インドシナニュース

ベトナム:Eclatがデジタル繊維プリント工場を設立

Eclat Textile Co(儒鴻)は7月26日、今年、8億-10億台湾ドル(2635万-3294万米ドル)を投資し、台湾に利益率の高いデジタルプリント繊維製品の工場を設立することを発表した。

繊維・縫製企業であるEclatの新工場は2018年第2四半期に操業開始予定で、月間20万ヤード(182.88 km)のデジタルプリント繊維製品生産能力を持つ予定であると述べた。

従来の輪転機によるスクリーンプリントに比べ、デジタルプリントはグラフィックデザイン用のソフトウェアによるプリント技術を使うもので、製造プロセスにおける廃棄物を効果的に減らすことができる。

この拡張計画は高付加価値製品を提供することで他社との差別化を図るという同社の事業戦略に沿ったものであるとEclatは述べた。

「新技術の立ち上げはEclatの来年度総利益をさらに向上させる助けとなる」と同社のRoger Lo(羅仁傑)副社長は電話インタビューで述べた。アパレルブランドの取引先からの高価格帯製品への需要は伸びているという。

台湾証券取引所の資料によると、同社の今年第1四半期の総利益は26.8%で、前年同期の26.7%から上昇した。

Lo副社長はプロジェクトの詳細について協議するための取締役会が近く開かれるとして、新工場の立地場所については明かさなかった。

企業データによると、Eclatは苗栗県の後龍鎮、桃園県の大園区、ベトナムの3つの布地工場を経営している。

同データによると本社は新台北市にあり、月間2600トンの布地を生産している。

今期、同社はベトナムの2工場での生産能力の向上を目指しており、総生産能力を現在の月間620万ユニットから750万ユニットへと向上させようとしている。

今年の最初の6か月間、同社の売り上げは11億9000万台湾ドルで、前年同期を2.9%下回った。

大和キャピタルマーケッツのアナリスト、Helen Chienが7月10日に発表したレポートによると、同社の大手顧客であるスポーツウェア企業、Nike Inc, Under Armour Inc., Addidas AG等の在庫レベルが通常レベルに戻っているため、今年第2四半期の売り上げは大幅に上がると予想されている。

大和の報告書によると、ChienはEclat社は今期Amazon.com Incなど、eコマース企業からの新規発注で利益を上げるだろうと予測している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年07月29日05:59

ベトナム:台湾繊維メーカーが新設工場に期待

台湾の繊維メーカーFar Eastern New Century Corp (遠東新世紀)社は昨日、生産能力拡大計画が完了する2020年には、ベトナムが同社にとって三番目に大きな生産ベースになるだろうと述べた。

「企業の総売上においてベトナム工場が生み出す収入は、現時点では5%以下ですが、向こう3年間で30%を占めるまでになる見込みです。」匿名希望の同企業役員が電話でのインタビューにて説明した。

この予測は、2大生産拠点である台湾と中国への依存を軽減するという同社の経営戦略とも一致するという。

台北に拠点を置くFENCは昨年、2015年より0.4%減となる、1324億台湾ドル(43.6億米ドル)の売上であった。

企業データによると、総売上の内台湾工場が占めるのが60%で、中国工場は40%に貢献している。

ベトナムの生産能力拡大により、2020年の総売上で台湾が占めるのは40%、中国が占めるのは30%となる見込みだとFENCは述べた。

生産能力の拡大は、東南アジアにおける布地・衣服の完全サプライチェーンを創り上げることを目的としており、7億米ドルのコストがかかると見込まれている。

幅広い種類の石油化学製品や繊維製品を生産する同企業の、ベトナムにおける生産キャパシティは、200万ダース近くあることが企業データに示されている。

拡大計画の一部として、ニット製品を生産する新工場が当四半期に操業を開始し、来年末までにはポリエステル製衣類を生産する新工場が複数生産を開始する予定である。

創業66年となる同企業はいくつかのハイエンド製品の発売も予定しており、短期的に売り上げが伸びることが期待されている。

拡大する自動車の安全部品市場に注目し、FENCではエアバッグやシートベルトを作るのに使われるナイロン製品の生産能力拡大を検討している。

また同社では、台湾・中国工場におけるオムツや生理用品向けのポリエステル短繊維の生産能力拡大も計画している。

昨年の収入63億台湾ドルをベースとした現金配当0.8台湾ドル、または一株につき1.26台湾ドルの収益という同企業の提案は、水曜に株主達によって承認された。

FENCは、台湾でFar EasTone Telecommunications Co (遠傳電信)など携帯電話事業やデパートメントストアも手がけるFar Eastern Group (遠東集團)の子会社である。

