インドシナニュース

カンボジア:縫製・製靴産業、輸出増・雇用減

国際労働機関(ILO)のカンボジア報告書第6版によると、カンボジアの縫製・製靴産業からの輸出は2016年も増加を続け、輸出額は前年比7.2%増の73億米ドルに達したが、公式に登録された輸出工場の数は前年比10.7%減少し、労働者数も2.9%減少した。

最新版のILOカンボジア縫製・製靴産業報告書では、好調な輸出と雇用・企業創出の弱さの原因として主に3つの要因を挙げている。縫製・製靴産業の生産性の向上、雇用・企業数計測における統計上の問題、下請け工場による生産の増加である。

ILOタイ・カンボジア・ラオス事務所のMaurizio Bussi所長は、「もし労働法や最低賃金といった規制をくぐり抜けるために下請けが行なわれているのであれば、下請け工場による生産と雇用の増加は懸念すべき事態だ」と話す。

登録された輸出工場と異なり、下請け工場はBetter Factories Cambodiaによるモニタリングを受けず、政府の実施機関の監理も行き届かない可能性がある。

「カンボジア政府関係機関や関係者は状況を注意深くモニタリングしていくべきだ」とBussi所長は話す。

ILO報告書によると、縫製・製靴産業は依然としてカンボジアの最も重要な輸出産業であり、2016年の物品輸出の78%を占める。カンボジアからの衣料品、履物類の最大市場はEUで、その後に米国が続く。

EU、米国への衣類・履物輸出を合わせると2016年は輸出額の65%に達した。この2市場が占める割合は、日本、カナダ等の外部市場のシェア上昇により、2015年の72%からは低下している。

カンボジアの縫製・製靴産業労働者の残業代を含む平均月額給与は2014年には145米ドルであったが、2015年は175米ドル、2016年には195米ドルと上昇を続けている。インフレ率を考慮すると、2016年の実質的な月額給与所得は前年比で8%の増加であった。

この報告書は「グローバルサプライチェーンにおける労働基準」プログラムの一環として出版された。このプログラムはドイツ政府を代表し連邦経済協力開発省(BMZ)の資金援助により実施されている。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2017年06月07日06:01

ミャンマー:前会計年度縫製輸出額は18億ドル

ミャンマー商業省によると、同国の「裁断・縫製・梱包(CMP)」委託加工型縫製業による2016年4月-17年3月までの会計年度の売り上げは18億3600万米ドルであった。縫製製品輸出額のおよそ33%が日本、25%がEU向けであった。ミャンマー製縫製製品は韓国、米国、中国市場にも輸出されている。

靴、衣類やバッグの委託加工型産業はミャンマーの2016年総輸出額のおよそ16%を占めた。前会計年度の委託加工型産業による輸出額は6億2700万米ドルであった。

ミャンマーの縫製産業は30万人以上を雇用している。ミャンマー縫製企業協会によると、同国は2020年までに輸出額120億米ドル、およそ150万人の新規雇用創出という野心的な目標を設定している。

ミャンマーの縫製セクターにはスウェーデンのH&M、アメリカのGapをはじめとする世界的大企業がすでに投資を行っている。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年05月10日13:41

ベトナム:東アジア地域包括的経済連携は縫製産業の追い風になる

16か国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は発効すればベトナムの繊維・縫製産業に様々な利益をもたらすと予測される。ベトナムも交渉参加中のRCEPにはアセアン加盟10か国と中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとインドが含まれる。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とは異なり、RCEPは地理的な近さと文化的な同質性を特徴とする。こうした特質はRCEPの交渉と締結プロセスに有利に働くのではないかとベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長は話す。

RCEPはベトナムの繊維・アパレル分野にとっては貿易障壁の撤廃を意味するのみならず、原材料調達、コスト、市場スケールの面でも有利に働くとベトナムメディアはGiang会長のコメントとして報じている。

Giang会長は2017年のベトナムのアパレル・繊維輸出成長率は13-14%と予測している。2016年の成長率は9.2%であった。

ベトナム統計総局のデータによると、2017年1-3月のベトナムのアパレル・繊維輸出は56億ドルで前年同期比10.2%の伸びとなった。一方で生地輸入は23億米ドルで5.5%の増加であった。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年04月07日13:38

