インドシナニュース

2014年05月 のニュース一覧

Vinatex、戦略投資家選びに苦慮

政府首相は持株会社Vinatexを定款資本5兆ベトナム・ドン(5億株相当)で株式化する法案を承認した。

 

戦略パートナーがいまだ決まらず

定款資本5兆ベトナム・ドン(5億株相当)で株式化される政府首相の決定がなされたVinatexでは、定款資本の24%に相当する1億2000万株を戦略パートナーに譲り、新規株式公開(IPO)で定款資本の24.4%に相当する1億2200万株を販売する。

新規株式公開(IPO)は2014年8月6日に予定されている。

「投資」紙の記者とのインタビューで、Vinatex会長Vu Duc Giang氏は、現時点でVinatexの戦略投資家はまだ決まっていないと認めた。「いまだ選定段階で、Vinatexの戦略投資家は、双方の合意がなされて、はじめて公表できます。」とGiang氏は言う。

Vinatexの情報によれば、2012年末から2013年にかけて、Vinatexでは、繊維業界に関わる多くの大企業や企業グループに接触し、公団の株式化と新規株式公開について、理解を深めてきた。しかし、どの相手ともいまだ基準や希望の面で折り合いがつかない。Vinatexでは、同じ業界であること、先進的な企業統治のレベルにあること、市場をよく理解していること、資金や技術的な支援ができること、などの基準を提示しているが、投資家の方では、利益要素が高く、Vinatexの提示する多くの基準との折り合いがつかない。

「基本的には、Vinatexは戦略投資家としては、財務力があり、強いブランドを持ち、公団とともに短期及び長期の投資戦略をともにし、Vinatexの従来からの価値を尊重し、有効活用できる相手を選びたいと思っています。」とVinatexの代表は語る。

 

ボトルネックはどこ?

2013年のベトナムの繊維製品の輸出は200億米ドルを超え、そのうちVinatexは30億米ドル近くを占めている。けれども、繊維業界の弱点は原材料の手配で、これを輸入に頼り、2013年の輸入金額は130億米ドルに昇っている。Vinatexだけをとってみても、輸出が30億米ドルに対して、公団全体の輸入金額は15億米ドルに達している。

そのため、海外企業の多くが生産能力に関して高い評価を下しても、Vinatexは原材料の手配という弱点をまだ克服できない。

投資家は企業の可能性を見て取らなければ投資はしないとVinatex傘下のある繊維企業の社長は言う。3-5年のVinatexの大目標は、綿花の栽培や紡績、染色など川上に投資して、原材料の輸入を削減することであり、2014年だけで、Vinatexはこの種の案件に10兆ベトナム・ドンを投じている。

この社長によれば、川上の分野への投資は、非常に金額が大きく、回収に時間がかかるため、同業でなく、経験がないと、効果が期待できない。このことが、Vinatexが長い道のりをともに歩む投資家を見つけられない大きな理由の一つである。

Vinatexは、環太平洋経済協定(TPP)が妥結されれば、Vinatexだけでなくベトナム繊維業界全体にチャンスが訪れると期待する。しかし、ベトナム繊維業界で長年活動されている外資企業はかなり慎重である。

「我々はベトナムへの投資を長期投資、サプライチェーンの最適化、人的資源の確保などの戦略的投資として見ており、TPPのチャンスを伺うための短期投資として見ているわけではありません。」とEsquelグループ(香港)社長John Cheh氏は言い、川上への投資決定は、非常に大きく、多くの要素に基づくが、中でも重要なのは人の問題であるとする。この要素に関して、ベトナムでは、先進の織布・染色案件に必要な高い専門性を備えた人材が決定的に不足している。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月30日12:38

ベトナムからジャケット輸出、大きく増加

統計データによると、2014年年初4ヶ月間におけるジャケットの輸出数量は約5260万枚で、輸出金額は8億1490万米ドルに達し、対2013年同期比で、輸出数量は14.8%増、輸出金額は26%増となった。予測では、2014年第2四半期の輸出金額は9億米ドルで、対昨年同期比で27%増加すると見られている。

2014年第1四半期における、ベトナムからEU、韓国、米国へのジャケット輸出は対2013年同期比で好調に伸びているが、日本へのジャケット輸出の伸びは鈍い。

具体的には、2014年第1四半期における、韓国へのジャケット輸出額はトップに立ち、ジャケット総輸出額の28.8%を占め、輸出数量844万枚、輸出金額1億8000万米ドルで、対作年同期比で、輸出数量27%増、輸出金額31.7%増となった。

米国へのジャケットの輸出額は大幅に伸び、数量1340万枚、金額1億6470万米ドルで、  対2013年同期比で、数量22.5%、金額29.3%増加している。現在、米国の経済は急成長し、失業率はこの数年間で最低レベルまで下がった。加えて、消費者の信用はこの6年間で最高レベルである。

2014年間における米国の国内総生産(GDP)は3.5%に達し、先進国中で最高と予想されている。予測では、米国市場へのジャケット輸出は2014年第2四半期も増加し続けると見られている。

2014年第1四半期における、EUへのジャケットの輸出数量は約890万枚で、輸出金額は1億3660万米ドルに達し、対2013年同期比で、輸出数量は12.8%増、輸出金額は17.9%増となった。現在のEUの経済状況は好調の兆しが見えている。欧州連合の経済成長率は今年1.6%増、来年2.0%増と予想され、2013年比で0.1%増となる。ユーロ圏の経済成長率は、2年連続のマイナス成長から、2014年には1.2%、2015年には1.7%に達すると見られている。成長のスピードは速くないが、ユーロ圏の失業率は2013年の12%から2014年には11.8%、2015年には11.4%と低下する。そのうち、ドイツは2014年に1.8%、次の年には2%と成長を見込んでいる。イタリアは、2015年までに国債発行でギリシャに次ぐ2番目の国で、2014年と2015年の政府総債務残高(対GDP比)はそれぞれ135.2%と133.9%である。スペインは2014年に1.1%、翌年には2%成長すると見られる。これらの好調なシグナルでEUへのジャケット輸出額は成長し続けると予測されている。

一方で、各企業が他の市場向け輸出を強化している。例えば、ジャケットの輸出金額が対昨年同期比でカナダ42.2%増、オーストラリア54.5%増、ロシア87.2%増、ブラジル72.9%増、メキシコ119%増、UEA440%増となった。

 

2014年第1四半期におけるジャケットの輸出価格は、対2013年同期比で、9.8%と上昇し、FOB価格15.49米ドルである。

2014年第1四半期における、米国へのジャケットの輸出額は、対2013年同期比で、5.6%増%上昇し、FOB価格12.25米ドルである。2014年3月単月では、米国市場向けの輸出価格は、対前月比で2.0%とやや上昇したが、対2013年同期比では5.6%上昇し、FOB価格12.54米ドルである。

2014年第1四半期における、EUへのジャケットの輸出額は、対2013年同期比で、4.5%とやや上昇し、FOB価格15.24米ドルである。そのうち、EU加盟国の中で一部の国向けのジャケットの輸出が対2013年同期比でドイツ5.2%増、スペイン13.5%増、イギリス1.2%増、ベルギー8.2増、イタリア21.6%増となった。

2014年第1四半期における、韓国へのジャケットの輸出額は、対2013年同期比で、3.7%増%上昇し、FOB価格21.32米ドルである。2014年3月単月では、韓国市場向けの輸出価格は、対前月比で16.4%下降したが、対2013年同期比では5.9%下降し、FOB価格17.39米ドルである。

2014年第1四半期における、日本へのジャケットの輸出額は、対2013年同期比で、39.5%と大幅に上昇し、FOB価格16.77米ドルである。2014年3月単月では、日本市場向けの輸出価格は、対前月比で12.5%下降したが、対2013年同期比では29.9%上昇し、FOB価格15.24米ドルである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月29日06:00

