インドシナニュース

2012年12月 のニュース一覧

ベトナム:2012年12月11日から2012年12月21日までの繊維原材料輸入実績例

今週、各市場からの綿輸入価格は、対前週比で平均0.5-6.8%下降した。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比0.5%下降し、2,005USD/tである。タンザニアからの輸入価格は、対前週比0.9%下降し、1,777USD/tである。イギリスからの輸入価格は、対前週比1.1%下降し、1,825USD/tである。ギリシアからの輸入価格は、対前週比2.8%下降し、1,714USD/tである。アメリカからの輸入価格は、対前週比6.8%下降し、1,949USD/tである。ブルガリアとアルゼンチンからの輸入価格は、対前週比変動なく、それぞれ1,680USD/tと1,676USD/tである。

対2011年同期比で、上記市場からの輸入価格は11.5-39.1%下降している。その他の市場の輸入価格は以下の通り。インド1,790USD/t、パキスタン1,695USD/t、マリ1,930USD/t、オーストラリア1,694USD/t、セネガル2,129USD/t、ブルキナファソ2,400USD/t、アメリカ領サモア2,441USD/t、カメルーン1,875USD/t、フランス1,840USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも、対前週比と逆行しており、1.32~5.44USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比5.5%上昇し、1.83USD/kgである。台湾からの輸入価格は、対前週比3.8%上昇、2.66USD/kgである。タイからの輸入価格は、5.9%上昇し、1.13USD/kgである。逆に、マレーシアからの輸入価格は、対前週比0.8%下降し、1.64USD/kgである。インドネシアからの輸入価格は、対前週比3.7%下降し、2.06USD/kgである。インドからの輸入価格は、対前週比9.1%下降し、1.32USD/kgである。対2011年同期比で、上記各市場からの輸入価格は3.5-15%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。韓国1.32USD/kg、日本5.44USD/kgである。

綿100%、生地巾145/152cm(コード:52121300) のインドからの輸入価格は下降し、2.45USD/mで、中国からの輸入価格は3.02USD/m(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾58inch(コード:55129900)の中国からの輸入価格は0.73USD/m、韓国からの輸入価格は1.79USD/m(CIFハイフォン)である。

綿57%、ポリエステル38%、スパンデックス5%(コード:60062200) の韓国からの輸入価格は下降し、1.13USD/mで、香港からの輸入価格は2.37USD/m(C&Fカットライ(HCMC))である。

綿97%、スパンデックス3%、生地巾55/58inch (コード:52083900) の中国からの輸入価格は下降し、1.96USD/ydで、香港からの輸入価格は3.35USD/yd(CIFハイフォン)である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月30日06:00

ベトナム縫製工場、TPPに備える

ベトナムは、76億米ドル相当の衣類をアメリカに輸出している。そして、現在の成長速度で進めば、輸出取引高は2020年までに130億米ドルとなる。しかし、環太平洋経済連携協定(TPP)が結ばれると、この数字は220億米ドルまで跳ね上がる。

ベトナム繊維協会(Vitas)相談役Le Quoc An氏は、この数字を叩き出した当の人物で、ベトナムがTPPによってもたらされるチャンスを掴めるなら、これは「幻想」でないと断言した。

ホーチミン市で数日前に行われた国際繊維展示会VTG2012は、繊維産業の縮図と見られる。中国、台湾、韓国からの企業のブースが展示会を支配する一方で、ベトナム製品の数は極めて控えめである。

税関総局によると、2012年11月15日までには、ベトナムは156億8700万米ドルの相当の繊維製品を輸出した。しかし、この輸出の一方で、107億7000万ドルの相当の資材(うち、60億米ドルは生地)の輸入を余儀なくされている。

また、税関総局によると、2012年10ヶ月の輸入額35億米ドルのうち、中国がベトナムへの資材の最大の供給国であり、次いで、韓国、台湾と続いている。

TPPが結ばれると、2020年までに90億米ドルの相当多く製品を米国に輸出する機会をもたらされるとVitasのAn氏は言う。しかし、ベトナムが中国や台湾や韓国からの資材輸入に頼りきりになるならば、90億米ドルをそのまま得ることができないだろうとも言う。

「原糸」原則(すなわち0%の特恵関税を享受するには、ベトナムの輸出品は、ベトナムまたはTPP参加国で作られた繊維あるいは資材を使わなければならないという原則)を米国(TPPのパートナー)は提案している。

一方、その製品が輸入生地と材料でできているならば、0%の輸出関税を受けられるとベトナムは主張している。TPP交渉の第15ラウンドはニュージーランドで行われているが、ベトナムと米国はこの件で共同声明を出すことができずにいる。

TPPで適用されると考えられる原糸原則は、投資家に繊維産業に資金を投入するよう促している。今後、織物工場が建設されれば、彼らの製品は縫製工場に提供され、ベトナムの縫製工場の製品は0%関税で米国に輸出されるのである。

An氏は、ベトナムで織物工場を建てるための適当な場所を探したいと言うシンガポールや香港や中国の会社から協力してほしいという招待状を少なくとも10以上個人的に受け取ったと言う。

TPPは、同様に経済効果だけでなく、社会的な利益ももたらすと期待されている。Vitasによると、10億米ドルの相当の繊維輸出を成し遂げるには、ベトナムは10万人の労働者を必要とし、予測されるようにベトナムが2020年までに220億ドルの相当の製品を輸出することができるならば、これは、何百万もの新しい雇用が創出されることを意味する。

しかし、すべてがベトナム企業の能力に依存すると、Garmex Saigon会長Le Quang Hung氏は言う。「外国からの資材の輸入に頼り続けて、FOB形式の下に製品を輸出できないならば、我々はTPPをフルに活用することができないでしょう。」と彼は言う。

Garmex Saigon社では、海外の輸入業者と交渉して、同社がベトナム製繊維でできている特定の一部の生地を使う約束を取り付け、TPPが有効となったときには、現在の17-35%でなく、もっと多くの製品が0輸出関税を受けられるように考えている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月27日06:00

ベトナムから韓国へのジャケット輸出、30%以上伸びる

2012年11ヶ月間のベトナムのジャケットの輸出は1億8490万点、金額は29億6000万米ドルで、2011年同期と比べると、数量ベースで11.5%増、金額ベースで12.7%増である。ジャケットの輸出市場は、アメリカ、韓国、日本向けが対2011年比で伸び、EU向けがやや減少した。2012年11ヶ月間のジャケットの輸出価格は対前年同期比で1.1%上昇、FOB価格で16.03米ドルである。

統計データによれば、2012年11ヶ月間のベトナムのジャケットの輸出は1億8490万点、金額は29億6000万米ドルで、2011年同期と比べると、数量ベースで11.5%増、金額ベースで12.7%増である。

2012年の年間のジャケット輸出は、金額で32億1000万米ドルに達し、対前年同期比で12%増加する見通しである。

2012年10ヶ月間のアメリカ向けのジャケットの輸出は伸びが鈍り、韓国、日本向けジャケットの輸出は対2011年同期比で大きく増加する一方、EU市場向けは減少した。

経済の不調を受けて、繊維製品の注文は軒並み30%ほど数量が減る中で、アメリカ向けのジャケットの輸出は、対2011年同期比で、数量は0.02%、金額は4.8%増加し、数量7080万点、金額9億3080万米ドルで、この品目の総輸出額の35%を占める。

注目すべきは韓国で、同市場向けのジャケットの輸出は、日本市場を追い抜き、数量1880万点、金額4億5500万米ドルで、対2011年同期比で、数量25%、金額32.9%増加している。

日本へのジャケットの輸出は大きく伸びており、これはこの国の経済が安定していることと、ベトナム企業が品質を向上させ、デザインやスタイル、洗濯表示などのネーム類の規定などについての要望にも対応してきたためである。10月までの日本向けのジャケット輸出は、数量1810万点、金額2億7060万米ドルで、対2011年10ヶ月比で、数量は78.7%、金額は46.1%増加している。なお、引き続きこの市場へのジャケットの輸出は有利と見られる。

一方、EU市場向けのジャケットの輸出は、この地域の経済にいまだ回復の兆しがみえず、EU市場への輸出は、数量は3850万点で金額は6億5500万米ドルで、対2011年同期比で、数量では1.0%増加、金額では4.0%減少となっている。

他に、各企業がジャケットの輸出を進めているのは、オーストラリア、パナマ、サウジ・アラビア、イスラエル、タイ、フィリピンなどである。

2012年11ヶ月間のジャケットの輸出価格は、対前年同期比で1.1%上昇、FOB価格で16.03米ドルである。

2012年10月のアメリカ向けのジャケットの輸出価格は、FOB価格11.21米ドルで、対前年同期比15.7%下降した。2012年10ヶ月のこの品目の輸出価格は、FOB価格13.14米ドルで、対昨年同期比で4.8%上昇した。

2012年10月のドイツ向けのジャケットの輸出価格も同傾向で、対前月比で5.9%下降、対2011年同期比で13.3%下降し、FOB価格15.57米ドルである。2012年10ヶ月のこの市場向けのジャケットの輸出価格は、FOB価格20.92米ドルで、対2011年同期比で10.7%上昇した。

2012年10月の日本向けのジャケットの輸出価格は、年初以来最安値を更新し、FOB価格11.29米ドルで、対前月比で16.8%下降、対前年同期比でも19.6%下降している。2012年10月の日本向けのジャケットの輸出価格は、対前年同期比で18.2%下降し、FOB価格で14.94米ドルである。

