インドシナニュース

2013年、カンボジアの繊維産業は成長する

カンボジア衣料品製造協会(GMAC)によると、カンボジアの衣類輸出は、増加する対外投資に伴い、日本や中国といった新しい市場に焦点を当てて2013年は成長すると予想される。

2012年のカンボジアのアパレル製品輸出は、2011年の42億4000万米ドルと比べて、9%増加し46億1000万米ドルに達した。

fibre2fashionのインタビューに対しカンボジア衣料品製造協会(GMAC)議長Ken Loo氏は、「私たちは今年カンボジアの衣料産業の見通しに関して楽観的です。」と述べた。

彼によると、縫製工場は日本や中国などの新規市場に期待している。「中国からの生産シフトで私たちは日本や欧州市場向けの成長が続くと思います。」とKen Loo氏は考える。

昨年、中国はカンボジアの繊維産業に1億2100万米ドル投資し、最大の投資国となり、次いで台湾が1億1200万米ドル、韓国が7000万米ドルだった。以下、シンガポール、米国、マレーシア、日本、タイ、オーストラリア、イギリス、インドなどが、2012年にカンボジアの縫製産業に投資した。

しかしながら、従来の輸出市場である欧米市場の経済危機に加え、連発したストライキのため、カンボジアの輸出成長は鈍っている。

カンボジアの縫製メーカーが直面する難局に関して尋ねられると、「私たちの大きな試練は、労働者のストライキだけでなく、組合が実に多数あることです。」とKen Loo氏は言う。

「さらに、インフラのコストが高いことも、繊維産業に大きな圧力をあたえています。時間ともに徐々に改善してはいるのですが。」と彼は付け加える。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年04月29日06:00

英商工会議所、ミャンマー繊維産業の復活を支持する

最近の民主的選挙は、ミャンマーを強権国家から民主主義国家に変わったが、これを応用に、イギリスのシェフィールド商工会議所はミャンマーの繊維工業を蘇らせるのを目的とした国際条約に合流したとヨークシャー・ポストは報じた。

数年かけてやっと成立したミャンマーとの最初の国際経済同盟プロジェクトは、ミャンマー繊維企業の世界市場への輸出の助けとなると期待されている。

シェフィールド商工会議所は唯一のイギリスの代理であり、ヨーロッパ連合によって資金を供給されたプロジェクトの一部となっている200万ポンドのスィッチ・アジア計画に参加している。計画下では、シェフィールド商工会議所はミャンマーの商工会議所をサポートし、直接ミャンマー企業を援助する。

プロジェクトの本旨は、ミャンマーの中小企業が新しいビジネスを展開する能力を身に着けるのを援助することである。しかしながら、これと並んで、商工会議所はまた、シェフィールドの企業のためにビジネス・チャンスを探しているだろう。

3年も経てば、スィッチ・アジアのビジネス・サポートはミャンマー企業がインドやベトナムやカンボジアの繊維産業と競争できるようにするのが目的となっているだろうとシェフィールド商工会議所事務局長Richard Wright氏は言う。

シェフィールド商工会議所は個人にトレーニングサポートを与え、その人たちが、今度は企業や他の従業員および労働者にトレーニングを伝えていくことになる。

また、商工会議所はEUや米国企業との貿易機会をどう活かすかをミャンマー企業に指導する。

輸出指向の企業が安全衛生に関連するある特定の基準、業務慣例、および、廃棄物処理と省エネルギーに関する環境基準の遵守に応じていくことは必要とされるとWright氏は言う。

プロジェクトにおける彼らの任務は主に、こうした状況ゆえ、彼らが自分達の輸出を成長させ、ビジネスの繫がりを発展させられるようなサポートに手が届くようにすることであると彼は言う。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2013年04月04日06:00

