インドシナニュース

台湾はベトナムへの第3位の繊維資材サプライヤー

台湾繊維協会によると、台湾は今年年初から9ヶ月間でベトナムへの繊維・履物材料の第三位の輸出国となった。

外国貿易省からのデータでは、年初からの8ヶ月で台湾からベトナムへの繊維製品の輸出額は2億5700万ドルに上り、ベトナム市場の12.7%を占めた。

報告書によると、ベトナムへの繊維製品供給第1位は中国で、ベトナム市場の29.9%を占めている。

1月から8月までで、中国はベトナムに6億600万米ドルの繊維背品を輸出し、これは平均で13%増加したと協会は言う。

第2位は韓国で、ベトナム繊維市場の18.8%のシェアを占める。韓国からベトナムへの8ヶ月間の繊維製品の輸出は3億7900万米ドルに達し、昨年の4.4%増となった。

協会によると、ベトナムの3大繊維供給国は、現在市販されている繊維製品の輸入総額の61.4%を占めている。

この他に、ベトナムは、香港、日本、米国から繊維製品を輸入しているが、市場シェアは比較的小規模である。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年10月30日14:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る