逆に、2012年10月単月の韓国向けのジャケットの輸出価格は、年初以来最高値で、FOB価格29.16米ドルに達し、対前月比で7.1%上昇、対2011年同期比でも3.4%と上昇している。2012年10ヶ月の韓国向けのジャケットの輸出価格は、FOB価格24.1米ドルで、対前年同期比で6.4%上昇している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月26日06:00

2013年のベトナムの繊維の注文は引き続き縮小

2013年、ベトナムの繊維輸出企業は、引き続き主要市場での注文減少の危険に晒される。

「もし世界経済が明るくなりそうなら、2013年第2四半期までに、輸出注文が回復するはずだ。」とは、繊維業界の2013年の輸出の見通しを評価する際の、ベトナム繊維協会(Vitas)の見方である。ベトナム繊維協会(Vitas)の代表によれば、経済危機はベトナムの多くの繊維輸出企業に、アメリカやEUといった従来市場での注文減少をもたらした。

具体的には、2012年EU向けの繊維輸出金額は対2012年比で6%減少した。アメリカ向けの繊維輸出は7%増加したとはいえど、2011年の15%からすれば、大きく落ち込んでいる。

Luc Nam工場(バックザン省)工場長Nguyen Van Thien氏は、2013年の注文が良くなる兆候は見えない、と言う。「輸入業者はまだ新しい注文に対して懐疑的です。このことは来年の状況がまだ慎重で、今年の2倍も3倍も努力が必要だということを表しています。」

Thien氏の話は、ベトナム繊維協会副会長兼総書記Dang Phuong Dung女史とも合っている。アメリカ向けの輸出金額は改善の余地がありますが、2011年の伸びには到底追いつかないでしょう、EU向けは引き続き鈍いままです。

11ヶ月の繊維業界の主力輸出市場の統計データを見れば、マイナス2桁成長を見出すのは難しくない。EU市場ではデンマークが33%減少したのを除けば、ドイツとフランスはそれぞれ21%と16%減少している。スロバキアとチェコもともに33%減少している。さらには、もっとひどい市場もある。インドは対前年同期比で75%、アルゼンチンは47%減少している。

こうした数字から、来年の輸出の減少に警鐘を鳴らすのは現実的である。

一方、商工省によれば、輸出金額の減少に加えて、EU地域の危機は通貨変動によるユーロ安に繋がっており、EU向けに繊維製品を輸出しているベトナム企業はユーロ決済による為替の損失を被る一方、大半の企業は材料を中国やタイ、台湾などから米ドル決済で輸入している。

決済方法による為替差損は企業の利益を圧迫している。2012年には、2011年より輸出が低調なうえに、このこともあり、各企業はより苦しい。

ドンナイ縫製(Donagamex)社長Bui The Kich氏は、2012年の繊維製品の輸出は、増加しているが、8%に過ぎないと認めている。「この調子では、2013年は各企業ともまだ厳しく、というのも、大市場はいずれも復調の兆しが見えないからだ。」と同氏は言い、Donagamexの2012年の成長速度も鈍く、計画に達しなかったことを明らかにした。17%の伸びで売上は1兆500億ドンだったが、計画の1兆1000億ドンには達していない。

けれども、世界経済全体の危機にあって、各業界とも悪影響を被っている中、繊維業界はまだ日本市場やさらには韓国市場で希望が持て、とくに韓国市場への輸出金額は2012年11月には10億米ドルを超え、年間でも12億米ドルに達すると見られる。日本市場も対前年同期比で18%以上の成長を維持し、少なからずEU市場の減退の穴埋め役を担っている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月25日08:42

ベトナム:2012年12月04日から2012年12月13日までの繊維原材料輸入実績例

今週、綿輸入価格は、引き続き下降し、平均輸入単価1,680~2,092USD/tで推移している。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比4.2%下降、対前年同期比で37.6%下降し、2,016USD/tである。他に、アメリカからの輸入価格は、対前週比11.9%下降、対前年同期比で18.6%下降し、2,092USD/tである。タンザニアからの輸入価格は、対前週比0.8%下降、対前年同期比で23.3%下降し、1,793USD/tである。マリからの輸入価格は、対前週比2.6%下降、対前年同期比で23.1%下降し、1,910USD/tである。パキスタンからの輸入価格は、対前週比6.9%下降、対前年同期比で25.2%下降し、1,630USD/tである。イギリスとセネガルからの輸入価格は、対前週比0.3-2.1%下降、1,846-1,890USD/tである。その他の市場の輸入価格は以下の通り。ブルキナファソ1,830USD/t、トーゴ1,811USD/t、ギリシア1,764USD/t、オーストラリア2,062USD/t、スイス1,815USD/tである。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも、対前週比で下降しており、1.07~2.57USD/kgで推移している。そのうち、中国からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比18.4%下降、対前年同期比で0.4%下降し、1.74USD/kgである。韓国からの輸入価格は、対前週比5.0%下降、2.61USD/kgである。インドネシアからの輸入価格は、変動なく、2.14USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。台湾2.57USD/kg、マレーシア1.65USD/kgである。

ナイロン100%、生地巾55inch(コード:5513390) の台湾からの輸入価格は下降し、3.99USD/mで、日本からの輸入価格は10.7USD/m(CIFノイバイ空港(ハノイ))である。

ポリエステル100%、生地巾58/60 inch(コード:5407690)の台湾からの輸入価格は0.64USD/yd、韓国からの輸入価格は0.94USD/yd、(CIFハイフォン)である。

綿100%、生地巾68/70inch(コード:60041090) の韓国からの輸入価格は下降し、1.37USD/ydで、中国からの輸入価格は1.6USD/yd(C&Fカットライ(HCMC))である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月23日23:21

2013年1月のベトナムの繊維輸出金額は13億米ドルで、対2012年同期比で16%増加

以前予想した通り、ベトナムの繊維製品輸出は年末にかけて回復した。統計データによれば、11月のベトナムの繊維製品輸出金額は12億4800万米ドルで、対昨年同期比で8%増加している。

11月のベトナムの繊維輸出は、主にアメリカ市場、韓国市場向け輸出が対前月比で減少したため、EU、カナダ、ロシア市場への輸出が大きく増加し、日本向けの輸出はわずかの増加にとどまったが、全体で7.1%減少した。

l  ベトナムからアメリカ向けの繊維の輸出は、対前月比で12%以上減少したが、対前年同期比では6.53%増加し、5億6160万米ドルである。

l  ベトナムから韓国向けの繊維製品の輸出は、対前月比で44%以上減少したが、対前年同期比では25%増加し、8780万米ドルである。

さらには、ベトナムからEU市場への繊維製品の輸出も回復し、成長率では年初から最高を記録している。今月、ベトナムからEU市場向けの繊維製品の輸出は、対前月比で28%、対昨年同期比で4.37%増加し、2億2270万米ドルである。同時に、ベトナムからロシア市場への繊維製品の輸出は、対前月比で93%、対昨年同期比で15%増加し、1240万米ドルである。EU及びロシア市場が回復し、日本向けの増加はそれほどでもなく、対前月比で1.25%増加、対昨年同期比で11.3%伸び、売上は1億7300万である。

そのため、11月末でのベトナムからの輸出金額は137億3000万米ドルで、対2011年同期比では7.8%増加している。そのうち、ベトナムから、主要5市場への輸出金額は以下の通り。アメリカ向け輸出68億米ドル、8%増加。EU向け輸出21億6000万米ドル、5%減少。日本向け輸出18億米ドル、17%増加。韓国向け輸出9億9400万米ドル、21%増加。カナダ向け輸出2億8500万米ドル、17%増加。

現時点で、各企業は2012年最後の注文を完了させ、2013年の注文に取り掛かり始めている。原材料の輸入は大きく増加している。これは今年度2度目の波で(1回目は5月ごろで、生地輸入の金額は7億700万米ドル)、ベトナムの11月の原料用生地の輸入金額は非常に高いレベルである6億7700万米ドルに達し、対昨年同期比で16%増加である。この結果から、2013年年初のベトナムの繊維輸出金額は大きく伸びるものと見られる。2013年1月のベトナムの繊維製品の輸出金額は13億米ドルに達し、対2012年同期比で16%増加するものと推測される。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月22日09:00

ベトナム繊維公団(Vinatex)、証券会社と銀行から資本を引き揚げ

ドンア繊維株式会社の持ち株を売った後に、ベトナム繊維公団(Vinatex)は、サイゴン・クワンガイ・ビール及びザラム縫製設備株式会社の資本を引き揚げる。

これらの2つの会社のベトナム繊維公団(Vinatex)の持ち株は、2012年12月28日にホーチミン市証券取引所(STC)とハノイ証券取引所(HNX)を通して競売にかけられる。

サイゴン・クワンガイ・ビールのすべての株式の販売は、公団が中核事業、つまり、繊維事業において投資資金が不足しているので、ベトナム繊維公団(Vinatex)にとっては必須の任務の1つである。1株10,000ドンの開始価格で、合計1,666,667枚の株を引き受ける投資家はすぐに表れるとVinatexは見ている。