ベトナム:年初4ヶ月の繊維製品輸出は60億ドル

ベトナムの繊維製品輸出は今年年初4カ月で21.3%跳び上がり、魅惑的な60億米ドル近くに及んだことがベトナム税関の統計でわかった。

米国はベトナム繊維製品最大の市場で、同国向けの製品輸出は29億5000万米ドル相当で、対昨年同期比19.4%増、ベトナムからの輸出全体の49%を占める。

これに、EUと日本が続き、輸出金額はそれぞれ8億3000万米ドルと7億8400万米ドル。

最も増加の著しいのはアラブ首長国連邦(UAE)で、同国へのベトナムの衣類輸出は131%増加し、3580万米ドルに達した。

アラブ首長国連邦(UAE)は年間の繊維製品輸入の需要が約60億米ドルあり、同国向けのベトナムからの輸出は将来的に成長の余地が十分あると商工省は言う。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月28日17:47

ベトナム:2014年1-4月の繊維製品輸出21%増

ベトナム財務省税関総局税関情報通信統計局が発表したデータによると、2014年1月から4月のベトナムからの繊維製品の輸出高は、対前年同期比で21.3%増の59億9100万米ドルと大幅に増加した。

当該の4カ月間において、ベトナム繊維製品の輸出先は米国が最大で、29億4900万米ドルとなった。また日本と韓国もベトナム繊維製品の主な輸出先となり、輸出額はそれぞれ7億8395万7000米ドルと5億7060万7000米ドルである。

データによると、ベトナムによるこの期間の原糸の輸出は、7億5618万4000米ドル相当の24万8448トンとなっている。これは対前年同期比で、それぞれ20.6%増と22%増。このうち中国への輸出は、3億6623万6000米ドル相当の11万2418トンだった。

またトルコへは7592万3000米ドル相当の3万1814トンを輸出。対韓国がそれに続き、6553万5000米ドル相当の2万2267トンとなっている。

一方、ベトナムによる2014年1月から4月の綿の輸入量は、対前年同期比で27.4%増の25万5311トンに達し、これは29.8%増の5億211万5000米ドルとなった。

同様に、ベトナムによる原糸の輸入量は、対前年同期比12.2%増の22万9531トンとなり、輸入高は3.6%増の22万9531トン4億7923万8000米ドルとなった。さらに生地の輸入高は、18.3%増の27億9600万米ドルとなっている。

ベトナムでは現在、原糸や生地などの脱輸入依存を目指して、中国や日本を含む海外企業数社およびベトナム繊維公団(Vinatex)の投資により、繊維工場を新たに建設中である。

昨年、ベトナムからの繊維製品の輸出は、対前年比18.9%増の179億4600万米ドルに達した。現状が続けば、今年の繊維製品の輸出は、200億ドルの大台を超えるものと予測されている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月28日06:00

香港企業がロンアン省に先染め用糸生産工場建設

香港のHuafa社はロンアン省Can Duoc県Long Dinh町の拡大Thuan Dao工業団地に投資し、先染め用糸の紡績工場を建設する。計画では、工場敷地面積は20.38ha、投資金額は2兆8560億ベトナム・ドン(約1億3600万ドル)。Huafa社が投資する工場で生産される高品質の先染め用糸はベトナム国内の繊維工場への販売や海外への輸出に向けられる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月27日16:23

ベトナムからのショートパンツの輸出、順調に伸びる

統計データによると、2014年年初4ヶ月間におけるショートパンツの輸出数量は約8500万点以上で、輸出金額は3億9080万USDに達し、対2013年同期比で、輸出数量は14%増、輸出金額は13.4%増となった。予測では、2014年第2四半期の輸出金額は1億9000万米ドルで、対昨年同期比で15.9%増加すると見られている。

2014年第1四半期における、ベトナムからEUと米国へのショートパンツの輸出は対2013年同期比でかなり順調で、日本への輸出は下降した。具体的には、最大市場の米国向けショートパンツの輸出は、ショートパンツの総輸出額の66.6%を占め、輸出数量4750万点、輸出金額2億50万米ドルで、対昨年同期比で、輸出数量12.3%、輸出金額8.3%増となった。

EU市場へのショートパンツの輸出額は大幅に伸び、数量762万点、金額4110万米ドルで、対2013年同期比で、数量27.1%、金額38.7%増加している。そのうち、EU加盟国の中で一部の国向けのショートパンツの輸出が対昨年同期比で大きく伸びている。たとえば、ベルギー19.1%増、スペイン64.3%増、フランス40.6%増、イギリス130%増、オランダ61.5%増などである。

まもなく妥結されるベトナムとEUの自由貿易協定(FTA)は投資を促進し、技術を改善して、それによって、効率を向上し、多くの生産業界の出力を高めるだろう。ベトナム-EU間の自由貿易協定(FTA)妥結後(2014年9月の予定)、EU諸国や他の外国企業のベトナムへの投資が増加するだろう。海外投資企業は、FTAによって欧州と他の通商相手国への輸出する生産国としてのベトナムを本当に認めるだろう。2012年6月から今まで、ベトナム-EU間の自由貿易協定は6回の交渉を経た。今後2014年9月までに、ベトナムとEUは自由貿易協定に調印すると見られる。関税引き下げだけでも、ベトナムからEUへの輸出は30~40%増加するが、協定がない場合よりこの増加率は高く、そのうち、繊維製品がもっともFTAの恩恵を受ける。将来EUへのショートパンツの輸出額はさらに成長すると予測される。

注目すべきは、日本へのショートパンツの輸出で、対2013年同期比で、輸出数量は大幅に増加し、数量28.5%の増加となっている。ただし、輸出価格は大きく下降したため、金額は7.2%下降し、数量200万点で、金額1370万米ドルだった。

一方で、各企業は新興成長市場向け輸出を強化している、対2013年同期比で、韓国30.1%増、カナダ64%増、ロシア88.2%増、ブラジル97.1%増となった。

2014年年初4ヶ月間のショートパンツの輸出価格は、対2013年同期比で、0.5%とやや下降し、FOB価格4.6米ドルである。

2014年第1四半期における、米国へのショートパンツの輸出額は、対2013年同期比で、3.5%とやや下降し、FOB価格4.2米ドルである。2014年3月単月では、米国市場向けの輸出価格は、対前月比で変動なく、対2013年同期比では14.1%下降し、FOB価格3.96米ドルである。

2014年第1四半期における、スペインへのショートパンツの輸出価格は、対2013年同期比で、11.9%下降し、FOB価格4.59米ドルである。2014年3月単月では、スペイン市場向けの輸出価格は、対前月比で12.2%下降したが、対2013年同期比では25.3%下降し、FOB価格3.52米ドルである。

2014年第1四半期における、日本へのショートパンツの輸出価格は、対2013年同期比で、27.8%下降した。 2014年3月単月では、日本市場向けの輸出価格は、対前月比で8.7%下降したが、対2013年同期比では33%下降し、FOB価格6.25米ドルである。

特に、2014年第1四半期における、他の市場向けのショートパンツの輸出価格は対2013年同期比で大幅に上昇している。例えば、韓国28.9%上昇、カナダ9.0%上昇、ロシア20.2%上昇した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月27日06:00

ベトナムからの繊維製品及び皮革履物製品の輸出--好調の兆し

日本、韓国、欧州という海外市場への繊維製品及び皮革履物製品の輸出は多くの契約がとれている。

ベトナム商工省のデータによると、2014年年初からこれまで、ベトナムの繊維製品及び皮革履物製品の輸出は、海外への輸出の注文が多く、成長率が目覚ましく、結果は好調である。

商工省輸出入局によると、2014年年初からこれまで、繊維業界の輸出金額は60億米ドルに達し、対2013年同期比で、20%増となった。

一部の主要繊維製品は、対2013年同期比で、成長速度を増し、各市場への業界の輸出状況は安定して、成長率も高い。現在、ベトナムの繊維輸出業者は2014年第3四半期までの注文を受けており、年末までの注文を確保しているところもある。各社とも生産はフル稼働状態である。とともに、ベトナムの繊維業界は、EU、韓国、日本、米国という従来市場への注文を保障している。

