インドシナニュース

ベトナム: 新型コロナへの対応より中国からの生産拠点移管がさらに進む可能性大(後)

(前編より)
過度の依存を避ける
自動車会社Truong Hai Auto Corporation(Thaco)の取締役会長であるTran Ba Duong氏は、政府の対策にあまり頼りすぎないように企業に警告した。
新型コロナウイルスにおける政府の最優先事項は、中小企業を含む貧困層と脆弱層を支援することである、とDuong氏は加えた。
政府の支援は、企業がそのような支援に過度に依存するのではなく、企業が自立するのを助けるべきです。現在、経済回復に役立つ解決策は、短期的な課題の解決と市場経済の原則の維持との間でバランスをとるべきですと同氏は付け加えた。
Duong氏はまた、新型コロナウイルス収束後の協調的かつ絶え間ない経済回復への努力を呼びかけ、進行中の新型コロナウイルスとの戦いで示された団結のように、すべての産業とセクターによって調整・支援されるべきである、と述べた。
Phuc首相は、ビジネスの調整と管理が良好であれば、新型コロナウイルスはベトナムに発展の機会をもたらす可能性があると述べ、企業は積極的に自らを再構築し、管理能力と生産を強化させる必要があると加えた。
企業は労働力および国内・国際市場を維持する必要がありますと述べた。
政府はまた、金融、市場志向、財政およびその他の政策を通じて、企業を多角的に支援するための良い環境を作り出すと加えた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年05月12日14:29

ベトナム: 新型コロナへの対応より中国からの生産拠点移管がさらに進む可能性大(前)

世界経済は中国へのサプライチェーンの依存度を低くすることを目指しているため、ベトナムの新型コロナウイルスへの対応は、ベトナムを魅力的な投資先にする可能性がある。
ベトナムの人口は9600万人を超え、中国と国境を接しているにもかかわらず、ベトナムではこれまでに新型コロナウイルスの発症は288件しか記録されておらず、死者はゼロである。一方、昨年発症地となった中国では8万3000人近くの発症および4600人以上の死者が記録されている。
計画投資省のNguyen Chi Dung氏はNguyen Xuan Phuc首相との土曜日のオンライン会議で、ベトナムの新型コロナウイルスの封じ込めは非常に効果的で、国の投資環境にとって有利に働き、経済回復を助け、ベトナムをグローバルなステージでの新たな位置に動かすことになる、と述べた。
国会の経済委員会による最近の報告によると、新型コロナウイルス禍でのベトナムの安全性への信頼のため、海外投資家はベトナムへのシフトを検討しているという。間違いなく、米国と韓国のテクノロジー企業は最近、脱中国・生産の多様化を推進しており、一部の企業はベトナムを選択したと報告書は述べている。
たとえば、日経アジアレビューレポートによると、Apple社は今四半期に300〜400万個のワイヤレスイヤホンAirPods、またはクラシックAirPodsの総生産量の約30%をベトナムで生産する計画を立てているという。また、ベトナムで数百万台のAirPodユニットが生産されるのはこれが初めてである、と加えた。
さらに、ロイター通信は3月、サムスンがハイエンドのスマートフォン生産ラインの一部をベトナムにシフトすることも検討していると同社広報担当者より引用し報じた。
機会をつかむ
新型コロナウイルス収束後、海産物の生産・輸出は増加すると予想されていると、ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)のTran Dinh Hoe事務局長は語った。新型コロナウイルス収束後、食糧、特にシーフードの需要は劇的に増加する可能性があると同氏は述べた。
Hoe氏は、ベトナムの水産物生産における主な競争相手であるインドやエクアドルなどの国々は、感染症を抑制するために検疫と封鎖措置を課さなければならず、それにより彼らの生産と輸出は約50%程削減するだろうと述べた。
同氏はまた、インドネシアやタイなど、水産物生産・輸出が約30%削減する可能性がある国でも同様のことが言えると語った。
主要な競合国がベトナムと比較して新型コロナウイルス収束後の生産回復の遅れに直面すれば、それは我々にとって巨大な機会となるだろうとHoe氏は述べた。
VINATEX会長のLe Tien Truong氏は、繊維産業についても、収束後から徐々に需要が増加すると予想されていると語った。そのため、繊維産業を含む生産事業は、軌道修正を行い、この機会をつかむ準備をしなければならない、と同氏は語った。
(後編に続く)

