インドシナニュース

ミャンマー:シティマートでクレジットカード決済が可能に

ミャンマーでは観光客の買物がもっと手軽になろうとしている。バンコクポストが4月2日に報じたところによると、ミャンマー最大のスーパーマーケットチェーンであるシティマートはVISA及びKZB銀行と提携し、数支店でクレジットカードが利用できるようになった。これはミャンマー国内のスーパーマーケットチェーンで最初の試みとなる。

VISAデビットカード及びクレジットカードが利用できるのは、ヤンゴン市内のシティマートのJunction Square支店、Golden Valley及びParksonのMarket Place by City Martの各店舗である。

「シティマートがミャンマーで最初のクレジットカード利用可能なスーパーマーケットチェーンとなることを祝福したいと思います。利用者にとっては、VISAカードで支払いができることはより簡単、安全かつ確実で、大金を持ち歩いたり、お金が足りなかったりという事態を防ぐことができます」とVISAのHiro Taylorミャンマー支店長は話した。

「これはお土産を購入したい観光客にとっては特によい知らせです。小売店は販売の翌日には口座に入金することがわかっているので、安全、確実に売り上げを伸ばすことができます」

「VISAはミャンマーでのカード決済を支援できることを誇りに思っています。そして、国全体に金融基盤を開発し、電子決済の手段を拡大するとともに、より多くの小売店の方々と仕事ができるようになることを期待しています。ミャンマーを世界に繋げるのです」

現在、VISAカードはミャンマー全土の1800の小売店と1150のATM機で利用が可能となっている。

シティマートスーパーマーケットはミャンマー全土で19の支店を展開している。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年04月09日14:02

ミャンマー:インターネットショッピングでオンライン決済が可能に

2月16日のZD Netの報道によると、Myanmar Payment Unionと決済サービス業者2C2Pが共同で、ミャンマーのオンラインショッピング利用者へ新たな支払いシステムを提供するという。

ミャンマーの消費者は初めて国内および海外での商品購入にオンライン決済を利用できるようになるであろうと2C2Pは2月16日に発表した。このオンライン決済システムは、ミャンマー国内の銀行が発行するMPUカードの保有者90万人が利用できる。

MPUはミャンマー中央銀行および地方銀行が立ち上げた国内の決済ネットワークで、ATMサービスおよびPOSシステムが利用できる。MPUはミャンマー国内における決済用カードの発行および引受を認証するもので、海外でも利用できる。

現在までのところ、立ち上がったばかりのミャンマーでのオンラインショッピングは手続きの遅れと代金引換による支払いのために行き詰まりを見せている。

MPUと2C2Pが手を組んだことで、「現金を介在しない支払オプションにより、現金支払に由来する高いコストと長い手続き時間といった非効率とリスクを除外することが出来、またミャンマー国民に他国の商品やサービス購入の手段を提供できる」と2C2Pは言う。

MPUのU Zaw Lin Htut経営最高責任者は「ミャンマーは現在急速な発展を遂げており、携帯電話とインターネットの普及がそれをさらに後押ししている。私たちは2C2Pとともにこの成長に乗って、ミャンマーの電子商取引に新時代の幕開けをもたらしたいと考えている。ミャンマー国民がオンライン決済できるようになるというだけでなく、他の地域市場と同じ足場に立てるようになることでミャンマー経済を活性化する鍵となるだろう」との声明を発表した。

ミャンマーの通信情報技術省では携帯電話の普及率が2013年にたったの10%であったところ、2016年には80%に達することを見込んでいる。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年03月02日14:03

ミャンマー:アパレル産業に「行動規範」

Just Style紙の2月2日付記事によると、ミャンマー縫製業協会はミャンマー初となる行動規範を発表した。これはミャンマーで成長著しいアパレル産業において、責任を持った、倫理的な事業規範を規定することを目的としている。

約300社の会員企業を持つミャンマー縫製業協会は、国際的ブランドや業者を交えての複数回にわたるワークショップや会合を経て、EUが資金援助しているSMARTミャンマープログラムの担当官らとともに、2月2日に発表された行動規範を作成した。

この行動規範は、ミャンマーの縫製業界において社会的責任を果たす事業の在り方の指針を示すことを目的としている。

ミャンマーが世界の製造基地として外国資本を迎え入れようとしている今、工場の現場での懸念事項を拾い上げてこの行動規範は作成された。

労働者の権利保護を訴える活動家や工場労働者はしばしば労働環境や低賃金等の問題について声を上げてきた。

ミャンマーのアパレル製造業者にとって初の規範と言われるこの行動規範は、国際労働機関(ILO)の基本条約の内容と、ミャンマー国内法における規定を合わせたものとなっている。