一方、2014年年初からこれまで、皮革履物業界の輸出額は30億米ドルに達し、対2013年同期比で、22%増となった。

従来市場への皮革履物製品の輸出状況はかなり好調で、米国、日本、ベルギー、ドイツ、フランスなどの市場に安定した高い成長率を示している。

特に、チリ、イスラエル、ギリシャ、ポーランドなどの一部のニッチ市場、小規模市場への輸出額が急増している。これまで、多くの企業が2014年8月末までの契約を終えている。

ベトナム皮革履物協会では、履物業界の輸出成長のチャンスはとても高いと見ている。市場が順調であるという要素に加えて、一般輸出優遇制度(GSP)や環太平洋経済連携協定(TPP)を通じて、米国、日本という大市場やTPP加盟国市場への輸出のチャンスが輸出業者を待ち受けているためである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月26日06:00

ベトナム:2014年5 月1日から2014年5月7日までの繊維原材料輸入実績例

輸出は回復

2014年5月の初旬における、ベトナムから繊維輸出額は変動したが、輸出の現状が低調なままである。簡易統計データによると、今週、ベトナムの繊維の輸出金額は2億5000万USD以上に達したが、出荷金額が大きく上昇した。今週、出荷額の最大のものはコートジボワールへの輸出された薬用蚊よけネット製品で、8億USDだった。

今週は米国へのTシャツとズボンの出荷額が多く、出荷金額も高く、30万USD前後だった。

 

繊維原材料輸入価格は下降

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,893~2,214USD/tで推移している。具体的には、米国からの綿輸入価格は、対前週比2.8%下降し、2,138USD/tである。インドからの綿輸入価格は、対前週比0.5%下降し、1,988USD/tである。ただし、他の市場からの綿輸入価格は、対前週比で上昇している。例えば、マレーシアからの綿輸入価格は0.3%上昇し、2,110USD/tである。マリから綿輸入価格は、対前週比4.4%上昇し、2,069USD/tである。コートジボワールからの綿輸入価格は、対前週比2.2%上昇し、2,041USD/tである。中国からの綿輸入価格は、対前週比10.8%上昇し、2,241USD/tである。昨年同期と比較すると、これらの市場から綿輸入価格は2.3~14.7%上昇した。他の市場の綿輸入価格はスイス2,036USD/t、パキスタン1,893USD/t、マカオ2,168USD/t、カメルーン1,995USD/t、ドイツ1,955USD/t、フランス2,002USD/t、トーゴ2,060USD/tとなった。

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は0.6 -7.81USD/kgで推移している。そのうち、マレーシアからの輸入価格は、対前週比5.1%下降し、1.23USD/kgである。インドからの輸入価格は、対前週比30%下降し、0.61USD/kgである。ただし、中国からの輸入価格は、対前週比3.1%上昇し、1.65USD/kgである。韓国からの輸入価格は、対前週比2.6%上昇し、4.02USD/kgである。タイからの輸入価格は、対前週比5.3%上昇し、1.27USD/kgである。2013年同期と比較すると、これらの市場から綿輸入価格は2.5~14.6%減となった。その他市場の綿輸入価格は台湾2.35USD/kg、インドネシア1.36USD/kg、日本7.81USD/kg、香港2.14USD/kg、米国0.61USD/kgとなった。

ナイロン100%、58/60生地巾 (コード:52091100)  の台湾からの輸入価格は1.34 USD/ydで、中国からの輸入価格は3.83USD/yd(CIF HCMC新港)である。

綿100%、生地巾66/68inch (コード:55151900)の香港からの輸入価格は上昇し、1.0USD/ydで、中国からの輸入価格は1.5USD/yd(CIF カットライ(HCMC))である。

ポリエステル60%、綿40% (コード:60062200)の韓国からの輸入価格は1.4USD/ ydで、香港からの輸入価格は3.73USD/ yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル89%、スパンデックス11%、 (コード:60063190)の中国からの輸入価格は2.31USD/ydで、台湾からの輸入価格は2.36USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

 

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月25日14:39

FTAで対ベトナム投資に弾み

外国企業がベトナムへの投資に乗り出している。自由貿易協定(FTA)の合意により、今後、新たな経済的機会が生まれる可能性があるからだ。ベトナムは、現在、環太平洋経済連携協定(TPP)、欧越自由貿易協定、韓越自由貿易協定、アセアン+ 6などの自由貿易協定の交渉を行っているが、妥結されれば、企業にとってビジネスチャンスの拡大につながる可能性がある。

数ある経済部門の中でも特に、繊維部門、食品部門、畜産部門、エネルギー部門が注目を集めている。

ベトナム繊維公団(Vinatex)社長Tran Quang Nghi氏によれば、中国、日本、韓国、オーストリア、台湾などの海外企業十数社が、ベトナムでの織布工場や染色工場の建設を計画している。

同氏によると、海外企業は、TPPに先がけて、アパレル産業への投資の機会を探っているという。締結されれば、ベトナムからTPP加盟国へ輸出する場合、関税が免除される。

中国の天虹集団は、事業の拡大を狙い、3億米ドルを投じてベトナムに織布工場を建設している。建設地はクアンニン省で、5月に稼働予定。

江蘇裕綸紡織も、ナムディン省にあるBao Minh工業団地に、6億8000万ドルの投資額で製織工場と染色工場を建設する投資証明書を取得した。

ホーチミン市では、台湾のForever Glorious社が、高級スポーツ水着の製造に5000万ドルを投じると公表した。中国のGain Lucky社も、高級衣料のデザインと製造に1億4000万ドルを投資する予定。

農業部門もまた、外国資本の関心を集めている。

フランス企業約20社が先月ベトナムを訪問し、機械分野への投資の機会を探るとともに、畜産分野における技術について視察した。

ベトナム畜産協会会長Nguyen Dang Vang氏によると、フランス企業は未開拓の市場を活用し、そこで利益を得るつもりだという。畜産部門の成長が続く中、FTA協定によって、今後、畜産物の市場はさらに解放されることが見込まれている。

一方、日系企業は最先端技術に目を向けている。双日の常務執行役員、加藤英明氏は、食品、エネルギー、エレクトロニクスの分野において、ベトナム国内で3-4の工業団地に投資するつもりだと述べた。

中央経済管理研究所副所長Vo Tri Thanh氏は、ベトナムが海外資本から得る利益の中には、海外の最先端技術や経営技術も含まれていると話した。

しかしながら、経済の中心を担ってきたのは地元企業であり、ベトナム企業は合理的な開発戦略を持って、海外企業と連携しながら、自らの競争力を養うべきだと同氏はいう。

これに対し、ベトナム商工会議所は、ベトナム企業が海外企業との競争力に敗れると、海外企業による業務の「下請け」先となる可能性があると懸念を示した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月23日06:00

ベトナムの履物輸出、2014年に120億米ドルを目指す

履物業界では、年初4ヶ月間の履物輸出の急激な増加から、2014年の1年間で売上高を20%増し、120億ドルに到達することを目標とした青写真を描いている。

統計総局(GSO) の2014年1月から4月までの報告によると、履物輸出は前年同期比21.9%増、29億米ドルまでに急上昇した。

年初4ヶ月の輸出売上高の月平均成長率は、世界各国、中でもEU各国における消費の増加と生活水準の向上のおかげで、20%を超えた。

ベトナムの履物輸出は、2014年1月から欧州連合(EU)が提供している一般特恵関税制度(GSP)のメリットを十分享受している。

これにより、ベトナム製履物の輸出に課せられる関税は、7.7%近くから4%未満までに削減され、EU市場におけるベトナムの履物の競争力を際立たせている。

Puon Chen Vietnam社の代表者は、EUに見られるように市場が完全に回復し、販売を拡大したので、輸出業者の利益も増大するだろうと述べた。

さらに、環太平洋経済連携協定(TPP)も近い将来、履物輸出業者にチャンスをたくさん創りだすだろう。ベトナムの履物業界は、米国や日本のような大市場だけでなく他のTPP加盟国でも、競争力を増すと見込まれる。

