インドシナニュース

ベトナム:ハニ族の伝統衣装

ハニ族の衣装には特徴的なスタイルがある。黒ハニ族の衣装と花ハニ族の衣装もそれぞれが異なるスタイルを持つ。

ベトナム民族学博物館の研究者Luong Van Thietは、彼らの祝祭用の伝統衣装を見れば違いは一目瞭然であると話す。

「ディエンビエン省、ライチャウ省の花ハニ族の衣装は森の花のようにカラフルです。彼らは自然の近くに住み、衣装にその自然を反映させています。主要色は赤で、そこに白、黄、緑の文様が組み合わせられています。花ハニ族の女性は美しいタッセルのついた帽子を被ります」

ハニ族の女性は5-6ヶ月をかけて衣装一式に刺繍を施す。衣装は文様や金属片で美しく飾られている。

花ハニ族の衣装がカラフルで複雑な刺繍で飾られているのに対し、ラオカイ省の黒ハニ族の衣装はシンプルでエレガントである。

黒ハニ族の衣装は黒を背景に青または白で文様を刺繍する。子供の衣装や帽子はカラフルである。黒ハニ族の女性はしばしば人造毛の巻き髪をつけるが、これは装飾性に加え日光や雨を避けるためでもある。

既婚女性は髪を編み、頭の周りに巻きつけ、その後スカーフを被る。

民俗学者のTran Huu Sonは言う。「黒ハニ族の女性は、藍色のスカーフをかぶっていれば既婚という意味です。ハニ族の人々は、魂は頭部に宿ると考えています。既婚女性はスカーフを被ることで魂を守らなければならないのです」

ハニ族の男性はシャツ、パンツ、ベルト、頭部のスカーフというシンプルな装いである。シャツは前ボタンで身体にフィットしている。パンツはゆったりとしておりウエスト部分を布のベルトで結ぶ。

布や文様は自然との調和を尊ぶハニ族の文化とライフスタイルを反映している。ハニ族の人々にとっては、伝統的衣装を作り、着続けることは将来に文化を受け継いでゆくひとつの方法なのである。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年06月18日06:04

ベトナム:「ハノイの記憶」イベントでアオザイ披露

第1回の「ハノイの記憶」イベントはアオザイのファッションショーとともに12月30日にハノイのタンロン皇城遺跡で開幕した。

アオザイは様々な困難を乗り越え国民的ドレスとなり、女性の象徴、ベトナム人の誇りを体現するものとなっている。ベトナム人にとって、アオザイはベトナム女性の魂のようなものである。

ベトナムの伝統的衣装であるアオザイは、身体にフィットし、特徴的な襟を持つ。ヒップまでの切り込みがあり、露出はしないものの若い女性のラインを見せることで官能的な女性の魅力を際立たせる。「ベトナム人女性のあるところに、ベトナムのドレスもある」単に伝統的な衣装であるばかりでなく、ベトナムの精神性とものの見方を含む文化そのものを体現したものである。言葉を変えれば、これがベトナム女性の「ベトナム人らしさ」なのである。

第1回の「ハノイの記憶」は観光省とタンロン・ハノイ遺跡保存センターが共催したもので、古代の首都のイメージと文化、そして古代のタンロン・ハノイの人々の芸術と手工芸製品を現代に蘇らせることを目的としている。ハノイの人々、そして観光客がかつてのハノイの雰囲気と魂を感じられる特別な文化的観光イベントとして企画された。

12月30日から2016年1月4日までの5日間の会期中、展示会、芸術作品インスタレーション、装飾芸術などの文化的・芸術的イベント、2016年最初のハノイへの外国人観光客の歓迎などのイベントが開催された。

「ハノイの記憶」はハノイ市観光局が設立されて以降、初めての観光イベントとなる。ハノイ市の観光分野ではこのプログラムを通じて自治体、組織、個人、団体や観光客の関心を集め、タンロン・ハノイ遺産関連でより多くの観光商品を作り出す。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年01月09日06:34

ベトナムとインドの伝統的衣装のファッションショーが開催される

ホーチミン市9区のアオザイ博物館でベトナムとインドの伝統的衣装であるアオザイとサリーのファッションショーが10月16日に開催された。

「アオザイとサリー:永遠の友情」というテーマのこのショーは、ホーチミン市のインド総領事館とベトナムの人気デザイナーSy Hoangが所有するアオザイ博物館の共催で実現した。ショーではミスユニバースのベトナム代表であるPham Huongとインド人女性らによるパフォーマンスが行われた。ベトナム人歌手Nguyen Phi Hungもヒンディ語とベトナム語の歌を披露し、観客の喝采を浴びた。