そのうえ、公団は1株170,000ドンの開始価格で、ザラム縫製設備株式会社の額面10,000ドンの株を、20,700株競売にかける。

経済学者Pham Chi Lan女史によると、現在の市況で素早く元手を回収するには、株式を安値で売るしかない。そのため、投資の引き上げは、国の資本を維持したままで行うのは難しい。決定したといえども、非中心的な投資分野からの出資金の引き上げはベトナム繊維公団(Vinatex)だけでなく多くの他の公団も困難に直面している。

ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Le Tien Truong氏は、国の資本維持の目標は非中核事業部門から公団の投資の引き上げに困難を引き起こしていると認めた。2012年5月末までで、ドンア繊維の1,484,550株は1株20,000ドンの開始価格で競売にかけられ、ベトナム繊維公団(Vinatex)は、残りの659,550株を次の月(2012年6月)に売りだすとされている。

Truong氏によると、他の経済グループと比較すると、ベトナム繊維公団(Vinatex)の非中核事業への投資比率は非常に低く、全体の資本ほぼ4兆ドンのうちのわずか2590億ドンである。ベトナム繊維公団(Vinatex)は、4社に100%出資、13社に50%以上出資、48社に50%未満の出資をしている。

サイゴン・クワンガイ・ビール及びザラム縫製設備株式会社の株を売却した後、ベトナム繊維公団(Vinatex)は、2013年には、1つの証券会社、7つの銀行と残りの分野で資本を引き揚げる。この計画は、株式市場と銀行及び金融分野での不利な条件の流れの中で困難に直面すると言われている。

「首相によって発行された政府決定 No 929/QD-TTgに基づいて承認された国営企業(SOE)再構築計画の下で、ベトナム繊維公団(Vinatex)は2015年12月31日前にすべての資金を非中核事業から引き揚げなければなりません。」とTruong氏は言う。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月21日06:00

ビナテックス、国内市場での繊維製品の消費を促進

2012年12月14日、ベトナム祖国戦線は「ベトナム人はベトナム製品を優先的に使用しよう」キャンペーンの実施についての3年間の総括会議を開催した。副首相Hoang Trung Hai氏が出席し、会議を指示した。

会議のスピーチで、副首相は、運営委員会、地方の担当部署、マスメディア、さらには、各企業の3年間のキャンペーンの成果を高く評価した。キャンペーン実施の3年はベトナムでも世界でも経済困難の3年であったにもかかわらず、7.5%までのインフレ制御、為替レートの安定、輸出の伸び、輸入超過の減少など初期の結果はキャンペーンの動きが徐々に社会経済や人々や企業の生活の中に浸透していったことを伺わせた。副首相は、キャンペーンがベトナムの持続的経済発展の戦略的なタスクの1つとなり、日に日により多くの効果を生み出すことを望んでいる。これを実現するために、さらに消費者への宣伝を強化し、国内市場の研究と発展の方法を見つけるよう企業を説得しながら、継続的にサービスの質を向上させ、消費者に常にベトナム製品を満足させることが必要である。

会議では、ベトナム繊維公団は、ベトナム祖国戦線より「ベトナム人はベトナム製品を優先的に使用しよう」キャンペーンの実施の優秀な業績に対して表彰を受けた。ベトナム繊維公団は、長年にわたり国内市場を活用するための開発·投資計画に焦点を当てている。 2001年、ベトナム繊維公団はVinatexmartを設立、以来、小売スーパー販売網を展開、主力商品は公団内外の企業の生産した国内市場向け縫製品である。近年では、Vinatexmartの販売網は投資を拡大し、2012年末現在で全国24の省や市に82店舗を展開し、各地域へのベトナム縫製品の浸透に重要な役割を果たしている。Vinatexmartのチェーン展開以外では、マイ10、ニアベ、ベッティン、ドックザン、ハノシメクス、フォンフーなどが、積極的に自社で直営店、代理店などのショップを展開し、全国の各省市、津々浦々4000箇所近くにネットワークは広がっている。

国内の消費者にベトナム製品を提供することを目指し、ベトナム繊維公団はまた毎年2回のファッション・フェアを開催している。9月にホーチミン市で開かれるフェアには300ブース、12月にハノイで開かれるフェアには400ブースが参加しており、重心はベトナム・ブランドのファッション製品である。これは、ベトナム繊維公団がこれまで数年間、また今後数年間にわたって行うキャンペーンの活動への対応の最も顕著な活動として見ることができるかもしれない。上記のイベントと並行して、ベトナム繊維公団は、事業の収束、毎年恒例の春夏、秋冬のファッションウィークを開催し、公団内外の企業から、新しいデザイン、応用性の高い、高品質で、リーズナブルな価格のファッション製品を集め、ベトナムのファッションに対する消費者の視点を徐々に変えていっている。

ベトナムのファッション製品を消費者への販売促進に加えて、ベトナム繊維公団では、国内企業各社、グループや大企業への製品の相互使用を働きかけている。2012年11月、商工省傘下の公団や総会社間での製品の相互使用についての協力提携プログラムの中で、繊維公団は、商工省の立会いの下、以下の9つの覚書に署名した。ベトナム石油•ガス公団、ベトナム国営石油公団、ベトナム石炭鉱物産業公団、ベトナム電力公団、ベトナム国立化学公団、ハノイ飲料公団、ベトナム製紙公団などである。

ベトナム繊維公団は、長年の国内売上高の伸びは、常に平均で15-20%に達している。 2012年には、困難な経済状況を前に、ベトナム繊維公団の国内売上はほぼ10%の成長を達成した。国内市場で5000億ドン(約2500万米ドル)の売上高を上げると見られる企業は以下の通り。フォンフー繊維総株式会社、ベッティン縫製総株式会社、ベッタン繊維総株式会社、ナムディン繊維総株式会社、ベトナム繊維ファッション貿易一人有限会社、ニアベ縫製総株式会社、マイ10総株式会社などである。

キャンペーンの効果をさらに上げるために、総括会議では、副社長Pham Duy Hanh氏は、公団を代表して、政府のみならず、運営委員会に多くの解決策を提案した。中でも、市場管理、偽造防止、品質不良、知的財産の保護と消費者の強化に重点を置き、具体的には、世界貿易機関(WTO)の規定に従い、繊維産業を含む補助的産業を支援するための政策の施行、ブランド製品を広告し、流通ネットワークを構築するためのプログラムを支援する政策、国が地方で投資したが、まだ完全に開拓されていない卸市場地域での2-3年の使用料免除許可規定の実施などである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月20日06:00

ベトナムのジーンズ輸出、14.4%伸びる

ベトナムの2012年11ヶ月のジーンズの輸出は1420万点、金額1億2130万米ドルで、対2011年同期比で数量ベース9.9%、金額ベース14.4%の増加である。輸出市場は、全体として順調で、対2011年同期比で、増加している。2012年11ヶ月のジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で4.1%上昇、FOB単価は8.52米ドルである。

統計データによれば、ベトナムの2012年11ヶ月のジーンズの輸出は1420万点、金額1億2130万米ドルで、対2011年同期比で数量ベース9.9%、金額ベース14.4%の増加である。輸出市場は、全体として順調で、対2011年同期比で、増加している。

ベトナムの2012年10ヶ月間のジーンズの輸出は、アメリカ、日本、欧州でいずれも伸びており、対2011年同期比で11.4-54.2%増加している。

ジーンズの輸出は、アメリカ市場向けが引き続き最大で、2012年10ヶ月間のこの品目の全出荷額の59.8%を占めるが、数量は856万点、金額は6230米ドルで、対2011年同期比で、数量ベース9.8%、金額ベース11.4%増加している。

日本へのジーンズ輸出は、この市場が安定していて、各社が品質やスタイルを向上させ、価格競争力がついてきているため、かなりの伸びを見せている。そのため、2012年10ヶ月間のジーンズの輸出は、数量99万9000点、金額1270万米ドルで、対昨年同期比で、数量ベース47%、金額ベース54.2%増加している。

経済危機の影響を受けながらも、EU市場へのジーンズの輸出はかなり伸び、対2011年同期比で、数量5.3%、金額35.3%増加し、数量は56万6800点、金額410万米ドルである。この品目のEUへの輸出を増加させるには、戦略を練り直し、あらゆる機会を使い、クリエーティブな要求に応える必要がある。

マレーシア及び韓国市場へのジーンズの輸出金額は、対2011年10ヶ月間で、27%増加し、それぞれ276万米ドル及び275万米ドルである。

この他に、対2011年同期比で輸出金額が大きく伸びているが、金額がまだ小さいのは、ロシア、メキシコ、チリ、パナマ、ウルグアイ、ブラジルなどである。

2012年11ヶ月のベトナムからの輸出価格は対前年同期比で4.1%上昇、平均FOB価格8.52米ドルに達している。

2012年10ヶ月のアメリカ向けのジーンズの輸出価格は、FOB価格7.89米ドルで、対前年同期比で3.0%上昇しているが、対2011年同期比では1.7%下降している。2012年10月だけをとると、この市場向けの輸出価格は、FOB価格は7.66米ドルで、対昨年同期比で1.4%上昇している。

さらに、2012年10ヶ月の台湾向けのジーンズの輸出価格は、アメリカ向けと同傾向で、FOB価格15.78米ドルで、対前月比10.5%上昇、対2011年同期比で、3.9%上昇している。2012年10月単月では、FOB価格14.8米ドルで、対2011年同期比で1.7%上昇している。