輸入業者が新商品の納入業者を選ぶ際に、調達先をシフトしているが、地元の履物輸出業者は、今まさに、その追い風を利用している。今年初め中国市場での人件費高騰により、多くの輸入業者は中国からにベトナムに振り替えた。

国内外両市場の履物の需要増加に対応するため、ベトナム企業は生産規模を拡大し、製品の品質を改善している。多くの地元輸出業者は、今後6ヶ月間の注文がたまっていると報告している。

それでも履物部門には矛盾がある。履物輸出の70%以上は、外国直接投資(FDI)企業によるもので、それは利益の大半がこれらの企業に落ちていることを意味している。一方で、100%ベトナム資本企業の付加価値ははるかに低い。

近年、ベトナムの大企業の中には、技術の向上、生産ラインの近代化、輸出向けの独自ブランドの開発への投資を増やしているところもある。

これによってベトナムの履物部門の国内生産比率を向上するが、一部の市場アナリストはその投資が50%以上に達するだろうと予測している。

しかし、多くの中小企業は未だに輸入原料に大きく依存しており、生産チェーンを拡大するために解決すべき課題は山積みだと彼らは警告する。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月22日06:00

ベトナムのシャツ輸出、20%近い増加

正式統計データによると、2014年年初4ヶ月間におけるシャツの輸出数量は約5210万点で、輸出金額は3億6090万USDに達し、対2013年同期比で、輸出数量は14.4%増、輸出金額は18.7%増となった。現在、ベトナムの繊維業界の輸出業者は2014年第3四半期あるいは第4四半期までの注文を受けている。2014年第2四半期におけるシャツの輸出高は約2億9400万USDで、対2013年同期比で、20%増となると予測される。

2014年第1四半期における、ベトナムから主な市場へのシャツの輸出額は対2013年同期比で、大幅に増加し、17.7%-24.3%増となった。具体的には、対2013年第1四半期比でベトナムから米国へのシャツの輸出額は約1860万点で、輸出金額1億1690万USDに達し、輸出数量は7.8%増、輸出金額は17.7%増、シャツの総輸出額の 42.8%を占めた。世界中の経済の困難に勇敢に立ち向かって、近年米国へのベトナムの繊維輸出はたいへん順調である。注文が増加し、注文を選ぶ条件が整っている。企業の強みである生産に集中して、重点投資することで、競争能力を上げている。それに、素早く生産能力を補い、経営の効果を上げ、品質、価格、市場への供給スピード、販売後のクレーム処理能力という4つの要素を実現できるよう、企業は投資計画を考慮に入れるべきである。米国経済の回復とともに、繊維製品の需要が増えている。今後、米国へのシャツの輸出はさらに成長とすると予想される。

注目すべきは、日本へのシャツの輸出で、大きく増加した結果、EU市場も超え、586万点で、5230万USDに達し、対2013年同期比で、輸出数量は27.9%増、輸出金額は24.3%増となった。

対2013年第1四半期比で、欧州へのシャツの輸出は大幅に増加し、920万点で、6470万USDに達し、輸出数量は30.5%増、輸出金額は22.2%増となった。これらの成長は、対2013年同期比で、輸出金額はドイツ14.8%増、スペイン102.3%増、スウェーデン63.5%増、イタリア89.1%増といった欧州連合の一部の国への輸出が急拡大しているためである。

さらには、多くの企業が潜在市場へのシャツの輸出を強化している、例えば、対2013年同期比で韓国20.1%増、メキシコ113.8%増、カナダ68.1%増、ノルウェー106.2%増、アラブ首長国連邦 204.1%増、イスラエル89.1%増となった。

2014年年初4ヶ月間におけるベトナムからのシャツの輸出価格は、対2013年同期比で3.7%上昇し、FOB単価は6.93USD/点である。

2014年第1四半期におけるベトナムから米国へのシャツの輸出価格は、対2013年同期比で9.1%上昇し、FOB単価は6.27USD/点である。2014年3月単月では、対先月比で4.3%下降、対2013年同期比で4.3%上昇し、FOB単価は6.18USDである。

対2013年第1四半期比でベトナムからドイツへのシャツの輸出価格は、6.1%上昇し、FOB単価は9.18USD/点である。2014年3月単月では、対先月比で3.6%下降、対2013年同期比で5.8%上昇、FOB単価は8.81USDである。

一方、2014年第1四半期におけるベトナムから日本へのシャツの輸出価格は、対2013年同期比で2.8%下降し、FOB単価は8.94USD/点である。2014年3月単月では、対先月比で0.6%とやや下降、対2013年同期比で1.6%上昇し、FOB単価は9.02USDである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月21日06:00

ベトナム:アパレル輸出業者、厳しい環境基準に直面

ベトナムの主要輸出市場が製品に適用している環境維持のための厳しい要件を満たすことができる国内業者はまだ少数であることにベトナム繊維公団(Vinatex)は憂慮している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Dang Vu Hung氏は、月曜日ホーチミン市で行われた繊維製品の環境基準に関する会見で、ベトナム繊維公団(Vinatex)の関連会社200社のうち、多くの外国輸入業者が重視している基準を満たすことができるのはわずか5〜10 %にすぎないと語った。

「環境維持の基準を満たすことは、ベトナム企業が商品を海外市場に送るためのパスポートのようなものです。ところが、その基準を満たすことができる国内企業はほんのわずかです。」とHung氏は述べた。

この数年のベトナムのアパレル企業の「通行証」は社会的企業責任だったが、今では輸入業者は環境要件に従うことを輸出業者に要請しているとHung氏は指摘する。

環境維持の基準は、無公害生産や完成品の廃水処理だけでなく、ゴミや材料からの副産物の処理も範疇に入る。「地元の輸出業者がこれらの要件を満たしていない場合、海外市場から追い出されるでしょう。」とHung氏は語る。

ベトナム繊維公団(Vinatex)は2020年までに傘下企業の30〜40%が環境基準を満たすことを目標としているとHung氏は述べた。この目標を実現するためにベトナム繊維公団(Vinatex)は、8~10兆ベトナム・ドン(3億8000万~4億7500万米ドル)の年間投資資金の15%を、企業の廃水処理システムと労働環境の改善に充てる。

ベトナム繊維協会(Vitas)前会長Le Quoc An氏は、素材から完成品までのサプライチェーンの完成、および、ブランドの構築、デザインの向上、流通の拡大による繊維部門への価値付加という2つの開発シナリオを考えている。

ベトナムはアパレル生産者の需要増加に応えるために、また、輸出促進を支援するために、今後10年間で毎年少なくとも50~60億メートルの生地を生産する必要がある。アパレル製品の出荷は今後10年で倍増すると見込まれる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月20日06:00

ベトナム繊維公団(Vinatex)の新規株式公開(IPO)は8月に実施

何度も延期になっていたが、ベトナム繊維公団(Vinatex)の新規株式公開(IPO)は2014年8月に実施することと公団指導部が決定した。

この情報は公団副社長Le Tien Truong氏が確認し、間違いなく新規株式公開(IPO)は今年第3四半期に行われると述べた。

国有企業の再編に関する政府の政策の実施のため、発展の流れを作り出し新たな状況下での任務を満たすために、商工省の指導を展開しつつ、持株会社ベトナム繊維公団の株式化の過程を実現し、2014年5月6日に首相により持株会社ベトナム繊維公団縫製の株式化計画を承認された。

政府首相の承認によると、 ベトナム繊維公団(Vinatex)の保有する定款資本は5兆ベトナム・ドンである。株式総数は5億株で、一株当たりの額面は1万ベトナム・ドン。そのうち、国が定款資本の51%に相当する 2億5500万株を保有し、企業定款資本の0.6%に相当する300万850株を従業員に優先販売、定款資本の24%に相当する1億2000万株は戦略的投資家に売却され、定款資本の24.40%に相当する1億2199万9150株が市場で公開される。

