インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル輸出、4ヶ月で9.8%上昇

商工省によると、ベトナムは今年の最初の4ヶ月間にアパレル製品や織物の輸出で94億米ドル以上の収益をあげた。

4月単月では、7.1%伸びて、製品売りで23億米ドルと急上昇した。

1月から4月までの間、ベトナムのアパレルや織物の最大の輸入国は、アメリカ、日本、欧州連合、韓国だった。

同省によると、売上高の急増は主に市場の強い需要によるもので、今年の最初の6ヶ月間、あるいは年間を通してさえも多くの注文が出されている。

ベトナムのアパレル製品と繊維製品の輸出高は、2019年には400億米ドルに達すると見込まれている。

ベトナムは繊維製品に関して世界5大輸出国の一つであり、2018年のアパレルおよび織物の輸出高が340億ドルを超え、2017年から16.6%増加した。

しかし同協会によると、ベトナムは昨年、129億米ドル以上の13.5%増の布地輸入に費やさなければならず、地元の布地の大部分はまだ国の主要衣料品輸出市場の品質要件を満たしていないという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月09日19:24

ベトナム:繊維輸出、堅調に伸びる

今年上半期のベトナムからの繊維・アパレル製品輸出額は、対前年同期比14.9%増の194億米ドルを超えたとベトナム繊維協会は発表した。

8か月間に輸出されたTシャツ、ジャケット、ドレス、生地を含むベトナムの衣料品および繊維製品の金額は、中国向け43.1%増、アセアン向け33.9%増、日本向け21.9%増、韓国向け17.7%増、米国向け10.4%増。

ベトナムは、繊維・アパレル製品の世界5大生産・輸出国の1つであり、今年の繊維・アパレル輸出総額は、目標値を10億米ドル上回る350億ドルとなる見通しで、これは一つに新たに締結された自由貿易協定(FTA)による。昨年の輸出額は312億米ドルだった。

しかし、ベトナムは今年初めの8カ月間に対昨年比16.1%増の85億米ドルを超える生地を輸入している。同協会によると、国内生産の生地の大部分は、主要アパレル輸出市場の品質要件をまだ満たしていない。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年08月31日16:41

ベトナム:2018年上半期に綿輸入が25.8%急増

ベトナム商工省は2日、2018年上半期の綿輸入量が84万トンほぼ16億米ドル相当に達し、輸入量が前年比23.7%、輸入額が25.8%伸びたと発表した。

糸輸入に関しては、半期で50.5万トンおよそ12億米ドルに達し、輸入量が前年比17.9%、輸入額が34.7%増加した。

また、同国の布の輸入額は64億米ドルで17.1%の伸び、衣類と履物製品製造用の材料と小物類は29億米ドルで6.6%の増加となった。

ベトナムの糸産業は輸入綿への依存度が高く近年、増加する繊維製品の製造と輸出に対応するため原料を大量に輸入しており、最大輸入市場はアメリカであると、地元の経済学者は話した。

同国の綿輸入量は、2005年の15万トンから201713億トン近くまで急増しており、前年の綿輸入額は、41.2%増の23億米ドルを超えた。

ベトナムの2018年上半期の繊維製品輸出による収益は134億米ドルで、前年同期より13.8%増加し、輸出先は主にアメリカ、EU、日本、韓国など。

前年の繊維製品輸出の売上高は、259億米ドルを超え8.8%伸びたと商工省が発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月06日12:01

ミャンマー:最大の中国資本縫製企業が新工場の操業を開始

ミャンマー最大の中国資本縫製企業が1027日、ヤンゴンで新たな工場の操業を開始した。

ミャンマー縫製産業最大の輸出企業Myanmar SUMEC Win Win Garments Co., Ltdの子会社SUMEC Textile and Light Industry Co., がヤンゴンのShwe Pyi Thar工業団地で新工場の操業を開始した。

開所式典では商業省のU Aung Htoo副大臣が同社への祝辞を述べた。

副大臣は、特恵待遇と豊富な労働力によりミャンマーの繊維・アパレル産業には大きな優位性があり、新たな工場もより多くの雇用を創出し、縫製産業の振興に資するのみならず、ミャンマーの経済成長に貢献することになるだろうと述べた。

