インドシナニュース

ベトナム:ホーチミン市にて国際デニムサプライチェーン展が開催

 

6月12日、ホーチミン市で国際デニム・スポーツウェア サプライチェーン展「第4回Denimsandjeans Vietnam」が開催予定である。
2日間の展示会には、10カ国から40以上のデニム企業が出展し、デニムのサプライチェーンパートナーと専門家が1つのプラットフォームに集まり、新しい市場動向に乗じることができる。
「ベトナムは、ここ数ヶ月でEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)や環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などのビジネス協定だけでなく、現行の米中貿易戦争により重要性を増しています」と展示会主催者は述べた。
中国は米国からの圧力にさらされており、人件費が上昇しているためベトナムは良い市場である。Prosperity、Blackpeony、Foison Textile、XDD Textile、Chanzhou Thome Textile、Zhejiang Xinlan Textile、Guangzhou Indenim Textileを含む、中国と香港の大手デニム生地サプライヤーがこのイベントに出展している。Prosperity Textileは最近、ベトナムに工場を建設し、操業を開始した。
また、インドの生地はベトナムで7.5%の関税しか課されていないので、インドも大きな利点を得ている。さらに、両国間は良好な外交関係にあるため、将来的には関税が削減されることが予想される。インドからは、Arvind Ltd.、KG Fabriks、Bhaskar Denim、Anubha Industries、Malwa、Ramsonsが出展している。
また、ベトナムが米国への輸出を拡大しているため、パキスタンにとってもベトナムは最も戦略的に成長している市場の1つである。パキスタンからは、Artistic Milliners、Kassim Denim、Crescent Bahuman、Soorty、Indigo Textile、そしてUS Denim Millsが展示される。これらの企業はすべて、Levis、H&M、Tesco、Inditex、C&A、PVH、GAP、Li&Fungなどのデニムブランド/小売店に提供している。
海外の出展者のほかに、今回の展示会には、TCE Vina Denim、T&T Garments、Resource Garments、Rose Garment、Jeans Lifeなど、ベトナムからも数々の有名なアパレル製品輸出業者が出展する。
「私の地球、私のデニム」をテーマにした展示会は今回も持続可能性の重要性を強調している。
「ベトナムは、地方自治体の法律により持続可能な生産がさまざまな方法で確保されているという点において、幸運にも非常にバランスのとれた方法でデニム産業を始めています。これは、産業界が環境への影響を最小限に抑えるのに役立つ機械や設備への投資を促し、推進に繋がりました」とDenimsandjeans.comの創設者で最高経営責任者(CEO)のSandeep Agarwal氏は述べた。
展示会初日の夜には、伝統衣装のスペシャルショー「アオザイ・デニムショー」では、デニムのひねりを加えたベトナム伝統衣装のアオザイを発表する予定である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月12日06:03

ベトナム:Amazonに商品が掲載される国内企業100社が選出

201966日から、ベトナム貿易振興庁(VTPA)とAmazon Global Sellingの間の長期計画の下で、自社製品をAmazonに掲載されるベトナム企業100社が選出された。

ベトナム貿易振興庁(VTPA)のVu Ba Phu局長は、このプログラムは今から2021年の間に実施される予定で、e-コマースによる世界的な輸出、米国のe-コマース大手との商標の普及、そしてベトナム企業向けのe-コマーストレーニングを含むと述べた。

企業はAmazonの販売プロセスについて段階的に学習し、Amazonの流通センターや広告に商品を登録して顧客基盤を拡大する。

経験豊富なサービスプロバイダも彼らと提携する。

Phu局長は、Amazonで最も成功した売り手が、10月に米国への貿易プロモーションの代表団に加わるように選ばれると付け加えた。

東南アジアおよびオーストラリア向けのAmazonグローバル販売担当ディレクターのGijae Seong氏は、電子商取引の輸出が世界貿易の重要な経路となっていると述べた。

Amazon18カ国27カ国語、幅広い商品、185カ国に商品を配送する175の流通センターのWebサイトを持っているため、これを介してベトナムの企業はグローバルに事業を拡大できる。