Truong氏によれば、株式化の後には、Vinatexの機能は向上するであろうし、ベトナム繊維業界で中心的な役割を維持するとしている。

この15年間の株式化実施の過程で、繊維公団傘下の企業は、多くの経験を蓄積してきた。公団傘下企業のほとんどは、株式化後、年間配当20~25%を実現している。

2013年のベトナム繊維公団(Vinatex)の輸出金額は29億米ドルで、Nha Be縫製、Viet Tien縫製、Phong Phu社など繊維公団傘下企業の多くが年間1億米ドル以上の輸出実績を上げている。

2014年に、ベトナム繊維公団(Vinatex)は9兆7220億ベトナム・ドンの資本(そのうち支出計画が5兆ベトナム・ドンである)を投資に費やす。国産化比率を高め、輸出繊維製品の付加価値を高めるために、原材料の生産案件に焦点を当てる。

具体的には、57件の案件を展開、内訳は、紡績15件、織布8件、縫製24件、綿花栽培2件、ユーカリ栽培1件、インフラ整備1件、その他6件となっている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月19日06:00

ベトナムで反中デモ、工場放火も

ベトナム南部ビンズーン省の工業団地では、少なくとも15の外資系企業の工場が反中デモによる放火の被害を受けた。団地内をデモ行進した約2万人の労働者のうちの一部により数百社が襲撃された。

今回のデモは、今月初め、中国がベトナムと領有権を争う南シナ海で石油掘削に着手したことに抗議するもの。

関係者によると、少なくとも200人が拘束されたが、犠牲者については伝えられていない。

一連のデモを受けて、中国外務省の報道官はベトナム政府に対する懸念を表明するとともに、同政府がデモを扇動していると非難した。一方、台湾政府は、台湾企業の多くが中国系と混同されて被害を受けたとの報告を受け、ベトナム大使を台北に呼び出した。シンガポール企業や日系企業の工場も被害を受けている。

 

外国企業に懸念も

関係者によると、デモ隊は12日から13日にかけて、ビンズーン省(ベトナム工業の中心地)のThuan An町に集結し、周辺の2カ所の工業団地に移動。13日夜、3棟の工場が従業員の帰宅後放火されたとBBCはベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)の広報担当者の話として伝えた。

また、シンガポール企業の従業員が匿名を条件に述べたところによると、14日午前、4棟の建物が燃えているところを確認。その後、さらに8棟が被害を受けた。この中には台湾系の靴工場も含まれており、窓ガラスは割れ正面入り口は破壊されていたという。デモ隊は、漢字で書かれた看板を掲げた企業を狙って襲撃したものとみられている。攻撃を避けるため入口に韓国国旗を掲げた工場が、ベトナムのメディアに報道された。こうしたデモ攻撃により、恐怖に怯える外国企業もある。ロイター通信によると、アディダス、ナイキなど世界的な有名ブランドの製造委託を請け負う、香港のスポーツシューズ専門メーカー・裕元工業は、ベトナムでの生産を一時的に停止した。

 

領有権問題

中国は今月初め、中国とベトナムが領有権を主張する西沙(パラセル)諸島周辺のベトナム沖120カイリで、「海洋石油981」による掘削作業を開始。これに対してベトナム政府は激しく抗議し、ただちに作業を中止するよう要求、同海域において両国の艦船が衝突する事態へと発展した。首都ハノイやホーチミン市では抗議デモが行われた。一方、米政府は13日、中国が石油掘削に着手したことを「挑発的だ」と批判した。

中国政府は、東南アジア諸国と領有権をめぐる九段線内の海域を自国領と主張。フィリピン外務省は14日、中国が南シナ海の暗礁を埋め立てて、滑走路や軍事基地のようなものを建設していると非難した。また先月には、中国が南沙(スプラトリー)諸島の赤瓜(ジョンソン南)礁に資材を運ぶところを上空から捉えた写真を入手し、中国側に抗議。AP通信によると、デルロサリオ外相は「中国の真意は不明」とコメントした。領土問題をめぐり、両国の関係はここ数カ月で急激に悪化している。同問題について、フィリピン政府は国際裁判所に調停を求めている。関係悪化を反映する動きとして、米国とフィリピンは先日、新たな軍事協定を締結した。これにより、フィリピン国内に米軍が再駐留することとなった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月18日15:00

ベトナム:繊維産業開発計画2020

ベトナム商工省は繊維産業開発計画2020及び2030年へのビジョンを承認したとベトナムニュースは報じた。

繊維産業開発計画の下では、商工省は2015年までに55%の国産化率、すなわち、完成品を作る際に使用される原料の約55%がベトナム製であることを目指す。この国産化率が2020年までに65%、2030年までに70%まで増加すると予想される。

生産では、ベトナムの繊維産業は2013-20年の期間に年率12~13%で成長すると見込まれる。

それに従えば、ベトナムの繊維輸出は2013-15年に1年あたり10~11%上昇すると予想され、2016-20年には9~10%と、2021-30年には6~7%とされている。

計画によると、ベトナムの繊維会社による国内販売は2013-15年に9~10%、2016-20年に10-12%増加する。

計画では、都市部でファッション生産と関連サービスの供給を専門とした会社の成長をサポートする一方で、労働集約的な繊維会社の農村地域への移転を強調している。

現在のところ、繊維産業はベトナムの13.6%の総輸出収入を占めている。米国がベトナムの繊維製品の最大の市場で、ベトナムの繊維輸出全体の約48%を占めている。

今後2年間で、2つの協定(12カ国参加の環太平洋経済連携協定及びベトナム-EU自由貿易協定)が実施され、米国とEUに輸出されるベトナム製繊維製品は輸入関税がゼロに引き下げられる。

現在のところ、米国とEUは、ベトナム製衣料にそれぞれ平均17.5%及び9.6%の輸入関税をかけている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月17日14:39

ベトナム:繊維輸出、TPP市場向け総輸出高の22.7%を占める

ベトナムは自国の豊富な労働力、安価な労働賃金、大規模な市場、環太平洋経済連携協定(TPP)への今後の合意から、巨大な潜在力を秘めていると、5月7日、政府広報は伝えた。

繊維産業は原油に次いで、1995年に10億ドル産業の仲間入りし、2003年には20億ドル以上、2013年には170億ドル以上稼ぎだした。

輸出高は2013年に1986年の251倍を記録し、毎年平均21.8%成長している。

これまでのところ、ベトナム製繊維製品は、100カ国以上の国や地域で販売されており、そのうち、約50の市場向けで1000万ドル以上、それ以外の16の市場向けで1億ドル以上の輸出売上を上げている。特にトップ10の海外市場は輸出売上高が2億ドル以上に達する。

トップ10の輸出市場は国の総輸出高の86.3%を占め、155億ドル近くを得ている。

米国は輸出市場の48%を占め、続いて日本が13.3%、韓国が9.1%を占めた。

2014年年初4ヶ月でベトナムの繊維製品の出荷は、同国の輸出売上高の平均成長率よりも高い20%を獲得した。

ベトナムは200億ドルの製品収益で2014年に過去最高を記録する見込みである。

繊維製品は総輸出高の13.6%を占めた。これを上回る、電話及び電話部品は16.1%だった。

約7000の企業、数十万の個人経営業者が生産に従事しており、繊維部門は120万の雇用を生み出している。国内企業は市場の40.4%を占め、外国直接投資(FDI)企業が59.6%を占めている。

昨年、ベトナム繊維製品は11の環太平洋経済連携協定(TPP)加盟国に出荷され、110億ドル以上の売上を達成しており、環太平洋経済連携協定(TPP)へのベトナム総輸出高の22.7%を占めた。ベトナムが環太平洋経済連携協定(TPP)に参加すれば、ベトナム繊維製品は特恵輸出関税の恩恵を受ける。

しかし繊維部門はいまだに、周辺産業が未成熟で、外国産の原材料へ大きく依存しているなどの一連の障害に対処しきれていない。

さらに、競争力の低さも繊維分野のまた別の障害となっている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月15日13:01

