インドシナニュース

TNG社、ハノイ市内で5店目のショップをオープン

2013年7月26日、 TNGファッション社はビンコムメガモールカンパニー・ロイヤルシティ(ハノイ市タンスアン区グエンチャイ通り72A)に、独自の5店目のショップを開設した。ショップは200平方メートルで、2013年夏・秋のさまざまな商品が集まった。

新しくオープンしたTNGのショップでは、ほとんどのファッション製品が45,000ドン(2.2米ドル)から90,000ドン(4.5米ドル)、290,000ドン(13.8米ドル)の価格である。魅力的な価格のおかげで、TNGファッションの若者向けのファッション商品は、経済危機の中でもよく売れている。

2013年、TNGは国内市場での売上目標を700億ベトナム・ドン(約330万米ドル)としている。TNGの企画室には、現在、10名の若い、創造力豊かなデザイナーがおり、15〜25歳の顧客に焦点を当てている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年08月01日16:33

Vinatex Huong Tra縫製工場起工

7月17日朝、Huong Tra町Tu Ha工業団地にて、Vinatex投資開発株式会社は、Vinatex Huong Tra縫製工場建設の起工式を行った。省常任委員兼人民委員会副主席Ngo Hoa氏、省委員兼商工部部長Vo Phi Hung氏、ベトナム繊維公団社長Tran Quang Nghi氏、Huong Tra町各部署の代表らが参加した。

このVinatex Huong Tra縫製工場案件は、Vinatex Huong Tra有限会社によって実現されるが、これはVinatex投資開発株式会社と、トゥアティエン-フエ省にあるベトナム繊維公団傘下のHue繊維株式会社の合弁事業である。これは、Vinatex投資開発株式会社の300生産ライン開発プログラムの中に位置づけられる第3の工場である。

66000平方メートルの面積に基づいて構築され、案件は建設費を含め総投資額1400億ベトナム・ドン、そのうち、工場建設費が580億ベトナム・ドン、設備投資が820億ベトナム・ドンで、案件は2段階に分けて展開される。第1期は710億ベトナム・ドンの総投資額で、3ヶ月で開発され、2013年11月1日より1000名の従業員で稼働に入ると予定されている。第2期は、第1期の生産の稼働状況が安定した段階の後に続けられる。

このVinatexの工場は、完成すると、年間30万点の生産能力で、欧米市場向けにスーツ、ブレザー、スラックスを輸出する。計画では、輸出は年間5000万米ドル、労働者の雇用2250名分を創出、年間100億ベトナム・ドン以上の地方予算に貢献する。

式典では、Vinatex投資開発株式会社取締役会長Le Mac Thuan氏は、人員を最大限に動員し、スケジュールどおり、安全に、効率よく案件を完了しながらも、基本的な建設投資の管理について、品質及び技術に関して国家の規制のすべてを確保すると同時に、Vinatex Huong Tra縫製会社を、労働条件や労使関係が良く、工員は高収入で安定している、良い会社として構築していくことを約束した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月29日15:58

株式化により投資を加速--ベトナム繊維公団(Vinatex)社長インタビュー

「投資」紙電子版記者とのインタビューでベトナム繊維公団(Vinatex)社長Tran Quang Nghi氏は、株式化(CPH)によって公団は成長モデルに移行し、急速な改善を遂げ、確実に活動の効果を上げることができると語った。

 

<「投資」紙> 社長、ベトナム繊維公団(Vinatex)の株式化は2013年中に完了し、運用効率のさらに高い目標を掲げることになります。その目標を達成するにあたって、株式化後の運営への圧力は小さくないのでは?

 

<Nghi社長> 私の考えでは、株式化の成功は、迅速な改善、堅実な公団のビジネス成果の向上、繊維産業の発展の中で主導的な役割の維持や促進といった目的を達成することです。

これらの目的を達成するために、公団の経営陣は株式化の準備と株式化後の運営に対する新しいプレッシャーをしっかりと感じています。それは、実に重い任務です。

 

<「投資」紙> 部門外の売却は、どこまで進みましたか?

 

<Nghi社長> 公団では、ACB、Eximbankなどの商業銀行で投資資金の回収を完了し、あとは、金融会社分が残っているだけで、2015年には売却を行う予定です。

計画では、今年の第4四半期に新規株式公開(IPO)を行います。現在は、会社の株式を買ってくれる外資パートナーと協議しているところです。

 

<「投資」紙> 目標達成への圧力がより深刻になって、公団の国内化の話とくれば、公団のみならず、繊維産業全般は、依然として大きな弱点を持っているということでしょうか?