ベトナム:繊維製品へのアゾ染料使用に関する新規制

ベトナムの商工省は、国内で販売される繊維・アパレル製品へのアゾ染料とホルムアルデヒドの使用に関する新規制案を作成した。新規制は繊維・アパレル製品におけるホルムアルデヒド成分、アゾ染料由来の芳香族アミンの上限と査察について定めている。

新たな規制のもとでは、36か月以下の子供向けの繊維製品に含まれるホルムアルデヒドは30 mg/kg以下、直接肌に触れる繊維製品では75 mg/kg以下、直接肌に触れない繊維製品では300 mg/kg以下に制限される。芳香族アミンはすべてのカテゴリーで30 mg/kgに制限される。

この規制はベトナム国内のすべての繊維製造業者と輸入業者に適用され、商工省が認可・任命する組織が査察を実施する。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年03月22日12:07

タイ:アパレル輸出最大手のNiceグループがEvolveを導入

タイ最大のアパレル輸出企業Nice Group Holding CorpがFast Reactの計画管理ツールEvolveを導入した。Evolveの導入で原材料管理が容易となり、最終的には生産性の向上につながることが期待されている。EvolveはNice Groupが既に導入しているLEAN縫製システムのさらに効率的な活用にも役立つ。

「当社の現行のITシステムはまだ新しい技術要件に100%適合しておらず、サプライチェーン管理や生産計画の面で完全なサポートを行うことができていない。Fast Reactのツールは広く知られておりその効果も証明されていることに加え、彼らは縫製産業の知見があり経験を積んだチームであることから導入を決めた」とNice GroupのPrasop Jirawatwong CEOは話す。

Nice Groupはタイ、中国、カンボジアの8工場でおよそ1万6000人を雇用し、5000万着を製造する。今年はベトナムへの進出を計画している。同社はAdidas、Nikeをはじめとするブランドのサッカー、ゴルフ、バスケット等様々なスポーツウェアを受託生産している。

» 続きを読む

タイ ジャンル:
最終更新:2017年03月03日15:35

ミャンマー:委託加工型のみで縫製輸出額が18億ドルに達する見込み

ミャンマー商務省によると、2016-2017会計年度(3月末まで)の委託加工型縫製輸出額は18億5500万米ドルに達する見込みという。輸出額のうち日本が33%、EUと韓国がそれぞれ25%、米国と中国がそれぞれ2.4%を占める。

ミャンマー国内の報道によると、昨年度の委託加工型縫製業の輸出額は6億2700万米ドルのところ、今年度の輸出額はすでに14億米ドルを超えていると商務省のKhin Maung Lwin事務次官は述べた。

ミャンマーの委託加工型縫製業では履物、衣類、バッグ類を生産しており、委託加工方式が過去20年にわたって継続している。

ミャンマーには100以上の縫製工場が存在し約40万人を雇用しているものの、原料から最終製品までの一貫生産はまだできていない。

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年02月20日12:19

ベトナム:VINATEXは2017年に2桁の成長率を期待

ベトナム最大の縫製製品製造・輸出企業ベトナム繊維公団(VINATEX)は、2017年の成長率は前年比で売上高12%、生産額14%、輸出額11%と予測している。繊維公団はまた、2017年第1四半期分の受注はすでに十分であることも明かした。

ベトナム国内の報道によると、繊維公団のLe Tien Truong社長は、縫製業界は今年も様々な困難に直面することになるだろうと述べている。EU・ベトナム間の自由貿易協定や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が今年中に発効とならないことなどを指している。

Truong社長は、為替レートや税制で有利な条件にある競合国が受注する状況は続くため競争はますます激化し、さらにはEU経済の不安定さもベトナムの縫製業界にとって懸念事項となるだろうと述べた。

2016年、繊維公団の売上は前年比で5%増加し25億米ドル、税引前利益も5%増で41兆ベトナム・ドンであった。同年のベトナム全体の縫製輸出は前年比で5.7%増加し、283億米ドルであった。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年01月20日11:59