主催者らによると、このショーは今年12月から2016年1月にかけて開催されるメインイベントの先駆けとなるものであり、そのイベントではSy Hoangのコレクションとサリーが発表される。

ショーではSmita Pant総領事が「このファッションイベントはベトナム、インド両国の衣装の美、エレガンスと活力を讃えるものです。両国の衣装はともに独特で、非常に際立ったアイデンティティがあり、単なる衣類ではありません。それ自体が文化なのです」と話した。

総領事は、このイベントに引き続き今後、Sy Hoangによる、インドの布と色彩を生かした、アオザイを含むベトナム式の衣装のファッションショーが行われる予定であると付け加えた。

また、総領事は、インド企業が独自のファッションブランドを立ち上げたり、インドのファッション専門学校が著名なデザイナーを輩出したりと、インドはファッション産業でも新興勢力と見られていると話す。

「インド女性がミスユニバースやミスワールドのタイトルを勝ち取り、それはインドのデザイナーが世界に知られるきっかけともなりました。ファッション産業は非常に幅広く、インドでのファッションショーには数多くの外国人のバイヤーも出席しています。上昇中で国際的な視点を持つインドの中間層がファッション産業の成長を支えています。彼らはデザインを尊重するので、ベトナムのファッションデザイナーがインドでコレクションを発表すれば、インド市場に参入するチャンスは大きいと私は考えています」とPant総領事は語った。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年11月06日12:00

ベトナム:ジェシカ・ミン・アンがセーヌ河でファッションショーを開催

昨年末のエッフェル塔でのファッションショーを成功させた、モデルで実業家のジェシカ・ミン・アンは、今年もファッションの首都パリに戻り、10月29日に大規模なショーを開催する。

J Autumn Fashion Show 2015と題されたショーはセーヌ河に浮かぶ大きなガラスボートを長さ100メートルのキャットウォークに仕立てて開催される。モデルが水の上に浮かぶような視覚効果をもたらすため、招待客らはガラス窓を隔てて着席する。パリの主要な史跡であるエッフェルタワー、ノートルダム寺院、ルーブル美術館やセーヌ河を渡る37の橋がこの特別なショーの背景となる。

アート、建築、文化とファッションを融合させるこのショーでは4大陸のデザイナーらによる8件のコレクションが紹介される。世界的な著名デザイナー、大使、大臣、企業や新聞社の重役などが招待されている。

ジェシカ・ミン・アンによるジュエリー、ハイエンド、カジュアルそれぞれのコレクションに加え、才能あるアーティストにより実現されるヘアスタイルも見どころの一つとなる。

ジェシカはMont Blanc、Paul Costelloe、Addy van den Krommenacker、桂由美といったファッションデザイナーやラグジュアリーブランドと共にこのショーを開催する。

ジェシカ・ミン・アンはハノイに生まれ、ロシアのモスクワで育った。ペトロナス奨学金を得てマレーシアでITを学んだのち、英国で広報の修士号を取得した。その後、ファッションショーの主催者になるという夢を実現し、象徴的な史跡や建造物でショーを開催してきた。

彼女は今までにパリのエッフェル塔、英国のロンドン塔、米国のワン・ワールドトレードセンター、シンガポールのガーデンズバイザベイスカイウォーク、マレーシアのツインタワースカイブリッジ、そして世界で最も高いキャットウォークとなったグランドキャニオンスカイウォークなどでショーを開催し、人々に強い印象を残した。

彼女のファッションショーはBBC、FOX5、ABC、CBS、ITV、CNBC、MBC1、Canale 5、MTV、FashionTV、Dubai TVなど数多くのテレビチャンネルで放映されている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年10月02日14:02

ベトナム:英国でのイベントでアオザイが紹介される

9月12日から13日にかけて、テムズ河沿いのポターフィールズ公園でベトナム・ディスカバリー・フェスティバルが開催され、アオザイ・ファッションショーなどの様々なイベントが開催された。

ベトナム・ディスカバリー・フェスティバルはベトナム・英国間の戦略的パートナーシップの5周年、そして70年目となるベトナム独立記念日を祝って開催された。

フェスティバルはダイナミックなベトナムの美、温かさと魅力を紹介するものとなっている。ダンスパフォーマンス、伝統的音楽と現代の音楽、そしてアオザイ・ファッションショーの見事な開会セレモニーののち、来場者は3Dキューブスペースでのベトナムのバーチャルツアーや、水上人形劇など、視覚、聴覚、そして味覚でベトナム文化を味わうこととなった。

