Hong会長は、大企業は大市場で、そして小企業も数量は少なくとも単価の高いニッチな市場を目指すことができるとし、繊維・アパレル企業の可能性を強調した。

ほとんどの企業は、受注をこなし、市場を拡大するためにも、求職者の経験と技術を重視しているという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月05日06:03

ベトナム:ドンナイ省、給与未払の失業労働者2000名に新たな仕事を斡旋

ベトナム南部ドンナイ省の労働連盟は、外国人の工場経営者が給与や年末のボーナスを支払わずに出国したために給与を受け取っていない2000人近い工場労働者に新たな仕事を見つけるべく、地元企業に連絡したと述べた。

この動きは、Trang Bom地区Bau Xeo工業団地の韓国の繊維企業KL Texwell Vina2000人近い労働者が工場の発表を受け226日に工場に戻ったものの、工場が結局閉鎖されたままであったことを受けたもの。

28日には、労働者らが同社に集まり、およそ137億ベトナム・ドン(616000米ドル)の1月給与のテト前の支払いを要求した。また、175億ベトナム・ドン(75万米ドル)以上の省社会保障局への保険料も滞納されていた。しかし、彼らは同社の社長と11人の取締役はすでに韓国へ帰国していたことを知らされた。

226日、省労働連盟のDoan Van Day副会長は、同地方の給与と年齢制限無しで彼らの雇用に前向きな企業が10社以上あると述べた。

省人民委員会は労働者の利益を保護するためのワーキングチームを設置した。チームは韓国企業であるKL Texwell Vinaの幹部らに解決を求め連絡を試みている。

36日までに結果が得られるであろうとDay副会長は述べた。

また、同社の機材やその他の資産は保護されているとも述べた。

同社で勤務していた労働者のNguyen Thi Thuyさんは「先鋒(Tien Phong)」紙に対し、226日に職場に戻ったものの、同社は操業を再開していないことを知らされたという。Thuyさんは、同社が12月の給与を3回に分割して支払った時点で何かがおかしいと思ったという。彼女は49歳で、その年齢で新たな仕事が見つけられるか心配していると述べた。

別の労働者Nguyen Thi Thaoさんは、家賃や子供の学費、その他の日常の支出があるので今後が心配だと述べた。

多くの労働者が転職したいと述べたが、新たな仕事を得るためには社会保障関連の書類を同社から取り戻す必要がある。当局がこの件に介入するまでそれが不可能だった。

同日、ワーキングチームはテトの前に全く支払いを受けていなかった労働者らに支援金を支給した。支援金はKL Texwell Vinaが未払いにした1月の給与の半額に加え、地元の労働組織からの支援金60万ベトナム・ドン(26.4米ドル)、同社の労働組合からの支援金169000ベトナム・ドン(7.5米ドル)からなる。

韓国のKL Texwell Vina201512月に繊維・アパレル部門での投資許可を取得し、1900人以上の労働者を雇用している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月03日06:08

ベトナム:若手デザイナーが自身のブランドを世界の舞台へ(後)

(前編より)

 

期待の新星

My氏は2010年に、ニューヨークのAre You Runway ReadyとサンフランシスコのDiscarded to Divine Projectという2つの有名なコンテストで最優秀賞を受賞して、デザイナーとしてのキャリアを歩み始めた。

彼女はその後、同年サンフランシスコで開催されたMacy’s Fashion Night Out2011年のElle Vietnam1周年記念ファッション・ショーおよびAstonish紙が主催したニューヨーク・ファッションウィーク・イベント、2012年のHarper’s Bazaar Vietnam1周年記念ファッションイベントに立て続けに招待された。

彼女はまた、ElleHarper's BazaarVogueなど、ベトナムにおける有名ファッション誌のスタイリストを務めると同時に、自身のビジネス立ち上げのためのブランディングなど、さまざまな分野で活動し始めた。

そして2013年に、My氏はPHUONG MYブランドを立ち上げるために故郷に戻った。

彼女の最初のコレクションとなったSpring/Summer 2013では、ミラノとパリから輸入されたオーガンザシルクを使ったドレス、ショートパンツ、シャツ、ジャケットなどを制作した。

これらのデザインは、第1区のL Lê Thánh Tôn通りにある彼女のブランド旗艦店に展示され、顧客から称賛を受けたという。

このコレクションの成功によって、My氏は20133月にハノイにオープンしたBulgari のオープニングイベントにおけるゲストデザイナーとして招待された。

彼女はまた、ベトナム・インターナショナル・ファッションウィーク、マレーシアで開催されたMercedes Benz アジア・ファッションウィーク、オーストラリアのパース・ファッションフェスティバルなど、国内外で開催された多くのファッションイベントに参加した。

