インドシナニュース

カンボジア:縫製工場の空きスペースを保育施設に

Kampong Speu州のHirota工場の保育園は、部屋の中央に折りたたみベッドがあり、サイズはおよそ6平方メートル、大型のクローゼットより少し大きい程度である。カンボジアの他の多くの工場付設保育園と同様、Hirota工場の保育園は常に空である。

「こういった施設は非常に狭いので、誰も工場付設保育園に子供を連れてきません。」縫製工場の約1200人の労働者の一人であるChhorn Sophaさん(26歳)は言った。Sophaさんには2歳になる息子がおり、現在第二子を妊娠中である。彼女の息子は、Kampong Cham州で、彼女の母親によって育てられており、Sophaさんは月に1回だけ息子に会うことができる。「息子は私の母と一緒にいるので大丈夫です。」と彼女は言った。「でも私としては、息子と一緒にいれたならもっと幸せでしょう。」

100人以上の従業員を抱える縫製工場は、労働法により、従業員のための無料の保育施設を提供するか、保育にかかる費用を補助することが求められている。実際のところ、工場付設の保育所は狭い上、子供の世話をするスタッフも配置されておらず、また工場労働者は子どもが2歳になった後は、保育費用の補助もほとんど受けていない。

「カンボジアのどの工場もまともな保育サービスを提供していません。」コミュニティ法律教育センターのMoeun Tola氏は言った。「工場ではただ、いくつかのがらくたを置いた、ベビーシッター不在の小さな部屋を提供しているだけです。」

カンボジアにおける70万人の衣料品労働者のうち、女性が約90%を占めている。その多くに子供がいるが、便利な育児サービスの選択肢がないため、3ヶ月の有給出産休暇が終了した後、親子は離れ離れになることになる。多くの場合子供たちは、工場から遠く離れたところにいる祖父母の世話になり、母親は毎月仕送りをする。

保育サービスにおいて、衣料品労働者にはほとんど選択肢がない。「我々の知る限りでは、多くの産業分野において、残業時やいつ(移動手段である)バンやトラックが動くかに頼っている工場労働者が容易に利用できる保育施設はありません。」と労働者権利団体Solidarity CenterのカントリーディレクターであるWilliam Conklin氏は述べた。

たとえ保育所が近くにある場合でも、その費用を支払う余裕のある労働者はほとんどいない。一部の工場では育児費用を従業員に支給しているが、たいていの場合、子供が18ヶ月に達するまでの期間、たったの月額6米ドルを支払っているのみである。工場労働者に対する8月の調査によると、子供の世話にかかる費用は月額平均50米ドル以上であり、彼らにとってローンの支払いに次いで多額の出費となっている。

こうした育児費用は(子供と一緒に暮らす)母親にとって負担となる一方で、幼い子供から引き離されることは、(子供と一緒に暮らせない母親にとって)感情的な負担となっている。 「私はとても悲しく思っています。」 Kampong Speu州のAnful工場で働き、娘はKampong Thomで彼女の母親と暮らしているPunh Pomh(35歳)さんは言った。

「私は自分の子供から引き離されているのが嫌です。」Cambo Kchom工場で働くSoeung POVさんは言った。「私は毎日、自分の子供に何か起こっていないか、事故にでも遭っていないか心配です。」

工場組合のリーダーたちは、もっと良い保育施設の整備を要求するとしているが、工場経営者の動きは鈍い。Hirota工場の副組合長のSok Sala氏は、経営者がより大きな保育施設を設置することに合意したものの、1年半前に合意してから未だ設置されていない、と述べた。

「彼らはいつも(サービスを)提供すると言うが、遅れ遅れです。」と彼は言った。この点について、Hirota工場の経営者からコメントは得られなかった。

カンボジア縫製業協会のKen Loo書記長は、もし十分な保育施設を準備したとしてもほとんどの母親は、子供たちに自宅で家族と一緒に過ごさせることを望むだろうと述べた。 「カンボジアの文化においては、保育所を利用する習慣はなく、祖父母に自宅で子供たちの世話をしてもらうのが一般的です。」と彼は言った。 「工場が保育施設を整備しても、そこに誰も子供を預けないでしょう。」

