インドシナニュース

ベトナム:2018年、見通し明るい皮革・履物産業

2018年、ベトナムの皮革・履物産業は好材料の恩恵を多数受け、受注量の増加や市場シェアの拡大が見込まれている。

ここ数年、皮革・履物製品はベトナムの主要輸出品目トップ5として、一定の存在感を持ち続けてきた。産業全体の輸出額は昨年、対前年比10.7%増の180億米ドルに到達し、幅広い種類の製品が世界各国に輸出された。

ベトナム皮革・履物市場にとって最大の輸出市場はアメリカであり、合計輸出売上高の34%を占めている。欧州連合(EU)、韓国(RoK)、日本、中国がそれに続く。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(Lefaso)によると、2018年は皮革・履物産業にとって好条件が期待できる年であり、産業全体は前向きとなり、想定目標の達成も実現する見込みであると言う。

具体的には、2018年半ばに締結が見込まれているEU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)がある。

ベトナム最大の強豪国である中国と比較した際に、ベトナム製品はEUへの輸出時に関税で3.5%4.2%の差を享受することになり、競争面でかなり有利になる。協定の施行時に税率がゼロに引き下げられるのである。

さらに全米製作者組合(PGA)も、ベトナムから輸入される履物・繊維製品を多数含む、輸入品目の関税を引き下げる新税制法案制定を加速化させている。

アメリカのスケッチャーズ・グループは、ベトナム国内で2万名の雇用を伴う、大規模プロジェクトへの投資を検討している。

昨年は静かだった皮革・履物産業であるが、本プロジェクトが投資資金を惹きつける新たな波を生み出すのではと期待されている。

スケッチャーズの昨年の流通量は2億点以上であり、投資先を中国からベトナム移行させる計画を立てている。同社は南部の都市や省に精力的な投資を行なっており、北部への投資拡大も視野に入れている。最初のプロジェクト候補地として上がっているのがハイズン省で、投資規模は70万から10億米ドルにも達する見込みである。

Lefasoの代表者によると、ベトナムの皮革・履物事業は今年こうした好条件とは別に、第4次産業革命(インダストリー4.0)や生産性の向上など、いくつかの課題にも直面するだろうと言う。

自動化については、皮革・履物企業の20%のみが小規模ベースで着手しているだけで、75%は自動化への投資が難しいと言う。この分野への投資を計画している企業は5%にも満たない。

その他、一部諸国で導入されている保護政策がベトナム皮革・履物産業にとって大きな問題となる見込みだ。

例えば、イギリス(UK)のEU離脱の決議はベトナム皮革・履物製品の輸出に直接的な影響を与える。

企業は労働資源が豊富な地域に工場を移転させることで人件費・生産コストを下げ、生産活動を予見し、製品の付加価値を高めるために裾野産業の発展への継続的な投資を行い、競争力を高めるようLefasoは推奨している。また企業は、低価格の製品ではなく、中・高価値の製品を生産することにより、競争優位性も高めるべきである。

ベトナム皮革・履物産業の2018年の目標は輸出額ベースで200億米ドルと、2017年から10%の成長を目指している。この目標を達成するためにも、Lefasoは、事業の生産活動関連の政策策定に関する政府機関のコンサル業務に力を入れていく予定である。

同時にLefasoは、ローカライゼーション率の向上や持続的な発展を維持すべく、国策の普及や皮革・履物製品の原料生産の産業に対する国内外の投資の誘致も行っていく予定である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月19日12:23

ベトナム:2018年の縫製産業に明るい見通し

ベトナムの繊維・アパレル産業は2018年も順調に成長すると予想されており、専門家らは2018年の輸出額を前年比10%増の335-340億米ドルと予測している。

Hung Yen縫製(HUGACO)Nguyen Xuan Duong会長は、2017年の実績、企業側の準備態勢、政府の縫製産業支援策により、堅調な成長を確信していると述べた。