カンボジアの縫製工場の最低賃金、今年5月より75ドルに引き上げ

社会福祉省が発表した文書によれば、カンボジアの縫製労働者は2013年5月1日より1ヶ月あたり75米ドルの最低賃金を受け取ることになる。

社会福祉相 Ith Sam Heng氏が署名した声明によると、政府は、当初、衣料品及び履物縫製労働者の最低賃金を1ヶ月あたり現在の61米ドルから73米ドルまで上げるつもりだったが、フン・セン首相の指図で、月給は75米ドルに引き上げられ、加えて健康手当5米ドルが支給されることになった。

声明には、労働諮問委員会が労働法に従い賃金の上昇の過程を完了するとされている。

健康手当を含めた最低賃金を80米ドルまで引き上げるというは最終決定であり、労働諮問委員会は来週すべての利害関係者との会合を開くと社会福祉省のストライキ解決委員会は述べた。

幾多の組合とカンボジア縫製業者協会(GMAC)との代表者間で何度も交渉が行われたが、うまくいかず、ようやくこのたびの発表に辿り着いた。

先月行われた2日間の会合では、カンボジア縫製業者協会(GMAC)が最低賃金を72米ドルまで引き上げてもかまないと考えていた一方で、組合側は1ヶ月あたり100米ドルへの賃金引き上げ要求に固執した。

カンボジアのアパレル産業は30万人以上の労働者を雇用し、そのうちの90%以上が女性である。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年03月25日06:00

カンボジア縫製業者協会(GMAC)と労働組合、最低賃金の問題解決の道見えず

カンボジア縫製業者協会(GMAC)と労働組合は、賃金討論で互いに妥協する必要があると社会福祉省の労働争議解決委員会副書記Vong Sovann氏は言う。

賃金交渉を監督している職員は、1カ月あたり61USドルの既存の最低賃金は非常に低く、縫製労働者は賃金における引き上げを求めているが、ほとんどの工場の経営者には、この引き上げは許容できないとプノンペン・ポストは報じた。

直近の交渉では、組合側は120米ドルから100米ドルまで彼らの要求を引き下げたが、カンボジア縫製業者協会(GMAC)側は6米ドルの上昇を認めるだけで、交渉は物別れに終わったとSovann氏は述べた。

再び、今週の政府との会合で、カンボジア縫製業者協会(GMAC)は既存の賃金体系で認められている健康手当を除くことで、70米ドルか75米ドルに引きあげるオファーを提示した。

Sovann氏は、ことによると組合側は要求を90米ドルまで抑えることも考えており、カンボジア縫製業者協会(GMAC)側は70米ドル以上まで認めそうだと示唆した。

しかしながら、カンボジア縫製業者協会(GMAC)総書記Ken Loo氏は、縫製工場経営者側には1ヶ月あたり90米ドルを支払う余裕がなく、次期交渉の目処もたたず、解決への道は見えないと言う。

その間、カンボジア衣料労働者民主組合連合代表Ath Thorn氏は、組合では要求を100米ドル未満に下げることはできてないという意思を明確に表明し、この要求が認められないなら、労働者はストライキに訴えるとした。

100米ドルという金額は生活費の上昇から出てきたもので、労働者が生活するにはどうしても満たす必要があると彼は言う。

また、最近プノンペンで開催した2日のアジア最低賃金会合でも、カンボジアの縫製産業での最低賃金について議論した。

会議に参加した、インドをベースとするNew Trade Union Initiative総書記Ashim Roy氏は、100USドルへの引き上げはカンボジアから衣料品の調達をする会社に悪影響を与えることはないと言う。

バイヤーがバングラデシュに移ることもないし、ミャンマーが衣料産業を発展させるにはまだ3、4年くらいはかかるだろうと彼は付け足した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年03月12日06:00