他に、マレーシア、EU及び韓国市場向けのジーンズの輸出価格は、対2011年同期比でそれぞれ16.1、28.5、34.1%上昇し、FOB価格でそれぞれ13.76米ドル、7.35米ドル、11.12米ドルである。

2012年10月の日本向けのジーンズ輸出単価は下がり、FOB価格は10.49米ドルで、対前月比で18.1%下降、対前年同期比で28.8%下降している。2012年10ヶ月の日本向けのジーンズの輸出価格は、対2011年同期比で4.8%上昇、平均FOB価格12.77米ドルに達している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月19日06:00

ベトナム繊維産業、170億米ドルの輸出目標を達成できず

ベトナム繊維業界は今年設定された170億米ドルの輸出目標を成し遂げることができるかどうか疑わしいとベトナム繊維協会(Vitas)は発表した。

11月のベトナムの繊維輸出金額は、対前月比で3.4%下がり、13億米ドルとなった。

そのため、11月までのベトナムの輸出総額は137億8000万米ドルとなり、年間目標の170億米ドルを達成するのは疑わしいとベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は述べた。

今年主要市場にてベトナムからの輸出の大きな後退が見られたとベトナム繊維協会(Vitas)当局者は言う。EUへの輸出は昨年と比較しておよそ15%下落し、この傾向は来年も続きそうであるとベトナム・ニュースは報告した。

収益低下のもう一つの理由は、顧客がコスト削減のため高級ゾーンから中級ゾーンへ製品の焦点を移したことである。

従来市場に頼らず、新規顧客の開拓が必要で、日本、韓国、米国以外の国での機会を調査することに集中しなければならないことをベトナム繊維協会(Vitas)は示唆した。

こうして、協会は繊維輸出の増大をトルコなどの中東やアフリカや中国を念頭に置いており、2013年には業界での売上増を見込んでいる。

さらに、日本のバイヤーの中には、日本への輸出に積極的なベトナム・メーカーとの契約を結ぶところが増えている。

一方、商工省はタイやマレーシアや香港との貿易促進プログラムを立ち上げ、国内会社のこれらの市場への輸出を援助する構えでいる。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月18日14:00

海外市場のコスト節減にベトナム企業は慎重に対処すべし

中国からベトナムに注文を移動する傾向がはっきりしているので、2013年の繊維企業の輸出注文は不足することはないという見通しである。

フランス市場のスーパーで販売するパートナー向けに12-13歳の子供用のショートパンツ約50万の加工契約を受けたLT縫製(ホーチミン市ビンタン区)の社長は悲しそうに言う。

「比較的付加価値の低い製品のため、縫製の技術は難しくありませんが、もちろん加工賃は低いです。しかし、この契約が取れないと、約300名の縫製工は仕事がありません。」この注文の金額を聞いたわけではないが、推測するに、LT縫製が請け負う、この契約単価はおよそ50セント(つまり、総額で約25万米ドル)であろう。この金額では、HT縫製社長は「おいしく」もなく、経費をカバーするのがいっぱいで、利益はほとんどない。彼によれば、客先が馴染であるということもあって、断るに断れない状況である。

縫製業界だけでなく、PL靴製造社(ビンユーン省)社長TL女史もまた、現在は多くの顧客が高付加価値製品でなく、中級もしくは低価格の商品を出してくるので、困難を極めると言う。

「世界各国の消費傾向が出費削減に向かっているので、衣類や靴などの消費財の生産用の資材も必然的にコストを最大限に切り詰めることになります。」とTL女史は言う。彼女の会社自体が現在受けている30万点の婦人靴も加工賃は、単価で1.2-1.3米ドルである。

「以前だったら、この手の靴は、素材は本革であって合皮ではなく、いくつかの付属がついていたとすれば、今年は付属もなく、そのため、単価はずいぶんと安くなります」と彼女は打ち明ける。

繊維の専門家によると、もっとも「やりやすい」アメリカ市場でも「実利的」な傾向は顕著である。日本市場だけが、欧州市場のように大きく下落はしないが、多くの顧客が単純な製品を注文し、原材料のコストは以前と比べて10-15%低い。

中国からベトナムに注文を移動する傾向がはっきりしているので、2013年の繊維企業の輸出注文は不足することはないという見通しである。問題は、各企業がそれぞれの規模に応じて、生産能力だけでなく財務能力にも合った注文をどうやって選択するということである。

「けれども、もし事情によって、仕事を確保するために契約をとらなければならなくても、

各社は慎重に計算し選択する必要があります。多くのバイヤーが国内の輸出業者にわざと低価格を押し付け、全体の価格を下げようとする場合は別ですが。」と業界のベテラン専門家がアドバイスする。

一方、各社の計算では、生産コストは、昨年に比べて15-20%増加している。

「人件費からの電気、ガス、輸送費、輸出入手続き費用、銀行金利などに至るまで生産に関わるすべての費用は、非常に高いレベルにあります。」生産コストがこのように上昇すると、2013年に受注の際に単価を前年比で平均5%上昇できても、企業が現在負担しているコストの「穴埋め」にはならない。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月17日14:00

ベトナム:2012年11月27日から2012年12月06日までの繊維原材料輸入実績例

今週、綿輸入価格は、前週より若干下降し、平均輸入単価1,678~2,374USD/tで推移している。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比0.5%下降、対前年同期比で19.7%下降し、2,103USD/tである。イギリスからの輸入価格は0.4%下降、1,852USD/t、アルゼンチン0.9%下降、1,678USD/t、セネガル2.5%下降、1,930USD/tである。

タンザニア、カメルーンといった一部の市場は、対前週比では変動はない。これらの市場では、対前年同期比で7.5-26.9%下降している。その他の国からの綿花の輸入価格は以下の通り。マリ1,960USD/t、ベニン1,885USD/t、ドイツ1,940USD/t、ブルガリア1,680USD/t、スペイン1,857USD/t、モザンビーク1,792USD/t、南アフリカ1,840USD/t、インド1,760USD/t、アメリカ1,874USD/t、コートジボアール1,863USD/t。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも、綿と同様に、対前週比で下降しており、0.61~3.18USD/kgで推移している。そのうち、タイからの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比6.7%下降し、0.68USD/kgである。台湾からの輸入価格は、対前週比13.6%下降、2.52USD/kgである。インドからの輸入価格は、対前週比22.7%下降、1.06USD/kgである。ただし、ベルギーとアメリカからの輸入価格は対前週比で変動がなく、それぞれ0.61USD/kgと0.62USD/kgである。これらの市場の輸入価格は対前年同期比で9.4-24%下降している。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。中国2.13USD/kg、インドネシア2.14USD/kg、日本3.18USD/kgである。

綿100%、生地巾51/53inch(コード:60005220) の香港からの輸入価格は下降し、2.57USD/mで、台湾からの輸入価格は3.27USD/m(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾58/60 inch(コード:54076900)の台湾からの輸入価格は0.64USD/m、韓国からの輸入価格は0.77USD/m、(CIFハイフォン)である。

綿98%、スパンデックス2%、生地巾56/58 inch(コード:52083900)の中国からの輸入価格は、1.96USD/m、韓国からの輸入価格は、3.35USD/m(CIFハイフォン)である。

ポリエステル89%、スパンデックス11%(コード:60063190)の中国からの輸入価格は、2.31USD/m、台湾からの輸入価格は2.56USD/m(CIカットライ(HCMC))である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月16日12:35

ホーチミン市、日本市場への輸出促進

12月12日に、ホーチミン市投資貿易促進センターは、日本市場への輸出を促進するシンポジウムを開催した。これは、一連の新しい受注や輸出市場を探すビジネス支援プログラムの一環のイベントである。

シンポジウムでは、専門家が日本市場への輸出を推進するために、ビジネス取引上の知識とスキルを提供した。

日本は大規模な市場とみなされ、競争のレベルは非常に厳しく、輸入品のための税制度、規制や基準に加えて、人々の健康と安全を確保するために輸入前の製品の受入品質検査にも対応しなければならない。

とくに、各企業は日本農林規格(JAS)のシステムについて理解する必要がある。というのも、このシステムは自主基準であるが、飲料品、農産物、水産物、農林水産物の加工品など広く適用されるためである。

しかし、多くのベトナム企業がこの市場で成功しているという事実は、市場を理解するだけでなく、情報を捉え、評価し、参入戦略を適切に調整しているだけでなく、日本の市場や法律システムを理解しているためである。

My Lang Consultant社副会長である秋利美記雄氏は、2011年から2012年にかけて、日本企業は、生産コストの削減と新市場開拓のために東南アジアへ投資をシフトする傾向があると述べた。具体的には、多くの大規模な食品業界(サッポロビール、日清フーズ、キューピー、エースコック...)、輸出向けメーカー(繊維、金属加工、プラスチック、電気部品)、IT関連、中小企業向けの管理部門サービス(会計、人材、不動産など)である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月15日14:00

Bigamex、ベトナム・ファッション・ブランドの誇り

ベトナム経済ニュースのMinh Kietは、生産を拡大し、ブランドをつくる際の会社にとっての難しさと利点と開発目標について、Binh Minh Garment Joint Stock Company(Bigamex)社長Do Kim Quy氏にインタビューした。

 

**会社の開発結果について話してもらえますか?

 