彼女はブランドの認知度を高めるために、パリのMy Beautiful DressingやクウェートのNASS Boutiqueなど、ヨーロッパや中東の数多くのブティックとコラボレーションを行ってきた。

彼女のキャリアやデザインについては、Club Magazine VenezuelaBritish VogueVogue Italiaなど、アメリカやヨーロッパの雑誌に数多く掲載されている。

2015年にMy氏は、ファッション業界での功績を認められ、Forbes Vietnam誌の「30歳以下で活躍する30(30 Under 30)」に選出された。

「私の会社では、デザインにはわずか1%の時間しかかからず、残りは商談、経理、人事労務管理、イメージング、ブランディングに費やされています。」と彼女は言った。

「それでも私にとって最も充実した時間は、デザインに費やす時間です。それが私の情熱の源ですから。」と彼女は続けた。

毎年My氏は、季節ごとのコレクションを出すために熱心に活動している。

彼女のコレクションはすべて、パリや国内外のファッションイベントで発表されている。

2016年にMy氏は、ハノイで開催されたベトナム・インターナショナル・ファッションウィーク2016の取りを務め、“Pristine(無垢)”と銘打った2017年春夏コレクションで大きな反響を得た。

このコレクションは日本文化にインスピレーションを受けたもので、テーマカラーは白、赤、グレー、青とターコイズで、女性の繊細な美しさを強調している。

このコレクションで発表されたドレスは多くのセレブ達に選ばれており、アメリカ人女優のSusan Kelechi Watson115日にロサンゼルスで開催された第49NAACPイメージアワードで、またアメリカ人シンガーソングライターのJulia Michaels11月に開催されたアメリカン・ミュージックアワードのレッドカーペットにおいて着用した。

同様のデザインは、アメリカ人スーパーモデルAngela Lindvall が、131日にオンライン上(https://giojournal.com/) で公開されたGio誌創刊号における写真撮影にも使用した。

My氏の2017春夏コレクションは、ChanelEllie SaabGiambattista Valliなど国際ブランドのオートクチュールコレクションを紹介するイタリア雑誌Collezioni Haute Couture Sposaの第165号にも掲載された。

季節のコレクション以外にもMy氏は、旧正月向けのRed Collectionや熱帯地域の雨季をイメージしたRain Collectionなどの限定コレクションを発表し、顧客に人気を博している。

「これらはクライアントから影響を受けました。彼女らは私の大事なお客様です。」とMy氏は言った。「ブランドを立ち上げる上で最も重要なことは、私のお客様が誰であるか、彼女らが何を好み、生活において何を必要としているかを学ぶことです。」

My氏はフランス、イタリア、中国、韓国、ドバイ、クウェート、アラブ首長国連邦を含む約20カ国に30店舗を展開している。中東は彼女にとって主要な市場であり、売上高の70%を占めているという。

彼女は今後もブランドをさらに拡大し、店舗を増やすことを計画している。

「私にとっての成功は何か新しいことからではなく、日々自分の弱点について学ぶことから生まれます。私のモットーは、そういった弱点を克服する方法を見つけることにあります。」とMy氏は言った。「練習に練習を重ねることによって、成功がもたらされるのです。」

そして彼女は、これまでの5年間でPHUONG MYを成功に導き、最高品質のブランドに成長させるのを手伝ってくれた「素晴らしいスタッフ」について、誇りに思っていると続けた。

MYMYブランド

デザイナーのMy氏は、PHUONG MYブランドの他にも多くのお客様にアピールするため、2015年にMYMYという彼女の2つ目となるブランドを立ち​​上げ、同年7月にシンガポールの高島屋ショッピングセンターにMYMYブランド初号店を出店させた。

PHUONG MYはベトナムの経験豊富で成功して豊かなお客様をターゲットとしていますが、MYMYは若くダイナミックな人々向けのものです。」とMy氏は言った。

MYMYブランドのデザインは旅行に適しており、そのアイロンを必要としない形態安定加工の生地は全て海外で作られている。

My氏はドレス、ブラウス、ジャケットなど、毎月2530種類のデザインし、生地から裁断までユニークな商品を提供している。

ゴージャスな素材、シックなシルエット、200500万ベトナムドン(88220米ドル)といったリーズナブルな価格帯により、MYMYブランドはベトナムの若い女性の間でますます人気が高まっている。

ドンナイ省のBiên Hòa市にある銀行で働くĐào Th Bích Thyさんは、次のように述べた。「Phương Myのデザインは、エレガントで女性らしく見えるので、私は大好きです。」

この31歳の母親であるThyさんは、FacebookによってMYMYブランドのことを知ったが、そのデザインは美しく豪華であるにもかかわらず、それほど高価ではないのが良いという。