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年05月12日12:23

ベトナム:Eコマース、パンデミックによる需要の増大の活用に失敗

主要なEコマース・プラットフォーム3社のウェブサイト・トラフィックは、第1四半期に注文反応の鈍化により、前年同期比で平均9%減少した。

マレーシアに拠点を置くオンラインショッピング情報に詳しいiPrice Group のレポートによると、ベトナムの Sendo は月間訪問数が 20%減の 1760 万件と最大の落ち込みを見せ、シンガポールの Lazada は 7%減、ベトナムの Tiki はほとんど変化が見られなかったという。

報告書によると、これらのEコマース企業はヘルスケア製品のプロモーションに遅れをとっており、ほとんどの企業が最初の2ヶ月間はファッション、電子機器、化粧品を売り込み、3月にはマスクや手指消毒剤を売り込んでいたという。

ベトナムでは1月末に初めての新型コロナウイルスの感染を記録し、感染数の増加により3月には多くの企業が閉鎖に追い込まれた。

iPriceのデータによると、2月のマスクと手指消毒剤の検索数は1月の7倍、8倍に急増しており、ヘルスケア製品のプロモーションはもっと早く行われるべきだった。

「この反応の遅さが、Eコマースが 新型コロナウイルスによってもたらされた機会をフルに活用できなかった一因となっている」とレポートは明らかにしている。

トラフィック低下のもう一つの理由は、ベトナムでは食料品に特化したウェブサイトの数が少ないことだ。

オンライン食料品の需要は、企業が従業員に在宅勤務を許可した3月から伸び始めた。しかし、ベトナムのEコマースサイトのトップ50のうち、青果物のオンラインショッピングに特化したサイトは2つだけだった。

ファッション小売サイトは前四半期と比較してトラフィックが38%減少し、家電小売サイトは5%の微増となった。

「ファッションや電子機器など、ベトナムの電子商取引の "黄金の卵 "カテゴリーは、流行中にマイナスの影響を受けた 」と報告されている。

第1四半期には、シンガポールのShopeeが月間4,320万件の訪問者数でトップを維持し、Tiki、Lazada、Sendoがこれに続いた。

ベトナムのインターネット経済は昨年120億米ドルと推定され、2015年からの年間成長率は38%で、グーグル、シンガポールを拠点とする投資会社テマセク、米国を拠点とするグローバル経営コンサルタント会社ベインによる「e-Conomy Southeast Asia report 2019」によると、2025年までに430億米ドルに急増すると予測されている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年05月05日10:56

ベトナム:マスク輸出規制を解除

新型コロナウイルスのパンデミックの中で、国内需要が満たされている限り、海外での医療用マスクの需要増加に対応すれば、国内のメーカーは利益を得ることができる。

そのために、グエン・スアン・フック首相は医療用マスク、防護服、医療機器の輸出制限を解除することを許可した。

グエン・スアン・フック首相は、医療用マスク、防護服、医療機器の輸出制限を解除し、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた国にのみ輸出できることを強調した。

