インドシナニュース

ベトナム:中国からの偽造品が国内市場を席捲(後)

(前編より)

しかしベトナムのシルク会社であるKhaisilkにおいて進められている犯罪捜査は、別の側面を明らかにした。この30年以上の歴史を持つ有名なベトナムの高級ブランドは、中国製のシルクスカーフに「ベトナム製」のタグを付けることを認めていたという。

この件においてさらに事態を悪化させたのは、あるハノイの企業がKhaisilkブランドから購入した商品について、実際にはそれらは中国産であることについてFacebook上で抗議したのが、このスキャンダルの発端となったことである。

ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は地元メディアに対し、国内で流通している「ベトナム産」衣料品のほとんどは、実際には中国から密輸された偽造品であると述べた。

政府系のアンチ密輸団体の国家運営委員会389のメンバーであるLe Hong Son氏は次のように述べた。

「密輸業者はしばしば中国から商品を持ち込み、「ベトナム産」のラベルを貼った後、何の疑いも持たない消費者に密輸品を販売しています。」

「こうした偽造品は、お菓子、化粧品から電球、衣料品まで多岐に亘っています。」

中国製品につきまとう悪名が、信頼性の高い原産国にタグを置き換えるよう多くの企業に動機付けてきた。

ベトナム当局は今年上半期に約9万件の密輸品を摘発したが、この委員会によるとこれらの事案のうち1200件しか裁判にはかけられなかったという。

ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内市場に蔓延する偽造品が消費者の地元製品に対する信頼を失墜させたと述べた。

Phu会長同様に、ビジネス研究・支援センターのVu Kim Hanh所長も、中国からの偽造品流入によって、多くの手工業村や企業が倒産の危機に瀕していると指摘した。

地元企業はまた、偽造品によって毎年数十万米ドルもの収益が失われていると訴えている。

専門家によると、国境警備部隊が貧弱であるために、偽造品がベトナム国内に流入可能となっているという。そのため国境警備の強化が必要であるが、中国との国境が長いために困難な状況となっている。

当局は偽造品がいったん地元市場に入ってしまうと追跡に多くのコストがかかるため、それらが国境を越えないようにする必要がある。

政府機関が状況を打破するのを待つ一方で、一部の企業では自衛する方法を見つけだそうとしている。

ハノイにある衣料品会社のオーナーであるNguyen Hong Nhung氏は、偽造品に立ち向かう唯一の方法は自社の製品を改善し続けることだと述べた。多くのアパレル製品のライフサイクルは短く、市場には数カ月以内に新しいデザインが登場すると彼女は指摘する。

「偽造業者よりも早く変革を起こすことです。デザイナーに資金を投じることに躊躇してはなりません。それがあなたを市場ゲームで勝利させる方法なのですから。」とNhung氏は言った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年11月22日12:04

ベトナム:中国からの偽造品が国内市場を席捲(前)

ベトナムでは今、シルクブランドKhaisilkの中国からの偽造品が犯罪捜査の対象となっている。

ベトナム企業は、中国からの偽造品が毎年数十億米ドルにものぼると指摘している。

発がん性物質で染色された衣類、化学物質を含む果実、凍結防止剤の成分に汚染された歯磨き粉、重要な安全部品の欠落したタイヤ等々。

多くのベトナム人消費者は中国製品の安全性について懸念しており、どんなに安くともこの隣国から来た製品を避けようとしているが、問題なのはそれが不可能に近いということである。

中国製品は、ドイツ、フランス、イタリア製のラベルで偽装されている物の他にも、中国からベトナムに密輸された多くのベトナム小物の偽造品が、近代店舗と伝統市場の両方にわたり、全国的に氾濫していると考えられている。

サイゴンにある従来の市場で販売されている果物や野菜の最大70%は中国から輸入されているが、その多くはベトナム製と表示されていることが、地元メディアの調査によって明らかになった。

世界銀行が今年発表したベトナムの食品の安全に関する報告書では、「食品の安全に対する国民の疑念は、常に中国製品に向けられている。しかしこのことは、信頼に足るデータとテスト情報による十分な裏づけがない。」と指摘した。