 

<Nghi社長> 確かに。繊維産業は、国のためのより多くの外貨をもたらし、主要な輸出産業であるが、公団の国内化率は、地域によってさまざまで、全体でも50~52%にすぎません。原材料への投資を進め、資材を輸入に頼らず、国内化率を高めるために、ベトナム繊維公団(Vinatex)では、大規模な資本が必要だったり、リスクが高かったりで、外国直接投資企業(FDI)部門や民間企業部門が行うことのできない、あるいはまた、行いたがらないような案件を多く展開しています。

 

<「投資」紙> とすると、公団は新規株式公開(IPO)から調達した資金で、原材料の案件の実現を計画しているということでしょうか?

 

<Nghi社長> 成長のための資本の社会化実現の際、我々は積極的に市場を開発し、技術を習得し、縫製、生地、糸、付属といったそれぞれの領域開発に適切なステップを計算し、商品サプライチェーンを開発して、製品の価値を高め、国内収入や利益や輸出売上を伸ばしていきます。

もう一つの重要な要因は、株式化後には、公団は投資促進のための強力なインセンティブを持っている、ということです。繊維産業の発展の核にあたり、公団は、経営の中心である生産部門への投資に焦点をあて、紡績から始まって、織布、染色、縫製までのサプライチェーンを形成していきます。常に製品の価値を向上させ、生産効率を高めていきます。

 

<「投資」紙> 2013年、世界経済の難しさにより、欧州連合(EU)、米国、日本など多くの大市場の繊維製品輸入がかなり低調です。これは、ベトナム繊維公団(Vinatex)及び繊維産業の輸出目標に影響を与えるのではないでしょうか?

 

<Nghi社長> 2013年は不透明で難しい問題を抱えていると言われていましたが、ベトナムの縫製産業は輸出に関し順調な結果を達成しつづけると予想されています。今年の6ヶ月間、米国へのベトナムからの繊維輸出は、総輸出売上高の44.8%を占め、対前年同期比で12%増、40億米ドルに達しています。

特に、公団の上半期6ヶ月の輸出は対前年同期比で13%増加しました。だからこそ、公団では(年間目標輸出売上高28億ドルを達成する)計画を目指せると信じているのです。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月26日06:00

ODM--ベトナム繊維業界の新たな試練

ベトナム繊維アパレル産業は、現在、世界の繊維製品生産のトップ5に位置している。世界の人口の大半の衣類を支えているというベトナムの誇りは、ミャンマー、カンボジア、ラオスなどの世界の繊維村の新顔に脅かされる可能性がある。現在は労働力で優位にあるが、しかし、この優位性は近い将来揺らいだときに、ベトナム繊維産業はその優位性を強化し、さらには向上させるための解決策を見つけだせるだろうか?

繊維産業は、仮に原料の状況が災いするなら、徐々に競争力が失われていくだろう。繊維企業5982社のうち、資材メーカーの割合はわずか0.7%で、合成繊維メーカーは0.1%、綿糸メーカーは0.2%、繊維メーカーは4.3%、染色整理業者は3%である。原料で苦労する状況は、ベトナムの繊維企業の世界市場での競争力を失わせる。

商工省副大臣Ho Thi Kim Thoa女史によると、世界の繊維産業の発展傾向は、商品サプライチェーンのシステム構築や電子商取引の開発である。これは、ベトナムの繊維産業が今後変化しなければならない試練である。そのため、繊維工業の開発計画では、戦略製品開発は、生地や付属品の生産に注力していき、その中には、重要な役割を果たす染色・整理工程が含まれ、原綿資源や合成繊維の開発や技術的な繊維製品の開発に焦点を当てることを明確にするよう商工省は押し進めている。

過去6年間で繊維企業への投資拡大は、各省の町や県のレベルにシフトしているとベトナム繊維公団副社長Le Tien Truong氏は明らかにする。しかし、地域レベルでの労働力資源や生産資源のバランスを確保するために、将来的に提起された問題は、労働力開発や主力製品開発を促進するための政策、特に、生産拠点間の接続性を満たすためのインフラなどの支援を要する。

現在、一部の縫製会社は、ビジネスが好調で、売上が高く、利益率も高い。しかし、もし彼らが目先の利益そのささやかな投資で満足し、勝利に眠りに落ちて、試練に満ちたODMへの投資を拒否するなら、競合他社と工賃価格や品質で競ったり、あるいは、顧客から供給パッケージ·ソリューション求められたりしたら、ビジネスはどうなるだろうか?「巻き込まれる」状態は確実に起こる。そして、これらの事業の指導者たちは巨大な縫製工場システムで何をするというのだろう、労働者はたくさんいても、手には何の加工契約もなしか?おそらく各社のトップは、90年代の東欧の市場の変動時に注文の危機があったときのことを忘れていないだろう。

