インドシナニュース

TPP、製糸・織布・染色への投資を促進

    ベトナム綿糸協会は、製糸・織布・染色の各プロジェクトへの投資の波は、ベトナムが現在参加交渉している環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を迎え撃つことを睨んでいる、という。

    リスクが少なくないことは隠しようがないが、特に、アメリカが出している原産原則は、ベトナムにも不利に働くが、それでも、否定のしようがなく、交渉の過程で多くの利益と融和できるならば、TPPは多くのベトナム輸出産業にとって、大きなチャンスを切り開いてくれることであろう。

    ベトナム綿糸協会副会長Nguyen Son氏は、TPPはベトナムの製糸・織布・染色の業界が生産を上げる大きなチャンスとなるだろうとしている。ベトナム綿糸協会との会合で、中国の一部の企業は、現在、製糸の分野で生産の拡大もしくは新しい投資の可能性を探っている段階であるという。

    経済危機の中でこの分野での直接外国投資プロジェクトはいまだ認可を得られる。具体的には、あるKyung Bang有限会社(100%韓国資本)は4000USDかけてBau Bang工業団地(ビンユーン省ベンカット)に6000t/年規模の紡績工場建設の第1フェーズに取り掛かっている。一部の他の工場もベトナムでの工場建設の準備のための手続きを完了している。代表的なのは、TexhongNgan Long技術科学有限会社(香港資本)で、3USDかけて、Hai Yen工業団地(クアンニン省モンカイ)に紡績工場を建設する予定である。

    現在、ベトナム繊維公団(Vinatex)は伊藤忠グループと合弁でBao Minh工業団地(ナムディン省)に総投資額12000USDで、5万錘規模の紡績工場の投資手続きを完了させている。

    米越通商委員会会長Virginia Foote女史によれば、ベトナムは韓国、日本、さらには中国がTPPに参加して原産原則を保障するのを指をくわえて待っているのではなく、紡績の分野に積極的に直接外国投資を呼び込んでいくことが必要である。大規模紡績工場のほとんどは韓国、台湾、中国、日本にあって、そのため、今後、ベトナムは輸出額を上げるために、韓国、中国、台湾などの、この分野への投資家を招き、工場を誘致していくことが必要である。

     Peter A. Petri教授(米国Brandes大学)の研究によれば、チリ、ペルー、ベトナムなどの小規模経済圏は収入の伸び率が最大になるという。具体的には、ベトナムのGDP2025年には2350USDに達する可能性がある。「繊維製品に限れば、2025年には輸出金額は285USDに達する可能性がある」とPeter A. Petri教授は言う。

     もちろん、繊維業界はこの通商協定からどういった利益を得られるかはベトナム側からの交渉次第である。けれども、多国間通商政策部(商工省)副部長Ngo Chung Khanh氏によれば、重要なのは、国内の各企業が積極的にアメリカをはじめとするTPP参加の国々の市場に参入するための計画や戦略を立案し、同時に、競争力を高め、全世界的なサプライ・チェーンの中に参入するために外国との協力関係を強化することだとしている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月27日06:00

Vinatex、2012年末までに株式化

   ベトナム繊維公団(Vinatex)副社長Le Tien Truong氏によれば、本年度末までに公団本体及び株式化していない一部の子会社が株式会社化することになる。

   2010年以降これまでに公団傘下の90%の子会社がすでに株式化して生産活動を行い、経営効率を上げているため、公団全体の株式化は年末までに完了することになる。

   2012年、Vinatexは、対2011年比16%増の輸出金額26億USDを目標とし、売上は41兆ドン(約20億USD)を見込んでいる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月26日06:00

アメリカ向け繊維製品輸出、伸び鈍る

     ベトナム繊維協会(Vitas)は、2012年5ヶ月のアメリカ市場向けの繊維製品の輸出は27億USDで、対2011年同期比で8.5%増加した、と発表した。

     Vitasによれば、繊維製品全般、特にアメリカ向け繊維製品の輸出実績を見ると、昨年同期比では成長率が低いレベルになっているが、今年の繊維製品の生産効率は昨年より高いとしている。原因は、繊維業界では原材料の価格が昨年同期比で大きく抑えられたためである。ベトナムからアメリカに輸入される繊維製品の価格は対昨年同期比で13%上昇している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月05日07:00

