インドシナニュース

ベトナム:「ナイキ製品の50%がベトナムで生産されている」とナイキ副社長

610日午後、政府本部でVuong Dinh Hue副首相がNike Group(米国)の貿易および政府関係担当副社長Chris Helzer氏を迎えた。

 

副首相はまた、ベトナムでの当時のナイキの成功を評価し、同グループはベトナムの輸出と成長に大きく貢献しただけでなく、社会的および人的資源の訓練、治安作業にも大きく貢献したと述べた。

Chris Helzer副会長は、2020年にナイキはベトナムでの生産が25周年を迎え、世界のナイキ製品の50%がベトナムで生産されており、ナイキの製造および輸出における最も重要な市場であることを確認したと述べた。ナイキはまた、ベトナムの労働力の質を高く評価し、世界有数のスポーツウェアグループの成功に貢献した。

副首相Vuong Dinh Hue氏は、ベトナムは環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)の合意事項を合法化することを約束しており、会議での承認プロセスに従って、保険事業に関する法律および知的財産に関する法律のいくつかの条項の改正に関する法律の審議および承認のための国民議会への提出を含むため、国際約束と両立し、同時に予定通りの他のCPTPP約束との調和と進歩を確実にするために、修正と補足の方向で労働法の改正を国会に提出する、と述べた。

副首相によると、ベトナムは外国直接投資(FDI)の誘致と使用の促進を含む多くの新しい点で、これからも外国投資を誘致し利用する戦略をとるという。新しいプロジェクトだけでなく投資プロジェクトも奨励する。特に、ハイテクで環境に優しい企業、イノベーションを築いている大企業、ベトナムでの開発とイノベーションセンターのためのより優先的な政策をとっていく。

副首相はナイキに、付加価値を奨励するために、生産における最新の科学技術の適用を強化するよう求めた。両国間の貿易収支を確保するために、ベトナムとEUの間の貿易関係の促進およびベトナム – 米国間の貿易関係の促進に対する支援を強化する。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月14日13:46

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る