インドシナニュース

2015年08月 のニュース一覧

ベトナム:製靴業界、自国ブランド立ち上げに期待(後)

(前編より)

 

国内市場で安定した地盤を築くことがまず最も重要であり、次に靴製品を海外へ輸出するチャンスを探り、自国のブランドを業界内でサプライヤーとして引き上げることが必要だ、とTuan Viet Footwear Co, LtdのTran Van Tac取締役は述べた。

「過去3年間にわたり、私たちは国内市場のブランドイメージを育てることに注力し始めてきました。」とTac氏は述べた。現在Tac氏の会社の製品は国内で品質が良く、価格も手頃との評判を得ているという。

Tuvi靴ブランドを展開するTuan Viet Ltd Companyは今まで最も成功している国内ブランドである。同社は自社のブランドのもと、靴をロシア市場にも展開しようと現在準備を進めている。

Giay Viet Joint Stock Companyの役員会社長のVu Cham氏は国内のVu Cham,、Vina Giay,、Giay Viet、Vinagicoの四つのブランドは近年国内市場で確固たる成長を遂げてきたという。

Cham氏は今や9000万人の人口を抱える国内市場は、企業を立ち上げ、将来国際的に展開する機会を増やすため、品質に関する人々の評価を高める可能性を大いに秘めていることを強調した。

ホーチミン市の皮革協会は国内市場でBiti’s,、Bita’s、Vina Giayなどの有名なブランドを確立するには何十年、世界の舞台で展開できるようになるにはさらに長い期間を要するだろうと述べた。

ナイキのようなブランドの外注は利益も多く、その国家経済にとっての重要性、また市民の生活水準を良い給料が引き上げているため、いかなる理由があろうとも無視されるべきではない。

またベトナムがナイキ、リーボック、ニューバランスといった企業と競合するブランドを展開できると勧めているわけでもない。きっと冗談だと受け止められるだろう。

大変な努力と革新があれば何年か後の将来、もしかしたらベトナム製の靴のブランドが世界の靴店のいくらかを支配するかもしれない、という可能性の話に過ぎないことは明らかだ。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月31日14:06

ベトナム:製靴業界、自国ブランド立ち上げに期待(前)

過去5年間製造業が中国からベトナムに移行しているという話題が増えつつあるが、製靴産業ほどそれが顕著にみられる業界はないだろう。

2010年、ベトナムがナイキブランドの靴の主要な納入業者となったことが明らかになった。ナイキは-Just Do It-の創造的な宣伝商標で知られ、この文句が米国市場で記録的な売り上げにつながった世界のトップ製靴メーカーのひとつである。

公式の統計によれば、ベトナムは低コストの労働力への依存による成功のおかげで、現在中国、インド、ブラジルに次ぐ世界の四大製靴国の一つに数えられる。

しかしながらベトナムの業界における成長は主要なブランドへのサプライヤーの役割に限定され、自国の国際的なブランドを全く展開できていない。多くの人はいつかそれが実現できるのだろうかと疑問に感じている。

はじめにベトナムが現在の市場シェアを維持(もしくはさらに拡張)し、主要なブランドの製造請負を続けることができるのか、またもしかすると国内のブランドを開発し、国際的に展開できるのか、という2つの要素からなる課題があることを理解しなければならない。

貿易に関する報道によれば、ベトナムは靴のような労働集約型の製品を製造する能力を持ち合わせていることがわかる。今や他の製造業への多額な投資において主要なテクノロジー企業に勝りはじめたものの、製靴業界の将来の発展にはまだまだ障壁が残る。

米国の貿易産業に関する多くの報告書のなかでは、たとえばベトナムで製造された製品に対する技術や信頼性全般、あらかじめ設定された製造スケジュールにあわせて継続的に品質の良い製品を提供できる能力に関する懸念が表明されている。

インフラ不足とずっしりとのしかかる官僚制は米国企業の懸念事項につながる。

ナイキのような優良大企業は関連する問題を乗り越えられたかもしれないが、小規模の企業は同等の能力を持ち合わせておらず、ベトナムのパートナー企業にその解決策を依存しなければならない。

ベトナム製造業は断片化されているために、特にベトナムに新規参入した企業にとっては断片化の主な要因である基本的なインフラ不足もあいまって、適切なサプライヤーを見つけ出すことは大変困難だ。

ベトナムの製造業界は能力と自信をつけてきていると多くの報告書は述べているが、中国は未だ競走上優位に立っており、米国企業は自社のサプライチェーンがベトナムをこの中に呼び込む負のショックに持ちこたえることができるか、真剣に検討をする必要がある。

ある主要な米国企業によれば、米国企業は中国において必要なものを何でも、大抵は必要な所からさほど遠くないところで、手に抱えられないほど多くの実現可能な選択肢を見つけ出すことができるという。

舗装状態の良い道路、世界10大積み出し港のうちの7つ、高速の商業用大規模な鉄道ネットワークのある中国のインフラは非常に安定しており、容易に利用することが可能だ。

すでに何千もの企業が中国に店舗を設け、巨大企業から小さな企業の起業家に至るまでありとあらゆる企業が新しい道を切り開いてきた。どの企業も一様に、潜在的な海外からのバイヤーや様々な規模の企業にとって、ベトナムよりも中国でビジネスがやりやすいだろうと語る。

サプライヤーを見つけるオンラインのポータルサイトであるAlibabaやMade in Chinaは圧倒的に中国のサプライヤーが多数だ。たとえば「プラスチックバッグ」を検索すると、中国のサプライヤーは890万を超えるのに対し、ベトナムのサプライヤーは5万9000件しかヒットしない。

「サプライヤー」は必ずしも製造業者とは限らないのは事実だ。しかしながら中国は選択肢という意味ではベトナムにまだかなりの強みを持っている。

原材料に関して言えば、輸送やそのほかの物流の課題、ベトナムに製造拠点を移行しようと思っている者は地理的な要因やサービスのオプションがかなりの阻害要因であること、そして多大なコストに相当することがわかるかもしれない。

ベトナムはまだ最盛期を迎える準備は整っていないといえるため、ベトナムで製造し、できあがるほどよいレベルのものに対し注意深く検討を重ねてほしい。労働力のコストの安さは品質の低さや信頼性の低下といった重要な要素を不透明にする可能性があるのだ。

要するに、ベトナムは世界の製靴(もしくは他の)産業にまだ完全に統合されておらず、世界から見て品質の良い靴を継続してタイミングよく製造できる国であるというポジションを確固として築くことができていない。

 

(後編につづく)

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月31日06:03

ベトナム:2015年8月4日から2015年8月12日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,270~1,732USD/tで推移した。具体的には次の通りである。アメリカからの綿輸入価格は対前週比で0.9%とわずかに上昇し1,684 USD/t、フランスは0.2%上昇し1,582USD/t、香港は1.3%上昇し1,732USD/t、インドおよびイギリスは3.5%上昇しそれぞれに1,474USD/t、1,579USD/tである。一方、オーストラリアからの綿輸入価格は対前週比で1.3%下降し1,820USD/t、パキスタンは1.7%下降し1,473USD/t、中国は3.5%下降し1,672 USD/t、オランダは6.1%下降し1,598 USD/t、スイスは11.6%下降し1,399 USD/t、韓国は16.2%下降し1,445 USD/t、日本は10.3%下降し1,554 USD/tである。2014年同期と比較すると、これらの市場からの綿輸入価格は8.2~29.8%下降している。ドイツ、マリ、台湾からの綿輸入価格は対前週比で変動がなく、それぞれに1,680 USD/t、1,550 USD/t、1,270 USD/tである。同原料のその他の市場からの輸入価格は、スワジランド1,505 USD/t、リヒテンシュタイン1,590 USD/tである。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で下降し0.75~4.95 USD/kgで推移している。具体的には次の通りである。台湾からの輸入価格は対前週比で5.0%下降し1.93USD/kg、韓国は12.7%下降し1.83USD/kg、中国は31.6%下降し1.02USD/kg、タイは39%下降し0.75USD/kgである。対2014年同期比で、これらの市場からの輸入価格は1.3~34.9%下降している。同原料のその他の市場からの輸入価格は、インド1.99USD/kg、インドネシア0.83USD/kg、日本4.95USD/kg、マレーシア1.13USD/kgである。

ナイロン100%、生地巾57/58inch(コード:54074200)のインドからの輸入価格は下降し0.89USD/mで、韓国からの輸入価格は1.87USD/m(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾56/57inch(コード:55151900)のアメリカからの輸入価格は2.23USD/mで、中国からの輸入価格は2.73USD/m(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:60069000)の台湾からの輸入価格は1.25USD/ydで、中国からの輸入価格は1.3 USD/yd、韓国からの輸入価格は最も高く1.4USD/yd(CIFカットライ(ホーチミン))である。

綿60%、ポリエステル40%、生地巾64/66inch(コード:60041090)の韓国からの輸入価格は1.52USD/ydで、中国からの輸入価格は5.28USD/yd(CIFハイフォン)である。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月30日13:13

ベトナム:Donagamex、Hung Loc産業集積地に投資

Dong Nai縫製総会社(Donagamex)によれば、同社はドンナイ省Thong Nhat県のHung Loc産業集積地案件に集中して投資を展開している。

同案件は敷地42ha、総投資額1550億ベトナム・ドンで、そのうち立退き料の補填に使われるのが700億ベトナム・ドン(約320万米ドル)である。2015年に本案件で支払われるのは300-350億ベトナム・ドンと見られる。

2015年のDonagamexの売上目標は1.5兆ベトナム・ドン(約6800万米ドル)で、そのうち本社分が1.4兆ベトナム・ドンを占める。税引前の利益は620億ベトナム・ドン(約280万米ドル)で、本社分が520億ベトナム・ドンである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月29日14:07

ベトナム:国内アパレル・メーカー、東欧市場に期待

ハノイの企業らは東欧諸国に繊維製品、衣料品、履物産業の将来のビジネスの活路を見出そうとしている。

先週木曜日プラハにてハノイとチェコ共和国との間の貿易促進セミナーが開催されたが、その中で、ハノイ市商工局Le Hong Thang氏はハノイの衣料品と繊維製品の輸出額は欧州連合市場の4億3600万米ドル分を含め、16億米ドルに達したと述べた。

これを受けてハノイの繊維製品と衣料品製品企業は土曜日から今日まで開催されるチェコのブルノでの国際的なファッションの見本市と、見本市の前に開催されたハノイ市商工局とチェコの貿易産業部により開かれたセミナーに参加した、とThang氏は述べた。

ハノイの繊維製品、衣料品製品、皮製品、靴製品企業の代表団は東欧地域を含むヨーロッパ市場から製品を輸入してくれる企業、また繊維製品、衣料品製品、皮製品、靴製品部門に対して原材料を提供できるパートナー企業をさらに発掘できると期待を寄せている、と氏は述べた。

昨年ハノイの企業は生地を6億6250万米ドル、繊維製品を1億2560万米ドル、補助資材を1億9600万米ドル輸入している。

チェコの企業はベトナムの経済や企業についての情報を十分に得ることができてない、とチェコ-ベトナム友好協会会長のMarcel Winter氏が語ったことをベトナムのメディアが報じた。

「実際、ベトナムの経済は近年大きな成長を遂げており、将来さらに発展する大きな可能性を秘めています。ベトナム企業はチェコの顧客に提供できる品質の高い良い製品をもちあわせている一方、チェコからは品質の高い装置や機械の輸入を必要としています。」とWinter氏は語った。

2カ国で70企業を集めたセミナーにおいてDong Xuan Knitting Company副社長であるPham Ngoc Diep氏は、東欧市場は過去自社にとって重要な輸出先の市場であったが、のちに製品を輸出するに当たり様々な問題に直面したと述べた。

Dong Xuan社は新しい市場で成功するためにやむをえず輸出先を日本に変更しなければならなかったが、将来の持続可能な発展のために東欧市場に戻る予定だ、とDiep氏は述べた。

セミナーに参加したチェコの50企業の一つ、Libka Safr Fashion Company取締役Livse Safrankova氏は、自社がハノイのElise Fashion Companyと協力してきたと述べた。

Safrankova氏によれば、ベトナム企業との協力により自社に利益と競争力における強みがもたらされることが期待できる、と述べた。ベトナム企業が東欧の既存の輸出市場に戻ることで、両国の企業の発展とビジネスに利益がもたらされる、とThang氏が付け加えた。