スーパーVinatexフーディン、オープン

526日、VinatexmartVinatexフーディン(ホーチミン市第8区チューディンホイ)を開業する。

Vinatexフーディンは総面積600㎡で、衣料、化粧品、家庭用品、加工食品、生鮮食品などを販売する。

VinatexフーディンはVinatexmart71番目のスーパーである。

開店を祝して、Vinatexフーディンでは「オープン記念福引」を実施する。

526日より61日まで30万ドン以上買物された客に、ティー・セット、ヘルメット、ファッション・バッグ、Vinatexmart商品券、シャンプーなど、様々な景品が当たる福引券がもらえる。

他には、Vinatexフーディンは61日の国際こどもの日を祝して、様々なセールを実施する。

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月26日07:00

ベトナム繊維業界、いまだ多くの障害

2012年第1四半期の繊維輸出は前年同期より難しい。アメリカ、日本、欧州の主要3市場の注文がいずれも減少している。しかしながら、繊維製品は数ある輸出製品の中でいまだ輸出金額第一位である。

 

八方塞がり

 

専門家の評価によれば、2012年はベトナムの繊維製品の輸出市場が多くの試練に直面する年になるはずである。実際、繊維輸出業界は欧州経済不安の影響を受けて、困難に直面している。輸入市場が縮小し、ベトナム繊維製品輸出市場――ベトナム企業が長年開拓してきた市場――に小さくない影響が出ている。

 

一部の品目の価格上昇の影響は言うに及ばず、年初からこれまで、各企業は、輸出製品を梱包するナイロン袋に対する環境税適用の影響で経費の上昇に直面している。商工省は現在財政省とともにこの問題解決に見直し作業を進めている。

 

見方を換えて、ベトナム繊維公団(Vinatex)会長Vu DucGiang氏によれば、現在、中小企業は拡大のための投資資金の調達のために銀行に頼るのが非常に難しい状況である。現在の金利の情勢では、企業は「動力」を見つけられない。中小企業は「チャンス到来」まで休業するか、居場所を見つけるために大企業との協業の方法を見つけなければならない。

 

見方を換えて、ベトナム繊維公団(Vinatex)会長Vu DucGiang氏によれば、現在、中小企業は拡大のための投資資金の調達のために銀行に頼るのが非常に難しい状況である。現在の金利の情勢では、企業は「動力」を見つけられない。中小企業は「チャンス到来」まで休業するか、居場所を見つけるために大企業との協業の方法を見つけなければならない。

 

さらには、こうした発展過程と地域及び世界での競争の中において、WTOの一部の条項や未自由貿易協定は未完成で、企業の発展のための条件を満たしているとは言えない。これなども、繊維市場が早急に発展するのを妨げている障害と言える。

 

光明を見出す

 

2012年の繊維業界の成長速度と輸出目標を確実にするため、商工省は各繊維企業に加工賃商売を減らすように奨めている。同時に、FOB(原材料を購入し、製品を販売する)あるいはODM(デザインし、生産し、製品を顧客に販売する)方式の輸出の比率を高めていく、あるいは、国内で生産される自然の原材料を使用するように奨めると同時に、業界の人材を補充するため技能労働者の養成を奨めている。

 

見方を換えれば、今後、効果的に困難を乗り切るためには、Vu DucGiang氏はVinatexは市場の情勢を推測し、確定し、業界全体が、中国、台湾、韓国、ASEAN諸国、あるいは香港まで含めて、新しい市場を集中的に開拓していかなければならない。地域の市場に加え、業界はすでに国内市場には関心を持っていた。すでに、国内で生産される製品は消費者の注目を集めていたし、多くの製品が品質を伴っていて、デザインにも金をかけられ、顧客の様々な要望に応えてきたからである。2011年国内市場での消費比率は18.22%に昇り、今年はさらに高くなると予測されている。

 