ベトナム:Unifiがリプリーブ再生繊維の生産流通を拡大

加工糸を世界的規模で展開する糸メーカーUnifi Inc.は、リプリーブ再生繊維の製造認証を持つCentury Synthetic Fiber Corporationとの提携によりベトナムに進出し、Repreveの生産を拡大する。ベトナム国内ではCentury社がリプリーブ・フィラメント糸の生産、販売を行う。

ベトナムで生産されたフィラメント糸は中国に輸出され、Unifiの中国子会社であるUnifi Textiles (Suzhou) Co., Ltd. (UTSC)が中国国内での販売、流通を管理する。この体制により、主要アパレル生産地域でのリプリーブ再生繊維の流通経路ができ、同社顧客の増加する需要に対応しつつ納期短縮が可能となる。

ベトナムのホーチミン市に本社を置くCentury Synthetic Fiber Corporationはベトナムでも最大規模のポリエステル糸メーカーである。Century社は15年以上前の創業以来今日まで生産量拡大のための投資を続けてきた。

Unifi, Inc.のTom Caudle社長は、「ベトナムはここ数年アパレルブランドや小売企業の強化地域であった。2015年にはおよそ270億米ドル相当の繊維・アパレル製品を輸出しており、2016年の輸出額は300億米ドルに達したと見込まれる中、ベトナムの成長は無視することができない。Unifiは過去18か月間でリプリーブ再生繊維の供給地域をトルコ、台湾、スリランカと拡大しており、今度はベトナムである」と述べた。

Unifiグローバルブランド販売・マーケティング・商品開発担当のJay Hertwig副社長は、「ベトナムはリプリーブ再生繊維の世界的サプライチェーンを拡大する戦略的な立地であり、近い将来Unifiは他のプレミアム付加価値(PVA)製品にも業務を拡大することができるだろう。ベトナムに基盤があることでUnifiは顧客の事業所在地がどこであれ増加しつつある需要に対応し、商品を供給することができるようになるだろう」と話す。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年01月13日13:13

ベトナム:Garco 10、2016年売上目標額を上回る

ベトナムの繊維産業最大の企業の一つであるGarment 10 Corporation JSC(Garco 10)の2016年の総売上は2兆9000億ドン(1.3億米ドル)に達すると推計され、前年比6.42%の伸び、年間目標額を2%上回る結果となった。Garco 10は今年の売上をさらに6%伸ばすことを目標としている。

2016年、Garco 10はおよそ590億ドン(263万米ドル)を納税した。ベトナム国内の報道によると、これは前年の税額から24%増加している。

今年、同社は売上3兆1000億ドン、利益625億ドンを目標としている。この目標の達成のため、同社は厳しい手段もいとわず、製品の品質を最優先とし、労働生産性を向上させ、企業統治を強化する予定である。

9000人以上の従業員を擁するGarco 10は年間およそ2100万点を生産し、その80%以上が輸出されている。主要市場は米国、EU、日本、香港である。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年01月09日12:03

ベトナム:台湾企業がジャカード織生地を生産

台湾の靴紐、ゴム紐等のアクセサリーメーカーであるTaiwan Paiho Ltdはベトナムで5000億米ドル規模の製造工場の設立を計画している。この工場はPaihoのベトナム子会社であるPahiho Shih Holding Corpが運営し、様々な国に輸出するためのジャカード織生地を生産する予定となっている。

「同社は新工場に42台の織機を導入し、2017年の第4四半期に操業開始を予定している。その後5年間で同様の織機を350台導入することとなっている」と台湾のメディアは報道している。

東南アジア諸国の輸送費や関税など様々な要素を分析した結果、同社は工場建設予定地としてベトナムに的を絞った。

Paiho ShihのCheng Kuo-yen会長は、製靴業者のジャカード織生地への需要が全世界的に高まっているため、ジャカード織生地の生産で靴原材料市場での同社の存在感が高まることを期待していると述べている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年01月05日06:06

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る