中国からの商品供給は公式には記録されていないと銀行が説明していることからも、サンプルに有害物質が含まれていると判明した場合であっても、その野菜の供給源を辿ることはほとんど不可能である。

こうした状況を鑑みると、買い物客らにほとんど選択肢は残されておらず、危険な偽造品を避けるために、友人や家族の助言を求めたり、自身の直感や経験に頼ったりするほかない。

ハノイ在住の主婦であるNguyen Thu Huyenさんは言う。

「中国産の食べ物、果物、野菜、衣料品に対し、地元消費者は警戒を強めています。私たちは中国産とベトナム産を見分ける方法を皆で話し合ったりしています。」

「皆が中国産の果物を避けています。」と彼女はハノイの近代スーパーの生鮮食品売り場に並ぶ、数多くの種類のオレンジをチェックしながら言う。

ハノイに住む30歳のNguyen Vu LeさんはHuyenさんに呼応し、「今や多くの消費者にとって、ベトナム製の商品、特に家庭用品、食料、衣料品は最善の選択肢とされています。ベトナム製は良質で価格も合理的だからです。」と言った。



(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年11月22日06:04

ベトナム:北部の製靴工場で駐輪場の廃止に抗議、8000人が職務放棄

工場が自転車やバイクでの入構を禁じ、近隣の駐輪場の料金は2倍にはね上がった。

10月2日、タインホア省の製靴工場で、工場内での駐輪を禁じられた労働者およそ8000人が職務を放棄する事態が発生した。

労働者らによると、Venus Vietnam Footwear Ltdは創業2年で、これまでは一部の労働者にバイクや自転車の工場敷地内への駐輪を許可していた。

それ以外の労働者は近隣の民間駐輪場に月額5万ベトナム・ドン(2.2米ドル)で駐輪していた。

しかし、同社は最近、工場構内への駐輪を禁止すると発表した。それに伴い、近隣の民間駐輪場では料金を月額4.4米ドルへと倍増させた。

VnExpressの取材に対し、ある労働者は「給与は低いのに、こうして次々と出て来る新たな出費には対応できない」と答えている。

この新たな駐輪場問題に加え、夜11時までの残業があっても夕食のための休憩が許されていないと指摘する労働者もいる。

同社の食堂もひどい状況にある。天気のよい日には暑すぎ、雨の日には雨もりがするという。

このストライキにより、同社近くを通る国道1A号線では昼ごろまで渋滞が発生した。

Ha Trung地区の労働局は事態解決のため、会社側、労働者側双方と協議を行うことを予定している。

先月には、タインホア省Thach Tahnh地区のS&H Vina Co. Ltdの労働者6000名が理不尽な就業規則に反発し、ストライキを起こした。

このストライキは5日間にわたって続き、工場側は最終的に労働者らの要求事項の半数以上を認めた。その中には、忌引取得3日前の申請の廃止などが含まれる。

ベトナムではストライキに関する法案の通過が度々遅れ、法律がまだ成立していない。そのため、労働者らによる抗議活動はすべて非合法ストライキとみなされる。

ベトナム労働総合連盟によると、2017年の1月から5月末まで、賃金の増額、労働条件の改善や残業拒否などを巡り全国で133回のストライキが発生している。

昨年の同時期と比較するとストライキの回数は24%減少したものの、ストライキに関与する労働者の数は増えたという。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年10月05日12:56

ベトナム:就業規則の緩和に合意、5日間にわたる北部縫製工場のストライキが終了

数千人の労働者にとって、家族の死去で忌引を取ると給与を減らされるという理不尽はもう終わった。

ベトナム中部タインホア省の工場の6000人以上の労働者が5日間にわたる違法ストライキを終えた。工場側は忌引でも3日前の申請を必要とする社内規則の撤廃など、労働者の要求事項の半数以上を受け入れた。