ミャンマーの縫製産業は成長を続けており、様々な推計を基にすると、現在約300社が15万人から25万人を雇用している。Just Style紙の報道によると、2013年から2014年の会計年度で、縫製製品の輸出額は10億米ドル(1兆ミャンマー・チャット)を超え、ミャンマーからの総輸出額のおよそ10%を占める。

SMARTプログラムは中小企業の環境、説明責任、社会的責任と透明性を向上させることを目的として、EUの支援により2014年に開始された。このプログラムは「メイド・イン・ミャンマー」の縫製品の持続可能な生産体制を支援するとともに、縫製業界の中小企業の国際競争力を向上させることを目的としている。

縫製産業の成長を後押しするため、工場レベル及び政策レベルでのすべての必要な改革を実施することは容易ではないと同プログラム担当者は話す。SMARTミャンマーでは、工場レベルで支援を行い、他の工場での適用可能性を示すことで、改革プロセスにおいても重要な役割を果たし続けるという。

SMARTミャンマーはまた、ミャンマー縫製業協会と通商省との協議の場においても政策転換の必要性について指摘しているという。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年02月10日14:00

ミャンマー:縫製産業「数年内に100万人の雇用創出もあり得る」

ミャンマー縫製産業の将来の見通しは明るく、今後数年で100万人もの雇用を創出しうると業界の事情通は話す。

ミャンマー縫製業協会のU Myint Soe会長によると、諸外国の経済制裁が2012年に撤廃されて以降ミャンマーの縫製産業は急速に成長し、現在、約25万人が雇用されているという。

縫製産業は成長傾向にあり、今後数年の間に100万人の雇用を創出しうるとU Myint Soe会長はMizzima紙に1月27日に語った。

ミャンマー縫製産業への国内および海外の業者の関心は高まりつつある。

縫製業協会の資料によると、縫製労働者の平均月額給与は、熟練度により8万5000チャット(85米ドル)から11万チャットだという。

1週間の平均労働時間は50時間だが、繁忙期には62時間に達する。

ミャンマー産アパレル製品の主要市場は輸出の48%を占める日本であり、33%の韓国、14%のEU諸国がその後に続く。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年02月03日14:01

ミャンマー:労働組合が日額最低賃金5000チャットを提案へ

ミャンマー労働組合連合は日額最低賃金5000チャット(5米ドル)の設定を求める提案を関係省庁に提出する予定であると同組合連合のU Aung Lin書記長はMizzima紙に語った。

同組合連合は2015年1月、労働雇用社会保障省に提案書を提出するという。

「ミャンマー労働組合連合では、ボーナス等を除外した額で、日額最低賃金5000チャットを要求します。さらに、職種により異なる報酬と報酬の増加幅についても提案します。労働省は調査の結果や雇用者、従業員それぞれの提案を勘案し、4月に最低賃金を発表する予定です。」とU Aung Lin書記長は話した。

ミャンマー労働組合連合による日額最低賃金5000チャットの提案は、全国60以上の地区における生活費の調査に基づいて作成された。

労働雇用社会保障省は12月22日にミャンマー労働組合連合、ミャンマー労働組合同盟、農業組合連合、ミャンマー商工会議所連合組合に対し、最低賃金の提案を提出するよう求めた。

各団体は1月までに労働省に地域、職種による最低賃金を提出することとなる。

Hlaing Tharyar工業団地のU Myat Thin Aung書記長は、「最低賃金制度を実施するには、議会と大統領の承認が必要です。最低賃金の金額は雇用者にとっても、被雇用者にとっても公正なものでなくてはなりません」と語る。

ミャンマー労働組合連合のU Aung Lin書記長によると、同組合連合では日額最低賃金が社会保障手当、生活費、生活水準、雇用状況と雇用の安定性等の観点から毎年見直しを受けることを求めるという。

12月22日、労働省と3つの労働関係組織がヤンゴン市Dagon Myothit (North)地区のPinlongホールで会合を開いた。その場で、労働関係組織は労働省に対し、5000チャットの日額最低賃金をできるだけ早く設定するよう、そして標準労働時間として1日8時間と設定するよう求めた。

2015年1月から2ヶ月間にわたり、ヤンゴン地域で工業地帯が立地する14の地区を含む、ミャンマー全土の108地区において生活費を推定するための調査が実施される。

労働省は調査の結果と提案書を審査し、正式に最低賃金の発表を行う。発表から60日間は反論の受付が行われる。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2015年01月07日06:00

タイ:縫製産業でのミャンマー人労働者に対する賃金搾取

クリーンクローズキャンペーン(Clean Clothes Campaign)からMAP Foundationとの連携により最近上梓された報告書によると、タイ国内の縫製産業で働くミャンマー人移民労働者は賃金搾取と労働者の権利の侵害に苦しんでいるという。

