インドシナニュース

カンボジア:新型コロナの影響で256の工場が操業停止、13万人以上の労働者に影響

カンボジアのフン・セン首相は月曜日に、カンボジアの256ほど のアパレル、履物及び旅行商品の工場が新型コロナ のパンデミックのために操業を中断し、13万人以上の労働者に影響を与えたと述べた。

その上、観光事業の分野の169 の会社はまた約1万6891 人の失業者を残して一時的に閉鎖していた、と彼は加えた。

「失業者の重荷を取り除くのを助けるために、政府及び雇用者は月ごとにそれぞれ40 米ドル及び30 米ドルを彼らに支払うことにした、従って失業者は70 米ドルを得ます」 とフン・セン 首相は南西部沿岸のプレア・シハヌーク州を訪問時に言った。

ヨーロッパ諸国と米国は、カンボジアのアパレル、履物、旅行用品の輸出の主要市場であり、市場が閉鎖され続け、住民が財布の紐を締め付けているため、両方とも新型コロナパンデミックの深刻な影響を受けている。

工場は5月、6月以降、当分、バイヤーからの注文を受けられないだろうと労働省のHeng Sour報道官は先月述べている。

「アパレルと履物の輸出は今年の第2四半期に大打撃を受けると結論づけることができます」と彼は言った。

労働省によれば、アパレル、履物及び旅行商品の企業はカンボジア最大の輸出部門であり、約1100 の工場及び分工場があり、約75万 人を雇用している。

同分野は対前年比11%増の93.2億米ドルの総収入を得た。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年06月03日16:19

カンボジア:新型コロナウイルス大流行で約180工場が操業停止、15万人以上の労働者に影響

カンボジアでは少なくとも180の衣料品、履物、旅行用品の工場が操業を停止しており、新型コロナウイルス大流行の影響で15万人以上の労働者に影響が出ている、と 地元メディアが5月5日報じた。

「約180の工場が操業を停止しており、さらに60の工場の操業停止を計画中、現在のところ仕事再開の明確な兆候がないまま一時的に15万人以上の労働者が仕事を中断しており、間もなく20万人近くの労働者が大混乱に陥っている」とクメール・タイムズ紙は、5月4日にカンボジア衣料品製造業協会(GMAC)からの公開書簡を引用して報じた。

「これは労働者個人だけでなく、扶養家族を含めると200万人 カンボジア人の生活に影響を与える」と書簡では述べられたいる。

それはバイヤーがすでに受取済、あるいは、輸送途中にある商品の代金支払を尊重するように訴えた。

「カンボジアの製造業者はすでに多くのキャンセルと新規注文に苦しんでおり、いかなる支払い不履行にも耐えられない」と書簡は述べている。「支払い条件は話し合うことができますが、支払いがないことは受け入れられず、したがって、債務を履行するようあなた方の良識に訴えます」

欧州連合と米国は、カンボジアのアパレル製品、履物、旅行用品の輸出先として主要な市場であり、いずれも市場が閉ざされ続け、住民がお金を使わなくなっているため、世界的なパンデミックの影響を大きく受けている。

カンボジアの労働省のHeng Sour報道官は先週、今年の第2四半期、アパレル、履物、旅行商品の輸出が昨年からの50~60%減少すると予想すると言った。

「カンボジアは5月と6月、そして当面の間、バイヤーからの注文をまだ受けていません。アパレル製品と履物の輸出は今年の第2四半期に大打撃を受けると結論づけることができま」と同氏は述べた。

労働省によれば、アパレル、履物、旅行商品の企業は約1100 の工場及び約75万 人を雇用するカンボジアの最大の輸出産業である。

同産業は対前年比で11 %増の932億米ドルの総収入を得た。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年05月06日12:37

ミャンマー:病院の需要に対応するため、地元のアパレル工場が手術用ガウンを生産

ヤンゴンのアパレル工場は、ミャンマーの地元病院の需要増加に対応するため、使い捨ての手術衣を生産している。

「4月初旬のティンジャン水祭りの休日から、必要としている病院に自分たちで寄付をするために始めたのですが、その後、オンラインのソーシャルメディアのページを通して寄付者が病院に関わるのを助けるソーシャルビジネスとして運営しています」と、Shwe See Sarという名の工場のオーナーHninin Thet Mon氏は最近新華社に語った。

「この重要な時期に非感染患者を治療する際に、手術衣が彼らの日常生活に必要とされるので、地元の医療スタッフ支援のためにこれを行っています」と彼女は言った。

同工場は、現在少なくとも40 人のスタッフが働いていて、単価1500チャット (1米ドル強)で日産1400点 の不織布の外科衣の生産能力がある。

「最初のバッチとして1万5000着のガウンを生産することを目標にしており、材料は現地から十分に調達しています。しかし、海外からの材料の調達が難しいため、次は何着生産できるか予想がつきません」とオーナーは語った。