Begamexは、Vinatex傘下の企業として1999年に初めて株式化を始めた会社です。現在では、会社の株の25%は国、15%は外国人株主、10%以上は会社のスタッフが所有し、残り50%は他の一般の株主が所有しています。12年以上に亘って、会社は資本金を倍増し、資本金利益率は80%を超え、輸出高は順調に伸びてきました。昨年、総売上高はVND156億ドン以上に達しました。特に、Binh Minhは、外国企業と提携した最初の国内縫製会社の1つです。紳士婦人用の高級シャツの製造を日本の伊藤忠グループとともに合弁事業で立ち上げました。そして、それは会社のキーアイテムとなりました。 ポロシャツ、Tシャツ、スポーツウェア、高級ファッション衣料といった当社製品を広範囲にわたって展開することで、会社は国内外の市場で徐々に認知されていきました。伊藤忠、Philip van Heusen、アディダス、ウンブロ、デサント、フィラ、C&A、アメリカン・イーグルのような多くの有名な客先が当社の製品の品質を認めてくれました。

 

**Bigamexに続いて、Gendaiも評判の良いブランドとなりました。これらの2つのブランドを作って、開発するプロセスを教えてもらえますか?

 

Bigamexブランド製品は日本のテクノロジーで生産され、衣類とアクセサリーの創造的なデザインと印象的な配色によって日本基準で製造されます。Bigamexブランドのシャツは、『繊維産業分野の最も素晴らしいシャツ』と認められました。Bigamexブランド製品は、異なるサイズの顧客にも合います。

昨年前半に、Binh Minhは、日本風の高級ファッション・ブランドGendaiをベトナムの消費者へ披露しました。Gendaiブランド製品の重要なラインは、紳士婦人用シャツ、スポーツウェア、高級ファッション・アクセサリーなどが含まれます。Gendaiブランド製品は、特別なデザイン・アイデアと日本の最新のファッション技術が調和したコンビネーションせです。

Gendaiブランド製品は、日本の最新と伝統のファッション・スタイルを結合し、それはアジアの人々にとって好都合に設計されています。各々の製品のあらゆるディテールは、非常に慎重に作られます。Gendaiブランド・シャツを着れば、エレガントで、ファッショナブルに見えて、快適であると感じさせます。さらに、同じサイズのGendaiブランド・シャツは、顧客の寸法に合わせて、襟サイズと袖丈を調整できます。これはGendai ブランドのシャツの最も特別な利点で、ベトナムの消費者にまさしくぴったりします。また、Gendaiブランドのシャツは、袖口のスタイルが特別で、魅力的です。

 

絶え間ない創造的努力で、我が社は、最新でダイナミックなライフスタイルに合い、成功した企業家のスマートな外見を装う、新しい製品ラインを多数作りました。スマートな若者にとって、Gendaiブランドの衣類デザインは非常に印象的で、自分自身のスタイルをつくってくれます。こうしたすべての利点があるがため、Gendaiは本当に現代的で、洗練されて、スマートなファッション・ブランドなのです。

 

 

熟練労働者に加え、社長以下の有能なマネジメントにより、Binh Minhは30年発展を続け、数々の偉業を打ち立ててきた。「会社の名声は製品の品質を通して証明される」というモットーが一際際立っている。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月14日06:00

ブランドF.House、ベトナム国内市場を制覇

世界的な景気後退の流れの中で、各企業、特に繊維企業は、輸出市場だけでなく国内市場でも激しい競争に直面している。これらの困難に直面して、これまでになく、各社はもっとも合理的な方向を見つけるために賢明でなければならない。フーンドン縫製は国内市場、海外市場のいずれでも権威のあるファッション・メーカーの一つである。ベトナムでは、同社は、工程管理と世界的にも最新の縫製技術を組み合わせ、そのうえ創造的なデザイン能力を兼ね備えて、高度に応用されたファッション製品を提供し、徐々に国内市場を支配している。

F.House ブランドのファッション製品が全国で多くの消費者の手に届くように、フーンドン社は、広範な流通システムを開発している。フーンドン社は今や18のショールームを持ち、小売店舗網は、フータイ・グループ、X28、スーパーCoopmart、さらには全国に78の店舗を持つベトナム・ファッション・ビジネス社のスーパーVinatexmartの販路も有している。

フーンドン社の製品は消費者にとって身近で人気があり、VIFFフェア2012の場では多くのお客様がブースを訪問し、ジャケット、ジーンズ、ショート・パンツ、ポロシャツ、Tシャツなど、素敵なデザインとカラフルなF.Houseブランドの製品を購入した。

フーンドン縫製株式会社部長Nguyen Thu Thanh Hoa氏は、以前はブランド商品の開発のために多額の費用を投資してきたが、市場に出す商品は消費者の嗜好に沿っていなかった、と述べた。その間も売上は伸びたが、利益は出ず、在庫が多かった。その実際から会社の経営陣は、国内市場の開発を再構築することを決めたという。 この3年間で会社は、市場調査をし、企画や製品セグメントを消費者の嗜好に合わせることに注力してきた。その他に、販売店のインテリアを改良し、整理し、人目を惹く色合いで、製品はお客様が手に取りやすいように際立たせてある。フーンドン社は、国内市場開発戦略の中で、自社にある商品でなく、消費者が求めている商品を販売するようになった。それにより、同社の売上はだんだん伸びている。具体的には、ゴーバップ区クアンチュン通りの第1ショールームは、2011年売上高は月間6000- 7000万ドン(約2800-3300米ドル)だったのが、現在では2億ドン(約9500米ドル)以上に達している。

多くの柄、様々な色・デザインなどといったファッション製品の特長から、注文は少量で、スタイルはすぐに廃れるため、会社は国内市場のためのファッション生産部署を作り、優秀で熱意あり、経験豊富なデザインチームで、消費者の嗜好や需要に応えられるファッション製品を提供していくことにしている。

Hoa氏によると、今年の輸出市場は比較的困難であるが、フーンドン社は、ビジネス上の豊富な情報源を持ち、多くのお客様からの信頼を受けている会社の一つである。国内市場については、売上でなく利益を目標の指標としており、2012年の国内市場の利益計画は70億ドン(約330万米ドル)である。Hoa氏は興奮しながら打ち明ける。主な流通チャネルの効果が出てきて、国内販売からの利益は計画を上回る。最後の数ヶ月には売上は、買取の契約注文が取れるためである。

ブランディングを推し進め、流通システムを開発することは、方向性として「後退」させ、製品と消費者対象を練り直す必要があるが、それによって、同社が可能性に満ちた国内市場を一歩一歩確実に支配してゆき、より多くの消費者にベトナム製品を好きになってもらえるのである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月12日14:00

ニャチャン繊維株式会社、第4縫製工場をオープン

わずか約3ヶ月という短期間で準備後、2012年11月29日朝、ニャチャン繊維株式会社は、輸出向けの4つの生産ラインを持つ第4縫製工場が正式に完成(第1期)、操業を開始する。

第4縫製工場は、同社の敷地に隣接するニャチャン湾パッケージ社の土地を、ニャチャン繊維が最近買い取り、建設した。工場は、中央制御スチーム電気ボイラーおよび新技術の空調システムなど、日本、台湾、ベトナムの100%新品の近代的な機械設備を装備し、涼しく清潔な工場となっている。第1期の投資額は60億ドンである。

第4縫製工場は第1段階で170名の縫製工で操業し、ニャチャン繊維株式会社の生産ラインは合計25ライン、従業員総数1060名、年間生産能力450万枚となり、2013年に1500万米ドルまで輸出高を高めるつもりでいる。

第4縫製工場は、12の生産ライン、500名の労働者を持ち、総投資額は180億ドンである。工場面積は4200平方メートルである。第4縫製工場の完成は、会社の売上・利益の拡大、地域社会経済の安定、国家予算の増加に寄与する。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月11日14:00

ベトナムからのシャツ輸出価格、やや下落

2012年11ヶ月のベトナムのシャツの輸出は1億1620万点、金額は7億9790万米ドルで、対2011年同期比で、数量13.3%増、金額13.2%増である。主力市場であるアメリカ向けの輸出は大きく伸びているが、EU向けは落ちている。2012年11ヶ月のシャツの輸出価格は対前年同期比で0.2%下降、FOB価格で平均6.87米ドルである。

統計データによれば、2012年11ヶ月のベトナムのシャツの輸出は1億1620万点、金額は7億9790万米ドルで、対2011年同期比で、数量13.3%増、金額13.2増である。

2012年10ヶ月の米国、日本、韓国向けといった大市場向けは大きく増加している一方で、EU向けのシャツ輸出は、対2011年同期比で減少している。

アメリカ向けのシャツの輸出は、本年度10ヶ月間、経済が回復したのと輸出価格が下降傾向にあるのを受け、数量、金額ともかなり伸び、数量は5070万点、金額3億470万米ドルで、対2011年同期比で数量17.8%、金額18.0%増加し、シャツ輸出全体の42.4%を占めている。2012年10月単月をとると、対前月比では、数量ベースで32.6%、金額ベースで25.0%と大きく増加、対2011年同期比でも、数量ベースで85.8%、金額ベースで69.9%と大きく増加した。

日本向けのシャツの輸出は、数量1410万点、金額は1億2920万米ドルで、対2011年同期比で、数量は9.3%、金額は13.8%増加している。

韓国向けへのシャツの輸出も引き続きかなり伸びており、今年10ヶ月の間に潜在力ある市場であることを示し、数量は420万点、金額は2260万米ドルで、対2011年同期比で、数量は26.2%、金額は42.8%増加した。