イベントは音楽とダンスに始まり、ベトナムでも最も有名な音楽家による、独特な伝統的楽器、ダンニー(弓で演奏する弦楽器)、ダンチャン(ツィターに似た琴)、竹のフルート、クロンプット(バナール族の竹製の木琴)、ディンパ(共鳴パイプ)などの演奏を聴くことのできる稀な機会となった。

ベトナムの有名シェフがレシピと作り方を監修した屋台も設けられ、フォーボー(牛肉と麺)、バンミーケップティット(ベトナム風サンドウィッチ)などが提供された。

伝統的な漆製品と著名なベトナム人画家による油絵の展示にも人々が集まり、ベトナム刺繍、伝統的な竹の演劇用マスク、手作りの菅笠などの土産物を買う人々の姿が見られた。

伝統的音楽や現代音楽のコンサート、アオザイ・ファッションショー、展覧会、ベトナム料理屋台など、これらイベントには英国人、外国人やベトナム人合わせて2万から2万5000人が来場した。

このプログラムは英国ベトナム大使館が主催し、ベトナム航空、クアンニン省、Thien Minhグループが後援した。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月26日13:28

ベトナム:「村からのデザイン」でラムドン省の少数民族刺繍村を支援

ロビンソン百貨店はベトナム人ファッションデザイナーAdrian Anh Tuanとともに「村からのデザイン」という社会プログラムを立ち上げる。

Tuanは中央高地ラムドン省にある刺繍の盛んな少数民族の村々を訪ね、訪問から得られたインスピレーションを基にこれらの村への資金集めのためのコレクションを製作する。

ラムドン省への3日間の訪問中、Tuan はK’LongとB’Noの2つの手工芸村を訪問した。Tuanのコレクションは10種類のTシャツからなり、現代的なスタイルと伝統的なスタイルを組み合わせたものや手刺繍ならではのパターンを取り入れたものがある。このコレクションは今年第4四半期に公開される予定である。

Tuanはベトナム少数民族による手刺繍は全く独特なものであると話す。ロビンズ百貨店を担当するGerard McGurk上級副社長は、ロビンズはこのプロジェクトを通して遠隔山岳地域の文化遺産を都市の人々に紹介することで、その地域のコミュニティを支援したいと話した。

このプロジェクトは貧困、文盲、病気といった困難に直面する少数民族の人々を支援することを目的としている。手工芸村の人々はファッショナブルで若々しいTシャツの素材となる刺繍を製作することでより多くの収入を得ることができる。これら商品の販売による収益は貧しい村々の支援を行うために使われる。特に、このプロジェクトで製作されたすべてのデザインは村の人々が今後も利用することができ、観光振興のための独自の土産物の開発などに活用できる。

Adrian Anh Tuanは彼自身のハイファッションブランドValencianiを所有しており、TVシリーズであるベトナムのネクストトップモデル2015第6シーズンの審査員の一人でもある。

「ラムドン省は私の祖母の故郷で、今回ご紹介する刺繍の原産地です。中央高地地方の代表的な模様や色使いを皆さんにお見せできるのが楽しみです。地元コミュニティへの支援に協力できることに感謝しています」とTuanはコメントしている。

村々はコレクションの原材料となる刺繍を提供することで収入源を得ることができ、さらにこのコレクションの販売による利益は全額寄付される。村では今後もこのデザインを土産物の製作に使うことができる。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル: /
最終更新:2015年09月19日06:00

ベトナム:ファッションデザイナーMinh Hanh、福岡アジア文化賞受賞

デザイナーのDang Thi Minh Hanh氏が2015年の福岡アジア文化賞の受賞者として選出された。

この知らせは7月7日にハノイで開催された受賞発表会で発表された。

発表会において、ベトナム文化・スポーツ・観光省のHuynh Vinh Ai副大臣はMinh Hanh氏のファッション産業への積極的な関与と、彼女の世界へのベトナム文化発信のための貢献について賛辞を述べた。

Minh Hanh氏は受賞について非常に感激し、誇りに感じていると述べ、この受賞は彼女自身のみならず、ベトナム文化に捧げられたものであると強調した。

彼女はまた、ベトナムのファッション産業はベトナムの豊かな文化と長い歴史により、さらなる発展を遂げるであろうとの信念を述べた。

さらに彼女は、若いデザイナーと共に働くことでベトナムファッション業界の発展にさらなる貢献をしたいとの意思を表明した。

受賞発表会では小規模なファッションショーも開催され、会場にはMinh Hanhのコレクションの衣装を着たモデルたちが登場した。

Minh Hanhは福岡アジア文化賞を受賞する2人目のベトナム人となった。Minh Hanh以前には、1996年に歴史学者のPhan Huy Le教授が最初のベトナム人として同賞を受賞している。