新戦略では、元々ベトナム縫製業界全体の開発と指導の核であるベトナム繊維公団は、繊維製品のODM形式での生産の実現を基本目標に設定している。この解法は、ベトナムから輸出される衣料品に価値を付加するだけでなく、開発されている国内での紡績-織布-染色-縫製のチェーン全体が刺激され、密接に繋がり、上述のような増収の機会を逃すことのないようにする効果的な方法である

ベトナム繊維公団傘下のPhong Phu縫製総会社でODMモデルを成功させた人物で、現在はVinatexでのODM戦略実現のキーパーソンであり、さらには業界全体を見ることになると考えられているDang Vu Hung氏は、顧客に包括的な解法を提供するマーケティング戦略投資にサプライチェーンをリンクさせるモデルの構築が必要であるとする。

それは、ベトナム繊維産業がグローバル・サプライ・チェーンに浸透するための方法論である。ODMは、繊維企業が市場のリスクを最大で管理し、市場を把握する、もっとも効果的な、正しい方法で、最終目標の製品を自社本位で作り出すことは、企業の資本に最高の効率を提供する。これは、極めて困難だが必要なステップで、プロのレベルに向けたベトナム繊維産業のために一定のコストがかかるが、受け入れなければならない。

サプライチェーンの構築は難しいが、不可能ではない。例えば、Phong Phu縫製株式総会社は一つの成功モデルであり、他社にも適用可能で、展開可能である。またはPhu Bai紡績株式会社は、市場で成功して、評判とブランドを獲得し、利益を生み出し、会社の資産価値を高めること、留まりを知らない。ニャチャン副資材も市場に馴染み、有名である。つまり、こうした成功例が、ベトナム繊維産業を導き、突破口を作り出し、生産の根本的な構造を変化させ、世界の繊維ファッションの経済ベースの中で重要な国としていくのである。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月23日06:00

ベトナム繊維公団(Vinatex)、投資案件展開する

2013年の後半6ヶ月間で、ベトナム繊維公団(Vinatex)投資会社は中部地域においてTu Nghia縫製工場、Vinatex Bong Son縫製工場、Vinatex Huong Tra縫製工場の3つの縫製工場案件を開始し、完了する。

 

トゥアティエン-フエ省Huong Tra町Tu Ha工業団地における「Vinatex Huong Tra縫製工場建設投資」案件は、総投資額1578億ベトナム・ドンで、34ライン規模、第1期は15ラインで、3,000人以上の従業員を雇用する。生産品目は、スーツとスラックスである。昨年6月には、この案件は、土地のリース、電気・水道の調査を完了し、同時に、投資証明書、計画許可証、環境保護誓約書を与えられている。工場は2013年7月17日に開始され、2013年11月に完成を予定している。

「Vinatex Tu Nghia縫製工場建設投資」案件では、案件が承認され、設計図面、投資計画、入札結果の承認が完了し、クアンガイ省Tu NghiaのLa Ha工業団地にて2013年3月に建設が開始された。案件は、投資総額1392億で、34ライン、2,000名の規模を持つ。  2013年7月に第1期15ラインの建設完了が予定されている。主な製品は、婦人用スーツのジャケットとパンツである。

ビンディン省Hoai Nhon県Bong Son工業団地における「Vinatex Bong Son縫製工場建設投資」案件で、総投資額2050億ベトナム・ドンで、51ラインを擁する、そのうち、第1期は17ライン、製品品目はスーツとスラックスである。使用従業員数は3,200名である。案件はVinatex Bong Son縫製有限会社という法人設立が完了し、Bong Sen県人民委員会は、土地リースに原則的に合意している。現在、環境保護誓約書、土地リース契約書、電気・水の供給契約書など各手続きを継続して展開している。計画では、案件は2013年10月に開始され、2014年2月に完成する。

上記案件はいずれも、スーツやスラックスなどの高級品に焦点を当てている。これは繊維産業の総体的な発展方向で、ベトナム繊維公団(Vinatex)には、近い将来、ベトナム製の高付加価値製品を作り出す狙いがある。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月22日06:00

デザイナーLan Huong、欧州7ヶ国でアオザイを披露

2013年7月5日、デザイナーLan Huongは写真家Hoang Hieuと、欧州7ヶ国への旅路に発ち、Lan Huongがこれまでで最も心血を注いだアオザイのコレクションを披露し、写真撮影を行う。

