インドシナニュース

ベトナム:Thanh Cong繊維の生地倉庫2000㎡以上が焼失

Thanh Cong社によれば、この生地倉庫は保険ですべて補償されるという。Rong Viet証券は、取引先はThanh Cong社の納入日程を遅らせることに同意したとし、事故は同社の運営にあまり影響を与えないと述べた。

9月16日、Thanh Cong Textile Garment Investment Trading Co.の2,177㎡の倉庫が焼失した。

同社の概算によると、損害は主に70万メートルの生機と2台の織機で、損失金額は約140万~150万米ドル相当。工場、機械、設備、商品を含む火災現場のすべての資産は焼失したが、Thanh Cong社は保険により補償されるとしている。

火災直後、この事故により業績に悪影響を及ぼすのではないかという観測から、市場における同社の株式は急落した。

しかし、Rong Viet証券の評価によれば、この火災事故による影響は大きくないとしている。

売上高の65%を占めるアパレル製品のうちで、織物の保管用倉庫を焼失したが、Thanh Congのアパレル製品は主にニット製品のため、あまり影響を受けない。

生地製品では、火災事故後、Thanh Cong社は9月、10月分の注文に応えるために新らたに製品を再生産しなければならない。Rong Viet証券によると、日本の顧客各社は、15日から20日の納期遅れを了承しており、設備の大半は無事なので、Thanh Cong社が日本の取引先の要望に応えるのはさほど難しくなく、すぐに操業は回復し安定するだろうと予想している。

調査機関の予備調査結果によると、火災の原因は電気系統のショートと見られている。保険会社と捜査機関は、火災の被害と原因を詳しく調査している。

3日間のうちに、多くの火災事故が発生している。9月16日朝、ハノイ市Giai Phong通りの成都スーパーマーケットで、突然大きな火事が起こり、全焼した。同日の夕方、ホーチミン市タンフー区Thanh Cong繊維工場の生地倉庫で火災が発生した。

9月18日、ハイフォン市Duong Kinh区のTien Phongプラスティック会社で火災が続きました。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年09月21日13:22

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る