ベトナム繊維協会によると、2017年初頭、繊維・アパレル産業は「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」の遅れと世界的なアパレル需要の低迷を原因とする諸問題に直面したが、第2四半期には低迷を脱し、最終的には前年比10.23%増の310億米ドルの輸出額を達成した。

2017年、ベトナムから主要市場への縫製輸出額は対米国が7.2%、対EU9.23%、対日本が6.1%、対韓国が11.8%、対ロシアが56%増加した。

ベトナムの繊維・アパレル輸出額の伸び率は中国、インド、バングラデシュ、トルコやインドネシアといった他の輸出国との比較においても最も高い。

ベトナム繊維協会のTruong Van Cam副会長は、国内の縫製企業は保険料、土地代、税金、輸送費や通関手続き費用の面でミャンマー、カンボジア、バングラデシュなどとの競争に直面するだろうとの見通しを述べた。

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong会長は、国内の繊維・アパレル企業は技術導入、投資誘致と繊維アパレル協会の組織網の強化に注力することを提言している。

製品の付加価値を向上させるためには、デザインへの投資強化に加え、顧客ブランド名でのデザイン製造(ODM)を10%は増やすべきである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年01月17日16:37

ベトナム:繊維企業がアメリカ市場に参入するチャンス

ベトナム繊維・アパレル産業の対米輸出売上高は近年急速に上昇しており、ベトナムではアメリカの未加工綿生地の利用が増加している。またこれに伴い、ベトナムでは国内企業がアメリカ市場に参入できるチャンスが広がっている。

ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長によると、ベトナム繊維・アパレル産業の2017年の輸出売上高は305億米ドルとなる見込みで、そのうちアメリカ市場が占める割合は全体の約51%となるという。

2017年1月-8月の期間、繊維・アパレル製品の輸出は安定した成長を見せ、輸出高は対前年同時期9.9%増となる198億米ドルとなった。

現在、繊維・アパレル製品の対米輸出が産業最大のシェアを占めており、輸出市場シェアの約51%となっている。

しかしながら、ベトナムもアメリカから紡績工業向けの綿を輸入しており、 総需要の60%を占めている。近年、ベトナムにおける綿の栽培地は総需要のわずか0.04%にまで狭まっているが、アメリカの綿は不純物が少なく、厳格な製造過程を経ているため、ベトナムでは紡績に最もふさわしいと考えられている

アメリカの綿市場にベトナムの繊維・アパレル産業が有利な条件でアプローチできるよう、9月中旬、ベトナム繊維協会(Vitas)と米国際綿花評議会(CCI)はホーチミン市にてコットンデーを開催した。

このイベントは、アメリカ政府に対してベトナムの紡績・繊維・アパレル産業の支援政策を提案する前に、アメリカ企業がベトナム繊維・アパレル産業の可能性と重要性を査定するチャンスとなるとGiang氏は述べた。

そのうち最も重要なのは、綿保税蔵置場のホーチミン市及びハイフォンにおける設置推薦である。これにより、ベトナム紡績企業がアメリカの綿製品を購買しやすくなり、購入までに要する時間と経済的な負担を軽減することができる。

コットンデー2017はベトナム縫製産業とアメリカ綿産業の架け橋となり、アメリカへの輸出経験がないベトナムのファッションブランドやビジネスがアメリカの企業やバイヤーと提携する機会を探るための場を作り出すとGiang氏は述べた。

ベトナム繊維協会(Vitas)によると、2005年には15万トンであったべトナムの綿輸入量10年間で急増し、2016年には120万トンとなった。アメリカの綿はその内の大きな割合を占めている。

2017年1月-7月の期間のベトナムの綿輸入量は14.7億米ドル相当となる80万8000トンであり、量は32.6%、額は58%増加した。

アメリカは市場シェアの60%を占め、ベトナムにおけるアメリカ綿の重要な節目となった。

アメリカに対するベトナムのアパレル輸出の道を開き、顧客が品質の高い製品であることを認識できるよう、CCIはHoa Tho Textile、Dong Xuan Knitting、Phu Cuong Spinning、Phu Gia Spinning、Viet Hong Dyeing、Sunrise Spring Vietnam、Thanh Cong Textile、Vi Son Textileなどのベトナム企業12社に対してCOTTON USA™のラベルを使用することを許可している。