12月18日の国際移民の日に合わせて出版されたこの報告書によると、移民労働者は現在1日につき最低賃金である300バーツ(10,000ミャンマーチャット)を受け取る権利があるが、一般的には150から180バーツしか支払われていないという。

世界の縫製労働者が生活するに足る賃金と許容可能な労働環境を得られるよう求めるクリーンクローズキャンペーンによると、300バーツでも生活賃金には足らず、縫製産業が集積するタイ国内Mae Sot地域で労働者とその家族の生活を支えるにも不十分であるという。

「私たちが実施した調査では移民労働者がいかにひどい扱いを受けているかが明らかになりました。彼らは長時間働き、最低限の必要を満たすこともできない賃金しか受け取っていません。労働監督機関による執行がほとんどなく、また移民労働者は不安定な地位にあるため、タイの労働法規が侵害されています」とMAP FoundationのBrahm Press事務局長は話す。

この報告書はMAP Foundation の支援により取りまとめられた。MAP Foundationがバンコクの北西約500キロ、ミャンマーとの国境にあるターク県Mae Sotで工場や労働者を訪問した。Mae Sotのような国境の町に生産を集中し、仕事を得ることに必死で最低賃金以下の扱いといった搾取をされやすい移民労働者を雇用することで、縫製産業は生産コストを下げようとしているという。

この報告書でインタビュー調査を受けた縫製工場の労働者のだれ一人として、自分がどのブランドの製品を作っているのかを知らなかった。

報告書によると、Mae Sot地域で働いていると推定される移民労働者の数は20万人から30万人に上る。この地域の労働許可を得て働いている移民労働者は3万人に過ぎず、残りは登録されていない。6万人から8万人の移民労働者が織物・縫製工場で働いていると推定され、おそらくその7割程度を女性が占める。

アムステルダムに本部を置くクリーンクローズキャンペーンの国際コーディネータであるTessel Pauli女史は、アパレルブランドにこうした組織的な賃金搾取に加担するのをやめるよう、そして移民女性を含むサプライチェーン中のすべての労働者に生活可能な賃金を支払うよう呼びかけを行っている。

 

» 続きを読む

タイ ジャンル:
最終更新:2014年12月26日06:00

ミャンマー:EUの支援によりアパレル産業にCSR導入

欧州連合(EU)が資金を提供する、ミャンマー衣料産業のための「SMART」プロジェクトは先月30日、ヤンゴンのSule Shangri-Laホテルで開催された記者会見および公開討論会で、今後CSR(企業の社会的責任)への取り組みに着手すると表明した。

プロジェクト・マネジャーのSu Tayar Lin女史によれば、同活動では、ミャンマーの衣料産業がより持続的で社会的に責任のある産業になるよう意識向上キャンペーンの一環として、国内企業約3000社に対して書籍やビデオ、ポスターなどの配布を行っていくという。同産業は現在、何万人もの労働者が働く巨大産業である。

討論会は、ミャンマー商工会議所連盟(UMFCCI)、Yoma Bank Group社、国際労働機関(ILO)およびアジア太平洋開発金融機関協会(ADFIAP)の各代表によって行われ、CSRの活動がミャンマー企業にもたらす効果や、活動を行う中小企業の発展にどのような影響を及ぼすのかなどについて協議した。

開会のあいさつを行った商務副大臣のPwint San博士は、同会議の重要性を強調するとともに、活動を通じて社会、環境、ビジネスすべてにとってメリットのある状況が作り出されるだろうと述べた。

またUMFCCIのWin Aung会長は、これまで多くの経営者に対して、企業や産業全体に役立つCSRに取り組むよう奨励してきたと話した。

一方、同会議の主催者「SMART」ミャンマーも、CSRへの取り組みはミャンマー企業にとって有益になるとの見方を示している。

「SMART」プロジェクトでは、「メイド・イン・ミャンマー(ミャンマー製)」の衣料が持続的に生産されるよう産業の促進と支援を行い、同産業における中小企業の国際競争力を高めていく。

「SMART」ミャンマーによれば、経済成長だけに焦点を当てた発展というものは、そう長くは続かないのだという。またミャンマーが世界の流行に追い付いた背景には、CSRの考え方と深く関係があるとしている。CSRとは慈善活動ではない。内部の業務プロセスやコミュニケーション、従業員の満足度、生産性などの改善を図る戦略なのである。社会基準や環境基準に則ったCSRへの取り組みは有効な経営戦略であり、かつ海外バイヤーとビジネスをする上でしばしば必要となる条件でもある。CSRは衣料産業以外でもすでに企業戦略に組み込まれており、有意で着実なものとなっている。従ってミャンマー企業は今後、こうした実際の事例から学ぶことができるものと期待されている。