ベトナム税関総局によれば、ベトナムは繊維や衣料品の輸出額が前年比10.4%成長し、今年は7月までで126億米ドルに達した。

その一方でベトナムの靴製品の前年比輸出額は20.9%増加し、今年の7月までで69.7億米ドルにのぼった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月29日06:05

ベトナム:賃上げ提案が企業を悩ます

2016年における最低賃金の16%もの賃上げ提案は、企業の倒産をもたらし、労働者が一時解雇されるような事態となれば、国内製品は輸出先マーケットを失うだろう、と各企業は主張する。

ベトナム労働者連合は、16%から17.5%の賃上げの代わりに、3つの代替案を示した。

それは最低賃金を、第1案では月42万から60万ベトナム・ドン、第2案では35万から55万ベトナム・ドン、第3案では37.5万から52万ベトナム・ドン上昇させるという計画である。

ベトナム労働者連合は、最終決定の前にこの問題を協議するため、8月の終わりに国家賃金評議会と産業界との間で会合が持たれることを期待している。

ハノイにあるGarment 10社のNguyen Thi Thanh Huyen社長は、給与総額は現在、中規模及び大規模企業の総費用の53%にも達している、と述べた。

その他費用を不変とした上で、もし最低賃金が16%上昇した場合、企業は利益の25%を失うこととなる。

2015年に最低賃金が適用されたことにより、Garment 10社は、7200人の労働者のために150億ベトナム・ドン(約68万米ドル)以上の保険料を支払わねばならず、また労働者も48.5億ベトナム・ドン以上を支払う必要が生じた。

今回の16%の最低賃金の賃上げ提案が適用された場合、企業はさらに100億ベトナム・ドン、労働者は45億ベトナム・ドン以上を支払わなければならない。

一方で、2015年初めからアパレル生産企業は、対米ドルでのユーロの価値の下落や、受注減という大きな問題に直面してきた。

ハノイのある貿易会社の取締役は、現在の最低賃金政策は不当であると指摘した。

ある労働者がたとえ非稼動状態で製品を生産しない場合であっても、2015年の最低賃金規制により保証されているとして、自動的に350万ベトナム・ドンを受け取っているという。最低賃金がさらに増加すると、労働者をさらに“怠惰”にさせるであろう。

ベトナムはミャンマーから教訓を得るべきだ、とこの取締役は警告した。ミャンマーでは最低賃金が倍増した結果、受注がミャンマーではなく、ベトナムやその他の国々に向かい、数千人の労働者が職を失うこととなった。

「同じ事象が、ベトナムで起こるかもしれません。」と彼は警告する。「外国の取引相手は、取引を決定する前には常に、ベトナムの最低賃金の動向を考慮しています。」

Ho Guom Garment社及びChien Thang Garment社のNinh Thi Ty会長は、もし最低賃金が16%増加した場合、保険料支払は月に10億ベトナム・ドン増加することになるだろう、と述べた。

不当な最低賃金の増加は、特に企業の70%が利益を出せていない時に、危機につながると彼女は警告した。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月28日06:02

ベトナム:ショートパンツの輸出、主要市場ではアメリカ向けのみ増加

統計データによれば、2015年年初7か月間のベトナムのショートパンツの輸出は1億2830万点、5億1990米ドルに達し、対2014年同期比で数量が6.9%増、金額が0.1%増となる。ショートパンツの輸出は、毎年のサイクルによれば、第1四半期および第2四半期のはじめに強く増加し、それ以降の月では減少する。2015年8月のショートパンツの輸出は3000万米ドルに達し、対前年同期比で10%増となる見込みである。

2015年6か月間では、ベトナムからアメリカ市場へのショートパンツの輸出は対前年同期比でわずかに増加したが、EU、韓国、日本市場への輸出は減少した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場へのショートパンツの輸出は、輸出価格の下降により対前年同期比で数量が14.8%増、金額が0.3%増となり、8820万点、3億940万米ドルに達し、総輸出額の63.8%を占めた。6月に22万3000の雇用を生み出したアメリカ市場は、7月にはさらに21万5000の雇用を創出し、失業率は5.3%と依然として安定し、時給による平均収入も6月と比較して0.3%増加した。毎月20万以上の雇用の創出は、労働市場の成長を示す。アメリカ経済は今後も引き続き現在の速度で雇用を生みだすと見込まれる。こうした良い兆しで、同市場への縫製製品の輸出は今後も有利となるだろう。

一方、EU市場へのショートパンツの輸出は、対2014年6ヶ月比で数量が21.1%減、金額が11.7%減となり、1060万点、5910万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出は減少しており、対前年同期比でベルギー26.3%減、スペイン38.6%減、ドイツ1.7%減、ポーランド41.7%、等となった。

韓国市場への同製品の輸出は、対前年同期比で数量が9.6%減、金額が1.2%減となり、3750万点、2760万米ドルとなった。

日本市場へのショートパンツの輸出は、対2014年6か月比で数量が0.7%とわずかに減少、金額も12.2%減少し、3270万点、1990万米ドルとなった。日本の小売業の売上は今年6月までに0.9%上昇したが、その速度は2か月連続で遅くなっており、これは消費指数が依然として伸びず、経済成長の動力となっていないことを示している。月の悪天候が原因となり、各店舗における服の売上に損失を引き起こした。小売業の売上が6月に対前月比で0.8%減少したのは、個人消費の弱まりによるものである。同市場への縫製製品の輸出は、今後も低い数字に留まると見込まれる。

各主力市場への輸出が困難を抱えていることにより、各企業はその他の市場へもショートパンツの輸出を拡大しているが、その金額は低い。対前年同期比でカナダ22.6%増、チリ102.9%増、アルゼンチン26.2%増、ノルウェー38.2%増、パキスタン8364%増、コロンビア353.5%増、等となっている。

2015年7カ月間のショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で6.4%減となり、FOB単価は4.05米ドルだった。

2015年6か月間のアメリカ市場へのショートパンツの輸出は、対前年同期比で12.6%下降し、FOB価格は3.51米ドルだった。6月の同製品の輸出価格は対前月比で10.2%下降、対前年同期比では19.5%下降し、FOB単価は2.55米ドルだった。

2015年6か月間の日本への同製品の輸出価格は、対前年同期比で11.6%下降し、FOB単価は6.08米ドルだった。2015年6月の同市場の輸出価格は対前月比で28.8%とかなり上昇したが、対前年同期比では21.5%下降し、FOB単価は6.53米ドルだった。

2015年6カ月間のEU市場へのショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で11.8%増加し、FOB単価は5.57米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出価格は対前年同期比で上昇し、スペイン34.2%増、オランダ11.9%増、デンマーク23.2%増、スウェーデン50%増、イタリア22.2%増、等となった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月27日05:59

ベトナム:中国人民元の切り下げがベトナムの輸出に圧力

中国人民元の切り下げは、中国がベトナムの第3位の貿易相手国であるため、ベトナムの経済に影響を与えることが予想される。

弱い中国人民元は、ベトナムの中国への輸出、特に農産物輸出に悪影響を及ぼすだろう、と計画投資省(MPI)は警告している。逆に中国からの輸出は、低価格を背景に世界市場においてより競争力を持つことになるだろう。

繊維衣料輸出会社であるGarmex Saigon社のLe Quang Hung会長は、同社が中国の取引先と、米ドル建ての決済契約を結んでいるため、中国人民元の切り下げは、会社の生産計画には影響を与えないだろうと述べた。しかし、来年新規受注を受ける際に、事態はより深刻なものになっていることが予想される。

Hung会長はまた、ベトナムの輸出が中国産製品に打ち勝つことがより難しくなるだろう、と指摘した。

ベトナムの輸出業者は、ベトナム・EU間自由貿易協定(VN-EU FTA)により、ベトナムの繊維衣料製品にかかる関税が、現在の9%から7年後には0%になるメリットを享受することを期待している。

しかしこのメリットは、3%の中国人民元の切り下げにより、ベトナムの輸出業者にとってそれほど多くの意義をもたらさないことが見込まれる。

「ベトナムは、輸出増加を促進するため、外国為替取引バンドを1%拡大しました。しかし、ベトナム製品はまだ中国よりもまだ割高です。」とHung会長は述べた。

「ベトナムの輸出業者がいつ自由貿易協定(FTA)の恩恵に浴することができるのか、協定に正式な署名がなされていないため、まだ不透明です。一方で、中国人民元の切り下げリスクはすぐにでもやって来るでしょう。」とHung会長は述べた。

ベトナム繊維協会(Vitas)のDang Phuong Dung副会長は、中国人民元の弱体化は、長期的にベトナムの経済にマイナスの影響をもたらすと警告した。

「中国人民元の弱体化により、ベトナムの中国からの輸入は時間が経つにつれ増加するでしょう。このことは、(ベトナムの)現地化率を高めるため投資を計画する企業を躊躇させます。低い現地生産率では、ベトナム製品は自由貿易協定(FTA)及び環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の枠組みにおける、特恵関税を享受するための原産地要件を満たすことができなくなります。」と、Dung副会長は述べた。

ある水産会社の取締役は、会社の2015年度事業計画は、中国人民元の弱体化が原因で達成不可能である、と訴えた。

1米ドルが6.2298中国人民元の場合、3百万元の委託製品を輸出すると、この会社は48万2千米ドルを稼ぐことができた。現在米ドルが値上がりし、同社は同様の条件で47万4千米ドルしか得ることができない。

ホーチミン市証券会社(HSC)は、その8月11日付レポートで、中国人民元の価値下落は、ベトナム・中国間の貿易収支にマイナスの影響を与える可能性があると指摘した。

ホーチミン市証券会社(HSC)は、中国人民元が1%切り下がる毎に、ベトナムの貿易赤字が0.6~0.8%増加すると予測している。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月26日05:56

ベトナム:Tシャツ輸出、順調に増加中

統計データによれば、2015年年初7か月間のベトナムのTシャツの輸出は6億6370万点、2兆6330億米ドルに達し、対2014年同期比で数量が8.4%増、金額が9.1%増となった。2015年8月のTシャツの輸出は4億米ドルに達し、前年同期比で10%増となる見込みである。

Tシャツは輸出縫製の上位に位置する製品の一つである。2015年年初6か月間では、アメリカ市場やEU市場へのTシャツの輸出は対前年同期比で増加したが、一方で日本への輸出はわずかに減少した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場へのTシャツの輸出は、2014年6か月間と比較して数量が6.1%増、金額が8.3%増となり、3億6640万点、1兆3840億米ドルに達し、同製品の総輸出額の63.4%を占めた。2015年6月現在のアメリカの消費価格は5か月連続で上昇しているが、新築の家の建設に着工したり、すでにある家を販売したりする数が、6月には3.2%上昇して549万に達し、この8年間で最も高い数字となった。アメリカ経済成長への楽観的な兆しにより、2015年第3四半期における同市場への縫製製品の輸出は、消費者が指数を伸ばす際に有利であると見込まれる。

EU市場へのTシャツの輸出も同様の傾向にあり、対前年同期比で数量が4.6%増、金額が2.1%増となり、4170万点、1億7900万米ドルに達した。このうち、いくつかの国への輸出が前年同期比で増加しており、イギリス15.6%増、ドイツ11.4%増、ベルギー7.0%増、イタリア203%増、フランス22.7%増、等となった。現在の同地域における失業率は2011年7月以降で最も低い数字となっているため、EU市場へのベトナムの縫製製品の輸出は今後回復していくと見込まれる。ユーロ圏の失業率は1カ月前の5月の11.1%という数字から変動はないが、これは2014年5月の11.6%と比較すると低い。各加盟国においては、失業率はドイツ(4.7%)が最も低く、ギリシャ(25.6%)とスペイン(22.5%)が最も高い。同市場への縫製製品の輸出は今後回復が見込まれる。

注目すべきは韓国市場へのTシャツの輸出で、2014年6か月間と比較して数量が14.4%増、金額が12.9%増となり、2430万点、1億1380万米ドルに達した。

一方で日本への同製品の輸出は、対前年同期比で数量が7.3%減、金額が1.4%減となり、5330万点、2億2960万米ドルだった。

また、各企業はいくつかの市場へのTシャツの輸出を推し進めており、対前年同期比で金額がチリ102.7%増、アラブ首長国連邦55.1%増、オーストラリア18.6%増、ブラジル11.8%増、コロンビア57.8%増、等となった。