Thach Thanh地区の縫製企業S&H Vina Co. Ltd., の従業員らは、9月11日午前中に業務を再開した。

労働組合関係者は、給与、休暇や賞与についての16の要求事項のうち、工場側は10項目を認めたと述べた。

その他の要求事項に関しては、業績次第で検討されるという。

工場の労働者Nguyen Thi Tamによると、工場側は病気や家族の葬儀による急な休暇の取得を認めたという。

Tamをはじめとする数千人の労働者らは、理不尽な就業規則と、管理職による「非人道的」な扱いに反発しストライキを始めた。

同社はストライキ前には月1日の有給休暇しか認めていなかった。病気、事故や家族の死去による休暇でも、3日前までに申請することとなっていた。もし3日前までに申請できなかった場合、こうした理由は認められないとし、給与が減額された。

労働者らによると、証拠として死亡証明書を提出しても給与が削減されたという。

9月6日、労働者らが昼食後の休憩中に古い布を床に敷いて座ろうとしたところ、工場監督者がこの布を没収し、硬い床にそのまま座るよう命じたことで、不満が最高潮に達した。この工場監督者はその後解雇された。

S&H Vinaは2015年9月からタインホア省で操業し、輸出用衣類を生産している。

ベトナムではストライキに関する法案の通過がたびたび遅れ、法律がまだ成立していない。そのため、労働者らによる抗議活動はすべて非合法ストライキと見なされる。ベトナム労働総合連盟によると、2017年の1月から5月末まで、賃金の増額、労働条件の改善や残業拒否などを巡り全国で133回のストライキが発生している。

昨年の同時期と比較するとストライキの回数は24%減少したものの、ストライキに関与する労働者の数は増えたという。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年09月15日12:00

ベトナム:北部タインホア省の縫製工場で労働者6000人がストライキ

ベトナム北部タインホア省の縫製工場でおよそ6000名の労働者が就業規則を巡りストライキを開始したと9月7日に国内メディアが報じた。

Thach Thanh地区の縫製企業S&H Vina Co. Ltd.の労働者らは、同社の従業員に対する非人間的な扱いに抗議し、就業規則も理不尽で労働者の負担となっていると訴えている。

ストライキは9月6日の午後勃発した。労働者らによると、昼食後、地面に古い布を敷いて座っていたところ、監督者がそれを没収し、硬い床にそのまま座るように命じたと言う。

それに対し、2000名以上の労働者が仕事を中断し抗議のため集まった。その後さらに4000名ほどが集まり、会社の就業規則変更を求めストライキを始めたという。

ストライキは翌日も続き、労働者らは会社側に14項目の要求事項を提出した。要求事項には基本賃金の増額、子ども手当、勤続手当や交通費の支給などが含まれる。また、適切な産休、常識的な勤務時間、病気や緊急時の欠勤に対する罰則の廃止も求めている。

従業員らは同社の尋常でない就業規則にも反発している。現在、従業員は病欠や忌引きでも3日前に申請する必要がある。また、有給休暇も月1日のみである。

Thanh Hoa労働総合連盟とThach Thanh地区の行政関係者が問題解決に乗り出し、7日午前中に労働者と経営者側の協議の機会が設けられた。

7日午後までに、同社は6日の問題の端緒となった監督者を解雇し、労働者らの要求の一部を検討することに同意したとTui Tre紙は報じている。

ベトナムではストライキに関する法案の通過が度々遅れ、法律がまだ成立していない。そのため、労働者らによる抗議活動はすべて非合法ストライキと見なされる。ベトナム労働総合連盟によると、2017年の1月から5月末まで、賃金の増額、労働条件の改善や残業拒否などを巡り全国で133回のストライキが発生している。

昨年の同時期と比較するとストライキの回数は24%減少したものの、ストライキに関与する労働者の数は増えたという。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年09月12日11:13