ADFIAPのOctavio B. Peralta会長は、ミャンマー国内の全中小企業がCSRに対する考え方を共有し、実践に移すことを目指している。

「SMART」とは、「SME(中小企業)」「Environmental(環境に配慮した)」「Accountability(説明責任)」「Responsibility(責任)」および「Transparency(透明性)」の頭文字を取ったもの。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2014年11月13日14:00

ミャンマーの108の地域で最低賃金設定に向け調査実施

ミャンマー各地の108の地域で11月末までに労働者の最低賃金設定を目的とした情報収集調査が行われると調査委員会のメンバー Ko Naw Aung氏がMizzima紙に語った。

「Nay Pyi Tawで9月24、25日の両日に実施された調査結果を踏まえると、全土で調査を行うのは適切ではないと判断しました。そこで、108の地域で調査を行うこととしました。」 と彼は語る。

この調査では、家計の日常の支出、家族構成人数、基本的な生活必需品の地域価格指数といった情報を収集する。

収集される情報には、22歳から59歳までの労働可能な家族構成員の収入と職業も含まれるという。

108の地域それぞれにおいて、5人からなる調査団が調査を実施する。

調査団には労働省の公務員、労働者組合や市民団体の従業員及び構成員が含まれる。

この調査の州、地区ごとの結果を受けて、最低賃金が設定され、金額は公に公表される。公表から60日間は、公表された最低賃金について一般の意見や反論を受け付ける。11月末には最低賃金の案が提案され、連邦政府は12月末までに最終的な決定を行う。

現在、ミャンマーには最低賃金の規定が存在しない。

労働・雇用・社会保障省の副大臣U Htin Aung氏は去る6月3日、労働者とその家族が基礎給与で生活できるよう保証することを目的として、12月までに最低賃金が公的に設定されるであろうと誓約している。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2014年10月23日09:24

ミャンマー:テイン・セイン大統領の最低賃金の薦めを議会が承認

ミャンマー議会は2013最低賃金法案に関するテイン・セイン大統領の薦めを受け入れたと国営新聞「ミャンマーの新しい灯り(The New Light of Myanmar)」は報じた。

財務大臣は、3月15日にすべての公務員が4月から月額2万チャット(23米ドル)給与の上昇を受けると発表した。しかしながら、提案された一般最低賃金の金額はまだ発表されていない。

テイン・セイン大統領は去年6月この問題について演説して、「すべての市民が、今、基本的に必要としているのは、総合的な保健の保護のみならず、所得の保障か、言い換えれば、雇用の確保である。我々は現在、労働者らが相応の基本的な社会権を享受できるよう最低賃金を定める法律を制定する過程の段階にある。」と述べた。

昨年、縫製工場労働者らによる立て続けのストライキの後に、工業団地の労働者の最低賃金が一時的に月当たり5万6700チャット(約65米ドル)と定められた。

ヤンゴン工業団地の縫製労働者は、残業抜きで月給約3万チャット(35米ドル)しか受け取ってない労働者もいると言う。

コンサルティング会社Thura Swissの報告によると、2012年6月以降、現在も、日雇い労働者の最低賃金は1日あたり500チャット(0.60米ドル)である。

複数の調査では、ミャンマー人口の約32%はまだ貧困に喘いでおり、ミャンマーは東南アジアの最貧国である。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年04月23日06:00

ミャンマー縫製産業は外国投資誘致に力を入れる

ミャンマー縫製業者協会は、現地の縫製企業の中には外国人投資家の希望に合わせてビジネス戦術を変えているところがあると言う。

協会副会長Aun Win博士は、「この数ヶ月間で、10から15の現地縫製企業が、対外投資を求めてビジネス戦術を進展させています。私たちはこの動きを歓迎するべきです。」と言う。

地元の縫製企業家は何百もの外国のアパレル企業がミャンマーの税制優遇制度で引き付けられたとMizzima紙に語った。

「EUの一般特恵関税制度(GSP)のために、輸出製品が品目によって、最高15%まで軽減されるので、韓国や日本やタイなどの国の企業は縫製企業の分野で投資について議論するようになっています。」と縫製工場経営者Hla Win氏は言う。

これらの会社による潜在的投資は巨大な雇用機会を提供するだろうが、成功は合弁事業を容認するかどうかによるだろうと協会は言う。

「合弁事業が認められれば、企業は工場を建設する必要があります。」とミャンマー縫製業者協会のスポークスマンは言う。「現地企業家、外国人企業家、政府のいずれにとっても、それは有益でしょう。」

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年02月21日06:00

このページのトップへ戻る