逆に、EU市場向けのシャツの輸出は、経済危機からの回復の兆候がいまだ見られず、数量は2320万点、金額は1億8570万米ドルで、対2011年同期比で、数量で5.6%、金額で7.1%減少した。このうち、EU諸国への輸出は、ドイツ、フランス、オランダ、オーストリアなど一部の国で、対2011年同期比で、大きく減少している。

この他に、シャツの輸出金額が、10ヶ月間に、対昨年同期比で大きく伸びたのは、メキシコ67.6%、パナマ260.2%、カナダ61.2%、コロンビア362.3%、ロシア76.4%などがある。

 

2012年11ヶ月のシャツの輸出価格は対前年同期比で0.2%下降、FOB価格で平均6.87米ドルである。

2012年10ヶ月のアメリカ向けのシャツの輸出価格は、対前年同期比で0.2%上昇し、FOB価格で6.0米ドルである。2012年10月単月のこの品目の輸出価格は、対前月比で5.7%下降、対前年同期比でも8.6%下降し、平均FOB価格5.84米ドルである。

2012年10ヶ月のドイツ向けの輸出価格は、対前年同期比で3.7%下降し、FOB価格、8.84米ドルである。2012年10月単月では、この市場へのシャツの輸出価格は、対前月比で5.4%下降、対2011年同期比でも9.0%下降、FOB価格8.76米ドルである。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月10日06:00

ベトナム:2012年11月14日から2012年11月22日までの繊維原材料輸入実績例

今週、綿輸入価格は、前週とは逆行し、平均輸入単価1,671~2,152USD/tで推移している。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比1.0%下降し、2,152USD/tである。パキスタン1.2%下降、1,686USD/t、フランス4.4%下降、1,810USD/t、ギリシア7.8%下降、1,714USD/tである。逆に、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比1.3%上昇し、1,988USD/tである。タンザニア3.0%上昇、1,814USD/t、コートジボアール4.8%上昇、1,896USD/t、オーストラリア13.2%上昇、2,122USD/tである。パキスタン3.0%下降、1,706USD/t。その他の国からの綿花の輸入価格は以下の通り。インド1,671USD/t、ジンバブエ1,940USD/t、ザンビア1,855USD/t、ブルガリア1,847USD/t、セネガル1,880USD/t、ケニア1,875USD/t。対2011年同期比で、綿花の輸入価格は21.1-58.9%下落している。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも対前週比で10%以上上昇しており、2.08~6.03USD/kgで推移している。そのうち、台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比11.5%上昇し、2.95USD/kgである。中国からの輸入価格は、対前週比11.8%上昇、2.08USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。インドネシア2.41USD/kg、香港6.03USD/kg、韓国10.4USD/kgである。対2011年同期比で、上記の市場の輸入価格は、1.8-20.5%下降している。

綿100%、生地巾56/57inch(コード:52091900) のインドネシアからの輸入価格は下降し、7.55USD/mで、日本からの輸入価格は7.96USD/m(CPTタンソンニャット空港(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾57 inch(コード:55129900)の中国からの輸入価格は0.44USD/m、香港からの輸入価格は0.76USD/m、(CIFハイフォン)である。

ナイロン82%、スパンデックス18%、生地巾58/62inch(コード:52091100)の台湾からの輸入価格は、3.3USD/yd、中国からの輸入価格は4.09USD/yd(CIFカットライ(HCMC))である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch(コード:58063999)の中国からの輸入価格は、2.25USD/yd、台湾からの輸入価格は2.3USD/yd(C&Fカットライ(HCMC))である。

綿98%、スパンデックス2%(コード:52099190)の香港からの輸入価格は、1.88USD/m、パキスタンからの輸入価格は2.19USD/m、中国からの輸入価格は、2.34USD/m(C&Fハイフォン)である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月09日06:00

2013年1月1日からベトナムの最低賃金上昇

最低賃金は、現行規制と比較して月額25万~35万上昇する。

政府は、2011年8月22日発行の政令70/2011/ND-CPに換えて、企業、協同組合、協同組合グループ、農場、世帯、個人あるいは従業員を雇う機関や組織で働いている従業員のための政令103/2012/ND-CP最低賃金規制を発行した。

従って、2013年1月1日から月額165万~235万VNDの最低賃金が適用される。

 

地域別最低賃金

 

2013年1月1日以降

現在の最低賃金

第1種

235万

200万

第2種

210万

178万

第3種

180万

155万

第4種

165万

140万

(単位:ベトナム・ドン)

 

政令は、企業法の下での(直接投資を含む)管理あるいは活動する組織、協同組合、協同組合の組合、協同組合グループ、農場、世帯、対象者は、事業所、個人や労働者を雇うベトナムの他の組織、また、他の機関、外国機関、国際機関、ベトナム労働雇用の外国人でも適用される。

政令はまた、最低賃金は、企業と労働者が労働協約を結ぶ際、これ以上賃金を下回らない賃金保証給与の基礎として定められていると述べた。職業訓練(企業自身による従業員教育を含む)を経由して労働者に支払われる最低賃金は最低賃金より少なくとも7%以上でなければなりない。

政令103は、2013年1月20日から有効となる。この政令の最低賃金の規定は2013年1月1日から適用されるものとする。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月08日19:57

ベトナム製品フェアに中国製品の参加を認めるべからず

ダナン市商工局指導部はベトナム製品フェアに中国製品の参加を認めない方針を確認した。

11月4日午後、ダナン市商工局の記者会見で、政治局が推進する「ベトナム人はベトナム製品を優先的に使用しよう」運動に対応し、ダナン市人民委員会の45-CTR-TU行動計画を実施するために、12月14-18日にダナン市展覧会センターにて「ダナン市ベトナム製品フェア2012」を開催すると発表した。

ダナン市商工局常任副部長Lu Bang氏は、今回の展示会には160社以上より300ブースの出店があり、このうち、ダナンから110社、全国15の省や市から50の企業や業者の参加がある(5大直轄都市を含む)。特筆すべきは、各地方の貿易促進センターから26ブース、ダナン市内の市場から55の小売店の出店がある、と述べた。

2011年の約100社から200ブース以上の出店に比べ、今年のフェアは、困難な経済状況にもかかわらず、規模的にも大きく発展した。Lu Bang氏はこれを説明して、昨年のフェアが消費者の認知にプラスの影響を与えたためという。昨年のフェア以前にファッション、飲料品、家庭用品など生活必需品を購入する際に消費者が主に外国製品を選んでいたとすると、フェア後は、ベトナム製品に強くシフトした。

「地域の大きなスーパーでは、ベトナム製品が圧倒的です。例えば、コープマート・ダナンでは、ベトナム製品が90%以上を占めています。大きな市場でも、ベトナム製品が70%以上です。市場調査では、ベトナム製品は70%以上を占めることを確認することができます。昨年のフェアから多くの企業が消費者の意見を認識し、生産から市場へのベトナム製品の流通組織を完成させました。したがって、今年のフェアは魅力に満ち溢れているのです! 」とLu Bang氏は強調した。

それに、彼によると、この博覧会には、より多くの企業を誘致するため、ダナン市は各社のブースの使用料負担を700万ドンから500万ドンに値下げし、各省から企業に参加してもらうため、1省あたり5-6ブースを無料で割り当てた。

フェアには多くの有名なブランドが参加する。アパレルでは、マイ10、ホアトー繊維、3月29日繊維などのほか、食品のVissan、にんにくのLy Son、魚醤のNam O、シナモンTra My、ハノイ飲料株式会社傘下のダナンのベトナム・ビール、手工芸品、インテリア用品のBach Ninh、履物のBQの履物、陶器のMinh LongやBat Trang、ダラットの野菜など。

特に、Lu Bang氏によれば、一部の中国企業が地元の企業を通じて、商品のラベルを変更し、中国製品をベトナム製品のように見せかけ、消費者に誤解を与えていることをダナン市場管理支局は緊急に明らかにするとした。数日後にはダナン市場管理支局より正式にこれを発表する予定である。

Lu Bang氏は強調する。「ベトナム製品フェアに中国製品の参加を認めない方針を我々は確認しました。中国製の生活必需品や食品については、誰もが恐れ、買う人がいません!」

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月07日14:00

ベトナム繊維産業は凌ぎどころ

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、繊維産業が世界的な経済困難のために今年170億米ドルの年間輸出目標を達成できるかどうかの疑問となってきた。

11月は、前月を3.4%下回る13億ドルの輸出取引高で、業界全体で現在まで137億8000万米ドルしか達していないとベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は述べた。

ヨーロッパが対昨年比で15%パーセント下回り、ベトナムの主要輸出市場からの注文が今年かなり減少したとHong氏は言う。

買い手が経費削減のため、高級製品から中級レベルのアイテムに視点を変えたことも収益も下落の原因であるとHong氏は述べた。

EU市場への輸出品は来年も回復を見込めないので、ベトナム繊維協会(Vitas)は国内各社に日本や米国や韓国市場に集中するよう促した。

日本の顧客の中には、輸入を増やす契約を済ませたところもあり、EU市場の減退をカバーしてくれればとベトナム繊維協会(Vitas)は期待している。

輸出業者は従来市場に頼りきりにならず、積極的に新規顧客を開拓しなければならないと、ベトナム繊維協会(Vitas)は言う。商工省は、輸出者が香港やタイやマレーシアといった新規市場への輸出を援助する貿易促進計画も実行している。