現地の医療スタッフは、3月23日に同国で初めて新型コロナウイルスが検出されて以来、最前線で新型コロナウイルス大流行対策に取り組んでいる。

現在、ミャンマーでは、151人の新型コロナウイルス確認症例と6人の死亡者が報告されている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2020年05月04日13:18

カンボジア:新型コロナウイルス大流行の中、第1四半期に77の新工場がオープン

34 のアパレル、履物及び旅行商品の工場を含む77 の新工場が新型コロナウイルス のパンデミックにもかかわらず2020 年の第一四半期にカンボジアで開設された、と4月23日報道官は発表した。

「77 の新工場は2万7909 人のための雇用を創出した」と Heng Sokkung 官房長官兼産業・科学・技術・革新省報道官は記者会見で言った。

「現時点で購入注文の低下に見舞われた工場もあるが、新型コロナウイルスが終われば機会が巡ってくるだろう 。新型コロナウイルスの後、潜在的なバイヤーは購入注文を再開し、需要は上昇するだろう」と彼は言う。

カンボジアでは、、アパレル、履物および旅行商品の工場のほとんどは、新型コロナウイルス 大流行にもかかわらず中国がカンボジアに絶えず生産のための原料を供給したのでいつものように操業すると報道官は言った。

Sokkung 報道官によると、1 月-3 月の期間に工場6社が完全停止し、6052 人の労働者に影響を与えた。

カンボジア最大の外貨獲得源であるアパレル、履物、旅行用品産業は、約1100の工場で構成され、75万人の労働者を雇用している。

同省の報告書によると、2019年のアパレル、履物、旅行用品の輸出額は93.2億米ドルで、同国の工業製品輸出総額の83%以上を占めている。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年04月28日16:41

カンボジア:アパレル製品原料を含む1000個以上のコンテナが中国から到着

中国からの1000を超える原材料のコンテナを含む12隻の船が苦戦しているカンボジアの縫製工場に供給するためにシアヌークビル自治港に到着したとカンボジアのフン・セン首相が述べたとKhmer Times誌が月曜日に報じた。
フン・セン首相は土曜日にバッタンバン州北西部の当局者と話をして、カンボジアに原材料の危機をもたらしたCOVID-19のパンデミックの中で、中国の原材料の輸送が容易になったと述べた。
工場が操業を継続するのに苦労したため、不足により縫製工場の労働者数千人が停止された。
首相は、カンボジアのアパレル製品および履物産業の生産原料の60%以上が中国から輸入されていると述べた。
中国の船舶が(COVID-19の)状況が緩和されると予想される5月までカンボジアに原材料を配達し続けると彼は付け加えた。
COVID-19による原材料不足のため、カンボジアの一部の工場が部分的に操業を停止し、約2万人の労働者に影響を与えたと彼は述べた。
労働省によると、アパレル製品および履物産業はカンボジア最大の輸出部門であり、約1100の工場および支店で約75万人を雇用している。
この部門の昨年の総収入は93.2億米ドルで、前年比で11%増加した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2020年03月19日12:00

ベトナム:繊維・アパレル輸出、4ヶ月で9.8%上昇

商工省によると、ベトナムは今年の最初の4ヶ月間にアパレル製品や織物の輸出で94億米ドル以上の収益をあげた。

4月単月では、7.1%伸びて、製品売りで23億米ドルと急上昇した。

1月から4月までの間、ベトナムのアパレルや織物の最大の輸入国は、アメリカ、日本、欧州連合、韓国だった。

同省によると、売上高の急増は主に市場の強い需要によるもので、今年の最初の6ヶ月間、あるいは年間を通してさえも多くの注文が出されている。

ベトナムのアパレル製品と繊維製品の輸出高は、2019年には400億米ドルに達すると見込まれている。

ベトナムは繊維製品に関して世界5大輸出国の一つであり、2018年のアパレルおよび織物の輸出高が340億ドルを超え、2017年から16.6%増加した。

しかし同協会によると、ベトナムは昨年、129億米ドル以上の13.5%増の布地輸入に費やさなければならず、地元の布地の大部分はまだ国の主要衣料品輸出市場の品質要件を満たしていないという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月09日19:24

ベトナム:繊維輸出、堅調に伸びる

今年上半期のベトナムからの繊維・アパレル製品輸出額は、対前年同期比14.9%増の194億米ドルを超えたとベトナム繊維協会は発表した。

8か月間に輸出されたTシャツ、ジャケット、ドレス、生地を含むベトナムの衣料品および繊維製品の金額は、中国向け43.1%増、アセアン向け33.9%増、日本向け21.9%増、韓国向け17.7%増、米国向け10.4%増。

ベトナムは、繊維・アパレル製品の世界5大生産・輸出国の1つであり、今年の繊維・アパレル輸出総額は、目標値を10億米ドル上回る350億ドルとなる見通しで、これは一つに新たに締結された自由貿易協定(FTA)による。昨年の輸出額は312億米ドルだった。