文化慣習に関係なく、多くの衣服労働者にとって、子供と離れ離れであることは依然として受け入れがたいことである。

「毎月娘と母のところに行くたびに、工場に戻りたくなくなります。」とPunh Pomhさんは言った。「でも私は工場で働かねば彼らをサポートするお金がないのです。」

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年11月20日05:54

カンボジア:縫製工場が解雇した労働者の復職を拒否

カンボジアのHong Sen Textile (Cambodia)社の所有者らは11月11日、福利厚生の充実を求めてストライキを起こしたことを理由に解雇した職員の復職を拒否した。彼らが新しい職に応募する場合は別という。

政府職員、企業代表者らと2時間に及ぶ非公開協議に参加した35歳の縫製労働者Nhoem Srosは、復職が認められない限り抗議活動を継続すると話した。「会社は交通費として月額8ドル、昼食代として日額0.25ドルを提示し、私たちもその提案を受け入れました。しかし会社は私たちの復職を認めませんでした」と彼女は言う。

ストライキ解決委員会のTes Rukhaphal副委員長は、およそ1000人の労働者が当初の提案を受け入れ、新従業員として仕事に戻ることに合意したという。700人以上が工場での元の仕事に戻ることをまだ要求しているという。

「雇用者側・労働者側双方と、労働者らが元の仕事に復職できるよう交渉する予定です」とRukhaphal副委員長は話す。最終決断は調停委員会に持ち込まれるだろうとも副委員長は付け加えた。Srosは州知事と労働省の職員が同社と交渉し労働者らを助けようとしたものの、会社側は解雇した労働者の復職が関連する提案は全て拒否したという。「会社は私たちが仕事に戻ることを認めましたが、新職員としてであって、私たちの仕事は保証されていません。会社側の代表者らは、その理由は教えてくれませんでした」と彼女は話す。彼女はまた、もし労働者らが新職員として戻ることに合意すれば、彼らのスケジュールと労働時間は経営側がどのようにでも変えられるという。「彼らは、仕事があるときには電話すると言いました。つまり、私たちの仕事は全く不安定なのです」と彼女は続ける。

タケオ州のLay Vannak州知事は、「同社は厳しい姿勢を保持しており、そして同社は労働法に従う必要がある」と話す。

州知事によると、合意に至りそうであったが、抗議活動中の労働者の要求に応えたところで、異なる労働組合の代表者らがそれぞれ異なる要求をしてきたことに同社の代表者らが苛立ったのだという。

「企業代表者は、もし省庁が法律を適用しないのであれば、彼らの工場はすぐにでも破産すると言いました。合意が出来ない場合は、工場を閉鎖することを決めたとも話しています」と州知事は話す。

「労働者に仕事を失って欲しくないですが、工場の閉鎖も望みません」と州知事は言う。Rukhaphal副委員長は、調停委員会が全関係者から聞き取りを行うものの、両者が歩み寄ることを望むと話した。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年11月16日06:01

カンボジア:識字率向上のため、本嫌いだった歌手が縫製工場で読書キャンペーン

人気歌手Sokun Nisaは教育団体Siparの親善大使として、カンボジア国内で読書を広めるためのキャンペーンに参加する。

Town Productionに所属する歌手Nisaは、コミュニティや縫製労働者による読書を広めることでカンボジアの識字問題に立ち向かおうとしている。

彼女の最近の村落や縫製工場への訪問では、行く先々でファンの歓声が沸き起こり、笑顔が見られた。

Nisaは、彼女自身子供時代は読書が嫌いで世界を知らず、本好きであった友人たちが素晴らしい将来に飛び立っていくのに比べて遅れを取ったと親善大使として話す。

「私は読書が好きではありませんでした。でも様々な国を旅するようになると、読書好きの人々にたくさん出会いました」と少し後悔を含んだ笑顔で彼女は話す。

彼女は、Siparとともに工場を訪問し、縫製労働者である多くのファンに出会って驚いたという。

「私は彼女たちのために歌い、そして読書の良さについても話しました」

親善大使の仕事は無給だ。Nisaは社会の役に立ちたいだけだと話す。

「読書はとてもよいことですし、若い人も年長の人も皆、読書をして知識を深めていくことを勧めたいのです。親には子供に読書を勧めてあげてほしいと思います」と彼女は話す。

