インドシナニュース

ベトナム:MXP、世界発展戦略のために自動化技術を駆使した第7工場建設へ

2019423日、ベトナムの大手アパレル製造・輸出会社の1つであるMXP JSCManufacturing Sportswear Joint Stock Company)は、タイビン省で7番目の工場の建設を開始した。これは、生産規模と生産量の拡大を図ると同時に高度な生産技術を適用するという重要なステップで、第4次産業革命時代にベトナムの繊維・アパレル業界で最も著名な「スマート工場」になるという同社の長期的な開発戦略を満たすための一環である。

MXP7工場は、タイビン省Quynh PhuQuynh Xa地区に建設される。プロジェクトの総投資額は総額1600万米ドルで、約8万㎡。完成は2020年の第1四半期の予定。

MXPは、FastReactERPHRM、イーオフィス、GSD、データ入力の自動化とレポートシステムの自動化を含む4.0 技術をソフトウエア運用に適用するパイオニア。MXPの第7工場ではこれらのシステムがアップグレードされ、より高度なパフォーマンスとよりよい品質の製品を生み出す。年間200万点の生産能力を持つ最新製造ラインのシステムを装備し、最大3500人までの全従業員を抱えるMXP7工場は、MXPのハイテク投資の現行戦略の極めて重要なプロジェクトとなる。MXP2030年までに従業員を15000人から3万人に倍増させ、生産能力を年間1000万点から2000万点に拡大する計画を持つ。

2019年のMXP7の建設は、特にMXPとテキスタイル市場全般の年間輸出高を確保するための大きな転機です。MXPは、グローバルに拡大し世界をリードする企業への信頼できる高品質のサプライヤになるための長期的な開発戦略において一歩先んじています」とMXPのセールスディレクターであるTran Quang Hao氏は述べた。MXPはすべての製品の定時配達パフォーマンスと品質保証という事業原則にコミットし、The North FaceLululemonUnder ArmourPatagoniaGAPMarmotREI、その他の著名なブランド向けに生産している。MXPが作った製品は通常、米国、カナダで販売され、欧州、アジアにも進出している。

近年、ベトナムは世界最大の繊維サプライヤーの1つとして浮上しており、総輸出高は360億米ドルを超えている。「2019年のMXP7工場への投資と建設は、4.0テクノロジーへの投資戦略と有能な人材の重視とともに、MXPの競争上の優位性を促進するために不可欠です。」とHao氏は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月24日13:58

ベトナム:イタリアから多数の紡績・縫製機械メーカーが繊維産業展示会に参加

安価な労働力で縫製産業の中心的生産地となったベトナムは現在、ヨーロッパ及び米国市場への主要供給国である。ベトナム繊維・縫製産業の世界における重要性が増すにつれ、ベトナム国内では生産施設の刷新と技術面での近代化が優先課題となっている。

現在、ベトナムは紡績・縫製機械製造業者にとって安定した主要市場である。ベトナムはイタリアの紡績機械産業の輸出市場上位10か国のひとつとなった。2016年1月から10月のベトナムへの輸出は前年同期から6%増加し3900万ユーロであった。

ホーチミン市で4月5日に開幕する紡績縫製機械の主要展示会サイゴンテックスではイタリアの機材や技術が大きく紹介される。イタリア貿易庁とイタリア紡績機械製造業協会の共同展示スペースには12の企業がスタンドを設置する。

ブースを設置するのは全てイタリア紡績機械製造業協会の会員で、Brongo、Carù、 Cibitex、Ferraro、JK Group、Lgl、Marzoli、Mcs、Mei、Ptmt、Roj、Texmaの12社。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年03月06日12:04

ベトナム:FTAでヨーロッパ小売市場の拡大へ

EUの通商代表や専門家や財界人らによると、EUがベトナムと結ぶ自由貿易協定は、ヨーロッパにおける小売業の成長と雇用拡大、そしてベトナムの発展を促すと言う。9月14日、ブリュッセルでのイベントでベトナム大使館がEUやBusinessEuropeに向けた演説をし、協定の速やかな批准と協定の発効への働きかけをする両者の交渉担当主任と代表者にEU貿易連合代表が参加した。

「ベトナムが中国に次ぐ日用消費材の生産国である事と、ベトナム国内における小売業への投資に対する関心の高まりから、EUの小売業界はベトナムに二重の関心を抱いています。」外国貿易協会貿易政策主任Pierre Gröning氏は述べた。

この領域の潜在的な利益規模は莫大である。「小売業にとってベトナムとのFTAは、(アメリカとの)TTIP、(カナダとの)CETA、そして日本との協定を合わせたものより重要です。」Gröning氏は述べた。

EUの小売業は、現在日用消費材の8%をベトナムから輸入している。それは中国の50%からは程遠いものの、急速に成長しており、またEUへの輸入コストを引き下げるFTPの関税廃止により急成長が見込まれている。