Amazonの売り手は130か国以上に及び、それらは約3億人の顧客を有する。

Phu局長によると、ベトナムの手工芸品、アパレル、履物、消費財は世界中の何百万もの顧客に届けることが可能だが、企業は徹底的に準備する必要がある。

Gijae Seong氏は、今後2年間でeコマースの売上高が3.3兆米ドルを超えると予測している。2022年までに、それは従来の販売チャネルと比べて6倍になると見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月10日12:18

ベトナム:コンビニエンス小売チャネルが記録的な成長率を達成

世界的な調査会社Nielsenが発表した最新の調査によると、東南アジア全体でコンビニエンスストアの需要が急増している中、コンビニエンス小売チャネルは記録的な成長率を記録し、他のどの小売チャネルよりも高い成長率を記録しているという。

小売業における日用消費財(FMCG)の状況と消費者のニーズ変化を調査しているWhat's Next for Southeast Asia は、東南アジア全体のコンビニエンスストアにおける日用消費財の売上高が昨年8.3%に達したことを強調している。

地域別では、マレーシア(~17%)が最も高く、ベトナム(13%)、フィリピン(10%)、インドネシア(8%)、タイ(7%)の順となっている。

小規模店舗の数も近年急激に増加している。2018年には73000近くのコンビニエンスストアがこの地域にあり、その数は年に10%ずつ増加しており、この地域のミニスーパーマーケットストアの数は5万近く、4.7%で増加している。

「東南アジア全体では、コンビニエンスとミニスーパーマーケットのチャネルがここしばらくの間着実に成長してきましたが、ここ1年ほどの間に、成長はまさに絶頂期に達しています」とNielsenの東南アジア担当部長Vaughan Ryan氏は述べる。

「この地域の消費者はますます慌ただしいペースで生活しており、このライフスタイルの変化は、外出先での商品需要を増大させ、その結果、コンビニエンスとミニスーパーマーケットチャネルの成長を促進しています。特に、この2つのチャンネルは、消費者の生活において異なる、進化する役割を果たしています。スナック、飲料、タバコのような衝動買い商品を提供するだけでなく、すぐに食べられる食品や衝動買い商品の幅を広げ、消費者の生活をより楽にするために、他の多くのサービスや商品を追加することで、クイックサービスのレストランと競争するようになりました。特に人口が密集する都市部では、大型店を訪れる時間を見つけるのに人々が苦労しているため、ミニスーパーマーケットは、毎日の食料品の買い物で自宅に近いという便利さを提供しています。」

東南アジアの日用消費財の全体像を見ると、好調な経済要因と高い消費者信頼感が消費意欲を刺激し、堅実な成長をもたらしている。地域全体の成長率が最も高かったのはフィリピン(8.7%)で、ベトナム(5.2%)、ミャンマー(4.7%)がこれに続いた。世界の日用消費財の成長率はわずか3.4%であった。

「東南アジアにおける消費者の楽観主義の高まりと、比較的堅調な経済見通しが、同地域が成長の新たな機会を模索する中、世界の大企業や地元企業からますます注目を集めていることを意味しています」とRyan氏は言う。

「しかし、企業が時間をかけて地元の消費者のニーズや欲求を理解しなければ、その成長は難しいでしょう。インターネットの普及が進み、さまざまなブランド、製品、サービスへの露出が増えるにつれて、地域の消費者は購買決定においてより精通し、見識を持つようになっています。地元の嗜好や購買行動を取り入れたカスタマイズされたサービスが成功に不可欠です」

ベトナムでは、消費者の需要が高まり、日常生活において頻繁に買い物に行くことが好まれるようになったため、小売業の状況は変化しつつある。これにより、ミニスーパーマーケットの数は18122017年比で~45.5%増)となり、店舗が大幅に拡大している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月10日08:35

