インドシナニュース

2020年04月 のニュース一覧

タイ:コロナ後、700万人の雇用が危機に

新型コロナウイルスによる封鎖は、タイの労働者に大きな影響を与える可能性がある。6月までに700万人もの雇用が危機にさらされている。

パンデミックの発生による封鎖は、タイでは特に固定給与のない従業員、低賃金労働者、および書面契約のない人々にとって、失業の津波を引き起こす可能性がある。

タイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は、パンデミックの影響で6月までに700万人もの労働者が失業する可能性があると述べている。

Bangkok Post紙の報告によると、委員会は解雇のほとんどが低賃金労働者に影響を与え、700万人の労働者のうち600万人が職を失い、彼らは月2万タイバーツ未満の収入であるという。

最悪のシナリオは、観光業界で短期契約または契約なしで働く人など、固定給与ではない従業員に起こる。これには、ガイドだけでなく、駐車場請負業者の従業員、店で働く掃除担当、レストランのウェイター、ホテルへの野菜、肉、花のサプライヤーなども含まれる。

これらの労働者のほとんどは、予告なしに解雇される可能性がある。大部分の日雇い賃金労働者と非公式部門労働者はこの範囲に該当する。バンコクがレストランやバーの閉鎖を決定した後、彼らの苦痛はツイッターやテレビで見受けられる。何百人もの移民労働者が彼らの村に戻る映像が流れている。

建設業や縫製工場の労働者など、製造業と非製造業など多くの他のサービス産業も同様である。

タイ商工会議所のM. Kalin Sarasin会長はまた、隔離のために無給休暇となった従業員を支援するよう政府に求めた。

観光・スポーツ省のPipat Ratchakitprakarn大臣は4月8日、内閣は社会保障法79/1に基づき、いずれの理由による封鎖は、不可抗力と見なされる新型コロナウイルスの状況の結果であると同意し、従業員への補償を行うと語った。

 

2020年、経済規模は5.3%減の見込み

タイ銀行のプレスリリースによると、タイ経済は2020年、大幅に縮小し、ヘッドラインインフはマイナスとなるだろうと述べた。

委員会は、新型コロナウイルスの蔓延による深刻な打撃を受けた観光業が示しているように、また輸出業では、貿易相手国の経済の減速、そして多くの国でのサプライチェーンの障害による深刻な影響を受けていることにより、タイ経済が2020年著しく縮小していると認識した。

タイ政府は、新型コロナウイルスの影響を最も受けた産業の雇用主および従業員への経済的影響を緩和するために、既に一連の財務および財政的救済措置を承認している。

そのような措置の中、社会保障基金(SSF)で保障されていない労働者300万人には月5000タイバーツの給与保障が支給される。

一方、SSFで保障されている労働者の失業保障は給与の50%にまで増加するという。

 

世界中のすべての労働者が影響を受ける

世界のどこでどんな産業に属していたとしても、世界の労働力に深刻な影響を与えている。政策は、経済的に実行可能な企業を守るため、労働者や企業への即時救済を促進することに焦点を当てる必要がある。特に大きな打撃を受けている産業および途上国において重要とILOは最近の報告で述べた。

更なる懸念事項は、低中所得地域では、非公式雇用の労働者労働者の割合が高いほど、健康サービスや国の福祉セイフティーネットへのアクセスが限られているという事実である。

最適な政策がなければ、労働者は貧困に陥るリスクが高くなり、回復期間中に彼らの生計を回復するには非常に大きなハードルとなるだろう、とILOは現在の状況に関する最新の報告書の中で述べた。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年04月15日05:58

タイ:国内中小企業がマスクを生産

アパレル業界の中小企業7社は、タイのマスク不足を解決するために、洗濯可能な布製マスクを月に約35万枚生産する準備ができている。

産業促進(DIP)のNattapol Rangsitpol局長 は、国内スポーツウェアおよび下着の製造7社-Manee Innerwear、Yong Sanga、Union Thai Group、 Kennet Textile、High Quality Garment、World Knitting Apparel、 Apparel Creation -が政府の方針に従って、マスクを生産するために彼らの生産ラインを変えたと明らかにした。

Somkid Jatusripitak副首相は以前に、タイのアパレル及び織物工場に、需要の増加に対応し、不足を克服するためにマスクを作るための材料を準備するように命じていた。

「これらの企業はそれぞれの工場で月に約5万枚のマスクを生産できると報告している」と彼は言う。

マスクは政府に引き取られ、政府は国民に再配布するだろうとNattapol氏は述べた。

工業省は最近、合計1000万枚のマスクがタイの郵便でバンコク中の家庭に送られると発表した。第一弾の100万枚は明日郵送されるので、バンコクの住民は土曜日からマスクを受け取ることができる。

政府が配布するマスクは、綿やナイロンなどの洗浄可能な素材で作られている。

Nattapol氏によると、これらの企業は他の素材で作られたマスクも生産しており、1枚30バーツで一般に販売される予定だという。

「政府は、この取り決めが地元のビジネスが厳しい時代を生き抜くのに役立つと信じている、特に現在進行中のCovid-19パンデミックによるマスク不足を考えると」と彼は言った。

Nattapol氏は、工業省が製造基準、設計、規制に関する情報を提供することで、企業を支援していると述べた。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年04月10日12:01

このページのトップへ戻る