インドシナニュース

タイ:コロナ後、700万人の雇用が危機に

新型コロナウイルスによる封鎖は、タイの労働者に大きな影響を与える可能性がある。6月までに700万人もの雇用が危機にさらされている。

パンデミックの発生による封鎖は、タイでは特に固定給与のない従業員、低賃金労働者、および書面契約のない人々にとって、失業の津波を引き起こす可能性がある。

タイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)は、パンデミックの影響で6月までに700万人もの労働者が失業する可能性があると述べている。

Bangkok Post紙の報告によると、委員会は解雇のほとんどが低賃金労働者に影響を与え、700万人の労働者のうち600万人が職を失い、彼らは月2万タイバーツ未満の収入であるという。

最悪のシナリオは、観光業界で短期契約または契約なしで働く人など、固定給与ではない従業員に起こる。これには、ガイドだけでなく、駐車場請負業者の従業員、店で働く掃除担当、レストランのウェイター、ホテルへの野菜、肉、花のサプライヤーなども含まれる。

これらの労働者のほとんどは、予告なしに解雇される可能性がある。大部分の日雇い賃金労働者と非公式部門労働者はこの範囲に該当する。バンコクがレストランやバーの閉鎖を決定した後、彼らの苦痛はツイッターやテレビで見受けられる。何百人もの移民労働者が彼らの村に戻る映像が流れている。

建設業や縫製工場の労働者など、製造業と非製造業など多くの他のサービス産業も同様である。

タイ商工会議所のM. Kalin Sarasin会長はまた、隔離のために無給休暇となった従業員を支援するよう政府に求めた。

観光・スポーツ省のPipat Ratchakitprakarn大臣は4月8日、内閣は社会保障法79/1に基づき、いずれの理由による封鎖は、不可抗力と見なされる新型コロナウイルスの状況の結果であると同意し、従業員への補償を行うと語った。

 

2020年、経済規模は5.3%減の見込み

タイ銀行のプレスリリースによると、タイ経済は2020年、大幅に縮小し、ヘッドラインインフはマイナスとなるだろうと述べた。

委員会は、新型コロナウイルスの蔓延による深刻な打撃を受けた観光業が示しているように、また輸出業では、貿易相手国の経済の減速、そして多くの国でのサプライチェーンの障害による深刻な影響を受けていることにより、タイ経済が2020年著しく縮小していると認識した。

タイ政府は、新型コロナウイルスの影響を最も受けた産業の雇用主および従業員への経済的影響を緩和するために、既に一連の財務および財政的救済措置を承認している。

そのような措置の中、社会保障基金(SSF)で保障されていない労働者300万人には月5000タイバーツの給与保障が支給される。

一方、SSFで保障されている労働者の失業保障は給与の50%にまで増加するという。

 

世界中のすべての労働者が影響を受ける

世界のどこでどんな産業に属していたとしても、世界の労働力に深刻な影響を与えている。政策は、経済的に実行可能な企業を守るため、労働者や企業への即時救済を促進することに焦点を当てる必要がある。特に大きな打撃を受けている産業および途上国において重要とILOは最近の報告で述べた。

更なる懸念事項は、低中所得地域では、非公式雇用の労働者労働者の割合が高いほど、健康サービスや国の福祉セイフティーネットへのアクセスが限られているという事実である。

最適な政策がなければ、労働者は貧困に陥るリスクが高くなり、回復期間中に彼らの生計を回復するには非常に大きなハードルとなるだろう、とILOは現在の状況に関する最新の報告書の中で述べた。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年04月15日05:58

タイ:国内中小企業がマスクを生産

アパレル業界の中小企業7社は、タイのマスク不足を解決するために、洗濯可能な布製マスクを月に約35万枚生産する準備ができている。

産業促進(DIP)のNattapol Rangsitpol局長 は、国内スポーツウェアおよび下着の製造7社-Manee Innerwear、Yong Sanga、Union Thai Group、 Kennet Textile、High Quality Garment、World Knitting Apparel、 Apparel Creation -が政府の方針に従って、マスクを生産するために彼らの生産ラインを変えたと明らかにした。