NisaはSiparと協力して読書を広めるための歌を作り、彼女自身が歌うことも計画しているという。また、この先もNisaは特に縫製工場での読書キャンペーンにより頻繁に参加することを計画している。縫製工場で出会った笑顔と熱意は彼女の心を温め続けている。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年10月09日12:00

カンボジア:最低賃金は上げるのではなく、下げるべきとGMAC主張

縫製・製靴産業における最低賃金引き上げについての交渉が佳境を迎える中、工場経営者は月額128米ドルの最低賃金のいかなる増加も、近隣諸国との競争や、西洋諸国の消費需要の鈍化に直面している産業に深刻なダメージを与えるとして、一歩も譲歩するつもりがないようである。

「全面的に、我々は賃金を下げることを望みます。」と、カンボジア縫製業協会(GMAC)のKen Loo書記長は述べた。

Loo書記長は、どの程度の賃金の上昇であっても、前回の賃金上昇以降、利益を生み出すのに四苦八苦している工場に打撃を与えるとし、賃金がさらに上昇した場合、いくつもの工場が倒産するだろう、と述べた。

「我々は昨年既に賃金を上げたため、(今年さらに)増加させることを望みません。しかしもし政府が増加すべきとの方針を示せば、我々は従わねばなりません。」と、彼は述べた。 「その場合、もし賃金上昇をできないのであれば、工場を閉鎖せねばなりません。」

カンボジアの輸出を行っている全工場を代表する、カンボジア縫製業協会(GMAC)によると、工場経営者は、既に賃金について合意している模様であるが、まだそれを公表しないようである。

労働職業訓練省のHeng Sour報道官は、賃金はあくまでも雇用主と従業員の合意に基づくものであり、同省の役割は、スムーズな交渉を手助けすることにある、とした。

「重要な協業関係は、雇用主と従業員の間にあり、労働職業訓練省は単にデータにより両者の差異を示すのみです。彼らは内部協議の後で互いの賃金数値を示し合うことになるでしょう。」と、彼は述べた。

 

異なる数値

労働組合の間においても、どの程度最低賃金を上昇させるべきかについて、議論が活発化している。ある労働組合では、交渉のスターティングポイントとして月間177米ドルが適切であろうとする一方、他の組合では207米ドルを要求したいとしている。

カンボジア労働組合連合(CATU)のYang Sophon議長は、労働組合の中でも最低賃金をどの程度増額要求するかについてまだ方針が固まっておらず、昨日の一回の会議では要求値について合意することができなかった、と述べた。

「組合が検討した要求幅は、月間158米ドルから178米ドルでした。」と彼女は明らかにした。「この1時間の会議では我々は要求数字を固めることができず、また会議を続行することもできませんでした。」とSophon議長は述べ、次のように付け加えた。 「我々は、統一の賃金要求額を見出すのに、明日まで待ちます。」

彼女の組合では月間178米ドルを推しており、それが第三者機関による調査に基づいている、と述べた。

Sophon議長は、たとえ他の一部の組合の戦術に反対してでも、ほとんどの工場労働者にベストな生活水準を提供できるような共通の賃金水準に到達できることを望んでいる、と述べた。

「もし労働組合が従業員の利益のことを考えるならば、すべての組合員が常に望んでいる、まともな生活を送れるような、統一的な最低賃金水準に合意できるはずです。」と彼女は述べた。

工場経営者と労働組合の交渉は本日まで続く。経営者は、労働組合が金額に合意することを要求している。

(労働職業訓練省の)Sour氏は、もし彼らが合意できない場合、投票により金額を決定することを余儀なくされる、と述べた。

縫製・製靴セクターは、約70万人を雇用しており、カンボジアの輸出における最大のシェアを占めている。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年10月02日06:00

カンボジア:ファッションとしてのクロマーの再興(後)

(前編より)

 

クロマーを支持する人々

王立芸術大学の熱心なクロマー愛好者であるKhom Polineは、クロマーの創造的な使い方を好ましい展開であると考えている。「良いことだと思います。クロマーの認知度をさらに高めるきっかけになるのではないでしょうか」

考古学部の学生であったPoline自身も、クロマーを売ったことがある。「大学で行事があるといつも、クロマーを売りました。でも収益は売場係を務めた同じ考古学部の学生にあげてしまいました」