以前の政府決議では、企業の生産量の25%の輸出上限を課していた。

Phuc首相は保健省に対し、政府がこの決議を調整するための手続きを早急に行うよう促した。

マスクや医療機器の需要は多くの国で高く、ベトナムはこの機会を逃すべきではない、と同首相は述べた。

保健省によると、ベトナムには医療機器の輸出企業が68社あり、商工省はこのうち50社で月に2億枚のマスクを生産できると試算している。

多くのアパレル生産会社は、米国やEUのバイヤーから数億枚のマスクの注文を受けている。

業界関係者によると、アパレル製品からマスクにシフトすることで、企業は生産を継続し、従業員に支払いを行うことができ、4億7000万ドル以上と推定される注文のキャンセルによる損失を軽減することができるという。

ベトナムには約6800社の繊維企業がある。昨年の輸出額は328億米ドル(前年比7.8%増)で、米国、EU、日本が最大のバイヤーとなっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月17日17:00

ベトナム:大手履物メーカー、新型コロナウイルスのリスクを理由に一時閉鎖か

ホーチミン市は、新型コロナウイルスの安全性に関する懸念があるため、大手履物メーカーPouyuen Vietnam Co. Ltd.を一時操業停止するよう首相に要請した。

台湾資本のこの大手靴メーカーの一時操業閉鎖が必要とされるのは、同社が3交代制で7万人近くの労働者を雇用し、毎日800台以上の車両を輸送に使用しているため。ホーチミン市人民委員会のNguyen Thanh Phong委員長は、土曜日遅くに首相に宛てた手紙の中で、新型コロナウイルス感染症のリスクが高いことを意味すると述べた。

Pouyuen 社で新型コロナの集団感染が起これば、近隣の企業の労働者にも広がり、HCMC の4 つの隣接した省、ロンアン、ティンザン、ベンチェー、タイニンにも拡大するだろう。そうなると、事態は深刻化する。

そのため、Pouyuen社は4月13日から15日まで、ベトナムの社会的距離を空けるキャンペーンの終了日である4月13日から15日まで操業停止するように命じるべき、と書簡は述べている。

市は4月6日にPouyuen社の敷地内を検査し、この会社の新型コロナウイルス感染リスク指標が81%であると発表したが、市の規則では新型コロナウイルス感染リスク指標が80%以上の会社は一時的に閉鎖しなければならないと規定されている。

新型コロナウイルス感染リスクを測定するための指標は、同一地域で同時に働く従業員数、工場内の1平方メートル当たりの作業員密度、出入り時の手洗い率、作業中のフェイスマスク着用率、入社前の体温チェック率など10項目に分かれている。

「市はPouyuen社が新型コロナウイルスの危険因子を是正する努力をしていることを認めているが、市衛生局と労働・傷兵・社会局の双方は、ホーチミン市人民委員会に対し、労働者の絶対的な安全を確保するため、同社の操業を一時的に停止するよう要請している」と、行政側は首相に伝えた。

土曜日、市政府はPouyuen社とワーキングセッションを行い、同社はその後、同社の敷地内で新型コロナウイルスの危険因子を減らすためのいくつかの新たな対策を実施した。

これには、社員食堂の食卓に遮蔽物を設置して、食事の際に社員同士が直接接触しないようにすること、社員が同時に同じ場所に集まりすぎないようにシフトを変えて働くようにすること、毎日会社に出入りするすべての人の体温をチェックすることなどが含まれると同社は述べている。

ホーチミン市には45万社、380万人の労働者がいる。ハノイ市の新型コロナウイルス症例数は54件でハノイ市に次いで2位で、そのうち40件が退院している。ハノイ市は現在、121人の症例があり、58人が退院している。

ベトナム全体では日曜日の朝の時点で、144人が退院しているが、114人が治療中である。

月曜日に、Nguyen Thanh Long保健副大臣は、ベトナムがウイルスのコミュニティ感染を抑制するために、4月1日から15日までの期間を超えて、社会的距離を置くキャンペーンを延長することを提案した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月14日05:53