ベトナム:Texhong案件、クアンニン省で違法に開発進行

中国のTexhong社の不織布工場案件は、クアンニン省Hai Ha地区で法的手続きを完了する前に建設を開始した。

数日前、Texhong Industrial Park Vietnam Limited Company(中国のTexhong Textile Group傘下)のHai Ha Seaport工業団地での不織布工場案件が認証なしで建設を開始していると地元住民らが報告した。

クアンニン経済地区管理局によると、不織布工場案件は昨年11月に投資証明書を受領した。しかし、他にも完了すべき管理手順が残っており、案件は2019年初頭に建設を開始し、いくつかの要素を完了した。

Hai Ha地区人民委員会のPham Xuan Dai議長はthanhnien.com.vnに、この案件はクアンニン経済地区管理局の管理下にあるため、建設を中止するよう企業に要請することはできないと語った。

クアンニン省資源環境局の代表も地元のメディアに対し、同社が環境影響評価報告書を天然資源環境省に提出していないことを確認した。

「大臣は、2019319日にこの案件の環境への影響を評価するための査定評議会を設置したばかりだが、まだ最終決定を下していない」とクアンニン自然資源環境局局長は述べた。

48日、クアンニン人民委員会は中国企業に案件の中止を命じたが、Texhong工業団地はこの命令に従わなかった。

「私たちは記録を作成し、建設を中止するよう投資家に依頼しました。また、クアンニン人民委員会に報告しました」とクアンニン経済地区管理局のNguyen Manh Tuan局長は地元メディアに対し述べた。

メディアの観察によれば、58日から12日まで、建設は日夜続けられた。

Texhong Industrial Park Vietnamの不織布工場は、27haの面積のHai Ha Seaport工業団地にあり、総投資額は26000万米ドルである。これは、中越国境に近い、クアンニン省のモンカイ市とHai Ha地区にあるTexhong Textile Groupの一連の案件の一部である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月21日12:19

ベトナム:Dinh Vuポリエステル繊維工場がさらに2ライン開設

北部港湾都市ハイフォンにあるDinh Vuポリエステル繊維工場は、2つの追加のDTY繊維生産ラインを稼働させ、総生産能力を月産約900トン(20%増)まで引き上げた。

今年の第1四半期の時点で、工場は国内市場と韓国と日本の得意先向けに約2000トンのDTY繊維を供給して、10本のDTY繊維生産ラインを運営していた。

20183月、工場を運営するPetroVietnam Petrochemical and Textile Fiber JSCPVTEX)は、An Phat Holdings JSC、インドのReliance Industry CompanyとシンガポールのFortrec Chemicals Companyとの合弁会社と提携して工場を再稼働した。

201811月に、同工場は商工部門の12の損失プロジェクトのリストから削除され、安定操業を開始した。

PVTEXは、工場の運営を維持するための財務計画を立案している。その専門家と外国のパートナーは近い将来プラントを完全に操業するために契約を結ぶことを検討している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月14日18:29

ベトナム:デジタル貿易における中小企業のシェア獲得(後)

(前編より)

 

Hinrich Foundationが最近発表した、ベトナム、中国、インドネシア、マレーシア、オーストラリアなど8ヵ国の経済に関する非常に有益な一連の報告書には、デジタル貿易の障壁を取り除くことで、どれだけの追加での貿易機会が得られるかを示している。

一例として、ベトナムの場合、デジタル貿易がもたらす経済的価値は81兆ベトナムドン(35億米ドル)に値すると推定されているが、これは2030年までに特定の条件下で12倍まで成長する可能性がある。

現在、アジアで最も革新的ないくつかのユニコーン企業が存在するインドネシアも、同じ期間に18倍に成長する可能性がある。

ベトナムやインドネシアなどで必要とされる政策調整の一部は国内で行われる。中小企業に利益をもたらすような変化は、厳密に言えば、デジタルではない。より小規模・低価値の出荷のための貿易円滑化を改善することが、Eコマース企業の貿易を劇的に改善するであろう。また、WTOの世界レベルでのルール変更は、Hinrich Foundationの報告書で指摘されている貿易利益の確定にも役立つだろう。