「次の行事では、私もクロマーでドレスを作ろうと考えています」

20歳のNgoy Socheataは女優SonytaがデザインしたクロマーのカーディガンをKoh Pichでの寄付金集めのイベントで購入した。Socheataはやはり、クロマーは高齢者のもので、プノンペンの人々が使うとは思っていなかったと話す。

「デザインも素敵で、価格も手頃です。以前はクロマーにはあまり人気がなかったかもしれませんが、今はたくさん新しいものができて、人気になりつつあると思います」とSocheataは話す。

30歳のYi PanharithもまたSonytaのクロマーを購入した1人だ。彼女は、新たなクロマーは若い人の間で人気になるだろう、クロマーをファッショナブルなものに変身させるというコンセプトは新しく、そして今日の若い人々は創造性を重視するから、と話す。

より多くの人がクロマーの重要性に気づき、そしてその価値はこれからもさらに上がり続けるだろう。クロマーはカンボジアの人々が日常生活の中で使い続ける限り、カンボジアのアイデンティティの一部として生き続けていく。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年09月25日13:47

カンボジア:ファッションとしてのクロマーの再興(前)

ほんの数年前まで、プノンペンで若い人がクロマー(カンボジアの伝統的スカーフ)を使っているのを見かけるのは非常に稀なことだった。

しかし今日では、若い人々の間でクロマーがファッションとして人気になりつつある。

カンボジア高等技術校(NPIC)の5人の学生が、このカンボジアの伝統的な布にクリエイティブな要素を加え、Krama Yerngとして売り出したのが始まりだった。彼らはクロマーを使いドレスやキーホルダー、ヘッドバンド、ペンケースなどの様々なアクセサリーを作り出している。

「伝統的な使い方以外にも、クロマーの可能性をもっと引き出し、使ってほしいのです。新たな世代の好みに合わせて、現代的な使い方を取り入れることができるということを示したいです」とグループのデザイナーであるSol Dalinは話す。

2014年に学校行事に出展するためのプロジェクトとして始まったこのブランドは、ソーシャルメディアを通じて事業として発展した。

「興味を持った人たちから購入したいと連絡がありますが、学校の中間試験、期末試験や課題があるので多くを受注することはできません。でも学校の休み中であれば、私たちには時間があります」と彼女は話す。

Krama YerngのデザイナーであるDalinは、クロマーの存続のためにはこうした若い人々の間での人気が不可欠であると考える。「若い人々が地元の製品を支持するようになれば、国の発展にもつながります。彼らが輸入品の方を好み、輸入品の方が格好良くて品質もよいと考えるのであれば、国内製品は消滅の道をたどるしかありません」と彼女は話す。

 

女優のクロマープロジェクト

カンボジアで有名な映画スターMean Sonytaもまた、クロマー振興のための同様の事業を行っている。彼女は今年初め、クロマーの布でファッショナブルなカーディガン、シャツ、スカーフや靴を作る事業を開始した。

「クロマーはファッションやアクセサリーとして様々な方法で利用できます。クロマーは田舎の農家の人たちのもので、プノンペンの人には合わないなんて思って欲しくないのです」と彼女は話す。

Sonytaはこの伝統的な布を使い、自分でクロマーカーディガンやクロマーシャツをデザインしている。彼女がソーシャルメディアに投稿した、若い人向けの「作り方」ビデオで若い人々が彼女の製品を購入するようになった。

「私はクロマーが大好きなので、この作り方のビデオを携帯で撮って、ユーチューブとフェイスブックに投稿しました。でもその後、買いたいという反響がありました。どうやって自分で作れるのかを紹介したかったのですが、それよりも買いたいという人が多かったのです」と彼女は笑う。

若く、ファッショナブルな彼女はカンボジアの地場産品や文化を振興するばかりでなく、クロマー製品の売り上げによる収益を地元のNGOに寄付してもいる。

クロマーがいつ開発されたのかははっきりしないが、この丈夫な、伝統的な布はカンボジアとともに常に存在してきた。コンポントム州の州文化芸術部の職員であるAn Raksmeyは、クロマーは歴史的に世代を超えてカンボジアの日常生活に深く組み込まれてきたと話す。

「誰でも最低1本はクロマーを持っています。部屋着として、シャワー中に、包装用に、赤ちゃんのハンモック用にと様々な利用法が絵画に残っています」とRaksmeyは話す。

