インドシナニュース

2015年09月 のニュース一覧

ベトナム:地方政府ら、新規外国投資案件を選別にかける傾向に 

時代遅れの技術や汚染を引き起こす外国直接投資(FDI)案件を却下する地方政府が増加している。

例えば北部に位置するニンビン省は今キャッサバ粉の加工と無農薬栽培に興味を示している。同省は紙やパルプ、塗装、薬物、蓄電池やスチール製造などの業界でブラックリストに載っている案件を認めない方針である。

ダナン市もまた香港の繊維・衣料品グループによる2億米ドル資本の提案と、韓国の投資家による30haの繊維・染色の施設を含め、外国直接投資(FDI)による染色工場のいくつかを却下している。

ダナン投資促進センターの当局者によれば、上記2つ投資家は染色工場が汚染を引き起こすために却下されたと語った。

市の幹部らは、ダナン市は先端技術やそれらを支える業界やサービス、特にクリーンエネルギー分野の外国直接投資(FDI)案件の誘致に力を入れると語った。

南部のバリア・ブンタウ省とドンナイ省もまた、環境汚染や土地を過度に使用する案件を却下する方針だと数か月前に述べた。

経済効率が高くない案件や非熟練労働者が主な対象となる案件もまた却下される予定である。

北部のハイズン省は外国直接投資(FDI)を引き付ける強みを持つ地方の一つにはあげられていないものの、染色、皮革、ゴム製造を含む6つの分野における投資を呼び込むことを中止している。ミネラル、建材、原材料など天然資源を搾取するような案件もまた却下される。

著名な経済学者であるPham Chi Lan氏は、観光開発のために天然資源を保護することにつながるとし、汚染を引き起こし時代遅れの技術を使用する産業への投資を却下する地方政府の決定を称賛した。

Lan氏はまたベトナムが海外投資を呼び込む際、今は選別するのに適切な時期だったと語る。

Saigon Times Onlineは繊維や衣料品分野の中国の投資案件には引き続き警戒するように地方政府や中央省庁に呼びかけた専門家らの言葉を引用した。

専門家らは中国の繊維や衣料品製造業者が中国政府により設定されたより厳しい環境保護に関する要件を逃れ、ベトナムのTPPへの加盟のメリットを生かそうと製造拠点をベトナムに移転する計画であると述べた。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月30日12:02

ベトナム:スーパーマーケットでの衣料品販売

衣料品メーカーはブランド認知と売り上げ向上のため、現在新たな戦略を取っている。スーパーマーケットを通じての衣料品販売である。

Dan Chau Fashion社のTran Thi Thuy Trang社長は、同社の店舗は20店だが、同社製品は南部のほぼすべてのスーパーに陳列されていると話す。

Sanding社のThuy Nga事業開発部長は、スーパーマーケットチェーンCo.opMartを通じての学校制服の販売は1年で10%成長したと話す。

ほとんどの企業が、常に多数の来店者で混み合うスーパーマーケットを通じた販売で、企業認知が向上したと認める。

しかし、スーパーマーケットでの顧客満足度を高めるためには、出品企業は最長でも2週間ごとに新たな商品を出し、販売記録を確認して売り切れ商品を補充したり、売れない商品を撤去したりといった努力が必要になるという。

Co.opMartの親会社であるSai Gon Co.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長は、近年、既製服の売り上げが急増し、既製服の納入業者数も毎年平均で20%増加していると話す。

スーパーマーケットの商品は原産地が明確で、価格も手頃、様々なデザインがあることから、消費者は衣料品をスーパーマーケットで買うことを好む。

しかし、Anh部長は「スーパーマーケットの衣料品は現在、中間層の消費者をターゲットとしています」と指摘する。

3区のダンス学校の教師Doan Thi Minh Haiさんは、仕事着も部屋着も、買い物には頻繁に行くという。スーパーマーケットは便利でデザインの選択肢も多く、価格も手頃であると彼女は話す。

ホーチミン市Nguyen Dinh Chieu通りのCo.opMartの店舗はアパレル製品売り場が広く、陳列も目を引く。90%以上の製品が私企業の小規模工場で製造されたものという。

Maximark、Aeon Citimart、Big Cなど多くのスーパーマーケットが衣料品売り場の面積を広く取り、幅広い世代に向けた多様な衣料品を10万ドンから30万ドンの価格帯で販売している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月29日14:00

ベトナム:電子商取引が成長に貢献

電子商取引開発総合計画2011-15の実施から5年が経過し、電子商取引はベトナムの社会経済的な成長に大きく貢献してきた。

9月18日にホーチミン市で開催された「ベトナムの電子商取引政策2015」セミナーでは、商務省から発表される次の5年間に向けた新たな総合計画についての話し合いが行われた。

セミナーにおいて、商務省の電子商取引・情報技術部のTran Huu Linh部長は「2020年までに、電子使用取引は全ての都市、省でさらに成長するでしょう」と話した。

消費者向け(B2C)eコマースは2020年までに全世界で年間成長率20%を記録し、3兆4000億ドルを売り上げ、そのうち国境をまたいだ取引は30%以上、1兆ドル以上になると予測されている。

ベトナムでは、2020年までに人口の30%がオンラインショッピングを利用しているだろうと商務省は予測する。

消費者向け(B2C)の売り上げは毎年20%ずつ増加し、2015年から2020年の間には、小売業売り上げの5%、100億ドルに達すると予測されている。

加えて、国境を越えたeコマースも発展し、2020年までには輸出総額の15%を占めるようになると予測される。

「モバイル端末によるeコマースと、国内eコマースが主な発展分野となるでしょう」とLinhは話す。

2015年から2020年までの間に、モバイル端末によるeコマースは全世界で8500億ドル、世界の小売業売り上げの4分の1を占めるようになり、ベトナムでも3億ドルの売り上げが予測されている。

「オンラインでの支払いが一般的になり、それがeコマースの成長を支えることになるでしょう」とLinhは話す。

インターネットの普及もその傾向に拍車をかける。2020年までにインターネット接続可能なデバイスが500億台出回ると予測されている。

しかし、Linhは、eコマースの発展のためには物流管理が最も重要な要素の一つであると強調する。

中国で行われた調査によると、中国の顧客の25%が物流サービスに不満があると答えている。

「電子商取引で企業の国内・輸出市場の発展を促進し、世界的なサプライチェーンに参入することができます。しかし、電子商取引管理政策は、企業のビジネス環境を最適化するとともに、消費者の権利も守らなければなりません」と彼は話す。

電子商取引のためのインフラとして、Linhは法制度の整備、そしてB2C(消費者向け)、B2B(企業向け)、G2C(政府から消費者)、G2B(政府から企業)の安全なオンライン支払いシステムの整備を挙げている。物流管理システムも改善が必要である。

ビジネスコミュニティで電子商取引を促進していくことも重要であるとLinhはいう。全企業の60%が企業の最新情報と製品についてインターネット上に掲載できるようになることが目標となる。

「2020年までに、全企業の80%がインターネット経由で発注したり、受注したりできるようになり、クレジットカードで支払いできるスーパーマーケットやショッピングセンターの数も20%増加すると予測されます」とLinhは話す。

彼はまた、政府は効果的にオンライン取引を監視し、問題の解決、規制の整備、電子請求書やオンラインでの支払いを促進していかなければならないとも話す。

「電子商取引の発展に追いつくためには、政府は職員への教育コースをさらに拡充する必要があります」とも彼は話した。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月29日06:01

ベトナム:2015年9月1日から2015年9月8日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は対前週比で下降し、1,325~1,777USD/tで推移した。具体的には次の通りである。中国からの綿輸入価格は対前週比で1.3%下降し1,642 USD/tである。オーストラリアは0.4%下降し1,849USD/t、香港は1.8%下降し1,777USD/t、スワジランドは0.1%下降し1,553USD/t、イギリスは1.6%下降し1,541USD/t、パキスタンは4.5%下降し1,368 USD/t、スイスは4.9%下降し1,482USD/t、インドは5.1%下降し1,449USD/tである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの輸入価格は3.3~25%下降した。その他の市場からの綿輸入価格は、アメリカ1,693USD/t、フランス1,606USD/t、オランダ1,647USD/t、アルゼンチン1,325USD/tである。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比でわずかに上昇し、0.6~4.62USD/kgで推移している。このうち、ベリーズからの輸入価格は、対前週比で0.8%上昇し1.76USD/kg、韓国は1.5%上昇し1.5USD/kg、マレーシアは3.1%上昇し0.99USD/kg、中国は8.8%上昇し1.28USD/kgである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの同原料の輸入価格は5.1~18.5%下降している。その他の市場からの輸入価格は、インド1.8USD/kg、台湾2.39USD/kg、タイ0.62USD/kg、アメリカ0.9USD/kgである。