現在ジュネーブで行われている交渉には、すべてのWTO加盟国が参加しているわけではない。164ヵ国の会員のうち76ヵ国だけが参加登録をしており、これは機会を逃している。WTORoberto Azevedo事務局長が最近指摘したように、各国には参加してルール作りを手伝うか、参加を拒否してルールを守るかの2つの選択肢しかない。

参加には多くの障害がある。国連貿易開発会議(UNCTAD)のEコマース・ウィークに参加した国は、懸念されている様々な問題を提示した。これらには、インフラの問題を前提としたデジタル貿易やEコマースへの参加能力における大きな格差、データのプライバシーに関する懸念、ハイテク企業の支配に関する問題、そのような企業が発展途上国の企業や消費者をどのように扱うのかという懸念などが含まれていた。WTOはこれらすべての問題を解決することはできず、またそうするつもりもない。

WTOは貿易機関であり、Eコマースとデジタル経済の貿易面に焦点を当て続ける必要がある一方で、極めて重要な経済開発の多くを管理するため、UNCTADのような他の機関に依存する必要がある。

しかし、ジュネーブでの交渉開始は、中小企業に新たな希望を与え、将来のある時点で、世界的な貿易についてのいくつかの課題が最小化されるだろう。零細中小企業にとって貿易は決して容易ではない。しかし、今日よりは確実に障壁の低いものとなるだろう。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月01日06:16

ベトナム:デジタル貿易における中小企業のシェア獲得(前)

ベトナムでのEコマースの成長はより力強いものとなっており、現在、中小企業全体に大きな可能性をもたらしている。

アジア貿易センターのDeborah Elms事務局長は、世界レベルでの規制変化が喧伝されている中で、どのようにして現在進行中の変革を活用し、中小企業の利益を最大化できるかを示している。

中小企業にとって貿易は全く容易ではなく、人材、知識、時間、資源の不足が障害となっている。大企業にとっては取るに足らないと思われる障害が、中小企業を破壊することもある。

例えば、国境での1日の遅れは、中小企業をビジネスから完全に撤退させるのに十分である。多くの企業は、このような遅れを吸収するためのしかるべき余裕が必要だったと考えるだろうが、そうした人々は明らかに小さな会社を経営したことがない。

通常、資金は一時的なものであり、キャッシュフローが常に課題となる。もし国境遅延が特定の瞬間や顧客・注文に当たった場合、それは文字通り一巻の終わりになる。

Eコマースとデジタル貿易は、小規模企業が利用できる市場を劇的に変化させた。我々が気づいているように、企業は今や、ボタンをクリックするだけで世界中のどこからでも商品やサービスの顧客を見つけることができる「マイクロ多国籍企業」になることができる。

しかし、政府がさまざまな障壁を設けているため、その機会はますます損なわれつつある。

皮肉なことに、これらの障害の多くは、中小企業の競争条件の平準化を支援するという名目で課されている。例えば、新しい法律や規制により、小規模・低価値の商品を、国境を越えて出荷することが難しくなっている。

例えば、ヨーロッパに商品を送る際には、その大陸内に責任者がいる必要がある。これにより、ヨーロッパ以外の零細・中小企業(MSME)にとっては手間とコストが増大する。ヨーロッパ国内の顧客が製品を購入する可能性に備え、企業は誰かを待機させる必要がある。

欧州の一般データ保護規則のように、データフローに規則を課すことは、企業にとって非常に困難であり、コストもかかる。これは現在のところ、零細企業には適用されないものの、50人以上の従業員を雇用する企業が遵守する必要があるため、規制に拘束されるのにそれほど時間はかからない。

繰り返しになるが、欧州以外の中小企業は、彼らの一般的な顧客にはそぐわないであろう規制に投資している。

他の国や地域でも、データフローに関する独自のルールやプライバシールール、データホスティングに関する要件などが定められているため、企業はさまざまなコンプライアンスフレームワークの作成に追われることになる。あるいは、企業は単に異なる法律・法域で活動しているだけで、しばしば存在すら知らない規制に引っかかるリスクを負うことになる。政府はますます、国境を越える商品やサービスに様々な税を課すことを求めている。これはまた、外国の言語や税制に準拠する必要のある中小企業の負担を増大させる。障害となる要素はまだあるだろう。