Minh Hanhはベトナムの優れたファッションデザイナーとして、福岡アジア文化賞の選考委員らの高い評価を受けた。ベトナム独自の文化への深い洞察に基づき、アオザイ(長服)と昔ながらの刺繍、そしてベトナム少数民族に伝わる布地を融合させ、Minh Hanhは現代的なファッションを創造した。

彼女はまた世界各地でファッションショーを開催し、ベトナムに若いデザイナーと市場を作り出し、アジアの創造性を得た製品の開発に貢献した。

Minh Hanhは最初の国際的コンペに出品した1997 年に日本でアジアコレクション特別賞を受賞している。2006年にはフランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。彼女はまた、ベトナムのデザイナーを代表して2006年にベトナムで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)での国家元首らのコスチュームをデザインした。

福岡文化賞は1990年に創設され、アジアの学術、芸術、文化に優れた貢献をした人々に対し賞を授与し、アジアの多様で固有な文化を世界に伝えている。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月07日14:01

ベトナム:1990年以降生まれの才気溢れる4人のファッションデザイナー

ベトナムのファッション産業の新しい世代を代表する才気溢れる若手デザイナーを紹介する。

 

1.Lam Gia Khang スターのためのデザイナー

ベトナムのファッション業界においては新人ながら、1990年生まれの彼は期待されていたよりもはるかに多くの注目を集めている。

Khang氏はハノイのロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業し、2012年のVietnam Belve Fashion Design Awardsで優勝。その頃の彼のコレクションであるLe Blancは50年代のスタイルに影響を受け、その優雅さと細部にわたる精巧さは多くの称賛を受けた。1年後、彼はProject Runway Vietnam 2013のトップ3に君臨するまでになった。

Lam Gia Khang氏はデザインのなかにコンテンポラリーとミニマリズムを入れることを好みながら、ファッション業界の流行も常に追及している。彼のデザインは多くのレッドカーペットの華やかな舞台において、ベトナムのセレブに好まれ着用されている。

 

2. Ly Giam Tien ファッションの奇才

Ly Giam Tien氏は2014年にベトナムのファッション業界で発掘された特別な人材とみなされていた。Tien氏は専門的な経験を積んだことはなかったが、彼のデザインは業界全体から称賛された。18歳のデザイナーであるTien氏のことを人々は「ファッションの奇才」「才能は年齢で判断できるものではない」と語った。彼はベトナムで最も一流の雑誌のひとつであるBreak Through of the Year by Sport and Cultureで賞を与えられた。

2015年2月、Tien氏は世界のファッションの中心地であるニューヨークのキャットウォークで自身のコレクションをショーケースとしてみせる機会を得た。New York Couture Fashion Week社長であるAndres Aquino氏は以下のように語った。「Ly Giam Tien氏はNew York Couture Fashion Weekに若くて新鮮な精神をもたらした。彼のコレクションには正直驚いている。こんなに若くして彼は将来性が十分にある。近い将来の彼の成功をとても楽しみにしている。」

 

3. Nguyen Quang Viet 新しい才能

Nguyen Quang Viet氏は1992年生まれ、現在ベトナムのトップファッションブランドのデザイナーである。ベトナムのファッション業界の最も若い才能のある人材として、Viet氏はイタリアのVogue、スイスのSuperior、中国のTech Magなど様々な国際的なファッション雑誌と仕事を重ねてきた。

London Fashion Week 2014の後、Viet氏のコレクションは再度今年度のLondon Fashion Weekにおける「新しい才能」部門でショーケースとして展示されるために選ばれた。2015年の2月には、Viet氏のデザインはVivienne WestwoodやMulberryなど他の名高いファッションブランドのコレクションと並び、ロンドンのThe Gran Connaught Roomsのキャットウォークを飾った。

 

4. Ngo Thai Bao Loan 期待の新星

Ngo Thai Bao Loan氏がはじめてベトナムのファッション業界に姿をあらわしたのは、彼女がVietnam Project Runwayシーズン1のトップ5となった時であった。一方で、彼女はハノイを拠点とするスペインのファッションブランドに何か月もの間勤めており、決して業界における新人ではない。