Hong Liang中国大使は、ミャンマー経済の解放が進むにつれ、より多くの中国企業がミャンマーへの投資を行うようになっていると述べた。

新工場は40の生産ラインで稼働を開始したが、50ラインまで拡張可能で、毎年400万着の生産能力がある。これにより同社はミャンマー国内であわせて年間1000万着が生産可能となり、同社の輸出額も1億米ドルに達すると見込まれている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年11月01日12:02

ベトナム:人民元のSDRバスケット追加はベトナムの輸出企業に好影響

国際通貨基金(IMF)が中国人民元(RMB)を準備資産バスケットに採用したことはベトナムの輸出企業に良い影響をもたらすと見込まれる。

10月1日、IMFは米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドに次ぐ5番目の通貨として人民元を新たな特別引出権(SDR)バスケットに公式に追加した。

国営ベトナム通信社(VNA)は3日、ベトナム繊維協会のコメントとして、縫製業界は縫製製品や原材料輸入で中国と多くの取引を行っており、人民元のSDRバスケットへの追加は縫製業界にもインパクトを与えるだろうと報じた。

Thai Nguyen Garment CompanyのNguyen Van Thoi会長は、現在多くのベトナムの繊維・縫製企業が原材料を中国から輸入しているため、人民元のSDRバスケット追加は国内企業にとって良い影響をもたらすだろうと述べた。

こうした取引を行うにあたって、今後は米ドルから人民元への通貨両替を行う必要がなくなるだろうとThoi会長は話す。

米ドル、ユーロ、日本円や英ポンドと同様、人民元が国際決済通貨として使えるようになれば、人民元の為替レートも安定し、結果としてベトナム企業の事業や取引も容易にする、そして人民元の追加は中国と取引のある企業にとってはポジティブなサインであるとThoi会長は分析する。

Thoi会長同様、茶製品を主要輸出品とするTon Vinh Trading and Technology Development CompanyのChu Xuan Ai社長もベトナム通信に対し、人民元のバスケット追加で、輸出企業は支払いの際に米ドルに両替をする必要がなくなり、また為替レートも安定することが見込まれるため輸出企業には望ましいと述べた。

一般消費材の輸出入、小売業を営むHanoi Trade Corporation(Hapro)のNguyen Thi Thu Hien会長も、中国と取引を行う企業にとって、人民元のSDRバスケット追加は人民元の対米ドルやその他通貨の為替レートをより安定させるだろうと他社と共通した見方をベトナム通信に語った。

Damsan Textile Joint Stock CompanyのVu Huy Dong社長は、人民元のSDRバスケット追加には象徴的な意義があり、人民元に世界通貨の地位をもたらすものであると語った。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年10月11日12:02

ベトナム:縫製工場でH1N1インフルエンザ発生、100人以上が集団感染

9月26日の地元メディアの報道によると、ベトナムの縫製労働者117人がH1N1インフルエンザウイルスに感染したことが確認された。

日刊紙「サイゴン解放」紙の報道によると、インフルエンザに罹患したのはキンザン省のVinatexキンザン工場に勤務する117人の労働者で、そのうち34人が入院した。ホーチミン市のパスツール研究所によると、患者から採取したサンプルがH1N1に陽性反応を示した。

1000人近くが働く同工場は、従業員のマスク着用、作業場、食堂やトイレの消毒など、インフルエンザ拡大の予防策を取るよう求められている。

H1N1の幾つかの型は人間に感染し、季節型インフルエンザの一部を占める。H1N1のその他の型は豚(豚インフルエンザ)、鳥(鳥インフルエンザ)で感染を引き起こす。

2009年6月、世界保健機構(WHO)は豚インフルエンザ由来の新型H1N1ウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を宣言した。この新型インフルエンザは世界的に流行し、2010年始めまでに死者は1万7000人に達した。

2010年8月にWHOはH1N1インフルエンザのパンデミック終了を宣言した。その後、世界的なインフルエンザは通常の季節的なものに戻ったとしている。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年09月29日12:04

ミャンマー:EUへのアパレル輸出を強化

ミャンマーは2016-17年度EU市場向けのアパレル輸出を強化し11.4億米ドルの売上を目指すと公式メディアが伝えた。

ミャンマー縫製業者協会(MGMA)とフランスのNGO団体Evallianceは繊維製品輸出強化の合意書にサインした。

この合意書では、実行計画として、雇用機会の創出、生産性の向上、他国への原材料の依存度低減が盛り込まれている。

Evalliance代表Jean Francois Limantour氏は、2017年にはEUはミャンマーからのアパレル製品輸出を倍増させると述べた。ミャンマーの変革により、EUは同国への協力と投資を促進する。