ポリエステル100%、生地巾56/57inch (コード:55151900)の韓国からの輸入価格は0.31USD/mで、中国からの輸入価格は0.67USD/m(CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾54inch (コード:54076200)の韓国からの輸入価格は1.15USD/mで、台湾からの輸入価格は2.35USD/m(CIFタンソンニャット空港(HCMC))である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:540769)のアメリカからの輸入価格は0.5USD/ydで、韓国からの輸入価格は0.7USD/yd(CFRカットライ(HCMC))である。

レーヨン95%、スパンデックス5%(コード:60062200)の台湾からの輸入価格は1.03USD/mで、韓国からの輸入価格は1.36USD/m(CFRカットライ(HCMC))である。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月28日14:01

ベトナム:アメリカへのシャツの輸出量、16.6%増加

統計データによれば、2015年年初8か月間のベトナムからのシャツの輸出は1億2520万点、8億3670万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が10.6%増、金額が8.5%増となった。2015年9月の同製品の輸出は、9800万米ドル、対前年同期比で15%増となる見込みである。

2015年7か月間では、ベトナムからアメリカ、日本、韓国市場へのシャツの輸出は対前年同期比で増加したが、EUへの輸出は減少した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場へのシャツの輸出は、今年7か月間でかなり成長し、5440万点、3億2490米ドルに達し、対前年同期比で数量が20.9%増、金額が16.6%増となり、同製品の総輸出額の44.6%を占めた。2015年7月の同市場への輸出は、対前月比では数量が10.8%増、金額が11.1%増、対前年同期比では数量が13.9%増、金額が10.8%増となり、879万点、5450万米ドルに達した。現在、アメリカ経済のGDP増加速度は、前月に出された2.3%に代わり3.7%に達した。第2四半期には、この成長率は今年第1四半期の0.6%という成長率よりもかなり高かった。第2四半期においてGDPが強く上昇した原因のひとつは、経済活動構造の3分の2に貢献する要素である消費者指数が、前月の2.9%増から3.1%増となったことにある。政府の指標および基礎建築分野における投資が、それぞれに3.3%増、7.8%増となったことも、経済成長を促進した動力となっている。世界最大の経済の成長速度は、2015年第2四半期においては予想よりも高かった。同市場への縫製製品の輸出は今後も引き続き成長すると見込まれる。

日本市場へのシャツの輸出は、対2014年7カ月比で数量が15.3%増、金額が6.8%増となり、1540万点、1億2210万米ドルに達した。2015年第2四半期における日本経済は、生産原料への日本企業の投資額が5.6%増加し、2015年第1四半期の7.3%増と比較すると低かった。企業の生産活動への投資額の増加および昇給は、この15年間続いている経済の停滞とデフレ状態を食い止めるための重要な要素である。上記のデータは、個人消費と輸出分野の衰退についての不安を示している。日本経済は、生産原料への投資が同国の経済の回復への動力であることから、2015年第3四半期において回復が見込まれる。

潜在力を持つ韓国市場へのシャツの輸出は、対前年同期比で数量が25.1%増、金額が34.2%増となり、614万点、3810万米ドルに達した。

一方、EU市場へのシャツの輸出は、対前年同期比で数量が14.6%減、金額が8.8%減となり、2140万点、1億6310万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出が対前年同期比で著しく減少し、ドイツ19.9%減、スペイン13.1%減、フランス24.4%減、スウェーデン28.1%減、ポーランド27.8%減、等であった。ギリシャの負債危機と中国の人民元価格の崩壊の影響により、ユーロ圏の経済は2015年第2四半期までに成長速度が下降した。6月までの3カ月間における全地域の経済成長速度は0.3%のみであり、第1四半期の0.4%および第2四半期の目標値よりも低かった。しかしながら、2014年同期と比較すると、ユーロ圏の経済は1.2%上昇している。ユーロ圏の減速の原因は、フランス経済が著しく衰退し、第1四半期の0.7%という成長率のあとで、第2四半期においては0%だったことである。しかしながら、ユーロ圏の経済は、ドイツ、スペイン、チェコからの積極的な数字により、引き続き成長している。同市場への縫製製品の輸出は今後回復すると見込まれる。

その他の市場へのシャツの輸出は対前年同期比で急激に増加したものの、その金額は低い。具体的には、カナダ51%増、パナマ83.7%増、ブラジル391.9%増、アルゼンチン238.6%、等であった。

 

2015年8カ月のシャツの輸出価格は、対前年同期比で1.9%とわずかに下降し、FOB単価は6.68米ドルだった。

2015年7か月のアメリカ市場へのシャツの輸出は、対前年同期比で3.6%下降し、FOB価格は5.97米ドルだった。2015年7月の同市場への輸出価格は、対前月比で0.2%とわずかに上昇するも、対前年同期比では2.7%下降し、FOB単価は6.2米ドルだった。

2015年7か月のドイツへのシャツの輸出価格は、対前年同期比で1.8%とわずかに下降し、FOB単価は9.55米ドルだった。2015年7月の同市場への輸出価格は対前月比で9.2%下降、対前年同期比では9.3%下降し、FOB単価9.35米ドルだった。

2015年7カ月の日本市場へのシャツの輸出価格は、対前年同期比で7.3%下降し、FOB単価は7.92米ドルだった。2015年7月の同製品の輸出は対前月比で7.7%下降、対前年同期比では8.7%下降し、FOB単価は7.74米ドルだった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月27日13:12

ベトナム:英国でのイベントでアオザイが紹介される

9月12日から13日にかけて、テムズ河沿いのポターフィールズ公園でベトナム・ディスカバリー・フェスティバルが開催され、アオザイ・ファッションショーなどの様々なイベントが開催された。

ベトナム・ディスカバリー・フェスティバルはベトナム・英国間の戦略的パートナーシップの5周年、そして70年目となるベトナム独立記念日を祝って開催された。

フェスティバルはダイナミックなベトナムの美、温かさと魅力を紹介するものとなっている。ダンスパフォーマンス、伝統的音楽と現代の音楽、そしてアオザイ・ファッションショーの見事な開会セレモニーののち、来場者は3Dキューブスペースでのベトナムのバーチャルツアーや、水上人形劇など、視覚、聴覚、そして味覚でベトナム文化を味わうこととなった。

イベントは音楽とダンスに始まり、ベトナムでも最も有名な音楽家による、独特な伝統的楽器、ダンニー(弓で演奏する弦楽器)、ダンチャン(ツィターに似た琴)、竹のフルート、クロンプット(バナール族の竹製の木琴)、ディンパ(共鳴パイプ)などの演奏を聴くことのできる稀な機会となった。

ベトナムの有名シェフがレシピと作り方を監修した屋台も設けられ、フォーボー(牛肉と麺)、バンミーケップティット(ベトナム風サンドウィッチ)などが提供された。

伝統的な漆製品と著名なベトナム人画家による油絵の展示にも人々が集まり、ベトナム刺繍、伝統的な竹の演劇用マスク、手作りの菅笠などの土産物を買う人々の姿が見られた。

伝統的音楽や現代音楽のコンサート、アオザイ・ファッションショー、展覧会、ベトナム料理屋台など、これらイベントには英国人、外国人やベトナム人合わせて2万から2万5000人が来場した。

このプログラムは英国ベトナム大使館が主催し、ベトナム航空、クアンニン省、Thien Minhグループが後援した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月26日13:28

ベトナム:繊維衣料分野が自由貿易協定への適合の準備

ベトナムは、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、EU・ベトナム自由貿易協定、ベトナム・韓国自由貿易協定を含む、いくつかの重要な自由貿易協定に署名しようとしており、既にユーラシア経済連合(EEU)との経済協定については締結している。