しかし、世界貿易機関(WTO)は、これらの問題のいくつかを解決するための世界的なルール作りに着手するため、ジュネーブで協議を開始した。中小企業にとっては、グローバルルールは少なくとも、一部の国との取引でいらいらさせられるものではなく、必要不可欠となる追加の費用・時間を確認するためのものであることが確約されるだろう。その経済規模は巨大だ。現在のデジタル経済の規模については、さまざまな推測が飛び交っているが、アジアが先頭に立つ傾向がある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月30日14:10

ベトナム:M&Aによる小売業の再編(後)

(後編につづく)

 

ここ数年の間に、ベトナムではBerliJuckerによるMetro CashCarry Vietnamの買収、Central GroupによるNguyen KimBig Cの買収など、外国の小売企業によるバイアウトが散見された。

ベトナムの法律事務所Basicoの会長であるTruong Thanh Duc氏は、MAの急増は小売市場の急速な発展に起因していると考えており、「市場規模が拡大すれば、参入者が増えます。必然的に、小規模な小売企業は排除されます。MAはこれらの中小企業が市場から撤退するための戦略のひとつです」と述べる。

2017年には、MAによる総買収価格の約44%が、消費・小売部門に起因している。これは投資家にとって魅力的な業界であることを示す。

Baker McKenzie Vietnamによれば、昨年、消費・小売部門は2018年のM&A市場を主導し続けた。

Euromonitorのデータによると、2018年のベトナムのスーパーマーケットの市場規模は508700億ベトナムドン(22.1億米ドル)と評価されている。対して、コンビニエンスストアの市場規模は、ここ数年で倍増し、2015年では19600万ベトナムドン(8520万米ドル)であったのが、昨年では37200億ベトナムドン(16177万米ドル)となっている。

小売業界は慌ただしい動きを見せており、2017年から2018年にかけて、米国のサークルKの店舗数は246から293に増加した。日本のミニストップは、同じ期間に店舗数を84から112に拡大した。一方、日本のファミリーマートは、2016年に126店舗、2017年に168店舗を出店していたが、昨年は8店舗を閉鎖した。B’s Martも店舗数を159から143に削減し、ShopGo2017年の121店舗から2018年には95店舗に減少している。

事業をVingroupに売却した際、ShopGoの代表は、同社はこの店舗に多額の投資をしたとコメントしているが、業績は予想通りには伸びていない。

「ベトナムの小売市場は有望であるが、競争はより激しくなっているため、我々は市場から撤退することを決定しました。競争環境が激しく、損失とリスクが大きいことは明らかです」と彼は述べる。

Cimigoは、過去4年間、コンビニエンスストアと独立系の食料品店は激しく競合しているが、それ以上の利便性は提供していないと主張する。

「コンビニエンスストアの数が減り、オンラインショッピングプラットフォームがはるかに強力なシェアを占めるようになるでしょう」とBurrage氏は述べる。

たとえば、オフラインとオンラインのショッピングの融合が注目を集めている。

Whole Foods137億米ドルで買収し、Amazonは常に将来を見据えていることを証明した。ハイテク業界の巨人は現在、42の米国の州にまたがって450店舗のチェーンを所有し、物理的な存在感も広げ、チャンスを大きく広げている。

「小売業界はオムニチャネルの上昇志向で刷新され、小売業者はいつでもどこでもショッピング体験を提供することで消費者を満足させています」と市場調査会社Kantar Worldpanelのディレクター、Nguyen Huy Hoang氏は述べている。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月22日11:58

ベトナム:M&Aによる小売業の再編(前)