ブラザー、ベトナムにミシン工場を操業

ブラザー工業は、工業用ミシン事業のための新しい製造施設としてブラザー機器(ベトナム)株式会社という製造子会社をベトナムに設立すると発表した。

グループの企業成長を予測しながら、ブラザー・グループは地球規模で個々の事業品目製造設備を改良している。工業用ミシン事業では、ブラザー・グループはコスト競争力を改善し、日本国外での製造設備集中のリスク軽減のためにハノイ郊外に位置するハイズーン省で新しい製造施設を始める。

現在、ブラザー・グループは工業用ミシン事業のための中国に製造設備を1つ持っている。 この新しい施設は工業用ミシン製造のベトナムでの最初の工場になる。

ブラザー・グループは新しい製造施設を開業することによって地球規模で競争力を高めて、製品を通して世界中で素晴らしい価値を顧客に提供するのにおいて決心している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年03月07日06:00

カンボジアのアパレル市場、古着輸入は新品の10倍

経済財政省の統計によれば、カンボジアは昨年年初から11ヶ月で6150万米ドル相当の中古衣類79,217トンを輸入し、これは対前年比2%増加している。

輸入中古アパレルは、輸入された新品衣料のおよそ10倍の量である。

2012年1月から11月まで、カンボジアは8,134トンの新品衣類を輸入したが、これは260万米ドルに相当する。

成長しつつあるカンボジアの中流階級は、中古アパレルには新品衣料と同等の品質がありながら、はるかに低価格(しばしば新品衣料品の約10~40%の価格)で買えると気付いていることが、この中古衣類輸入の驚異的なボリュームという結果を導いていると、業界アナリストは考えている。

カンボジアには約450~500のアパレル製造業者があるが、主として輸出市場向けに生産している。

 

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年03月06日06:00

受注は好調だが、ベトナム繊維輸出業者らの顔は晴れない

輸出オーダーの受注は好調だが、ベトナム繊維輸出業者らの顔に自信に満ちた微笑は浮かばない。

これは、彼らの大部分が昨年より約10%高い価格で多くの輸出オーダーを受けていながらも、他方で、原料コストが10-15%上がっており、オーダーの消化が会社を危機に晒す可能性さえあるからである。

ベトナムネットのレポートによると、世界的な回復基調の下で、ベトナム縫製工場は、主としてアメリカと日本から今年多くの注文を受けている。

ホーチミン市に拠点を置く縫製会社サイゴン2社は、日本の輸入会社から注文された婦人用パンツを実行するためにシフトを組まなければならなかったと会社幹部は言う。

ベトナム繊維協会(Vitas)副会長Pham Xuan Hong氏は、約90%のベトナム縫製工場は2013年6月末まで注文でいっぱいになっており、50%の会社は年末まで計画は十分であると言う。

また、輸出オーダーの増加は新しい雇用を創出するだけではなく、安定収入を生み、労働者の悲哀を緩和したと彼は言う。輸出業者に十分な注文があるので、最良の価格で契約を交渉できる立場にあると言い足した。

しかしながら、受注が好調にもかかわらず、原材料費が高騰しており、輸出業者らは心配している。

商工省によると、ベトナムの今年1月の繊維輸出は、対昨年同期比で28.4%増加し、10億5000万米ドルに達した。

ベトナム政府は、今年の繊維輸出の目標を190億米ドルと設定しており、これは対2012年比で15%増しである。

 

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年03月02日06:00

カンボジアの縫製業界、巨額の外国投資を呼び込む

カンボジアの縫製産業が、米国や英国といった世界の主要市場への税制上の優遇措置により巨額の外国投資を引き付けている。fibre2fashionとのインタビューで、カンボジア衣料製造協会の業務開発部長Kaing Monika氏は、「カンボジアは、一部の市場においては新しい衣料製造基地になりつつあり、カンボジアの縫製産業は巨額の対外投資を呼び込んでいます。」と語った。

昨年、中国が総投資額1億2100万米ドルでカンボジア繊維産業の最大の投資国となり、つづいて、台湾が1億1200万米ドル、韓国が7000万米ドルとなっている。さらには、シンガポール、米国、マレーシア、日本、タイ、オーストラリア、イギリス、インドといった国々が、2012年にカンボジア縫製産業に投資を行った。