これら取引からの利益を最大化するために、ベトナムの繊維衣料分野は、取引機会を逃さず、現在の成長率を維持するための準備を開始してきた。

2015年初以来、ベトナム最先鋒の経済分野の一つである繊維・衣料品の輸出によって、128億米ドルを稼ぎ出した。

欧州は重要な市場の一つであるため、今後ベトナムがEU・ベトナム自由貿易協定のような懸案の貿易協定に署名すれば、繊維衣料分野は更なる大きなビジネスチャンスを得ることになる。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を締結し、関税の段階的な削減が実現した場合、ベトナムの輸出業者は、現時点でベトナムにとっての最大の繊維・衣料品の輸入元である、米国での市場シェアを増やすことが可能となる。

今年5月下旬に調印され、すでに発効しているユーラシア経済連合(EEU)との自由貿易協定によりベトナムは、衣料品輸出額を初年度に50%、2年目以降毎年20%増加させることが見込まれている。

DHA Garment輸出会社のNguyen Minh Hoa代表は、同社が「異なる市場に対応する製品の研究や、品質と原産地規定を満たすような原材料の調達チャネルを探すなど、多くの取り組みに着手してきました。」と「ベトナムの声」紙に語った。

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長は、新たな市場を開拓することにより、企業の輸出売上や市場シェアを増加させることで従来の市場における地位を高め、2015年度の目標値285億米ドルを達成させることが可能となるだろう、と述べた。

Truong社長は、ユーラシア経済連合(EEU)との自由貿易協定に向け、「ユーラシア経済連合(EEU)は年間130億米ドル分の製品を輸入していますが、昨年ベトナムはユーラシア経済連合(EEU)に対して繊維・衣料品を販売することにより、そのうちのわずか2%に当たる3億2000万米ドルしか獲得できませんでした。自由貿易協定により、関税削減や税関手続きの簡素化の利益を最大限得ることが出来た場合、ベトナムは以降5年間でそのマーケットシェアを10%にまで増やすことができるでしょう。」と、繊維衣料分野における見通しを示した。

ビジネスチャンス増大の一方で、適用されるルールや、貿易、サービス、投資、知的財産に対して求められる要件の厳格化といった課題も引き起こしている。ベトナム繊維協会(Vitas)のDang Kim Dung会長は、こういった課題を克服し、(求められる要件に)適合するための準備を開始することを提案した。

「我々は、自国の弱点を認識した上で、衣料品会社と原材料メーカーの製品を最大限活用し、両者の連携を強化させるため、国内外の企業を誘致します。これにより、我々は自由貿易協定(FTA)や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の求める原産地要件を満たすことができます。」

自由貿易協定のメリットを最大限に活用するため、衣料品会社は、国際市場で確固たる地位を確立するためにも、技術に投資し、デザイン、パターン、品質を向上させていく必要がある。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月24日06:02

ベトナム:Hanesbrandsが投資を増強

米国のHanesbrands Inc.の子会社であるアパレル企業Hanesbrands(HBI)は生産拡大と世界市場への製品供給を目的に、 2015年末までにベトナムでの投資額を4400万米ドルから5500万米ドルに増額する。

Hanesbrandsの代表者は、今回の生産拡大計画は世界の生産国の中でもベトナムを重要な拠点とする同社の姿勢を新たに表明するものとしている。

現在、Hanesbrandsはベトナムでフンイン省Khoai Chau県、Kim Dong県、トゥアティエン-フエ省のPhu Bai県の3拠点を擁する。

Hanesbrands Vietnamの年間生産量は4億7500万点で、同社の全世界生産量の20%を占める。

Hanesbrandsは2007年にベトナムに進出し、それ以降、Hanes、Champion、Playtex、Bali、Maindenform、Flexees、JMS/Just My Size、Wonderbra、Gear for Sportsといった同社ブランドの製品はベトナムの消費者にとっても馴染みの深いものとなった。

Hanesbrands Vietnamの輸出額も創業以来8年で大幅に増加している。3拠点目となる工場の2014年の操業開始で輸出額は3億3400万米ドルにまで増加した。同社は2015年末までの年間輸出額は3億5500万米ドルに達すると予測している。

Hanesbrands Inc.本社は米国ニューヨークのウィンストン-セーラムにあり、世界35カ国で5万9500人を雇用する。2014年の売り上げは53億2000万米ドルであり、世界最大企業500社のうち490位に位置している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月22日13:58

ベトナム:アパレル企業ら、来たる賃上げに奮闘

最低賃金の上昇までまだ3か月半あるとはいえ、労働集約型の繊維や衣料品業界の企業らはこの財政負担をどう乗り切ろうかと奮闘している。

全国賃金評議会は今月はじめに2016年の最低賃金を12.4%増加させることで合意した。新しい最低賃金は10月に政府の承認を得る予定である。

つまり業界の企業らは都市部では製品構成を変更し、農村部では生産を拡張し、労働者らの手当てや賞与を削減し、難局を乗り切ろうとしている。

先週土曜日ベトナム繊維協会(Vitas)会長であるVu Duc Giang氏はベトナム国際ファッション見本市(VIFF) 2015を紹介するホーチミン市で開催された記者会見において、12.4%の給与の増加は業界の企業らに大きな課題を突き付けることになるだろうと語った。

第1地域(ハノイおよび ホーチミン市)と第2地域(カントー、ダナン、ハイフォン、ハノイとホーチミン市郊外)の企業らは大きな打撃を受けることになる。例えばViet Tien Garment Corp.は労働者らの給与が今年と比べて860億ベトナム・ドン(380万米ドル)急騰する。

「全国賃金評議会のメンバーとして賃上げは支持しますが、現在の厳しい経済状況のなかで企業が生き残れるよう手助けする意味で、時期は再度検討する必要があると思います。」とGiang氏は述べた。

業界はすでに来たる賃上げの影響を実感し始めている。ベトナムで製造原価が上昇する可能性があることから、外国の輸入業者らはミャンマーやバングラデッシュといった他の国に注文をし始めており、企業らは事態を収拾しようと躍起になっている。

長期的には地元の繊維や衣料品業界への外国の投資資本の流入は、労働者らが自身の給料で生活していくことができるよう政府が2018年にも賃上げを継続する方針であることから、停滞する可能性があるとみられている。

企業らはまた、地域別に給与が決められている方法について矛盾を指摘している。アパレル工場のあるハイフォン市のVinh Bao地区はタイビン省の境界にあり、ハイフォン市からは約80km離れている。タイビン省は第4地域だが、ハイフォン市は第1地域となっている、と彼は付け加えた。

政府に承認されれば、月額の最低賃金は、第1地域は350万ベトナム・ドン(40万ベトナム・ドンの上昇)、第2地域は310万ベトナム・ドン(35万ベトナム・ドンの上昇)、第3地域は270万ベトナム・ドン(30万ベトナム・ドンの上昇)、第4地域は240万ベトナム・ドン(25万ベトナム・ドンの上昇)となる。

Giang氏によれば、ベトナムは1月から8月までの間、前年同期比10%増の178億米ドルの収入が繊維と衣料品の輸出を通してあった。業界では今年輸出収入の目標を275億-280億米ドルに設定している。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月21日06:03

ベトナム:2015年8月25日から2015年9月3日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は対前週比で下降し、1,433~1,856USD/tで推移した。具体的には次の通りである。中国からの綿輸入価格は対前週比で2.9%下降し1,664 USD/tである。アメリカは6.8%下降し1,670USD/t、フランスは0.7%下降し1,495USD/t、オランダは16.6%下降し1,576USD/t、スイスは1.3%下降し1,558USD/t、ドイツは0.3%下降し1,675 USD/tである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの輸入価格は13.8~21.4%下降した。ブルガリアからの同原料の輸入価格に限っては、対前週比で変動がなく1,555USD/tである。その他の市場からの綿輸入価格は、オーストラリア1,856USD/t、スワジランド1,554USD/t、パキスタン1,433USD/t、インド1,527USD/t、イギリス1,565USD/t、日本1,759USD/tである。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で逆行し、0.96~11.3USD/kgで推移している。このうち、中国からの輸入価格は、対前週比で4.8%下降し1.18USD/kg、韓国は25.7%下降し1.48USD/kgである。一方、台湾からの同原料の輸入価格は、対前週比で0.1%とわずかに上昇し1.67USD/kgである。マレーシアは9.1%上昇し0.96USD/kg、スイスは4.7%上昇し1.54USD/kg、2014年同期と比較すると、これらの市場からの同原料の輸入価格は5.0~13.6%下降している。その他の市場からの輸入価格は、インドネシア1.44USD/kg、ベリーズ1.75USD/kg、タイ1.14USD/kg、日本11.3USD/kgである。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch(コード:54076900)の中国からの輸入価格は1.51USD/ydで、台湾からの輸入価格は2.50USD/yd(CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾54inch(コード:6006900)の韓国からの輸入価格は1.98USD/mで、台湾からの輸入価格は2.25USD/m(CIFタンソンニャット)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch(コード:6001910)の中国からの輸入価格は1.25USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.58USD/yd(CFRカットライ)である。