デザイナーLan Huongがまもなく公開されるアオザイのコレクションを携えていく欧州7ヶ国は、ポーランド、スロバキア、フランス、イタリア、チェコ共和国、オランダである。各国の遺跡や建築物は、彼女がベトナムのアオザイを昇華させる空間として選んだものである。

デザイナーLan Huongが欧州7ヶ国で紹介するのに選んだコレクションは、ドンホー画との対話、旧市街、老女、蓮の季節、花の道、千年の収束などである。

写真撮影の際にどこから撮ってもアオザイの価値を高められるように、古く壮大な欧州の景色の中に独特の空間を見つけるだけでなく、デザイナーLan Huongはアオザイとともに旅し、新しいもの、世界の文化遺産を蓄積し発見し、将来のアオザイ創作のための新しい意匠を探し歩く。

繰り返しになるが、アオザイのデザインに対する不断の努力を続けるデザイナーLan Huongは、伝統的なベトナムの美を纏った文化を世界への紹介に貢献する。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月12日14:00

デザイナーHoang Haiのコレクションがロンドンでお披露目

ミス・ベトナム・フォトジェニック準グランプリのTrang Nhungは、デザイナーHoang Haiの最新のデザインを紹介するモデルに選ばれた。この栄誉に彼女は非常に感激していた。

デザイナーHoang Haiは、イギリスの「ベトナム・オープン·フェスティバル2013」に招待され、出席した。今回は、彼は「ロンドン-ハノイ」と題するコレクションを携えていった。

プログラムは、6月22日-23日の日程でイングランドのサウスバンク・リバーサイドで行われた。 Trang Nhung以外に、イベントに参加したモデルは、Thuy Huong、 Cao Lam Vien、ベトナム出身のモデルJeny Nguyen、ミス・ベトナムのNgoc Hanの他に、英国のモデルたちである。ファッション・ナイトには、スイスからデザイナーLan Tschirkyも駆けつけてくれた。

この公演の準備のため、Hoang Haiは披露される衣装一つ一つの細部にまで気配りを施していた。デザイナーは、自らのファッション・コレクションを引っ提げて、ロンドンの中心でベトナムの伝統と文化を空間に大胆に披露したいと思っていた。

オートクチュール20作以上の衣装ラインを通じて、Hoang Haiは、霧の都のファッションの信者たちを征服したいと願った。5作は、フリルの付いたモダンなドレスと組み合わさったデザインで、着用者に安らぎと優雅さを与えるため、パステルカラーを使用している。コレクションの素材や柄は完全に手作りで、デザインごとにそれぞれの独自性を生み出している。

イベント参加はブリティッシュ·カウンシルが招待した。「ベトナム・オープン·フェスティバル2013」は、今年ロンドンで行われた屋外では最大のベトナム文化祭典である。このイベントは、英越間の外交関係40周年を祝して、在英国ベトナム大使館後援で、ベトナム文化芸術協会(VCAS)が実施した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月05日14:00

ベトナム:Phu Hung紡績は繊維公団の紡績分野でのモデル案件

2015年までのベトナム繊維業界の開発戦略を具体化するために、ベトナム繊維公団は、高い経済効率を擁し、安定した社会保障に貢献する投資プログラムを実施している。今後、公団は、Phu Bai工業団地(トゥアティエン-フエ省)のPhu Hung紡績工場の建設を開始する。

21,600錘規模のPhu Hung紡績工場(第1期:14,400錘)は予想総投資2530億ベトナム・ドン(1200万米ドル)で、この1年間のうちに建設され、操業開始される(2013年7月-2014年8月)。完了すれば、工場は製品の生産を開始し、200人以上の労働者を使用、取扱い品目は、Ne30を中心とした100%綿糸で、月産240トンとなる。

その前に、首相と商工省に承認されている開発計画によれば、中部地域(クアンナム省、ダナン市、トゥアティエン - フエ省を含む)は、繊維産業開発のための重点3地域の一つである。原料から糸、紡績、アパレル製品までの繊維製品の製造業の中心地であるこの地域の発展に伴い、トゥアティエン-フエ省のPhu Hung紡績工場の存在はベトナム繊維業界がTPPやFTAによる効果を最大限に活用するのに役立つはずである。

Phu Hung紡績工場のプロジェクト管理委員会は、繊維公団の紡績分野でのモデル案件となるという目標を達成するために案件の構築と展開に取り組み、案件の企画、進捗、形式、製品の品質や、効率よい工場運営、さらには法律で定められた法的手続きの実施というそれぞれの目標達成を目指している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月05日06:00