ベトナム:コロナウイルス感染が流行しているが、オンラインショッピングの急増は見られず

ベトナムの電子商取引部門は、コロナウイルス感染のパンデミックの逆効果をまだ享受しておらず、業界関係者によると、ビジネスは実際には落ち込んでいるという。
ベトナムの電子商取引サイトShopeeのTran Tuan Anh社長は、オンラインショッピングにおいてパンデミックに牽引された急増は見られないと述べている。
業界のリーダーたちは以前、消費者が社会的な距離を置き、外部への旅行や人との接触を制限することを実践しているため、ブームになると予測していた。
分析サイトSimilarwebによると、Shopee、Tiki、Lazada、Sendoを含むベトナムのEコマースサイトのウェブ訪問数は、実際には最初の2ヶ月間で前年比14%の減少を記録した。
1月上旬に比べて30~50%減少した後、多くの商品の需要はまだ回復の兆しを見せていない。ファッションや観光に直接関係する商品(旅行券、荷物、水着など)はマイナスの影響を受けているが、電子機器や化粧品は伸びていないとiPriceの担当者は指摘している。
ベトナムEコマース協会(VECOM)のNguyen Ngoc Dung副会長は、オンラインショッピングは流行中の消費者の間で人気があるが、買い物客は業界全体の成長を促進する代わりに、必要不可欠な商品の購入に集中している可能性が高いと述べた。
一般的に、経済全体の購買力が低下しており、消費者がベルトを締めることで多くのグループの商品の売上が減少する結果となっている。
3月17日の朝遅く、Tikiの担当者は、サイト上で最も求められているアイテムの中にフェイスマスク、ウェットティッシュ、空気清浄機が含まれていることを確認した。サイトは、このグループの製品に毎分4000-5000顧客の注文を記録した。Tikiは、このようなアイテムのオンライン需要が2019年の過去2カ月間と比較して15%急増したことを記録した。
iPriceによると、特定の消費者向け主食品や医療用品のオンライン需要が急増した。フェイスマスクとハンドサニタイザーの需要はそれぞれ600倍、100倍に増加した。
電子商取引プラットフォームでの販売者へのサービス提供を専門とするEComEasy(ECE)の創業者兼CEOのNguyen Tran Bich Ngoc氏は言う。
「各家庭の少なくとも2人は、オンラインで感染急増についての詳細情報を読んでから、リーズナブルな価格でフェイスマスクを購入するために検索するだろう。したがって、電子商取引サイトは、新しい顧客を引き付けるために、これらのアイテムを宣伝することに焦点を当てています」
GlobalDataによると、ベトナムのeコマース市場は、昨年の218.3兆ベトナムドン(94億米ドル)から2023年には399.5兆ベトナムドン(173億米ドル)に成長すると予測されている。
2016年から2020年の間にベトナムの人口の3割近くがオンラインで買い物をしており、年間の売上高は1人あたり350米ドル前後となっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年04月06日06:01

ベトナム:繊維産業、4億7300万ドルの新型コロナによる損失に備える

コロナウイルスのパンデミックは、ベトナムの繊維産業に11兆VND(4億7300万ドル)の損失をもたらし、数百万人が職を失う可能性がある。

ハノイを拠点とするVinatexのLe Tien Truong最高経営責任者(CEO)は、この数字は5月にパンデミックが収まり、世界経済が6月に回復し始めるという仮定に基づいて計算されたものだと述べた。

今月中旬以降の契約解除を織り込んだ試算だと、他の繊維企業22社との会合で語った。「大企業になればなるほど、解約率は高くなる」と述べた。

ハノイに拠点を置くGarment 10株式会社(Garco 10)が生産した4万枚のシャツは韓国のバイヤーに引き取られておらず、来月も3万9000枚の注文をキャンセルしている。

