インドシナニュース

タイ:繊維を通じて山岳民族に色とりどりの未来を紡ぐ(後)

(前編より)



変容を経て織りなす

長年をかけ、織物はタイ北部にある多くの少数民族の暮らしを変化させてきた。彼らの多くは、桑から作る紙の工房、陶芸工房、コーヒー焙煎工場など、その他のキャリア開発施設も備えているDoi Tung手工芸トレーニングセンターで仕事を見つけてきた。

また一部の民族の人々は、繁栄する繊維産業において起業家になった。そのうちの1人がSuporn Asawaphithakkhiriさんである。

Supornさんは中国雲南省最南端に位置するシーサンパンナ・タイ族自治州で生まれたが、タイを母国としている。この国は彼女に貧困から脱却し、糸と織機で新しい人生を築く機会を与えた。

チェンライのMae Fah Luang大学で社会人教育を受けた時は、若いSupornさんは織り方も、地元の言語の話し方も知らなかった。

「非常に苦しい日々で、毎日泣いていました。」と彼女は言った。

ある日、Supornさんはバンコクでさらに学習する機会を与えられ、Princess Mother宮殿に移り、そこで織物を知った。彼女がチェンライに戻った時には、彼女は服やバッグを織る方法を知っていたため、Doi Tung 開発プロジェクトのために働くことを決めた。

「祖母陛下が私に対し、「学位などよりも経験の方が重要です。」と仰せられた日をまだ覚えています。」

SupornさんはDoi Tung 開発プロジェクトに手織りの織物を提供していたが、後に道路沿いに小さな店を開き、他の製織業者やプロジェクトスタッフの助けを借りて生産を続けるようになった。

今日では彼女のビジネスは、地域の民族による様々な伝統衣装やアクセサリーを提供する大規模な卸売衣料品店に成長した。彼女は地元の職人を雇い、現地市場だけでなく米国や中国にも高品質な商品を供給している。

「経験やスキルもない、まったくのゼロからのスタートであったため、私は自分自身を誇りに思っています。祖母陛下とそのスタッフのおかげで、今では私は生計を立て、人生をより良いものにすることができました。」とこの起業家は述べた。

Doi Tungに戻り、Khamさんは新しく織った布のパターンをチェックしている。彼女はこのプロジェクトに参加して以来、多くの若い女の子が持続可能なキャリアを得て、織り方を教えることで定期的な収入を得るのを支援してきた。

「私はゆっくりと教え、彼女らの手と足を織機の上で導いています。」と彼女は言った。

「以前は私の生活は苦しいものでした。そのため私は彼女らの状況を理解し、過去に私が与えられたように、より良い生活へのチャンスを彼女らに与えたいと思っています。そして私は、力が残されている限り織り続けようと思います。」



タイ ジャンル:
最終更新:2018年04月06日

このページのトップへ戻る