2014年のベトナムの米国向け繊維輸出は97億米ドル

在ベトナム米国商工会議所は、今年、ベトナムの米国向けの輸出は281億米ドルに達し、そのうち繊維製品は97億米ドルを占めると予測している。

在ベトナム米国商工会議所は、米越間の最近の貿易状況の情報を更新し、2020年までの双方向の貿易額を予測した。

これによれば、2014年に両国の貿易はベトナムが227億ドルの黒字で、両国間貿易の売上高は今年336億ドルに達するだろうと米国商工会議所は予測している。(2013年は297億米ドルだった。)

米国商工会議所は2005年から2019年までのアセアン諸国からの米国の輸入金額の変遷を予測しているが、それによれば2019年までに米国はベトナムから468億7000万米ドル相当を輸入する。

米国商工会議所の予測では、ベトナムから米国への繊維製品の輸出は今年、281億米ドルに達し、そのうち繊維製品の輸出は97億ドルである。(2013年、米国のベトナムからの輸入は88億ドルで、2012年の77億ドルと比較して15%増である。)

米国商工会議所は、2005年から2025年まで、米国市場への数か国からの繊維製品の輸入の変化を説明し、予測しているが、 その中で、ベトナムは2011年から2025年まですっとトップの位置にある。

米国商務省の報告書を引き合いに出し、米国商工会議所は、ベトナムから米国市場への繊維輸出は現在、ベトナムの輸出総額の36%を占めていると述べた。

予測では、2015年、2017年、2019年、2021年、2023年、2025年のそれぞれの年に対して、米国の輸入は、105億ドル、125億ドル、143億、162億ドル、180億ドル、199億ドルと増えていく。

現在、アセアン諸国中、ベトナムは、米国市場に対してマレーシア、タイに次ぐ第三の輸出金額を持つ国である。2015年の予測では、ベトナムは米国市場に対し、アセアン諸国中、最大の輸出国となる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月14日18:54

ベトナム繊維公団(Vinatex)、1億2000万株を戦略的投資家に売却

ベトナム繊維公団(Vinatex)は、資本の24%に相当する1億2000万株を戦略的投資家に売却する。

政府首相は、親会社ベトナム繊維公団(Vinatex)を5兆ベトナム・ドンの定款資本で株式化し、戦略的投資家に24%の株式を売却する計画を承認した。

政府首相の承認によると、5兆ベトナム・ドンの定款資本は500万株に相当し、 ベトナム繊維公団(Vinatex)は、24%に相当する1億2000万株を戦略的投資家に売却、新規株式公開(IPO)にて、定款資本の24.4%に相当する約1億2200万株を売り出す。

株式発行後、国はVinatexの 255万株(定款資本の51%)保持し、従業員は定款資本の0.6%に相当する300万株を優先購入できる。

商工省はVinatexにおいて国の資本を代表する機関である。しかし、市場の条件が有利な中で、政府は、Vinatexが引き続き資本を売却し、国の所有を51%以下に減少させることを承認した。

首相は株式売却に向け、株式公開時の競売開始価格の決定および仲介金融機関や証券取引所の選択を商工相に委任した。商工省は基準の決定や戦略的投資家の選択を任せられた。

株式化後も、公団は事業再編のためのアジア開発銀行(ADB)からの融資や繊維産業の研究機関や養成機関に関連する資金援助などの優遇政策を享受し続けることが首相により認められている。

2013年、Vinatexの輸出金額は2012年に比べて12%増の29億米ドルに達している。 Vinatex は、今の繊維産業において、高い国産化率を達成しており、2013年の、綿花、原糸、生地、付属各種などの原材料の輸入はわずか12億米ドルである。

昨年のVinatexの売上高は45兆5930億ベトナム・ドンで、対前年比12%増、そのうち、国内売上高は22兆5000億ベトナム・ドンで、対前年比15%増である。

2014年のVinatexの輸出目標は、対2013年比12%増としている。

Vinatex はまた65の国と地域から400以上の企業との貿易関係を持っている。グループ全体の年間の輸出高は国全体の繊維・衣料の輸出総額の20%以上を占めている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月12日08:34

ベトナム:2014年4月19日から24日までの繊維輸入、輸出実績例

出荷金額、低調

簡易統計データによると、4月19日から24日までの繊維製品の輸出金額は低調なままで、2億USD前後で推移している。とくに、出荷量、金額共に低いレベルである。今週、出荷金額が50万USD以上の出荷は3件で、これまでの約半分である。40万~50万USDの貨物は6件、30万~40万USDの貨物は2件、20万~30万USDの貨物は18件などとなっている。

今週、輸出先は米国向けから日本向けにシフトしている。全体に占める米国向け輸出の割合は48%(先週51%)、日本向け15%(先週12%)、EU及び韓国向けは変わらず、EU向け13%、韓国向け7%となっている。

 

原糸の輸入金額は下降

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,982-2,199USD/tで推移している。そのうち、中国からの綿輸入価格は対前週比0.1%下降し、1,998USD/tである。コートジボワールからの綿輸出価格は対前週比0.3%下降し、1,997USD/tである。ブルキナファソからの綿輸入価格は対前週比1.7%下降し、1,990USD/tである。マリからの綿輸出価格は対前週比2.2%下降し、1,982USD/tである。マレーシアからの綿輸出価格は対前週比4.0%下降し、2,103USD/tである。逆に、インドからの綿輸出価格は対前週比0.8%上昇し、1,997USD/tである。アメリカからの綿輸入価格は、対前週比1.1%上昇し、2,199USD/tである。ただし、セネガルとブラジルからの綿輸入価格は、前週と変わらず、1,990-2,097USD/tである。対2013年同期比で、これらの市場から綿輸入価格は0.9~15.9%上昇した。他に、タンザニアからの綿輸入価格は、2,030USD/tだった。

 

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は下降し、0.61 -9.83USD/kgで推移している。そのうち、中国から輸入価格は、対前週比5.2%下降し、1.6USD/kgである。インドから輸入価格は、対前週比4.6%下降し、0.88USD/kgである。マレーシアから輸入価格は、対前週比6.3%下降し、1.29USD/kgである。台湾から輸入価格は、対前週比11.3%下降し、1.86USD/kgである。対2013年同期比で、これらの市場から輸入価格は、1.5~15%上昇した。

それに加えて、他の市場からからの輸入価格は、タイ1.2USD/㎏、韓国3.92USD/㎏、香港9.83USD/㎏である。

 

ポリエステル100%、生地巾57/58inch (コード:52093900)の中国からの輸入価格は下降し1.1USD/mで、韓国からの輸入価格は1.2USD/m(CIF カットライ(HCMC))である。

綿100%、生地巾57/58inch (コード:52094900)の中国からの輸入価格は上昇し、2.68USD/ydで、韓国からの輸入価格は3.67USD/yd(CIF カットライ(HCMC))である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60 inch(コード:60041090)の中国からの輸入価格は0.85USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.74USD/yd(CIFタンソンニャット空港(HCMC))である。

ポリエステル65%、綿35% (コード:5513230)の中国からの輸入価格は0.76USD/mで、香港からの輸入価格は0.98USD/m、マレーシアからの輸入価格は1.04USD/m、(CIFカットライ(HCMC))である。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月11日13:24

ベトナム:台元紡織、1億5000万ドルの織物工場建設へ

台湾を拠点とする台元紡織はベトナム北部ハナム省に1億5000万米ドルかけて織物工場を建設すると同社社長戚維功氏が省の代表者と会談した後で発表した。

新しい織物工場はDuy Tien地区Dong Van第2工業団地の24haの土地に建設される。建設工事は今年8月に開始し、完成までに約12カ月かかる予想されている。

操業開始時には、織物工場は約5,000人の労働者を雇うと戚社長は述べた。

織物工場の廃水はベトナムの環境基準に従って処理されると戚社長は言い、地方行政が工場に安定した給水を保障することを望んでいる。第1段階では、織物工場は1日あたり約1,500㎥の水を必要とし、その後で2,500㎥まで増加する。

台元紡織は自動車と織物の製造の裕隆集団の子会社である。ハナム省の織物プロジェクトはベトナムへの同グループの最初の投資となる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月10日17:38