Somkid Jatusripitak副首相は以前に、タイのアパレル及び織物工場に、需要の増加に対応し、不足を克服するためにマスクを作るための材料を準備するように命じていた。

「これらの企業はそれぞれの工場で月に約5万枚のマスクを生産できると報告している」と彼は言う。

マスクは政府に引き取られ、政府は国民に再配布するだろうとNattapol氏は述べた。

工業省は最近、合計1000万枚のマスクがタイの郵便でバンコク中の家庭に送られると発表した。第一弾の100万枚は明日郵送されるので、バンコクの住民は土曜日からマスクを受け取ることができる。

政府が配布するマスクは、綿やナイロンなどの洗浄可能な素材で作られている。

Nattapol氏によると、これらの企業は他の素材で作られたマスクも生産しており、1枚30バーツで一般に販売される予定だという。

「政府は、この取り決めが地元のビジネスが厳しい時代を生き抜くのに役立つと信じている、特に現在進行中のCovid-19パンデミックによるマスク不足を考えると」と彼は言った。

Nattapol氏は、工業省が製造基準、設計、規制に関する情報を提供することで、企業を支援していると述べた。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年04月10日12:01

タイ:工業連盟がフェイスマスクを州立病院に寄付

 

リスクのある労働者を保護するために来週までに開始する配達
タイ工業連盟(FTI)は、10万の洗える布のフェイスマスクを10の州立病院に提供し、医療従事者をコロナウイルスに感染させるリスクが高いマスクの大量不足を克服するのを支援している。
タイ工業連盟(FTI)のSupant Mongkolsuthree議長は、マスクの不足は、人々が病気から守るための対策を模索しているため、流行による広範囲にわたるパニックのせいだと語った。
「医療関係者はウイルスと密接に連携しているため、リスクの高いグループです」と彼は言う。 「このグループは、フェイスマスクに関して優先されるべきです。」
来週までにマスクを受け取る10の病院は、Siriraj、‎Bhumibol Adulyadej、Ramathibodi、Priest、Rajavithi、Chulabhorn、Police General、Vajira、Lerdsin、Phramongkutklao。
タイ工業連盟(FTI)はまた、26の国内エタノール工場と提携して、病院に供給するために1000万バーツの価値を持つ30万リットルのエタノールを配給している。
「アルコールは、病院や医療スタッフが必要とするもう1つの重要な製品ですが、不足しています」とSupant氏は言う。
タイ工業連盟(FTI)は、消費税局と協力して、アルコールを提供する病院のリストを提供する。
連邦は、4月までに病院にアルコールを提供する予定。
「FTIは、政府がコロナウイルスの発生に対処することを支援するために、繊維および衣料品部門およびエタノール工場と交渉している」とSupant氏は述べた。
彼の予測では、コロナウイルス流行が6月までに解決されないと、国内経済に3000〜4000億バーツの費用がかかる。
タイ王室空軍のBhumibol Adulyadej病院の代表である空軍副将校Krailert Thiennukul氏は、彼の病院は必死にフェイスマスクとアルコールをさらに必要としていると語った。
Ramathibodi病院の医学の臨床教授であるSarana Boonbaichaiyapruck博士は、施設のウイルス感染のリスクが高い医療スタッフに約1000人の従業員がいると述べた。
「病院は不足に直面しているので、病院はマスクとアルコールのFTIに感謝したい」と彼は言った。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年03月22日12:01

