インドシナニュース

ラオス繊維産業は多くの労働者を惹きつける

ラオスの衣料品製造業は、大規模な宣伝活動で、多くの求職者を惹きつけ、縫製労働人口を2015年までに6万人にまで引き上げる目標の達成を計画している。

ラオス衣料産業協会では、衣料産業は長期間にわたって労働力不足の問題に直面していると指摘する。注文は多いのだが、納期順守の義務条項のため、縫製産業は、十分の従業員を確保し、注文の納期通りの完成を保証する必要がある。レポートによると、ラオス縫製技術開発センターは、服飾産業の利益と利点を守るべく、近い将来、詳細情報を発表する。

2011年の世界銀行に関するデータによると、ラオスの一人当たりの国民総所得(GNI)は1130ドルで、これは国際基準との比較では低いレベルにある。ラオスの毎月の最低賃金は2012年1月に43.5米ドルから77米ドルに上昇し、労働者は高いボーナスと時間外手当てを受け取っていると協会の経営コンサルタントWilliam氏は言う。労働者は1ヶ月あたり100米ドルから250米ドルを稼ぐことができて、賄い付きの宿を提供される。William氏は、建設業や採掘業などの他の産業のほうが、支払賃金は高いかもしれないが、危険性が高く、作業負担が比較的重いと付け足す。

ラオスの労働組合では、衣料品輸出は2015年に5億ドルに達すると予想している。

ラオス ジャンル:
最終更新:2013年07月22日14:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る