「若い女性は、喜んで目を引くような商品にお金を払うと思います。」とThyさんは話した。

My氏が新しいデザインの紹介や、新規顧客開拓のために開設したMYMYFacebookページでは、約4万の「いいね!」を獲得した。

顧客は、ホーチミン市とハノイにあるMYMYブランドの6店舗と、女性・子供向けのデザインとアクセサリーを販売するシンガポール店で商品を購入することができる。

デザイナーのMy氏は来年の旧正月を祝うため、MYMYのすべての店舗において数量限定で2種類の特別なアオザイ(ベトナム伝統的なドレス)をデザインした。この立体加工の赤とターコイズのエレガントなデザインは、伝統的な正月のお祭りにはうってつけのものである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月02日11:59

ベトナム:若手デザイナーが自身のブランドを世界の舞台へ(前)

Trn Phương My氏は、そのエレガントかつモダンで女性らしいゴージャスなデザインによって、新進気鋭の国際的デザイナーとしての評判を早くから確立している。

自身のブランドPHUONG MYで表現されるPhương My氏の素晴らしいインスピレーションは、女性的で繊細でありながら大胆という、アジア人女性古来の特徴から生み出された。

ゴージャスな素材、生地のパターンや独特の形状で知られる彼女のデザインは、アジア人女性に特によく似合う。

「私がデザインした生地はすべて、パターンデザインに基づいて海外で作られています。」と、この30歳のデザイナーは言った。

生地の大半は香港で生産されるが、イブニングウェアやランウェイドレスの生地はミラノとパリから輸入されている。

豪華な素材、優れた職人技とモダンでシックなシルエットの組み合わせにより、PHUONG MYはヨーロッパ、アジア、そして特に中東で人気が高まった。

11月中旬には散りゆく花びらにインスピレーションを得たMy氏の最新コレクションのPre-A-Couture Spring/Summer 2018が、ドバイのCity Walk placeで開催された第5回アラブ・ファッションウィークにおいて発表された。

30着のクリスタルをあしらったピンクと白のシルクのドレスが、ミスユニバース・ベトナム2015に選ばれたPhm Hương氏と国際モデルらによってキャットウォークに披露された。

「このコレクションは、PHUONG MY5周年記念モデルで、私の新しいファッションライン“ready to wear coutureのお披露目となります。」と、サンフランシスコのアカデミー・オブ・アート大学の卒業生であるMy氏は言った。

「それぞれのドレスはとても細部までこだわって制作されました。」と彼女は続けた。

このコレクションでは、My氏は海外の有名な繊維工場で生産された生地と、PHUONG MYのために特注した数千もの光輝くSwarovskiのクリスタルを使用した。

Ellie Saabのような国際ブランドのデザインを手掛ける有名なファッションスタジオから、70人以上の職人が、1着あたり14万個のクリスタルを延べ500700時間もかけて手作業で刺繍したという。

PHUONG MYブランドの広報担当者であるTùng Lê氏は、次のように述べた。「このコレクションは、アラブ・ファッションウィークに出席したゲストやセレブ、王室の方々に大好評を博しました。」

「電話やメール、Facebookにおいても称賛のコメントを頂きました。」と彼は続けた。「PHUONG MYのビジョンは、現代アジア人女性の美しさをファッション業界全体に共有することです。」

 

(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月02日05:57

ベトナム:ビンズン省、2018年2月の求人数は2万人以上に

ベトナム南部ビンズン省の職業斡旋センターによると、同省では旧正月(テト)の休暇前後で500社以上が20,803名の求人を登録したという。

全求人のおよそ80%にあたる16,785人が未熟練労働者の求人で、残りが熟練労働者となる。ほとんどの求人が運輸、建設、事務、履物、縫製・繊維、電子、木材輸出といった分野となっている。

メディアでの広告に加え、省は求職者と企業のマッチングのための就職活動フロアを設けることを計画している。

就職斡旋センターのNguen Thanh Phuong次長によると、テト休暇期間の求人増に加え、多くの労働者が休暇後に転職することから、2月は省の労働力需要が上昇するという。

テトの休暇後、陰暦17日にあたる222日に復職した労働者は25%に過ぎないが、この割合は昨年より5%上昇した。省内の工業団地でも40%程度と見られる。

南部の主要経済圏に位置するビンズン省はベトナムでも有数の産業拠点となっている。

現在、ビンズン省には総面積は12790ヘクタールに達する29箇所の工業団地があり、そのうち26箇所が稼働している。2020年までには工業団地は34箇所、総面積15000ヘクタールとなる予定である。

2017年、ビンズン省には25億米ドル以上の直接外国投資(FDI)がもたらされた。これは前年実績の125%増、目標額を79%上回る結果であった。直接外国投資の80%がすでに支出済みで、この結果も前年までの平均78%を上回っている。

ビンズオン省は2018年には14億米ドルの外国投資誘致を目標としている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月01日05:56

このページのトップへ戻る