タイ:繊維企業、マスク生産を強化

省庁は来週予算を提案予定 タイ政府は繊維企業に対し、バンコクの首都圏での慢性的な不足に対処するために、来月中に3000万枚の洗濯可能な布製マスクを迅速に生産するように命じた。 工業省は、繊維企業は生産能力に基づきひと月1000万枚の布製マスクが生産可能であると認めた。 同省は来週、地元の工場からの布マスクの購入予算を閣僚に提案予定である。 Suriya Jungrungreangkit工業大臣は、マスク不足への苦情に対応するため、同省はマスクおよび繊維・アパレル企業と交渉し、国に供給する布マスクを生産する予定であると述べた。 「工業省は3000万枚のマスクまたは一人当たり3枚のマスクを無料で配布する予定です。3月には、政府はまずバンコクおよび近隣の州の住民にマスクを1000万枚無料提供する予定です」とSuriya氏は述べた。 政府は木曜日、政府機関、織物・アパレル企業、縫製工場、タイ工業連盟 (FTI)、タイ繊維産業機構 との会議を開催し、コロナウイルスの蔓延に関して議論した。 副首相のSomkid Jatusripitak氏は、タイの繊維・アパレル工場に、マスク需要の高まりに対応し、不足を補うマスクの生産材料の準備を命じた。 政府はまた、10の工場に国内市場に供給するマスクの生産能力の増強を命じ、政府機関と民間企業には輸入原材料に代わる国内原材料を見つけるよう命じた。 タイでは、年間約5億枚、1日に約110万から120万枚、または地元企業からの月3600万枚のマスクが製造されている。 「マスクの原材料が不足しているため、政府は公共機関および民間機関に問題解決を期待しています」とSomkid氏は語った。 Warawan Chitaroon工業省副大臣は、コロナウイルスの蔓延が悪化した場合、政府は政府へのアルコール供給を準備するために、タイの20のエタノール工場と交渉すると述べた。 「タイには、アルコールに由来する大量のエタノールがあり、それを政府に供給してウイルス除去のために噴霧することができます」とWarawan副大臣は述べた。 FTIのSupant Mongkolsuthree議長は、事業者が政府と協力してウイルスの発生に対処すると述べた。 タイには約100の織物工場と縫製工場があるが、布製マスクを製造できるのはそのうちの半分のみである。 「政府が1か月で3000万枚の布製マスクの供給を命じたとしても、製造可能な供給量はその需要を満たせないため、企業はマスクの製造ができないのです」とSupant氏は述べた。

タイ ジャンル:
最終更新:2020年03月09日15:58

タイ:違法賃金発覚後、労働者を補償するようアパレル工場に命令

コーヒー大手のスターバックスやスポーツ用品メーカーのバウアー・ホッケーなどのグローバルブランドに供給するタイのアパレル工場は、912日に警察に家宅捜索され、違法な過少支払いを暴露されたのち数百人の労働者に対し補償を命じられた。

先週発表されたトムソン・ロイター財団の調査によると、近隣ミャンマーから少なくとも26人の移民労働者が、メソト西部地域で1日の最低賃金310タイバーツ(10.15米ドル)未満しか支払われていなかったことが判明した。

タイの反人身売買特別部隊、政府当局、警察が実施した強制捜査は、2つの工場をターゲットにした。両工場の所有者は、労働者への未払い賃金を払うことを命じられたと、Jaruvat Vaisaya警察中将は述べた。

「両工場の所有者は、最低賃金より少ない額しか労働者に支払わなかったことを告白しました」と、捜査後に、Vaisaya氏はメイ・ソットからトムソン・ロイター財団に電話で語った。

バウアー・ホッケーのアパレルを生産し、約600人の労働者を雇用している工場を運営するCortina Eigerは、労働者に最低賃金、休日給与、病気休暇を与えていなかったとも彼は述べた。

Cortina Eiger工場のオーナーは、30日以内に600人の労働者に推定4500万バーツを支払うか、起訴されるように命じられた。労働法の下では、最低賃金を支払わない場合、最高6ヶ月の懲役刑と10万バーツの罰金が科せられる。

当局は、スターバックスのエプロンを生産するKalayanee Ruengritが運営する工場で見つかった11人の労働者に支払われる額を計算中であると、警察は述べた。