Garco 10のThan Duc Viet最高経営責任者(CEO)は、米国の別のバイヤーが数十万枚の製品の継続的な生産を中断していると述べた。

「バイヤーからの輸入停止のニュースはもう聞きたくありません。これが大規模に起きれば被害は深刻です。」

ダナンを拠点とするHoa Tho Textile and Garment株式会社は、50万点の商品がキャンセルまたは遅延していると報告した。

在庫は別の問題である。同業界は毎月約15億ドル相当の資材を輸入しているが、契約の20%がキャンセルされた場合、約3億ドル相当の資材が未使用の在庫となり、時間の経過とともに価値を失うことになるとTruong氏は述べた。

ベトナムの輸出額で国内第3位の繊維産業は、先月、中国からの原料調達に苦戦した。

サプライチェーンがほぼ復活した今、生産者は、繊維輸出全体の60%以上を占めるEUや米国などの主要市場への販売に苦戦している。

Truong氏は、今回の契約解除は生産者の収益損失につながり、今後2ヶ月間に280万人の繊維労働者の30~50%の雇用削減につながると述べた。

ベトナム繊維協会(Vitas)はこのほど、労働・傷兵・社会省に対し、パンデミックの影響で失業した繊維労働者に50%の基本給の支援を行うよう求めた。

この支援により、業界での大量の雇用削減を防ぐことができるという。

Vinatexは、政府が地元の生産者がマスクのような防護製品を他国に輸出して収入を増やすことを認めることを提案している。

ベトナムには約6800社の繊維企業がある。ベトナム税関によると、昨年の輸出額は328.5億米ドルで、前年比7.8%増、米国、EU、日本が最大のバイヤーだったという。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月31日11:56

ベトナム:偏った配分によるマスク供給

供給急増の中で、現地で生産されたフェイスマスクは、流通の難しさからベトナム全土で不足している。
商工省工業庁のNgo Khai Hoan副局長は、最初の3か月で地元のメーカーが5700万点の布マスクを提供し、必要に応じて1億枚に引き上げると述べた。
中国の繊維工場が操業を再開したため、ベトナムの製造業者は再びそこから材料を調達できると、彼は最近の会議で述べた。
「ベトナムの繊維産業は、国内需要と輸出用のマスクを完全に製造できます。」
ただし、一部の店舗では1人あたり5‐10個のマスクしか許可されていないため、地元の消費者は依然としてマスクを買うのに並ぶ必要がある。
このアイテムは、ベトナムでマスクの着用が義務付けられた3月16日以降、需要が高まっている。
この供給と需要のギャップは、製造業者と販売業者とのコミュニケーション不足が原因であるとHoanは述べた。
ほとんどのメーカーはアパレル製品メーカーであり、需要の急増によって今年になって初めてマスクを作りはじめたため、依然として適切な販売チャネルが不足している。
政府がこれらの製造業者からマスクを購入し、消費者に販売することを彼は提案した。
ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Cam副会長は、政府の購入により需要と供給のギャップが縮まり、すべての消費者が製品を購入できるようになると述べた。
Tran Tuan Anh商工相は、政府がこれらのマスクを購入して貧しい人々や病人に無料で配布すると述べた。
ベトナムでは、地元の人々が水曜日の時点で国内の75人に感染したウイルスからの保護を求めているため、新しいコロナウイルスの流行が始まって以来、フェイスマスクの需要が高まっている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月20日18:35

ベトナム:中国の原料不足の中で企業は閉鎖に直面

ベトナムの繊維・履物および電子機器のメーカー各社は、原料が不足しており、Covid-19の流行が続く場合は生産を中断する必要がある。

多くの企業は、3月まで生産を維持するのに十分なだけだと、商工省工業局のTruong Thanh Hoai局長は水曜日に開催された会議で、影響を受けた産業を支援する方法について話し合った。

疾病の流行で最も大きな打撃を受けた国である中国は、製品の主要消費者であることに加えて、ベトナムの産業にとって最大の原材料供給源。

Hoai局長は、繊維・履物及び電子機器がコロナウイルスの流行によって直接影響を受けた部門の一つであると述べた。

中国から部品の70%以上を輸入している自動車産業は、第1四半期末までに材料不足に苦しむだろうと彼は言った。

「多くの企業は、3月または4月上旬まで続く生産資材しか持っていません。その後も、Covid-19の流行が続く場合、生産を部分的または完全に停止する必要があります。」