光明を見出す

 

2012年の繊維業界の成長速度と輸出目標を確実にするため、商工省は各繊維企業に加工賃商売を減らすように奨めている。同時に、FOB(原材料を購入し、製品を販売する)あるいはODM(デザインし、生産し、製品を顧客に販売する)方式の輸出の比率を高めていく、あるいは、国内で生産される自然の原材料を使用するように奨めると同時に、業界の人材を補充するため技能労働者の養成を奨めている。

 

見方を換えれば、今後、効果的に困難を乗り切るためには、Vu DucGiang氏はVinatexは市場の情勢を推測し、確定し、業界全体が、中国、台湾、韓国、ASEAN諸国、あるいは香港まで含めて、新しい市場を集中的に開拓していかなければならない。地域の市場に加え、業界はすでに国内市場には関心を持っていた。すでに、国内で生産される製品は消費者の注目を集めていたし、多くの製品が品質を伴っていて、デザインにも金をかけられ、顧客の様々な要望に応えてきたからである。2011年国内市場での消費比率は18.22%に昇り、今年はさらに高くなると予測されている。

 

現在、業界は引き続き、いかにブランドを確立し発展させるかという課題に取り組んでいる。これまで、ベッティン、ニアベ、フーンドン、マイ10、ビンミンといったVinatex傘下の巨大な総会社は多くの高級縫製品を提供し、消費者らに独自のブランドを確立させてきた。たとえば、ベッティンは現在ラオス、カンボジアに代理店を持ち、この7月にはミャンマにも代理店をオープンする予定である。このことは、Vinatex傘下の企業のブランドや商品が国内の消費者の関心をかっているだけでなく、地域市場のそれにも留まっているということである。

 

現在、業界が注目している問題の一つは企業の経営技術で、とりわけ、リーン・システムに注目が集まっている。これは、公団傘下の各企業が適用している最新の管理技術で、それにより、早急に競争能力を作り出し、労働生産性を高め、そこから安定した注文を受け、労働者に安定した収入を保障し、業界の経済を発展させる動力を作り出していくことを狙いとしている。

 

他には、現在のように経費上昇の対策として、公団は積極的に各地方と取り組み、紡績・染色の工業団地の建設、綿花の栽培地、原料、副資材の生産地の土地の確保をしている。 同時に、 繊維工業と相容れない、問題のある技術を適用しないよう、 とくに廃水の基準では、国際通例に見合った技術基準を確立し、国内の生産と消費者を保護することに努めている。

 

2012年第1四半期が終わって、ベトナムの繊維の輸出は32.5億USDに達し(繊維原料まで含めると36億USD)、対昨年同期比では15.4%の成長である。3月だけをとってみると、全国の繊維製品の輸出金額は11.5億USDで(繊維原料の輸出まで含めると13億USD)、ベトナムでは輸出金額が10億USDを超えた唯一の品目である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月24日07:00

企業は国産糸に期待

  もっとも期待されているのは、ペトロベトナム・ビナテックス・ディンブー株式会社(PVTEX)が投資主となっているディンブー・ポリエステル総合紡績生産工場のプロジェクトで、2011年末には市場に製品を出荷している。

  まだ試作の段階だが、2011年12月からこれまで、Pvtexは4度の引合を受け、20000トン以上の製品を市場に出荷した。

  ベトナム繊維公団副社長Le Tien Truong氏は、まだ正式ではないが、Vinatex傘下の企業はPvtexの2級糸を使い始めたと言う。

  計画では、2012年、ディンブー・ポリエステル紡績生産工場は15万-17.5万トンの糸を市場に供給、国内の繊維市場の40%の需要に対応し、糸の国内化比率を70%まで押し上げる。

  2011年、糸の国内での供給は市場需要のわずか30%(12万トン)しか対応しておらず、市場全体の45万トンにはるかに及ばない。

  輸出用の生産のための原材料を揃えるためには、紡績企業は残りの糸をすべて台湾、韓国、インドの市場から13億USD以上も輸入しなければならない。

  今年の第1四半期の統計では、対2011年同期比の輸入金額は数量ベースで2.4%、金額ベースで13%減少しているが、3億5000万USD近くに達している。

  ベトナム繊維協会会長Vu DucGiang氏は、仮に17万5000トンの糸が必要なら、ディンブー・ポリエステル紡績生産工場の供給分のみとっても、2012年に3億5000万USD分を削減できる。