熾烈な競争の中、存在感を拡大する地元企業に後押しされ、慌ただしいベトナムの小売市場においてM&Aが急増している。

市場調査メディアであるEuromonitorによると、小売市場におけるMAが引き続き注目を集めている。

2017-2018年には、地元企業が小規模企業を買収しネットワークとシェアの拡大を図ったため、ベトナムの小売業界の統合がより進んだ。同時期に、Mobile World JSCは薬局チェーンPhuc An Khangの買収を完了し、国内有数の民間コングロマリットであるVingroupは電子機器販売の専門企業であるVien Thong AとスーパーマーケットチェーンFivimartの両方を吸収した。さらに、Vingroupの小売部門であるVinCommerceも近年、コンビニエンスストアShopGo87店舗を、名目総額1ドルで買収し大きな成長を遂げた。

これらのM&Aは主要企業の優位な地位を固めたと同時に、競争からより小規模企業を排除した。M&Aは今後も加速すると見込まれる。店舗拡大の方法であるとともに、主要企業はM&Aを新分野に参入する手っ取り早い方法として捉えている。

消費者市場の調査企業CimigoのマネージングパートナーであるRichard Burrage氏によると、地元の小売企業はM&Aによる拡大で優位性を保っているという。

「彼らは地元の消費者により近く、はるかに機敏で、失敗を恐れず、すぐに学び、前進しています。この機敏なサイクルにより、彼らは外国の小売企業よりはるかに速くビジネスを進めることができています」とBurrage氏は述べる。彼はさらに、地元企業が小売市場を支配し続けるであろうと指摘する。

Vingroupの小売ブランドに目を向けると、FivimartShopGoなどの新しい製品を使用し、利益率、また最終的には収益を高めることができるでしょう。Mobile Worldによって設立されたリテールチェーンBach Hoa Xanhは、2018年に新たに218店舗をオープンし、近代的なセルフサービス店舗が46%を占めています。彼らはまだ利益を上げられていませんが、すぐに追いついてくるでしょう。Saigon Co.は、Co.op Smileなどの新しいビジネスモデルに取り組んでいます。こういった要素が、小売業界では引き続き優位を占めるでしょう」と続ける。

一方でBurrage氏は、海外の小売業者がベトナムの小売市場で成功を収めるには、手厚い投資と超長期的な視点が必要と主張する。

「イオン、Central GroupBerliJucker Corporationなどの企業はすでにこれを経験しています。しかし、外資企業がベトナムの小売業界を支配することはないのではないでしょうか。彼らはもともと、その運営店舗数と規模が非常に限られていました。」



(後編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月22日10:58

ベトナム:ハノイ、オンラインビジネス登録で第1位

ハノイは2019年第1四半期にベトナムの63の直轄都市及び省の中でオンラインビジネス登録で第1位を維持し続けており、ビジネス環境を改善するための市の強力な取り組みを示している。

44日にハノイの計画投資局は、過去3年間と2019年第1四半期のオンラインビジネス登録のレビュー会議を後援した。

1四半期のオンライン登録事業者数は全体の99.8%で、63の直轄都市及び省の中で1位で、続いてゲアン、ビンズン、サライ、ソンラ、ハイフォン、ホーチミン市が続いている。

2016 - 2018年を振り返ると、ハノイはオンラインビジネス登録で1位を維持している。特に2018年に、ハノイは25,187の新規事業に事業登録証明書を付与し、前年同期比で3%増加した。

行政改革への大きな努力により、ハノイのビジネス環境は大きく改善された。直轄都市及び各省の競争力指数(CPI)は2012年から継続的に改善しており、2018年には2017年から0.69ポイント上昇しCPI657ポイントとなり、トップ10入りした。

市は2019年にビジネス環境を改善し続けるためにいくつかのタスクを設定した。行政改革はその1つである。

さらに、市は2019年第2四半期に事業活動の監督におけるリスク管理に関するスキームの承認を検討している。

2018年に、ハノイはベトナムの最も魅力的な投資先となり、ホーチミン市とハイフォンがそれに続き、国の総投資額の21.2%を占める75億米ドルの外国直接投資(FDI)を誘致した。

2019年第1四半期に、ハノイは41.5億米ドル相当の外国直接投資(FDI)を誘致し、国内総生産の38.4%を占め、第1位を維持した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月11日16:13

«前のニュース || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る