しかし、ベトナムは今年初めの8カ月間に対昨年比16.1%増の85億米ドルを超える生地を輸入している。同協会によると、国内生産の生地の大部分は、主要アパレル輸出市場の品質要件をまだ満たしていない。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年08月31日16:41

ベトナム:2018年上半期に綿輸入が25.8%急増

ベトナム商工省は2日、2018年上半期の綿輸入量が84万トンほぼ16億米ドル相当に達し、輸入量が前年比23.7%、輸入額が25.8%伸びたと発表した。

糸輸入に関しては、半期で50.5万トンおよそ12億米ドルに達し、輸入量が前年比17.9%、輸入額が34.7%増加した。

また、同国の布の輸入額は64億米ドルで17.1%の伸び、衣類と履物製品製造用の材料と小物類は29億米ドルで6.6%の増加となった。

ベトナムの糸産業は輸入綿への依存度が高く近年、増加する繊維製品の製造と輸出に対応するため原料を大量に輸入しており、最大輸入市場はアメリカであると、地元の経済学者は話した。

同国の綿輸入量は、2005年の15万トンから201713億トン近くまで急増しており、前年の綿輸入額は、41.2%増の23億米ドルを超えた。

ベトナムの2018年上半期の繊維製品輸出による収益は134億米ドルで、前年同期より13.8%増加し、輸出先は主にアメリカ、EU、日本、韓国など。

前年の繊維製品輸出の売上高は、259億米ドルを超え8.8%伸びたと商工省が発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月06日12:01

ミャンマー:最大の中国資本縫製企業が新工場の操業を開始

ミャンマー最大の中国資本縫製企業が1027日、ヤンゴンで新たな工場の操業を開始した。

ミャンマー縫製産業最大の輸出企業Myanmar SUMEC Win Win Garments Co., Ltdの子会社SUMEC Textile and Light Industry Co., がヤンゴンのShwe Pyi Thar工業団地で新工場の操業を開始した。

開所式典では商業省のU Aung Htoo副大臣が同社への祝辞を述べた。

副大臣は、特恵待遇と豊富な労働力によりミャンマーの繊維・アパレル産業には大きな優位性があり、新たな工場もより多くの雇用を創出し、縫製産業の振興に資するのみならず、ミャンマーの経済成長に貢献することになるだろうと述べた。

Hong Liang中国大使は、ミャンマー経済の解放が進むにつれ、より多くの中国企業がミャンマーへの投資を行うようになっていると述べた。

新工場は40の生産ラインで稼働を開始したが、50ラインまで拡張可能で、毎年400万着の生産能力がある。これにより同社はミャンマー国内であわせて年間1000万着が生産可能となり、同社の輸出額も1億米ドルに達すると見込まれている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年11月01日12:02

ベトナム:人民元のSDRバスケット追加はベトナムの輸出企業に好影響

国際通貨基金(IMF)が中国人民元(RMB)を準備資産バスケットに採用したことはベトナムの輸出企業に良い影響をもたらすと見込まれる。

10月1日、IMFは米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドに次ぐ5番目の通貨として人民元を新たな特別引出権(SDR)バスケットに公式に追加した。

国営ベトナム通信社(VNA)は3日、ベトナム繊維協会のコメントとして、縫製業界は縫製製品や原材料輸入で中国と多くの取引を行っており、人民元のSDRバスケットへの追加は縫製業界にもインパクトを与えるだろうと報じた。

Thai Nguyen Garment CompanyのNguyen Van Thoi会長は、現在多くのベトナムの繊維・縫製企業が原材料を中国から輸入しているため、人民元のSDRバスケット追加は国内企業にとって良い影響をもたらすだろうと述べた。

こうした取引を行うにあたって、今後は米ドルから人民元への通貨両替を行う必要がなくなるだろうとThoi会長は話す。

米ドル、ユーロ、日本円や英ポンドと同様、人民元が国際決済通貨として使えるようになれば、人民元の為替レートも安定し、結果としてベトナム企業の事業や取引も容易にする、そして人民元の追加は中国と取引のある企業にとってはポジティブなサインであるとThoi会長は分析する。

Thoi会長同様、茶製品を主要輸出品とするTon Vinh Trading and Technology Development CompanyのChu Xuan Ai社長もベトナム通信に対し、人民元のバスケット追加で、輸出企業は支払いの際に米ドルに両替をする必要がなくなり、また為替レートも安定することが見込まれるため輸出企業には望ましいと述べた。

一般消費材の輸出入、小売業を営むHanoi Trade Corporation(Hapro)のNguyen Thi Thu Hien会長も、中国と取引を行う企業にとって、人民元のSDRバスケット追加は人民元の対米ドルやその他通貨の為替レートをより安定させるだろうと他社と共通した見方をベトナム通信に語った。

Damsan Textile Joint Stock CompanyのVu Huy Dong社長は、人民元のSDRバスケット追加には象徴的な意義があり、人民元に世界通貨の地位をもたらすものであると語った。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年10月11日12:02

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る