主要輸出品目の中でも、繊維・織物は1550万米ドルと取引高が増加し、2016年の8か月間で対前年4.2%増、また履物は860万米ドル、8.1%増であった。FTAがなくとも、EUのベトナムからの輸入は2015年に3.2%増加している。センシティブな分野であることから、関税の完全撤廃は7年間で段階的に行われる。衣類の原産地規則により、EUの他のFTA締結国である韓国産の布を除き、ベトナムで生産された生地の使用が求められる。

ベトナム市場もまた、欧州生産者や小売業者にとって魅力がますます増している。FTAにより、2020年までに中流階級が3000万人に達すると予想される9000万人の消費者市場に、自動車やバイク、医薬品、アルコール飲料といったヨーロッパ製品が関税なしで輸入可能となる。ベトナムで生産された製品は、世界最大の自由貿易地域である環太平洋戦略的経済協定(TPP)と共に、6億3000万人以上の力強いアセアン経済共同体に関税なしで輸出できる。

「ベトナムは大変魅力的な投資先です。」商工省のTran Quoc Khanh副大臣は述べる。「ベトナムで生産されたものは、世界のほぼ全てに無関税で輸出できるのです。」

協定はまた、一人当たりの国民所得が1986年の100米ドルから2015年の2100米ドルと、並外れた成功例とすでにみなされているベトナムの発展をさらに高めると見込まれている。「発展は経済成長によって促され、経済成長は輸出によって促されました。我々(EU)は、開発援助から交易へと前進し、ベトナムがそれに答えたのです。」

EUが開発途上国と締結する初の包括的貿易協定であるFTAには、持続可能性に関するしっかりとした章が含まれている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年09月21日06:03

ベトナム:イタリアの機械メーカー各社、繊維産業展示会SaigonTexに出展

ベトナムは今日、繊維機械メーカーらにとって一大市場となっている。安価な労働力を背景に縫製分野での製造拠点として台頭したベトナムは、最近EUや米国と調印した自由貿易協定により縫製分野でさらなる成長を遂げようとしている。

イタリア繊維機械製造業者協会(ACIMIT)のRaffaella Carabelli会長は「近年の情勢の変化により、中期的にベトナムの繊維製造業者からの繊維機械の需要が上昇すると予測しています」と話す。イタリアの繊維機械企業にとって、ベトナムはすでに第8位の輸出市場であり、2015年1月から9月までの輸出額は3100万ユーロに達し、前年比で53%の伸びであった。最も需要が高いのは仕上用機材と製糸機械である。

2016年3月30日から4月2日までホーチミン市で開催される繊維産業展示会SaigonTexはベトナム繊維産業の実際の成長を示すリトマス試験紙となるだろう。イタリア企業の海外でのプロモーションや国際化を担当するイタリア貿易機構とイタリア繊維機械製造業者協会(ACIMIT)が企画する共同展示エリアで、ACIMITのメンバーである12の機械製造企業が展示を行う。A. Piovan、Beta Machinery、Carù、Fadis、Ferraro、JK Group、Mei、Pozzi Leopoldo、Pugi Group、Ratti、Rollmac、Tonelloの各社が参加を予定している。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年02月17日19:20

ベトナム:TPP交渉、合意において重要な進展を遂げる

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉責任者らは、包括的で高水準の合意へ動き続けることによりさまざまな問題における進展を遂げ、10日間の集中的な会議を終えた。

「私たちは作業計画を絞り込んでいこうと約束しました。それによって勢いをつけ、継続的な進展が得られるのです。関係各国すべてが、TPPの描く莫大なチャンスを開かれるという結論に達することを望んでいるわけですから。」とTPP米国交渉責任者Barbara Weisel女史は語った。

米国はTPPを通じ、活力に満ちたアジア太平洋地域での貿易•投資の枠組み確立に取り組んでいる。アジア太平洋地域は貿易拡大により米国の雇用創出を支援しており、過去5年間で米国の経済成長率の約3分の1を占めている。

米国はまた、透明性や良好な統治、強固で法的強制力のある労働環境や環境基準など、TPP交渉で米国の基本的価値観を促進する、革新的な規則を確立するための手順を踏んでいる。

ハノイでの会議で、米国とTPP交渉国であるオーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムは、多くの問題をうまく解決し他の分野での隔たりを埋めた。加盟国らは、国有企業、知的財産、投資、原産地規則、透明性、腐敗対策、労働において重要な進展を遂げた。

また、商品、サービス・投資、金融サービス、政府調達といった互いの市場への優先的アクセスのための大がかりなパッケージを構築する事業を進め続けた。

米国とその他11ヶ国のTPP加盟国では、未解決の問題の数減少しており、テキスト及び市場アクセスのパッケージの含む残された課題を、可能な限り迅速に解決するため責任を共に負っている。

この作業を進めるためにMichael Froman大使は、今後数週間多くのTPP交渉相手国と協議する。来週にはワシントンD.C.でベトナムのNinh副首相と会う予定であり、TPPに関わる大臣との会議が引き続き行われる予定となっている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年09月26日06:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る