中国、トルコ、中東・アフリカへの原糸輸出の増加が収益を押し上げの一助となるともベトナム繊維協会(Vitas)は見ている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月06日14:00

中国製衣料品が、輸出用のメイド・イン・ベトナム製品に

偽ラベルを用いて、中国の質の粗悪な衣料品が輸出用のベトナム製品になっている。これらの製品は非常によく売れている。

ハノイでは、Hang Dau、Chua Boc、Ton Duc Thang、Bach Mai、Ngoc Lam、Hai Ba Trungなどの通り沿いの店は、「メイド・イン・ベトナム」の衣料品、つまり、輸出向け製品を売っている。これらの製品は、Zara、Mango、H&M、F21のような有名なブランドというラベルがついているが、販売価格は、高級店舗や、ParksonやVincomのようなショッピングセンターで売っているZara、Mango、H&M、F21の半額に満たない。

Chua Boc通りに面した「メイド・イン・ベトナム」店の店主は言う。これらZara、Mango、H&Mなどの服は「本物」で、ベトナムで生産されているが、これらの会社のウェブサイトの類似製品または海外店より非常に安く売られている。理由は、これらの製品には小さな不良があって、輸出されなかったためであるということである。

実は、「メイド・イン・ベトナム」製品は全くMango、Zara、F21、H&Mなどの「本物」の製品にそっくりである。そして、デザインも更新される。本物の製品さえ、模造製品ほど多様なデザインを持たない。若干のデザインは、MangoとH&M、その他のデザインの間で混ぜられる。

実際のところ、Zara、Mango、F21、H&Mのような有名なファッション・ブランドの「メイド・イン・ベトナム」製品は、客先の注文により、ベッティン、タンロン、ベトナム・ブラザーズのようないろいろなベトナム縫製会社によって生産される高品質の製品である。時代遅れの製品または不良品は返品され、ベトナム市場で売られている。

しかし、厳しい製造工程で、地元の縫製会社は、これらの不良製品を市場に出して売ることは許されない。さらに、地元市場の「不良製品」の量は、ショールームの中の本物の製品とハイエンドの商業センターよりはるかに多い。先進の生産ラインがこれだけ多くの不良製品を作り出すということはあり得るのだろうか?

Hang Bong通りのHoang Linhは、Hang Dieu通りに面したメイド・イン・ベトナムの店で、VND250,000(13米ドル)でセーターを買ったと言った。売り手の説明では、これはZaraの不良製品であり、生産メーカーがラベルを切って、国内市場に出しているとのことであった。しかし、数日後に、彼女は、まったく同じセーターをNga Tu So市場の店で見つけた。このセーターもZaraのラベルがついているが、それは「メイド・イン・チャイナ」であり、価格は半額以下だった。

「近年、ベトナム製の衣料品は上質なので、私はベトナム衣料店で家族全員に服を買います。しかし、多くの店が、顧客の支持を逆手取って、偽造ベトナム製品を売っています。」とLinhは不平を言う。

ベトナム製衣料品の数店によれば、ベトナム製品謳っている商品の中には、中国の衣類製品や小さな民間縫製業者によって生産される粗悪品が混じっていると言う。店主らは、有名ブランドのラベルに困っている。ラベルは、ハノイHang Bo通りの衣料付属品店で通常1枚当たりVND 400-500で売られている。しかし、これらのラベルは、本物のラベルとは少し異なる。

多くのラベル業者はHa DongとCo Nhueで製造して、最低200枚の注文から受ける用意があり、価格は200枚当たりわずかVND40,000– 50,000(2.0-2.5米ドル)である。有名ブランドのラベルが欲しければ、ラベル製作者にサンプルを渡せば、5- 7日待てば出来上がる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月05日14:00

ベトナム繊維業界が市場拡大のチャンスを逃さないためには

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉の最後のラウンドは最終ステージを迎えている。締結されれば、ベトナムの消費者は、チリ、ニュージーランド、シンガポール、ブルネイ(創立メンバー)と交渉の過程にある米国、オーストラリア、日本などからの輸入時の税制優遇措置より関税が削減されることから、少なくない恩恵に与れる。

輸出面では、ベトナムがある種の分野で、TPPの国々に輸出する際、輸入関税が0となり、当該品目は利益を得る。ベトナム商工省国際貿易政策諮問委員会会長Tran Huu Huynh氏によれば、開発途上国独自の規則に従い、原産保証の問題に関する交渉を克服した場合、繊維、履物などの製品で、ベトナムはTPP市場で多くの利点を持つことになる。

TPPに参加国に繊維、衣料、皮革、履物などを輸出する際は優遇税率を享受するために、基本原則の一つは、使用する原料は輸出国またはTPPのメンバー国で生産されているということである。「もし我々が原材料を生産でき、その後、最終製品への生産までできれば、 もちろん、外貨建ての上に回収できる付加価値の量は、他国の材料を買いに行くより、ずっといいわけです。その時点で価格競争力要因は、自国で材料を生産する国と比較にならないわけです。」とGarmex Saigon株式会社会長 Le Quang Hung氏は分析する。TPPの前に、日越、韓越など一連の経済連携協定は、いずれも、税制上の優遇措置を最大限に享受したい場合は、完成時の原材料の比率に縛られるのである。

しかし、それだけではなく、繊維や靴履物事業では、織物染色の分野のためのインフラ投資したいときに言うと、一部の地方自治体は、投資プロジェクトを「丁重」に拒否すると言う。

靴業界の長年の専門家によれば、もっともことだが、地方は環境汚染の恐れに対して懸念を持っているので、結局のところ、これが本当にインフラ部門への投資のための巨大な障害となっている。Hao Duong社の問題はまだ非常に新しく、このような例、それ以上は、その結果を探す必要はありません。しかし、これは繊維産業や履物業界がこの問題を解決しなければ、すべての原材料の供給源にもなり得る問題はどうなるだろうか?

Le Quang Hung氏によると、唯一の国家レベルでの「救済」が上記の問題を解決可能と言う。「もはや、国がそのような繊維や皮革業界に特化した、特定の業種の設置場所を計画するときがやってきました。もう今やらなければ、貿易協定から効率化を引き出すことは困難となります。」とHung氏は強調して語った。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月05日06:00

イオン、ベトナム国内企業とPB製品生産で協力

日本のイオン・グループは、ベトナムでの小売需要に応え、グループの世界流通網に乗せるプライベート・ブランド製品の生産でベトナム企業と協力する。

イオンが特に関心を持っているのは、繊維製品、履物、プラスチック製品といったベトナムが強みを持つ輸出品だ。

ホーチミン市師範大学の学生への奨学金授与式にあたってイオン・ベトナム社の西峠泰男社長が明らかにした。

今回ホーチミン市師範大学と社会人文科学大学の日本語学科の学生60人が、1人600万ドンの奨学金を受け取っている。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月04日14:00

外国直接投資、ベトナム繊維業界の織布・染色分野への機会を探る

次々と、世界的に知られている繊維メーカーが、紡績・織布・染色の分野や繊維材料製造分野への投資機会を探るために訪れている。

2012年11月、10社近くに昇る企業がベトナム繊維公団(Vinatex)あるいは公団傘下の関連会社と繊維製品の原料を生産する合弁会社の設立の問題でベトナムを訪問した。

それらは、Texhong(中国)、東レインターナショナル、三井物産(日本)、Lenzing(オーストリア)、Sunrise繊維有限公司(中国)などのように、国家の繊維産業が発展したときから、繊維、糸、織物の製造に特化していた大企業ばかりである。

したがって、環太平洋連携協定(TPP)及びその他の自由貿易協定(FTA)から優遇措置を享受するために材料生産分野への外国直接投資(FDI)誘致の可能性についての、この業界の専門家の予測が徐々に具体化されている。

2012年11月5日、最初に設立された合弁繊維事業は、Thien Nam Sunrise Textile JSCである。これはSunrise繊維有限公司(中国)、ビンユーン省に本社を持つティエン•ナム投資開発株式会社の間の合弁会社である。

Thien Nam Sunrise Textile JSCの設立後、双方は、ナムディン省のBao Minh工業団地に、月産100万mの布帛生産能力と月産300トンのニット地生産能力を持つ生産工場建設に2400万米ドル投資する。

予定では、プロジェクトは来年早々開始、2014年に操業を開始することが期待される。特に、工場の全体の生産ラインと設備は中国側のSunrise社から準備することになっている。

一方、中国の繊維紡織業界でその競争力が十指のうちの1つに数えられるTexhong社は、

外資100%、もしくは、ベトナム側との合弁会社の形で、ベトナムで第3工場の建設を検討するためにベトナム繊維公団(Vinatex)と話し合いを持ったところである。Texhong社は、これまで、ベトナムですでに2つの繊維工場(クアンニン省及びドンナイ省所在)を持っている。

先週末のベトナム繊維公団(Vinatex)との打合せで、東レ・インターナショナルと三井物産(日本)は、2つの投資オプションを開始した。あるいは、繊維公団と協力して原材料生産の新規投資プロジェクトを実行するか、または既存のプロジェクトを拡大するかである。いずれにせよ、ベトナム繊維公団(Vinatex)あるいは傘下企業とのこの2社の投資プロジェクトは、2013年には開始され、2015年には製品を発表できるようになると予想される。