グループ内の関連ユニットに対する再投資も含め、FENCの資産は合計5200億台湾ドル近くになる。

ポリエステル・繊維事業は昨年企業の総資産の28%を占め、再投資と不動産部門はそれぞれ42%、30%となったとデータは示している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年07月05日09:25

ベトナム:Quang Viet社、繁忙期の売り上げに前向きな見通し

台湾の繊維メーカーQuang Viet Enterprise Co(廣越)は6月5日、ダウンジャケット販売の繁忙期を控えた年末までの事業見通しが前向きであると説明した。

台北に本社を置く同企業は、スポーツウェア・機能服の世界企業向けのハイエンドなダウンジャケットを生産しており、ナイキやアディダス、ノースフェイスなどをトップクライアントとして擁している。

「第一四半期と第二四半期の売り上げがそれぞれ通年の5%、25%のみであるのに対し、第三四半期は例年、売上合計の50%を占めます。」とIR(投資家向け広報)担当者は電話でのインタビューに応じた。

注文の見通しが明るいことに加え、ナイキからの受注増加に伴い、2016年通年の売り上げは昨年の90.4億台湾ドル(3億400万米ドル)から10%以上増加する見込みであると担当者は述べた。

出荷量は昨年910万点であったが、顧客需要の上昇から100万点であった今年の出荷予測を105万点にまで引き上げている。

コアとなるジャケット事業に加え、世界の繊維産業における市場シェアを高めるべく、Quang Vietは今年ベトナムでニットウェア工場を獲得する計画を立てている。

早ければ今年末までに完了する予定の獲得計画は、製品ポートフォリオを多様化し、閑散期の影響を和らげると期待されている。

Quang Vietでは国外での製品競争力を高めるためのもう一つの買収計画も浮上しているが、計画段階で止まっているという。

中期の生産能力拡大目標とし、同社は3年間でベトナムの2工場で130の生産ラインを追加する計画を立てている。

社内データによると、Quang Vietはベトナムで3工場、中国で2工場稼働しており、月間のアパレル生産能力は95万点である。

2017年5ヶ月間の累計売上は、昨年同時期の8億8750万台湾ドルから25.68%急増となる、11億1200万台湾ドルであった。

この成長は、世界的な繊維産業の地合い上昇に起因している。

第一四半期には、 1億7930万台湾ドルまたは一株あたり1.73台湾ドルの当期純損失を計上したが、売り上げは年間で7億8690万台湾ドル上昇している。

この結果は、3月末までの外国為替の損失4800万台湾ドルが主な原因であると同企業は説明している。

Quang Vietの株価は6月5日0.29%の値下がりとなり、170.5台湾ドルで終了するなど、0.68%上昇した台北為替市場の活発な動きよりも低い水準となった。

しかしながら同社の株価は本年中17%近く上昇しており、市場は利益予想通りの動きとなっていることが示唆されている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年06月09日06:05

ベトナム:Far Eastern、新規工場は上半期に稼働開始予定

Far Eastern New Century Corp(遠東新世紀)はベトナムでの布地や縫製製品のサプライチェーン開発のため、今後3年間で7億6000万米ドルの予算を確保した。

繊維メーカーFar Eastern New Century Corpは3月20日、ベトナムの新縫製工場は2017年上半期に稼働開始予定だと発表した。この工場では年間100万ダース以上の生産を見込んでいる。