前途有望なデザイナーである彼女は最近ハノイで自分自身のブランドを立ち上げた。Loan氏の洋服はまさに彼女自身であるかのように若く、クールでリラックスした印象がある。「きついドレスやシャツを着るといつも恥ずかしい気持ちになります。だから自分の買い物やインスピレーションを得るには、いつも男性もののファッションのお店を訪れます。」とLoan氏は述べた。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月07日06:00

ベトナム:パリオートクチュールウィーク2015にベトナム人モデルが登場

有名モデルKha My Vanはパリオートクチュールウィーク2015でキャットウォークを歩く最初のベトナム人モデルとなった。

VanはオートクチュールデザイナーSerkan Curaのショーに参加する21人のモデル中、2人のアジア人モデルのうちの1人である。ショーでは黒、白、グレー、赤のテーマカラーで、レースや羽毛などの素材を使ったエレガントで洗練された、印象的なデザインが秋冬コレクションとして発表される。

Serkan CuraはパリのファッションブランドJean Paul Gaultierで4年間働いた経験があり、Victoria’s Secretのショーに欠かせない美しい天使の羽をデザインしているのも彼である。

Serkan Curaのショーに続いて、7月7日午後にはVanはパリのオラトワードゥルーヴル教会で行われるJulien Fournieのショーにも参加する。夜にはセーヌ河にかかるビルアケム橋でデザイナーFournieとともに2015年秋コレクション発表のための撮影会にも参加する。

Vanはこれまでにイタリア版ヴォーグ、3月にはフランスのL’officiel誌に登場している。

パリファッションウィークの後には、Van はICE Modelsとの契約により2015年末までミラノに滞在する予定となっている。

Vanは2012年のVietnam Next Top Modelで準優勝し、ベトナム内外のさまざまなファッションショーに参加している。

フランス人デザイナーFournieはVanのプロ意識とキャットウォークでの自信に満ちた態度を賞賛している。

モデルのマネージメントやトレーニングを行うBeU ModelsのLe Quynh Trang会長は「Fournieのショー幕開けでのVanを見て、言い表せないほどの誇りを感じました。今日、ベトナム人モデルが最先端のファッションショーで自信に満ちた姿を見せ、長年の夢が叶ったのです」と話す。

パリオートクチュールウィーク2015は7月5日から9日まで開催され、Valentino、Giambattista Valli、Giorgio Armani Prive、Schiaparelli、Versaceといったフランスとイタリアのデザイナーが参加した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年08月01日06:03

ベトナム:黒ロロ族の伝統的衣装--起源へのつながり

黒ロロ族は2系統あるロロ族のひとつであり、ベトナムには4200人以上が少数民族として居住している。カオバン省の遠隔地にある小さな村落に居住している彼ら黒ロロ族とその衣装は今でも彼らの起源に強く結び付いている。

黒ロロ族の衣装には主に黒が用いられる。黒ロロ族女性の上着は腹部が見える程に短いものだが、今日ではピンクや青のパステルカラーのTシャツをその下に着ることもある。上着は長袖で、肩近くに4本の縞、袖口に9本の幅広い色の縞が見られる。上着の背には色鮮やかなアップリケと刺繍が施されている。黒ロロ族の伝統的な女性は黒色の幅広のズボンを履き、腰の周りに別の布を巻いている。ベルトは様々な色の糸で作られており、硬貨や鍵が前部に下げられており、後部には小さな布製のバッグが下がっている。今日でも歯を黒く染めている女性もいる。鋲状の銀のイヤリングと白いビーズをひもに通したネックレスまたは銀の輪状のネックレスが一般的なアクセサリーである。黒ロロ族にとって銀は極めて重要なものである。彼らは銀のアクセサリーは人を美しく見せるばかりでなく、邪悪なものや人生の不運を防ぐ助けになると信じている。

黒ロロ族の男性の衣装はヌン族やタイー族の男性の服装に似ている。黒ロロ族の伝統的な男性は藍色、青、または黒で右側にボタンがある手織りの長いシャツを着、幅広のズボンを履いている。頭部には女性のものより小さめのヘッドドレスを巻き、銀のブレスレットをする。今日ではそのスタイルにいくつか西洋的な要素を加える人もあり、伝統的なシャツの下にゴルフシャツを着ていたり、野球帽をかぶっていたりする。

黒ロロ族の生活は今日でも非常に伝統的なものである。綿玉、糸車、糸巻き、織り機、植物の藍や藍染壺といった、黒ロロ族の古くからの伝統の継承の美しい証拠を各家庭で容易に発見することができる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年07月04日14:02

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る