モダール95%、スパンデックス5%、生地巾61inch(コード:6004900)の中国からの輸入価格は1.89USD/ydで、香港からの輸入価格は3.01USD/yd(CFRカットライ)である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月20日05:59

ベトナム:「村からのデザイン」でラムドン省の少数民族刺繍村を支援

ロビンソン百貨店はベトナム人ファッションデザイナーAdrian Anh Tuanとともに「村からのデザイン」という社会プログラムを立ち上げる。

Tuanは中央高地ラムドン省にある刺繍の盛んな少数民族の村々を訪ね、訪問から得られたインスピレーションを基にこれらの村への資金集めのためのコレクションを製作する。

ラムドン省への3日間の訪問中、Tuan はK’LongとB’Noの2つの手工芸村を訪問した。Tuanのコレクションは10種類のTシャツからなり、現代的なスタイルと伝統的なスタイルを組み合わせたものや手刺繍ならではのパターンを取り入れたものがある。このコレクションは今年第4四半期に公開される予定である。

Tuanはベトナム少数民族による手刺繍は全く独特なものであると話す。ロビンズ百貨店を担当するGerard McGurk上級副社長は、ロビンズはこのプロジェクトを通して遠隔山岳地域の文化遺産を都市の人々に紹介することで、その地域のコミュニティを支援したいと話した。

このプロジェクトは貧困、文盲、病気といった困難に直面する少数民族の人々を支援することを目的としている。手工芸村の人々はファッショナブルで若々しいTシャツの素材となる刺繍を製作することでより多くの収入を得ることができる。これら商品の販売による収益は貧しい村々の支援を行うために使われる。特に、このプロジェクトで製作されたすべてのデザインは村の人々が今後も利用することができ、観光振興のための独自の土産物の開発などに活用できる。

Adrian Anh Tuanは彼自身のハイファッションブランドValencianiを所有しており、TVシリーズであるベトナムのネクストトップモデル2015第6シーズンの審査員の一人でもある。

「ラムドン省は私の祖母の故郷で、今回ご紹介する刺繍の原産地です。中央高地地方の代表的な模様や色使いを皆さんにお見せできるのが楽しみです。地元コミュニティへの支援に協力できることに感謝しています」とTuanはコメントしている。

村々はコレクションの原材料となる刺繍を提供することで収入源を得ることができ、さらにこのコレクションの販売による利益は全額寄付される。村では今後もこのデザインを土産物の製作に使うことができる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル: /
最終更新:2015年09月19日06:00

ベトナム:ロンアン省、3000万米ドルの投資案件にGOサイン

ロンアン省人民委員会は、同省の国境経済区に染色及び縫製品の生産工場を建設する投資案件を承認する方針を打ち出した。この案件は総投資額3000万米ドルで、1万名を雇用、ロンアン省Kien Tuong町Binh Tan地区及びBinh Hiep地区の15haに展開する。投資主は台湾の台南紡織。

同時に、同省人民委員会は投資家に対して、先進の技術、最新鋭の設備を使用することや環境保護に関する国の規定を遵守することなどの条件を満たさなければならないと要求した。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月18日14:03

ベトナム:TPP発効後には原産地規則がアパレル産業の難題に

自由貿易協定、特に締結が迫る環太平洋経済連携協定(TPP)の発効後には、ベトナム繊維産業は原産地規則という難題に直面することとなるだろう。

この懸念は、ホーチミン市で9月9日に開催されたベトナム・韓国縫製技術セミナーで話題となった。

ベトナムは世界でも最大のアパレル製品輸出国の一角を占めるものの、繊維製造業の70%は中小企業で下請作業を行っているにすぎない。繊維生産、織物生産、染色の基盤も脆弱で、ほとんどの原材料を中国と韓国から輸入している。

ホーチミン市韓国総領事館のMoon Byung-chul商務官は、TPPの恩恵に与るためには、ベトナムは「ヤーンフォワード」の原産地規則、つまり米国をはじめとするTPP加盟国の糸や布地のみを原材料として使うという規則に従わなければならないと話す。

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、ベトナムは織物、染色の基盤が脆弱であるため、アパレル業界では国内産原材料を利用した製品の割合は55%に過ぎないという。

ベトナム繊維協会のDang Phuong Dung副会長は、織物、染色の事業は環境汚染のリスクから事業許可が得られないと明かした。

こうした現実を前に、Dung副会長はある一定の地域や区域を織物・染色専用区画とし、必要なインフラや廃棄物処理施設を設ければ、外国の投資家へも売り込みやすくなると提案する。

Dung副会長はまた、ベトナムのアパレル企業は、高品質繊維の生産のために、ファッション分野における研究開発の先進国である韓国から学ぶべきであると話した。

このセミナーは科学技術省南部地域事務所と韓国工業技術研究所ベトナム事務所が共催した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月18日06:04

ベトナム:Luen Thaiグループがベトナムでさらなる事業拡張を予定

香港を本拠地とするLuen Thaiグループは最近、ベトナムでの事業を拡大し、縫製繊維工業団地の開発を予定していると発表した。ベトナムでの報道によると、同社は2015年上半期の決算中間発表の場でこの計画を明らかにしたという。

ベトナムには必要なインフラと特恵関税制度、発展しつつある縫製繊維産業があり、同社がその地位をさらに強固なものとするためには理想的な環境である。熟練した、勤勉な労働者が多く、貿易環境も好ましいことから、同社は業務拡大の拠点として再度ベトナムを選択した。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の締結が見込まれる中、ベトナムの縫製業、縫製製品輸出における強みはさらに強化されることが予想される。

Luen Thaiグループは2013年にベトナムのアパレル製造企業で年商2億5400万米ドルのOcean Skyグループを買収した。その後2014年には、同社はThien Nam Sunrise Textile株式会社への投資を行っている。

Luen Thaiグループのベトナム企業との関係はその後も続き、2015年はじめには、縫製企業大手であるDuc Giang社(Dugarco)と協力協定を結んでいる。

Luen Thaiグループはインドネシア、中国、カンボジア、インド、ベトナム、フィリピンに製造・外注契約企業を持つ。グループ全体では全世界で約4万人を雇用し、年商は12億ドルに達する。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月17日13:58

ベトナム:ジーンズの日本への輸出、70%以上の大幅減少

統計データによれば、2015年年初8か月間のベトナムジーンズの輸出は621万点、4250万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が7.2%増、金額が2.1%増となった。2015年第4四半期の同製品の輸出は、対前年同期比で2170万米ドル、15%増となる見込みである。

2015年6か月間では、ベトナムからアメリカおよびEU市場へのジーンズの輸出は対前年同期比で増加したが、日本への輸出は減少した。具体的には次の通りである。

6か月間のアメリカ市場へのジーンズの輸出は361万点、2410米ドルに達し、対前年同期比で数量が11.2%増、金額が5.5%増となり、同製品の総輸出額の80.3%を占めた。現在、アメリカ経済の見通しはより明るくなっており、労働市場は強い成長を維持している。同国の経営活動は7月の5.7から今月は8.3に上昇し、生産分野において広がりが見られる。生産された商品の需要はいまだ弱い一方で、輸出は強く回復し、同地域の各工場における雇用も改善されている。6月における小売業および工業生産の売り上げは強固で、同経済が第3四半期において強く動き出したことを示す。第2四半期においては、国内の総製品が2.3%増加した。7月においては雇用が21万5000件増加し、アメリカ経済の成長が良好であることを表している。今後の同市場への縫製製品の輸出は、引き続き成長が見込まれる。

