インドシナニュース

タイ:糸に込められた伝統(前)

今非常に人気の高いブランドDoiTungが、2018年の新コレクションとして独自の織物とホームインテリア・アクセサリーを発表

王立Mae Fah Luang財団のプロジェクトの中で生まれたDoiTung Lifestyle ブランドは、2018年春夏コレクションにおいて、伝統的なものから小物まであらゆるものを提供しており、ラーマ四世通りにある財団本部で行われた最近の特別イベントにおいて発表された。このブランドは過去1年間で急成長を遂げており、既製服とホームウェアコレクションに新しくNature to Wearというラインナップを追加した。シーナカリン王太后によって設立されたMae Fah Luang財団は、現代的なデザインと革新的な製織・裁断技術の導入を通じて、伝統的なタイ山岳地帯の繊維の持つ自然の美しさと民族の魅力を強調し、現代的なファッション商品に活用してきたことで知られている。

Doi Tung村の人々によってすべて手作りされているこの新しいコレクションは、Kris Yensudchai氏、Sanchaiブランド主宰兼大学講師のJirat Subpisankul氏、TRa.KrisブランドTheera Chantasawat氏ら、DoiTungブランドに15年以上関わってきたタイの有名デザイナーによって生み出された。この既製服コレクションのキーポイントとして、その不均質性による着心地の良さが挙げられるが、これは衣服に使用される糸と織りの技術に大きく依存している。

「DoiTungブランドで使用される繊維は手織りのためとても特徴的ですが、我々はむしろその不均質さを評価しています。我々はこうした特徴を欠陥とはみなしていません。我々独特のやり方において、思考プロセスは糸から織物へ、そのデザインプロセスはデザイナーがイメージや短いメッセージなど、何らかのインスピレーションを得ることから開始されます。そこから繊維デザイナー長兼製織ディレクターのSaithong Auksornsriと話し合い、こうしたアイデアを実物のサンプルに落とし込んで、実生活でどのように機能するかを確認していきます。製織プロセスでは旧式の木製の織機を使用していますが、複数色のパステルカラーの天然染料を組み込んだ斬新な糸を使用しており、この複数色の糸を実際に織ってみると、DoiTungの生地は他に類するものがない商品となります。そのランダム性は、一枚のシャツを他のどんなシャツとも違うものにしてくれます。それが我々の作る既製服の魅力となっています。」

デザインにこだわり、快適性を高めるために軽量の布地を使用していることに加え、DoiTungのReady to Wearコレクションのユニークで魅力的な特徴は、Doi Tung地域に住む人々の民族衣装から受けたインスピレーションに拠っている。「我々は古典的なデザインとモダンなデザインをミックスし、最低限のシルエットで表現することを好みます。こうして作られた服は折り紙のようなものです。それは「デザインのないデザイン」のようだとも言えますが、熟練した地元の職人のおかげで伝統的な民族のセンスも残されています。」と彼は説明した。製織部門を率いるSaithongさん(61歳)は、織機のそばにいることが大好きで、23年間この財団の元で働いてきた経験について誇りに思うと言った。「デザイナー達と働くことは決して容易ではありませんが私はそれが大好きです。教育も満足に受けていない私にとって、大きなチャンスを与えてもらっています。私はデザイナーらの想像力に満ちたアイデアを受け、最初に20×20センチのパターンに起こしますが、それには3〜7日かかります。それがうまくいけば、私は織物部門を管理するKham叔母さんに渡し、生産を全力で開始してもらいます。」と彼女は言った。二人の織り手、左からSaithongさんとKham Kham Tarkhamjingさん(66歳)は、25年以上DoiTungブランドで働いているが、DoiTung繊維の特徴は一本一本の糸の手触りにあると説明した。「私たちは電気を使っていません。私たちの織機は、おばあちゃんの世代から引き継がれた木製のものをまだ使用しています。織り手は30~60歳の年齢層で、私たちはみな柔らかい糸をシンプルな布地に変えるこの作業が大好きです。私はバンコクにそう頻繁に行くことはありませんが、最終製品がどれほど美しく仕上がっているのかを見ると、とても誇りに思います。」

 

(後編につづく)

タイ ジャンル:
最終更新:2018年06月22日

このページのトップへ戻る