「両工場は労働者を解雇しないと約束しました」とVaisaya氏は述べ、労働者を解雇した企業は「理由もなき」多額の罰金を科せられるだろうと付け加えた。

両工場はすぐにコメントすることはできなかった。

先週、バウアー・ホッケーとスターバックスは、調査中ではあるが調査に関するコメントはできないと述べた。

この地域に130人のメンバーを持つ、メイ・ソットのタイ工業連盟のSiwanat Petchsringoenマネージャーは、Cortina Eigerが労働者に最低賃金を支払うことを誓ったと述べた。

移民労働者と人身売買の犠牲者に無料の法的援助を提供する人権開発財団は、この捜索がメイ・ソットの労働搾取問題に対する長期的な解決策になるかどうか疑問を呈した。

「工場はより多くの基準を持つ可能性はある一方で、『労働者を搾取する』他の方法を探す要因になるかもしれない」と、慈善団体のSomchai Homlaor会長は言った。

バンコク当局と警官が主導した捜索は、市民社会団体とメイ・ソット州代表との関係を傷つけるかもしれない、とHomlaor氏は付け加えた。

労働保護福祉局のSomboon Trisilanun副事務局長は、政府はメイ・ソットの更に4つの工場を検査する特別部隊を派遣する予定だが、その時期は知らせていないと語った。



タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月16日05:46

タイ:スターバックスの制服を供給する縫製工場、違法賃金が露呈(後)

(前編より)

 

秘密裏に

ミャンマーに隣接し、経済特区(SEZ)の一部でもあるタイのタク県のメーソット地区には430の登録工場があり、その40%が繊維・アパレル製品を生産し、約44500人の労働者を雇用している。

タク県労働保護福祉局は、今年260の工場を検査するるもりであると述べ、これまでに約50人の工場オーナーが労働法を順守するか、最高2万タイバーツの罰金および/または1年以下の懲役を科すよう命じられている。

最新のデータによると、2016年以来、解雇労働者の補償のための最低賃金不払いの問題に関して企業に対して26の訴訟を起こした。これらの企業のほとんどは罰金を支払うことになった、と同事務所は述べた。

しかし、MAP財団は、労働者たちはメーソットの工場から解雇されること、または工場の閉鎖や失業を恐れて重い口を開かないため、その中での調査とインタビューに基づき、最低6割ほどの賃金しか支払われていないだろうと推定した。

「無法地帯のようなものです」とMAP財団のケースマネージャーのSutthisak Rungrueangphasuk氏は述べた。

メーソットのタイ産業連盟(FTI)は、この地域の130のメンバー(主に中規模および大規模工場)のすべてが労働者に最低賃金を支払ったと述べた。

2013年の全国最低賃金の導入により、タク県の賃金は162タイバーツからほぼ倍増した。

しかし、賃金の引き上げにより、多くの工場は労働法に違反して以前は無料で提供していた住宅、食料、労働許可の費用を労働者の給与から差し引いた、とメーソットのFTIマネージャーSiwanat Petchsringoen氏は述べた。

労働法を無視した工場のほとんどは、雇用主が労働者に全額給与を前払いすることを要求されているが、それらのほとんどは中小企業であり、しばしば秘密裏に事を進める。

「すべての工場を管理することはできませんが、この問題について連絡を取り合っています」と加えた。

タク県労働保護福祉事務所のKunchit Manowarangkoon所長は、短期間で労働者がほとんどいない小規模工場を検査するのは難しいと語った。しかし彼は、メーソットの工場の10%未満しか最低賃金を支払っていないというMAP財団の主張を否定した。

しかし、そのうち1つの工場の3人の労働者は、控除前にすでに最低賃金以下であったと述べた。

発泡マットを製造する中国所有の工場では、3人の労働者が2つの給与明細に署名することを強制されたと述べた。1つは月に約4000タイバーツの実際の給与を示し、もう1つは最低賃金を稼いだことになっていたと述べた。

縫製労働者のTheingiさんは、スターバックスの子供服とエプロンを作る115時間労働で稼いだは約80タイバーツだったと述べた。

あるミャンマー人の移民は、仕事を失うことを恐れて本名を明かさなかったが、彼女と同僚のほとんどは45日ごとに1日しか休みがないと述べた。タイの労働法では、労働者が1週間に1日の休暇の取得を義務付けている。