ベトナム:外資系繊維企業、野心的な成長を見せる

繊維分野では数多くの外国投資企業が、ベトナムで事業展開を拡大しようとしている。

オランダのVenture International JSCは、4月下旬か5月上旬に、ゲアン省の中心部に新工場の建設を開始する予定である。

1000万ドルの工場は、年間15万~21万枚のジャケットや200万枚のシャツを生産できるよう設計されており、約1000人の労働者に仕事を提供することになる。

Venture社は今を遡ること2007年にベトナムで操業を開始し、ハイズーン省の縫製工場には新工場同様約1000人の労働者を雇用している。

工場の生産ライン(防護服、防火コート、専門ユニフォーム)はヨーロッパに輸出し、年間数千万ドルを生み出している。

同社社長John Somers氏は、顧客需要の増加はVentureが計画しているゲアン工場によると考えている。

Venture社だけが大規模な拡大計画を持つ会社ではない。ホーチミンのDong Nam工業団地では、2億米ドル近い複合投資による2つの外国直接投資(FDI)案件が進行中である。

1つはWorldon Vietnam社の案件で、1億4000万米ドルかけた縫製工場は年間8000万点の生産能力を持つ。

同工場の第1期工事は2015年6月に完成する予定である。

もう1つはSheico Vietnam社の投資案件で、まもなく開始される。それは5000万ドルの織布及び縫製の輸出案件であり、第1期は今年11月までに完了される予定である。

他にも、ナムディン省、クアンビン省、ドンナイ省で案件があると報告されている。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、国内市場及び世界市場がともに回復してきており、今がまさに繊維輸出を増加させる絶好のタイミングだという。

このことは、第3及び第4四半期まですでに受注を得た繊維企業が多数あることで証明されている。

しかしながら、ベトナム繊維協会(Vitas)は、外資系繊維企業が、数は少ないが、繊維分野の総輸出額のうち60%までを占めていることを認めており、その持続的な拡大は外資系企業と国内企業との発展レベルの格差拡大を示している。

TNG投資商業株式会社社長Nguyen Van Thoi氏は、ベトナムの繊維産業は2014年に30%の成長率を達成できると予測した。

「繊維産業部門の輸出額は対前年比で40億ドル増し、今年は260億ドルまで跳ね上がりえます。多くの企業ですでに2014年年内いっぱいの注文が埋まっています。」とThoi氏は付け加えた。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月09日06:00

ベトナムから日本向けのジーンズ輸出額、150%増

統計データによると、2014年第1四半期のベトナムからのジーンズの輸出数量は145万点、輸出金額は1200万USD に達し、対2013年同期比で、輸出数量は2.1%減、輸出金額は6.6%増となった。この結果から次の四半期も展望を持てる。2014年第2四半期のベトナムからのジーンズの輸出金額は2150万USD に達し、対2013年同期比で11.8%増となった。

2014年年初2ヶ月間において、昨年年初2ヶ月間と比較すると、米国向けのジーンズの輸出は減少したが、日本とEUへのジーンズの輸出は大きく成長した。

例えば、米国へのジーンズの輸出額は2013年年初2ヶ月間と比較すると、輸出数量21.7%減、輸出金額21.6%減で、数量58万6000点、金額479万USDとなり、ジーンズの総輸出額の60%を占めた。現在の米国経済は積極的な兆しを見せ、とくに、労働市場と工場の活動指数から、ほとんどの業界と経済圏で米国経済が一段と改善し続けている。こうした傾向は鮮明になる一方なので、2014年第2四半期の米国市場へのジーンズの輸出額輸出額が大幅に成長する見込みである。

ベトナムからの日本へのジーンズの輸出数量は14万9800点、輸出金額は150万USD に達し、対2013年同期比で、輸出数量は126%増、輸出金額は150.5%増となった。この市場へのジーンズの輸出額を増やすために、製品の品質・耐久性・信頼性・利便性への厳しい消費者の要望やトレンドを聞き入れる必要がある。また、高品質の商品には相応の価格をつけると同時にアフターサービスや流通にも注意しなければならない。現在、日本人は健康志向なので、この市場向けの輸出には、原材料にも注意を払わなければならない。

ベトナムからEUへのジーンズの輸出数量は11万5300点、輸出金額は66万6300USD に達し、対2013年同期比で、輸出数量は56.7%増、輸出金額は61.4%増となった。

特に、対2013年同期比で、他の市場への輸出額が急な上昇したが、輸出金額の低い商品、韓国149.4%増、イスラエル400%増、南アフリカ429%増となった。

2014年第1四半期のジーンズの輸出価格は、対2013年同期比で8.2%増となり、FOB単価は8.22USDだった。

2014年年初2ヶ月間における米国へのジーンズの輸出価格は、対2013年同期比で、0.1%増、FOB単価は8.18USDだった。2014年2月単月では、この品目の輸出価格は、対先月比で10.5%増、対2013年同期比で12.9%増となり、FOB単価は8.79USDだった。

2014年年初2ヶ月間における米国へのジーンズの輸出価格は、対2013年同期比で、0.1%増、FOB単価は8.18USDだった。2014年2月単月では、この品目の輸出価格は、対先月比で10.5%増、対2013年同期比で12.9%増となり、FOB単価は8.79USDだった。

2014年年初2ヶ月間における日本へのジーンズの輸出価格は、対2013年年初2ヶ月間比で、10.5%増、FOB単価は10.04USDだった。2014年2月単月では、この品目の輸出価格は、対先月比で8.6%増、対2013年同期比で23.9%増となり、FOB単価は10.8USDだった。

2014年年初2ヶ月間におけるEUへのジーンズの輸出価格は、対2013年年初2ヶ月間比で、3%増、FOB単価は5.78USDだった。そのうち、イギリスへの輸出4.7%増、チェコ共和国5.8%増、デンマーク12.1%増となった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月07日09:59

ベトナム:中国・天虹(Texhong)集団、工業団地開発に乗り出す

Hai Ha国際開発有限会社及びTexhong Hai Ha工業団地有限会社(中国の大手繊維グループ天虹集団傘下)は、クワンニン省Hai Ha工業団地(第1期)建設の投資許可を得た。

案件の規模は、面積660ha、100%外国投資で、総投資額は4兆5200億ベトナム・ドン以上。

計画では2014年7月に起工される。これは、2013年8月に交わされたクワンニン省と天虹集団の間の戦略投資協定を具体化する案件である。

2013年半ばには、Texhong社はクワンニン省Mong Cai市のHai Yen工業団地にて、面積40万㎡、生産能力50万錘規模の紡績工場の第1期を完成させ、現在は第2期を建設中である。

Texhong社は2006年からベトナムに投資し、ドンナイ省の2工場は、総面積40ha、生産能力50万錘で、約4500名の従業員を抱えている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月06日08:46

ベトナム:Nha Xaシルク―伝統技術を守る村

ベトナム北部Ha Nam省Duy Tien県Moc Nam町Nha Xa村は、絹の機織りと絹布でよく知られている。

Nha Xaシルクの製品は、ハノイのVan Phuc村に次いで、多くの地域や都市で手に入れることが出来る。生産や市場の先行きにおいて、とても大きな難問に直面しているなか、村人たちは自らの伝統技術を守ろうと多大な努力をしている。

村の技術の先駆者は陳朝の有能な大将Tran Khanh Duであるという言い伝えがある。

紅河を渡る旅の途中で、彼は村人たちに川の魚を捕まえて飼う方法やクワの実の植え方やカイコの育て方や絹の織り方を教えた。そしてそれから、Nha Xa村の機織り技術は世代から世代へと伝承されていった。

村人たちは大きな変化を経験した。村全体で200もの機織り機をもち、各々の家庭では最大稼働で4〜5本の機織り機を持った。

機織りを専門とする工場も含めて、多くの大規模な工場は何十もの機織り機を持ち、高品質の製品を生産して、ハノイ、フエ、ダナン、ホーチミン市へ供給し、ラオスやタイへ輸出した。

