インドシナニュース

カンボジア:新型コロナウイルスの犠牲者になると予想されるアパレル業界

東南アジア地域の繊維産業は、特に主要生産国であるカンボジアにとって、世界的な新型コロナの発生により、近い将来の脅威にさらされることになった。
Oxford Economicsのアジア・エコノミストであるSian Fenner氏は、最近の報告書の中で、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム(CLMV)では、ウイルスの拡散を封じ込めるために採用されたロックダウンが「製造業と輸出に深刻な影響を与えている」と指摘している。
カンボジア、ミャンマー、ベトナムの繊維産業は犠牲者で、アパレル製造向けの材料の55%以上は隣国・中国から来ているため、2020年初めには工場が次々と閉鎖された。
「外需の不振は注文のキャンセルにもつながっている」とFenner氏は付け加えた。
カンボジアは、輸出の66%がアパレル産業であり、歴史的に外国直接投資(FDI)の恩恵を受けてきたため、CMLVの減速の矢面に立たされると予想されている。
「2019年に記録的な水準に達した後、今年は外国直接投資(FDI)の流入が激減し、アパレルに対する世界的な需要の低迷とEUとの『武器以外のすべて(EBA)』スキームからの部分的な離脱の中で、2021年までの回復は鈍化すると予想している」とFenner氏は述べた。
彼女は、発展途上国に欧州市場への無税アクセスを認める欧州連合の貿易協定にも言及した。
8月中旬、カンボジアは、人権問題を理由に、アパレル、靴、旅行用品などの代表的な製品に影響を与える、このスキームから一部外された。
Fenner氏は、この貿易特権の部分的な離脱は、カンボジアの観光と輸出への依存度が高いことから、景気後退の間、カンボジアが最悪の被害を受けるCMLV経済になる可能性が高いとしても、カンボジアのパンデミック後の輸出回復を妨げてしまうだろうと述べた。
それでも、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイのアセアン5カ国を上回る成長が見込まれている。
Oxford Economicsの予測によると、CMLVの経済成長率は2020年から2028年まで平均5.1%となり、アセアン5カ国の平均4%を上回ると予想されている。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年09月16日17:09

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る