「タイはミャンマーよりマシなのだと思っていましたが、到着してすぐ、現実はその期待とは違っていたことを知りました。不満と落胆を感じましたが、我慢しなければなりません。さもないと家に帰ることができません」と彼女は工場近くの寮で、労働者が小さな部屋に詰め込まれていると加えた。

Phyo Oo Naingさんのようなメーソットのミャンマー人労働者の多くは、移民労働者が高い賃金を求め、状況を変えるための労働組合の結成を許可されていないため、身動きが取れず無力だと感じているという。

彼は生き残るためにミャンマーの家族から2回お金を借りなければならず、残業手当も受け取れず、先月は彼のフォームマット工場で15日間の仕事しか与えられませんでした。

「私は搾取されたと感じています。ミャンマーに戻りたいのですが、今は家に帰るのに十分なお金がありません」とある労働者は語った。彼は報復を恐れて本名を明かさなかった。

 

タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月10日13:42

タイ:スターバックスの制服を供給する縫製工場、違法賃金が露呈(前)

タイの『ブラックホール』と呼ばれる地域で労働者が不法な低賃金で酷使されていたことが判明した後、大手コーヒー企業のスターバックスやスポーツ用品メーカーのバウアーホッケーなどのグローバルブランドに供給するタイのアパレル工場は現在査察を受けている。

トムソン・ロイター財団は、タイのメーソット西部地域の4つの工場で雇用されている26人の労働者(すべて近隣のミャンマーからの移民)にインタビューした。

首都バンコクから500 kmに位置するメーソットは、タイ西部への主要な入り口であり、数百の工場と数万人の移民労働者が家族に仕送りするためのお金を稼ぐ貿易拠点である。

26人の労働者のほとんどはトムソン・ロイター財団に、職場での給与明細書をまだ受け取っていないと述べた。MAP財団(ミャンマーの移民労働者を支援する非営利団体)は、違法な支払い不足を示す多数の給与明細を集めたと述べた。

スターバックスのエプロンを生産したと言う労働者はタイのカフェでバリスタが着用している制服の写真を提供し、また他には米国に拠点を置くバウアーホッケーの服を作る工場で働いていた労働者もいた。

このスキャンダルは、タイの縫製工場を取り調べし、全国の労働者を保護する能力について疑問を提起した。そして、タイ政府高官は、メーソットで働いている人々の多くが不法に低賃金であることに気づいたと述べた。

スターバックスは現在調査中と述べ、バウアーホッケーはサプライヤーに問題を調査するように依頼したと述べた。

両社は、労働者への補償などの問題に関して、現地の法律を遵守するようサプライヤーに要求すると述べた。

「責任を問われているサプライヤーはこれらの申し立てを否定しました。我々はこれらの主張を真剣に受け止め、更なる調査を行っています」とスターバックスの広報担当者は述べた。

スターバックスのサプライヤーからはコメントを得られなかった。

バウアーホッケーのスポークスマンは、問題の工場に調査を依頼し、「直ちに補償慣行を遵守するために必要なすべての事を今すぐ行います」と述べた。

バウアーホッケーに供給しているメーソットの工場の代表者は、無料社宅など労働者に多くの利点を提供し、労働許可の費用の半分を負担したと述べた。

政府は、特別委員会を派遣してメーソットの工場の立入検査を計画している、と労働法の実施および検査を実施する労働保護福祉省副局長のSomboon Trisilanun氏は述べた。

「検査が非常に難しいアパレル工場が数多く存在するため、メーソットは『ブラックホール』であることを認めなければなりません」と同氏は述べた。



タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月10日12:01

タイ:Thanulux社、アパレル製品取引の先を見据える

Saha Group傘下のアパレルメーカーThanulux Plcは、タイのファッション情勢の急速な変化と技術的な混乱に対応するため、アパレルメーカーのトータルファッションソリューションプロバイダーへの転換を試みている。