2015年7カ月間のTシャツの輸出価格は、対前年同期比で0.6%とわずかに上昇し、FOB単価は3.97米ドルだった。

2015年6か月間のアメリカ市場へのTシャツの輸出は、対前年同期比で2.1%とわずかに上昇し、FOB価格は3.78米ドルだった。6月の同市場への輸出価格は対前月比で2.7%上昇、対前年同期比では3.1%下降し、FOB単価は4.0米ドルだった。

2015年6カ月間の日本市場へのTシャツの輸出価格は、対前年同期比で6.4%上昇し、FOB単価は4.3米ドルだった。2015年6月の同市場への輸出価格は対前月比で14.9%上昇、対前年同期比で16.1%上昇し、FOB単価は4.98米ドルだった。

一方、6カ月間のEU市場へのTシャツの輸出価格は、対前年同期比で2.4%下降し、FOB単価は4.28米ドルだった。このうち、いくつかの市場への輸出価格は対前年同期比で下降し、ドイツ7.7%減、オランダ17.8%減、ベルギー22.4%増、スペイン2.9%減、イタリア7.9%減、フランス28%減、チェコ10.7%減、等となった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月24日14:01

ベトナム:ヤーンフォワード原産地規則で繊維業界への投資が過熱

最新の政府統計によると、今年の1月から7月にかけてもベトナムの繊維業界には引き続き海外直接投資が流入し続けている。

1月から7月までに確定したベトナムへの投資の推計総額58億5000万米ドルのうち、少なくとも11億2000万米ドル相当が繊維部門の製造加工業であった。

業界専門家によると、海外投資を行う多国籍企業、特に糸の生産に関わる企業は近々発効予定の貿易協定を前にサプライチェーンの強化を急いでいるという。

特に、ヤーンフォワード原産地規則によって、使われる原糸がベトナムまたは他の11の環太平洋経済連携協定(TPP)加盟国で生産されていない限り、ベトナムに基盤を置く繊維、縫製、製靴企業はTPPによる関税削減を享受出来ない。

他の自由貿易協定でも同様の規定が当てはまり、業界専門家らは複雑な原産地規則はベトナム国内での原糸生産に向けた海外直接投資を後押ししていると話す。

言葉を変えれば、もしベトナムの縫製企業が中国から糸を輸入していれば、米国やその他すべてのTPP加盟国への製品輸出の際に特恵関税率が適用されないということになる。

今年7月までの新規事業の一つにはトルコ資本による南部ドンナイ省での6億6000万米ドル規模の原糸工場がある。

ホーチミン市ではイギリス資本による別の3億米ドル規模の事業があり、タイニン省には香港資本による1億6000万米ドル規模の事業が予定されている。

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、TPPの発効後は、ベトナム企業は繊維製品をTPP加盟国に輸出する際に、現在の17-30%の関税率に変わって無関税で輸出できるようになるという。しかし、原産地規則が適用される。

ベトナムの繊維メーカーが現在直面している最大の問題は、輸入原材料への依存度の高さである。

最近の報告によると、ベトナムの繊維縫製企業は原材料の5割を輸入に頼っており、そのほとんどが中国からのものである。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月24日06:01

ベトナム:2015年7月28日から2015年8月5日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は下降し、1,270~1,733USD/tで推移した。具体的には次の通りである。アメリカからの綿輸入価格は対前週比で1.1%下降し1,668 USD/t、オーストラリアは0.2%下降し1,497USD/t、インドは1.9%下降し1,425USD/tである。一方、中国からの綿輸入価格は対前週比で9.7%上昇し1,733USD/tである。対2014年同期比で、これらの市場からの綿輸入価格は14.4~24.7%下降している。その他の市場からの綿輸入価格は、イギリスが1,524USD/t、スイスが1,583USD/t、フランスが1,579USD/t、ドイツが1,679USD/t、マリが1,550USD/t、パキスタンが1,498USD/t、オランダが1,702USD/tとなった。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は前週から引き続き下降し、0.69~4.76 USD/kgで推移している。そのうち、ベルギーからの輸入価格は対前週比で0.9%下降し0.69USD/kg、中国は10.6%下降し1.49USD/kg、インドネシアは2.7%下降し0.77USD/k、マレーシアは4.4%下降し1.09USD/kgである。対2014年同期比で、これらの市場からの輸入価格は10.6~14.3%下降している。その他の市場からの輸入価格は、香港0.91USD/kg、台湾2.03USD/kg、タイ1.23USD/kg、インド1.7USD/kg、トルコ4.76USD/kgである。

綿100%、生地巾145/152inch(コード:5212130)のインドからの輸入価格は下降し2.30USD/mで、中国からの輸入価格は2.81USD/m(CIF)である。

ポリエステル100%、生地巾58inch (コード:55129900)の中国からの輸入価格は0.75USD/mで、韓国からの輸入価格は1.50 USD/m(CIFハイフォン)である。

綿57%、ポリエステル38%、スパンデックス5% (コード:60062200)の韓国からの輸入価格は1.21USD/mで、香港からの輸入価格は1.95USD/m(CANDFカットライ(ホーチミン))である。

綿97%、スパンデックス3%、生地巾55/58inch (コード:52083900)の中国からの輸入価格は下降し1.78USD/ydで、香港からの輸入価格は2.09USD/yd(CIFハイフォン)である。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月23日06:01

ベトナム:海外の小売業者、コンビニエンスストアの増加を牽引(後)

(前編から)

 

障害

ベトナムにおけるコンビニエンスストアの明るい見通しにも関わらず、その開発はいつも順調に運んでいるわけではない。

例えば日本の小売業で第2位をしめるイオン傘下のミニストップと地元のコーヒー製造業者Trung Nguyenの一部であるG7との間の合弁事業において問題がみられた。

彼らは2011年以降5年間でG7 Mart-Ministopという名のコンビニエンスストアを全国で500店舗展開することを目標としていた。

しかしながら協力関係は17店舗を開店したのみで、今年はじめに終わりをつげた。

報道によれば、ハノイやホーチミン市で敷地を見つけることが難しかったために目標を達成することができなかったという。

協力関係が終了した理由について、業界関係者は両社が店舗で地元製造の商品しか販売しなかったためと述べた。結果として、店舗は豊富な数の製品を提供することができず、競争力のある価格を提供することができなかった、と地元メディアは報じている。

業界関係者はまた海外の小売店が市場において優位にたっているという。ホーチミン市のみをとってみても500のコンビニエンスストアが存在するが、ほとんどが海外資本である。

業界関係者によればベトナムにおけるほとんどの小売業者が損失を被っているが、彼らの目標は何が何でも影響力を伸ばしていきたいとのことだ。

「利益を出す段階ではまだありません。今は市場のシェアを取りに行く時です。」と業界関係者は述べる。

小売業者はしばしば最初の4年から7年は損失を出すものだ。

損失は地元企業にとってはしばしば資本が不足し、十分な資金力のある海外のチェーンと対等に競争をできないという点で問題であることがわかるかもしれない。

公のデータによれば、小売りと消費者サービスは2013年の5.6%の伸びをしのぐ、昨年は6.3%、2兆9450億ベトナム・ドン(1億3820万米ドル)の売り上げの増加を記録した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月21日14:06

ベトナム:海外の小売業者、コンビニエンスストアの増加を牽引(前)

ベトナムの消費者は伝統的な食料品店から、エアコンの効いた明るく照らされたコンビニエンスストアに移行している。

中産階級の消費者の購買力の拡大を受けて、ベトナムの小売市場は新しい最新の販路を必要としている。多くの投資家にとっては、競争が今はじまったところだ。

ベトナムのコングロマリットであるVingroupはスーパーやコンビニエンスストアの拡張に合わせて新たに1万人の雇用を見込んでいる。

同社は新たにスーパーを50店舗、コンビニエンスストアを360店舗開店する予定だという。

しかしながら地元のコンビニエンスストア市場の成長を牽引しているのは海外からの投資家だ。

2月、米国のチェーンであるサークルKがホーチミン市に100店舗目を開店した。同社は今年ベトナムに150店舗を開店し、国内の地位を確固としたものにする予定だ。

シンガポールを本拠地とするShop&Goは2005年に上陸してから126店舗をすでに開店しており、ベトナムにおけるコンビニエンスストアのチェーンとして首位をしめつつある。

日本の大手のセブンイレブンも2017年に市場に参入することを表明していることからさらなる競争が見込まれている。

さらに日本の小売店であるファミリーマートもすでにホーチミン市に足がかりを築いている。

ベトナム小売業協会会長Dinh Thi My Loan氏は、コンビニエンスストアは収入が高くなりつつある地元の人が、数年前と比べてより品質の高い製品やサービスを求めていることを背景として成長しているという。

人々はしばしば買い物に小さな食料品店や伝統的に市場ではなく、コンビニエンスストアを選択することがある、とLoan氏は語った。

Nielsenによる最近の報告によれば、消費者はここ数年生鮮市場や従来型の店舗から移行してきている。

2014年、生鮮市場や従来型の食料品店のシェアは2012年と比較してそれぞれ5%、17%減少した。報告によれば、消費者が店舗を訪れる頻度も減少している。

一方で、コンビニエンスストアの必要性は特にベトナムの都市部において伸びている。

コンビニエンスストアは2012年の147店舗からから2014年には348店舗に、小規模なスーパーマーケットは2012年の863店舗から1452店舗にそれぞれ増加している。

ホーチミン市District 1のPham Ngu Lao通りにあるShop&Go、サークルK、B’s Martはそれぞれ数歩しか離れていない。

Nielsenは増加の大きな要因として、国内の「時間に余裕がない、大部分は若者の買い物客」だとした。

「消費者は自身の忙しい生活を手助けしてくれる製品や解決策をよりいっそう要求するようになっています。」とNielsen Vietnam社長Vaughan Ryan氏は語った。

「結果として、消費者の要求にこたえるためにコンビニエンスストアとeコマースの両方の販路が参入してきているのです。」

小売業Intimex Vietnam副社長Nguyen Bao Loc氏によれば、同社はスーパーマーケットに比べてスペースも投資も少なくて済むコンビニエンスストアの開店に焦点をあてているという。

賃料は安いため、投資家は平方メートル当たり約9米ドルと、簡単に利益をあげることができる。

良い立地条件でスーパーマーケットを開店しようと思うと10倍近くかかるかもしれない、と氏は言う。

またコンビニエンスストアは1万米ドルから2万米ドルという比較的少ない費用で開店でき、2000アイテムを持ち続けるよりも投資を回収しやすい、と氏は語った。

専門家によればベトナムは人口に対してのコンビニエンスストアの店舗数がまだ少ないことを考慮すると、その今後開発において非常に大きな可能性を持っているとのことだ。

ベトナムの人口は9000万人であるが、2000年以来の年間経済成長率が5%であることからも中産階級は2020年までに倍増するとされている。

Nielsen Vietnam社長Nguyen Huong Quynh氏によれば、中国では21000人あたりにひとつ、韓国では1800人あたりにひとつのコンビニエンスストアもしくは小規模スーパーが存在するという。

一方、ベトナムでの比率は69000人にひとつである。需要にこたえるためにはコンビニエンスストアや小規模スーパーは3倍に増える必要がある、と氏は言う。

 

(後編へつづく)

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月21日06:05

ベトナム:外国人投資家が繊維産業に殺到

多くの外資系企業は最近、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)やベトナム・EU間自由貿易協定(VN-EU FTA)などの自由貿易協定によるビジネスチャンスを活用するため、ベトナムの繊維産業への投資を加速している。

在ホーチミン日本国総領事館の中嶋敏総領事は、多くの日本企業がベトナムの繊維産業へ投資する動きをしてきたと述べた。

最近の調査では、日本企業500社のうち60%が、ベトナムに投資する計画を検討していたことを示した。彼らが最も選択した地域は、ロンアン省、ビンズン省、ドンナイ省、タイニン省などのベトナム南部にある工業地帯である。

繊維産業はまた、韓国、中国、香港、台湾からのビジネスも惹きつけている。

ロンアン省にあるLong Hau工業団地(IZ)の代表は、年初来、この場所への投資を検討するため、20以上の外資系企業の訪問を受け入れたと述べた。

ビンズン省にあるRach Bap工業団地とAn Dien工業団地は、投資機会を求めてくる外国企業の数は、1年前は20~30社であったものの、年初来100社を超えたと報告した。