「十分な人員が確保できれば、新工場の生産能力は来年には200万ダースに到達すると考えている」と同社幹部は電話インタビューで述べた。

Far Eastern Group(遠東集團)の子会社である同社は、ベトナム工場で衣類年間230万ダースの生産能力を持つ。

現在進行中の拡張計画は同社のベトナムでの投資計画の一部で、布地や縫製製品のサプライチェーン開発のため、今後3年間で7億6000万米ドルの予算が計上されている。

台北に本社を置く同社は、ポリエステル系繊維、ニット生地やアパレル製品など、多様な石油化学製品、繊維製品を生産している。

匿名を希望する同社幹部によると、2017年の下半期にはベトナムでニット生地を生産する別の工場が稼働開始予定という。

同社は新工場での今年のニット生地の生産量を6000トンと見込んでいる。

上流製品については、高い建設コストを考慮し、来年、ポリエステル製品製造工場をいくつか新規に稼働させる見込みという。

同社は今年の事業環境を楽観的と見ており、エチレングリコールの世界的な価格上昇でポリエステル繊維の価格上昇が見込まれるため増益を予測している。

「中国でのエチレングリコール不足が完全には解決していないため、短期的にはエチレングリコール価格は比較的高いレベルを推移すると予測される」と同社幹部は述べる。

同社はまた、いくつかの世界的ブランドに環境に優しい製品を売り込んでおり、今年はリサイクル繊維による収益が高まると予測している。

2016年、同社の統合収益は世界的な縫製市場の低迷により前年比0.92%下落、2158億7000万台湾ドル(70億7000万米ドル)であった。

同社データによると、同社の売り上げの5割以上をポリエステルや繊維事業が占める。

同社の2016年の監査済み決算はまだ発表されていない。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年04月04日12:02

ベトナム:Quang Vietが600万ドル規模の設備投資予定

縫製企業Quang Viet Enterprise Co (廣越)は1月19日、生産能力拡大のため、2017年は300万米ドルから600万米ドルの設備投資を行う予定であると発表した。

「短期の設備投資目標をほぼ達成したため、今年の投資額は2016年の投資額1000万米ドルと比較すると少なくなります」とQuang Vietの投資家向け広報担当者は電話でのインタビューで述べた。

匿名を条件に取材に答えた幹部によると、今年の設備投資は主にベトナムの既存工場での新たな生産ラインの導入と機材購入に充てられ、新規工場の建設は行わない予定という。

「今回の投資により、今年は昨年の生産量907万ユニットから年率8-10%の増産となると予測しています」と同幹部はタイペイタイムズに述べた。

1995年設立のQuang Vietは世界的ブランドのダウン、プリマロフト、サーモボール、パッド入りジャケットや、グースダウン、ダックダウンのジャケットを受託生産している。

同社はベトナム国内2工場、中国1工場に305の生産ラインを持ち、同社データによると月間85万ユニットの生産能力がある。

同社はベトナムのティンザン省の工場に15の生産ラインを追加するとともに、ロンアン省の新工場にも15の生産ラインを導入し、2017年の第1四半期中の稼働開始を予定している。

新たな生産ラインは主にAdidas AGやNorth Face Incなど、世界的スポーツウェア・高機能衣料ブランドの高級ダウンジャケットの製造に使われる。

より利幅の高いダウンジャケットの生産に伴い、Quang Vietは製品の平均価格も昨年の1点あたり32.5米ドルから上昇すると予測している。

基盤事業であるダウンジャケット製造に加え、さらなる競争力強化と世界の縫製産業での認知向上のため、今年ベトナムでニット生産工場の買収を予定していると同社は発表している。

同社のデータによると、昨年のニットウェアの売上は500万米ドルで同社の総売上のおよそ16%に達した。

新工場によりQuand Vietはさらなる顧客を獲得し、製品の多様化が可能となるだろうと同社は発表している。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年01月23日12:40

ベトナム:台湾企業Quang Viet社が新工場設立予定

縫製企業Quang Viet Enterprise Co(廣越)は9月21日、生産量拡大のためベトナムに新たな工場を設立する予定であると発表した。既存の工場では生産目標を達成できないという。

同社が来月予定している台湾証券取引所への上場を前にした収支報告会議で、Quang Viet社のCharles Wu(吳朝筆)社長は、ベトナムの新工場は年末までに完成する予定であると述べた。

Wu社長はまた、同社は来年、ベトナムの既存2工場にさらに15の生産ラインを追加し、顧客からの発注に備える予定であると述べた。

同社はベトナムでNike、Adidas、Patagonia、The North Faceといった世界的スポーツウェアブランドの高価格帯ダウンジャケットを主に生産している。