ベトナム繊維公団(Vinatex)の選ぶ戦略的パートナーとは…

ベトナム繊維公団(Vinatex)取締役会会長Vu Duc Giang氏は、同公団の新規株式公開に関心を寄せる投資家の数が巨大であることを認めたが、協調していくパートナーを選択すると同時に、もっと重要なのは株式化後の同グループの企業統治に良いサポートを与えてくれるパートナーを選ぶのは容易ではない。

この状況の原因はベトナム繊維公団(Vinatex)を決定基準に由来する。

資本面の基準以外に、ベトナム繊維公団(Vinatex)では次の3つ選択基準に優先順位を与えている。

第一は、同業の企業で、高度なマネジメント・スキルと市場知識とを備えていること。

第二に、柔軟で適切な財務管理ソリューションがあること。

第三に、繊維業界に興味を持ちながら、政府の投資の規定により制限されるものではないこと。

これらの基準は確実に過半数の所有者である各投資家は、業界の発展のため技術や市場の管理に自らの強みをもたらすことを必要用件としている。「実際には、長い時間をかけて多くの外国人投資家と話し合ってきて、少なからずの企業が同じ分野での経験を持ち、資本の基準を満たしているが、双方が、長期的な投資の視点で合意して、企業での株主利益の調整がつけることがまだできていないので、」とベトナム繊維公団(Vinatex)代表は語った。

しかし、重要な戦略的投資家は、新規株式公開(IPO)の意思決定ベトナム繊維公団(Vinatex)には意味がありませんされていません。ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Pham Nguyen Hanh女史は、所有権を多様化し、投資家を求めて、新規株式公開(IPO)前にベトナム繊維公団(Vinatex)は交渉を進め、戦略的投資家を求めるが、仮にそれができない場合は、新規株式公開(IPO)後にパートナー探しを継続する可能性もあるとしている。

海外の戦略的投資家決定に先立ち、ベトナム繊維公団(Vinatex)は政府と協議する計画を準備し、最初20〜30%の株式を国内投資家に売却し、残りは政府が保持し続ける。しかし、これは最後のオプションとなる。

繊維部門では、ベトナム繊維公団(Vinatex)は輸出市場と国内市場でともに収益性の高く、核となる役割を果たし、ベトナム繊維産業を牽引する、大国有企業である。仮に国内企業に株式を販売した場合、株式化後のグループ再構築のための大きな変化や梃入れ、打開の期待を達成することは困難であるかもしれない。

しかし、本当にベトナム繊維公団(Vinatex)と協調して、アパレル業界を牽引できる企業に公団を変えてくれる、海外の戦略的投資家を選択するのは、さらにいっそう困難な問題である。この問題は最近になって、ますます困難になり、ベトナムが環太平洋経済連携協定(TPP)や欧越間のFTAに参加すると、0%になる関税の活用を期待して、多くの中国企業がベトナムへの新規投資や工場を拡大する意向を示している。

一方、小さくない障害は、繊維部門へ外国投資を誘致しながら、環境や労働に関連する問題のために推奨されない領域には入り込んでほしくないというものである。

金融業界の専門家らによると、戦略的な株主を探す過程で有利にするために、Vintatexは、現在の市況に見合った合理的な提示価格を提供する必要がある。これに関しては、ベトナム繊維公団(Vinatex)の代表は財務省と国家監査人と協力して、他の省庁も交えながら、同公団の実際の価値と余剰を評価し、新規株式公開(IPO)のための売出価格を設定するよう調整している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年07月04日06:00

ベトナム:Vinatex、クワンチ省に1万ヘクタールの綿花栽培

ベトナム繊維公団(Vinatex)の原料開発戦略計画の一環で、同社は、クワンチ省にて2013年-2014年に2000ヘクタール規模、2015年に10000万ヘクタール規模の綿花栽培プロジェクト構築を目指している。

ベトナムの綿繊維部門の需要を供給し、地域経済の発展を求めることを前に、クアンチ省人民委員会は、2013年6月3日に同省Trieu Phong地区に高品質の綿花を栽培する投資計画を実現する基本的合意に関する文書1594/UBND-NNを提出した。それによれば、省の投資計画局は関連省庁や地域にガイドラインを提出させ、ベトナム繊維公団(Vinatex)が実現可能性報告書を作成し、規制に沿っているかの調査を行い、承認を得る。 Trieu Phong地区人民委員会は、農業・農村開発省、天然資源省、環境省と連携し、できるだけ早く農地のレイアウトをベトナム繊維公団(Vinatex)に提示し、省人民委員会に承認を得ることになる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年06月20日14:00

このページのトップへ戻る