100社のうち、25社は既に投資手続きを進めており、20社はこれらの工業団地への投資を登記した。

ベトナム計画投資省の外国投資庁によると、外国からの直接投資(FDI)は今年前半落ち込んだものの、繊維産業に対しては、58.5億米ドルの総資本のうち10億米ドルと、大幅な伸びを示したと報告した。

その中には3大プロジェクトとして、ドンナイ省での6億米ドルの繊維工場、ビンズン省での2億4700万米ドルの製品製造をサポートするためのプロジェクト、タイニン省での1億6080万米ドルの繊維工場が含まれている。

海外投資家がホーチミン市の近隣地域を選択するのはなぜなのか、中嶋敏総領事は、在ベトナム日本貿易促進機関の現地調査を示し、20 ha以上の土地を見つけることが容易なためである、と述べた。さらにその地域は、人件費や家賃がまだ低く、当面増加することがないことも理由として挙げられる。

ビンズン省人民委員会は、大規模な繊維プロジェクトを誘致するため、300 haのTrang Bang工業団地など、大きな工業地帯を構築したと述べた。

外資系企業が繊維産業に群がる理由として、ベトナム企業がそのビジネスの場を明け渡していることが挙げられる。

ベトナムには、繊維業界で2000社以上の国内企業があるが、それらのほとんどは家内工業で、その製品を輸出するだけの形態である。その原材料は主に、自由貿易協定からのインセンティブがない国から輸入されている。

ベトナムのユーラシア経済連合(EAEU)への衣料・繊維製品の輸出売上高は、商工省の貿易振興課によると、ベトナム・ユーラシア経済連合(EAEU)間自由貿易協定が署名されていない時は3億米ドルに過ぎなかった。

一旦協定が有効になると、初年度は50%、その翌年は20%の成長が期待されている。

さらに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とベトナム・EU間自由貿易協定(VN-EU FTA)が署名されると、米国や欧州諸国に輸出するベトナムの繊維製品は10~30%の関税がゼロになるメリットを享受することになる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月20日06:02

ベトナム:韓国製靴企業が特恵関税制度を付与される

ベトナム南部ドンナイ省Thanh Phu工業団地で輸出用のNikeの靴を製造する韓国のChang Shin Vietnamが特恵関税待遇を付与された。

ドンナイ省税関局のLe Van Danh局長は、財務省通達72/2015で定められた規定に則り、同社は2015年7月20日から3年間便益を受けることができると話した。

この3年間の間に一定の条件を満たせば、同社は3年後に特恵関税待遇延長の手続きを行うことができるという。

財務省によると、輸出入企業については年間1億米ドル以上の売り上げ、ベトナム産製品の輸出企業は4000万米ドル以上の売り上げ、ベトナム産農水産品の輸出企業は3000万米ドル以上の売り上げなど、一定の条件を満たせば特恵関税待遇を求めることができる。

Chang Shin Vietnamは現在2万3400人以上を雇用し、1日9万3000足以上の靴を生産している。輸出額は4億2000万米ドル以上、年間売り上げの伸び率は35%を記録している。

同社はベトナムで特恵関税待遇を受ける韓国企業としては9社目となる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月19日14:05

ベトナム:ジーンズ輸出、アメリカ向けが80.5%を占める

統計データによれば、2015年年初6か月間のベトナムのジーンズの輸出は470万点、3190万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が8.9%増、金額が3.9%増となる。2015年第3四半期の同製品の輸出額は1700米ドルに達し、前年同期比で7%増となる見込みである。

2015年年初5か月間では、主力市場であるアメリカやEUへのジーンズの輸出は、対前年同期比で増加した。具体的には次の通りである。

5か月間でのアメリカ市場へのジーンズの輸出は、269万点、1760万米ドルに達し、対前年同期比で数量が12.9%増、金額が5%増となり、同製品の総輸出額の80.5%を占めた。2015年5月の同市場への輸出は対前月比では数量が116.9%増、金額が153.8%増、対前年同期比では数量が3.8%減、金額が0.4%増となり、104万点、749万米ドルに達した。現在、アメリカ経済の回復の遅れは全世界の成長に影響を与えている。アメリカは今年中2.5%の成長率を見込んでいるが、4月には3.1%という数字を示していた。インフレをめざし指数を上昇させるために貨幣政策の緩和を維持することは、労働市場の改善と同様に、消費に影響を与えた。見込みでは、今後同製品の輸出は安定するとされる。

EU市場へのジーンズの輸出は、対前年同期比でかなり増加し、数量が11.2%増、金額が12.8%増となり、30万5900点、188万米ドルに達した。このうち、いくつかの国への輸出が前年同期比で増加しており、ドイツ22.3%増、デンマーク241.2%増、ベルギー196.8%増、等となった。ギリシャの財政危機が世界経済に影響を与えたが、ユーロ圏の成長は1.5%を維持している。このうち、以前の予測と変わらずドイツ経済は1.6%、フランス経済は1.2%成長すると見込まれる。同市場への縫製製品の輸出には大きな変化が見られないだろう。

韓国および日本への同製品の輸出は、対前年同期比でそれぞれに8.6%減、77.9%減となり、42万900米ドル、40万8500米ドルだった。

また、いくつかの市場へのジーンズの輸出は2014年の5か月間と比較して強く増加しており、対前年同期比でメキシコ82.7%増、アラブ首長国連邦99.3%増、オーストラリア79%増、等となった。

 

2015年5カ月間のアメリカ市場へのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で7%下降し、FOB単価は6.55米ドルだった。2015年5月の同市場への輸出価格は対前月比で17%上昇、対前年同期比で4.4%上昇し、FOB単価は7.2米ドルだった。

2015年5カ月間の日本市場へのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で19%下降し、FOB単価は7.91米ドルだった。2015年5月の同市場への輸出価格は対前月比で33.4%下降、対前年同期比で30.2%下降し、FOB単価は6.72米ドルだった。

一方、5カ月間のEU市場へのジーンズの輸出価格は、対前年同期比で1.5%とわずかに上昇し、FOB単価は6.16米ドルだった。このうち、いくつかの市場への輸出価格は対前年同期比で上昇し、イギリス4.2%増、フランス4.7%増、デンマーク39%増、等となった。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月18日05:45

ベトナム:ペトロベトナムと繊維公団がポリエステル繊維利用の合意書を締結

ペトロベトナム(PVN)がウェブサイトで発表したところによると、ペトロベトナムとベトナム繊維公団(Vinatex)はペトロベトナム石油化学社とTextile Fibre JSC(PVTEX)社のポリエステル繊維利用について、協力合意書を締結した。

ペトロベトナムと繊維公団のDinh Vuポリエステル工場操業での1年以上にわたる協力がこの合意に結実した。現在までに、同工場の製品は国内、国際市場ともに信頼性を確立し、品質は輸出レベルまでに向上している。ポリエステル供給、輸出市場拡大における協力、従業員の訓練、製品評価その他の様々な面において、両社の利益とトレードマーク価値向上のための緊密で包括的な協力体制に安定した基盤ができたこととなる、とペトロベトナム社は発表している。

合意書締結式で商工省(MoIT)のTran Quoc Khanh副大臣は「Dinh Vuポリエステル繊維利用合意の締結は、2大グループの緊密な協力体制を示す重要な出来事である。開発戦略として、ペトロベトナムは精製後段階、つまり政府がペトロベトナムに求める通り、ベトナム繊維産業の価値向上のための基盤製品の生産の重要性を明確にしている。PVTEX製品の品質とサービスは、特に安定した原材料供給と輸送・保管の時間短縮、そして為替レートによる不安定性回避の点で、顧客事業に付加価値と優位性をもたらすと確信する」と話した。

ポリエステル消費と市場開発における協力は、原材料供給の安定性確保のみならず、繊維公団グループ企業製品の競争力強化と市場拡大、そしてベトナム産縫製製品の市場認知の促進と縫製産業における国内原材料調達率を6割にまで高めることを目的としている。

繊維公団のLe Tien Truong社長は「Dinh Vuポリエステル工場での高品質製品の安定生産は縫製企業にとっては非常によい知らせである。消費合意は両社平等で公平なものである。繊維公団グループ企業は各社の需要の5割以上についてPVTEX製品を購入する優先権を得られるよう望んでいる」と語った。

ペトロベトナムと繊維公団による合意は、今後締結が見込まれる環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)と締結後の同協定の運用の観点から、Dinh Vuポリエステル建設事業という政策は適切なものであったということを証明している。国内産原材料の利用は、価格、輸送時間の短縮(2週間から2日へ)、そして特にTPPで求められるポリエステル段階からの原産地規則順守の点でベトナム縫製企業全体と繊維公団に大きな優位性をもたらすこととなるとペトロベトナムは発表している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月17日06:01

2015年7月21日から2015年7月29日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格はわずかに下降し、1,453~2,070USD/tで推移した。具体的には次の通りである。オーストラリアからの綿輸入価格は対前週比で1.4%下降し1,846 USD/t、インドは2.3%下降し1,453USD/t、中国は3.6%下降し1,580USD/tである。一方、アメリカは1.1%とわずかに上昇し1,686USD/tである。対2014年同期比で、これらの市場からの綿輸入価格は16.1~20.9%下降している。その他の市場からの綿輸入価格は、ベナンが1,532USD/t、カメルーンが1,559USD/t、コートジボワールが1,532USD/t、トーゴが1,498USD/t、マレーシアが1,566USD/t、カナダが1,731USD/t、ブラジルが1,615USD/t、チリが2,070USD/tとなった。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で逆行し、0.69~3.79 USD/kgで推移している。そのうち、マレーシアからの輸入価格は、対前週比で3.9%下降し1.14USD/kg、インドネシアは14.9%下降し0.79USD/kgである。一方、台湾からの同原料の輸入価格は、対前週比で4.6%上昇し1.81USD/kg、タイは6.0%上昇し0.91USD/t、中国は9.7%上昇し、1.57USD/kgである。2014年同期と比較すると、これらの市場からのポリエステル糸の輸入価格は10.1~22.5%下降している。その他市場の輸入価格は、インド1.31USD/kg、韓国3.79USD/kg、ベルギー0.69USD/kgとなった。

 

ポリエステル100%、生地巾58/60inch(コード:54076900)の中国からの輸入価格は下降し1.50USD/ydで、台湾からの輸入価格は2.45USD/yd(CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾54inch(コード:6006900)の韓国からの輸入価格は2.0USD/mで、台湾からの輸入価格は3.16 USD/m(CIFタンソンニャット)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch(コード:6001910)の中国からの輸入価格はより下降し1.30USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.61USD/yd(CFRカットライ)である。

モダール95%、スパンデックス5%、生地巾61inch(コード:6004900)の中国からの輸入価格は1.9USD/ydで、香港からの輸入価格は3.02USD/yd(CIFカットライ)である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月16日06:39

ベトナム:eコマースの将来性、鮮明に

毎日ベトナムの多くの企業が新たにオンラインで製品を販売し始め、eコマースの世界を開拓した世界中の何百万人の企業家たちの市場に参入している。

ベトナム電子商取引IT庁(VECITA)によれば、基本的にeコマースとはコンピュータネットワークを通し製品やサービスの購入を行い売上を得る仕組みである。

eコマースはマーケティング、製造、融資、販売、交渉などの機能をもち、企業が急激に統合を図っている時期に競争力を保つために大変重要な技術である、とVECITAの所長であるTran Huu Linh氏は言う。

一方で、中小企業がeコマースのオンラインでの売上げを築くという明確なニーズに応えるために、VESITAは今後5年間で25,000人の参加者が見込まれるトレーニングを提供する計画を打ち出した。

トレーニングコースはハノイとホーチミン市で開催される予定で、一クラスの定員は50名、各参加者の参加費用の70%は国家予算から、残りは参加企業もしくは(並びに)個人により支払われる。

最近のVECITAによる調査によれば、ベトナムにおけるeコマースの利用は全盛期を迎えており、消費者のおおよそ80.2%が過去三か月間で少なくとも一つの商品をオンラインで購入したと述べている。

さらに調査に回答した消費者らの93%が6か月のうちに少なくとも一つの買い物をオンラインで行う予定だとVECITAの所長は述べた。

まだ初期の段階でありながら、オンラインショッピングは急激に拡大しているといっても過言ではないだろう。研究者らはオンラインの売上げの成長率が11.8%の軌道にのっているとしている。これはアジア太平地域のすべての国々の中で第2位の数値である。