COTTON USA ™のラベルを使用することで消費者は製品の質の高さを認識することができ、輸出業者はアメリカへの輸出時により有利な条件を享受することができる。

Hoa Tho Textile社のNguyen Ngoc Binh副社長によると、同社はダナンとクアンナムに紡績の年間生産量1600トンの生産能力を持つ繊維工場を3つ所有しているという。工場で使用している原材料は綿と化学繊維であり、アメリカからの綿輸入が60%以上を占めている。

西アフリカやインドから輸入した綿と比較して、アメリカの綿は不純物が少ないため完成品の品質が高いと同氏は述べた。近年、アメリカ製の綿の価格はより競争力が高く、品質の高い製品を生産するための良い選択肢となっている。

CCIのWilliam Bettendorf会長によると、近年ベトナムの繊維・アパレル産業の成長は著しく、世界中の繊維産業の明るい材料となっているという。現在、ベトナムはアメリカ綿産業の最大顧客である。

またベトナムの輸出により有利な状況を作り出し、原料の産地についての透明性を高めるべく、CCIがベトナムのファッションブランドに対してCOTTON USA ™のラベルの使用をサポートするのは今年が初となる。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年10月02日06:01

ベトナム:2017年1-5月のアパレル・履物輸出が150億ドルに達する

ベトナム関税総局によると、2017年1月から5月までのベトナムからのアパレル製品・履物の輸出額は150億米ドルに達した。

最新の統計によると、5月の縫製製品輸出は前月を2.9%上回る19億3000万米ドルで、5月までの累計輸出額は2016年の同時期から9.1%増の93億9000万米ドルとなった。

1月から5月までの縫製製品の主要市場は米国、EU、日本で、輸出額はそれぞれ45億8000万米ドル、13億米ドル、11億4000万米ドルであった。

縫製分野は前年比6.5-7%増、輸出額300億米ドルを今年の目標としている。2016年の輸出額は238億米ドルであった。

履物類の輸出も12%増え56億5000万米ドルに達した。米国が最大の市場で輸出額は19億9000万米ドル、その後に18億米ドルのEU、4億1800万米ドルの中国が続いた。

昨年のベトナムの履物輸出は130億米ドル以上に達した。今年は前年比10%増の180億米ドルに達すると予測されている。

2017年1月-5月のアパレル製品・履物の輸出額を合わせるとベトナムの総輸出額のおよそ5分の1に達する。

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年06月17日19:05

ベトナム:2013年の繊維輸出200億ドルを突破

2013年のベトナムからの繊維製品輸出取引高は、対2012年比18%増で、目標額を10億米ドル以上上回る200億米ドル超であると「投資」紙が報じた。

この結果により、繊維部門はベトナムの主要輸出産業のうちで首位の座に就いた。

また、繊維分野は米国、EU、日本、韓国、ASEANなどの主要市場でかなりの成長を達成した。

昨年、米国への衣料品輸入合計がわずか3%しか上昇しなかった中、ベトナムの米国への繊維製品の輸出は、13%増加している。米国市場だけでベトナム繊維産業の80億米ドル以上を生み出し、2013年の輸出収入の45%を占めている。

ベトナム繊維協会 (Vitas)副会長Le Tien Truong氏は、繊維産業が主要なパートナーとの関係を強化しつつ、競争力を高め、隙間市場を発見していくという正しい指針に基づいた施策により何とか困難を克服したのをこの結果は示していると述べた。

 

 

» 続きを読む

ベトナム ジャンル:
最終更新:2014年01月06日06:00

«前のニュース || 1 || 次のニュース»
このページのトップへ戻る