増加する対外投資の理由に関して、Monika氏は「カンボジアは米国への最大衣料供給国の一つであるだけでなく、世界の主要市場へ免税措置の適用が受けられ、労働コストは手ごろで、マクロ経済環境も安定しているうえ、政府によっていくつかのインセンティブも提供されていることで、対外投資を引き付けています。」と言う。

彼によれば、人々が外国人に優しく、天然資源が豊富なことも海外からの資金を呼び込んでいる。

「そのうえ、カンボジアでは、20~49の年齢層の人口が500万以上もあり、労働力だけでなく巨大な市場も形成しています。」と彼は語る。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2013年02月20日14:00

オーストラリアの羊毛業者がベトナムでのサプライ・チェーンを開発

オーストラリア人の羊毛業者が、新しい輸出市場としてベトナムに焦点を合わせて、国の羊毛産業のために持続可能なサプライ・チェーンを開発するのを計画している。

市場展開計画の一部として、オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)は「ベトナム発プロジェクト」を実行してきた。プロジェクトはベトナムで持続可能なサプライ・チェーンを開発して、オーストラリアの羊毛製造業部門を拡大させるのを目的としている。

AWI製品開発商品化担当の総合マネージャーJimmy Jackson氏によると、オーストラリアは羊毛の80%を中国に輸出しており、オーストラリアの羊毛の新しい加工及び製造市場を発展させる必要がある、とベトナム・ニュースは報じた。

Jackson氏は、ベトナムがオーストラリアの羊毛の潜在市場であるとし、その理由として、繊維産業及びそのインフラが確立されていること、織物製品の輸出が成長していること、米国との自由貿易協定を含む貿易に有利、熟練した労働力、政治の安定、十分な水の供給などを挙げた。

中国に代わるオーストラリアのグリージー・ウールの輸出先としてベトナムは適当であると彼は付け加えた。

「ベトナム発プロジェクト」は、初め、ニット部門に焦点を合わせて、徐々に織布部門に焦点を移していくと彼は述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月31日14:00

韓国との自由貿易協定(FTA)がベトナム製アパレル製品の輸出を加速する

ベトナムと韓国の自由貿易協定(FTA)は、そのための話し合いが、この第1四半期に始まることが予定されており、両国の貿易関係での好影響をもたらし、ベトナムから韓国へのアパレル製品の輸出が増加しそうだ、と商工省下アジア・太平洋市場部次長Vo Thanh Ha氏は語った。

韓越自由貿易協定(FTA)会談の際のセミナーのスピーチで彼は、韓国はベトナムにとって4番目に大きな貿易相手国であり、ベトナムは韓国にとって6番目に大きな輸出市場であると述べた。そして、両国の相互貿易関係は、1992年の5億米ドルから2012年には211億米ドルまで急成長した。

彼は、現在約6万人の韓国人がベトナムへ招聘されて働いており、ベトナムは韓国の政府開発援助(ODA)の最大の受給国であると述べた。

ベトナムへの海外直接投資(FDI)に関して、韓国は、日本、台湾に次いで第3位で、案件数3,100以上、投資額は約250億米ドルと彼は明かした。

ベトナム繊維協会(Vitas)顧問Le Van Dao氏によれば、現在の200以上の韓国資本の繊維企業がベトナムで操業しており、約18万人のベトナム人の雇用を生み出しているという。

韓国は昨年ベトナム製衣料の4番目に大きな輸入国となり、対2011年比で韓国のベトナム製衣料の輸入は11.5%成長したことを明らかにした。

ベトナムとの自由貿易協定(FTA)は、織物、染色、ファッションの領域で韓国により多くの投資機会を与えることになるだろうと彼は意見を述べた。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2013年01月29日06:00

このページのトップへ戻る