数年前を振り返ると、ベトナムでオンラインのビジネスを展開している企業を見つけるのは大変難しかったが、今やLazada Vietnamをみると、売上げのおおよそ50%がmコマース(携帯電話)を通したものであることがわかる。2014年にはこの数値は22%にしか過ぎなかった。

eコマースの一種であるmコマースを区別することは非常に重要だ。なぜならコンピュータを通して閲覧したり商品を購入したりする習慣のある人と、携帯電話を通して行う人は全く違うもので、広告もそれぞれに応じて行わなければならない。

オンラインショッピングを利用するのが遅かった従来型のビジネスは打撃を受けており、このままオンラインの販売経路への投資に抵抗していると、経験豊かなオンラインの購買客の需要の変化に対応できなくなってしまう、VECITA所長のLinh氏は言う。

今年の上半期、Lazada Vietnamでの携帯電話を通した注文は2.5倍増加しており、全体の売上高は前年同期と比較して4倍上昇した。

Lazada Vietnamはオンラインショッピングの注文は将来さらに爆発的に増えると予測しており、モバイル顧客の利便性に応じるためにmコマースのマーケティング戦略にさらなる投資を行う計画である。

オンラインショッピングは顧客の購買行動をみるという面白い試みであり、これを行うことで多くの小規模企業がオンラインの店舗を開き、従来のお洒落な有名店と競合できる道を切り開いてきた。

忠実な顧客層を築き、何十年もビジネスを展開してきた小売店でさえもオンラインショッピングの効果を実感しており、時代の流れに乗って新しい取引のモデルに参加し、展開する方法を模索しているのだ。

ユニリーバ・ベトナムのメディア関連統括のSatyajit Ghosh氏は、同社がすべての市場向けのオンラインの販売計画を持ち、インターネットアプリの開発やオンライン広告を展開するためにスマートフォンマーケティングをまず使用して行う計画があると述べた。

トレーニングのクラスは政府が企業と手を携えて活動を行っている画期的な試みの一つであり、これによりeコマースが国内のどのビジネス分野においても最新の技術となりうる、とVECITA所長のLinh氏は述べた。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月15日11:26

ベトナム:原産地規則がEUとの間自由貿易協定の障壁となる可能性

欧州貿易協会が欧州連合・ベトナム間の貿易投資協定に疑問を表明した。この貿易投資協定は欧州連合が今までに開発途上国と締結した自由貿易協定(FTA)の中でも最も壮大で包括的なものとなっている。

欧州貿易協会(FTA)のChristian Ewert会長は声明で、この協定がEU・ベトナム間での財とサービスの取引を確実に活性化し、ベトナムで生産・投資しているヨーロッパの小売企業に大きな利益をもたらすものとして歓迎した。

しかし、Ewert会長は、EUを最終的にアセアン市場全体との自由貿易協定にもちこもうとしているこの協定に対する疑問も表明した。

「理論と現実の間には乖離があります。理論的には、99%の分類品目が関税の撤廃という恩恵にあずかることができます。しかし、多くのヨーロッパ企業はこの協定の厳しい原産地規則のために利益を得ることはできないでしょう。今日、縫製品生産のために使われる布地のほとんどがベトナムに輸入されたもので、協定の原産地規制が求める域内生産品ではないからです。結果として、ベトナムから輸入される縫製品の多くが協定の条件を満たすことができず、通常の関税率で輸入されることになるでしょう。これは表面的な誤差以上の問題です。」

Ewert会長はまた、欧州貿易協会はEUとベトナムが持続可能性に関する問題での対話と協力を促進するために設定した高い目標を支持すると話した。

「協定の持続可能性分野の実施について検討している国内支援グループで、欧州貿易協会は積極的な役割を担っていきます」とEwert会長は述べている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月14日13:57

ベトナム:ハンドバッグ市場の需要高まる

国内のハンドバッグ産業は新しい二国間や多国間の貿易協定の下で輸入国から増えつつある需要に応えるべく、投資と品質を引き上げる必要がある、と業界の担当者は語った。

「これらの貿易協定の下で、ベトナム企業は米国、欧州、そして日本から増えつつある注文にこたえるのが難しいと感じています。」とベトナム皮革・靴組合(Lefaso)の会長であるNguyen Duc Thuan氏は語った。

「中国で製造されている有名なハンドバッグのブランドらは現在、アウトソーシングを行うためにベトナム企業と提携契約を結ぼうと模索しています。」

「国内の企業が大きな市場からの注文に応えるべく投資を行うのであれば、主要な輸入国と関係性を深めることは難しくはありません。」とThuan氏は語る。

Lefasoはハンドバッグ輸出の売上高は今年25億-26億米ドルに達する可能性があると述べた。

ハンドバッグ輸出の売上高は今年前半の7か月で16億7000万米ドルにのぼった。商工省の準工業部門によれば、これは今年のはじめと比較すると15-17%の増加である。

今年の上半期、米国がハンドバッグ、財布、小銭入れ、スーツケース、帽子、傘の重要な輸入国であった。総額は6億800万米ドルに上り、前年同期に比べ15.7%の伸びを示した。

米国に続いて欧州(3億8400万米ドル)、日本(1億5400万米ドル)と続き、それぞれ前年比16.7%と12.6%の増加が見られた。

例えばHoang Gia Garment Ltd社では注文の多くが海外企業のパートナーからのものだと明かした。同社は2008年以来ハンドバッグを輸出しており、総輸出売上高は今まで500万米ドル近くにのぼる。

今年同社は半分を自社でデザイン・生産された製品で占め、50万米ドルを目指している。同社はイーストパック、ラマー、バウアー、アディダス、ナイキ、レッドブックといったブランドのアウトソーシングも行っている。

Thai Binh Production and Investment Joint Stock Company (TBS Group)は最近、米国に輸出するための高級ハンドバッグを生産するために1000万米ドルの契約に署名したと述べた。

生産能力を拡大させるため、同社はビンズン省に工場を建設し、3000人の労働者を雇う予定だ。

Xuan Phong Trading Joint Stock社のマーケティングディレクターであるNguyen Quoc Huy氏は、年間100万米ドル以上のパートナー契約を締結したいと申し出ている日本企業もあるとした。

ハンドバッグ市場は非常に大きな可能性を秘めており、たとえ50台のミシンしか持たないような小規模のベトナム企業でもこの競争から何かしらの恩恵を受けることができるとHuy氏は述べた。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月14日06:05

ベトナム:縫製産業で労働法規順守状況の監査が始まる

労働・傷病兵・社会問題省は縫製産業に対し、労働法規順守状況についての大規模な監査を行うことを発表した。

7月3日にホーチミン市で行われたキャンペーン開始式において、この監査は国際労働機関(ILO)の支援により10月までに12の市・省で行われると労働省は発表した。

この監査は超過勤務、給与と手当、安全装置、非常口、電気リスク、労働環境、労働安全に対する計画と研修といった点を焦点に実施される予定である。

ホーチミン市の労働・傷病兵・社会問題部のTran Ngoc Son副部長は「今までの査察では、海外企業の工場の多くは関連法規に従っているものの、それ以外の工場は安全な労働環境にないことがわかっています。従業員への定期的な健康診断をしていない、非常口がないなどの違反が目立ちます」と話す。

労働省のPhan Dang Tho副監査部長は、縫製分野の企業は労働環境を改善すべきであると話す。

「従業員が5000人以上もいるのに、トイレが5つしかない工場もあるのです」

従業員の健康状態は年々悪化しているのに、多くの企業が健康診断を行っていないとも話す。

「今回の監査では雇用者と労働者の関係改善のため、関連法規の順守に着目したものとなる予定です」

今回の監査キャンペーンの開始にあたり、ホーチミン市労働組合のNguyen Phi Ho氏は、労働省は子どもによる労働にも注目すべきであると話す。

国際労働機関によると、ベトナムでは175万人の子どもが働いているという。この数は5歳から17歳までの人口のおよそ10%にあたる。

6月に発表された報告書によると、こうした子どもの5人に3人が15歳から17歳で、およそ85%が農村部に居住している。

ベトナムでは約6000の縫製企業で250万人以上が雇用されており、同国の全工場労働者の25%を占めている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月13日14:02

ベトナム:労働組合と雇用者側は2016年の最低賃金引き上げで合意に至らず

ベトナムの労働組合と企業協会は8月3日に2016年の最低賃金引き上げについて合意に達することはできなかった。提案された引き上げ額が高すぎるとして企業側が難色を示している。

ベトナム総労働者連合は現在の月額215万ベトナム・ドンから310万ベトナム・ドンの最低賃金から、16-18%の引き上げを提案しているが、企業側の提案は6-7%に留まる。

企業は労働者の賃金を計算する際に最低賃金を利用する。最低賃金に各従業員の技能や経験に基づく係数をかけることで総額が計算される。例えば技能レベルが初心者の従業員の係数は2.3である。

以前は10%の引き上げを支持していたベトナム商工会議所のHoang Quoc Phong副会長は現在、6-7%の上昇を「容認できる」としている。

国内数千企業を代表する立場にある商工会議所は、会員企業との協議を経てその立場を変えたとPhong副会長は話す。

「会員企業は大きな困難に直面しており、70%は事業で利益を出せていません。賃金の大幅な上昇は非常に大きな負担になります」

ベトナム繊維協会の会員企業らは、縫製業界はおよそ300万人を雇用しており、特に電力、燃料、輸送量が高騰している現在、大幅な賃金上昇には対応できないと話す。

しかし、労働組合の代表者らは、先月明らかにされた16-18%の引き上げ案を通すために闘うとしている。

労働組合のMai Duc Chinh副議長は、提案された賃上げが実現すれば、労働者らの日常必需品の89%が賄えるようになると話す。現在の賃金レベルでは75%しか賄えていないという。

Chinh副議長は、企業が経営難にあるという主張を否定する。

「昨年よりさらに経済は成長しています」彼は2016年の賃上げは少なくとも2015年の引き上げ率である15%と同率か、それを上回るべきであると示唆する。

 

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月12日14:02

ベトナム:TPP後のプレッシャーを受ける繊維産業

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する国々へのベトナムの繊維製品輸出は、2015年上半期だけで前年総輸出額の70%にも達し、協定が調印された後はさらに大幅に増加することが予想されている。

一方で原産地規制に関する問題として、ベトナムで生産される繊維製品の原材料の60〜90%が、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の非加盟国から輸入されているという点が、大きな懸念事項として挙げられる。

 

原産地規制のプレッシャー

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟国の中で、米国がベトナムにとって最大市場であり、7月は総繊維輸出の42%、51.8億米ドルを占め、2014年7月と比較して11.01%の伸びを示し、それに日本の13億米ドルが続いた。 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の11の加盟国市場における、2015年初頭からのベトナムの繊維製品の輸出は、すべてプラス成長となった。

一方、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は、原材料の原産地について非常に厳格な要件があるものの、ベトナムの繊維輸出業者はこれに対し十分な注意を払ってこなかった。繊維製品の輸出は、“yarn forward”ルールに従うことを求められているが、これは生産に使用されるすべての原材料が、TPP加盟国で生産されたものでなければならないというルールである。

在ベトナム世界銀行の代表は、ベトナムは米国市場に対する第3位の輸出国であるが、その原材料の多くを輸入に頼っており、ほとんどが中国からとなっている、と述べた。

ベトナムが環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する場合、その特恵関税の恩恵を受けるためには、付加価値を高めるためにより多くの自国内からの原材料調達が求められ、中国から原材料を輸入することができなくなる。

現在ベトナム繊維産業は、低い労働生産性によって付加価値も低いものとなっている。例えばポロシャツの生産において、ベトナム人労働者は1日に12枚縫製可能であるが、それに対し、中国人労働者は25枚となっている。Hung Yen Garment CorporationのNguyen Xuan Duong取締役会会長は、ベトナムの労働生産性は低く、マレーシアでのわずか30%、タイの40%相当に過ぎなくことを認めた。そのため、もしベトナム繊維産業がバリューチェーンを上流へ移動させたいのであれば、資源と技術に投資する必要がある、とした。

 

楽観的観測のレベル

ベトナム繊維協会(Vitas)の副議長兼総書記であるDang Phuong Dung氏によると、“yarn forward”ルールは、織物や染色などの原材料供給に弱みがあり、輸入に頼っているベトナムにとって、大きな障害になる。企業や政府が、こういった弱点に対処するために外国投資を誘致するよう一層の努力をすることが必要である、とDang Phuong Dung氏は述べた。