「ご覧のとおり、カンボジアの集落にはありふれたものです。もし今の若い人がクロマーを使っているのであれば、彼らにもその良さがわかったということです。そして同時に、その価値を高め、そうした意識を周りに広めていることにもなります」

 

(後編につづく)

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年09月25日05:44

カンボジア:ミャンマーと労使調停の経験を共有

カンボジアの調停委員会は、縫製産業が拡大しつつあるミャンマーでワークショップを開催し、労使問題調停の経験を共有する。

カンボジア労働省の報道発表によると、ワークショップはミャンマーの首都と同国最大の都市ヤンゴンで開催される。このワークショップはミャンマー政府と国際労働機関(ILO)が共催する。ILOはミャンマーに対し、成長中の縫製産業における労使問題解決メカニズム構築のための支援を行っている。

カンボジアのIth Samheng労働大臣は、カンボジアの調停委員会による労使問題解決システムは他国が模範とすべきものだと語る。

「カンボジアの調停委員会は同国の内外でその誠実で効率的な取り組みで知られています」とIth大臣は話す。

調停委員会のMen Nimeth委員長代理は、委員会の独立性が成功の鍵だと話す。「調停委員会には政治的な絡みはありません。労働法での規定によりカンボジア全土の労働問題を扱う調停基金の業務の調整を行うため、調停委員会は設立されました」とNimeth委員長代理は説明する。

2003年の設立以来、調停委員会は2300件の問題を受理し、関連した労働者数は100万人以上に達するという。調停成立率は73%に及ぶ。

カンボジアの縫製分野は労働環境と給与の改善を求める労働者による頻繁なストライキに直面している。訴訟になることもある。例えば、Pumaの下請け企業であるAkeen Texでは、7月9日に労働者らが道路を封鎖したのち、法的介入を要請した。

最低賃金制定のための会合で、Ith大臣は労働組合法案を擁護し、法案は国際的な条約に準拠しており、ストライキの発生件数を減らすことができると報道関係者らに語った。「この法案が遵守されれば、縫製工場でのストライキや暴動の件数は減少するはずです」とIth大臣は話した。

労働組合はカンボジアの縫製労働者70万人の最低賃金額を引き上げるよう求めている。9月21日に、いくつかの独立系労働組合は207.5米ドルの新月額最低賃金を提案する予定としている。2015年1月に政府は最低賃金を28%引き上げ、月額128米ドルに改定している。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年09月21日14:03

カンボジア:Targetの納入業者で集団失神が発生

少なくとも22人の衣料品工場に勤める女性が9月9日、プノンペン郊外の工場で昏倒した。集団失神における最新の事例である。

失神した人数の正確な数字はすぐに確認できなかった。原因の究明はまだ続けられているが、Porng Toeuk健康センターの医師、Veag Vuthy氏は「有毒臭」、もしくは低血糖の可能性が高いとクメールタイムズに語った。

はじめに女性1人か2人が倒れ、それが引き金になって他の同僚の労働者らに連鎖反応が起こったと労働省は発表した。集団失神はプノンペン郊外のMoha Garment社が所有する工場で発生した。

出荷履歴によれば、工場は米国やカナダのTargetの店舗、および百貨店チェーンのKohl’s向けに製品を提供している。

失神した匿名の一人はPorng Toeuk健康センターの入院先で他の人がはじめに失神していたのを見たとクメールタイムズに対し語った。「どうして失神してしまったのかわかりませんでした。でも周りの人や他の人も失神していると聞き、怖くなりました。私も呼吸困難になり、失神しました。」

他の匿名の女性も、手当てを受けるために他の医療施設に搬送された労働者もいたと語った。

「工場の医療施設は満員でした。車で他の医療施設に搬送された人もいます。」

労働省はHeang Mony Vuth病院に14人、Porng Toeuk健康センターに8人が搬送されたと語ったが、総数は不明だ。車で多くの人が搬送され、Veag Vuthy医師は自身の医療施設に搬送された人数は労働省の発表よりも多く13人だったと語った。

Veag Vuthy医師は、工場労働者の多くがきちんと食事をせず、十分な睡眠をとらず、低血糖であったため事態が悪化し、弱った体であったために失神しやすかったと語る。「こちらに多くの労働者が失神し、助けを求めてきているのを知っています。この地域のほとんどの工場労働者は工場から離れた場所に住んでいます。朝早く起床し働き、遠くに住んでいるために遅くまで起きていなくてはなりません。通勤にどれくらいかかるか聞いてみると、非常に多くの不満を持っていることがわかります。彼らは睡眠時間が足りてないと言います。タケオ州からはるばる通っている者もいるのです」と氏は語った。