  現在、全国には3700もの繊維企業があり、そのうち、17%は織布工場である。しかし、すべての織布工場が国内糸の恩恵に授かれるわけではない。新しい工場がいずれも国内企業のための供給基地となるわけではなく、輸出向けの製品が大きな割合を占めているからである。

  ベッタン繊維会社のLe Nguyen Ngoc氏によれば、繊維業界の原材料調達は非常にたくさんのルートがある。とくに、2011年、世界中の原糸の価格は気の遠くなるくらい高騰し、企業の利益に大きな影響を与えた。

「価格が上昇しても、企業は輸入して、国内市場や海外への輸出製品の生産を保証しなければならない。国内生産工場からの調達が増えると、企業は主導的に生産でき、競争力ある価格で輸出契約の交渉ができる。」とNgoc氏は言う。原糸の供給源が増え、副資材が現地調達できるようになり、国内調達比率が高まると、繊維業界は競争力を高めることができる。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月23日07:00

繊維、靴業界、減税を求める

   ホーチミン市靴協会の総書記Nguyen Van Khanh氏は、靴業界にとって、収益税減税はさしたる意味もない、なぜなら大部分の企業の注文は30-40%減っているので、企業の収益税は多くないからである。「我々はこれから各企業に対して、援助の求めに関する彼らの具体的な声、意見を聞いて回る」と同氏は言う。

   ThiemNam繊維社長のNguyen Van Chuc氏は、繊維業界は多くの職場を作り出す業種で、もっと多くの関心が寄せられるべきであるが、大多数の企業が自衛しなければならない。

  「政府が2008年のように政策を打ち出せば、それにより、VATが10%から5%になり、企業にとってはより現実的になる。2008年の実際から、我々はVATを5%に下げてもらうだけで、他の援助は必要ない。まず、VATを削減してもらえれば、利益が出ることを期待できる」とChuc氏は提案する。

    Chuc氏と同じ見解を持つベトナム繊維公団副社長Le Tien Truong氏は、収益税の減税は大きな影響を与えず、現状の企業にとって「花火」とはならない、というのも、どの企業も利益が上がっていて、収益税減税の恩恵が受けられるわけではないからである、と言う。Truong氏によれば、その一方で、VATを6ヶ月減税してもらえれば、資本の回転に余裕が出て、生産活動が回るようになる。市場の需要が低いままで、いまだ回復の兆しが見えない現在、生産に資本を注ぎ込むことは、企業のリスクを増大させることになるだろう。

    取材を通じて、実に多くの繊維企業が言うのは、今現在彼らが望んでいるのは、VAT減税で、それにより国内消費を活性化させることである。そうすることで、生産製品の消費の可能性が出てくるだけでなく、在庫の処理にも繋がる。消費者も購買価格が下がれば有利で、企業も販売が進めば、結局、国も税収が上がる。

    ベトナム繊維協会(Vitas)副会長のDang Phuong Dung氏は、また別の角度から、企業は銀行の融資を受けられなし、受けられても利息は高い、と言う。「現在、国内市場は消費停滞の中にあるが、繊維業界の大半は顧客がいるし、輸出市場がある。だから、市場を持ち、顧客を持った企業を助ける解決策が必要なのだ」Dung氏は提案し、曰く、もし手遅れになれば、注文を失い、市場を失い、ベトナム企業は市場を取戻し、発展するのが、困難になるだろう。

    実際、これまでの物価高は、国内の原材料のコスト高に繋がり、多くの輸入業者は原材料をベトナム企業に加工させることにして、ベトナム生産の原材料を使わないようにした。

    実際、国内の原材料生産業者は販売できず、一方で、繊維企業は、長年の努力を無にして加工形式に戻さなければならなくなった。

    そのため、国内企業に対してVAT減税を求める一方で、不動産の利子を引き下げることが、「救いの花火」となり、現時点での企業のための急務であろう。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月21日07:00