とりわけ、村の各家庭では簡単に色あせない完璧な色を保てるように、絹の染色にあたって温度調整や色の調合のコツを独自に持っていた。

染められた布地は、伝統的な日向干しではなく、機械を使って洗い、乾燥された。

村のHoat Ha工房オーナーPhan Thi Ha女史は、近年の不安定な市場のために、周囲を含めた工房は、市場を見つけ製品を販売するのにとても大きな困難に直面していると言う。顧客の需要に合わせるために、タッサー、サテン、リネンといった高品質の難しい製品を作ることとなった。

この技術は数百の家庭に職を提供することとなり、村の発展だけでなく、Lanh Tri、Chuyen Ngoai、Hoa Mac、Dong Vanといった近隣地域にも発展をもたらした。幾度もの浮き沈みにも関わらず、製品を国内市場だけでなく海外市場にも紹介したいと常に願う村人たちによって、技術は伝承され続けている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月05日08:42

ベトナム:2014年4月10日から17日までの繊維輸入、輸出実績例

出荷金額、急下降

簡易統計データによると、4月10日から18日まで繊維製品の輸出金額は4億USD弱で、対先週比でやや下降し、年初と比べ、大きく下降した。ただし、出荷量は維持しており、今週の出荷額が下降した原因は、ジャケット製品が少なくなり、それぞれの貨物の出荷金額が急下降したためである。

今週、出荷金額が60万USD以上の出荷は2件だけで、50万~60万USDの貨物は3件、40万~50万USDの貨物は4件、30万~40万USDの貨物は6件、20万~30万USDの貨物は40件、10万~20万USDの貨物は291件、それ以下は対先週比で大幅に増加した。

今週、ほとんどの各国への輸出は低調で、全体に占める米国向け輸出の割合は51%、日本向け12%、韓国向け7%、EU向け14%となっている。

原糸の輸入金額は上昇

 

今週、各市場からの綿輸入価格は逆行し、1,974-2,324USD/tで推移している。例えば、米国市場からの綿輸入価格は対前週比2.8%増となり、2,175USD/tである。マリからの綿輸出価格は対前週比1.9%増となり、2,027USD/tである。コートジボワールからの綿輸入価格は対前週比0.6%増となり、2,003USD/tである。セネガルからの綿輸出価格は対前週比2.4%増となり、1,990USD/tである。ただし、インドからの綿輸出価格は対前週比1.3%減となり、1,974USD/tである。ブルキナファソからの綿輸入価格は、対前週比3.1%上昇し、2,025USD/tである。ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比3.7%減となり、2,096USD/tである。対2013年同期比で、対昨年同期比で、これらの市場から綿輸入価格は1.4~6.6%上昇した。それに、他の市場からからの綿輸入価格は、ベニン2,015USD/t、モザンビーク1,989USD/t、オーストラリア2,324USD/tである。

 

各市場からのポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は上昇し、0.93 -5.98USD/kgで推移している。そのうち、中国から輸入価格は、対前週比15%上昇し、1.69USD/kgである。台湾から輸入価格は、対前週比10.1%上昇し、2.1USD/kgである。日本と韓国から輸入価格は、対前週比30%以上上昇し、3.54~5.38USD/kgである。対2013年同期比で、これらの市場から輸入価格は、1.5~7%増となった。それに加えて、他の市場からからの輸入価格は、インド0.93USD/㎏、マレーシア1.38USD/㎏、タイ0.95USD/㎏、香港9.58USD/㎏である。

 

綿100%、生地巾57/58inch (コード:52091900)の韓国からの輸入価格は下降し、1.45USD/ydで、中国からの輸入価格は2.6USD/yd(CIF CIFハイフォン)である。

ナイロン100%、生地巾58/60inch (コード:54074200)の韓国からの輸入価格は0.56USD/ydで、中国からの輸入価格は1.63USD/ydで、台湾からの輸入価格は2.46USD/yd(CIFハイフォン)である。

ポリエステル100%、生地巾58/60inch (コード:54076900)の中国からの輸入価格は0.5USD/ydで、韓国からの輸入価格は2.6USD/yd(CIF CIFハイフォン)である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60 inch(コード:54074190)の中国からの輸入価格は1.0USD/ydで、韓国からの輸入価格は1.2USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月04日06:00

タイの小売会社がハノイに1万㎡のショッピングセンターをオープン

タイの小売会社がハノイに1万㎡のショッピングセンターを公式に開店し、さらにベトナム市場に入り込む計画を立てている。

Central Retail Corporationが日曜日(4月20日)にRobinsショッピングセンターをオープンし、ベトナムの最も人気の小売業者の一つになることを目標にしているとVietnamPlus紙は報じた。

ベトナムは人口の60パーセント以上が労働年齢であり、購買力の面で潜在市場であるので、小売部門で投資家にとっては理想的な目的地になっている、とCentral Retail Corporationの親会社であるCentralグループ最高責任者Tos Chirativat氏は述べた。

Chirativat氏によると、ハノイとその周辺区域は、居住者の平均所得が近年上昇を続け、強く安定した発展を示しているという。

また、多くの会社が東南アジアでビジネス展開をしたがっており、ベトナム国全体でも対外投資は増加の一途である。

ベトナムのRobinsショッピングセンターを経営するRobinson Department Store Public Company会長Alan Thomson氏は、オープニングセレモニーで、します。Robinsショッピングセンターがタイ以外の国にオープンするのは、これが初めてであると述べた。

1万㎡のショッピングセンターはハノイのRoyal City Vincom Mega Mallに位置し、M.A.C、Clinique、Lancôme、The Body Shop、F&F、Mc Jeans、Samsoniteなどの有名ブランドの製品を販売している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月02日15:06

ベトナムはスペイン向け履物製品輸出第2位

ベトナムは昨年スペインに2770万足の靴を輸出し、2億6850万ユーロを得たが、スペイン向けの履物の輸出国の中で第2位に位置づけられる。

スペイン履物生産者連盟(FICE)の統計では、2012年の数字と比べて、ベトナムからスペインへの輸出は、数量で11%増加したが、金額で1.1%減少している。

この数年間、2011年を除けば、ベトナムは中国に次ぐ、スペインへの履物の供給国となっている。

昨年のスペインの靴の輸入は、数量で3億2900万足、金額で20億7000万ユーロ相当で、これは、対前年比、数量で3.7%、金額で0.9%の増加となっている。輸出は、数量1億3480万足、金額22億6000万ユーロで、対前年比では、数量1.9%、金額10.3%増である。

スペイン製履物製品の主な輸入国は、フランス、イタリア、ドイツ、ポルトガル、イギリス、米国、ベルギー、オランダ、日本などである。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月02日09:59

近畿経済産業局、環境案件実施のためベトナム繊維公団(Vinatex)を援助

ベトナム繊維公団(Vinatex)によれば、同社は近畿経済産業局と「環境及び省エネの領域で協力推進」に関する覚書を交わし、今後2年間(2014-2015年)に亘って実施する

それによると、近畿経済産業局は一部の繊維企業を援助し、生産工場で環境処理領域においてモデル案件を形成していく。

具体的には、環境保護(汚水や排気や廃棄物の処理)や省エネのための建設工事での効果向上を目的として、近畿経済産業局は、コンサルティングを行なったり、ベトナムの条件にあった環境設備を提供したりする。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月01日14:00

Phong Phu社、廣瀬商会と合弁で、ベトナム国内でのリネン・サプライ事業を展開

Phong Phu株式総会社は、日本の株式会社廣瀬商会と、繊維製品のサービス供給案件へ投資し、リネン・サプライ・サービス会社を設立する合弁契約を締結した。

リネン・サプライ・サービス会社は、Giang Dien工業団地にて、案件を実施し、第1期では、総投資額300万米ドル以上、日本の最新の技術設備を導入、総敷地面積5560㎡、そのうち工場面積は3168㎡で、日産18トンを計画している。

第2期では、テーブルクロス、制服、病院用の各種商品に集中する。

同社では投資を追加し、日産50トンまで生産性を向上し、ホーチミン市及び近隣省に商品を供給する。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年05月01日06:00

インドシナニュース

国別

キーワードから探す

このページのトップへ戻る