今月初め、ベトナム繊維協会のTruong Van Cam副会長は、3月以降に原料不足が続く場合、多くの企業を閉鎖する必要があると示唆していた。

Hung Yen Garment CorporationのNguyen Xuan Duong会長は、同社は今月末まで持ちこたえるのがやっとだとVnExpressに語った。

納品が遅れるために客先が注文をキャンセルする可能性に加えて、疾病の流行が第2四半期まで続く場合、これは会社に数百万ドルの損失をもたらす可能性がある。

VinatexのLe Tien Truong社長は、同社の子会社の多くが、原料不足のために納品を2〜3週間遅らせるよう客先と交渉しなければならないと述べた。

半月の納品の遅れは、繊維・アパレル産業に15億から20億米ドルの損失を引き起こす可能性がある。

中国と韓国での疾病の流行によって引き起こされた不足は、今年の最初の2か月でベトナムの工業生産に影響を与えた。

製造業はこの期間に6.2%しか成長せず、前年比で2ポイント減少した。

Tran Tuan Anh商工相は、主要市場の需要も流行の影響を受けるため、対策を講じるだけでなく、省庁に状況の監視と予測の実施を指示している。

「私たちは悲観的ではありません。しかし、私たちは先を見越したままでいなければなりません。」

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年03月02日05:55

ベトナム:コロナウイルスにより原料輸入ができず、繊維各社、操業停止に直面

ベトナムの繊維企業は、コロナウイルスの発生により中国からの材料の輸入が妨げられ、操業停止の危機に直面している。

ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Cam副会長は、最近のフォーラムで、多くの中小繊維生産者が今月末までに原料を使い果たし、来月は操業停止する必要があるかもしれないと語った。

業界の約90%を占めるこれらの企業は、労働時間を短縮しており、コロナウイルスによる供給の注文は未処理のまま、と彼は説明した。

繊維材料の60%が供給されている中国との限られた国境を越えた貿易により、生産者はタイ、インドネシア、韓国、日本でのバイヤーへの供給に苦労している。

ウイルスの拡散を封じ込めるに封鎖措置が採られた北部ビンフック省のBinh Xuyen地区では、スタッフが隔離されているため、多くの縫製工場が最小能力でしか稼働していない。

中国への輸出も苦戦している。ベトナム綿紡績協会(VCOSA)は、ほとんどの生産者が国から綿の注文が急落していると報告しており、今年の利益を懸念していると述べた。

ベトナムの1月の繊維輸出は前年比23.5%減少し、輸入は28.5%減少した。

「業界はこれほど急激な低下を経験したことはありません」とCam副会長は言い、7日間の旧正月休み(1月23日から29日)とコロナウイルスの発生を非難した。

信用格付け会社Fitch Groupの一部門であるFitch Solutionsは、中小規模の繊維生産者は、失業と操業停止が予想されるため、代替の原料供給先の開拓に苦労すると述べた。

貿易部のTran Thanh Hai副主任は、コロナウイルス流行が封じ込められた後でも、中国の輸入に依存しているため、業界は依然として苦労すると述べた。

中国企業は3月中旬までフル稼働を再開せず、インドネシア、インド、バングラデシュ、ブラジルの潜在的なソースがあるため、一部の企業は代替市場を探している。

関係者は、コロナウイルス流行の中で繊維企業を支援するために、より低い道路と港の関税を提案した。

服飾生地は昨年、ベトナムで最大の輸出分野の1つであり、2018年から7.8%増加し328億米ドルに達した。

米国は最大の輸出市場であり、EU、日本がそれに続く。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2020年02月29日20:33

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る