一方、中央経済管理研究所のVo Tri Thanh副所長は、これについて楽観視しており、求められる原産地規制、技術や労働基準、環境および法的手続きは、短期的には対応が難しい面もあるが、長期的にはベトナム企業を成長させるだろうとしている。

Vo Tri Thanh副所長は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に加盟後、繊維市場が拡大し、これが繊維セクターを発展させる良いチャンスとなると信じている。繊維製品の関税率は現在16〜17%であるが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の下ではゼロとなる。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は、繊維製品分野に競争力と利益をもたらすことは明らかである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月12日11:03

ベトナム:アメリカ向けの子供服輸出、27%増

統計データによれば、2015年年初6か月間のベトナムの子供服の輸出は2億810万点、5億7280万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が15.5%増、金額が15.4%増となる。2015年第3四半期の同製品の輸出額は4億5500米ドルに達し、前年同期比で20%増となる見込みである。

2015年年初5か月間では、子供服の主力市場への輸出は、対前年同期比で総じて良好に成長した。具体的には次の通りである。

アメリカ市場への子供服の輸出は、数量、金額ともにかなり増加し、対前年同期比で数量が27.1%増、金額が27.3%増で、1億2280万点、3億1730万米ドルに達し、同製品の総輸出額の70%を占めた。6月のアメリカの失業率はこの7年間で最も低い数字になり、アメリカ消費者の指数は各経済活動の3分の2に貢献する要素であり、5月は0.9%増となって、前月より0.1%増、見込みより0.7%増となった。これは2009年8月以降で最も大きな増加率である。消費者が長く使う製品やその他の大きな製品に対する指数を高めたのは、2015年第2四半期におけるアメリカ経済の成長速度を証明するものであり、年初3カ月間におけるマイナス0.2%という失望的な成長率を上昇させると見られる。こうした積極的な兆しにより、2015年第3四半期における同市場への縫製製品の輸出は有利になると見込まれる。

EU市場への同製品の輸出は回復したが、これは消費者と企業が指数を高め、6月におけるユーロ圏の各企業の活動がこの4年間で最も強く上昇したためであり、932万点、4600万米ドルに達し、対前年同期比で数量が11.4%増、金額が6.2%増となった。こうした成長率はいくつかの国への輸出がかなり増加したためであり、前年同期比でイギリス20.9%増、イタリア33.8%増、フランス111.6%増、オランダ21.6%増、ベルギー239.4%増、等となった。

日本への子供服の輸出は対前年同期比で数量が5.3%増、金額が12.5%増となり、612万点、1850万米ドルに達した。日本経済は新たな傾向を見せており、円の下落が各日本人家庭の貯蓄額を記録的に上昇させている。同国の各家庭の財産は2015年3月末までに14兆米ドル相当を記録し、前年同期比5.2%増となった。このことは人々の消費増加を刺激するだろう。今後の同市場への縫製製品の輸出は引き続き増加傾向になると見込まれる。

注目すべきは韓国への同製品の輸出である。同市場には潜在力があり、2014年の5か月間と比べて数量が55.2%と強く増加、金額も19%増であり、422万点、1780万米ドルに達した。

また、いくつかの市場への子供服の輸出が急激に増加しており、対前年同期比でチリ714.8%増、ノルウェー5438.8%増、サウジアラビア196.7%増、トーゴ418%増、ナイジェリア372.4%増、スイス896.6%増、等となった。

 

2015年年初6か月間の子供服の輸出価格は、対前年同期比で0.1%とわずかに下降し、FOB単価は2.75米ドルだった。

2015年5カ月間のアメリカ市場への子供服の輸出価格は、対前年同期比で0.2%上昇し、FOB単価は2.58米ドルだった。2015年5月の同市場への輸出価格は対前月比で19.2%とかなり上昇、対前年同期比で5.8%上昇し、FOB単価は3.01米ドルだった。

2015年5カ月間の日本市場への子供服の輸出価格は、対前年同期比で6.8%上昇し、FOB単価は3.03米ドルだった。2015年5月の同市場への輸出価格は対前月比で7.4%上昇、対前年同期比で4.4%上昇し、FOB単価は3.01米ドルだった。

一方、5カ月間のEU市場へのジャケットの輸出価格は、対前年同期比で4.7%下降し、FOB単価は4.94米ドルだった。このうち、いくつかの市場への輸出価格は対前年同期比で下降し、イギリス9.9%減、イタリア15.1%減、フランス20.2%減、アイルランド4.7%減、等となった。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月11日05:59

ベトナム:クアンナム省で韓国系アパレル縫製工場を操業開始

韓国資本の2つの会社、Panko Tam Thang社とDuck San Vina社は7月30日、地方都市Tam Ky市にあるTam Thang工業団地にて、アパレル製品プロジェクトの建設に着手した。

このプロジェクトは総投資8000万米ドルにものぼり、Tam Thang工業団地(IZの193haの土地に建設する最初の工場となる。

これはPanko社がベトナムに投資した第2のプロジェクトとなり、最初のプロジェクトは、2002年にビンズン省のMy Phuoc 1工業団地に建設した総投資7000万米ドルの工場である。

100%外資系プロジェクトであるPanko社は、33.5haの土地に7000万米ドルを投じ、4.8万トンの繊維・染色製品を生産する計画としている。

この繊維·染色工場はクアンナム省で初の業態となり、稼動開始となると15000人もの雇用が生み出されることが予想される。

Chu Lai経済解放区のDo Xuan Dien代表は、この2つの繊維・染色プロジェクトは、Tam Thang工業団地に将来、国内外企業からの投資を誘致するのに役立つだろうと述べた。

「県はTam Thang工業団地を主要な繊維ゾーンとして力を入れており、我々もTam Thang工業団地への衣料品・繊維産業の投資を誘致している。県はまた、熟練した、競争力のある労働力の提供を申し出ている。」とDien代表は述べた。

Dien代表はナムディン省、フンイン省、ビントゥアン省に続き、クアンナム省が織布や染色産業を開拓する第4の省となる、と述べた。

Tam Thang工業団地は、総登録資金1.5億米ドルの外国人投資家5社を誘致することに成功した。

当初計画通り、スリランカ資本のHirdaramaniグループは今年9月、Tam Thang工業団地内に、投資額5000万米ドルの衣料品・繊維プロジェクトを開始する予定となっている。

クアンナム省人民委員会Dinh Van Thu主席は、91もの衣料品・繊維会社がクアンナム省で稼動しており、2.9兆ベトナムドン(1億3800米ドル)もの製品を昨年製造し、これは州の総工業生産額の6.6%を占める、と述べた。

繊維産業は、5500万mの生地を生産し、3000人分の雇用を創出した。

クアンナム省はTam Thang工業団地(IZ)にある衣料品・繊維産業を支援し、外国のパートナーからより多くの投資や協力を求めてきた、とThu主席は述べた。

Chu Lai経済解放区の役員会によると、ベトナム繊維公団(Vinatex)もまた、ベトナム中心部に織布・染色繊維製品の施設を建築することを計画しており、その総投資額は1.5兆ベトナムドン(7000万米ドル)となる見込みである。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月10日06:02

ベトナム:2015年7月14日から2015年7月22日までの繊維輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,490~1,944USD/tで推移した。具体的には次の通りである。インドからの綿輸入価格は対前週比で0.2%とわずかに下降し1,488 USD/t、オーストラリアは4.0%下降し1,873USD/t、一方でアメリカは1.9%とわずかに上昇し1,668USD/tである。また、その他の市場からの綿輸入価格は、イギリスが1,551USD/t、スイスが1,605USD/t、フランスが1,567USD/t、中国が1,639USD/t、ブルガリアが1,490USD/t、日本が1,660USD/t、香港が1,944USD/tとなった。対2014年同期比で、これらの市場からの同原料の輸入価格は14.1~25.1%下降している。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は対前週比で下降し、0.86~3.0 USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入価格は、対前週比22.6%下降し、1.43USD/kgである。インドネシアからの輸入価格は、対前週比26.5%下降し、0.93USD/kgである。韓国からの輸入価格は、対前週比23.9%下降し、1.52USD/kgである。タイからの輸出価格は対前週比38.6%下降し、0.86USD/kgである。2014年同期と比較すると、これらの価格は13.3~30%下降している。その他市場の綿輸入価格は、香港1.96USD/kg、インド3.0USD/kg、マレーシア1.18USD/kg、台湾1.73USD/kgとなった。

 

綿100%、生地巾57/58inch(コード:52091900)の韓国からの輸入価格は下降し1.45USD/ydで、中国からの輸入価格は2.33USD/yd(CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾58/60inch (コード:54074200)の韓国からの輸入価格は最も低い0.71USD/ydで、中国からの輸入価格は1.58 USD/m、台湾からの輸入価格は2.13USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch (コード:54076900)の中国からの輸入価格は0.95USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.82USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch (コード:54074190)の中国からの輸入価格は1.23USD/ydと低く、韓国からの輸入価格は1.5USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月09日06:01

ベトナムのアパレル産業に資本を投下する米億万長者

米国で200番目にお金持ちのアメリカ人Wilbur L. Ross氏から見ると、ベトナムは投資先として魅力的な場所のようだ。

Ross氏はベトナム経済の成長期待だけでなく、金融投資先としての潜在的魅力について、ためらうことなくポジティブなコメントをした。

「ベトナムでは、国有企業が政府と民間投資家の間で、劇的な変革を遂げようとしている。こういったことは滅多にあるものではなく、興味深い事象です。」と78歳の億万長者は述べた。

1937年、米国のニュージャージー州に生まれたRoss氏は、アメリカで最も有名な投資家の一人となった。彼は財務レバレッジを用いて、倒産寸前の会社を“復活”させることで知られている。

2015年7月時点、Ross氏は30億米ドルの財産を所有しており、フォーブス誌における世界の富豪リストに603位でランクインし、米国内においては200位であった。

Ross氏は、倒産企業や不良資産に資本を投下することにより億万長者となった。彼は、2000年に自身の事業を立ち上げるまでの25年間、Rothschild社において破産事業部門を率いた。

近年問題を抱えた銀行は、Ross氏の格好の投資先となっている。彼は、2014年にアイルランド銀行の残りの株式を売却し、2011年のユーロの債務危機の最中に投下した初期投資を3倍にした。

2014年6月にRoss氏は、20%を所有する自身のWL Ross Holding社のIPOを通じて、4億3500万米ドルを調達した。Ross氏と投資家グループは1ヶ月後、キプロスの銀行の株式13億米ドル分を購入した。

Ross氏はニューヨークの日本協会の会長であり、日米関係への貢献により、2月に日本政府から旭日重光章が授与された。

熱心なアートコレクターであるRoss氏は、ベルギーのシュールレアリストRene Magritte(ルネ・マグリット)や、中国人とベトナム人アーティストによる現代アートを20作品以上も保有している。

ではなぜWilbur Ross氏は、ベトナムに投資したいと考えているのか?