韓国向け繊維輸出、3億8000万USDに達す

    1月から4月までの韓国向け繊維製品の輸出金額が3億8000万USDに達する。これは、ベトナム繊維協会(Vitas)が出した推測データである。これによれば、今年度1月から4月まで、アメリカ、EUなどの市場向けの輸出の伸びが鈍っているのに対し、韓国市場向け輸出は対2011年同期比で50%近く伸びている。

    2月から4月まで、毎月の平均輸出額は9000-9600万USDである。年初4ヶ月間のこの実績から、韓国は繊維業界でもっとも輸出金額の伸びが著しい市場であるということが言える。他方、アメリカ向けは約15%、EU向けは約3%、日本向けは30%強の伸びである。韓国は今や繊維業界にとって第4位の市場になった。2012年、この市場向けの輸出金額は10億USDを超えると予想される。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月09日07:00

ナムディンでの紡績・縫製工場プロジェクト、2012年末に完成予定

  ハノイ繊維株式総会社(Hanosimex)によれば、同社のDong Van 2工業団地(ナムディン省)にて進行中の紡績・縫製工場プロジェクトの第1期工事が、予定より早い本年度末に完成、操業に入る。

   Hanosimexが進めるこのプロジェクトは総投資額が7183億ドン(3420USD)で、綿100%CD糸及びCM糸を3万錘生産できる紡績工場と24ラインと工員用の寮を備え、年間510万点生産できる縫製工場が建設される。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月07日07:00

繊維のサプライ・チェーンの中の欠如

    ベトナム繊維協会(Vitas)総書記Dang Phuong Dung女史によれば、現在の繊維業界は生産構造上、バランスを欠いているということである。具体的には、原料の綿について、ベトナムでは、現在、年間約40万トン必要とするが、国内ではわずか3000トン(0.75%)ほどしか対応できない。化繊糸も生産需要は約40万トンあるが、国内では12万トン(30%)しか対応できていない。
    しかしながら、現在のサプライ・チェーンの最大の不合理なポイントは、製糸、織布、染色の領域の中で、糸は、現在、全国で360万錘、業界全体での生産量は年間514000トンで、そのうち約334000トン(65%に相当)が輸出に向けられている。残りは年間12億mのキバタが縫製に向けられる。しかし、ベトナムの生地の種類、品質は輸出縫製品の要求(多品種で、市況に応じての変化に対応)には応えられていないため、縫製業界では年間60億mの生地が必要となり、約52億mの生地を輸入している。これ以外にも70%の副資材は輸入に頼っている。
 
    上に述べた原材料のアンバランスが、少なくない企業をFOB形式(原料の輸入からデザイン・設計、生産まで全工程を請負う形式)の生産から加工生産に押し戻し、結果として、利益の大幅な目減りを招いている。
 
     Binh Hoa縫製社長のPhungDinh Ngo氏は、2009400-500名の工員を工場に抱え、通常FOB形式で生産していた。直接注文でやりとりするので利益は20%以上にも達していた。
 
     けれども、2011年から現在まで経費の上昇の影響で、外資企業からの加工縫製に対応しなければなくなった。「利益は大きく減って、会社は規模縮小しなければならなくなり、今では工員も100名足らずだよ」とNgo氏は言う。
 
     加えて、綿花だけでなく、他の原材料の輸入に関しても、多くの繊維企業は注文をこなすうえで多くのリスクに直面することになっている。多くの企業の代表が口を揃えて、原材料供給の壁にぶち当たって、生産が影響を受けることはたびたびあり、納期が遅くなり、企業は先の注文の資材の遅れが後の注文に影響するリスクを負わなければならない。さらには、納期遅れのためにペナルティを課されるリスクもある。

      こうした上記の問題の解決のためには繊維業界は加工生産からFOBOBM(海外のスーパー、商業センター

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年05月01日07:00

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 34 | 35 | 36 |...| 40 | 41 | 42 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る