ベトナム:国営繊維企業での6100万ドルの巨額損失をめぐり元幹部に逮捕状

問題の人物は昨年、査察で会社の違反が明らかになる前に出国したという。

ベトナム警察は26日、国営繊維企業の巨額損失の責任を問い、元企業幹部の逮捕状を全国に発行した。

容疑者であるVu Dinh Duy(42)は数ヶ月前にすでに出国していると報道されている。

2009年から2014年にかけ、Duyは国有の石油・ガス会社PetroVietnamと繊維大手Vinatexの共同出資企業であるPVTexのCEOを務めた。PVTexはベトナム北部ハイフォンでDinh Vuポリエステル工場を建設、操業していた。

政府の査察官は昨年末、様々な投資及び建設に関わる違反により工場の操業が非効率となっていたと結論づけた。PVTexは1兆4000億ベトナム・ドン(6160万米ドル)以上の損失を出し、操業からおよそ1年後の2015年9月に廃業した。

先週、警察はDuyとその他4人の元幹部に対する刑事告訴のための捜査を開始した。

たいした実績がないにもかかわらず、Duyは華々しいキャリアを積み重ねてきた。およそ5年間にわたりPVTexのCEOを務めた後、2014年にハイフォンの商工局の副局長に任命されている。

Duyはその後、商工省の下部組織である工業・環境安全局に移動した。

昨年10月に出国、逃亡する前にはDuyは国有の大手化学企業Vinachemの取締役であった。

本件はPetroVietnamの建設部問PVCに1億5000万米ドルもの損失を生み逃亡したTrinh Xuan Thanhのケースと非常に似た展開をたどっている。Thanhに対しては昨年9月に国際逮捕状が発行されている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年06月30日12:02

ベトナム:繊維工場の巨額損失をめぐり国営石油会社の元幹部を立件

操業開始から1年で閉鎖を余儀なくされた繊維工場の元幹部らが非効率的な操業の責任を問われている。

繊維工場での巨額損失をめぐり、公安省は国営石油会社PetroVietnamの5人の元幹部を刑事告訴した。

5人はDinh Vuポリエステル製造工場で「意図的に経済管理に関する国家規制に違反し、深刻な結果を招いた」責任を問われている。

政府の監査によると、PetroVietnam及び国営繊維企業Vinatexは7兆ベトナム・ドン(3億800万米ドル)を投資しベトナム北部のハイフォンでポリエステル繊維・糸工場を建設した。PetroVietnamが株式の74%を保有していた。

しかし、投資や建設に関連する数々の違反により、工場の操業が非効率になったと政府は主張している。

PVTexとも呼ばれるこの会社は、操業開始からおよそ1年後の2015年9月に閉鎖されるまでに1兆4000億ベトナム・ドン(6160万米ドル)以上もの損失を発生させた。昨年のメディアの報道によると、工場は競争力のない製品と高額なコストで財政難に落ち込んだという。

PVTexはベトナム国内のステープルファイバー需要の40%、糸需要の12%の生産を目標としていたが、その期待を裏切る結果となった。PVTexの製品は競合製品よりも高額で、品質も安定しなかった。

工場閉鎖時には9400トンのステープルファイバーと糸の在庫が残された。

製造コストも非常に高額だった。工場の年間電気代は当初の予測470万米ドルを大きく上回る1200万米ドルに達したとされる。従業員数も当初計画の2倍以上の1000人以上に膨らんだ。

この工場は2009年から2011年までPetroVietnamの会長であったDinh La Thang氏の政治的キャリアを実質的に終わらせた数々のスキャンダルの一つである。Thang氏はこの4月、共産党の意思決定機関から外され、ホーチミン市の党主席の地位も解任された。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年06月23日06:03

ベトナム:Zalora、Robinsのチェーンに統合される

Zalora Vietnamは、Nguyen Kimに譲渡されて1年が経過したが、このたびRobinsのファッションショップチェーンに合併された。

先週末よりzalora.vnのウェブサイトを訪問すると、ユーザーはrobins.vnにリダイレクトされ、ホームページには、「Robinsへようこそ。ZaloraはRobinsに名称変更しました」とのメッセージが明示されている。

VnExpressがセントラルグループ(RobinsとZaloraの2つのファッションショップチェーンを持つタイのグループ)に問い合わせると、メディア担当者は2つのブランドを統合し名称変更したことを認めた。