同社のSuchart Layluxsiri副社長は、タイのファッション情勢はここ数年で変化しており、ヨーロッパやアジアの多くの国際的なファストファッションブランドが市場に参入しているとBangkok Post紙に語った。

デジタル技術はまた、消費者行動に劇的な変化をもたらした。

「従来の小売チャネルでの製品販売はもはやもう機能しません。マルチプラットフォームチャネルを通してトータルファッションソリューションを提供するために、自社製品の生産から既存の販売方法での販売まで調整しなければなりません」とSuchart氏は述べた。

Thanuluxは、今やSaha Groupや外部企業向けのファッションブランドを生産するだけでなく、独自にブランドを市場に輸入している、と同氏は語った。

同社は、ドイツの人気シャツブランド、Olympの輸入を開始し、タイ市場で販売し顧客基盤を拡大した。

Olympは先月からThanuluxが輸入販売した最初のファッションブランドです。将来的には、新しい顧客グループ、特にミレニアル世代をターゲットにしたブランドをラインナップに加えていく予定です」とSuchart氏は語った。

アパレル製品取引で数十年の経験を持つ同社は、B2Bを介してビジネスを拡大し、組織向けユニフォームの生産と試みた。「我々はこの市場の他の企業とは異なる製品の開発を目指しています」とSuchart氏は述べた。

Thanuluxは最近、プラスチックボトルの再生糸で作られたArrowシャツ製品を発売開始した。

「このシャツは着心地が良いだけでなく、環境保護にも役立ちます。消費者の反応が期待通りの良いものであれば、今後、環境に優しい男性用のズボンとTシャツの生産を開始予定です」とSuchart氏は述べた。

同社は、Arrowコレクションから3000万タイバーツの売上を見込んでいる。

Thanuluxは、管理効率を高めるためにビッグデータにも注目している。当初、ソフトウェアを除く2000万タイバーツを費やしており、サプライチェーンやオペレーションを調整してデジタル化し、顧客データのすべての側面に到達できるようになっている。

「我々はタイの高賃金に対処するため、ミャンマー、ベトナム、インドネシアにてアパレル生産パートナーを探しています。同計画は来年確定する予定です」と同社がタイで予想される高賃金に対処するための生産プロセスを再検討しているとSuchart氏は述べた。

Thanulux2018年、17億タイバーツの売り上げを記録したが、不利な経済状況と消費者行動の変化により、今年は横ばいの数字になると予想されている。

2018年の売上の約70%は国内市場によるもので、残りは輸出で占められている。

「バーツ高のため、輸出ビジネスは良くない傾向です。したがって、今年は国内市場に焦点を移します」とSuchart氏は述べた。

 

タイ ジャンル:
最終更新:2019年08月15日11:28

タイ:Pomelo、アジア全域での飛躍的な展開に向けて

タイを本拠地とするオムニチャネルファッションブランドPomeloはアジア地域での大幅な拡大を計画している。2023年までに現在の8店舗から150店舗を新規開店し、同地域で最低5000万人の顧客数を目指している、と 同社の共同創設者兼最高経営責任者David Jou氏は述べた。

 

現在、同社はタイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、香港、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパに約200万人の顧客を抱えている。 同氏によると、事業拡大はタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、香港などのアジア諸国に集中するという。Jou氏は昨日、本日行われるシンガポールでのフラッグシップストアの開店式前に、「フラッグシップショップとPomeloのピックアップショップを組み合わせた新店舗にそれぞれ平均約2000万タイバーツを投資します」と述べた。

同社は積極的な投資計画を推進するための資金調達を計画している、と同氏は述べた。バンコクには7つの店舗があり、シンガポール店はタイ国外初の支店である。同社はサマセットにあるシンガポールのフラッグシップ店に6000万タイバーツを投資した。Jou氏はまた、今年第3四半期には約6000万タイバーツの投資の下、プーケットにフラッグシップ店を開店予定であるとも語った。