コメントを求めた工場の経営者からは返答はなかった。労働省は調査を行うと語った。

カンボジアの衣料品工場における集団失神は頻発している。先月には一週間で400人以上が昏倒した。労働省は昨年少なくとも1800人の労働者が24の工場で昏倒したと語った。

国際労働機関は最近、集団失神は複数の要因から発生するものだとの結論を下した。栄養不足、工場における換気や空気循環不足、過度な残業が主な要因である。

昨年のBetter Factories Cambodiaの報告によれば、衣料品工場労働者の40%以上が貧血を患っているという。

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年09月16日09:05

カンボジア:H&Mがアジア地域で「公正な賃金」プログラムを拡大

スウェーデンの小売大手H&Mはアジア地域の工場で労働者の賃金を引き上げ、労使間交渉を改善する意向を声明で発表した。

H&Mはすでに「公正な賃金メソッド」をカンボジアとバングラデシュで実験的に導入してきた。このプロジェクトは賃金を引き上げ、自由に支出できる収入を加えることで、労使関係を改善することを目的としている。

現在同社では2018年までにこのプログラムを68の戦略的納品業者に拡大し、その中にはカンボジアの工場も含まれている。同社の声明によると、これは雇用者と被雇用者間の「良好に機能する対話」を促進することを目的としているという。

「このメソッドの実施は持続可能な給与構造、より定期的な賃金見直し、経営側と労働者代表とのより活発なコミュニケーションと社会的対話の促進に貢献するはずである」とH&Mの声明は述べている。

同社はまた、国際労働機関(ILO)、スウェーデン国際開発協力機構、スウェーデンの労働組合であるIFメタルとともに産業関係プロジェクトをカンボジアで実施している。参加工場とその労働組合は覚書を締結し、労使関係の向上を目指し、その実施にあたってはトレーニングを受ける。

 

賃金交渉

現在カンボジアでは賃金問題が議論の的となっている。労働組合は現在の月額128米ドルの最低賃金を177米ドルに引き上げることを求めている。カンボジア縫製業協会のメンバーらは、賃金は上昇しても生産性が向上していないため、高賃金化でカンボジアの縫製産業の魅力が低減すると主張している。ベトナムなどの近隣国は、特に協議中のヨーロッパとの貿易協定により、さらに競争力を増してくるとも彼らは話す。

H&Mの意見は異なる。「私たちは賃金引き上げを好ましいものと捉えており、カンボジアを始めとする国々との関わりを継続するつもりです」とH&Mの広報担当であるアンナ・エリクソン氏はメールで表明している。

クメールタイムズがコメントを求めた他のブランドは、賃金上昇を直接的には支持しなかったものの、カンボジアの労働環境が改善することを望むと表明している。

大手衣料品ブランドの代表者らを含む香港のアメリカ商工会議所の代表者らが最近カンボジアを訪問した。商工会議所会長の談によると、縫製バイヤーが最も懸念するのは突発するストライキであるという。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年09月14日14:03

カンボジア:縫製産業展示会開催される

第5回国際縫製産業機械展示会が8月21日から4日間開催された。この展示会は、縫製製品が総輸出額の72.6%を占めるカンボジアでの縫製産業のさらなる振興を目的としている。

展示会主催者であるYorkers Trade and Marketing Service CompanyのTiger Lin会長によると、4日間の会期中、23の国・地域から260以上の企業が参加。

展示会はプノンペン市のダイヤモンドアイランド展示場で開催され、多様なアパレル製品や繊維・縫製生産のための機材が展示された。

工業・手工芸省のSat Samy大臣は、この産業はカンボジア経済の最も重要な支柱であると話す。

「この展示会は産業開発を促進し、より多くの外国投資家をカンボジアに誘致する助けとなるはずです」と次官は開会式で述べている。

縫製分野はカンボジア最大の外貨収入源であり、商務省によると、2015年上半期には30億米ドルの粗利益を上げており、また輸出でも同国の総輸出額の72.6%を縫製品が占めている。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年08月27日14:00

このページのトップへ戻る