両団体は昨年すでに4.5億米ドル相当のアパレル輸出を進める合意書にサインしていた。

 

» 続きを読む

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2016年05月19日12:02

カンボジア:縫製産業の1ヶ月の操業停止の噂を否定 

カンボジア労働省は11月28日、同国内の縫製・製靴工場が1ヶ月にわたり操業停止になるとの噂を否定し、噂を広めた人々を裁くため関係機関に協力するよう呼びかけた。

労働省はその声明において、悪意を持った人々が、カンボジア国内すべての縫製・製靴工場が1ヶ月にわたり閉鎖されるとの噂を11月27日から広めたとしている。

「この噂は縫製・製靴業界の労働者、経営側双方に懸念を引き起こしました。労働省はこの噂を完全に否定し、12月も祝祭日(人権の日)以外、祝日はないことを通知します」と声明は続いている。

声明ではまた、一般の人々、特に労働者と雇用者に対し、噂を広めた人々を逮捕・起訴するために関係機関に協力するよう呼びかけている。

縫製・製靴産業はカンボジア最大の外貨収入源であり、政府の統計によるとおよそ1100工場で70万人が雇用されている。

縫製・製靴分野による輸出は2015年上半期で33億米ドルに上り、カンボジアの総輸出額の約80%を占めている。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年12月03日06:02

カンボジア:政府が労働組合法案を承認

カンボジアの閣僚会議は11月13日、論争の的となっていた労働組合法案を承認した。この法案は労働組合の権利と自由を拡大、保護するものであると報道官は話している。

「Hun Sen首相が議長を務めた閣僚会議で労働組合法案が承認されました」と閣僚会議のPhay Siphan報道官がフェイスブックで発表した。

Ith Samhenh労働大臣は7月に、この法案はカンボジアの労働組合の権利と自由を拡大・保護すると同時に、労働組合活動家による非正規の活動を防ぐことを目的としていると話している。

労働省のHeng Sour報道官は、この法案は労働省が約8年の時間をかけて作成したものであり、カンボジアで活動する約3400団体の労働組合を管轄するものであると話す。約3400の労働組合のうち、1087団体が縫製・製靴工場に属し、およそ70万人の労働者を代表しているという。

しかしながら、カンボジア縫製業協会(GMAC)は、現在の法案は国際労働機関(ILO)と労働組合側の意見は反映しているものの、多くの雇用者が抱える懸念を考慮していないと話す。

「この法案が成立しても、民間セクターが直面する労働問題を効果的に解決することはできないでしょう。たとえば、労働組合を構成する最低人数はたった10人とされていますが、これでは1企業の中に複数の労働組合が成立する事態に繋がりかねません」とGMACは11月12日に発表した声明でコメントしている。

カンボジアの憲法では、法案は国民議会(下院)で可決されたのち上院の再審議を経てノロドム・シハモニ国王に提出され、勅許により公布される。

 

» 続きを読む

カンボジア ジャンル:
最終更新:2015年11月19日20:22

ベトナム:Luen Thaiグループがベトナムでさらなる事業拡張を予定

香港を本拠地とするLuen Thaiグループは最近、ベトナムでの事業を拡大し、縫製繊維工業団地の開発を予定していると発表した。ベトナムでの報道によると、同社は2015年上半期の決算中間発表の場でこの計画を明らかにしたという。

ベトナムには必要なインフラと特恵関税制度、発展しつつある縫製繊維産業があり、同社がその地位をさらに強固なものとするためには理想的な環境である。熟練した、勤勉な労働者が多く、貿易環境も好ましいことから、同社は業務拡大の拠点として再度ベトナムを選択した。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の締結が見込まれる中、ベトナムの縫製業、縫製製品輸出における強みはさらに強化されることが予想される。

Luen Thaiグループは2013年にベトナムのアパレル製造企業で年商2億5400万米ドルのOcean Skyグループを買収した。その後2014年には、同社はThien Nam Sunrise Textile株式会社への投資を行っている。

Luen Thaiグループのベトナム企業との関係はその後も続き、2015年はじめには、縫製企業大手であるDuc Giang社(Dugarco)と協力協定を結んでいる。

Luen Thaiグループはインドネシア、中国、カンボジア、インド、ベトナム、フィリピンに製造・外注契約企業を持つ。グループ全体では全世界で約4万人を雇用し、年商は12億ドルに達する。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月17日13:58

«前のニュース || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る