EU市場へのジーンズの輸出は23.8%とかなり増加し、対前年同期比で数量が23.8%増、金額が15.6%増となり、44万4100点、282万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出が対前年同期比で増加しており、ドイツ72.8%増、デンマーク18%増、ベルギー196.8%増、等である。ユーロ圏の経済成長は2015年第2四半期において遅れが見られ、2015年第1四半期における0.4%という数字よりもさらに低い0.3%であった。フランス経済の成長は、第1四半期の0.7%増から第2四半期においても大きな変化がない。ドイツ経済は、0.3%から0.4%へと増加したGDPと共に、強く成長している。スペインは第2四半期に1%という最も良い成長率を誇る国のひとつである一方、イタリアは0.2%増にとどまる。しかしながら、ユーロ圏のインフレ率と失業率には大きな変化が見られず、7月のインフレ率は0.2%であり、6月の失業率も安定している。このことは、消費ニーズがいまだに低いことを示し、第4四半期における同市場への縫製製品の輸出の増加は少ないと見込まれる。

韓国および日本市場へのジーンズの輸出は、対前年同期比でぞれぞれ7.8%減、70.9%減となり、それぞれに57万9700米ドル、44万6700米ドルだった。

その他の市場へのジーンズの輸出は対2014年6ヶ月比で強く増加し、メキシコ42.5%増、アラブ首長国連邦43%増、オーストラリア30.5%増、等だった。

 

2015年8カ月のジーンズの輸出価格は、対前年同期比で4.8%下降し、FOB単価は6.72米ドルだった。

2015年6か月のアメリカ市場へのジーンズの輸出は、対前年同期比で5.2%下降し、FOB価格は6.69米ドルだった。2015年6月の同市場への輸出価格は対前月比で1.3%下降したが、対前年同期比では0.2%とわずかに上昇し、FOB単価は7.11米ドルだった。

2015年6か月の日本へのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で18.5%下降し、FOB単価は7.86米ドルだった。2015年6月の同製品の輸出価格は対前月比で15.1%上昇したが、対前年同期比では6.8%下降し、FOB単価は7.74米ドルだった。

2015年6カ月のEU市場へのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で6.6%下降し、FOB単価は6.37米ドルだった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月17日06:01

ベトナム:最低賃金引き上げ率は高すぎる

ベトナムの産業界は12.4%もの最低賃金引き上げという政府の新しい政策に対し、引き上げ率が高すぎると不満を表明している。生産コストも不必要に上昇することになる。また、数多くの企業が廃業に追い込まれるだろうと予測されている。

賃金上昇ばかりでなく、企業は新しい社会保障基金に賃金の17%を払わなければならず、12.4%の賃金上昇とともにこの金額も上昇することになる。ベトナム商工会議所のHoang Quang Phong会長は、これらを合わせると20%ものコスト増となると話す。国内企業の多くは20%もの利益を上げることはできていないとも彼は指摘する。

労働組合費、高額な社会保障費、そして最低賃金の引き上げはベトナムの多くの企業を破綻に追い込みかねない。実際、主税局の統計によると、48万3000社の登録企業の70%が利益なしで操業している。

しかし、この統計は正しくないと主張するものもある。多くの企業は税金いたくないために、細工したデータを提出しているのだという。業界団体はもちろんこれを否定する。

ベトナム縫製協会は、今回の最低賃金引き上げにより、縫製業界の4800社は2億6000万ドル、6兆ドンもの金額を上乗せして払わなければならなくなると声明で述べている。

国会社会問題委員会のBui Si Loi議長は、12.4%の最低賃金引き上げは結局のところ労働者にしわ寄せが行くことになりかねないと話す。操業コストが高くなりすぎると、企業は従業員を減らさざるを得ない。つまり、賃金を上げる為の努力をして結局全額失うことになりかねないということだ。

失業率が高くなると、経済も弱体化するとLoi議長は指摘する。

企業はボーナスや各種手当も削減せざるを得なくなる可能性もある。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月16日16:21

ベトナム:2015年8月18日から2015年8月26日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は下降し、1,403~1,791USD/tで推移した。具体的には次の通りである。中国からの綿輸入価格は対前週比で0.3%下降し1,714 USD/tである。フランスは2.3%下降し1,506USD/t、イギリスは2.1%下降し1,543USD/t、オーストラリアは5.7%下降し1,731USD/t、日本は0.8%下降し1,661USD/t、ブルガリアは5.8%下降し1,555 USD/t、インドは2.1%下降し1,472 USD/t、パキスタンは3.7%下降し1,403 USD/tである。一方、アメリカからの同原料の輸入価格は対前週比で5.0%上昇し、1,791USD/tである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの輸入価格は5.7~23.4%下降した。また、その他の市場からの綿輸入価格は、スイスが1,579USD/t、ドイツが1,680USD/t、スワジランドが1,553USD/t、オランダが1,890USD/tである。

一方、各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で逆行し、0.77~6.05USD/kgで推移している。このうち、中国からの輸入価格は、対前週比で6.8%上昇し1.24USD/kgである。韓国は13.7%上昇し1.99USD/kg、台湾は24.8%上昇し1.67USD/kgである。一方、同原料のインドネシアからの輸入価格は、対前週比で10.1%下降し0.88USD/kgである。スイスは4.5%下降し1.48 USD/kg、マレーシアは22.7%下降し0.88 USD/kg、日本は26.2%下降し6.05 USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は、香港1.85USD/kg、インド0.77USD/kg、ベリーズ1.69USD/kgである。

 

綿100%、生地巾57/58inch(コード:52091900)の台湾からの輸入価格はより低く1.45USD/ydで、中国からの輸入価格は2.13USD/yd(CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾58/60inch (コード:54074200)の台湾からの輸入価格は最も低い0.75USD/ydで、中国からの輸入価格は1.56USD/yd、韓国からの輸入価格は2.15USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch (コード:54076900)の中国からの輸入価格は0.95USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.78USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:54074190)の中国からの輸入価格はより低く1.22USD/ydで、台湾からの輸入価格は1.55USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月13日10:51

ベトナム:イオン、来月ハノイ1号店のモールを出店

日本の小売大手のイオン株式会社は来月、ハノイに初のショッピングモールをオープンさせる予定だ。ホーチミン市に初のベトナムの商業施設を開設してから2年に満たない早さだ。

イオンモールLong Bienは10月28日にグランドオープンを迎える予定で、同社は火曜日の報道発表の中で「ハノイの地元住民に対し今までに例のない世界観を創り出し、新しいライフスタイルを提唱する」ことを約束すると述べた。

ハノイのショッピングセンターはベトナムにおける日本の単独で最大のショッピングモール開発と運営では三番目となる。

ハノイの中心部のホアンキエム湖の約5km東に位置するLong Bien区2011年に制定された首都ハノイの基本計画によれば、2030年までに開発がすすめられる新興住宅地と位置づけられる、とイオンはいう。

イオンモールLong Bienは地上4階、総賃貸面積は72000平方メートル、180以上の店舗を開設することが可能だ。

モールはあらゆる年代が楽しめるエンターテインメント施設を要し、映画館、ディーンエージャー向けのエンターテインメントのエリア、子供向けの大規模な室内遊園地、その他様々な食事を楽しめる場所を提供する。

イオンモールで入手できる半分の商品がベトナム製で、残りの20%を日本製、30%をその他の市場で占める、とイオンベトナムの代表と社長を務める小西幸夫氏は木曜日の記者会見で語った。

イオンモールロンビエンの経営者である氏は、将来的にはベトナムの製品の割合を90%にするよう努めたいと述べた。

小西氏はまた、ハノイのモールの稼働率は98%と非常に高いと付け加えた。

ベトナム初のイオンショッピングモールはホーチミン市に2014年1月にオープンしたが、10か月後には南部のビンズン省にもオープンした。

イオンによれば、ホーチミン市の2番目の商業施設として、イオンモールBinh Tanが2016年夏にオープンを迎える予定である。

イオンはカンボジアとインドネシアでもショッピングモールを1つずつ展開している。同社はカンボジアで2番目の施設を2018年夏頃、2016年以降インドネシアにあと2つモールをオープンしたいと検討中だ。