同社は今年タイ国内に5つの新店舗を開店予定である。店舗規模にもよるが、一店舗あたり平均2000万から3000万タイバーツの支出となる、と同氏は述べた。33歳になるJou氏および同氏の友人はタイの女性に向けたオムニチャネルファッションスタイルの可能性を見出した2014年にバンコクでPomelo設立を決意した。

「タイのFacebook利用者は東南アジア地域でも世界でも最も多いのです。B to BビジネスやB to Cビジネスによる電子商取引利用も、タイは東南アジア地域の他の国々よりも高い。それが私たちがタイに事業を設立した理由です」とJou氏は語った。

タイの電子取引開発機構(ETDA)による最新の報告によると、タイの電子商取引は昨年、アセアン地域で消費者行動の変化により最も成長し、その価値は3.2兆タイバーツに達すると予想されている。

ETDAは、2014年以来これらの統計を収集している。過去10年間のインターネットユーザー数を比較すると、2008年のインターネットユーザー数はわずか1610万人であったが、最新の情報によると、2017年のユーザー数は4520万人であった。Jou氏は、タイのファッション市場の価値は、オンラインでもオフラインでも、2018年には最大1500億タイバーツ、オンライン市場からは最大15%まで上昇すると推定している。

また、毎年2桁の成長を見せており、2023年にはファッションオンライン市場が最大40%の成長を遂げるとも予測している。

「ファッション市場は競争が激しいですが、それらのほとんどは伝統的なシステム上で行われています。 私たちは、この事業を行うためにデジタル技術とプラットフォームを組み合わせていきます。タイでの創業以来、年間平均200%の成長を続けています」とJou氏は語った。

同社はタイ、インドネシア、中国で500人の従業員を雇用しており、そのうち70%がタイで勤務している。同社はまた、製品の製造、倉庫、物流システムなどのサプライチェーン内で1000社以上の企業と協力している。

「私たちには3000点以上の女性用ファッション製品があります。 今後は男性用ファッション製品も開始し、生産拡大します。 これが顧客を増やし、長期的に事業成長を推進する方法です」とJou氏は語った。

タイ ジャンル:
最終更新:2019年06月15日09:09

タイ:EU協定がベトナムへのシフトを促進

今年のEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)が施行されれば、タイの自動車、コンピュータ、アパレル、電気回路産業のベトナムへの移転が可能になる、と商務省は警告している。

商務省の下にある戦略局の調査によると、EUとのFTAで武装したベトナムはタイを凌ぐであろうと貿易政策局長のPimchanok Vonkorpon氏は語った。

2015122日、3年間の交渉の後、EUはベトナムとの二国間FTAに署名した。この協定は、双方による批准を待っており、今年中に発効する予定。EVFTAは、商品とサービスの貿易、政府調達、持続可能な開発などの関連問題を自由化する。輸入製品の99%以上の関税EVFTAが有効になると、ベトナムは直ちにEUの輸入製品の65%について関税を引き下げ、残りの品目については10年以内に関税を徐々に引き下げる。

調査の結果、特に自動車や部品を中心とした一部のタイの輸出品の競争力は急激に低下することがわかった。

「これにより、影響を受けた特定の輸出製品がベトナムに工場を移転する可能性がある」と語った。タイの自動車メーカーは、産業の変革を加速し、電気自動車生産に移行する必要があると述べた。

ヨーロッパ市場向けのベトナムの繊維・アパレル製品の分野でも、ベトナムはまた、より安い賃金とより高い労働力という点で有利である。タイは、その熟練した労働力を磨き、製品に価値を付加し競争力を維持するために、より近代的な技術と革新を適用する必要があるという。

2017年のベトナムとヨーロッパの貿易額は11.6%増の504億米ドルで、輸出は386億米ドル(12.6%増)、輸入は121億米ドル(8.7%増)。一方、タイとヨーロッパの二国間貿易 2017年の総収入は11%増の445億米ドル。全体のうち、タイからの輸出は8%増の237億米ドルで、輸入は148億米ドル(14.5%増)であった。



タイ ジャンル:
最終更新:2019年04月21日13:30

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る