インドシナニュース

2016年08月 のニュース一覧

タイ:デザイナーAkarasantisookが「タイシルクの芸術」コレクションを披露

タイのデザイナーWisharawish Akarasantisookはタイの文化からインスピレーションを得、それを反映させた靴から洋服に至るまでの最新コレクションを披露した。

ロサンゼルスのFIDM美術館で8月9日に開催されたタイシルクの芸術をテーマとするレセプションとファッションショーで、34歳のAkarasantisookはシルクのドレスや洋服、それらにあわせ様々な素材で製作された履物を発表した。

タイ北部の出身であるAkarasantisookは、これらスタイルは北部イサーン地方の鮮やかな色彩とパターンから生み出されたものだと話す。

「このコレクションはタイの私の出身地から生み出されました。北部の人たちは陽気で祝い事好きです。現実の生活には困難もありますが、だからこそ祝祭は大事なのです」とAkarasantisookはフットウェアニュースの取材に答えた。「伝統的なものを現代の生活に合うように変換したのです」

今回のコレクションで披露されたAkansatisookによるクラシックなシルエットのアレンジのうち最も素晴らしいのはオックスフォードシューズであろう。カットアウトとバックベルトのデザインで、素材はスムースレザー、打ち込みレザー、スエード、レースアップ部分には光沢のあるプラスチック素材を使用している。

「形と色で遊び、錯覚効果を加えましたが、シルエットは普通のオックスフォードシューズです」と彼は説明する。

このファッションショーとレセプションは8月12日に84歳となるタイのシリキット王妃の誕生日を祝い、王妃が関与してきたタイ伝統織物の保全活動を記念するものとして開催された。

 

原文に写真多数あり。

» 続きを読む

タイ ジャンル:
最終更新:2016年08月19日12:05

このページのトップへ戻る