日本の小売り大手であるイオンは合計すると東南アジアに9つのモールを展開することになるが、なかでも地域内でベトナムが最大のショッピングモール数をもつことになる。

千葉県美浜区に本社を置くイオンは、イオングループの持株会社であり、アジアにおける最大の小売業者である。コンビニエンスストアの「ミニストップ」やスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店など約300の連結子会社と26の持ち分法の関連会社を傘下に持つ。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月12日06:03

ベトナム:オーストラリアのウールに注目

オーストラリアンウールイノベーション(AWI)はベトナムで形成されつつある羊毛産業にグリージーウールを供給するという目標に到達しようとしている。

AWIは、最も急速に成長している繊維製品輸出国のひとつであるベトナムで、新たなウール製品のサプライチェーンを確立しようと3年前に決定していた。

AWIのJimmy Jackson製品開発・市場化部長は、地理的に多様な場所で新たなビジネスチャンスを作り、オーストラリアの中国への高い依存度を下げることが目的であると語った。

「最終的な目的はウールのオークションルームにより多くの人を呼びこむことです。バイヤーが増えれば、価格が上昇する可能性も高くなります」と彼は話す。

Jackson氏によると、ベトナムは政治的に安定しており、熟練した繊維労働者がおり(そのほとんどがウールよりは化繊を使っているとはいえ)、日本、韓国、EU、EU衛星諸国との自由貿易協定の発効待ち状態にあり、環太平洋戦略的経済連携協定への調印も控えているという、多くの好条件を備えている。

ベトナムは人件費も安く、中国の約3分の1である。

AWIは現在までにニット製造業者を中心に91の製造業者と提携し、オーストラリア産ウールから高品質の製品を製造するための技術指導を行っている。

そのうち、43社は高い技術を持ち、オーストラリア産ウールから製造した製品のほとんどを日本と韓国に輸出している。

AWIはサプライチェーンの次の段階で、3社にオーストラリア産ウールからニット業者向けのウール撚糸の製造のための技術指導も行っている。

「彼らとともに、まずは限られた品揃えで展開していく予定です。様々な色、はじめは20色程度の基本色をベトナム国内の紡績産業に供給できるようにします」とJackson氏は話す。

「糸の製造量にある程度の規模がでてきたら、誰かが地元でトップメーキングの工場を建てることを検討してくれたらよいのですが」

ジャクソン氏によると、AWIは前線からアプローチしていく戦略、つまり自社の機械でどのような繊維も取り扱えるニット製造業者からアプローチする戦略をとったと話す。

「洗毛、トップメーキング工場を作るには4000万ドルかかり、そしてウール専用となります。そのため誰もまだ手を出さないのです」とジャクソン氏は話す。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月11日14:02

ベトナム:2016年の最低賃金は12.4%の引き上げに

全国賃金審議会は9月3日、2016年の最低賃金を12.4%引き上げることを採決した。

この採決は、同日午前中にハノイで開催されたベトナム労働総同盟(VGCL)とベトナム商工会議所(VCCI)の協議で合意に至らなかったことを受けて行われた。

採決では15票中14票が12.4%の賃上げを支持した。来年から、ベトナム全国の労働者は居住地域により、今年の賃金と比較して月額25万ドンから40万ドン(11-17.5米ドル)の賃上げとなる。

最低賃金の引き上げ案は、最近のベトナム・ドンの下落で政府のインフレ目標値である5%を達成できなくなるのではとの懸念から起こった。ベトナム総統計局は、2015年1月から8月までのインフレ率は前年同期比2.19%であったと発表している。

労働者を代表するベトナム労働総同盟と産業界を代表するベトナム商工会議所は、9月3日までに3回開催された協議で合意に至ることができなかった。

ベトナム労働総同盟はかつての16.8%の提案を取り下げ、今年のGDP、輸出、海外直接投資の伸びを根拠に、14.3%の賃上げを提案していた。

ベトナム労働総同盟のMai Duc Chinh副会長は、月額で30万から45万ドン(13.15-20米ドル)の上昇となる14.3%の賃上げは、昨年行われた賃金調整から少々上昇するだけであり、適切であると主張した。ベトナム商工会議所は、急激な賃上げは産業界に大きな負担になるとして、従来通り10.7%の賃上げを主張していた。

審議会の最終決定について、Chinh副会長は、当初の主張は通らなかったものの、ベトナムの労働者は産業界、雇用者が直面する難関にともに立ち向かっていくであろうと述べた。

ベトナム商工会議所のHoang Quang Phong副会長は、12.4%の賃上げは産業界には大きな負担となるだろうと述べた。Phong副会長はまた、商工会議所は産業界が世界的な市場への参入努力と生産性向上を続けるよう支援すると話した。

ベトナム労働総同盟とベトナム商工会議所は以前の2回の協議で合意に至ることができなかったため、Nguyen Tan Dung首相は全国賃金審議会に調停を行うよう指示していた。

現在の最低賃金は地域の生活費に基づき設定されている。最高額はハノイ市、ホーチミン市で月額310万ドン(137米ドル)、最低は農村地域の月額215万ドン(96米ドル)となっている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月10日13:39

ベトナム:子供服の輸出、20%増加

統計データによれば、2015年年初7か月間のベトナムの子供服の輸出は2億5830万点、7億5350万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が18.3%増、金額が20%増となった。2015年後半4か月の同製品の輸出は、対前年同期比で4億9500万点、20%増となる見込みである。

2015年年初6か月間では、ベトナムからアメリカ、EU、日本といった大市場へ子供服の輸出は総じて、対前年同期比かなり成長した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場への子供服の輸出は最大で、6か月間の同製品の総輸出金額の69.5%を占め、1億5440万点、4億1280万米ドルに達し、対前年同期比で数量が28.3%増、金額が29.4%増となった。2015年6月に限っては、同市場への輸出は対前月比で数量が29.6%増、金額が30.1%増、対前年同期比では数量が33.2%増、金額が36.7%増となり、3150万点、9540万米ドルに達した。現在、アメリカの雇用の成長は安定しており、小売業の売上および新築家屋の数は増加している。アメリカ経済は引き続き成長を維持しており、今後の同市場への縫製製品の輸出は有利になっていくと見込まれる。

EU市場への子供服の輸出はかなり増加し、対2014年6か月比で数量が17.3%増、金額が14.8%増となり、1210万点、6570万米ドルだった。こうした成長はいくつかの国への輸出が対前年同期比で非常に増加したためであり、具体的にはイギリス24%増、フランス146.2%増、イタリア19.4%増、オランダ31.8%増、ベルギー304.8%増、等である。

日本市場への子供服の輸出は、対前年同期比で数量が5.3%増、金額が12.5%増となり、612万点、1850万米ドルだった。日本経済は、輸出の減少やGDP成長率の低迷等、消極的な情報が続いていることを背景に消費者が支出を控えているため、ベトナムから日本市場への同製品の輸出は引き続き増加が鈍いだろうと予測される。

その他の市場への子供服の輸出は対前年同期比で急激に増加しているが、その金額は低い。チリ293.2%増、ノルウェー274.2%増、サウジアラビア85.6%増、トーゴ211.3%増、ニュージーランド258.7%増、アルゼンチン469.7%増、パナマ134.1%、等である。

 

2015年7カ月間の子供服の輸出価格は、対前年同期比で1.4%とわずかに上昇し、FOB単価は2.92米ドルだった。

2015年6か月間のアメリカ市場への子供服の輸出は、対前年同期比で0.9%上昇し、FOB価格は2.67米ドルだった。2015年6月の同市場への輸出価格は対前月比で0.4%とわずかに上昇、対前年同期比では2.6%上昇し、FOB単価は3.02米ドルだった。

2015年6か月間の日本への子供服の輸出価格は、対前年同期比で3.7%上昇し、FOB単価は3.15米ドルだった。2015年6月の同市場の輸出価格は対前月比で24.9%上昇したが、対前年同期比では13.4%下降し、FOB単価は3.77米ドルだった。