Lenzingグループ(オーストリア)がベトナム繊維公団(Vinatex)と生産システムへの投資プロジェクトを実施し、ベトナムでの木材パルプとビスコース繊維の高品質商品の製造を示唆した。

Lenzingの材料部門部長Michael E. Mayer氏は、ベトナムはLenzingが75年間オーストリアで行ってきた垂直生産モデルを展開するのに理想的な場所であり、条件が揃っているとした。

「成功した場合、この協力は、Lenzingにとって有益であるばかりでなく、ベトナムの紡績・織布の業界にとっても合理的な価格で、高品質の繊維を使用する機会を提供できます。」とMichael E. Mayer氏は強調した。

外国人投資家は、この時点で原材料生産の投資に関連した問題を投げかけ、ベトナムに来る理由は何だろうか?ベトナム繊維公団(Vinatex)社長Tran Quang Nghi氏によると、主な動機は、ベトナムが積極的にTPP交渉やEUとの自由貿易協定(FTA)に参加していることから来ている。交渉が成功した場合は、TPPは2015年には有効になり、その場合、国内の材料を使用して生産した繊維製品の輸出は関税0%を享受できる。ここに多くの外国人投資家が材料プロジェクトに投資したい理由が潜む。

専門家によると、欧州市場での一般特恵関税制度(GSP)(2014年1月1日に施行される)と日越経済連携協定(VJEPA)の特恵およびTPP交渉は、繊維産業が市場を拡大する絶好の機会である。この機会は、生産のための原材料ソースを自国でコントロールできるようになればなるほど、有効性が増す。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月04日06:00

ベトナムからヨーロッパへの繊維供給能力の向上のために

11月23日、ホーチミン市で、ベトナム縫製刺繍協会は、ベトナムの企業に有効、原料供給及びFOB生産(原材料、半製品の購入による製品の生産、販売)の能力向上のビジネス・モデルを構築のためのセミナーを開催した。

セミナーでは、発展途上国輸入促進センター(CBIオランダ)とシンガポール・テキスタイル&ファッション連盟からの専門家が、欧州連合(EU)市場の特性や構造についての情報を提供し、同時に、ベトナム企業のための効果的なFOB生産モデルを提案した。

オランダCBI組織上級顧問B. Dhyana Van Der Pols女史によると、欧州の輸入業者は、現在、欧州企業の多くが興味を持っている中国やベトナムからの従来からの仕入に加えて、それ以外の繊維製品のサプライヤーを探している。

しかし、現時点では欧州市場へ輸出される繊維製品は低レベルで、中心は量産品で、製品の付加価値は低く、巨大な競争圧力の下にある。

したがって、欧州からの顧客を誘致するために、ベトナム繊維輸出企業は商品を多様化するほかに、生産と需要と競争力を向上させるために積極的に変化していくことが必要となる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月03日14:00

ベトナム:2012年11月7日から2012年11月15日までの繊維原材料輸入実績例

今週、綿輸入価格は、前週とは逆行し、平均輸入単価1,671~2,152USD/tで推移している。そのうち、ブラジルからの綿輸入価格は、対前週比1.0%下降し、2,152USD/tである。パキスタン1.2%下降、1,686USD/t、フランス4.4%下降、1,810USD/t、ギリシア7.8%下降、1,714USD/tである。逆に、アメリカからの綿輸入価格は、対前週比1.3%上昇し、1,988USD/tである。タンザニア3.0%上昇、1,814USD/t、コートジボアール4.8%上昇、1,896SD/t、オーストラリア13.2%上昇、2,122USD/t。

その他の国からの綿花の輸入価格は以下の通り。インド1,671USD/t、ジンバブエ1,940USD/t、ザンビア1,855USD/t、ブルガリア1,847USD/t、セネガル1,880USD/t、ケニア1,875USD/t。対2011年同期比で、綿花の輸入価格は21.1-58.9%下落している。

一方で、ポリエステル糸(コード:54023300)の輸入価格は、各市場とも対前週比で10%以上高騰しており、2.08~6.03USD/kgで推移している。そのうち、台湾からの輸入ポリエステル糸の価格は、対前週比11.5%上昇、2.95USD/kgである。中国からの輸入価格は、対前週比11.8%上昇、2.08USD/kgである。その他の市場からの輸入価格は以下の通り。インドネシア2.41USD/kg、香港6.03USD/kg、韓国10.4USD/kgである。対2011年同期比で、上記の市場の輸入価格は、1.8-20.5%下降している。

綿100%、生地巾56/58inch(コード:52091900) のインドネシアからの輸入価格は下降し、7.55USD/mで、日本からの輸入価格は7.96USD/m(CPTタンソンニャット(HCMC))である。

ポリエステル100%、生地巾57 inch(コード:55129900)の中国からの輸入価格は0.44USD/m、香港からの輸入価格は0.76USD/m、(CIFハイフォン)である。

ナイロン82%、スパンデックス18%、生地巾58/62inch(コード:52091100)の台湾からの輸入価格は、3.3USD/yd、中国からの輸入価格は4.09USD/yd(C&Fカットライ(HCMC))である。

ポリエステル95%、スパンデックス5%、生地巾58/60inch(コード:58063999)の中国からの輸入価格は、2.25USD/yd、台湾からの輸入価格は2.3USD/yd(C&Fカットライ(HCMC))である。

綿98%、スパンデックス2%(コード:52091900)の香港からの輸入価格は、1.88USD/m、パキスタンからの輸入価格は2.19USD/m、中国からの輸入価格は2.34USD/m(CIFハイフォン)である。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月02日06:00

韓国・慶北視察団と直接商談

2012年11月28日、ハノイのグランド・プラザ・ホテルにてベトナム企業各社は韓国・慶北地域からの視察団と直接商談した。これは、在越韓国大使館がKOTRAと共催したプログラムである。

韓国・慶北地域から13社は、産業用建設機械、電気·電子機器、化粧品、機能性食品などを扱う企業である。ベトナム企業は取扱い製品を予め登録しており、韓国企業との直接商談し、双方向での流通協力の機会を探ったり、商業契約や協力覚書に調印したりした。

数ある韓国企業の中おいて、Dae Yang工業有限会社は、毛布、シーツ枕、マットレス、ぬいぐるみなどの製造に使用される再生ポリエステル繊維の生産に特化したメーカーである。同社は、月間500トン生産し、アメリカ、日本、ヨーロッパに輸出している。今回はDae Yang工業が、初めてベトナム市場に接し、ベトナムにて再生ポリエステル繊維を輸入する客先を見つけたいと考えている。

再生ポリエステル繊維は、通常のポリエステル繊維よりも価格が約40%安いという利点がある。ベトナム企業の中には、HeraやCamelliaなど高級ブランドの毛布、シーツ、枕などを生産していることを知ると、近い将来、ベトナム繊維公団との関係を介して、これらのブランドとの取引ができることを楽しみにしているという。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月01日14:00

外国直接投資(FDI)、ベトナム繊維業界に流れ込む

繊維産業は来年外国投資が増加しつづけるが、投資家は原材料生産案件ではなく、縫製工場に集中するとベトナム繊維協会(Vitas)は言う。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Le Van Dao氏によれば、台湾、香港、韓国が依然としてベトナム繊維産業最大の投資家であると言う。台湾の投資各社の中にはベトナムへの投資を拡大する計画があるとも彼は言う。たとえば、南部ドンナイ省Nhon Trach工業団地に工場を持つEclat Textile Co.は、ニットウェアの年間およそ300万~350万点の布帛・ニット製品を生産できる工場を250万米ドルで買う予定である。

Eclat社はまた、約400万米ドルを投資して、年間250万点の生産能力がある新しい縫製工場を建てる予定もある。

もう一つの台湾の投資企業Makalot Garment Co.は、北部ハイズーン省に工場を持っているが、中国工場の経費上昇を削減したいという動きの中で、600万米ドル投じて、ベトナムでの生産を増やす計画である。

北朝鮮の企業はクワ耕作に投資することに対する関心を示し、養蚕と繊維生産を計画している。同社は設備と技術に投資する一方で、ベトナム側のパートナーは施設と人的資源を提供することになっていると同社は言う。

アパレル産業への外国投資が増えていくのは良い兆しであるが、逆に、ベトナムは織布・染色工場の発展のためにいかなる支援も受けていないことを意味するとベトナム繊維協会(Vitas)は言う。

ベトナムは、毎年アパレルの分野で必要な材料の80%までを現在輸入に頼っている。シャツやジーンズや他の基本的な衣類を作る際に必要となる綿や繊維や他の材料のうち国内の会社が供給できるのは30~50%だけである。

輸入材料の価格が今年30~40%も高騰し、メーカー各社は苦境に立たされている。

生地を国内手配したいという要望の一部に応ずるために、ベトナム繊維公団(Vinatex)とベトナム石油ガス公団(PetroVietnam)は、Dinh Vu繊維生産工場を北部ハイフォン市に建設した。国内と国外の投資家を引きつけようとして、工業団地内に織布工場と染色工場など4工場を建設する。

産業貿易省も、2015年までに南部ドンナイ省に素材及び染色工場エリアを開発する予定である。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年12月01日06:00

このページのトップへ戻る