Quang Viet社のデータによると、同社は中国浙江省嘉興市の工場も含めると305の生産ラインを持ち、月間85万着の生産能力がある。

台北に本社を置く同社は、競争力強化のためベトナムの自由貿易協定による無関税特権を活用したいと明かした。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に加盟予定のベトナムは、中国、EUとも自由貿易協定を締結している。

ベトナムでの人件費が高騰する中、Quang Viet社は自動縫製、羽毛充填機への投資増加を予定している。同社によると現在の総生産量のうち自動化生産が占める割合は15%程度に過ぎない。

先月のQuang Viet社の売り上げは15億台湾ドル(4770万ドル)で、外貨レートの変動により前年同月から1%減少した。

「将来の売り上げ、利益を拡大していくため、毎年3-5ブランドを顧客として追加していく予定です」とWu社長は話す。

Quang Vietは来年、Aigle、Moncler、Under Armourといった新顧客の製品製造を開始する予定である。

同社はラグジュアリーブランドとの提携により、特にヨーロッパでの販売促進を希望している。また、製品の多様化を進めるため、来年には新製品の立ち上げも計画しているという。

「現在機能性ニットウェアの研究開発を進めています」とWu社長は述べた。

同社によると、昨年の売り上げのうちダウンジャケットが55%、中綿ジャケットが32%を占めている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年09月27日06:00

台湾・南緯實業、TTPを睨んで、ベトナムにて工場建設

台湾のアパレルメーカーTex-Ray Industrial Co Ltd(南緯實業)は、ベトナムの環太平洋経済連携協定(TPP)参加後の、米国への衣料輸出で関税免除のメリットを享受できる可能性を睨んで、月産8万~10万ダースの衣類生産のためにベトナムの工場を建設していると昨日発表した。

新工場は、来年第1四半期に稼働する予定で、ベトナムでの生産能力を月産11万~13万ダースまで増強し、その総生産能力は月産48万~50万ダースまで増加すると会社は述べている。

Tex-Ray社はNikeやAlfred Dunnerなどの世界的なファッションブランド向けに衣料を生産しているが、米国の顧客が販売全体の60~70%を占めているので、新工場を建築していると発表した。

同社はまた、月産14万1000ダースの生産能力を持つスワジランドの工場と月産3万ダースの生産能力を持つメキシコ工場も有している。両工場は米国のアフリカ成長機会法および北米自由貿易協定により、無税で米国に輸出できると同社は言う。

「それでも、私たちは、技術と研究のため中国やベトナムより高い台湾で機能素材を開発するためにまだ開発部を置いています。」と同社の生地本部長Simon Fan(范振超)氏は言う。

同社は、1月から先月までで、昨年の52億9000万NTドルの売上から3.69%増の54億8000万NTドル(1億9000万米ドル)を上げた。

「今年の売上は昨年より良いでしょう。」とFan氏は言う。

成長を続けるベトナムの経済の利益を得ようとする別の台湾メーカーは、Singtex Industrial Co Ltd(興采實業)で、機能素材の供給会社として、ベトナムに月産3万ダースの衣類生産能力を持つ工場を今月から10年リースで契約したと昨日発表した。

「私たちは、12ライン開いて、600~700人を雇う計画でいます。」とSingtex社会長Jason Chen(陳國欽)氏は言う。

工場は来年から会社の収支結果に影響しはじめ、同社では成長目覚しいS.Café事業部の利益を当て込み、今年少なくとも15%の収益の成長を目標に掲げているとChen氏は言う。同事業部では、廃棄するコーヒー粉から速乾・UVケア・防臭などの効果を持つ繊維を作り、織り込んだ素材を開発・生産している。

年初から9カ月で、同社は、前年売上9億3721万NTドルから18.77%増の11億1000万NTドルの売上目標を掲げている。

S.Cafe事業部の売上は全体の25%を占め、9カ月間で、対前年比35%になったとChen氏は言う。

現在、台湾、中国、日本、米国でコーヒー糸を販売しながら、Singtexはコーヒー糸から衣料品を作るために世界中でパートナー探しはじめ、先月、中国の上海で戦略的提携「SPIIN」を立ち上げた。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年10月28日10:26

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る