一方、2015年6カ月間のEU市場への子供服の輸出価格は、対前年同期比で2.2%下降し、FOB単価は5.41米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出価格は対前年同期比で下降し、イギリス5.6%減、フランス16.2%減、イタリア15.4%減、アイルランド26.5%減、等であった。

過日の中国人民元の価格低下は、ベトナムの縫製製品の輸出価格に大きな影響を与えてはいない。これは現在に至るまで、ベトナムの縫製製品は価格の面で中国製品と競争することができていないためである。とりわけアメリカ、EU、日本といった難しい市場においては、顧客は品質や、消費者に対する有害物質を使用していない製品―エコ・プロダクトへの関連要素等に多くの関心を抱いている。長い目で見て、強く成長し発展するためには、グローバルなサプライチェーンにおけるベトナムの縫製業界の競争力向上をめざし、各企業は進展を止めず、製品の品質と供給能力を向上していく必要がある。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月10日09:31

ベトナム:アパレル企業、TPPのチャンスを待つ

衣料品や繊維関連の企業らはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)により訪れるチャンスを逃さぬよう、最前線にいようと奮闘している。

衣料品や繊維関連の企業はTPPにより最も恩恵を受ける産業のひとつと見られており、多くの企業が例えば最新の生産ラインへの投資、設備のアップグレード、デザインや製品の品質の向上、市場へのアクセスを高めるなど、好機をものにしようと積極的に対策を講じており、彼らの努力は有望な結果をもって報われ始めている。

特に株式を上場している6つの衣料品・繊維企業が収益と利益の両面で今年第2四半期に目覚ましい成長を遂げている。

これら6つの企業の第2四半期の純収入は1.8兆ベトナム・ドン(7990万米ドル)に達し、前年比で20.74%の伸びを見せた。合計の税引き後利益は1100億ベトナム・ドン(488万米ドル)近くに達し、前年比で29%増となった。

Thanh Cong貿易・投資・縫製株式会社がこの分野での牽引を続け、最も高い売上高と利益をあげた。第2四半期の純収入が7300億ベトナム・ドン(3240万米ドル)近く、税引き後利益は530億ベトナム・ドン(235万米ドル)、前年比それぞれ9.96%、13.4%の上昇を遂げた。

同社は2014-17年にかけて合計3000万米ドルを織物染色工場に投資している。

TNG貿易・投資株式会社の例を見てみると、同社は第2四半期に5000億ベトナム・ドン(2220万米ドル)の純収入を上げており、税引き後利益は160億ベトナム・ドン近く、前年度比それぞれ56%、42%となっている

TNG社は400億ベトナム・ドン(177万米ドル)相当の綿花生産ラインを追加で一つ稼働させた。同社の現在の生産ラインの3倍の容量を持ち合わせている。

DHA縫製輸出会社の担当者であるNguyen Minh Hoa氏は、「ベトナムの声」に対し、異なる市場に適切な製品を検討したり、品質や市場の要求にあった製品を生産するための原材料を調達するチャネルを選択したりするなど多くの段階を経たという。

現在、ベトナムの衣料品・繊維製品の最大の輸出先は米国とヨーロッパである。

ベトナム企業は近年積極的に市場を拡大してきた。特にTPPの締結の後「ベトナム製」の製品は現在米国に輸出する際にかかっている7-32%の税金がゼロになり、大きな利益を享受すると見られている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月07日06:02

ベトナム:2015年8月11日から2015年8月19日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,445~1,835USD/tで推移した。具体的には次の通りである。中国からの綿輸入価格は対前週比で2.8%上昇し1,720USD/t、アメリカは1.3%上昇し1,706USD/t、スイスは8.2%上昇し1,514USD/t、オーストラリアは0.8%上昇し1,835USD/t、インドは2.0%上昇し1,504USD/t、日本は7.7%上昇し1,674USD/tだった。一方、パキスタンからの綿輸入価格は対前週比で1.1%下降し1,457USD/t、イギリスは0.2%下降し1,576USD/t、フランスは2.6%下降し1,541 USD/t、香港は6.4%下降し1,621 USD/tだった。2014年同期と比較すると、これらの市場からの同原料の輸入価格は6.6~26.3%下降している。その他の市場からの同原料の輸入価格は、エジプト1,510USD/t、ブルガリア1,650USD/tである。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で下降し、0.98~8.2 USD/kgで推移している。そのうち、スイスからの輸入価格は、対前週比で4.0%下降し1.54USD/kgである。韓国からの輸入価格は、対前週比で4.0%下降し1.75USD/kgである。台湾からの輸入価格は対前週比で30.4%下降し、1.34USD/kgである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの輸入価格は5.0~14.3%下降している。その他市場からの輸入価格は、中国1.16USD/kg、マレーシア1.14USD/kg、タイ1.25USD/kg、日本8.2USD/kgだった。

ウール100%、生地巾58/60inch(コード:52091100)の香港からの輸入価格はより下降し7.5USD/ydで、韓国からの輸入価格は27.95USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾56/57inch (コード:55151900)の中国からの輸入価格は1.27USD/mで、韓国からの輸入価格は1.44 USD/m(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:60069000)の中国からの輸入価格は最も低い1.21USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.34USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

綿60%、ポリエステル40%、生地巾64/66inch (コード:60062300)の韓国からの輸入価格は1.65USD/ydで、香港からの輸入価格は2.4USD/yd(CIFハイフォン)である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月06日15:31

ベトナム:アメリカ、EU、日本へのジャケットの輸出が増加

統計データによれば、2015年年初7か月間のベトナムのジャケットの輸出は1億5000万点、241万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が12.1%増、金額が8.1%増となった。現在、縫製製品の輸出はシーズンを迎え、ジャケットの輸出は強く増加する時期である。2015年第3四半期のジャケットの輸出は23億米ドルに達し、対前年同期比20%増となる見込みである。

2015年6か月間では、ベトナムから主力市場へのジャケットの輸出は対前年同期比で4.5~19.4%増加したが、韓国への輸出は減少した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場へのジャケットの輸出は、引き続き良好に成長しており、対2014年6か月比で数量が16.1%増、金額が19.4%増となり、4410万点、6億2020万米ドルに達し、総輸出額の35.7%を占めた。2015年6月は、対前月比で数量が35.7%増、金額が58.8%増、対前年同期比では数量が17.9%増、金額が26.4%増となり、1310万点、2億1060万米ドルに達した。現在、アメリカの労働市場は7月においても引き続き改善を維持しており、21万5000の新規雇用を創出した。これは65カ月連続の増加で、アメリカ労働市場が成長し、合計1300万の雇用を生みだした最長の時期を示している。この3カ月で、アメリカで創出された毎月の平均雇用数は23万5000である。2015年7月のアメリカの失業率は、この7年間で最低の5.3%である。7月においては、アメリカの雇用の平均給与も対前月比で0.3%増となった。こうした積極的な兆しにより、今後の同市場への縫製製品の輸出は有利になると見込まれる。

今年年初6か月のEU市場へのジャケットの輸出は、対前年同期比で数量が10.8%増、金額が4.5%増となり、2840万点、4億6330万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出が対前年同期比で増加しており、イギリス29.1%増、オランダ42.4%増、フランス59.7%増、ギリシャ64.9%増、スロベニア1322.2%増、ラトビア297.1%増、等である。

対2014年同期比で、日本市場への同製品の輸出は、数量が18.6%増、金額が11%増となり、1110万点、1億6350万米ドルだった。

一方、韓国市場へのジャケットの輸出は、対2014年6か月比で数量が16.3%減、金額が17.8%減となり、1200万点、2億3730万米ドルとなった。現在、2015年第2四半期の韓国経済は疫病への苦心により成長が非常に困難であり、アジア第4位の大きな経済のGDPは、第2四半期において0.3%増加したのみであり、第1四半期の0.8%と比べて非常に低かった。これはこの2年強において最低の数値であり、以前に専門家らが提示した予想よりも低かった。韓国の2015年の経済成長が予想よりも低くなったのは今年で3回目であり、3.1%から2.8%となった。一方で、基本利率は1.5%という記録的な低い数値を維持し続けている。消費者は現在財布のひもを締めており、7月における同国の消費者信用指数は100だった。こうして経済についての楽観的ではない兆しにより、同市場への縫製製品の輸出は今後伸び悩むと見込まれる。