2015年6月25日、Wilbur Ross氏はベトナム繊維公団(Vinatex)と、様々な分野における提携契約の締結を発表した。国際繊維グループ(ITG)は、ベトナム全土のベトナム繊維公団(Vinatex)の施設に投資、改修を行うことを計画した。

最近のアメリカ商工会議所によるインタビューにおいて、Ross氏はベトナムに触発されたと述べた。「我々はベトナムに関して非常に大きな期待を持っています。政治的、経済的な変革の面で、まるで中国の20年前のようです。」

「賃金は中国の約半分ですが、労働力は押し並べて良く訓練されており、仕事に対する正しい倫理感、そして手先の器用さを持っています。ベトナムは中国の20分の1の約8500万人しかおらず、中国とはその規模感が異なるものの、韓国人口からすると1.5倍です。」と彼は述べた。

Ross氏はまた、韓国がこの数十年で成し遂げたように、ベトナムが主要な経済国に成長する可能性を秘めていると力説した。Ross氏とそのパートナー達により、ダナン市に合弁で繊維会社を建設する計画があることを明らかにした。

「韓国が世界経済にとっていかに重要な位置を占めるようになってきたかを考えると、ベトナムも時間をかければ、韓国のレベルに近づき、追い越すようになるだろうことを疑う合理的な理由が見当たりません。ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟し、米国とも恒久通常貿易関係(PNTR)を築いたことで特に現実味が増しました。いずれの場合においても、ベトナムはその契約上の義務を負うためにいくつかの痛みを伴ったものの、これらの成果を達成したことに対し、我々はベトナムでのビジネスチャンスに夢中になっています。」と彼は付け加えた。

7月1日にニューヨークで開催された、投資促進会議における「私のベトナム-あなたの投資先」というスピーチにおいて、Ross氏はベトナムが国際的な資本フローの魅力的な投資先になると述べた。

「私はベトナムに2001年に初めて行きましたが、当時、多くのファミリーはまだ自転車に乗っていました。最近ベトナムに訪問した時には人々は車を所有し、大きなホテルさえも保有しているのを目撃しました。明らかに、ベトナムにおいてめざましい経済成長が遂げられてきており、個人的には世界で最も安心して投資できる国であると感じました。」と彼は述べた。

Ross氏は、税務政策改革や、外国人投資家の株式所有規制の緩和などを含む、経済改革への取り組みなど、ベトナムにおけるビジネス環境の良さを賞賛した。

この78歳の億万長者は、ベトナムにおける主要な輸出産業や不動産事業が発展することにより、投資利益をもたらすだろうと述べた。

Ross氏はビジネスマンであるだけでなく、アートコレクターでもある。Ross氏のアートコレクションは控えめに言って1.5億米ドルの価値があり、西洋のシュールレアリストから現代的な東洋彫刻、ベトナムアートまで幅広く保有している。

 

 

Wilbur Ross氏は、米国で最も有名な変革的な投資家であり、世界中の2千億米ドルを越える資産の再編に携わってきた。

1998年フォーチュン誌は、「破産王」とRoss氏を名付けた。WL Ross & Company の会長兼CEOとしてRoss氏は、2002年4月にInternational Steel Group(ISG)を組織した。

このニューヨーク証券取引所(NYSE)上場の会社はすぐに、北米で最大の総合鉄鋼会社となった。その後世界最大の鉄鋼会社となるため、Mittal Steelと合併した。

Ross氏はそれ以来、国際的な繊維グループ、石炭グループ、自動車部品グループなどを含む多くの会社を組織するのを手がけ、それらの会社は営業を開始した後、米国、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカでの買収を開始した。

1999年には韓国の金大中大統領が、1998年の金融危機の際に、Ross氏が韓国を支援したことに対し、メダルを授与した。彼はスミソニアン国立委員会の元会長でもある。

この前には、クリントン大統領が米露投資基金の委員会に彼を任命したり、またニューヨークのルドルフ·ジュリアーニ市長の民間アドバイザーを務めていたりした。

Ross氏は、ニューヨーク市パートナーシップや、ジャパンコミュニティの執行委員を務めており、また米印ビジネス協議会においては、会長サークルのメンバーでもある。

Ross氏は、ビジネス·ラウンドテーブルのメンバーであり、リーダーシップ賞のレジェンドとして彼を表彰しているイェール大学の理事会メンバーでもある。

彼はまた、資本規制委員会のメンバーであり、イェール大学の文学士(A.B.)とハーバード大学のMBAを保有している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月08日06:01

ベトナム:ファッションデザイナーMinh Hanh、福岡アジア文化賞受賞

デザイナーのDang Thi Minh Hanh氏が2015年の福岡アジア文化賞の受賞者として選出された。

この知らせは7月7日にハノイで開催された受賞発表会で発表された。

発表会において、ベトナム文化・スポーツ・観光省のHuynh Vinh Ai副大臣はMinh Hanh氏のファッション産業への積極的な関与と、彼女の世界へのベトナム文化発信のための貢献について賛辞を述べた。

Minh Hanh氏は受賞について非常に感激し、誇りに感じていると述べ、この受賞は彼女自身のみならず、ベトナム文化に捧げられたものであると強調した。

彼女はまた、ベトナムのファッション産業はベトナムの豊かな文化と長い歴史により、さらなる発展を遂げるであろうとの信念を述べた。

さらに彼女は、若いデザイナーと共に働くことでベトナムファッション業界の発展にさらなる貢献をしたいとの意思を表明した。

受賞発表会では小規模なファッションショーも開催され、会場にはMinh Hanhのコレクションの衣装を着たモデルたちが登場した。

Minh Hanhは福岡アジア文化賞を受賞する2人目のベトナム人となった。Minh Hanh以前には、1996年に歴史学者のPhan Huy Le教授が最初のベトナム人として同賞を受賞している。

Minh Hanhはベトナムの優れたファッションデザイナーとして、福岡アジア文化賞の選考委員らの高い評価を受けた。ベトナム独自の文化への深い洞察に基づき、アオザイ(長服)と昔ながらの刺繍、そしてベトナム少数民族に伝わる布地を融合させ、Minh Hanhは現代的なファッションを創造した。

彼女はまた世界各地でファッションショーを開催し、ベトナムに若いデザイナーと市場を作り出し、アジアの創造性を得た製品の開発に貢献した。

Minh Hanhは最初の国際的コンペに出品した1997 年に日本でアジアコレクション特別賞を受賞している。2006年にはフランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。彼女はまた、ベトナムのデザイナーを代表して2006年にベトナムで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)での国家元首らのコスチュームをデザインした。

福岡文化賞は1990年に創設され、アジアの学術、芸術、文化に優れた貢献をした人々に対し賞を授与し、アジアの多様で固有な文化を世界に伝えている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月07日14:01

ベトナム:1990年以降生まれの才気溢れる4人のファッションデザイナー

ベトナムのファッション産業の新しい世代を代表する才気溢れる若手デザイナーを紹介する。

 

1.Lam Gia Khang スターのためのデザイナー

ベトナムのファッション業界においては新人ながら、1990年生まれの彼は期待されていたよりもはるかに多くの注目を集めている。

Khang氏はハノイのロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業し、2012年のVietnam Belve Fashion Design Awardsで優勝。その頃の彼のコレクションであるLe Blancは50年代のスタイルに影響を受け、その優雅さと細部にわたる精巧さは多くの称賛を受けた。1年後、彼はProject Runway Vietnam 2013のトップ3に君臨するまでになった。

Lam Gia Khang氏はデザインのなかにコンテンポラリーとミニマリズムを入れることを好みながら、ファッション業界の流行も常に追及している。彼のデザインは多くのレッドカーペットの華やかな舞台において、ベトナムのセレブに好まれ着用されている。

 

2. Ly Giam Tien ファッションの奇才

Ly Giam Tien氏は2014年にベトナムのファッション業界で発掘された特別な人材とみなされていた。Tien氏は専門的な経験を積んだことはなかったが、彼のデザインは業界全体から称賛された。18歳のデザイナーであるTien氏のことを人々は「ファッションの奇才」「才能は年齢で判断できるものではない」と語った。彼はベトナムで最も一流の雑誌のひとつであるBreak Through of the Year by Sport and Cultureで賞を与えられた。

2015年2月、Tien氏は世界のファッションの中心地であるニューヨークのキャットウォークで自身のコレクションをショーケースとしてみせる機会を得た。New York Couture Fashion Week社長であるAndres Aquino氏は以下のように語った。「Ly Giam Tien氏はNew York Couture Fashion Weekに若くて新鮮な精神をもたらした。彼のコレクションには正直驚いている。こんなに若くして彼は将来性が十分にある。近い将来の彼の成功をとても楽しみにしている。」

 

3. Nguyen Quang Viet 新しい才能

Nguyen Quang Viet氏は1992年生まれ、現在ベトナムのトップファッションブランドのデザイナーである。ベトナムのファッション業界の最も若い才能のある人材として、Viet氏はイタリアのVogue、スイスのSuperior、中国のTech Magなど様々な国際的なファッション雑誌と仕事を重ねてきた。

London Fashion Week 2014の後、Viet氏のコレクションは再度今年度のLondon Fashion Weekにおける「新しい才能」部門でショーケースとして展示されるために選ばれた。2015年の2月には、Viet氏のデザインはVivienne WestwoodやMulberryなど他の名高いファッションブランドのコレクションと並び、ロンドンのThe Gran Connaught Roomsのキャットウォークを飾った。

 

4. Ngo Thai Bao Loan 期待の新星

Ngo Thai Bao Loan氏がはじめてベトナムのファッション業界に姿をあらわしたのは、彼女がVietnam Project Runwayシーズン1のトップ5となった時であった。一方で、彼女はハノイを拠点とするスペインのファッションブランドに何か月もの間勤めており、決して業界における新人ではない。

前途有望なデザイナーである彼女は最近ハノイで自分自身のブランドを立ち上げた。Loan氏の洋服はまさに彼女自身であるかのように若く、クールでリラックスした印象がある。「きついドレスやシャツを着るといつも恥ずかしい気持ちになります。だから自分の買い物やインスピレーションを得るには、いつも男性もののファッションのお店を訪れます。」とLoan氏は述べた。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月07日06:00

ベトナム:米国への靴製品輸出が激増

ベトナム総税関局が発表した統計によると、2015年上半期のベトナムの靴製品輸出は58億5000万米ドルに達し、21.2%の増加となった。

総輸出額のうち、米国向け輸出が30.2%増の20億米ドルに急増しており、これは17%増加したEU市場全体への輸出額とほぼ同額である。

長年にわたり、EUがベトナム靴製品の最大の輸出市場であった。2009年には米国向け靴製品輸出額は約10億米ドルで、EU向け輸出額のおよそ半分であった。

ビンズン省のLien Phat Footwear CompanyのTruong Thi Thuy Lien取締役によると、今年は第2四半期の靴製品輸出が非常に好調であり、ほとんどの靴製造企業が2016年2月までの仕事を受注しているという。

現在、海外投資企業と国内企業はともに米国市場への輸出に注力しているとLien取締役は話す。

米国商務省(DOC)の繊維アパレル局(OTEXA)の統計によると、米国は今年の1月から5月までに1兆1010億米ドル以上の靴製品を輸入しており、そのうち78%以上を中国、12%をベトナムが占めている。

しかし、繊維アパレル局によると2010年以降、中国からの靴製品の輸入は継続して減少している。一方で、米国企業が中国への依存度低下をはかった結果、中国以外のアジア諸国、特にベトナムからの輸入が近年急増している。

ベトナム皮革製靴協会(Lafaso Vietnam)のNguen Duc Thuan会長は、製靴分野は商工省が設定した2015年の輸出目標額145億米ドル、年間成長率20%を達成できるであろうと話している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月06日14:06

ベトナム:E-Martチェーンが現地市場での商品調達を拡大

韓国最大の小売E-Mart社はこの12月、ベトナム第1号店となるスーパーマーケットを出店する。

この情報は、E-Mart Vietnam社のChoi Kwang Ho最高責任者が、商工省との直近の会議において公表した。E-Mart社の最初のスーパーマーケットは総額6000万米ドルを投じ、ホーチミン市のGo Vap地区にあるガーデンヒルズ複合施設に3haの面積を占める。

好立地を選択するためのフィールド調査に基づき、韓国のE-Mart社は今年1月、Cityland Real Estate Investment Companyからガーデンヒルズ複合施設内のトレードセンターエリアを購入することを決定した。

Ho最高責任者は、E-Mart社は近い将来に、ベトナムでさらに複数の商業施設を建設する計画についても検討中とした。但し今回これについての詳細は、まだ明らかにされなかった。

Ho最高責任者によると、E-Mart社はベトナム市場から、商品の95%を調達する計画とし、出店初期段階では地元のスーパーマーケットと協業を行う。

韓国小売業の主要プレーヤーとして、E-Mart社は、Giorgio Armani、Dolce & Gabbana、Gap、Banana Republicなど30以上の有力ファッションブランドの取扱い独占権を有している。

Shinsegaeグループにより1993年に設立されたE-Mart社は、韓国初のディスカウント店として、現在韓国国内に150店舗、中国に10店舗のスーパーマーケットを保有し、グループの年間売上高は100億米ドル以上に達するが、ベトナム製品の占める割合は2%にすぎない。

E-Mart社は今、韓国内の自社スーパーマーケットチェーンで販売する家具、米、農産物などの製品の供給業者をベトナムで開拓したいと考えている、とHo最高責任者は付け加えた。

E-Mart社は、2008年ベトナムに参入したLotte Mart社に続く、第2の韓国資本の小売業者である。E-Mart社は現在、ベトナム全土で10のトレードセンターを運営しており、次の5年間でそれを60箇所に拡張する計画としている。