Robinsはセントラルグループの展開する商業施設で、2014年にハノイとホーチミン市に2つのショッピングセンターを建設した。この商業施設では、タイ製品が大半だが、世界中の多くの高級ブランドを取り揃えている。

一方、Zaloraはファッションに特化したECサイトである。Zaloraベトナムは2012年に設立された際には、Rocket Internet(ドイツ)のZaloraグループの一員だった。セントラルグループは、49%の株式を所有している子会社Nguyen Kim電気会社を通じて1年前にZaloraベトナムを取得。Zaloraベトナムの買取金額については、当事者両社は開示していない。

ファッションの分野では、Robins以外にも、セントラルグループはSuperSports、 Crocs、New Balanceというブランドを子会社を通じて運営しており、ベトナムのパートナーとフランチャイズ契約を結んでいる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年05月16日12:28

ベトナム:台湾資本のダウン縫製工場の火災は電気系統の故障が原因

ベトナム南部カントー市の警察は、台湾資本のKwong Lung-Meko縫製工場で3月20日から続く火災の原因は電気系統の故障であったと発表した。

27日午前中にカントー警察署で行われた会合でTran Ngoc Hanh大佐は捜査の結果を発表した。

すでに5日間も延焼を続ける現場で地元当局は鎮火のための努力を続けており、縫製工場に残る物品の運び出しなどを行っている。

消防士らは鎮火を試みているものの小規模な火災が起こり続けており、消火作業の効率性に疑問の声が上がっている。

Hanh大佐はこうした批判に対し、工場の閉鎖的な設計に加え火災が起こったのが中心部分であったために消防士が火元に近づくことができなかったためと説明した。また、工場内部に保管されていた羽毛などの可燃性物質の扱いが困難だったと述べた。

Hanh大佐は一般やメディアの間で広まった、水が足りないために消火できないという噂を否定した。大佐はいくつかのウェブサイトが火事やカントー市の対応について情報を歪曲して伝えたため混乱を招いていると述べた。

当局はまだ火災の全容を把握していないが、Kwong Lung-Meko社の損失は施設や機材の焼損で600万米ドル、原材料や物品の損失で700万米ドルと、現在までに少なくとも1300万米ドルに達したものと推測される。

Kwong Lung - Mekoは羽毛加工と縫製に特化しており、カントー市中心部から15キロほどのTra Noc工業団地に立地する。工場の延床面積は17,000平方メートルで1300人の従業員を擁する。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年03月31日06:03

ベトナム:南部カントー市の台湾資本縫製工場で大火災発生

死傷者は報告されていないが、火事が発生してから4時間後にはまだ火が燃えていた。

消防士たちは、木曜日の朝、ベトナム南部の台湾資本の縫製工場で噴火した大規模な火事と戦っていた。

死傷者は報告されなかったが、当局者は、彼らが地域軍からの支援を要請したと述べた。

火事は、南部カントー市のアパレル縫製工場Kwong Lung – Meko社が生地をストックしていた5階建ての建物の最上階で発生した。何百人もの労働者が建物から避難した。

火災は工場を全壊したが、損害の程度についてはまだわかっていない、と台湾人幹部は語った。「中に入ってみると、すべてが台無しになっていた」と彼は言った。

100人以上の消防隊員と数十台の消防車が派遣され、火災の広がりを食い止めた。

真夜中まで、建物はまだ約3キロ離れたところから見える黒い煙で覆われていた。

カントー市の人民委員会Vo Thanh Thong主席は、当局が地域の軍隊に支援を要請したと述べた。

火災が発生してから4時間後、炎は依然として燃え盛っていた、と地区関係者Nguyen Van Tuan氏は述べた。

Kwong Lung - Mekoは、羽毛加工とアパレル製造を専門としている。カントー市の中心から約15kmのTra Noc工業団地にある工場は敷地面積約17,000 m2で、労働者は1300人以上。

 

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年03月24日16:55

«前のニュース || 1 | 2 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る