各企業はその他の市場へもジャケットの輸出を強化しており、対前年同期比でオーストラリア43.9%増、アルゼンチン78.7%増、ノルウェー45.1%増、パナマ83.2%増、ペルー92.2%増、ベネズエラ101.8%増、等となっている。

 

2015年7カ月間のジャケットの輸出価格は、対前年同期比で3.5%とわずかに下降し、FOB単価は16.1米ドルだった。

2015年6か月間のアメリカ市場へのジャケットの輸出は、対前年同期比で2.9%とわずかに上昇し、FOB価格は14.06米ドルだった。2015年6月の同市場への輸出価格は対前月比で17%上昇、対前年同期比では7.2%上昇し、FOB単価は16.05米ドルだった。

一方、2015年6か月間の韓国へのジャケットの輸出価格は、対前年同期比で1.8%下降し、FOB単価は19.7米ドルだった。2015年6月の同市場の輸出価格は対前月比で50.4%と強く上昇、対前年同期比では6.4%上昇し、FOB単価は26.74米ドルだった。

2015年5カ月間のEU市場へのジャケットの輸出価格は、対前年同期比で5.7%とわずかに下降し、FOB単価は16.29米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出価格は対前年同期比で下降し、ドイツ7.3%減、イギリス4.4%減、スペイン7.2%減、イタリア18.1%減、ベルギー8.2%減、スウェーデン2.5%減、等となった。

2015年6か月間の日本へのジャケットの輸出価格は、対前年同期比で6.4%下降し、FOB単価は14.66米ドルだった。2015年6月の同市場の輸出価格は対前月比で5.0%上昇したが、対前年同期比では4.1%下降し、FOB単価は13.97米ドルだった。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月04日06:00

ベトナム:Luen Thai社、投資を継続

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の締結で期待される効果を踏まえると、ベトナムはアパレル生産国として当面は優位的な位置にあり続けるだろうとLuen Thai Holding社は表明している。

アパレル製品・アクセサリメーカーである同社は、ベトナムで現在操業中のThien Nam Sunrise Textile株式会社(TNS)とDuc Hanh Garment株式会社(DHG)を含むベトナムでの事業に今後も資源を投入し、注力し続けていくと表明した。

さらに、米国の特恵関税制度の見直しにより、従来除外されていた旅行用品、ハンドバッグ、スーツケースや財布といった製品も、おそらく2016年下半期から関税減免措置の対象となる可能性があると言及している。

将来の需要増加に対応するため、Luen Thai社は高級・コンピューターバッグ、バックパックの生産基盤のカンボジアとフィリピンへの拡張を予定している。この拡張により短期的なコストは増加するものの、これにより同社は特恵関税制度というチャンスを掴み、中期的にはアクセサリ類の生産を伸ばすことができるとしている。

このコメントは同グループのカジュアル・ファッションアパレル部門の「不調な」結果により、上半期の純利益が半減したことを受けて発表された。昨年上半期の純利益1660万米ドルに対し、今年6月30日までの6ヶ月間の純利益は780万米ドルであり、大幅な減益となった。

収益は昨年の5億6110万米ドルに対し5億2200万米ドルであり、7%減少している。

カジュアル・ファッションアパレル部門の収益は920万米ドルで60%の減少となった。これはOcean Sky Globalとその子会社の工場操業改革とカンボジアでの従業員再配置を原因とした業績不振によるものであった。加えて、2015年上半期、日本の主要顧客からの発注が同社の想定以上に減少したことも響いている。

Luen Thai社のセーター生産部門でも180万米ドルの損失を計上しているが、これは季節的なものと見られる。

同グループでは、2015年下半期についても継続的に業績不振となると予測しており、業績の回復は「2016年にようやく可能となる」と見ている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月02日13:54

ベトナム:労働組合の16%の賃上げ要求に対し、雇用側が譲歩を求める

2016年の最低賃金の引き上げを議論する第2回会合は、労働組合が要求する賃上げ要求が大きすぎるとして、業界団体が受入れを拒否したことにより、合意に達することができなかった。

ベトナム全土のすべての労働組合を代表するベトナム労働総連合(VGCL)は火曜日、労働者は16.8%の賃金上昇に値すると主張した。

一方で、数千人の労働者を代表するベトナム商工会議所(VCCI)は、わずか10%の賃上げに合意した。

約300万人の労働者を雇用しているベトナム繊維協会(Vitas)は、ほんの6.7%の賃上げを働きかけた。

いずれの団体も、今回は同じテーマについて主張していた。

ベトナム商工会議所(VCCI)のHoang Quoc Phong副会頭は、70%もの企業が市場で利益を出せていないため、高い賃上げには耐えられないだろうと述べた。

「会社は生産を維持しようと懸命に取り組んでおり、また、労働者のこともよく考えています。」

Phong副会頭は、地元企業は来るべき自由貿易協定に伴う多くの新しい政策や、新しい課題に対処しようとしていると述べた。

「我々は、労働者からの譲歩を今本当に必要としています。」とPhong副会頭は、サイゴンタイムズオンラインのウェブニュースを引用して述べた。

 

労働者の苦難

しかし労働連合のMai Duc Chinh副会長は、労働者が企業に譲歩を示すには、余りにも貧しすぎると述べた。

「私は、役人が工業地帯にある労働者の自宅を訪問し、現実を見るべきだと提案しています。我々は、エアコンが完備された部屋に座って政策を決定したり、労働者の苦難を知ろうと試みたりすべきではありません。」と、Chinh副会長は述べた。

Chinh副会長は、現状(の賃金水準)では労働者の基礎的な生活必要資金の75%しかカバーできていないのに対し、労働連合が提案する賃金水準により、その89%をまかなうことができるようになる、と述べた。

農村部と都市部の60の企業において、4〜5月にかけて彼の組織が実施した調査によると、現在の賃金で生活をやりくりするのに、労働者の92%が苦労していることが判明した。

労働者の約20%は生活するのにお金が足りず、31.3%は非常な倹約を強いられており、40.7%がかろうじてやりくりしている、と答えた。わずか8%程度の労働者が、少し貯蓄をすることができると述べた。

最低賃金は、スキルや経験に基づいて各労働者に割り当てられた係数を加味したベース額を乗じて、会社が労働者の賃金を計算するのに用いられる。新人は、例えば多くの場合、わずかな係数しか与えられない。

賃金は、年間の賃上げ分を受けとるように設定される。現状月額215~310万VND(95~137.5米ドル)の範囲で、年初以降15%の増加となっている。

国の労働者、雇用主と労働省を代表する15のメンバーから成る全国賃金評議会は、2016年の賃上げを議論するために、労働組合と業界団体との会合を設定してきた。

彼らはもし、9月3日の最終会議でなおも合意に達することができない場合、評議会が意思決定を行い、中央政府に独自の賃上げ率を提案することになる予定である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月02日05:51

ベトナム:繊維公団が中部にて670万ドル規模の縫製工場建設を開始

ベトナム繊維公団(Vinatex)は、ベトナム中部クアンビン省で8月25日に670万米ドル規模の縫製工場の建設を開始すると発表した。

Le Thuy県のCam Lien工業団地に建設される6haの工場は、生産能力年間800万着となる予定である。この工場で生産される製品は米国、EU、日本といった主要市場に輸出される。

工場の第1期部分は2016年3月に操業開始が予定されている。

この工場は、ベトナムが調印予定の様々な自由貿易協定締結後の輸出チャンスを活用するため、繊維公団の生産量増加計画の一環として建設される。

2014年、繊維公団はクアンビン省での3事業(Ba Don町の繊維工場及び縫製工場、Quang Ninh県の縫製工場)に2億1380万米ドルを投資予定であると発表している。

また、繊維公団はその他にも4施設について、クアンビン省と協力合意書を締結している。対象となるのは綿、製糸の研究開発、Quang Ninh県での繊維工場建設のための投資調査、Bac Quang Hau工業団地での紡績-織物-染色の複合施設建設のための投資調査、そしてLe Thuy県、Quang Trach県での輸出製品用の縫製工場建設のための実現可能性調査である。

繊維公団は3月には5340億米ドル規模の紡績-織物-染色の複合施設の建設を中部クアンナム省で開始している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月01日13:49

このページのトップへ戻る