商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は会議上、ベトナムの小売市場は今非常に魅力的であり、アセアン経済共同体(AEC)が今年後半に一旦現実のものになると、アセアン地域の会社にとって、地域経済の統合やマーケットの集中により、多くのビジネスチャンスが見込まれことになるとの見解を示した。

「アセアン経済共同体(AEC)は、関税のメリットを最大限に利用したい多くの外国人投資家をベトナムに惹きつけ、ベトナムの小売市場はより競争が激しくなるだろう。」とThoa副大臣は述べた。副大臣はまた、E-Martチェーンはベトナム製品の韓国市場参入の手助けになるだろう、と付け加えた。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月06日06:05

ベトナム:TPPがもたらす経済効果は数百億米ドル規模

12の国々が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)によりベトナムは、国内産業が取引相手によって求められる技術的な要件を満たすことが出来た場合、2025年までに最大357億米ドルものGDPの増加を見込める。

米Brandeis大学のPeter A. Petri教授は、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の妥結により、ベトナムが最も恩恵を受けることになるだろうと述べた。

Petri教授とその共同研究者の研究によると、ベトナムが環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合、そのGDPは2025年までに357億米ドル(10.5%相当)増加するチャンスがあることが示された。

「環太平洋経済連携協定(TPP)の加盟国はベトナムの主要な輸出先であるため、環太平洋経済連携協定(TPP)によるベトナムの利益は、米国や日本の享受する利益のほぼ倍になるだろう。ベトナムは環太平洋経済連携協定(TPP)のメリットを享受するのに最も良い立ち位置にある。」とPeter A. Petri教授は述べた。

ホーチミン市統合サポートセンターのPham Binh An所長は、現在ベトナムから米国市場への繊維製品関税率は平均17.3%であるが、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加後は、それは0%となるだろうと述べた。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、2015年4月時点で、ベトナムは米国の輸入繊維製品市場で10.16%のシェアを占めており、またベトナムにとっても米国はこの分野で55%のシェアを占める主要な輸出先である。米国における更なる成長余地として、ベトナムの繊維衣料品の輸出額は、2025年に550億米ドルに達し、600万人近くの雇用を創出する可能性があるという。

ただしこれらはあくまでも単なる理論上の計算値であり、ベトナムが環太平洋経済連携協定(TPP)に参加しても、なおもいくつかの障壁に直面することが予想される。

「繊維分野を下支えする産業が非常に弱いので、我々は中国、韓国、台湾など、環太平洋経済連携協定(TPP)に加盟していない国から、原材料を輸入しなければなりません。」とPham Binh An所長は述べた。

シューズやハンドバッグについてもまた、現在ベトナムにおけるこの分野での輸出額において、47%以上のシェアを占める米国市場で堅調な成長が見込まれている。

ベトナム皮革履物協会(Lefaso)のDiep Thanh Kiet副会長は、環太平洋経済連携協定(TPP)は、ベトナムの輸出増加の一助となる一方で、国内市場を開放することを求める双方向の動きが起きると述べた。

財務省の戦略・政策機関の専門家によると、ベトナムの皮革履物における最大の問題は、内製率が低いことである。ベトナムは現在、原材料の20~40%しか内製により満たすことができず、革材料についてはその需要量の70%までを輸入に頼っている。またベトナムにおけるトップ10の製靴企業のうち、国内資本は1社のみで、残りは合弁か100%外資企業である。

また、国内のシューズ市場を制する能力も限られている。高級品セグメントは、現時点で既にほとんど開放されているため、ベトナム企業が国内シューズ市場の50%未満のシェアに甘んじている状況下では、0%の関税率は真の「金鉱」とはならないだろう。

しかしながら、ホーチミン市統合サポートセンターのリーダーは、交渉の場では常に、一時的、または永続的な供給源の不足があり得るため、ベトナム現地企業は悲観的になるべきではないと述べた。この点は、検討に多くの時間を必要とするような、慎重に扱うべき、議論の多い問題としている。

事実、ベトナムは低所得国家であるものの、米国にとって非常に重要な国である。「ベトナムは低所得国家の代表であり、世界その他多くの国々への展開の先鞭をつけるため、米国はベトナムと合意したいと望んでいる、と Peter A. Petri教授は述べた。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月05日06:02

ベトナム:靴の輸出産業、大幅の売上増

税関総局の報告によれば、ベトナムの靴産業の輸出高は前年度同時期と比較して21.2%上昇し、1月から6月にかけて58.5億米ドル以上となった。

ベトナム革靴協会(Lefaso)によれば、この数値は今年の終わりには140億米ドルに達する見込みである。

今年の前半の数値のうち、米国向けの輸出は30.2%増加、20億米ドルに達した。これは17%の増加をみせたEU向けの輸出による収益と同じ額である。

EUはベトナムの靴産業において引き続き最大の輸入相手である。

2009年には米国向けの靴の輸出は全体で約10億米ドルであった。これはEU市場から得られる収益の半分である。

南部に位置するビンズン省にあるLien Phat Footwear Companyの取締役であるTruong Thi Thuy Lien氏は、靴の輸出は今年の第2四半期に伸びたと述べた。ほとんどの靴産業の関連企業は来年2月の終わりまで受注が入っており、海外直接投資、地元の企業ともに米国市場に焦点をあてている、と氏は述べた。

米商務省の繊維衣料品局の統計によれば、米国は靴の輸入の78%を中国に、12%をベトナムに頼っている。

また一方で中国からの靴の輸入は2010年以来着実に減少してきている、と米当局は述べた。

それと同時に他のアジア諸国からの輸入、とりわけベトナムからの輸入は、米国のビジネスが中国からの輸入依存から脱却を図ろうとしていることから、近年急激に増加している。

ベトナム革靴協会の代表のNguyen Duc Thuan氏は、業界が今年の目標である145億米ドル、商工省が設定した年間20%の成長を達成する見込みであると述べた。

工商省よれば、昨年ベトナムは前年と比較して23%の増加となる103.4億米ドル相当の靴を輸出した。これは国全体の輸出量の6.89%を占める。

12月の靴の輸出は、11月と比較して13.8%の増加となる全体で10.8億米ドルであった。

昨年、ベトナム製の靴は米国、EU、日本、中国、韓国を含む、世界の40以上の市場に輸出された。

全市場のうち、米国向けの靴の輸出は33.3億米ドルとなる年間26.7%の増加を記録した。

昨年国全体の靴の輸出の32.3%が米国市場向けのものであった。

Lefasoによれば技術と設備の改善が図られたことにより、靴産業の競争力が拡大した。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月04日05:58

ベトナム:繊維輸出の対TPP市場向けが7割増

ベトナム繊維協会(Vitas)の最新の統計によると、2015年1月から5月の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加盟予定国へのベトナムの繊維輸出は昨年同時期と比較して69.66%の伸びとなった。

また、TPP加盟予定国への輸出は繊維分野の総輸出額の66.8%を占めている。

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国及びベトナムがTPPに加盟を予定している。

米国への輸出が40億5000万米ドルで最大であり、TPP加盟予定国への総輸出額のほぼ50%を占め、年率で53%の増加であった。

ベトナム繊維協会のDang Phuong Dung副議長は「税関」紙に対し、ベトナムの米国向け繊維輸出額は年末までに110億米ドルに達することが見込まれると話している。

過去20年間で、ベトナムから米国への繊維・縫製輸出はゼロから2014年の98億米ドルへと劇的に増加した。

Dung副議長は、TPPが締結されれば輸出額は倍増しうるため、これはベトナム企業にとって大きな恩恵となると述べている。縫製製品への関税は現行の15-16%から7-8%減額される。

しかし、TPP締結後は製品の原産地にかかる情報が要求され、国内企業には対応が難しい。ベトナムの繊維分野には原材料供給地の表示について改善が求められている。

Dung副議長は省庁、業界団体や政府に対し外国投資の誘致に協力し、国内生産者と原材料供給者の連携強化を促進するよう求めている。

そうしなければ原材料産地に関する要求事項にベトナムは対応できないと副議長は話す。

「税関」紙の報道によると、米国ファッション産業協会のJulia K Hughes会長は、TPP締結後は多くの米国企業が加盟国からの輸入を希望していると述べている。Hughes会長はまた、新たな事業誘致の可能性の面ではベトナムが首位に立っており、ベトナムはこの機会を活用するべきであろうとも述べている。

ベトナム繊維協会は2015年のベトナム繊維・縫製製品の輸出額は275億から280億米ドルに達すると予測している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月03日06:01

ベトナム:ハノイ・ギフトショー2015開催

手工芸品、ホームデコ、家具などを展示するハノイ・ギフトショー2015が10月27日から30日までベトナム展覧見本市センターにて開催される。

海外から600近い輸入業者が参加する見込みである。

この展示会は大規模になると見られ、600のブースが出展を予定している。

ベトナムの輸出業者と米国、EU諸国、日本、ロシア、韓国、オーストラリアなどの先進国の輸入業者の交流促進がこの展示会の狙い。

主催者側では海外の輸入業者の空港出迎えサービス、工芸村の現地視察ツアーを無料で提供する。さらには、2晩のホテル無料宿泊も受けられる。

ハノイ・ギフトショー2015には全国30の市や省から200の国内業者が集まる予定で、展示会では、主催者が海外の専門家による新デザインを紹介する。

「1村1品運動」と題された展示も行われる。200のブースではベトナムの少数民族の伝統衣装や、ベトナム、ラオス、ミャンマーの特産品が展示される。

ハノイ・ギフトショーはこれまで4回開催され、累積取引額は1500万米ドル。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月02日14:40

ベトナム:2015年7月8日から2015年7月15日までの繊維輸入実績例

ナイロン100%、生地巾42/62inch(コード:5407520)の韓国からの輸入価格は下降し、0.49USD/ydで、台湾からの輸入価格は1.51USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル88%、スパンデックス12%、生地巾58/60inch (コード:60041090)の中国からの輸入価格は2.81USD/ydで、台湾からの輸入価格は5.45USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

綿100%、生地巾74inch (コード:60062200)の香港からの輸入価格は下降し4.5USD/ydで、韓国からの輸入価格は7.18USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾57/58inch (コード:55151900)の中国からの輸入価格は下降し1.89USD/ydで、台湾からの輸入価格は2.15USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月02日14:09

ベトナム:パリオートクチュールウィーク2015にベトナム人モデルが登場

有名モデルKha My Vanはパリオートクチュールウィーク2015でキャットウォークを歩く最初のベトナム人モデルとなった。

VanはオートクチュールデザイナーSerkan Curaのショーに参加する21人のモデル中、2人のアジア人モデルのうちの1人である。ショーでは黒、白、グレー、赤のテーマカラーで、レースや羽毛などの素材を使ったエレガントで洗練された、印象的なデザインが秋冬コレクションとして発表される。

Serkan CuraはパリのファッションブランドJean Paul Gaultierで4年間働いた経験があり、Victoria’s Secretのショーに欠かせない美しい天使の羽をデザインしているのも彼である。

Serkan Curaのショーに続いて、7月7日午後にはVanはパリのオラトワードゥルーヴル教会で行われるJulien Fournieのショーにも参加する。夜にはセーヌ河にかかるビルアケム橋でデザイナーFournieとともに2015年秋コレクション発表のための撮影会にも参加する。

Vanはこれまでにイタリア版ヴォーグ、3月にはフランスのL’officiel誌に登場している。

パリファッションウィークの後には、Van はICE Modelsとの契約により2015年末までミラノに滞在する予定となっている。

Vanは2012年のVietnam Next Top Modelで準優勝し、ベトナム内外のさまざまなファッションショーに参加している。

フランス人デザイナーFournieはVanのプロ意識とキャットウォークでの自信に満ちた態度を賞賛している。

モデルのマネージメントやトレーニングを行うBeU ModelsのLe Quynh Trang会長は「Fournieのショー幕開けでのVanを見て、言い表せないほどの誇りを感じました。今日、ベトナム人モデルが最先端のファッションショーで自信に満ちた姿を見せ、長年の夢が叶ったのです」と話す。

パリオートクチュールウィーク2015は7月5日から9日まで開催され、Valentino、Giambattista Valli、Giorgio Armani Prive、Schiaparelli、Versaceといったフランスとイタリアのデザイナーが参加した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月01日06:03

このページのトップへ戻る